最近になって初めてこういった分野に興味を持った全くの素人です。マルクス・レーニン主義について質問させてください。

マルクス・レーニン主義=共産主義というような説明を見たのですが、これは正しいのでしょうか?
マルクス主義をレーニンが発展させたものがマルクス・レーニン主義であると大雑把に理解しているのですが、マルクス主義、マルクス・レーニン主義、共産主義の三つのつながりがよく理解できません…。
また以前の教えてで「社会主義」と「共産主義」の関係を、社会主義の終局が共産主義、または共産主義の理想実現の前段階が社会主義であるというような回答があったのですが、これはマルクス・レーニン主義の見方からでも変わらないのでしょうか?
マルクス・レーニン主義における「社会主義」「共産主義」は何を意味して、どういう関係なのでしょうか?

非常に面倒な質問ばかりで申し訳ありませんが、どなたか専門知識のある方の回答をいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2です。


ちょっと、誤りがあったので訂正を含めて補足をしてみたいと思います。

>その結果が、「共産主義」です。
>広義では、財産共有社会を指すので、中世キリスト教も共産主義となりますが、多くの場合、狭義の意味での「共産主義」としてロシアで成立した「共産党」をその祖とする思想を指します。

「その結果が、「共産主義」です」という部分は誤りですね。
済みません。以下に、訂正文を。

共産主義とは、もともと「財産を共有した社会」を指す言葉でした。
この考えは古く、プラトンの思想にも見られますし、中世カトリック教会の中には、この考えに基づいて運営されていたものもあります。(フランチェスコ修道会など)

それが、近代になり自由主義経済の根っこにある「私有財産」を否定することで資産家に立ち向かう労働者という構図にすり替わりました。
そして、この構図を築き上げたのがマルクスと言えるかと思います。
そして、「過渡期としての社会主義(プロレタリアート独裁)」を考え出したのもマルクスです。
それを、レーニン及びスターリンがロシアに持ち込み、「ソ連型共産主義」が生まれたといえます。

>No.3の方が「共産主義はマルクスが予言した理想の社会で、共産主義を実現するためにレーニンが作った社会主義がマルクス=レーニン主義と理解すればよいかと思います。」と回答を下さっているのですが、ということはマルクス・レーニン主義にとってもマルクス主義と同じく、理想の最終的なところは共産主義で、その実現のための社会主義である。

そうですね、そういった理解で良いかと思います。
ただ、厳密に言えばスターリンによってかなり変更が加えられています。
その一番の特徴は、レーニンはマルクスの「世界革命」を継承していたのに対して、スターリンは必ずしも「世界革命」を目指していたわけではないということです。
そして、この事はコミンテルンでの論争に発展します。
これが、「共産主義者の内ゲバ」という印象を強めたのだと思います。
また、スターリン主義は一党独裁を強調しており中国もそれを継承していると言えます。

まぁ、マルクスが考えた思想が、レーニン>スターリンと継承されていく過程で「ソ連型社会主義」が生まれたと考えれば良いかと思います。
細かく見ていけば、マルクスとスターリンでは180度変ってしまっている部分もあります。(マルクスの思想において、共産主義に近づくにつれてプロレタリアート独裁の国家権力が減少すると考えたのに対して、スターリンは逆に国家権力を強めました)
まぁ、腑分けする作業は非常に難しく、また無意味であるとの批判もあるようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF% …
    • good
    • 0

共産主義社会ー理想の社会。

能力に応じて働き、必要に応じて受け取る社会。
社会主義社会ー共産主義を目指すために、現実策として能力に応じて働き労働に応じて受け取る社会。(これが順調にいけば共産主義に移り変われるはず

共産主義はマルクスが予言した理想の社会で、
共産主義を実現するためにレーニンが作った社会主義がマルクス=レーニン主義と理解すればよいかと思います。

日本共産党はマルクス=レーニン主義ではない方法で共産主義社会を作ろうと言っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面倒な質問に明確なご回答ありがとうございます。
マルクス・レーニン主義=共産主義なのではなく、それを終局の理想に定めた社会主義なのですね。
マルクス・レーニン主義において「共産主義」は至るべき理想、「社会主義」はその実現のための自己が選択したルートである。しかしその共産主義へのルートはひとつではなく、日本共産党は別のルートを選択してそこへ近づこうとしている・・・という理解でいいのでしょうか。
まったくの素人の私にはまだまだ難しい問題ですが、もう少し調べて理解を正確にしたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 01:55

私も、最近学びはじめたところなので、専門知識が有るとは言えませんが、出来うる限りの回答を試みたいと思います。



マルクス・レーニン主義とは、ロシアの政治家・ウラジーミル・イリイチ・レーニンが提唱した主義・思想です。
よく、誤謬されるのですが、マルクス主義とは兄弟分のようなものですが、完全に一致するわけではありません。
むしろ、マルクスはレーニン主義に対して否定的だったようです。

マルクスは、英・仏・独などが産業革命による資本家と労働者の関係と、列強各国が殖民地を巡って相争う構造を分析・批判しました。
そして、その底流には私有財産を認めること、それにより少数の金儲けに走る資産家と、それによる労働者の搾取という点に注目しました。
良く誤解されますが、マルクスは資本主義そのものを否定したわけではなく、文明の発展期において資本主義は重要であり、成熟・発展した社会で革命が起り共産主義に移行すると考えていました。
また、有名な「宗教はアヘンである」という言葉も、マルクスの生きていた当時、アヘンは麻薬というよりは奢侈品だったため、「宗教=麻薬=悪」という論理ではありません。しかし、後のマルクス・レーニン主義は上記のような誤解を起こし宗教弾圧などが起りました。

レーニンは、ロシア革命の為に、マルクスの思想を導入しました。
しかし、ロシアは未だ発展途上国であり、マルクスの言う「発展期のための資本主義」を経験していないため、マルクス自身は「ソ連」には反対でした。(また、生涯ロシア人嫌いでもあったようです)
つまり、レーニンは自分の都合の良い部分を誇張してマルクスの思想を導入したと考えられます。
もちろん、この事をもってマルクスの思想が正しかったと言っているわけではなく、事実そうであったと言っているに過ぎませんが。
ともあれ、レーニンが活躍した時期はロシア革命とその後の国作りの時期であり、その事がマルクス主義の「革命思想」が誇張・発展させられることになりました。

その結果が、「共産主義」です。
広義では、財産共有社会を指すので、中世キリスト教も共産主義となりますが、多くの場合、狭義の意味での「共産主義」としてロシアで成立した「共産党」をその祖とする思想を指します。

もともと、マルクスの思想は「発展期としての資本主義」、「過渡期としての社会主義(プロレタリアート独裁)」、「終局の理想としての共産主義」というモノでした。
しかし、レーニンによって「発展期としての資本主義」無視され、スターリンによって「過渡期としての社会主義(プロレタリアート独裁)」の強化が行われました。


つまり、マルクス>レーニン>スターリンと継承されて行くに従い、ソ連型社会主義が確立していくことになります。
その結果、日本では米ソ冷戦期における自由主義陣営の誇張宣伝もあり、共産主義=独裁=悪という構図が出来上がりました。
もちろん、実態としてもソ連では「共産主義にいたる過程で、資本家の抵抗が大きくなるので、武力を持って押さえつけなければならない」という論理の元、統制社会が起り、結果として動脈硬化を起こし、経済的発展において自由主義陣営に大きく水を明けられ、ソ連崩壊を招きました。

その後、中国やキューバなどが国作りを進めていく中で、米国との対立やソ連の思惑などが絡み合いながら、社会主義国が出来ていきます。
また、政府そのもんを認めない「アナーキズム(無政府主義)」なども現れます。

資本主義もそうですが、社会主義についても色々な段階で色々な要因が複雑に絡み合っています。
難しい問題ですが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に丁寧なご回答ありがとうございます。
レーニンがロシアのためにマルクス主義の一部を焼きなおして作ったのがマルクス・レーニン主義なのですね。
No.3の方が「共産主義はマルクスが予言した理想の社会で、共産主義を実現するためにレーニンが作った社会主義がマルクス=レーニン主義と理解すればよいかと思います。」と回答を下さっているのですが、ということはマルクス・レーニン主義にとってもマルクス主義と同じく、理想の最終的なところは共産主義で、その実現のための社会主義である。
しかしソ連社会主義が失敗したのは過渡期の資本主義を無視したことも数多くある原因の一因である、と考えていいのでしょうか。
すみません、まだ頭の中がぐちゃぐちゃで…。でも本当に参考になりました。もう少しゆっくり考えてみたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 01:46

簡単に言うと



社会主義社会は理想の社会
共産主義社会は理想の社会

立場の違う党派が、それぞれ、「自分の主張する社会が理想の共産主義社会(社会主義社会)だ」と主張しています。

なので、バラバラです。書いてある書物(=党派の立場)で書いてあることが違います。

なぜこんな事になるかというと、どちらの社会も「理想」なので、実現されていません。
資本主義社会が現実にある社会なのに対して、これが違います。

え?旧ソ連や中国は?
WIKIPEDIAでいみじく書いてあるように「これらの「共産主義を目指した国家」はいずれも、資本主義における科学技術の指数関数的発達や市場経済、生産手段の成熟を待つことなく、共産主義社会建設の前提・暫定措置としてソ連型社会主義に移行したまま、そこに留まってしまった。」
であり、文学的に表現すれば

共産主義社会は 逃げ水のようだ。

となります、だれもたどり着いたことがないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。「理想」の社会という定義も、社会主義・共産主義それぞれが自分の考えの主張のために好き勝手に利用しているという感じですね…。
共産主義はもっとも理想論を唱えていて、社会主義はもうちょっと現実的な意見を言っている、というようなイメージを持っていましたが変わりました。
その辺を考慮して今一度マルクス・レーニン主義について調べたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 00:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会主義・共産主義・マルクス主義・国粋主義

社会主義・共産主義・マルクス主義・国粋主義についてそれぞれの意味や関係性を教えていただけませんか??
辞書を調べたのですが、難しく理解できませんでした。特に社会主義と共産主義と資本主義の関係性を知りたいです。
また、それが現代にどのような影響を及ぼしているのか知りたいです。

Aベストアンサー

・社会主義
現実にある貧富の差などを解消する為に社会システムを作り直そうという主義です。
余り知られていない話ですが、社会主義には2種類あります。

一つは、キリスト教的思想から来る社会主義。
今では社会民主主義といわれており、北欧の国々が採用しているシステムです。
つまりは人々は経済的にも平等であるべきというキリスト教の教えをもとに重い累進課税や手厚い福祉などで経済的平等を実現しようとしています。昔のイギリスなども同じようなことをやっていましたが、現在では別の道に行っています。その点北欧の国々が社会保障で焼け太りしないのは何故なのか非常に興味がありますが、何故かは知りません。

もう一つは、マルクス系の社会主義。
共産主義に移行する繋ぎのシステムだと考えられていました。
一般的に想像される社会主義と考えてくれて構いません。
今まともなマルクス系社会主義国が残っていない事からも、マルクス系社会主義は欠陥品だったといえます。

・共産主義
マルクスが理想として掲げた社会制度です。
土地や資本などの生産手段を金持ちに握らせておくと、金持ちばかりが美味しい思いをするだけだから、生産手段を社会の公共物として共有しようという思想です。
しかし、人間の本質、つまり利己主義や所有欲を全く考慮に入れていない傲慢な思想だったので、当然上手く行きませんでした。

・マルクス主義
マルクスが唱えていた思想の事。
共産主義の事を言う事もありますし、社会主義の事を言う事もあります。まあどちらにしろ上手く行きませんでした。
某亡国の共産党元幹部の話を例に挙げます。
『誰しもが平等に働き生きていける社会を作ろうという社会主義の理想は素晴らしかった。しかし、それは国家の権力によって強制されるべきものではなく。慈愛や博愛によって齎されるものだったのです』
つまりはこういうことだと思います。

ただ一つだけ、マルクスという研究材料兼競争相手がいたからこそ、資本主義の福祉や戦後の経済復興がスムーズに進んだという点もあるとは思います。
そういう意味ではマルクス主義は資本主義が止揚するための踏み台としての価値はあったと思います。

国粋主義
No.2さんのお話で大体正しいと思います。

・社会主義
現実にある貧富の差などを解消する為に社会システムを作り直そうという主義です。
余り知られていない話ですが、社会主義には2種類あります。

一つは、キリスト教的思想から来る社会主義。
今では社会民主主義といわれており、北欧の国々が採用しているシステムです。
つまりは人々は経済的にも平等であるべきというキリスト教の教えをもとに重い累進課税や手厚い福祉などで経済的平等を実現しようとしています。昔のイギリスなども同じようなことをやっていましたが、現在では別の道に行ってい...続きを読む

Q資本主義・自由主義、社会主義・共産主義の違い

資本主義と自由主義の違いがわかりません。また、同様に社会主義と共産主義の違いも分かりません。
辞書を引いてもその違いが明確でなく、西側のどちらの言葉と東側のどちらの言葉が対義語なのかも・・・。
私の辞書では社会主義、共産主義のどちらの対義語も資本主義となっています。

社会制度、あるいは思想・概念で捉えた場合の違いなのかなーと思ったりもしますが、それでも何か釈然としません。
是非、教えて下さい。

Aベストアンサー

社会主義
生産材を国有にし、国民は(共産党に認定された)能力に基づいて働き、生産された富の配分を受ける経済体制

共産主義
社会主義のうち、富の配分が(共産党の認定した)必要度に応じて行われる経済体制

資本主義
生産財を、資本を提供した資本家たちの所有に帰し、資本家の利潤追求と市場原理に基づいて、生産、富の配分が行われる経済体制

自由主義
個人の自由な活動や思想を最大限擁護しようという政治思想、体制
経済的な側面は当然の事ながら資本主義となる

Q民主主義・社会主義・共産主義などってなに・・?

日本は国民に主権があるため民主主義ということは解るのですが、中国のように共産主義などどういうものなのかよく分かりません。

他にもあれば教えてください。

Aベストアンサー

民主主義(デモクラシー)の語源はギリシャ語の「民衆支配(デモクラテイア)」です。つまり、民衆が国家意志の採取決定権を持っていることです。現在では、普通選挙制による民衆の代表機関(多くは議会だが、大統領を直接選挙で選ぶ場合も含む)が、国家意志の決定権を持っている場合に、民主主義を国家体制としている、ということができます。

近代の社会主義・共産主義の思想と運動は、政治的民主主義の実現が人間の平等を実現せず、自由主義や民主主義の国家の成立によって促された、資本主義経済の発展はむしろ貧富の格差を拡大させたことを批判し、社会や経済の領域においても平等を実現することをめざして成立しました。つまり、社会や経済の分野まで民主主義を拡大しようとする思想と運動でした。
社会主義とは、生産手段を社会が握る、ということです。ただし、その理解には社会民主主義勢力と共産主義勢力とでは違います。
社会民主主義では、資本主義の漸進的改良が主張され、共産主義勢力の主張するような「社会主義体制」を必ずしも想定しません。したがって、資本主義経済を規制するとともに、それとの妥協の積み重ねでやっていくということで、ヨーロッパの社会民主主義政権は対応してきました。
共産主義運動においては、労働者階級が権力を握る国家を実現し、その国家権力によって経済をコントロールし、社会主義計画経済を実現することで、社会体制としての社会主義・共産主義を実現する、としています。

19世紀末から20世紀初めにかけては、社会民主主義は、社会主義運動全体をさし、その主流はマルクス主義がしめていました。第1次世界大戦で、各国の社会主義政党が自国政府を支持したのに対して、ロシア革命を成功させて政権を握ったレーニン率いるロシア社会民主労働党ボリシェビキ派は、戦争に賛成し資本主義を擁護する勢力を意味する「社会民主主義」は汚れてしまった、として、ロシア共産党(後にソ連共産党に改組)と名称変更し、同様の路線に立つ国際組織を共産主義インタナショナル(略称はコミンテルン)と称し、共産主義運動を創始しました。

社会主義・共産主義を国家目標に掲げた旧ソ連や中国は一党支配体制をとりました。そこでは、プロレタリア民主主義が自称されました。しかし、それは民主主義のいろはを踏まえていない、ということで民主主義体制をとる資本主義国からは、共産主義は民主主義に対立する概念だとされました。

社会が生産手段を握る、ということは社会は民衆から形成されるのですから、社会や経済の領域の民主的コントロールをめざしたもの、ということは理念的にはいえます。そして、旧ソ連や中国の実態は、そういう社会主義・共産主義の理念からは遠いところにある、ということは間違いのないことでしょう。
問題は、共産党政権は必ず旧ソ連や中国のようになるのか、というところにあります。日本共産党などの現在生き残っている資本主義国の共産党は、そうではなく、一党独裁を長期化させたのはスターリンの誤りだ、と主張してます。そう主張できない共産党はソ連崩壊によって壊滅したところがほとんどのようです。

なお、「労働に応じて分配する」段階を社会主義、「必要に応じて分配する」段階を共産主義、とするのは、20世紀初めの社会主義運動の中にあった通念を、レーニンが理論化したもののようですが、日本共産党は、これはマルクス・エンゲルスにはなかったとして、この段階規定を放棄しています。また、この段階規定そのものはマルクスがしていることですが、その後の経済の発展のあり方からいって、生産力が人間の必要性や欲望を超えるまでに発展する、という「必要に応じて」というマルクスの想定そのものが、果たしてありえるのか、という疑問を提示し、これに関してはマルクスの議論は古くなったとしています。

民主主義(デモクラシー)の語源はギリシャ語の「民衆支配(デモクラテイア)」です。つまり、民衆が国家意志の採取決定権を持っていることです。現在では、普通選挙制による民衆の代表機関(多くは議会だが、大統領を直接選挙で選ぶ場合も含む)が、国家意志の決定権を持っている場合に、民主主義を国家体制としている、ということができます。

近代の社会主義・共産主義の思想と運動は、政治的民主主義の実現が人間の平等を実現せず、自由主義や民主主義の国家の成立によって促された、資本主義経済の発展は...続きを読む

Q共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?

共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?


質問詳細
ソ連、東欧の共産・社会主義諸国、その他アジアでの共産主義社会
・共産主義政治体制の崩壊、衰退は、いかのどちらが原因でしょうか?
意見A「”共産主義”という政治体制・思想が誤っているので、これらの国家が崩壊、衰退するのは当然」
意見B「崩壊した共産主義国家・社会主義国家は、共産主義をカタる独裁者による国家であった。
 独裁国家が民主主義によって打倒されたのであって、決して共産主義が誤っているわけではない。
共産主義国家の崩壊=共産主義の誤り、というのは資本家にとって都合のいいイメージ戦略に過ぎない」



質問詳細
20世紀終盤に、ソビエト連邦、及びその周辺の東欧共産・社会主義諸国などが
つぎつぎと崩壊していきました。
また、中国も未だ中国共産党一党支配ながら、資本主義経済の導入に舵を切りました。
キューバにはアメリカ大統領が訪問し、北朝鮮は誰にも相手にされなくなってしまったので
「話のタネにミサイル発射する」という究極の”構ってちゃん状態”です。


これらの事実をもってして、以下のように論評する意見は多いです。
「共産主義とは秘密警察が個人を監視し、職場、学校、家庭内ですら互いを密告しあう狂った恐怖政治の体制である」
「”皆が平等に幸せになる政治体制”を標榜しながら、実際には一党独裁の政党幹部のみが
快楽を享受し、一般国民は彼ら党幹部を養うために貧困にあえいでいる」
「政党のトップは誰にも犯されない強大な権利を持ち、気に食わない奴は誰彼かまわず粛清する」
「民主的な選挙は行われない。公の場で政党、国家を批判することは許されない。TVカメラの前では国家および政治指導者の礼讃を強要される」

結論「だから共産主義はダメなんだ」

この意見を聞くと、ある種の人々はこう反論します。
「ソビエト、東欧の共産主義国家、社会主義国家は、それぞれの国家指導者が”共産主義に名を借りた独裁政治”を行っていた。
よってこれらの国家を共産主義国家、社会主義国家、と色分けする事自体が誤りである。
国民、もしくは外圧からの民主主義の潮流によって、独裁者が追放され、国民が独裁国家から解放されたのであって、
決して共産主義、社会主義が誤っているわけではない。
では
”なぜ共産国家は崩壊したのか? それは共産主義が誤った政治体制・思想であるからだ。
 共産主義国家が崩壊した事が何よりの事実だ”
という論評がはびこるのかというと、それは共産主義と相対する政治体制・思想である資本主義体制を
推し進める人たちによって、そのほうが都合よくイメージを刷り込みやすいからである。
では資本主義は絶対に正しい政治体制・経済体制なのか? 否である。
資本主義体制、とは
”金持ちがより金持ちになり、貧乏人はいつまでも貧乏人のまま”
”儲ける者は働かず、働く者は儲けない”
という世界である。今の日本に当てはめれば、
”親が社長なら子も社長。正社員はなんとか身分安定だが、明日は分からない。そしてハケンは一生ハケンのまま”
ってことだ。こんな社会が人間社会として許されるか? 否である”

さあ、果たして、共産主義国家、社会主義国家の崩壊は、
共産主義そのものの誤り
なのでしょうか? それとも
共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊
なのでしょうか?

共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?


質問詳細
ソ連、東欧の共産・社会主義諸国、その他アジアでの共産主義社会
・共産主義政治体制の崩壊、衰退は、いかのどちらが原因でしょうか?
意見A「”共産主義”という政治体制・思想が誤っているので、これらの国家が崩壊、衰退するのは当然」
意見B「崩壊した共産主義国家・社会主義国家は、共産主義をカタる独裁者による国家であった。
 独裁国家が民主主義によって打倒されたのであって、決し...続きを読む

Aベストアンサー

ピーター・ドラッカーの「経済人の終わり」ですでにマルクス主義の理念そのものが無理があると書かれています。
1939年の本です。本筋はナチス批判ですが、その前に共産主義と資本主義を一刀両断してます。

マルクス主義では、労働者が平等なものであるという前提が必要です。
しかし技能労働者といって、ひとりで何人分もの働きをするものがいます。
こういう人たちは、どうしても有利にならざるを得ません。
その中でも最上位の人たちをテクノクラートと呼びます。
結果として、テクノクラートによる支配が行われてしまうので、共産主義の理念が狂ってしまうことになるのです。
19世紀後半以降、資本主義はこの技能労働者を必要とするようになりました。
資本主義の遅れたロシアで革命がおこったのは、技能労働者があまりいないから、まさに遅れていたからです。
遅れていた国だから、ロシアでのみ革命が起きたのです。
あの時代、共産主義はすでに時代遅れになりつつありました。

またマルクス経済学はその理論の中であまりに首尾一貫性が強すぎて、矛盾を一歩でも付け加えると破綻してしまうようになりました。
しかし実際には、限界革命のような新しい経済理論が発見されてます。
しかしマルクス経済学の無矛盾性を維持するためには、このような発見を無視するしかありませんでした。

しいていえば、マルクスの最初の着想点「資本主義には自滅する要素がある」「歴史は経済という上部構造で動いている」
という着眼点がいまだに有効だと思いますけど、マルクス理論の主要なテーマはすでに完全破綻しているといっていいかと思います。

ピーター・ドラッカーの「経済人の終わり」ですでにマルクス主義の理念そのものが無理があると書かれています。
1939年の本です。本筋はナチス批判ですが、その前に共産主義と資本主義を一刀両断してます。

マルクス主義では、労働者が平等なものであるという前提が必要です。
しかし技能労働者といって、ひとりで何人分もの働きをするものがいます。
こういう人たちは、どうしても有利にならざるを得ません。
その中でも最上位の人たちをテクノクラートと呼びます。
結果として、テクノクラートによる支配が...続きを読む

Q民主主義と共和主義、社会主義と共産主義の違いは?

●民主主義と共和主義の違い
●社会主義と共産主義の違い
●王制(天皇制)と帝政、の違い
●資本主義が社会共産主義と対かどうか
●民主共和主義と王制帝政が対かどうか
●どの主義が右で、どの主義が左なのか などなど
う~ん、頭が混乱します。資本主義だけ浮いているような気もするし・・・
細かい説明より、相互関係が分かるような説明をしていただけると嬉しいです。誰か教えてください!お願いします!

Aベストアンサー

まずインターネット等で調べたらどうですか?
それでどこが分からないのか、それを訊ねるべきです。
ちょっと安易すぎませんか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報