当方大学3年生です。

今度、「日本の文化をあらわす言葉」というのを調べることになりました。その日本語を外国人に伝えることによって日本文化を容易に理解できるような言葉をさがしています。

ちなみにわたしは「へりくだる」というのを思いついているのですが…

ほかに何かないでしょうか。

みなさんの意見、おまちしております。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

やはり何と言っても「侘び 寂び」だと思います。



茶道や俳諧文学等、古くからの日本文化のあらゆる方面にみられる美意識を表す言葉です。と同時に、現代の日本人が、どんどんと忘れ去っていきつつある美意識だと思います。
「侘び寂び」けっこう外国のかたにも知られている言葉ではないでしょうか。
高い精神性と人生観が感じられる言葉であると、日本人として誇りに思っております。
    • good
    • 0

『はらはら』という言葉はどうでしょう。


桜や並木道の葉っぱ、雪、雨が、舞い落ちるという意味ですが、
涙など儚く落ちていくさまを表したいい言葉と思います。

もちろん、『儚い』と言う言葉も、日本の文化を表す言葉ではないでしょうか。
めまぐるしく変わっていく日本の言葉。
いつのまにかブームが終わっていくさま。
いろんなものや事象が巡っていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

儚い…確かに使えそうです!こうやって日本とはと客観的に考えると難しいですね。
どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/24 00:53

知っているかと思いますが「恥の文化」というものがあるようですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

確か、ルーズ・ベネディクトが定義したやつですよね?
調べなおしてみます。

どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/24 00:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水の結晶はウソ?

今日の昼にやっていたニュース番組で
水の結晶について報道をしていました。

その内容は
「ありがとう」という言葉を貼り付けて凍らせると
綺麗な形をした結晶が出来るのに対し、
「ばかやろう」という言葉を貼り付けて凍らせた方は
汚い形になる。水は綺麗な言葉を見分ける。
しかし、実際にはそんなことはなく、
教育現場ではこの間違った話をよく使うとかという内容でした。

当方も似たようなことを聞いたことがあります。
毎日、「ありがとう」という言葉を話しかけた水は
綺麗な結晶で、飲むとおいしいのに対し、
毎日、「バカ」と話しかけた水は
汚い結晶で、まずいということなんです。

昼の番組では、ただ「言葉」を貼り付けて、凍らすだけでした。
原因は水が綺麗な言葉を見分けるということでした。

当方が聞いた似たようなことの原因は
言葉を声に出すことで、その声の振動が水に影響与える。
特に、鼻濁音は大きな影響を与えて、結晶の形を崩しやすいとかなんとかって聞いていたのですが・・・・。

やはり、当方が聞いたこの似たようなことも
デマというか全くのウソなんでしょうか?

物理やら化学などの科学的なことがさっぱりダメなので
ご存知の方、是非ともお教えください。

今日の昼にやっていたニュース番組で
水の結晶について報道をしていました。

その内容は
「ありがとう」という言葉を貼り付けて凍らせると
綺麗な形をした結晶が出来るのに対し、
「ばかやろう」という言葉を貼り付けて凍らせた方は
汚い形になる。水は綺麗な言葉を見分ける。
しかし、実際にはそんなことはなく、
教育現場ではこの間違った話をよく使うとかという内容でした。

当方も似たようなことを聞いたことがあります。
毎日、「ありがとう」という言葉を話しかけた水は
綺麗な結晶で、飲む...続きを読む

Aベストアンサー

教育系の研究者です。科学的な点については,他の方が回答して下さった通りです。

>教育現場ではこの間違った話をよく使うとかという内容でした。

はい。さすがに今では無くなりましたが,2,3年前はかなり流行っていました(そのテレビ報道,いささか情報が古いですね)。この「実験」を元にした道徳授業は,TOSSという,かなり大きな教育団体(教員が作る研究団体)が推奨したことで,特に若い教員の間で広がり,全国でやられました。

私も一度,そうした授業を見たことがあります。授業そのものはともかく,題材があまりにも非科学的なので驚きました。この話を,大学に戻って同僚と話したところ,文系の研究者と理系の研究者で全然違う反応をするので,こちらも面白かった経験があります。

もちろんどちらも批判的なのですが,
理系の研究者は,他の回答者の皆さんと同じ反応をします。つまり物理的にあり得ないし,実験としての再現性も無いものを科学とは言わない,という反応です。

文系の研究者は,人の行動規範や行動の価値は,水などという無機物(この場合は非生物という意味)に教えてもらわなければならないものか? 自分の頭で考えること,人との関わりの中で考えること,が大事なのではないか,という点からの批判をしていました。

「メルヘン」として某氏がこの本を出すこと自体はともかく,それを教育の現場で題材として取り上げることの意味を,文系・理系では全く違う観点から批判します。私はどちらの観点からの批判も大事だなぁ,と思いました。

教育系の研究者です。科学的な点については,他の方が回答して下さった通りです。

>教育現場ではこの間違った話をよく使うとかという内容でした。

はい。さすがに今では無くなりましたが,2,3年前はかなり流行っていました(そのテレビ報道,いささか情報が古いですね)。この「実験」を元にした道徳授業は,TOSSという,かなり大きな教育団体(教員が作る研究団体)が推奨したことで,特に若い教員の間で広がり,全国でやられました。

私も一度,そうした授業を見たことがあります。授業そのものはとも...続きを読む

Q世の無常をあらわす言葉

世の無常をあらわす言葉を教えてください。
詩の形でも、有名な言葉でも、四字熟語でもことわざでも、一文字でもよいので、お願いします。

Aベストアンサー

世間虚仮
唯仏是真(聖徳太子)

この世界は、仮初めで空しい。
ただ、み仏のみが真なのだ


厳密なことをつっこまれてもイヤなので、少し上品に訳してありますが、

内容・情感的には、かりそめ(無常であるからかりそめ)で、うそっぱちばかりの、この世に対する絶望感や嫌悪感が良く出ていると思います。虚仮には、嘘っぱちという否定感が読みとれます。ただ、み仏のみが真の存在なのだという時、これは宗教的な無常観・諦観に立った人物の言葉なのだと思います。

ここまで普通の人間は割り切れませんね。。「世間にもホントはあるよ、それより仏ってホントかいな?」くらいが大多数の人ではないでしょうか?

Q水の結晶をみたいです

工業高校化学科の実験レベルで水の結晶を見たいのですが、どのような実験で見ることができますか?
詳しく説明してください。お願いします。

Aベストアンサー

この話は、水のクラスター構造のことでしょうか?

クラスター自体がどうも怪しいようですが…
存在するとしても極めて短い周期で生成、分解を繰り返しているようですので、観察するのはかなり難しそうです。


http://www.con-pro.net/readings/water/doc0003.html

http://atom11.phys.ocha.ac.jp/water/water_cluster.html

Qこの川柳のあらわすところは?

川柳で「かかあ たんすの かぎをあけ」というのがあるそうなのですが、どのような意味なのでしょうか? 何かの魚を買おうとしているみたいなのですが。
教えてください。。。

Aベストアンサー

「初がつお かかあ たんすの かぎをあけ」 じゃないでしょうか?
江戸っ子が目の色を変えたものの一つに「初がつお」がありますね。
他にも「女房を質に入れても初がつお」ってのがあったような。

Q言霊・水の結晶やご飯の腐り方の本

本の題名が知りたいです。
写真が主で、説明が入っています。
いろんな川などの水の結晶がうつっています。
汚い川の水、きれいな川の水、いろいろあります。
他にも、ご飯に、かわいいね、きれいだね、死ね、などの言葉を毎日聞かせて、その腐り方を比較したものも載っています。
どうしても必要になりました。
一度みたことがあるのですが題名を覚えてなくて・・・。
出版社と題名がわかりますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。


>本の題名が知りたいです。

お尋ねの本は、江本勝氏の一連の著作ですね。
いろいろ出しているので、著者名のところをクリックすると他の本も一覧で表示されますよ。


ただ江本氏が行っている実験の仕方はかなり恣意的なので、(本人の主張とは異なり)まったく科学的ではないということは知っておいた良いと思います。(ほとんどデータの捏造に近い)
詳しくは、『トンデモ本の世界T』をご覧ください。

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31380978


江本氏の本は「写真集」として見るなら、全然問題ないし、すごく綺麗だと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763193961/qid=1114828113/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-4372043-4460341

Q「文化進化論」と「文化伝播論」について

「文化進化論」と「文化伝播論」について説明できる方いらっしゃるでしょうか?
インターネットでもヒットが少なく、いまいち理解できず困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文化人類学の理論という観点から、お答えいたします。

大きな流れ:
19世紀、人間を神の創造物であるとする世界観に対し、(2)生物学の観点から挑戦した「進化論」が登場し、(3)「社会進化論」、つまり「単純から複雑へ」という単線的な「進化」という概念を社会にあてはめるという発想が流行する。(4)「社会進化論」の科学的証明の欠如に反対した、4つの流れ:「極端な伝播論」、オーストリア・ドイツの「歴史・伝播学派」、「アメリカの歴史学派」(ボアズ)、「イギリスの構造・機能主義」(マリノフスキー、ラドクリフ=ブラウン)。

文化進化論:evolutionism.社会進化論(および社会ダーウィニズム)とも。
この立場の人物として、英国のタイラー(人間の信仰はアニミズム→多神教→一神教へと進化するとした)と、米国のモルガン(野蛮→未開→文明という発達段階を主張)などがよく取り上げられます。
 のちに出てくる「新進化論」と対比される、「古典進化論」「単系進化論」について、一言で要約すると、「民族や社会はすべて、単一の発達過程のラインを、段階を踏みながら進行する。社会ごとに発達の速度は異なる。」と説明できます。
ツボは、当時の西洋の学者が、理解してもいない「異民族」を「野蛮」だと決めつけ、自らを「文明」という立場にすえて考えていたところです。

文化伝播論:diffusionism.
 イギリスを代表とする「極端な伝播論」は、世界の文化はエジプト文明を起源として作られたとしています。実証性がなく、専門家の間では全く顧みられなくなりました。
 「文化圏学派」として知られるオーストリア・ドイツの歴史・伝播学派は、世界各地に文化圏を想定し、その内部の要素を細かく分析、一つ一つの文化圏はどの文化要素がどのように伝播して出来上がっているのか、を論じました。

より詳しく調べる際の手助けになればと思い回答いたしました。テストの類の答案としては、上記の説明だけではまだ不十分かと思いますので、ご自身でさらに調べてみることをお勧めします。
参照
祖父江孝男『文化人類学入門 増補改訂版』中公新書、1990年。
M.S.ガーバリーノ,木山英明・大平裕司訳『文化人類学の歴史 社会思想から文化の科学へ』新泉社、1987年。
綾部恒雄・桑山敬己編『よくわかる文化人類学』ミネルヴァ書房、2006年。

文化人類学の理論という観点から、お答えいたします。

大きな流れ:
19世紀、人間を神の創造物であるとする世界観に対し、(2)生物学の観点から挑戦した「進化論」が登場し、(3)「社会進化論」、つまり「単純から複雑へ」という単線的な「進化」という概念を社会にあてはめるという発想が流行する。(4)「社会進化論」の科学的証明の欠如に反対した、4つの流れ:「極端な伝播論」、オーストリア・ドイツの「歴史・伝播学派」、「アメリカの歴史学派」(ボアズ)、「イギリスの構造・機能主義」(マリノフスキ...続きを読む

Qルチンの結晶水

ルチンは淡黄色小針状結晶で結晶水として3モルのH2O(水)を有しますが、減圧下110℃で12時間放置すると結晶水が外れて無水ルチンを生じます。
ここで質問です。
・結晶水が外れるまでの過程はやはり、昔からの ”ただの経験則” から導き出されたものなのでしょうか?(どうやって結晶水が外れることが分かったのでしょうか?)
減圧下110℃で12時間放置というのは、通常経験できない状況だと思いますが、昔の科学者は頑張った!という理解でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

元素分析を行うことで判ります。O(酸素)の量から、結晶水の量を判断します。

Q日本文化の研究

卒業研究のテーマが決まらず、ずっと悩んでいます。
分野としては、日本文学・日本文化です。私が今の時点で考えている内容は、例えば「桜の研究」(日本人は「桜」をどのように認知してきたのか)というようなもので、日本の文化についてやりたいと思っています。桜でなくても「鬼」とか何でもいいのですが、桜や鬼ではイマイチ...で、「これだ!」というものが見つかりません。
日本文化に代表されるものは他にどのようなものがありますか?出来ればそれが日本文学にも反映されているものがいいです。「こんな研究をやったら、文献も多いし、面白いよ!」というようなもの、何かありませんでしょうか???

本当に悩んでいます。特に上の質問に制限されなくても、思いつくままにおっしゃっていただいて結構です。関連する文献・サイトも合わせて教えていただければ幸いです。
何かアドバイスがありましたら、何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サクラの「サ」は神様の名前で、「クラ」とは、高貴な方がお座りになるところを意味します。サクラは、サ座と書きます。神様の宿る木がサクラです。
春もになると、神様である祖先の霊が、山から私たちの住む里に下りてきます。
サクラに神様(山の神・祖霊)を宿し、その年の豊作を祈り、占っていたと考えられます。サクラに宿った神様に、お供え物をします。それが酒(サケ・サ肴)であり、肴(サカナ・サ肴菜・魚)であるのです。初めは、神様に差し上げてそのお下がりをいただくのを奉げもの(サ下げもの)といっていました。いつしか使い方が逆転し、差し上げるものを、奉げものというようになりました。
山の神様である、サ神さまの名前を旧国名には多く見られます。
相模国(サ神の国)や、土佐下総上総などです、
薩摩国は、そのシンボルともいうべき山、桜島があります。
これはサクラ島のサクラは、サクラの木と同じ意味で、山(島)にサ神様がお座りになっていらっしゃることから、サ座島(サクラジマ)から後に当て字で、サクラに変わったものです。古い文献を見ると、桜島とは、かかれていません。
サクラ島の国から、変化してサツ島の国となり、薩摩国になったようです。
サクラの神様として、富士山の神様、コノハナサクヤヒメノミコトがあげられます。
女性の神様のサクヤヒメは、そのまま、山の神様で、よく山ノ神と奥さんのことを言いますが、ここからきた言葉です。
このサクヤヒメは、酒の神様でもあり、桜の名のもとになった神様でもあります。

サクラの「サ」は神様の名前で、「クラ」とは、高貴な方がお座りになるところを意味します。サクラは、サ座と書きます。神様の宿る木がサクラです。
春もになると、神様である祖先の霊が、山から私たちの住む里に下りてきます。
サクラに神様(山の神・祖霊)を宿し、その年の豊作を祈り、占っていたと考えられます。サクラに宿った神様に、お供え物をします。それが酒(サケ・サ肴)であり、肴(サカナ・サ肴菜・魚)であるのです。初めは、神様に差し上げてそのお下がりをいただくのを奉げもの(サ下げもの)...続きを読む

Qイオン結晶の水への溶解性

よろしくお願いします。
塩化ナトリウム、塩化銀の水とベンゼンへの溶解性について質問です。
水は極性があるので、極性がある物質をよく溶かし、ベンゼンは無極性なので、無極性物質をよく溶かすのだと思いますが、イオン結晶のときによくわかりません。

イオン結晶が、無極性か極性物質であるかはどのように区別するのでしょうか?
解答には、
塩化ナトリウムは、イオン結晶で、水和しやすいので水に溶けやすい、一方ベンゼンには、イオンと溶媒分子が結びつきにくいので溶けにくい。
○水和しやすい、のところがよくわかりませんでした。水中では、NA+とCL-になっていますよね?それに水がくっつくということですか?水は、イオンではなく分子でくっつくのですよね?そのときくっつきやすいということですか?極性と電荷をもつかどうかはあまり関係ないでしょうか?

解答:塩化銀は、イオン結晶だが、水に溶けにくく、またベンゼンにも溶けにくい。
とあります。ですが、理由が説明されていないのでよくわかりません。

同じイオン結晶なのに違うのはどうしてでしょうか?文がわかりにくければ補足させていただきます。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
塩化ナトリウム、塩化銀の水とベンゼンへの溶解性について質問です。
水は極性があるので、極性がある物質をよく溶かし、ベンゼンは無極性なので、無極性物質をよく溶かすのだと思いますが、イオン結晶のときによくわかりません。

イオン結晶が、無極性か極性物質であるかはどのように区別するのでしょうか?
解答には、
塩化ナトリウムは、イオン結晶で、水和しやすいので水に溶けやすい、一方ベンゼンには、イオンと溶媒分子が結びつきにくいので溶けにくい。
○水和しやすい、の...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は、高度な物理化学の知識(大学院レベル)が必要です。
だから試験問題の解答も、その点には触れなかったのでしょう。

まず、イオン結晶はすべて極性があると考えてください。
だから無極性のベンゼンはイオン結晶を溶かせないのです。

さらに、イオン結晶の中で、
イオンの静電的な引力が主な力となって結晶を形成しているものと、
イオンの分極による、共有結合的な力によって結晶ができるもの
があるのです。

カチオン(プラスイオン)の種類でいうと、
H+, Na+, K+, NH4+, Ca+, Mg+,などが前者
Zn2+, Fe3+, Cu2+などが中間
Ag+, Cu+, Fe2+, Au2+, Hg2 2+, Cd2+などが後者にあたります。

アニオン(マイナスイオン)の種類でいうと、
F-, OH-, O2-, NO3-, SO4 2-などが前者
SH-, S2-, Cl-, Br-, I-などが後者です。

なお前者のことを「硬いルイス酸」「硬いルイス塩基」
後者のことを「柔らかいルイス酸」「柔らかいルイス塩基」
といいます。

硬い=表面の電場が強く、静電的引力が強い。
直感的には、周期表の上の方が硬い。同じ金属なら価数が多い方が硬い。
イオンのサイズが小さい方が硬い。
柔らかい=イオンの分極が大きく、共有結合的な結合が強い。
直感的には、周期表の下の方が柔らかい。価数が少ない方が柔らかい。
イオンのサイズが大きい方が柔らかい傾向にあるが、一概に言えない。

で、硬いもの同士、柔らかいもの同士が安定なイオン結晶を
作ります。水自体がH+、OH-など硬いイオンからできていますので、
柔らかいルイス酸・ルイス塩基でできたイオン結晶は水には
不溶なのです。

なお、全てのイオンは水和することによって水に溶解しています。
水自体が硬い性質を持っていますので、硬いルイス酸・ルイス塩基
の方が強く水和します。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/HSAB%E5%89%87

この問題は、高度な物理化学の知識(大学院レベル)が必要です。
だから試験問題の解答も、その点には触れなかったのでしょう。

まず、イオン結晶はすべて極性があると考えてください。
だから無極性のベンゼンはイオン結晶を溶かせないのです。

さらに、イオン結晶の中で、
イオンの静電的な引力が主な力となって結晶を形成しているものと、
イオンの分極による、共有結合的な力によって結晶ができるもの
があるのです。

カチオン(プラスイオン)の種類でいうと、
H+, Na+, K+, NH4+, Ca+, Mg+,...続きを読む

Q日本文化の特別な所

私は留学生なんです レポートを書くときに 日本文化の特別な所と特徴という問題があった 調べたけど 役に立つ文章はなかなかないんです。。  日本人の方 何が知ったら 教えるとうれしいです。 
                                          よろしくお願い

Aベストアンサー

>日本文化の特別な所と特徴という問題があった 調べたけど 役に立つ文章はなかなかないんです。

私は日本人ですが、質問者さんと同じように、以前から「日本文化の特別な所と特徴」について、さらにはそのルーツ、根本、源泉について考えてきました。
その結果、いろんな学者がいろんな考えを述べていることがわかりましたが、その中で最も興味深かったのは、石川九楊さんの説です。

具体的には、日本人が言葉を文字で表記する際に、漢字・ひらがな・片仮名の三種の文字を使い分けてきた点こそ、世界に類を見ない、日本固有の歴史的、社会的、文化的、精神的な特徴を生み出してきた源泉である、と石川さんは説いております。
もっとも、最近の日本人は、公文書さえも、アルファベットを加えた四種の文字を使い分けながら表記するようになってきつつあると言えるかもしれませんね。

たとえば、辞書が規定する言葉の意味・概念という点では同一であろうとも、その意味・概念を表現する際に、漢字で表記するか、ひらがなで表記するか、片仮名で表記するか、さらにはアルファベットで表記するかによって、実は、それぞれの言葉(文字)が指示する意味・概念の間に微妙な差異が生じてくるのですが、日本人は、たとえ本人はそうと意識しないにせよ、こうした微妙なニュアンスの違いをほとんど身体レベルで感じながら四種の文字を使い分けているはずとご理解下さい。

なお、四種の文字について、おおざっぱには、漢字は《公》の意識を、ひらがなは《私》の意識を、片仮名は《仮》の意識を、アルファベットは《新》の意識をそれぞれ体現しているとお考えいただきたいところです。
そして、漢字(古代中国語)を媒介にすることによって、古代の日本列島にようやく日本国が誕生し、明治維新後に西洋文化を吸収する際にも、やはり西洋文化を中国語に翻訳しながら摂取することで、日本は短期間で近代国家の仲間入りを果たすことができたと言えます。

ということで、もし、質問者さんが「日本文化の特別な所と特徴」について正確に知りたいとお望みなら、まずは、日本語が三(四)種の文字を使い分けている、世界にも類例のない言語であるという点に注目してみて下さい。
なお、こういう問題を鋭く意識できた人は、江戸時代までは本居宣長一人であり、明治以降では小林秀雄一人であると私は考えております。

取り敢えず、入門書としては、石川九楊著『二重言語国家・日本』 (NHKブックス)をお薦めいたします。

>日本文化の特別な所と特徴という問題があった 調べたけど 役に立つ文章はなかなかないんです。

私は日本人ですが、質問者さんと同じように、以前から「日本文化の特別な所と特徴」について、さらにはそのルーツ、根本、源泉について考えてきました。
その結果、いろんな学者がいろんな考えを述べていることがわかりましたが、その中で最も興味深かったのは、石川九楊さんの説です。

具体的には、日本人が言葉を文字で表記する際に、漢字・ひらがな・片仮名の三種の文字を使い分けてきた点こそ、世界に類を見...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報