【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

51歳の主婦です。この歳になって何か、武術を習おうかなあと、いう気持ちになりました。少林寺拳法と合気道ではどちらが相手にダメージをあたえることができますか?また、どちら方が、マスターしやすいでしょうか?私はピアノを弾くことがあるので、空手とかは、手にダメージが大きいので習えません。こんな点も、少林寺拳法の方か、合気道の方かどちらが、手にダメージが少ないか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はじめまして。


私は少林寺拳法をやっています。私もピアノを弾きます。
ピアノで食べているわけではないけど、仕事で弾くこともありますし、趣味としても続けています。正しい方法で練習すれば、怪我を防ぐことが出来ると思います。
簡単に説明すると、少林寺拳法は突き・蹴りなどを中心とした剛法と、抜き・投げ・固めなどを中心とした柔法の2種類から構成されています。基本的に護身術ですので、相手が攻撃してきたことを想定して、対処する技がほとんどです。合気道は少林寺拳法で言うところの柔法のみだと思います。

合気道を詳しく知らないので、一概にどちらがいいという答えは出せませんが、どちらを習うにせよ、目的や体力に応じた修養方法で学ぶということが大切かと思います。
若い人であれば、激しい筋トレやランニングなどで『鍛える武道』も必要ですが、ある程度年齢になれば同じことはできませんので、少ない力でいかに技をかけるか、自分より大きい人をどのように倒すかを研究していく『養う武道』、『楽しむ武道』など目的や修養方法は一人ひとり違っていいと思います。

質問者様は日常に理不尽なことが多いから始めたいとのことですが、どのように利用するために習いたいのでしょうか。
例えばぶつかってきた人に技をかけたりしたいということでしょうか?

実際の生活で技を使うかというと、特別な場合を除いてほとんどありません。それよりも、少林寺拳法を通じて身に付けた自信や勇気、風格などの面から、そのようなことに遭いにくくなったり、マナーの悪い人を注意できる勇気を持てるようになったり、ちょっとのことで腹を立てていたことが、許せるようになったり・・・などの方が現実的な変化かと思います。

どちらを始めるにせよ、せっかく始めるのですから楽しく続けられるよう応援いたします。また質問等がありましたら、私でわかることがあれば、お答えいたします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。他の方にもお答えしましたように、私は女性です。二十歳ぐらいの頃より一般人として、社会に関わりを持つようになると、私が気をつけて歩いていても、また正しく自転車に乗っていても、ぶつかったりして、相手が男性である場合、たいてい悪口や暴言を浴びせられるのは私ということが、これまでに何度もありました。その度にくやしい思いをし、なにか武道を習得したいと思いましたが、仕事が結構ハードだったので、それをするチャンスがありませんでした。あなたのおっしゃるとおり、武道は相手をこらしめる為ではなく精神修養の面が高いようです。そういう面でも、私には武術修養が必要なのかもしれません。また、アドバイスをお願いいたします。

お礼日時:2007/04/25 11:37

50歳過ぎてから、相手にダメージを与える格闘技を・・・・習おうかな・・・って程度だと、ダメージを与えられてしまいますよ。


まあ、書かれている程度の覚悟では<マスター>は無理です。
道にマスターはありませんから。

何かの時に、相手に技術がなければ、それなりに止めますが、技術が少しでもあれば徹底的にやってしまいますから、やられる方を考えた方が良いでしょう。 

私の妻も若いときから黒帯で、私の腹は突きの練習台ですが、女性の拳は軽いので、ダメージなんてなくて、何ともないです。(^_^;)

それからすると、関節技を習う方が良いでしょう。地味だけどどちらでもありますし、ダメージが与えられます。 しかしやられることも覚悟して使うことです。

クラヴマガなんかどうかと思いますよ。 http://www.kravmaga.co.jp/index.html
書かれているのだと、礼儀とか色々大変ですから。 

何でも良いから相手にダメージを与えたいって<覚悟が有る>なら、ナイフでも棍棒でも使った方が手っ取り早く、効果的です。

この回答への補足

クラヴマガという武術が私の住んでいる町で教えていただけるところがあるのか、探して見ます。ありがとうございました。

補足日時:2007/04/10 09:45
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくアドバイスありがとうございます。なぜ、私がこの歳になってこんなことをことを考えたかといいますと、例えば自転車にお互い乗っていて、ぶつかる。そうすると、私が正しい乗り方をしていても、相手が男性である場合たいてい、罵声を浴びせられるのは私のほうです。若い頃からそんなことの連続でした。特に、私の住んでいる所は京大の近くで、学生さんが多く、夜の自転車の無灯運転や携帯をかけながらの運転や、音楽を聴きながらの運転や、2人並んでの自転車走行など、ほんとうに腹立たしいことが多いのです。だから、このような質問をしたのです。あなたのアドバイスは的をえているかもしれませんが、私には、受け入れられません。

お礼日時:2007/04/10 09:40

すみません↓の者です。

説明不足だったので補足です。

 手にダメージが少ないのは断然、合気道だと思います。
あと、まあ、空手だって型なんかあるし、手には簡単にダメージを受けません。それから、手のダメージを気にするくらいなら合気道を薦めます。
 
 これは断言にしますが、
『道』のつくものにマスターもクソもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。道のつくものは最後には精神的なものに行き着くのですから・・・。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2007/04/10 09:49

自分は空手をやっています。

地区大会での準優勝の経験もあります。その経験から言わせていただくと、攻めるのは少林寺拳法。守るのは合気道です。ボクは空手をやっていますが、実は性格が攻めではないので、組み手は苦手です。ですので、あなたの性格が攻めなら少林寺拳法。守りなら合気道。。。と決めてみてください。自分との相性が合わないと続きませんよ。
 文面からすると、合気道が似合いそうです。守りは最大の攻めともいいますしね。それに合気道は、ひとつの芸術です。ガンバってください。

 まあ、最終的に喧嘩になったら、少林寺。。。(かな)

                          押忍(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく、アドバイスありがとうございました。合気道の線で教えてくださるところを捜してみます。

お礼日時:2007/04/10 09:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合気道と少林寺拳法

大学で、新しく武道をやろうと思っています。
合気道と少林寺拳法で迷っているのですが、どちらがおススメでしょうか?
お時間ある方、ご意見宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 私は学生時代 と社会人になってからも少林寺拳法を続けているものです(途中ブランクありましが・・・・実質12年ほどやっています。)。現在も続けていて4段です。
 合気道、少林寺拳法どちらでも、本人の性格が合いそうな部やクラブに属したらいいと思います。やはり、合わないようなところで修行しても楽しくないし、長続きしないでしょうから。
 わたしは少林寺拳法を続けていたので少林寺拳法を進めます(投げ以外にも突き蹴りもあるので楽しいです)。
 ただし、大学の少林寺拳法と町にある道院では内容に違いがありますので気をつけてください。どちらかというと大学はガチンコ勝負ですね。大学の監督はすばらしい少林寺拳法の使い手でしょうが、毎日来るのが難しいと思われるので日常指導する人がたぶん大学3年生になるでしょう。その辺は合気道も同じかもしれません。そのため、指導する人が大学3年生の先輩といえども、道院の先生の数十年の経験から比べると経験年数が浅いために、技の技術や技に対しての考え方が、深みも熟達も浅い場合が多いです。もちろん人生観においても。
 ですので、どの部活にも一度は顔を出し雰囲気をみて、よき指導者のいるほうと決めてはどうでしょうか?技の上達は指導者の技量にかなりよりますので・・・
 どちらにしろ少林寺拳法も合気道も熟達してしまえば、普通の人からみれば化け物のような強さです

 私は学生時代 と社会人になってからも少林寺拳法を続けているものです(途中ブランクありましが・・・・実質12年ほどやっています。)。現在も続けていて4段です。
 合気道、少林寺拳法どちらでも、本人の性格が合いそうな部やクラブに属したらいいと思います。やはり、合わないようなところで修行しても楽しくないし、長続きしないでしょうから。
 わたしは少林寺拳法を続けていたので少林寺拳法を進めます(投げ以外にも突き蹴りもあるので楽しいです)。
 ただし、大学の少林寺拳法と町にある道院で...続きを読む

Q少林寺拳法が弱いと言われる理由?

大学に入って武道系の部に入部しようとしてさまざまな部を見学しましたが
その中で感じたのは、
練習方法において
空手はまずはまっすぐ突くことや横に蹴ることに集中して
一つに絞って練習しており(つまり、右手で正拳突きのみを10など)
それに対して少林寺拳法はすぐに多様な技をつなげて練習している(天地拳など)
ように感じました。
器用な人なら技をつなげて練習しても大丈夫だと思いますが私のように不器用な人はまずはまっすぐ突くことに集中しなければ基本が見につかずに、少林寺拳法が弱いと言われる原因ではと思いました。素人目で恐縮ですがみなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

空手は一発で倒すものと思われます。一撃入魂的な。(あくまで個人的な意見です)
少林寺拳法は、違うと思います。
私は少林寺拳法はほんのわずかですが稽古をした経験より、相手の反撃や攻撃をかわして、自分の体制を
立て直してから攻撃するやり方ではないかと感じました。
もちろん、決め技は蹴りや突きだと思います。
やはり、カンフーの攻撃が少し入っていると感じましたよ。

いつもどの武道が強いとか弱いとか一概に言うことはできません。
それぞれの武道には一長一短がありますので、絶対に強い武道もないと思います。
それに、武道は人を気づけるものではないことを理解してください。

Q空手と少林寺拳法

私は、何か護身術を身につけたいと思っています。そこで、空手か少林寺拳法か迷っているのですが、どちらの方が強くなるでしょうか?また、違いなども教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、私は空手の有段者です。
私の空手の先生は、「うちの流派はスポーツじゃ無い」と
言って、顔面への攻撃以外なら、防具なしのフルコンタクト
方式の何でもOKで、空手なのに投げ技や関節技、おまけに
「サイ(十手みたいなもの)術」や「棒術」も有りました。

他流試合などには出してもらえず殆ど流派内の試合しか
経験ありません。ただ一度だけ学生当時、
先生に内緒で極真空手の有段者の人と試合をした事が有りました。

極真との試合は、極真方式?15ラウンド(1ラウンド3分・インターバル
1分)で行い引き分けました。
当然当時は「参った」で勝敗を決める方式でした。

私の兄弟にも、少林寺・柔道など有段者がおりまして、
兄弟の試合前に、組み手などの相手をさせられました。
友人に合気道や剣道の有段者もいました。

当時は空手が一番強いって思っていたのですが、
少林寺は受身から攻撃までの流れはすばらしい
ものがあります。

その中で感じたのは、自分の体重や体型・運動神経などで
得手・不得手があり、また良く言われる格闘技の中で何が
一番強いか?って言われる質問は色々な観点から一概に
言えないと思います。

ただ、空手は色々な流派があり(大別して、剛柔流・手刀流)
拳にも、那覇手や首里手・泊手など色々分かれていて、
ある流派で段を保有しても他の流派では段を取り直しって
事もあるみたいです。

でも、少林寺拳法なら何処の道場に入っても基本は同じみたいなので、
これからずっと続けるなら少林寺拳法が良いのではないでしょうか?

護身術ってある一時しただけでは駄目ですね。
常にやっておかないと、身体の反応も悪くなりますね。
自分にあったものを選ぶ事により、長続きしますし、
長く続ける事により少しづつ強くなれると思いますよ。

まず何かを始めて、それからもっと何かを求めるなら、
違う武道を研究されては如何でしょうか?
是非頑張ってください。

こんにちは、私は空手の有段者です。
私の空手の先生は、「うちの流派はスポーツじゃ無い」と
言って、顔面への攻撃以外なら、防具なしのフルコンタクト
方式の何でもOKで、空手なのに投げ技や関節技、おまけに
「サイ(十手みたいなもの)術」や「棒術」も有りました。

他流試合などには出してもらえず殆ど流派内の試合しか
経験ありません。ただ一度だけ学生当時、
先生に内緒で極真空手の有段者の人と試合をした事が有りました。

極真との試合は、極真方式?15ラウンド(1ラウンド3分・インター...続きを読む

Q合気道は使い物にならない・・・・?

東京・若松河○駅にある、
合気道本部○場に少し通ったのですが、

合気道は他の格闘技と比較して、
使い物にならないと感じたのは、
自分だけですか?
この道場は、
大手でかつ、
合気道の本部であって、
この道場のレベルに疑問を感じたら、
他の道場ではもっと無理ですよね?
自分はこの道場の初心者クラスで、
まだ5回くらいしか通ってないのですが、
これ以上は時間の無駄かと思い、
明日から違った格闘技を始めようかと考えてるのですが・・・・
(ちなみに、
私は格闘技の種類にはこだわらず、
結構色々やり(トータルで格闘歴4年くらいです)、
より実践的で喧嘩に使える格闘技を探し続けて、
研究してる最中であり、
その為に合気道を始めたのですが、
『あんな約束稽古ではどうにもならない』と感じたのですが・・・・・・・
皆さんはどうお考えですか?

Aベストアンサー

NO.3です。
すみません。大手とあったので養神館かと思いました。
本当に合気道を実践で使いたいのでしたら、毎日後方受け身連続100回、体の変更一のみ最低一時間合気道から離れるまで継続するべきですね。体の変更一が「あんな…」になっているなら即、辞めるべきです。資格はありません。

師範に足の親指一本のみで倒してもらった方が早そうですね。
私は空手もやっていますが空手より合気道は難しいものです。それを選択しようとした質問者様は凄いと思いました。始める動機も何でもいいんです。ただ稽古に対する心構えだけは許せません。
読むより稽古も実践です。見るよりあなたの身体を使って理解してみてください。空手より身体に多数のあざや血も出ます。基本の稽古でそれくらい練習していますか?初心者が、すりむいたり、関節技であざをつくるのは当然です。

興味があるなら、今の道場に物足りないなら養神館本部へ。
(どこの道場でも稽古は稽古、その考えがおかしいですが納得いかないなら道場巡りしてみては?)
喧嘩で使いたいから技をかけて欲しいと師範に土下座する勇気も喧嘩には必用でしょう。師範でなくても私クラスの誰かが技を一本かけてくれるかもしれませんね。恐らく簡単に倒せるでしょう。それが合気道です。私は九段の師範に遊びで技をかけられて初めて恐ろしい!!と実感しましたよ。

1.体の変更(一)
2.座り技両手持ち呼吸法(四)
3.肩持ち三ヶ条抑え(二)
4.指定技
5.指定技
6.指定技
7.指定技
8.終末動作(一)
9.終末動作(二)
10.指定自由技
11.指定自由技
12.三人取り自由技(木剣、短刀、徒手)
(弐段受験者は二人取り短刀、徒手)


指  定  技
 片手持ち四方投げ(一)(二)
 両手持ち四方投げ(一)(二)
 横面打ち四方投げ(一)(二)
 正面打ち四方投げ
 半身半立ち片手持ち四方投げ(一)(二)
 半身半立ち両手持ち四方投げ
※正面打ち一ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち一ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち一ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち一ケ条抑え(一)(二)
※胸持ち一ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技両手持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技片手襟持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技両肘持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技両肩持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技襟持ち一ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち二ケ条抑え(一)(二)
※片手綾持ち二ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち二ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち二ケ条抑え(一)(二)
※胸持ち二ケ条抑え(一)(二)
※正面打ち二ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち二ケ条抑え(一)(二)
※正面打ち三ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち三ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち三ケ条抑え(一)(二)
※両手持ち三ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち三ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技両手持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技片手襟持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技両肘持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技両肩持ち三ヶ条抑え(一)(二)
※正面打ち四ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち四ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち四ケ条抑え(一)(二)
※両手持ち四ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち四ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち四ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち側面入身投げ(一)(二)
※肩持ち側面入身投げ(一)(二)
※正面打ち側面入身投げ(一)(二)
※横面打ち側面入身投げ(一)(二)
 後技両手持ち側面入身投げ(一)(二)
 後技両肘持ち側面入身投げ(一)
 後技両肩持ち側面入身投げ(一)(二)
※正面打ち正面入身投げ(一)(二)
※横面打ち正面入身投げ(一)(二)
※片手持ち正面入身投げ(一)(二)
※両手持ち正面入身投げ(一)(二)
※正面打ち肘締め(一)(二)
※横面打ち肘締め(一)(二)
※片手持ち肘締め(一)(二)
※胸持ち肘締め(一)(二)
※肩持ち肘締め(一)(二)
 後技両手持ち肘締め(一)(二)
※正面打ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※横面打ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※正面突き肘当て呼吸投げ(一)(二)
※片手持ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※両手持ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
 後技両手持ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※正面打ち小手返し(一)(二)
※横面打ち小手返し(一)(二)
※正面突き小手返し(一)(二)
※片手持ち小手返し(一)(二)
※両手持ち小手返し(一)(二)
 後技両手持ち小手返し(一)(二)
※両手持ち天地投げ(一)(二)
 正面打ち呼吸投げ
 横面打ち呼吸投げ
 片手持ち呼吸投げ
 両手持ち呼吸投げ
 正面突き呼吸投げ
 座り技両手持ち呼吸法(一)(二)(三)(四)
 (※印は座り技も含む)

指 定 自 由 技
正面打ち自由技
横面打ち自由技
片手持ち自由技
両手持ち自由技
正面突き自由技
肩持ち自由技
正面横面打ち自由技
後技両手持ち自由技
後技両肘持ち自由技
後技両肩持ち自由技
短刀取り自由技
剣取り自由技

↑全部簡単にこなせなければ黒帯になれません。簡単に倒せるようになるには更に修行が必須。最低ここまでやって判断してくださいね。

合気道は短刀取りという自由技もあります。相手が短刀対持った場合の技です。空手には無い、柔道にもない、特に男性の弱い箇所を上手に使って技をかけるので意外と質問者様には合っているかもしれませんよ。
女性は関節が柔らかいので技の効き目から比較すると男性の方が合気道の技に弱いですし。

※基本の技は合気道に限らず家でもできます。もちろん練習されてまいすよね。だったら昇級も昇段もその上もあなたに限らず目指せます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E6%B0%97%E9%81%93
まずは合気道とは。心構えて道場へ。無にならなければ簡単に見えるこの投げ技もただのお遊び。もの凄い威力を感じたことがまだ無いのでしょう。ぜひ続けて見た目は地味な合気道の威力を身体で感じてください。

NO.3です。
すみません。大手とあったので養神館かと思いました。
本当に合気道を実践で使いたいのでしたら、毎日後方受け身連続100回、体の変更一のみ最低一時間合気道から離れるまで継続するべきですね。体の変更一が「あんな…」になっているなら即、辞めるべきです。資格はありません。

師範に足の親指一本のみで倒してもらった方が早そうですね。
私は空手もやっていますが空手より合気道は難しいものです。それを選択しようとした質問者様は凄いと思いました。始める動機も何でもいいんです。ただ稽...続きを読む

Q本気で強くなりたいのですが、僕は少林寺拳法で強くなりたいと思っています。 そうなのですが 乱取りが無

本気で強くなりたいのですが、僕は少林寺拳法で強くなりたいと思っています。
そうなのですが
乱取りが無いのです。
何か今からできる
練習はございますか?
今は突きや受けを
1日100回やってます

Aベストアンサー

少林寺拳法というと、映画でジャッキーチェーンの「少林寺木人拳」が思い出されますね(*^_^*)
自分は空手の方面ですけど、少林寺も武道です。本気で強くなりたいという【心】を応援したいですね。

突きや受けも基本中の基本ですからいいことだと思います。
でもあんまり根気よくやらない方がいいですよ。疲労で腕が怪我をしてしまいますからね(>_<)
ですから徐々に体に覚えこませて行って下さい。体は一度覚えると忘れなく、ず~と覚えているのが不思議です。

どの格闘技でも共通するのが、筋トレと柔軟性です。
今の時期はこれを武武さんに・・・お勧めします。

筋トレは・・・
極端な話し毎日やってしまうと、筋肉がつきません。逆に疲労がたまって良くないです。
筋トレによって筋肉に「疲労」をかけて「回復」によって、十分休ませる事で、強い筋肉になり、その繰り返しが最強なんですよね(筋トレの原理)
例えば・・・スクワット、腹筋、腕立て伏せなどの家ですぐにできる程度の筋トレでいいと思います。
その筋トレの頻度によって違うと思いますけど、基本的には3日に1回のスロー筋トレがいいですよ(-。-)y-゜゜゜
スローでやると筋肉がつきやすい事が、科学的に証明されています(でも、あまり無理しないでください。疲労の元で怪我を誘引しますから)

柔軟性は・・・
柔軟性は、今は筋トレより重要視してほしい要素です。
柔軟は字の通り体を柔らかくすることです。
体が柔らかい事で、怪我をしにくくさせてくれますし、体が柔らかいが為に様々な動きができて、技を覚える事がより早くなります。
要は【タコのような柔軟性】が一番ですよ(^◇^)
ここまでがネットの限界で、その意味を言葉では教えられないですけど、
【タコのような柔軟性】という言葉だけでも覚えていてください。いつかキッと役に立つと思います。
でも、柔軟性を付ける為に無理をしないで下さい。無理してスジが伸びて、結果練習ができなくなりますから(._.)
徐々にゆっくり柔軟性を付けて下さい。
慣れて来たら本屋で売っているヨガの本を進めますよ。(ヨガは今まで動かした事のない所を柔らかくしてくれますよ)
でも、ひつこいようですが無理は禁物です(^_-)

筋トレと柔軟性が、基本的なことの一部です。後は、強くなる為には栄養・マッサージ・・・・・・とかもありますけど、
でもそういうのは、いつか慣れてきて物足りなくなってきたら、本屋にその本が、いくらでもありますから、
ゆっくりと独学をしていって下さい。

自分も怪我がよくありましてね。今まででは股関節とカカトの怪我が大き過ぎる怪我ですね。
2つともすぐ治療で練習を休めば、かかっても1か月位で治ったと思いますけど、
痛いのを我慢して練習に励んでしまったので、数年経ちますけど今だに完治しません(T_T)/~~~
ですから、一番の敵は、《怪我》の2文字という事をよく聞きますが、その通りです!!
怪我をしたら、治るまで休んで下さい。無理は絶対に禁物です。

少林寺拳法をいろいろ楽しみながら、そしていろいろ学びながら、段々と強くなっていって下さい。
そして将来、どこかで会いましたら、私と乱取りお願いします。
でも、あまり痛くしないでくださいね!(^。^)y-.。o○

少林寺拳法というと、映画でジャッキーチェーンの「少林寺木人拳」が思い出されますね(*^_^*)
自分は空手の方面ですけど、少林寺も武道です。本気で強くなりたいという【心】を応援したいですね。

突きや受けも基本中の基本ですからいいことだと思います。
でもあんまり根気よくやらない方がいいですよ。疲労で腕が怪我をしてしまいますからね(>_<)
ですから徐々に体に覚えこませて行って下さい。体は一度覚えると忘れなく、ず~と覚えているのが不思議です。

どの格闘技でも共通するのが、筋トレと柔軟性です。...続きを読む

Q子供に習わせるには空手?合気道?

教えてください!!
幼稚園に通う娘(5歳・女の子)に礼儀や人への思いやりなど精神的に強くなって欲しく、空手か合気道を習わせたいと思っているのですが、どちらが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

空手、合気道を共に修行しました。その経験から言わせていただくと、幼少のお子さんには空手をおすすめしたいです。

私の通っていた合気道の道場に、幼稚園、小学校の子供たちがいましたが、合気道の稽古の内容に戸惑う姿が何度も見られました。これは他の道場でもよくありました。というのは、合気道は投げ技、関節技が主体の武道であり、特に関節技については子供たちが理解するには難しい動作が含まれているからです。一つの技の中に、幾つかの手足の動きを順序立てておこなわなくてはならず、そのことがひどく混乱するようです。

結果、理解できない、つまらない、飽きた、通いたくない、でも怒られるから通う、そして大嫌いになるという悪循環に陥る場合も多々あります。途中で止めたことで挫折感を味わう子もいます。

合気道は中学生以上になってから始めるのが良いと思うようになりました。

子供のうちは元気よくエネルギーを発散させながら体力作りをしたほうがよく、特に大きな声を出しながら突きや蹴りを行う空手はとてもいい心身の運動になると思います。

空手には、伝統的な空手のスタイルで体に攻撃を当てない伝統派(松涛館、剛柔流、糸東流、和道流など)と、ボクシング、キックに影響を受け直接当てるフルコンタクト派(極真会館、大道塾、正道会館、円心会館)などがありますが、5歳の女の子でしたら、伝統派をおすすめします。

特に松涛館は突きや蹴りの動作が大きく、お子さんが伸び伸び行えるのと、よける、避ける動作も学ぶので護身の観点からも良い空手だと個人的に思います。松涛館の主な道場には、日本空手協会、国際松涛館、空手之道世界連盟などの団体があります。多くの子供たちが学んでいるので友達作りにもよいと思います。

また、こうした伝統空手は将来、合気道を学びたくなった時にも非常に移行しやすいです。とういうのは共通した動作、理合があるからです。

もちろん、お子さんの意向を考えてあげるのが一番だと思いますが、何を学ぶにしても、実際にいろいろ道場を見学され、指導者が丁寧に教えているか、礼儀、心の教えを重んじているか、よく見極めて道場を選ぶことが大切だと思います。

あと小さいうちは欠点を叱るより、励ましたり、ほめてあげて下さい。そのほうが楽しく伸び伸びと行えて、結果、能力も向上すると思いますよ。

空手、合気道を共に修行しました。その経験から言わせていただくと、幼少のお子さんには空手をおすすめしたいです。

私の通っていた合気道の道場に、幼稚園、小学校の子供たちがいましたが、合気道の稽古の内容に戸惑う姿が何度も見られました。これは他の道場でもよくありました。というのは、合気道は投げ技、関節技が主体の武道であり、特に関節技については子供たちが理解するには難しい動作が含まれているからです。一つの技の中に、幾つかの手足の動きを順序立てておこなわなくてはならず、そのことがひ...続きを読む

Q合気道は実戦的な武道なんですか?

一言で強いか弱いかと言っても答え難いと思うので
合気道は実戦的な技なんでしょうか?

武器の無い戦いなら一番強いのはプロレスだと聞いたことがあります。
一度入ったら抜け出せないし、プロレス技を抜けるにはプロレスを知るしかないからだとか

塩田って人の動画見ていますがこれが本当なら神でしょうけど
弟子相手に闘ってるのしか見た事ありません…
弟子か素人相手にしか闘わない武道なんでしょうか…

かっこいいけどそんなに強くないカンフーの様に、実際総合格闘技としてTVで合気道が勝ちまくってるのなんかも見た事ありません。

Aベストアンサー

合気道の元である柔術は実践的なものですし、幾つかの合気道の発案者も皆実戦目的で開発し、軍や警察などに指導して来たので、実践的といえば実践的です。
でも、今の合気道は全体ではなく、基礎の動きを重視しています。なので、そのまま実戦に使えるかというと難しいと思います。
逆に言えば合気道の考え方と共通する技は世界中の武術や格闘技にあるともいえます。
つまり、合気道で習っている技が全てだと思っている人は強くなれません。これは中国武術でもそうだと聞きました。
カンフーや幾つかの武術はストリートファイトが起源で、今でも模擬ストリートファイトを練習に取り入れているものがあります。
問題は技が強いかどうかというより、打たれ強いかというほうが問題でしょう。相撲は技の要素的には確立された強い格闘技ですが、ボクシングのような顔面の打たれ方や関節技に対する鍛え方がされていません。
だから、勝てないんだと思います。
勝負は技だけでなく、打たれ強さが大きく関係しますから。そして打たれ強さは一朝一夕で鍛えられるものではありませんから。

塩田先生を始め、彼らが素人相手に技を披露しないのは、仲間内でしかかからないからじゃありません。武術をしている人で無いと危険だからです。
有名なのは塩田先生だか植芝先生かは忘れましたが、米国大統領の警備の者を投げ飛ばしたという一件です。

例えば、多くの人は技をかけられると抵抗します。単純でシンプルな当身技くらいならそれでもいいですが、複雑で見栄えのする間接技や投げ技になると自分の限度を知っていて、それが越えそうになると自分から受身に入るレベルの人でないと怪我をします。だから素人には披露しないのです。

結論的に言えば、合気道の技だけでは非実戦的でしょう。逆に他の武術や格闘技の中に合気道の考えを取り入れれば、入れないよりは強くなる可能性があると思っています。

合気道の元である柔術は実践的なものですし、幾つかの合気道の発案者も皆実戦目的で開発し、軍や警察などに指導して来たので、実践的といえば実践的です。
でも、今の合気道は全体ではなく、基礎の動きを重視しています。なので、そのまま実戦に使えるかというと難しいと思います。
逆に言えば合気道の考え方と共通する技は世界中の武術や格闘技にあるともいえます。
つまり、合気道で習っている技が全てだと思っている人は強くなれません。これは中国武術でもそうだと聞きました。
カンフーや幾つかの武術はスト...続きを読む

Q剣道経験者が合気道を始めることについて

自分は現在、高校で剣道をしているのですが、大学に入ったら興味がある合気道を始めようと思っています
これはあまりよくないことなのでしょうか
父親は剣道と合気道は通ずるものがあるといっていたのですが・・・

ぜひ、教えてください
お願いします

Aベストアンサー

両者通じるものはもちろんありますが、異なるものも結構あります。どちらを先にやったかで見方が少し異なると思います。

1)剣道が先の場合:
少し練習方法に違和感を感じるでしょう。合気道は声を出さない。道場が静かである。剣道のように地稽古はない。試合はない(合気協会系は除く)。動きがゆっくりである。力を込めない(筋力を緊張させない)。力と力をぶつからないようにする。練習方法による取り決めはあるが、合気道自体にルールはない。気と気のぶつかり合いが剣道の試合のようなぶつかり合いではない。左右均等の練習をする。

2)合気道が先の場合:

剣道の練習自体が、(基本の竹刀操法は除いて)先の先・後の先という「やるかやられるか」の緊張状態にとまどう。動きが速い。手の内や元の手(左手)の重要性にとまどう。かなり体力を使う。試合の審判がいる。地稽古には辟易する。合気の動きが柳生系の動きであるのに対して、剣道は一刀流(小野派・北辰)系が基盤にしているのに体がついていかない時がある。

まだあると思いますが、大体以上です。私は合気が主で、剣道の練習はきつかったですが、試合は結構いけました。他に打突系も経験があり、剣道に似ているところもありました。

まだこれから大学生でいらっしゃるようなので、40・50・60歳代まで、居合い・杖なども修められればそれぞれの違いから共通点、ひいては武道・武術の考え方も変わるのではないかなと思います。

話しが合気道ですので、元に戻しますと、合気道にも各流派があり考え方、練習方法もけっこう異なります。どの流派にはいるかで好きになったり嫌いになったりしますので、選び方は慎重になさった方がいいと思います(大学で流派が決まっている場合もありますが)。次に合気系の各流派の特徴をおおざっぱに掲げます。

1)合気会:
開祖植芝盛平の血筋直系の日本最大の流派。一教・二教・三教・四教・四方投げ・小手返し・入り身投げ・天地投げなど、技から入ります。
2)合気協会:
富木謙二が始めたもので、試合形式をとる団体です。
3)養神館:
塩田剛三が始めたものでかなり武闘的なところがあります。
4)気の研究会(心身統一合気道):
藤平光一が始めたもので、合気の習得のため、自身の体を「統一体」に常にするというところが特徴です。これができないと技をいくら練習してもだめだという立場をとります。
5)万生館:
砂泊諴秀が始めたもので、九州北部に拠点を置いています。力の抜き方に重きを置いているようです。
6)大東流各派:
技の宝庫と言われるほど、技が豊富です。合気道の元になる武道で武田惣角の創始になります。すべての合気道各派は武田惣角-植芝盛平から来ています。

その他亜流と言えば怒られるでしょうが、まだまだたくさんあります。それ以外はご自分で研究なさって下さい。

両者通じるものはもちろんありますが、異なるものも結構あります。どちらを先にやったかで見方が少し異なると思います。

1)剣道が先の場合:
少し練習方法に違和感を感じるでしょう。合気道は声を出さない。道場が静かである。剣道のように地稽古はない。試合はない(合気協会系は除く)。動きがゆっくりである。力を込めない(筋力を緊張させない)。力と力をぶつからないようにする。練習方法による取り決めはあるが、合気道自体にルールはない。気と気のぶつかり合いが剣道の試合のようなぶつかり合いではな...続きを読む

Q合気道は役にたちますか?

合気道を12年やっていたものです。
乱捕りやスパーリングのない稽古に不満がつのり、稽古のなかで、合気道の技が試せそうな日本拳法に入会しました。
しかし、実際に殴りあう乱捕り(実乱撃といいます。)になると、走って飛び込んでくる人などまずいなく、ヒット&ウエイトで、打ったら下がられて、なかなか捕まらないし、腕を捕まえたら、空いている腕で殴られるし。
そもそも、ステップを嫌う合気道のベタ足では日本拳法のステップに追いつかないです。
合気道をやられていた方で、こういうスパーリング系に応用できた方はいますか?
または、どういうふうにやられますか?
「実戦と競技は別物」という意見の方はご意見ご遠慮願います。
なんでも有りの「模擬実戦」のスパーリングで効かない技など、しょせん実戦でも効かないと思います。

Aベストアンサー

前に長々と回答しながら連続で恐縮です
No5です

>合気道をやられていた方で、こういうスパーリング系に応用できた方はいますか?

この点もお答えします

私が総合系の打撃を始めてから柔道の技がスパーに使えるまで2ヶ月くらいかかりました
色々な格闘技の経験者であることと、当時の指導員がフランクなお人柄であったことから入門して一週間後には軽いスパーに参加させてもらいました

私も最初は相手が色帯程度なら体力で圧倒することもあったのですが、茶黒帯相手だと面白いように相手の間合いにされてしまい掴むことさえ困難でした

初めてスパーで柔道の技を使ったのは2ヶ月くらいした頃、スパー中に追い詰められて苦し紛れに無意識に(そのスパーは投げ禁止)一本背負いをかけたらきれいに決まったのが最初です

立ち関節を初めて使えたのはもっと後です

質問者さんも12年もの長い合気道で培われた技は、絶対無駄でないと思います
打撃に慣れ、ある程度対処出来る様になればきっとあなたの技が生きるようになると思います

そしてその時その合気道の技は他の人の持っていない
「幅」になると思います

つまり結論で言うと、合気道の技が無意味なのではなく実際のスパーリングで使う稽古体型ではその技が使えないということなのだと思います

(極真ルールであれほど有効なかかと落しがK-1ルールではグラウベ参入当時は全然当たらなかったと同じです)

前に長々と回答しながら連続で恐縮です
No5です

>合気道をやられていた方で、こういうスパーリング系に応用できた方はいますか?

この点もお答えします

私が総合系の打撃を始めてから柔道の技がスパーに使えるまで2ヶ月くらいかかりました
色々な格闘技の経験者であることと、当時の指導員がフランクなお人柄であったことから入門して一週間後には軽いスパーに参加させてもらいました

私も最初は相手が色帯程度なら体力で圧倒することもあったのですが、茶黒帯相手だと面白いように相手の間合...続きを読む

Q養神館と合気道SAの特徴

 養神館系の合気道を始めたいと思っているのですが、合気道SAも候補に入っています。よく言われる実戦性、護身術としての有用性といった観点から本家養神館とSAの特徴を教えてください。
 どちらかに属している人の意見を特に希望します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分は合気道SAを習ってるんですが普段の練習は型練習が
中心でそれを元に組手稽古を行っています。
よく、殴るの禁止とか担ぎ技禁止だから実践性が疑わしい
といわれてますが、顔面OKとか柔道的な投げ有りになると合気道である必要がなくなってしまいますからね。
あくまで合気道の延長線での組手稽古ですから。
まあ、妥当な線じゃないかと思ってます。
組手稽古をすることによって技の入り方、変化の仕方
といった練習は実践的だと思いますが、型稽古をサボると
正しい動きが出来なくなって変な癖がついてしまうという
可能性もあるかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング