昭和40年~50年頃の少女マンガのタイトルがわかりません。
年代はたぶんこの前後だった気がするだけで、確かではありません。
漫画雑誌ではなく単行本で読みました。
出版社も不明です。
●主人公=同級生二人の少女 
●メインの一人はストレートヘアを三編みやポニーテール、おてんば系。実家がケーキ屋
●片方の一人はもじゃもじゃヘア、カバーオールのジーパン(昔の鶴瓶さんやパティ&ジミー系)、おとなしいが歌がすごく上手い。実家がラーメン屋
●ストーリーの一部=この二人がペアで歌のコンテストに出場。
西城秀樹、アグネスチャン、桜田順子など芸能人と友達。実家のお店に芸能人がお忍びで遊びに来てくれる。
以上が記憶のすべてです。実家の職業にも記憶違いがあるかもしれません。
頼りない質問で恐縮ですが、ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

『なかよし』に掲載された、峡塚のんさんの「あいLOVEポピーちゃん」だと思います。


私も好きなマンガだったので、懐かしくなって検索したら、詳しい内容が載っていたので参考URLを記しておきます。

小さいけれど、単行本の表紙はここで見ることが出来ます
http://www.book-land.co.jp/cgi-bin/list.cgi?ctg_ …
注)ここでは 作者名が加津綾子(原作者)となっています。

参考URL:http://20060120.jugem.jp/?cid=133
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まさにコレです。何十年ぶりかで表紙見ることができました。
従姉にもらった漫画だったので、私とは少しアイドル層がずれていたのですが、何かとても気に入って何回も読み返していました。『うたえ!ポピーちゃん』の後続編というのは今回初めて知ることができました。
とってもすっきりしました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/09 01:56

なかよしに芸能界のアイドルがそのまま出てくる漫画があったのですけど



http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/7363/ …
うたえ!ポピーちゃん 原・名木田恵子/原ちえこ
絵はなかったんでごめんなさい


あとはタイトルもうろおばえなんですが同じぐらいで
サニー、あなたの番よ
っていうようなのがあった気がします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

峡塚のんさんの『あいLOVEポピーちゃん』だと判明しました!『うたえ!ポピーちゃん』の後続編という位置づけにあったとありました。『なかよし』だったんですね。とってもすっきりしました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/09 01:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和40年代を象徴するものといえば?

今、昭和40年代の少年をテーマにしたイラストを描いています。
イラストの真ん中に大きく描く、昭和40年代を象徴とするものを探しています。
たくさんの意見がききたいです。いくつあげてくれてもかまいません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いいですね~、私の幼少時代ですね~^^:。

少年をテーマですか、下町風景ですかね。

 砂地でベーゴマやメンコで遊んでる所。

 当時の車や路面電車。

 外で無邪気に遊ぶ子供達。

 麦わら帽子に虫取り網

 紙芝居

 大阪博覧会 太陽の塔

いやぁ~、いろいろ思い出しますね~。

参考になるかな、「じゃりン子チエ」なんかは昭和40年代の雰囲気かな。

イラストが完成したら見てみたいですね。

Q少女漫画をさがしてます。 ある、少女漫画をさがしてます。 龍が出てくる少女漫画

少女漫画をさがしてます。











ある、少女漫画をさがしてます。
龍が出てくる少女漫画(少女漫画だった気がします)なんですけど、女の子が主人公でその相手役みたいな男性が龍を体内?に取り込もうとした時勘違いで主人公の女の子が誤って龍を体内に取り込んじゃったみたいなシーンがあった気がします。

その龍が人間の形をすることもあったような…その女の子はパンダが好きだった気がします。

説明があやふやで申し訳ないです。
小学生低学年ぐらいに読んでいたので6.7年前くらいのです…

Aベストアンサー

こんにちは。
聖・ドラゴンガール かもしれません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

Q昭和40年代頃の、とぐろ状のチョコレート菓子

昭和40年代頃の、とぐろ状のチョコレート菓子

もう35年近く前に市販されていた子供向けのお菓子で、その正体が知りたくてどうしても気になっています。

思い出せる特徴は下記のとおり

・チョコレート味のグミ(またはやわらかいハイチュウ)みたいな食感。
・太さ1cmほどのヒモ状のチョコレートで、平面的なとぐろ形に巻かれて売られていた。
・昭和40年代中盤ごろの市販菓子

もし、憶えている方がいらっしゃれば、どうか教えてください!

Aベストアンサー

『くるくるまきまきチューイングチョコ』という商品かもしれません★

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q146854124
検索してみたら、同じ様な質問がされていたので・・・

Qかなり昔の少女漫画だった記憶があるのですが

かなり前の少女漫画だと思うのですが 舞台はアメリカ 主人公はボーイッシュな女の子と元子役の双子の兄弟
ジュニアハイスクールだったかハイスクールが舞台の学園物
この双子の兄弟 何かのきっかけで二人一役を演じていて学校に行くにも仕事(俳優業)にも1日おきで交代していて
って感じのマンガがあったと思うのですが 題名わかる方いらっしゃいますでしょうか?

たしか花とゆめだったかリボンだったかに連載していたと思うのですが 

Aベストアンサー

成田美奈子「CIPHER」です
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%A1+%E6%88%90%E7%94%B0%E7%BE%8E%E5%90%8D%E5%AD%90&tag=yahhyd-22&index=aps&field-adult-product=0&hvadid=21803951041&ref=pd_sl_18o0uc0cts_b

Q昭和40年代の漫画

昭和40年代の少女漫画を探しています。
オークション意外での探し方を教えてください。

Aベストアンサー

漫画 古本 と検索すると,
http://nakano.fms.co.jp/navi.htm

などが出てきました。侮れない値段のもありました。
しかし,shy00さんがおっしゃるように,古本屋巡りで見つけた方が,掘り出し物が見つかるでしょうし,愛着がわくでしょう。

QOLヴィジュアル系の「桜田門真恵」の読み方は?

OLヴィジュアル系の主人公である桜田門真恵の下の名前の読み方は「まえ」なんですか、「まさえ」なんですか??
漫画では一度もふりがなが振られていなかったように思います。
同コミックのドラマ版を見ていたかたなど、ご存知のかた、教えてください!

Aベストアンサー

「まえ」でいいようですよ
「桜田門前」そのまんまですね
「はなみきれいか」なんて、なんやねん
http://www.tonsuke.com/comica.html

Q昭和40年代前半の頃

昭和40年代前半の頃

我が家を新築するにあたり、にわかに建築に興味が湧いております。
子供の頃(昭和40年代前半)、近所の建築中の家を近くでずっと眺めていた記憶があり、その中で現場で竹を割いて、その竹を壁に編みこんで、左官屋さんが泥と藁をねったモノを塗りこんで、土壁を作っていました

今となっては、どのくらいの大きさの家だったのかまったくわかりませんが、当時土壁は一般的な工法だったのでしょうか?
それとも、当時すでに純和風な工法は贅沢な造りだったのでしょうか?

ちなみに、大工さんに断って、はぎれや鉋屑をもらって遊んだのが良い思い出です

Aベストアンサー

昭和40年ごろ、日本の、とくに都市部は住宅が足らなかった時代で、質よりも量が求められ、プレハブ住宅や在来工法でも木質ボードを空気銃の様なくぎ打ち機で取り付ける乾式工法が主流になりましたね。

日本の住宅の歴史を見ても、もっとも粗製乱造がすすんだ時代です。
大工泣かせですね。

現在の住宅は、その総費用の半分ぐらいが、冷暖房、給湯、排水、厨房、浴室、換気、防犯、照明、断熱材、デジタル通信などの住宅設備関係ですよ。
昭和40年当時の設備水準(汲み取り?)でよければ、住宅の値段は半分で建つ。
逆にいえば、基礎、土台、柱、梁、屋根、壁、天井、床、階段など住宅の構造にかけるお金は昭和40年当時よりも少ないかもしれないですね。ハウスメーカなんかにはそういうのが多いから要注意ですよ。
感覚的にいえば、昭和40年当時、その当時の設備で30坪の家を建てるのに年収の5倍ぐらいでしたかね。今なら、年収の5倍で家の構造を作って、もう5倍使って、住宅設備を買わされる感じでしょうか。
年収の10倍の家ってのはなかなか無いでしょう。
だから、土壁なんてのは注文が来ないね。

それで、構造の部分を安くしているので、建て売りなんか30年も経つとガタがきて、また壊して立てなおす。大工はうれしくないですよ。大工は粗製乱造ではなくて、この家はおじいちゃんが建てたんだと言われるような家を建てたいんだ。 

木造でも、木造100年住宅ってのができるんです。
これは、基礎、土台、柱、梁、屋根、壁、天井、床、階段などの構造部分には、通常のハウスメーカー以上の金をかけますが、冷暖房、給湯、排水、厨房、浴室、換気、防犯、照明、断熱材、デジタル通信などの住宅設備にはあまり金をかけずに、100年持つ構造を作ります。
住宅設備なんて、エコキュートやエアコンなどの高価な設備でも耐久性は10年~15年でしょう?
だから設備関係はできるだけ安価にすませて、10年か20年ごとにその時代にあったものに付け替えるという考え方です。
そうすると、お子さんとお孫さんの三世代にわたって、設備を更新しながら快適に住めるんです。
それでも、100年間の総費用は30年住宅を3回建てる事にくらべたら総費用で半額か6割ですね。

木造100年住宅なら、内壁には土壁を使うなどの多少の贅沢をしても100年間で元が取れますからね。

昭和40年ごろ、日本の、とくに都市部は住宅が足らなかった時代で、質よりも量が求められ、プレハブ住宅や在来工法でも木質ボードを空気銃の様なくぎ打ち機で取り付ける乾式工法が主流になりましたね。

日本の住宅の歴史を見ても、もっとも粗製乱造がすすんだ時代です。
大工泣かせですね。

現在の住宅は、その総費用の半分ぐらいが、冷暖房、給湯、排水、厨房、浴室、換気、防犯、照明、断熱材、デジタル通信などの住宅設備関係ですよ。
昭和40年当時の設備水準(汲み取り?)でよければ、住宅の値段は半分で建...続きを読む

Q昔、読んだ漫画なのですか、題名が思い出せません。たぶん、少女漫画だと思います。家(父)は芸能事務

昔、読んだ漫画なのですか、題名が思い出せません。たぶん、少女漫画だと思います。

家(父)は芸能事務所をやっていて、亡くなってしまった母は大女優か人気アイドル。母は凄い賞を取ることが夢で、それが確実だったけど、主人公を妊娠して、夢を諦めた。今、人気な男の子が同居していて、友達がその子の大ファン。

5、6年前だと思います。知っている人がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします^o^

Aベストアンサー

それは、ちゃおで掲載されていた、にじいろプリズムガールでは、ないでしょうか?
主役は、にじかちゃんで、
作者は、中原杏さんです!

Q♪いついつまでも…(昭和40年代のフォーク)の題名

先ほどの番組「新・京都迷宮案内」で野際陽子?がギターを弾きながら歌っていた曲、♪いついつまでも…昭和40年代のフォークだと思うのですが、この題名を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。
番組見ていましたが、もしかして、”秋野よう子”さんが歌っていたのじゃないですか?
それなら、”高石友也”さんの、「想い出の赤いヤッケ」だと思いますけど。間違っていたらすいません。
2番の歌詞の出だしが、「いつまでもいつまでも僕の胸に、きっときっと想い出す今はもう見えず」という、フレーズですが、しっかりずーっと見ていたのじゃないので、自身はありませんが、”野際さん”歌ってましたっけ?

Q最も少女マンガらしいコマ割の少女マンガ作品は何?

趣味でマンガを描いています。
コマ割の参考にしたいのですが、
少女マンガ特有の、いわゆる男性読者が言うところの、
「どのコマから読めばいいか分かんねーよ」
的な演出の真骨頂の作品は何でしょうか? 
1ページの中にコマがランダムに散りばめられている感じの。
また、その演出はどういった表現の効果を狙って用いられるのでしょうか? 
さらに、「現在ではその演出は古い」、ということはあるのでしょうか?

回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

うーん、本屋のコミック担当ですが、むずかしいですね。漠然たる回答? ですがお納めください。

花の24年組
青池保子、池田理代子、萩尾望都、竹宮惠子、大島弓子、木原敏江、山岸凉子、樹村みのり、ささやななえ、山田ミネコ、増山法恵

ポスト24年組
水樹和佳、たらさわみち、伊東愛子、坂田靖子、佐藤史生、花郁悠紀子

が、今風の少女マンガの原点でしょう。で、この人たちも手塚治虫の影響下にあることはまちがいないんです。参考のリンク見てください。

素人がみると、たとえば青池保子先生の絵が「20年前みたいだ」となるわけですが、実際にはいまでもプリンセス、プリンセス金でバリバリ描かれています。画集も復刊コムで票が入り、復刊と相成りました。

演出は時代時代によりますし、また出版社の要請もあるわけです。だから、メジャーマンガ雑誌ではおとなしく書いて、ガロみたいな雑誌で男色、性、表現の実験をしていた気がするんです。

だとすると、コミック・ビーム、コミック・ハイのような雑誌、割と冒険する白泉社、あたりのマンガ雑誌をさぐってみられるのはどうでしょうか? レディコミは逆に、オーソドックスなものが多いです。

不十分極まりない答ですが、御笑納ください。

参考URL:http://ww1.tiki.ne.jp/~quelmal/report/ooizumi.html

うーん、本屋のコミック担当ですが、むずかしいですね。漠然たる回答? ですがお納めください。

花の24年組
青池保子、池田理代子、萩尾望都、竹宮惠子、大島弓子、木原敏江、山岸凉子、樹村みのり、ささやななえ、山田ミネコ、増山法恵

ポスト24年組
水樹和佳、たらさわみち、伊東愛子、坂田靖子、佐藤史生、花郁悠紀子

が、今風の少女マンガの原点でしょう。で、この人たちも手塚治虫の影響下にあることはまちがいないんです。参考のリンク見てください。

素人がみると、たとえば青池保子先生の...続きを読む


人気Q&Aランキング