梅酒をつくるホワイトリカーって、複数のメーカーのものがありますよね。
アルコール度数は同じなのに、紙パック1.8L入りで900円~1300円と差があって、タ○ラみたいな有名メーカーのものが高く、地元の無名メーカーのものは安いようです。
今までは、単純に「無名メーカーのは叩き売られるのかな」などと思って今年も最安値のものを買ったんですが、ふと、もしかして材料の違いとか味の違いとかあるのかも?と思いました。

けど、たとえ材料が違っても、甲類焼酎なら原料の匂いはほぼ消えているので、梅酒にしちゃえば味の差は分からないんじゃないかと思うのですがこのあたりもどうなんでしょう。

整理すると、
○ホワイトリカーの値段が違う理由
○安いものと高いものの味の違い
です。知ってる方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2度目の登場です。



>たとえばモラセスの品質が違ったり~~
「モラセス」は先にも書きました通り、サトウキビを搾った液を砂糖の原料となる、純度の高い糖液を抽出した後に残る、言わば「絞りかす」なわけで、元々は捨ててしまうような物。とても品質を語れるようなシロモノではありません。
サトウキビの品種は「より高濃度の糖液を作る」事と「気象による影響を抑える」事に特化しており、「絞りかすで酒を造ること」に関してはまったく配慮されていません。
葡萄や米はお酒を造ることを目的に作られていて、その絞りかすも品質を語ることができるのとはワケが違うのです。

>アルコールで輸入して日本で調整したりで安くなったりとかはないんでしょうか?
アルコールにして輸入した場合、現地で加工した方が人件費は安く済みますし、原料で輸入するより輸送コストは安くなります。
しかし輸入関税がかかります。
輸送費の関係で高濃度アルコールで輸入されることになると思います(薄めればそれだけ嵩が増しますから)が、それだと「飲用アルコール」ではなく「原料用アルコール」扱いになるから関税は安くなるのかな?
まぁどっちにしろ「原料で」輸入されることはないでしょう。
そうなると各社の価格差はなくなることになりますね。
この辺の細かい所までは残念ながらよく知りません。

残りは「企業努力」ぐらいでしょうか?
事実お酒のディスカウントでも同じ商品の価格がお店によって500円も違うようなことはよくあることですし。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、安いものを買っても品質や味に違いはなさそうですね。これからも梅酒用には自信を持って安いホワイトリカーを買うことにします。

丁寧に教えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2007/06/06 22:01

有名メーカーの製品が高いのは「有名になるために使ったお金」の分、つまり「宣伝広告費」が入ってますから高くなりますよ。


知り合いの美容師さんに聞いたところ、シャンプーも原料価格の差はほとんどなく、コマーシャルを何本打つかが価格の違いなのだそうです。
無名なメーカーは宣伝もそんなに打ちませんし、工場規模や従業員数も少なく、商品開発にかける費用も少ないですからその分安くなるのでしょう。

味の違いはほとんどありません。
これは製造過程に由来しております。
ホワイトリカーの原料は「モラセス」が使われています。
モラセスは砂糖の製造工程で排出されるサトウキビ液の不純物で、ラムも同じ原料から作られます。
ラムとホワイトリカーを分ける決定的な違いは抽出されるアルコール度数の違いです。
ラムは法律でアルコール度数95%未満で抽出することが義務付けられていますが、ホワイトリカーはアルコール度数95%以上で蒸留、活性炭などで脱臭し、水で割ってアルコール度数を調整し製品化されています。
アルコール度数95%以上で抽出してしまうと、味を決定付ける要素まで取り除かれてしまう為原料由来の味はもうしないと考えたほうがいいでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
やはり、宣伝費ですよね。
とはいえ、900円と1300円だと約1.5倍で、シャンプーみたいに香りやテクスチャーが違うわけでもなく同じ味だと、本当に他に違いはないのか?とも思ったり・・・

原料は「モラセス」だということなんですが、たとえばモラセスの品質が違ったり、アルコールで輸入して日本で調整したりで安くなったりとかはないんでしょうか?

お礼日時:2007/06/04 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホワイトリカーの用途でどなたか教えてください。

ホワイトリカーの用途でどなたか教えてください。

先日、手作り化粧水を作るためにホワイトリカー(900mlパック)を買いました。
でも化粧水が肌に合わず、ホワイトリカーがほとんどあまっています。
ホワイトリカーって料理酒のように、使えるものなのでしょうか?
また、果実酒や化粧水以外で、他に何か用途がありますでしょうか?
(料理以外でもアイディアがあったら教えていただきたいです)

Aベストアンサー

ホワイトリカーをお酒と思わずに、35度のアルコールだと思えば、掃除などの用途に広がると思います。アルコールの濃度が高いので除菌の用途に使えますし、油性の汚れを落とすのにも使えると思います。ちなみに、自分の場合、ジャムやシロップを入れる長期保存用の瓶の消毒にホワイトリカーを使っています。

掃除に使う例は結構あるので検索してみるとよいと思います。

Q梅酒用ホワイトリカー(焼酎)のことについて教えてください。

梅酒用ホワイトリカー(焼酎)のことについて教えてください。

先日梅酒作りをしたのですが、梅・氷砂糖・に焼酎をいれてから、気がついたのですが、焼酎は 25度でした。

ある酒店で梅酒用ワイトリカーを求めましたが(原材料等ににこだわりのある店でした)、毎年35度を使っていましたので、気になって電話で聞きましたら、”20度以上あれば十分ですよ”と言われました、又当店は25度を進めていますと言われました。
知人に聞きましたら、”長期(一年以上)保存には不向きかも”と言われました。

25度で造っている人、造ったことのある人の感想を聞かせてください。
35度の使用の梅酒も造ってみたいと思っていますが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経験上、どっちでもおいしく出来ますよ。
でもちょっとコツがあります。

アルコール度数が高い焼酎は梅の実の殺菌も早く安心です。
また、梅の実も浮いてきにくいのでしっかりエキスが出るようです。
じっくり熟成させるのに向きますね。

逆に、度数が低いほうは作るときに汚れをしっかり取ったり、
水分を入れないようにしたりと色々と気を使わなければなりませんが、
おいしい焼酎はほとんど25度ですのでお酒の味との組み合わせを楽しむことが出来ます。

…おっとそろそろ今年の分をつけなきゃw

Q化学に詳しい方、ホワイトリカーについて教えて!

手作り育毛剤にホワイトリカーを使うのは危険ですか?

ある育毛本に書いてあったのですが、
手作り育毛剤、特にホワイトリカーを使用するのは危険とのことでした。

ホワイトリカーはアルコール度数35度。
アルコールにはたんぱく質分解作用があるので、頭皮に悪い。
かえって常在菌のバランスを崩す。などなど。
ホワイトリカーが悪いなら、焼酎も同じくダメですかね。

飲んでも大丈夫なものなのに、
皮膚につけると害があるんですか?

これ、ホントでしょうか?
市販の育毛剤にもアルコールが含まれているものが
たくさんありますよね。

ホワイトリカーとはアルコールの種類が違うということなのでしょうか?
どなたか化学に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

まずお酒に入っているアルコールはエタノールだけです。

アルコールには確かにタンパク質を(分解というより)変性させることがあります。
ただし、それも場所と量によって話は全く違ってきます。

すべての用途、いかなる量でもアルコールが悪になるわけではありません。
育毛剤にも入っているとのことですが、おそらくはアルコールを使わないと有効成分を溶かすことが困難でしょう。

じゃあアルコールをどの場所で、どの濃度で、どの時間ならいいのか…と聞かれたら、さすがに個人差があるので何とも言えません。
(そりゃ洗面器にたっぷりのホワイトリカーに頭を長時間突っ込んだら、皮膚が炎症くらいは起こすでしょう)

Q梅酒 ホワイトリカー以外のお酒

梅酒をつけようと思います。
梅と氷砂糖は買ってあるのですが、お酒で迷っています。
海外在住なので日本のホワイトリカーは手に入りません。各種焼酎、ウォッカなどは買うことができます。なにでつけるのが美味しいでしょうか?芋焼酎でつけると芋焼酎味の梅酒になるのでしょうか。
梅酒ももちろんですが梅の実を食べるのも大好きです。ホワイトリカーっぽくつかるもの、またはおすすめのものがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

ウォッカは蒸留酒なので良いと思います、ただアルコール度数が40度以上のものが多いので、飲むときには水割りなどにした方がいいです。

スピリタスでやると面白そうです。

日本酒で作っているところもあります、日本酒の場合は砂糖を減らして甘さを調整するようです。

芋で作ったことないので判りません。

Qホワイトリカーを料理に使えるか?

ホワイトリカーを料理に使えるか?

漬物用に買ったホワイトリカーがたくさん残っています。
煮物などの料理の調味料に使ってもいいのでしょうか。

Aベストアンサー

ホワイトリカーは、純粋なエチルアルコールー水混合溶液であり、それ以外の成分を含んでいません。加熱してあるコール分を飛ばせば、残っているのは単なる水で、味も何もありません。これは甲類焼中、ウオッカと全く同じです。
同じ蒸留酒であっても、ウィスキーやブランデーは樽熟成中に樽からの芳香成分が溶け込んでいるために、お菓子などの香り付けには用いられます。
ですがホワイトリカーばかりは、味付け、香り付けには使う意味が全くありません。

もし質問者さんが酒に強いのであれば、別の意味での使い道があります。それは保存性の付与。
薄味の料理は冷蔵庫保存しても長期間は持ちません。この様な時にホワイトリカーを加えておけば、保存性付与の役に立ちます。
魚や肉、野菜などの煮物を沢山作ってしまった時に、ホワイトリカーを加えています。正月のおせち料理なども、長期間食べる事になるので、薄味のものに加えておけば、保存料になります。

たとえば小松菜などの野菜は正月寸前にかなり値上がりします。値段が安いクリスマス前に買い込んでおき、茹でてホワイトリカーを多めに加えて保存します。
鶏肉も雑煮サイズに切って湯通しした後、ホワイトリカーを加えておけば、かなり保存できます。使う時にもう一度火が入るため、アルコール分はほとんど飛んでしまいます。
もちろん、アルコールは香り付けだけでもだめと言う方にはお勧めしません。

それからホワイトリカーも飲めますよ。そのまま飲んでも美味しくないので、梅干しを入れてお湯割りにすれば美味しく飲めます。ジュースを入れてカクテルにする方法もあります。

ホワイトリカーは、純粋なエチルアルコールー水混合溶液であり、それ以外の成分を含んでいません。加熱してあるコール分を飛ばせば、残っているのは単なる水で、味も何もありません。これは甲類焼中、ウオッカと全く同じです。
同じ蒸留酒であっても、ウィスキーやブランデーは樽熟成中に樽からの芳香成分が溶け込んでいるために、お菓子などの香り付けには用いられます。
ですがホワイトリカーばかりは、味付け、香り付けには使う意味が全くありません。

もし質問者さんが酒に強いのであれば、別の意味での使い...続きを読む

Q開封済みのホワイトリカーって使えるの??

去年梅酒と梅を漬けたときにホワイトリカーが半分くらい残りました パックはあまりふくらんでいませんが、梅の消毒や梅酒を作るのに使えますか?

Aベストアンサー

冷暗所に保管してあったのなら、少し飲んでみて酸っぱくなければ、アルコール濃度が下がっているかも知れませんが問題なく使えるはずです。

Q梅酒がホワイトリカーより安いのはなぜ?

スーパーや酒屋で値段を見るとホワイトリカー約1000円に対し梅酒約800円くらいの値段で、梅酒の方が2割り程度安いです。ホワイトリカー + 梅 = 梅酒、なので、梅酒の方が高いようにも思えますが、値段が逆転しているのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

バーテンダーです。

お酒の価格は原料費だけではありません。
現に発泡酒とビールは原料費だけ比べるとほとんど変わりないそうです。
では何が違うのかと言いますと、「酒税」が違います。

解りやすく1Lあたりに換算して表記いたしましょう。
ホワイトリカーは税法上「焼酎」に分類されます。
一般的に販売されているホワイトリカーは35%です。
このホワイトリカーにかかる酒税は¥350/Lとなります。
一方梅酒は税法上「リキュール」に分類されます。
13%以下のリキュールにかかる税率は¥120/Lです。
酒税は小売(店頭販売時)に加算され、原料としての流通では加算されませんので、メーカーは酒税の換算されていない状態で仕入れます。
また小売と違い、仲買、問屋の中間マージンが発生しない為、小売で購入するよりかなり安くなります。自社生産ならもっと安くなるでしょう。

それと、価格の比較でしたら、同じ条件にしないといけませんね。
35%のお酒と12%のお酒を同じ量で比べれば12%の方が安くなりますが、同じアルコール度数に換算したら12%のお酒の方がべらぼうに高いですよ。

バーテンダーです。

お酒の価格は原料費だけではありません。
現に発泡酒とビールは原料費だけ比べるとほとんど変わりないそうです。
では何が違うのかと言いますと、「酒税」が違います。

解りやすく1Lあたりに換算して表記いたしましょう。
ホワイトリカーは税法上「焼酎」に分類されます。
一般的に販売されているホワイトリカーは35%です。
このホワイトリカーにかかる酒税は¥350/Lとなります。
一方梅酒は税法上「リキュール」に分類されます。
13%以下のリキュールにかかる税率は¥120/Lで...続きを読む

Q開封後のホワイトリカーは保存できますか

毎年梅干しを作るのに1.8リットルのホワイトリカーを買います。
全部使わないのですが、また来年までとっておく事はできますか?
アルコールが飛んでしまったりするのでしょうか?
家族誰もお酒を飲まないので、梅酒を作っても一向に減りません。
なので保存ができればと思うのですが・・・

Aベストアンサー

問題ないですよ^^)

不安なら、紙パックからビンに入れ替えてれば済みます。
焼酎ですから基本的に腐らないし、埃とか入んなければOK

開栓すると、紙パックが膨らんでしまうので心配されたのでしょうか?
これどうしょうもないようですから、仕方ないですよ。

時間がたって不安なようなら、塩を入れて料理酒としておく方法もありますが、そこまでしなくてもね・・・参考までに

Qホワイトリカーって・・・

私は今、中国に住んでいます。りんごなどの果実酒を自分で作りたいのですが、ホワイトリカーを探しても見当たりません。「ホワイトリカー」って中国の「白酒」とは違いますよね??ホワイトリカーは海外でも入手可能ですか?

Aベストアンサー

白酒で良いのだと思います。甲類焼酎と言う名前で売っているのかも?
以下のサイトは参考になりますかね?

http://www.gekkeikan.co.jp/databank/data/00015.html

http://www.kcc.zaq.ne.jp/simaya/white.liquor.html

Q百年梅酒のような梅酒を教えて下さい。

百年梅酒が好きですが、同じ物ばかりを飲んでもつまんないので、他の物をと思いましたが、見掛けだけではわかりません。
見掛けだけで買って失敗はしたくないので、どなたか、百年梅酒ような感じの梅酒で美味しい物を知っている方がいたら教えて下さい。

出来たら、720mlで1580円以内の物で。
無ければそれ以上の物でも。
350mlとか、小さいサイズの物のも作っていたらなおいいです。

色々書きましたが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

百年の梅酒は、美味しいですね。
僕の好みでいうと奈良県の八木酒造の「とろとろの梅酒」が好きです。
720mlで1470円だったと思います。
他にも大阪の河内ワインのブランデー仕立ての「エビス福梅」も美味しいと思います。
僕は、いつもネットで梅酒屋という店から買ってます。
楽天市場に有るので検索してみては、いかがですか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報