「教えて!ピックアップ」リリース!

ゲンが、焼け跡から家族の頭骸骨を掘り出して、バケツに入れて持ち歩いていましたが、原爆の焼け跡からは、あのようにきれいに頭骸骨だけが残るものなのでしょうか?

A 回答 (3件)

焼死ですから残るでしょう。


原爆で骨が残らない(蒸発する)のは、直接数千度を超える熱線と放射線そして爆風を受けた場合で、爆心地から半径100m以内で遮蔽物がなかった場所ではほぼ蒸発だったとされています。
この場合は、原爆後の火事で死亡しており木造の家と一緒に焼死していますから、骨が残ると考えられます。形としてしっかり残るかどうかはまた別ですけどね。

骨まで完全に灰にするにはかなり強い熱線を浴びるか、そのときには生き残りその後に原爆症を発症し、骨粗鬆症などの症状が体を長期間むしばみ骨がすかすかになるかです。
原爆で被害を受けたお年寄りが、亡くなり火葬した際に骨が残らないのは、原爆症によるもので、原爆症を発症し、徐々に健康な骨が粗悪な骨になった結果です。原爆直後の火災では骨自体は健康と考えられますから残ると考えることができます。

尚、原爆投下地点周辺(爆心地より北西方向を中心に)では投下後20~30分後に放射性物質を含んだ黒い雨が降っており、それによって火災は鎮火または弱くなっています。そのため、雨の降った地域では他の空襲などに比べて骨や遺体が残る可能性が高かった可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。残る場合もあるということがわかりました。現実にあのような悲惨な場面に遭遇したら気が狂ってしまうかもしれないと思いました。

お礼日時:2007/08/12 16:57

昔、担任の教師に同じ質問をしたことがあるのですが、


原爆投下地点の場所からの距離によって、差があるとのことです。
(1)より近い場所
直射で一瞬で蒸発します。物陰でも燃えて白骨化します。
(2)あるていど離れている場所
直射で一瞬で蒸発します。物陰ではひふがただれる程度に火傷をします。
(2)結構離れている場所
直射でひふがただれる程度に火傷をします。物陰では人が無傷か少ない火傷で生き残ります。

このように、物陰に隠れているかどうか、また距離はどうかということで、影響は多様だったようです。
実に恐ろしい兵器ですよね。もう二度と撃ってほしくないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。同じ広島にいても、場所がよければ助かった人もいたんですね。これは、もう運命としかいいようのないような気がします。本当に恐ろしいですね。

お礼日時:2007/08/12 16:55

爆心付近で原爆の熱線で直接焼かれた場合は残らないと思いますが、


父親と姉・弟は火災で焼けたので、焼け方によっては残ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
原爆で直接、焼かれたわけではなく、その後の火事で焼かれたため残るのですね。それにしても恐ろしいことです。

お礼日時:2007/08/12 16:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング