一つ前のkoz01さんの「おもしろい推理小説を教えてください」に答えて思ったことなのですが、少年マガジンの「金田一少年の事件簿」で島田荘司さんの「占星術殺人事件」や「奇想、天を動かす」のトリックが使われていますが、これはどういったことなのでしょうか? 作者(もちろん小説)の許可は得られているのでしょうか? 連載当時(最近は読んでいませんが、)はそんなことはどこにも書かれていなかったような気がしますが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

んーあれはオマージュや新たな解釈というよりは、


ただのパクリと思います(笑
あれは○○を誤魔化す方法としての一手法があり、その○○を誤魔化すというテーマが同じというものではなく、その方法をまんま使ってます。違いは舞台設定だけです。

で島田氏はクレームをつけており、それにより問題のコミックスの版によっては、参考文献(?)のような形で注釈がのってたのですが、やっぱりパクリの意識を持ってたんかとの(一応否定はしてた)ツッコミを受けて以降そーゆー文章は取り外してます。
島田氏が訴えるとかの話もあったのですが、うやむやのままに終わってます。出版社が仲裁に入ったとか、訴えて話題になれば、結局はネタバレが広まることになってしまうので島田氏が嫌がったとか(映画・ドラマ化の話も何度かあったみたいですが、このネタはぜひとも小説で楽しんで欲しいとの作者の希望で全部断ってたらしいのです)、ま
色々あるのではないでしょうか。

製作者側(絵を描いた人ではないです)としては、埋もれていくであろうネタをマンガで掘り起こしてやってるとの見解を金田一研究本の類で述べてました。中心スタッフも推理小説ファンらしいので、推理モノを広めようと一ファンとしての純粋な思いもあったのかもしれません。わたくしは傲慢以外の何物でもないと思いますけども。
    • good
    • 0

結果は知りませんが、島田さん、


クレームつけてたはずです。
訴えるところまで行ったかは分かりません。

そういえば、「金田一少年」も「御手洗潔」も
どちらも同じ講談社で刊行されてたはずですよね?
    • good
    • 0

基本的にトリックには、著作権などないでしょうし、「金田一」に限らずトリックの使い回し(あえて盗作とはいいません(^^;)は、多々見られることです。


要は、使い方によっては同じトリックでも違う解答や違うシチュエーションで用いることによって新たなトリックともなり得る訳です。
    • good
    • 0

難しいところだとは思うのですが


占星術殺人事件のトリック自体が結構使い古されている
トリックで、色々なところで見るので、簡単に盗作とは
言えないのではないでしょうか?あのトリックは読む前
から私自身どっかで見た事ありますし。(それは推理小説
で読んだって訳ではなく、雑学の本みたいなものだった
気もしますが・・・)「奇想、天を動かす」の方も、
やっぱり、特別、奇抜な発想って訳でもない気もするので、たまたまってことはある気がします。
トリックって、自然現象であったり、科学的なもので
あったりその偶然をトリック化することも多いと思うので
かぶってしまっても、不思議は無いですよね?しかも、
これだけ、世の中には推理ものが溢れてるんですから。まぁ、真相は私にもわかりませんが、ただ、そんな簡単に盗作とか言うのは、あまり良い事ではないと思ったので・・・
    • good
    • 0

本当のところは知らないのですが……



yorokobiさんが疑問に思ったことは、私の周りでも話題になりました。
その友人のひとりが島田荘司さんや綾辻行人さんのfanなのですが、彼が語っていた言葉です。
「初期の『金田一少年の事件簿』は盗作ばかりで、そのほとんどが許可を取っていない」
だそうです。
実際、私が呼んだ中でもトリックをそのまま使っているものも見受けられました。

今のところ、大きく訴えている人もいないそうなので……
登場人物やトリック以外の設定が違うから、かまわないのでしょうかね……?
    • good
    • 0

余談ですが、そもそも「金田一耕介」の名を無断で使用したことに関して、横溝正史関係者からクレームが出て問題になりましたよね。


結局すでにマガジンが出版されてしまっているので、いまさら、とかなんとかで、そのままの設定でずーっと最後までやっちゃいましたね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金田一少年の事件簿・電脳山荘殺人事件

小説版の金田一少年の事件簿の「電脳山荘殺人事件」の中の読者への挑戦状の第五の謎!この先を読み進めるうちに、皆さんの中に浮かんでくるはずのもの。これはなんのことなのでしょう。分かる方教えてください。ず-っと気になってたんです。

Aベストアンサー

じゃぁ書きますが、ネタバレですので覚悟してくださいね
まず、メンバー全員のハンドル、本名、性別の対応表を書きます

僧正=貴志(男)
ぱとりしあ=浅香(女)
スペンサー=飯田(女)
乱歩=辰巳(男)
アガサ=琢磨(女)
ワトソン=泉(男)
シド=吉行(男)

そして、この本名というのは、すべて「苗字」である、というのがポイントです
出題編では、この本名とハンドル以外は一切出てこないので、本名が「苗字」なの
か「名前」なのかを断定することは出来ません(スペンサーは除外)
仰るように、どちらにも取れる(微妙に名前寄りかな?)表現ですから

そして、アガサとワトソンの本名と性別の対応に目を向け、本名が「名前」と思う
と、性別が逆転して見えますよね?
さらに、メンバーの中に女性が2人いる時に、女性的な名前を持つ人が2人いるわけ
で、しかも、ワトソンが「泉」で表現されるときは、女性的な行動を取りますので
、犯人は男性である、とミスリードさせられてしまうわけです
また、僧正の本名「貴志」に最初にルビが振られていないのは、あれを「たかし」
と読み間違えてもらうことによって、ミスリードさせやすくするためでしょう

それなのに、犯人は女性?どういうこと?というのが、第5の謎です

まぁ、補足を見ると、どうもメンバーの本名を「苗字」と読み取ってしまったよう
ですので、そうするとこの謎には引っかからないんですよね(^^;

じゃぁ書きますが、ネタバレですので覚悟してくださいね
まず、メンバー全員のハンドル、本名、性別の対応表を書きます

僧正=貴志(男)
ぱとりしあ=浅香(女)
スペンサー=飯田(女)
乱歩=辰巳(男)
アガサ=琢磨(女)
ワトソン=泉(男)
シド=吉行(男)

そして、この本名というのは、すべて「苗字」である、というのがポイントです
出題編では、この本名とハンドル以外は一切出てこないので、本名が「苗字」なの
か「名前」なのかを断定することは出来ません(スペンサーは除外)
仰るように、どちら...続きを読む

Q島田荘司さんの小説について

島田荘司さんの小説のどれかでダイオキシンに触れているものってありませんでしたっけ?
確か御手洗さんシリーズだったような・・・「ダイオキシンは青酸カリの○倍で・・・」みたいなことを言ってて。

どのタイトルの内容だったか思い出せなくて気持ち悪いです!!!
覚えている方、教えてください!!!

短編集だったかなあ・・・

Aベストアンサー

何年か前に、東横線綱島駅を利用していたこともあり、探偵(脳科学者)の御手洗潔が東横線の綱島に事務所を持っていたことに親近感を覚えました。その時に、ページ数のあるシリーズでしたが何冊かを読みました。

質問者さんの探されている本は、短編ではなく長編のほうの「水晶のピラミッド」だと思います。
この小説の中でダイオキシンの話がでてきたはずです。

読んでから年数がたっていますので、その内容の詳細までは書き込めませんがこの本で間違いないと思います。

http://www.m-net.ne.jp/~h-ochi/Critique/Simada_s/pyramid.html

Q下記トリックに該当する海外古典推理小説を教えて下さい。

下記トリックに該当する海外古典推理小説を教えて下さい。

下記のトリックに該当する海外古典推理小説を探しています。

美術品が多々ある屋敷に忍び込んだ犯人が殺され、
その犯人が屋敷の当主である。
夜盗のように見せかけるため、服をとりかえた。

大円団のときに、犯人がおった傷を見せ、
これが証拠だとしめす作品です。


J・D・カーの仮面荘の怪事件と似てるトリックです。
カーは長編でしたが、私が探しているのは短篇です。

仮面荘を読み、どこかで読んだと思ったんですが、
その作品が皆目分からず困っています。。。

現代でも、日本の作品でもないことだけは、分かっています。

どなたか、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

カーター・ディクスン(=ディクスン・カー)が自身の短編を長編に書き延ばしたそうです。
下記リンクの読者レビューをご覧ください。
http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E8%8D%98%E3%81%AE%E6%80%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6-%E5%89%B5%E5%85%83%E6%8E%A8%E7%90%86%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%B3/dp/4488119050

Q推理小説で「読者が犯人です」というトリック

「読者が犯人です」
というトリックを使って、推理小説を作れ、
と言われたらどうしますか?

以前、読んだ本に、そんなのがあったような気がするんですが、同じ体験の人、いますか?

Aベストアンサー

 
【辻 真先】先生の
『仮題・中学殺人事件』
(2004/4 創元推理文庫 刊)
最初は(1972年 朝日ソノラマ文庫 絶版)
 
ではないですか?
 
今まで、いくつか推理小説を読みましたが、
『読者が犯人』なのはこれしか知りません。
 

Q推理小説で動機がある大量殺人事件

タイトルの通りに推理小説で動機(「ただ単に人を殺したかった」等はNGでお願いします。)があり
大量殺人を行う推理小説があれば是非とも教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

CODEhunk84さん、こんにちは。

アガサ・クリスティの
『そして誰もいなくなった』
 はその代表でしょう。みんな死にます。

大量と言えるかどうか疑問ですが・・・
横溝正史の長編はだいたいそんな感じで、ちゃんと理由があります。依頼後防御率世界最悪の金田一耕介が探偵なので、どんどん人が死んでいきます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報