フィリピンのエルニドに3月8日~4月すぎまでバックパック旅行にいきます。両替は日本円からフィリピンペソですが米ドルを経由したりいろいろなほうほうがあるそうなので質問しました。エルニド旅行で一番得をする方法を教えてください。お願いします。

A 回答 (1件)

日本でペソに換えて持っていければ面倒は少ないのですが、以前フィリピンへ行った際探したのですが、日本の銀行でペソへの両替を行っている所は無い様です。


となると、フィリピン国内で両替しなければならず、最低限の両替は空港で行う必要があります。が、例によって空港での両替率は悪いです。
一番良いのは町の両替屋(これも両替屋によって両替率が違うので良い所を探す)ですが、トラブルに合う可能性も一番高いので、ホテルで両替が無難では無いかと思います。

注意する点としては、空港でT/Cから両替する時は、T/C購入時の控え(T/C番号が入っているやつ)を持っていないと両替してくれないので忘れずに...
あとホテルによっては、T/Cからの両替は一旦T/Cを預かっておいて翌朝現金渡しという所もあるので、注意して下さい。
日本円(紙幣)は問題なくどこでも両替可能でした。
VISAは結構田舎のホテルでも使えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になります.ありがとう

お礼日時:2001/01/17 11:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィリピンの生活で

フィリピンはキリスト教の国なので、お店は日曜は全て休みなのでしょうか?
また、停電が多いと聞いたことがあります。
実際はどうなのでしょうか?
ぜひお教え下さいませ。

Aベストアンサー

日曜日は主な官公庁は休みだったと思います。また、日曜日以外にも大雨でも急に休みになったりします。でも、ショッピングセンターなどは開いてますよ。私の知ってる情報はマニラ近郊なので地方だと分からないですね。すいません。
停電ですか・・・・多いです・・はい。復旧には丸一日の場合もありますし・・・台風などで大規模になると一週間ってのもあります。こればっかりはしょうがないので、充分な準備をお勧めします。

Q米ドルへの両替、お得でしょうか?

米ドルへの両替が増えているそうです。
確かに為替ではお得感があります。
しかし、日本国内の両替商は大概為替レートが悪く、私も外国で必要なだけ両替したり、キャッシングやショッピングをしています。
金利を含めてもキャッシング、意外に手数料が安いですよ。

日本国内でレートが良く両替できるところがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 質問者さんがおっしゃるように、クレジットカードによるキャッシングは海外通貨の調達法として有利な方法の一つです。日本国内における米ドル現金両替レートですが、銀行ならキャッシングより不利、金券ショップならキャッシングと同等です。

 外貨調達法の有利不利を定量的に論じるには為替用語をどうしても使わざるを得ないので、まずその説明におつき合いください。
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビが「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=97円61銭でした」と報じているレートは特に断りのない限りこの「銀行間レート」です。一般の顧客はこのレートでの取引きはできず、必ずいくらかの手数料を上乗せして支払います。
・公示仲値 銀行間レートは常に変動しているため、両替や送金の基準レートとして使うと処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートを参照しながら「公示仲値」というレートを定め、その日の取引の基準レートとして用います。公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、為替取引の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため金融機関間で若干ばらつきがありますが、その差は0.1%か0.2%程度です。
・対顧客電信売レート(TTS) 外貨現金のやり取りを伴わずに外貨を買う取引きで適用されるレートです。具体的には外貨建てトラベラーズチェック(以下TC)の購入、外貨預金、外貨建て国際送金などが該当します。TTSは決まった幅の手数料(為替手数料)を公示仲値に上乗せすることで機械的に計算されます。
・外貨現金売りレート 外貨現金の取扱いでは発行国からの輸送コスト、運用に回せないことによる死蔵コスト、為替変動によるリスクが必然的に発生します。そこで外貨現金のやり取りを伴う取引きには「外貨現金取扱手数料」を課すことでコスト/リスク対策をしています。実際の両替ではTTSに外貨現金取扱手数料を加算したレートが「現金売りレート」として発表されます。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も海外での利用分を決済する関係で通貨間の換算レートを毎日設定します。これも前出の公示仲値と同様に銀行間レートを参照して決定されます。このレートのことを本回答では「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」と呼ぶことにします。
 銀行間レート、公示仲値、クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三者は厳密には一致しませんが、両替の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。私の過去のデータでは、クレジットカード会社が定める通貨間換算レートと銀行間レートの乖離は通常時で±0.4%以内、為替市場が大きく動いている局面で±1.0%以内です。そして両替法の有利不利はそれら基準となるレートからどれだけ上乗せされているかで比較すれば一目瞭然です。

1. クレジットカードでのキャッシング
 クレジットカードでキャッシングした場合、クレジットカード会社が定める通貨間換算レートで日本円に換算した額に、利息を加算した額が請求されます。利率はカードにより異なりますが現在は年利で15~20%です。利息の算定期間は利用日から返済日(口座引落し日)までです。最短で20日、最長で55日といったところです。利用額の1.0~3.0%を利息(上乗せ分)として払う計算になります(*1)。例えば年利18%のクレジットカードでキャッシングし、利用日から返済日まで40日であったとすると利息は18×40÷365で1.97%ほどです。帰国後すぐに繰り上げ返済すれば、当然これより少ない利息で済みます。
 なおクレジットカード会社は利息のみを徴収しますが、現金自動預払機(以下ATM)設置者や回線運営者が別途手数料を徴収することがあります。徴収する場合の額は前者が1回50~200円くらい、後者が0.85%くらいです。

2. 銀行での両替
 日本の銀行における米ドル現金両替レートは大半の銀行で公示仲値に3円上乗せです。割合にすると今のレートで3.0%ほどですので、キャッシングより不利です。
 銀行の中では三菱東京UFJ銀行とゆうちょ銀行は2円80銭の上乗せなので他行より多少有利です。また特定の支店や出張所で20~50銭程度の優遇をしている銀行もあります[1]。これらとの比較であれば、利用から口座引落しまで長くかかった場合に限りキャッシングが不利になることもあり得ます。

3. 金券ショップでの両替
 金券ショップは銀行より有利なレートを設定することで集客しています。金券ショップでの米ドル現金両替レートは多くの場合公示仲値に2円上乗せで、銀行より1円有利です。探せば上乗せ幅1円80銭程度の業者もあります(例えば[2])。
 上乗せ幅2%となるとキャッシングといい勝負になってきます。当然ながら利用から口座引落しまで短ければキャッシング有利、長ければ金券ショップ有利です。

4. さらに有利に米ドルを調達する方法
(1) トラベラーズチェック
 米ドル現金でなく、米ドル建てのTCで構わないならもう少し安く上げることができます。日本の銀行でのTC発行レートは公示仲値に1円上乗せで、これにTC発行手数料1%がかかります。現在のレートですと約2.0%の上乗せということになります。
 シティバンク銀行は口座を持っているとTC発行手数料は無料で、公示仲値+1円のレートでTCを購入できます[3]。また東京にあるさわやか信用金庫[4]は、口座の有無に関わらずTC発行手数料が無料でやはり公示仲値+1円のレートでTCを入手できます[5]。これらですと1.0%の上乗せですので、繰り上げ返済をしない場合のキャッシングの利息の下限と同等になります。通信販売業者のセシールはTC発行手数料0.5%でTCを販売しており銀行より若干有利です[6]。セシールのレートは三菱東京UFJ銀行の数字を採用しています。
(2) 外貨預金経由
 三井住友銀行は米ドルの外貨預金を1万ドル以上保有していると、米ドルの現金を無手数料で出し入れできるようになります[7](*1)。外貨預金時のレートは公示仲値+1円ですので、そのまま公示仲値+1円で米ドル現金を手にできるわけです。上乗せ分は約1.0%と計算されます。
(3) 外国為替証拠金取引を使う方法
 金額が1万ドル以上でかつ手間を厭わないなら、外国為替証拠金取引(FX)を使う方法があります。FXは基本的には先物取引で最終的には反対売買をして差益を得ることが目的の商品ですが、代金を払ってそのまま(反対売買せずに)外貨で受取ることもできます(*2)。ただし「外貨で受け取れる」といってもそれは数字上の話で、FX業者が札束を渡してくれるわけではありません。FX業者から適宜の銀行の自分の口座に国内外貨送金してもらい、その銀行に外貨現金取扱手数料を払うことでようやく現金として受取ることができます。
 手数料ですが、FX業者から外貨で受取るための手数料が1ドルあたり10銭程度、国内外貨送金手数料が1回4千円程度、外貨現金取扱手数料が1ドルあたり2円です。外貨現金取扱手数料がかかってしまうとメリットはありませんので、ここで(2)の方法を組み合わせて使います。すなわち1万ドル以上を三井住友銀行の米ドル普通預金口座宛に送金してもらうのです。また国内外貨送金手数料を負担してくれるFX業者もあります。そのような業者の一つに「外為どっとコム」があり[8-10]、外為どっとコム→三井住友銀行のルートで米ドル現金を入手するやり方は良く知られています。
 なお外貨送金を受取れるのはシティバンク銀行だけではありません。メガバンク3行(三菱東京UFJ、三井住友、みずほ)の外貨預金口座はいずれも外貨送金を受けることができます。

【まとめ】
 両替そのほか海外通貨調達法の有利不利は、基準となるレートからの上乗せ分の大小で比較すると一目瞭然です。
(1)クレジットカードによるキャッシングは、海外通貨の調達法としては有利な方法の一つです。上乗せ分(利息)は返済期間により1.0~3.0%ほどです。もちろん繰り上げ返済すればずっと安く上がります。
(2)日本の銀行で米ドル現金に両替した場合、上乗せ分は1ドル当たり3円が標準です。一部優遇している銀行もありますがそれでも2円50銭までです。(上乗せ分2.5~3.0%)
(3)金券ショップの両替では上乗せ分は2円です。探すと1円80銭くらいのところもあります。返済期間によってはキャッシングが不利になることもあります。(1.8~2.0%)
(4)米ドル建てトラベラーズチェックでも構わないならもう少し安く上がります。(1.0 ~2.0%)
(5)金額が1万ドル以上でかつ手間を惜しまないなら、さらに有利なレートで米ドル現金を入手する方法はあります。ただし中級者~上級者向けです。(0.1~1.0%)

参考ページ
[1] http://www.yuiis.net/ja/bank/intl/exchange/camp.html
[2] http://www.ticketzone.jp/
[3] http://www.citibank.co.jp/ja/deposits_investments/foreigncurrency/merits/smart_way_of_using_currencyy.html
[4] http://www.shinkin.co.jp/sawayaka/index01.html
[5] http://www.shinkin.co.jp/sawayaka/service/foreign_exchange.html
[6] http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/
[7] 三井住友銀行 外貨普通預金 http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/futsu.html
[8] http://www.gaitame.com/
[9] http://www.gaitame.com/service/gaika_shousai02.html
[10] http://www.gaitame.com/campaign/g_camp.html

*1 外貨預金は昨今多くの銀行が盛んに宣伝していますが、日本円預金と同じように「外貨の現金を自由に出し入れ」できる訳ではありません。外貨現金での入出金には対応していない商品が大半で、対応している商品でも出し入れの際に「外貨現金取扱手数料」(名称は銀行により異なる)を徴収します。米ドルの外貨現金取扱手数料は出し入れとも1ドルあたり2円に設定している銀行が大半です。三井住友は預金残高が1万ドルあればこの外貨現金取扱手数料が免除されるので有利ということです。
*2 レバレッジの話をしている回答がありますが、レバレッジを何倍にかけようとも代金の全額を振り込むことには変わりありません。反対売買で決済するのでなくそのまま外貨で受取るならレバレッジは関係ない話です。

 質問者さんがおっしゃるように、クレジットカードによるキャッシングは海外通貨の調達法として有利な方法の一つです。日本国内における米ドル現金両替レートですが、銀行ならキャッシングより不利、金券ショップならキャッシングと同等です。

 外貨調達法の有利不利を定量的に論じるには為替用語をどうしても使わざるを得ないので、まずその説明におつき合いください。
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビが「今日の東京外国為替市場、終値は1...続きを読む

Qフィリピン・マニラでの生活、住居

フィリピン・マニラに駐在する予定です。
マニラ生活に御詳しい方、項目が多く恐縮ですが、お分かりになる項目だけで結構
ですので参考までに教えて下さい。

1.住居について
  事務所がサルセドエリアなのですが、住むにはレガスペエリアとどちらに
  するか迷っています。ちなみに単身(男)です。
   1)マニラで日本人の多いエリアはどですか?また西洋人の多いエリアはど
こですか?
   2)日本人向けスーパーは色々あるようですがサルセドとレガスペどちらが
多いですか?

   3)お薦めの不動産仲介業者が有れば教えて下さい。

   4)Furnishedのマンションの場合は大抵の場合、ベッド、エアコン、TV、洗
濯機等があると思って良いでしょうか?
     日本から布団などは持っていこうと思いますが、布団も付いている場合
が多いのでしょうか?

   5)メイドさんについて
     メイドさんの費用は通常は家賃に含まれるのでしょうか?
     住みこみと週2~3回掃除だけしてくれるとか色々タイプを選べるでしょ
うか?

   6)上場企業の駐在員の家賃補助の上限相場はいくらぐらいでしょうか?
     (勿論会社によると思いますが、感覚的な相場で結構です)

   7)その他、住居選びの注意点があればアドバイスお願いします。

2.駐在者には通常はドライバーが付くのが普通でしょうか?
  大概の会社は自分で運転禁止でしょうか?

3.シャンプー等の日本製の日用品は現地で手に入りますか?

4.ゴルフ用品(メーカー品)は日本とマニラでどちらが安いでしょうか?
  (ユニクロなんかは日本より高いと聞きましたのでなるべく日本で揃えて
   行った方が良いかと思いましたので。)

5.その他、日本から持っていくと良いものがありましたらアドバイスお願いしま
す。

フィリピン・マニラに駐在する予定です。
マニラ生活に御詳しい方、項目が多く恐縮ですが、お分かりになる項目だけで結構
ですので参考までに教えて下さい。

1.住居について
  事務所がサルセドエリアなのですが、住むにはレガスペエリアとどちらに
  するか迷っています。ちなみに単身(男)です。
   1)マニラで日本人の多いエリアはどですか?また西洋人の多いエリアはど
こですか?
   2)日本人向けスーパーは色々あるようですがサルセドとレガスペどちらが
多いですか?

   3)お薦めの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、フィリピン在住の者です。

サルセドビレッジ、レガスピビレッジは、アヤラアベニューを挟んで隣接して
おりますので、日本人および欧米人が多く居住しています。

単身の方の場合でしたら、レガスピの方が良いかもしれませんね。

レガスピビレッジからの徒歩圏内に、日本食レストランや日本からの日用品
を売っている雑貨店があります。規模はコンビニくらいでしょうか。
「食」を中心に考えるならレガスピかな、と思います。

コンドミニアムのFull Furnishedは、すべての電化製品が揃っていると考えて
良いですが、洗濯機となると2BR(2 ベッドルーム)または、3BR以上の物件
にしか置いてない可能性が高いです。

布団は持ってこなくて良いのではないかと思います(1年中暑い国ですので)。
ベッドも備え付けてありますし、枕カバー、シーツ類も用意されていると思います。

メイドさんの費用は家賃に含まれません。
通いのメイドさんもいますし、住み込みもあります。
住み込みの場合は、メイドさんの部屋が必要ですので、かなり広い物件にしか
メイド部屋はないと思います。

上場企業の場合は、7~10万ペソの家賃が実費で出ると思います。
各企業で定められていると思います。

いずれにしましても、赴任当初の1ヶ月程度は、ホテル住まいになると思います
ので、その間にじっくりと探すと良いですね。

ドライバーの雇用については、会社で定められていると思います。
ご自身での運転は、赴任当初は無理だと思います。
渋滞もひどく、マナーも劣悪です。

ゴルフ用品はマニラにはない(中古品程度)と思った方が良さそうです。
新品があったとしても非常に割高だと思います。
日本から持って来られる方が安上がりです。

こちらも参考になるかもしれません。
http://stayphil.com/

こんにちは、フィリピン在住の者です。

サルセドビレッジ、レガスピビレッジは、アヤラアベニューを挟んで隣接して
おりますので、日本人および欧米人が多く居住しています。

単身の方の場合でしたら、レガスピの方が良いかもしれませんね。

レガスピビレッジからの徒歩圏内に、日本食レストランや日本からの日用品
を売っている雑貨店があります。規模はコンビニくらいでしょうか。
「食」を中心に考えるならレガスピかな、と思います。

コンドミニアムのFull Furnishedは、すべての電化製品が揃っていると考...続きを読む

Q旅行会社、旅行サイト提供の格安の旅行パックを教えてください。

東京⇔大阪間往復新幹線チケットに加えホテル代込みで、
23000円前後というパックを知人に教えてもらいました。
旅行サイトの提供しているものです。

前回大阪に行った際は普通にノゾミで行ったので、
28000程かかりました。
ホテル代がついても五千円も安いとは、
ちょっと衝撃だったのですが、どうような格安パックを
提供している旅行会社、サイトなどは結構多いのでしょうか?

あまり詳しくなく調べてもなかなか見つけられないので、
ご存知の方いらっしゃいましたら是非教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.jrtours.co.jp/domestic/tour/tourlist.aspx?sc=1&hm=7&tf=27

一人1泊なら2万円台前半からあります。
ツアーが一番安く簡単です。
上はJR東海なのでのぞみを含む新幹線、下がヤフーツアーで新幹線か飛行機が選べます。


http://domestic.tour.travel.yahoo.co.jp/bin/search?to=27&from=3&pr=1

Qフィリピン人が日本で生活するために役立つ資格。

在日外国人が持っていた方がいい資格がありましたら教えてください。
詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も、他の回答者様が回答しているように、運転免許しか浮かびませんでした。

私の住んでるところは田舎で、公共交通機関が貧弱なため、運転免許は必需です。
このため、日本に呼ぶ半年前に、フィリピンで運転免許を取得させ、来日後しばらくは、国際運転免許証で運転していましたが、その後、外国免許切替試験を受け、現在は、日本の運転免許証をもらって毎日運転し、仕事に、買い物に、と行っています。

Q米ドルへの両替

いつもアメリカに行く際に悩むのですが、米ドルに両替するのに、成田空港などで両替するのと、クレジットカードで、現地でATMからおろすのと、CITIBANKのワールドキャッシュでおろす、または銀行その他では、どれが一番率がよいのでしょうか?現地に親類がいて、向こうでの現金はほとんど必要ないので、いつも100ドルほどしか両替しません。もしかしたら、どこで両替しても額が額なのであまり深く考える必要はないのでしょうか?

Aベストアンサー

市中銀行(都銀)
 $1あたり2.9円

成田空港
 $1あたり3.5~4円

CITIBANK
 TTS+3%、TTM(仲値)に対して換算すれば$1あたり4.5円となる(TTSはTTM+1円)

クレジットカード(VISA/Master)
 TTM+1.63%、$1あたり1.9円程度

ということで、クレジットカードによるキャッシングがが一番お得ということになります。
ただし、クレジットカードは金利がつきます。実質年率は18%程度なので、1月後に返済すれば金利は1.5%となり、トータルでは3.15%となってしまいます($1あたり3.7円程度)。
旅行から帰ってきてすぐ繰り上げ返済した場合、金利を抑えることができます。10日で返済すれば金利は1/3となりますので、トータルでは2.1%となります($1あたり2.4円程度)。

イーバンクマネーカードやスルガデビッドカードで現地キャッシングした場合、金利がつかないので1.63%で利用できることとなりお得です。

ただし、現地キャッシングでの落とし穴はATM利用手数料です。銀行のATMなどだと手数料が要らないこともありますが、市中やホテルのロビーにあるATMでは手数料がかかることが多いです。金額も1回あたり$2~$3とかなり高めです。
ですので、$100程度をおろすのにATMを使っていると、ATM利用手数料だけで2~3%割り増しとなることになり、まったく割に合いません。

結論としては、市中銀行での両替が一番でしょう。

もっとも、ご自身でも書いておられるように、違うといっても$1あたり1円前後の差ですので、$100おろすならその差は最大でも100円程度です。したがって、悩むだけ時間の無駄ということもいえます。

市中銀行(都銀)
 $1あたり2.9円

成田空港
 $1あたり3.5~4円

CITIBANK
 TTS+3%、TTM(仲値)に対して換算すれば$1あたり4.5円となる(TTSはTTM+1円)

クレジットカード(VISA/Master)
 TTM+1.63%、$1あたり1.9円程度

ということで、クレジットカードによるキャッシングがが一番お得ということになります。
ただし、クレジットカードは金利がつきます。実質年率は18%程度なので、1月後に返済すれば金利は1.5%となり、トータルでは3...続きを読む

Qフィリピン人女性と日本人男性の夫婦

私の知り合いにフィリピン人女性と結婚した人がいます。
小学生の子供が一人いますが奥さんと子供はフィリピンに住んでいます。

友人は3年ほどシンガポールで働いており、その時は一緒に住んでいたのですが、去年日本に異動の辞令がでたタイミングで妻と子供はフィリピンへ、男性だけ日本に単身赴任するような形で戻ってきました。

私とは日本に帰国してから知り合ったのですが、なんとなく彼はフィリピン人妻に利用されているのではないかと思えるのです。彼は正社員ですから日本で3人で生活するのに何の不自由もないのになぜ一緒に住まないのか不思議です。
生活資金は彼が送金し、口座から自由に妻がお金を引き出しているとのこと、法の改正で10万円以上の送金の手続きが面倒だとかぼやいていました。フィリピンで生活するのに月10万円も必要でしょうか?

彼ははっきり言って頭の良いほうではなく、日本人女性から相手にされるタイプではありません。だからフィリピン人にしか相手にされなかったのか(もちろん金目的)?とも思うのです。

彼は盆正月GWは毎回フィリピンに行っていますが、妻子は一度も日本に来たことがありません。
家族なら子供の学校の休みなどは日本に来てもいいのではないか、と思うのですが。
別に愛してないから何らかの理由をつけて一緒に日本に来なかったのではないかと。
彼が金銭的に利用されているようでかわいそうです。
彼の私生活ですので、口を挟むのはおかしいでしょうが、何か彼にしてあげられることはないでしょうか?

私の知り合いにフィリピン人女性と結婚した人がいます。
小学生の子供が一人いますが奥さんと子供はフィリピンに住んでいます。

友人は3年ほどシンガポールで働いており、その時は一緒に住んでいたのですが、去年日本に異動の辞令がでたタイミングで妻と子供はフィリピンへ、男性だけ日本に単身赴任するような形で戻ってきました。

私とは日本に帰国してから知り合ったのですが、なんとなく彼はフィリピン人妻に利用されているのではないかと思えるのです。彼は正社員ですから日本で3人で生活するのに何の不自...続きを読む

Aベストアンサー

フィリピンから訪日するには、たとえ日本人の配偶者でも、ビザの取得に時間がかかります。

ご友人の方は、手続きをされているのかもしれませんが、その日本人男性や相手の女性に離婚歴などがあると、まだ難しくなります。

日本に結婚届けをだしているのかどうかもわかりませんが出していない場合は、なおさら難しくなります。

相手の女性が、過去に結婚していた場合は、基本的にフィリピン人は離婚できませんから、日本人の配偶者としての手続きができないはずです。

日本人同士と異なり、外国人との結婚の場合はこういう結果になり、仮にその女性に過去に結婚歴があると、日本では結婚届けは出せないのではないでしょうか。 日本に婚姻届けを出すには、外国人女性の婚姻要件具備証明書が必要となり、結婚歴があると、原則離婚できない国なので、その書類のものがフィリピン政府から取れません。

日本の入管法では、内縁関係ではビザはとれません。

Q米ドルへの両替について

23日から2週間ほどメキシコに旅行する予定です。
円をドルに両替しようと思うのですが、
銀行や両替所などでオススメのところがあれば教えて下さい。
手数料優遇とか、何かキャンペーン中とか、パックの種類が豊富などの情報を教えて頂けると嬉しいです。
できれば場所は東京都内が良いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

現金の場合は、レートに手数料が含まれているので(仲値との差額が手数料だと考えてよいでしょう)、両替時に手数料は取られません。T/Cの場合は、1%の手数料が必要となりますが、現金より¥2程度レートが有利です。
どこで両替するかですが、何十万円も両替するのでなければ、ご都合のよい金融機関を利用した方がいいと思いますよ。金融機関によるレートの差はそれほどありませんので、交通費と時間をかけてレートのよいところまで行っていては本末転倒です。
ただし、郵便局のレートはイマイチですね。あと三井住友銀行で両替する場合は、外貨コーナー(店舗限定)を利用すると通常窓口より優遇されるようです。
あとは東京三菱銀行系列の東京クレジットサービスやトラベレックスは営業時間が長く、バラでも購入できるので便利だと思います。銀行や店舗によっては取扱通貨、金種が限られていることもあるので、事前に調べておいた方がいいと思います。

http://www.smbc.co.jp/kojin/sonota/ryougae/index.html

http://www.btm.co.jp/list_j/kinri/main.htm

http://www.travelex.jp/

参考URL:http://www.smbc.co.jp/kojin/sonota/ryougae/index.html

こんにちは。

現金の場合は、レートに手数料が含まれているので(仲値との差額が手数料だと考えてよいでしょう)、両替時に手数料は取られません。T/Cの場合は、1%の手数料が必要となりますが、現金より¥2程度レートが有利です。
どこで両替するかですが、何十万円も両替するのでなければ、ご都合のよい金融機関を利用した方がいいと思いますよ。金融機関によるレートの差はそれほどありませんので、交通費と時間をかけてレートのよいところまで行っていては本末転倒です。
ただし、郵便局のレートはイ...続きを読む

Q年収130万円でサバイバル生活をしたいんですが、どうしたらいいですか?

年収130万円でサバイバル生活をしたいんですが、どうしたらいいですか?

給料のほとんどをフィリピンパブに寄付して残りで生活すればサバイバル生活になりますか?

Aベストアンサー

フィリピンパブに寄付をしなければいいだけなのでそれは「サバイバル」ではなく「単なるアホ」です。

Q円から米ドル、ルピアへの両替についての質問です。今週末からバリ島へ出か

円から米ドル、ルピアへの両替についての質問です。今週末からバリ島へ出かけます。今まででしたら、現地で日本円をルピアに両替して使用していました。現地のオプショナルツアーで、米ドルで支払い可能なものがあり、1,000ドル位使う予定です。ここ最近の米ドル安で1$=90円を切る状況です。
1ルピア=0.0112円程度で推移しています。出来れば米ドルで支払う方が1割以上お得ではないでしょうか。
そこで教えて下さい。
(1)ドルで支払う場合、どこで両替するのが有利でしょうか?少し高くても、関空? それともバリ島でドルに両替できるのでしょうか?
(2)ルピアで支払っても、そんなに変わりがない場合は、今まで通り現地で円からルピアに両替する、ということでいいですよね。
以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 既出になります。

 関空での両替ですが、HPにアップされていないレートがあります。実際、このレートが裏技になると思うのですが、一番良い条件です。サービス価格っていうやつですね。裏技を、是非使ってくださいね。これは、後戻りできない最後の銀行です。国際線フロアーの銀行は軒並み横並びですが、さすが関西!私も、裏技には賛成です。

 あまり公表されている情報ばかりに惑わされない方が良いですよ!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報