マンガでよめる痔のこと・薬のこと

どうも、こんにちは。
この前、とあるテレビ番組を見てたら、同人誌関係の内容を放映してました。それ見た後「同人誌を描いてる人たちは絵を描くのがとてもうまいのに何故他のマンガ雑誌や週刊誌にマンガを描かないのだろう?」と思いました。どうしてでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


同人誌から出発してプロになられているかたも大勢いますよ。
たとえば人気漫画家集団のCLAMPさんは、昔はもっと大所帯で、同人誌を作っていらっしゃいました。

プロになっていないかたは、プロになることに興味がないとか、プロになるにはいまひとつ力が足りないとか(たとえば絵がうまくても話を考えるのが苦手とか、人物はうまいけど背景が描けないとか)なんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
>たとえば人気漫画家集団のCLAMPさんは、昔はもっと大所帯で、同人誌を作っていらっしゃいました。
CLAMPさんが同人誌に漫画を描いてたことに関しては驚きました。やはり同人誌関係の漫画家はプロになることが興味ない、あるいはストーリーを作るのが苦手なのかもしれませんね。

お礼日時:2007/05/06 09:14

(1)、絵がうまい=プロになれるって図式は成立しませんよね?



世の中には才能があるけど、埋もれてしまう人がおります。また、絵が上手だけでプロにはなれません。実際、雑誌の大賞選考の寸評などで『絵が秀逸だが、生かし切れてない』『絵は上手いが、ストーリーが薄い』という評価を受ける人がいます。

(2)、プロという制約を受けたくない。

プロになると表現方法に縛りがある事があります。映画などの自主製作などと同じでしょう。趣味と実益を兼ねたくないってのもあります。

(3)、発掘されてない。

ただ、単純に発掘されてないってのもありますね。


上手いというならば、中川翔子さんは上手ですよ。デビューしたての頃、全く無名な頃から絵だけは有名でしたから。まぁどんな世界も頂点の下に幾千もの人がおります。それにマンガって絵で読むモノではないです。表現が違っても、やはり小説と同じ。中身のドラマ性です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事をどうもありがとうございます。
絵がうまいからと言ってもプロになれるって図式は成立しないと指摘されましたが、私にとって今人気のある漫画はただ絵がうまいだけで、ベタな内容
というイメージしかないよう気がしますが...。難しいですね(笑)。
プロという制約を受けたくないという事実は知りませんでした。趣味で漫画を描いてるほうが楽しいイメージがあります(マイペースで描けますし)。
発掘されてないということも有り得えますよね。このことには胸を躍らせました。これからももっと良い漫画家を見つけてほしいですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/05 14:35

描きたい事を自由に描けるからだと思います。


聞いた話によると商業誌はすごく注文が多くほとんどは編集者の言いなりに描かされるらしいです。
それにランク付けが激しく人気のない漫画家はすごく嫌な扱いを受けると言います。
絵もうまく話も面白く読者にも受け入れられた漫画家には居心地がいいと思いますが、そうでない人にはサラリーマンよりもストレスが溜まる世界です。
絵がうまいだけでは話になりません。
逆に絵が下手でも読者に受け入れられてる人もいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事をどうもありがとうございます。
編集者の言いなりにされるという事実は悲しいことですよね。
編集者に指示されなくても、良いマンガは作れるとおもうのですが....。
プロの漫画家の世界は過酷ですね(汗)。

お礼日時:2007/05/05 14:14

同人誌は自費ですから、誰でも出版できます。



しかし、週刊誌やマンガ雑誌はプロですから、よほどよいものしか掲載されません。出したい人はいっぱいいますから、競争になります。出したいというだけでは出せません。

もっとも、いわゆるプロの人(週刊誌などに掲載されている)でも趣味の範囲として同人誌を出版している人もいますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事をさっそくありがとうございます。

>競争になります。出したいというだけでは出せません。
この点に気づきませんでした。確かにこの辺は厳しいですよね。

>プロの人でも趣味の範囲として同人誌を出版している人もいますけどね。
「幽々白書」の方もそうですよね。

するどい回答をありがとうございました。

お礼日時:2007/05/05 14:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同人活動の悩み。目立つ人に嫉妬してしまう。

二次創作で小説を書いています。
今まではずっとオンラインのみでやっていたのですが、つい最近オフラインでも活動を始めました。
同人活動をするのは、もちろん、好きなジャンルがあって好きなキャラクターがいて書きたい話があるからです。
ですがその一方で、常にそのジャンルに関わっていたいというか、大した実力もないくせにこんなことを言うのはおこがましいのですが、そのジャンルの中心人物?でありたいという願望があるんです。
私は自己顕示欲が強いです。
なので、例えば、知名度の高い大手のサークルさんや、ピクシブなどでブクマ数の多い書き手さんにものすごく嫉妬してしまうんです。
作品の質がどう、というわけではなく(自分より上手い人はたくさんいるのはわかっているので)、とにかく多くの人の注目を集めている人が羨ましいんです。
極端に言えば、言い方は悪いですが大した書き手じゃなくても、ツイッターでフォロワーが多い方にも嫉妬します。要するに、ジャンル内で名の通ってる人が羨ましいんでしょうね。自分でもおかしな嫉妬の仕方だと思いますが…。
もう長いことこの性格と付き合ってきていますが、ジャンルへの愛が高まるほど悪化していってます。オフをやり出してから余計に酷くなった気も…(大手サークルさんがいろんな人に声をかけられている姿を直接会場で見るからだと思います)
小説を書くことは本当に好きなので、同人活動をやめるつもりはありません。
なので、このよくわからない嫉妬心を解消…というか、嫉妬の原因となっている?自己顕示欲を抑えるというか、とにかく何か改善策があればアドバイスを頂ければと思います。

二次創作で小説を書いています。
今まではずっとオンラインのみでやっていたのですが、つい最近オフラインでも活動を始めました。
同人活動をするのは、もちろん、好きなジャンルがあって好きなキャラクターがいて書きたい話があるからです。
ですがその一方で、常にそのジャンルに関わっていたいというか、大した実力もないくせにこんなことを言うのはおこがましいのですが、そのジャンルの中心人物?でありたいという願望があるんです。
私は自己顕示欲が強いです。
なので、例えば、知名度の高い大手のサークル...続きを読む

Aベストアンサー

私も同人活動していて出す同人誌には人気がありませんから、その気持ちは痛いほど分かります。

もう十数年活動してますが、ちっとも人気が出ません。
コミックマーケット準備会のアンケート調査結果では、サークルの32%が0~50冊の頒布だそうですが、私のサークルもそこに入っています。
50冊以上頒布しているサークルの方が全体の多数で68%ある事を考えれば、私の十数年活動続けてこの結果というのは、もう絶望的と言うか笑っちゃうというか、嫌になる事もあります。1000部以上頒布している大手サークルは全体のうち6%あるそうですが、もう私に比べ遥かな高みにあるというか何というか・・・十数年活動続け人気の出ない私にはきっと一生追いつかない世界でしょう。
しかし、それでも私は書き続けます。
「水を飲みて楽しむ者あり。錦を着て憂うる者あり」(江戸時代の儒学者・中根東里の言葉)
の心境で、人気が無いながらもスペースに来てくれる、声をかけてくれる読者さんの声を励みに、小さな虚栄心を自己満足させるため書き続けています。
ただこの、小さな喜びで満足する心境、悪く言えば諦めの境地に至るにはかなりの年月が必要でした。

昔は嫉妬心もありました。
大手はともかく同じ作品の同人誌を出してる作家さんで、似たような方向性の作家さんが、自分より人気のあるところを何度も何年も見せ続けられました。そういうサークルさんがお隣のスペースだった事もあります。お客さんがその隣のサークルさんの同人誌を手に取り、購入していくのに、私のとこは素通りされる・・・あれはきつかった。特にサークル活動始めた頃は、自分の作品にそれなりに自信を持っていたので、余計にきつかったです。かなりの時間と労力を費やし努力しても、人気が出ない事がどれほど精神的にきつい事か・・・次は負けないと意気込んでみても結果が出ない事が何度あった事か・・・どれほど他の作家さんに嫉妬した事か・・・
ですが、そうした思いも年月の経過とともに段々と薄まっていきました。
諦めの境地に辿り着いたという事なのでしょう。
それに活動してるジャンルの作品の人気が廃れ、サークル数が減り、ジャンルに来てくれるお客様の数自体が明らかに激減してきた事も影響していると思います。
自分より人気のあった嫉妬すらした同人作家さんが他ジャンルに行ってしまった時は、逆に帰ってきて欲しい、まだこのジャンルを見捨てないで欲しい、一緒に盛り上げてほしいと思ったぐらいです。
結局、私の嫉妬心というか虚栄心は時の流れが解決したという事なのでしょう。

私の経験談を長々と書きましたが、この「時の流れによる解決」というのを質問者さんにおすすはしません。
というか、人というのは充たされるか充たされないか分からない欲望のために一生を捧げてしまう生き物ではありますが、私と違って質問者さんにはまだ未来があるでしょう。
そこで今言えるのは「耐えて下さい」というありきたりな言葉です。
英国の小説家オースティンは次のように言っています。
「あなたの心の庭に忍耐を植えよ。その根は苦くとも、その実は甘い」
忍耐は苦しいかもしれませんが、良い結果が得られればその喜びは大きいです。
アメリカの詩人ロングフェローも「万事は辛抱強く待っている者のところへやってくる」と言ってます。
そしてインドの政治家ネールは言っています。
「自己に打ち勝つ者こそ、最も偉大なる勝利者である」と・・・

今は嫉妬心で苦しいでしょうが、その心に忍耐を植え、きっと自分も成功すると信じて今は耐え忍んで下さい。

私も同人活動していて出す同人誌には人気がありませんから、その気持ちは痛いほど分かります。

もう十数年活動してますが、ちっとも人気が出ません。
コミックマーケット準備会のアンケート調査結果では、サークルの32%が0~50冊の頒布だそうですが、私のサークルもそこに入っています。
50冊以上頒布しているサークルの方が全体の多数で68%ある事を考えれば、私の十数年活動続けてこの結果というのは、もう絶望的と言うか笑っちゃうというか、嫌になる事もあります。1000部以上頒布している大手サークルは全体の...続きを読む

Qピクシブのイラストについて

私はマイナージャンルで同人誌を出しており、部数は30冊程度でしたがこまめに同人イベントに参加し完売もしていました。

最近マイナージャンルから旬ジャンルにうつり、そこでも絵を描いています。

ただ、旬ジャンルといっても私が描いているのはマイナーカップリング(腐)で、そのカップリングをピクシブで検索してもイラスト、小説共に10数未満のかなりのマイナーカップリングです。

マイナーだけど好きだから沢山絵や漫画を描きました。

初の旬ジャンルで観覧数の多さに初めは驚き、
そのマイナーカップリングのまとめたイラストや漫画のまとめをピクシブにあげたら思いのほか反応があり最初はとても嬉しかったです。
(反応があったといってもブクマ100を超えるくらいですが…。今までのマイナージャンルではよくてブクマ6とかでした)

また沢山反応してもらえると思い、
再びそのマイナーカップリングのイラストまとめをピクシブにのせました。

ところが、全くブクマは付かず、10未満です。


同じジャンルのメジャーカップリングで絵があまり上手くない人がブクマを稼いでる現実、妬ましいと思うようになりました。

数分ごとにピクシブを除き、観覧数やブクマのチェックをする自分にも疲れました。
ピクシブにアップした夜は不安で寝れない程です。

前回は沢山ブクマを貰えたのに今回は全然…。

何故だろうと考えたらのですが、私は漫画とフルカラーのイラストを混ぜてピクシブに載せています。

前回は20枚ほど、今回は30枚ほど載せました。

ブクマが沢山ついてる方々のイラストのまとめを見るとだいたい20枚くらいで納めてる事に気付きました。

やはり枚数が多いと観覧するのが面倒になってしまいますか?
マイナーカップリングなのでほとんどキャラ名から検索してきた方ばかりだと思います。

前回と今回の違いは枚数くらいしか思いつかないです。
自分でも何故絵を描いてるのか?
人に評価されたいから描いてるのか?

とか
頭がぐちゃぐちゃで何も手につきません。

文章も支離滅裂ですみません。

私自身もあまりにもまとめのイラスト件数が多いと見る気を無くしてさささっと画面下にスクロールして戻るボタンを押してしまいます。

他の方もひとつのまとめのイラストの件数が多いと見る気なくしてしまうのでしょうか?

ご回答お待ちしております。

私はマイナージャンルで同人誌を出しており、部数は30冊程度でしたがこまめに同人イベントに参加し完売もしていました。

最近マイナージャンルから旬ジャンルにうつり、そこでも絵を描いています。

ただ、旬ジャンルといっても私が描いているのはマイナーカップリング(腐)で、そのカップリングをピクシブで検索してもイラスト、小説共に10数未満のかなりのマイナーカップリングです。

マイナーだけど好きだから沢山絵や漫画を描きました。

初の旬ジャンルで観覧数の多さに初めは驚き、
そのマイナ...続きを読む

Aベストアンサー

作品集の編集者をしながら絵を描いている者です。…そうですね。僕は枚数についてを評価を左右する要因にはほぼしていません。100枚以上あったら見るの大変そうですがw良い作品だったら全然大丈夫。むしろ嬉しいですね。
 作品によってブックマークの個数に波があるのは辛いですよね…。僕はオリジナルしか描いてないのですが、結構ひどいですwいつもは評価の数を元気の源にしがちですが、たまには閲覧数がたまるのを気長に待ったりするのもいいですよ。他によくやっているのは、自分しか必要ないであろうイラストを描いて悶えることですかね、寂しくなったときはw
 変な文章ですみませんでした。日村さんの作品、見つけられるといいなぁ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報