私はツンデレ受け、強気受け、男らしい受けが好きなのですが、
こういう受けが出てくるBL漫画ありませんか?
いっぱいありすぎてツンデレ(強気、男らしい)受けを探しきれませんorz

ちなみにツンデレ受け(ストーリーは関係なしでキャラのみ)で好きなBL漫画は、
★ファインダーの標的 / やまねあやの先生
★愛と欲望は学園で / 梅沢はな先生
(ギイ×葉流)
★世界はテメェでまわってる / 三島一彦先生
★美男の殿堂 / 神葉理世先生
(伯爵×姫)
★ビーンズ・キャンプ / 依田沙江美先生
(店員×長男)
★レシピ / 志水ゆき先生
★大人気。 / 鹿乃しうこ先生

あとBENNY’S先生と井ノ本リカ子先生が描くツンデレ受けが好きです。
基本的にえっちがあるほうが好きですが、なくても全然OKです。

オススメなツンデレ受けBL漫画があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ツンデレ受けと言われるとあまりピンとこなかったのですが、要は強気で男らしい受けですよね?


最近あまり新規開拓していないので挙げられた漫画はほとんど知らないのですが、こだか和麻先生や新田祐克先生辺りはいかがでしょう?
全体的に男らしい受けが多いと思います。

ファインダーがお好きなら、最近文庫化されたこだか先生の「乱れそめにし」辺りが近い系統のような気がします。(ファインダーは初期のほうしか読んでいないので的外れだったらすみません)
こだか先生だと、あとは「KIZUNA」の3カップルが全員強気なタイプの受けだったかと。剣道の達人とか、極道の息子とか殺し屋とかなので必然的に強気ですね。
こちらはまだ新装版が出ていないので、探すのが大変かもしれませんがお勧めです。(新装版は来年だそうです)

新田祐克先生の方は「春を抱いていた」というのがお勧めです。元々第一話が「攻×攻」特集のアンソロ収録ですし。精神的にかなり男らしい受けだと思います。この方は男のプライドとかを描くのが上手いですね。

この御二方は他作品も男らしい受けの方が多いと思いますので、お気に召したら他のも探してみてください。ちなみに両方とも性描写は濃いめな作家さんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます♪
そうです、強気で男らしい受けです!
新田祐克先生のコミックスは数冊読んだことがあります。
確かに「攻×攻」ぽいですが…なんというかどのカプもリバっぽく見えてしまって苦手でした…。もう一回読み直してみたいと思います!!

こだか和麻先生のコミックスはほとんど読みました。
「KIZUNA」の極道の息子…めっちゃ好みでしたね~!!!
ほんとに強気でした♪
「乱れそめにし」というのは読んだことがないので探してみたいと思います!

お礼日時:2007/09/06 21:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツンデレって何て言う意味ですか?

ツンデレってなんていう意味ですか?

Aベストアンサー

ツンデレは、普段つんつんしている女性が
恋人と2人きりになるとデレッとかわいくなることです。

QBL(ボーイズラブ)コミック お勧め教えて下さい!

BL(ボーイズラブ)コミックについての質問ですので、気分を害される方はご覧にならない方が良いと思います。

本題ですが、BLコミックを読もうと思っています。
ですが、あまり読んだことがないので迷っています。
特にこれと言って『好き!!』な要素があるわけではないので、とりあえず絵がきれいなのがいいです。
絵は体とか顔とかバランスがちゃんとしてて、少女漫画過ぎない感じが好きです。

ちなみに『たぶんだめ…』なのは、
・レディース系な絵(重要)
・メガネ君受け
・ショタ(重要)
・先生と生徒
です。

今までの経験からしてすきなのは、
・純愛(重要)
・ツンデレ受け
・関西弁受け
です。

純情ロマンチカはアニメを見たことがあります。
年下攻めも歳の差も好きでした★(でも一番ロマンチカがすき、ギャグもあって)

どんな要素があってどういう話か、ということを教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

最近の方でしたら、
宝井理人さん、
ヨネダコウさん、
夏目イサクさん、
山本小鉄子さん(関西弁受が得意です)、
ヤマシタトモコさん、
なんかが条件に合っている作家さんじゃないかと。
ライトテイストで純愛で絵も整っていて良いです。
ハズレがほとんどなくて好きな作家です。

山田ユギさん、夢花李さん、SOOWAさん、雁須磨子さん、宮城とおこさんも新刊見つけたら即買いです。



個人的におすすめなものは(たくさんありすぎるのですが)

村上真紀さんの『グラビテーション』(これは、読んだ事が無いなら、激しくおすすめです。ロマンチカ好きは100%好きだと思います。)
雁須磨子さんの『のはらのはらの』
ヨネダコウさんの『どうしても触れたくない』
宮城とおこさんの『G線上の猫』
宝井理人さんの『セブンデイズ』
夢花李さんの『同細胞生物』
国枝彩香さんの『未来の記憶、風の行方』
高河ゆんさんの『アーシアン』
中村明日美子さんの『同級生』
蛇龍どくろさんの『エンドレスワールド』(重めですが名作です)
山田ユギさんの『ドアシリーズ』『夢を見るヒマもない』『どうしようもないけれど』
KIKIさんの『ラブミーテンダー』
今市子さんの『楽園まであともうちょっと』
寿たらこさんの『SEX PISTOLS』
萩尾望都さんの『残酷な神が支配する』(重めですがかなり名作です)
白泉社ですが杜真琴さんの『海よりも深く』

もう、他にもたくさんたくさんありますが、とりあえず条件に合う中で思い浮かんだものだけ。
有名どころでいくと『お金がない!』も有名ですが、どうでしょう?
色々な意味で面白くてネタになるので読んでみるのも一興です。


……あと、これはかなりコアなのでおすすめはしませんが、個人的に『西田東』大先生は死ぬ程好きです。
大人なら、読んで損はしないと思います(笑)
まだ自分は子供だな…と思うなら、読まない方がいいです。(笑)


私は名作から現代のものまでもうひたすらジャンル・好み問わず読みあさっている人間なので、これから新規開拓できるなんて羨ましい限りです本当に…
BLアニメでは旧版の『間の楔』も名作ですよ。グラビテーションのアニメも良かったな…そういえば。
BLアニメはクオリティが問題ですが、ロマンチカは良かったですよね!
終始作画も割と良かったですし。(たまに顎が凶器のようにとがってましたがw)
私は岸尾さんが好きなので忍ちんペアが大好きでした。

最近の方でしたら、
宝井理人さん、
ヨネダコウさん、
夏目イサクさん、
山本小鉄子さん(関西弁受が得意です)、
ヤマシタトモコさん、
なんかが条件に合っている作家さんじゃないかと。
ライトテイストで純愛で絵も整っていて良いです。
ハズレがほとんどなくて好きな作家です。

山田ユギさん、夢花李さん、SOOWAさん、雁須磨子さん、宮城とおこさんも新刊見つけたら即買いです。



個人的におすすめなものは(たくさんありすぎるのですが)

村上真紀さんの『グラビテーション』(これは、読んだ...続きを読む

Qツンデレ?

初めまして。24歳男、社会人です。
さっそくですが質問の内容に入りたいと思います。

皆さんはツンデレって言葉をごぞんじでしょうか?
私はとある友人に、ツンデレだよなお前 とか あなたのツンデレを理解してくれる人がいればいいのにな そういう人に会えれば仲良くなれるよ とか ツンデレだから問題ない とか よく言われます。

ツンデレってwikiとかで調べてもイマイチ意味がわかりません。
好き嫌いが強く、自分勝手、気分の変動が激しい、こういう意味なんでしょうか・・・・・・・。

Aベストアンサー

そのうち広辞苑とかにも載ってしまう日が来るのでしょうか?その世界の住人では無いので、解釈が間違ってたらすいません。

元々はゲ~ムとかから作られた造語。ツンツンしていた人が、相手にデレデレになるような精神や態度の変化を表す。また、公やそういう類の場では冷たい態度をとる人が、私的な空間で甘えた態度を示すこと。

>ツンデレだよなお前

質問者様の場合で解釈すると、初対面とかだと壁がある感じだけど、そういう時期を越えると、親しみやすいし、相手に情を持ったり溺愛するよなというニュアンスです。

>ツンデレを理解してくれればいいのに

最初が厳しそうにみえたり、冷たそうな誤解を与えるけど、本当は情に深くて、相手を溺愛する部分があるから、そういう部分がキチンと理解されればいいのに

>ツンデレだから問題ない

時間はかかるかもしれないが、最初は壁を作っているように見えても、最終的には仲良しになるので問題ない。

要するに、最初が厳しそうに見えたり、壁を作ったりしている様に見えがちな感じだけど、時間がたてば相手に情が深かったり、心を相手にもの凄く許すタイプの人間ですね。という評価です。

そのうち広辞苑とかにも載ってしまう日が来るのでしょうか?その世界の住人では無いので、解釈が間違ってたらすいません。

元々はゲ~ムとかから作られた造語。ツンツンしていた人が、相手にデレデレになるような精神や態度の変化を表す。また、公やそういう類の場では冷たい態度をとる人が、私的な空間で甘えた態度を示すこと。

>ツンデレだよなお前

質問者様の場合で解釈すると、初対面とかだと壁がある感じだけど、そういう時期を越えると、親しみやすいし、相手に情を持ったり溺愛するよなというニ...続きを読む

QBL(ボーイズラブ)マンガについて

BL(ボーイズラブ)マンガについて
 BLというのは少女マンガの延長線上にあるモノで、「同性愛作品≠BL」だということをこの間知りました。

 BLはヒロインの位置に男性がいるだけで、ストーリーは少女マンガと何ら変わらない、ということだそうです。消費者にはもちろん女性を想定しています。
セクシュアリティの悩みは男同士なので付随しますが、少女マンガの域を出ない程度の描かれ方をしています。「現実では(ほぼ)あり得ない仮想現実」の設定が多いのはこのためでしょう。

一方、同性愛作品というのは映画『MILK』等の啓発・ドキュメンタリーや純文学などを指すのだそうです。消費者を女性と想定せず、差別(社会)問題や現状などを描いているのだとか。

 そこで疑問に思ったのですが……BLにしろ同性愛作品にしろ、男同士の恋愛を扱っている作品はすべて2つに分類できるのでしょうか?どちらか分かり難い作品もあるのではないでしょうか?


以上を踏まえて…
Q:よしながふみ『きのう何食べた?』や羅川真里茂『ニューヨーク・ニューヨーク』は少女マンガ(BL)なのでしょうか?それとも同性愛作品?もしくはその中間に位置する新しいジャンルとしての「同性愛作品に近いBL」?

回答よろしくお願いします。「~だと思う」のような回答でもかまいません。


※作品についてはWikipediaのURLを貼り付けておきます。
よしながふみ『きのう何食べた?』↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%86%E4%BD%95%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%9F%3F
羅川真里茂『ニューヨーク・ニューヨーク』↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

BL(ボーイズラブ)マンガについて
 BLというのは少女マンガの延長線上にあるモノで、「同性愛作品≠BL」だということをこの間知りました。

 BLはヒロインの位置に男性がいるだけで、ストーリーは少女マンガと何ら変わらない、ということだそうです。消費者にはもちろん女性を想定しています。
セクシュアリティの悩みは男同士なので付随しますが、少女マンガの域を出ない程度の描かれ方をしています。「現実では(ほぼ)あり得ない仮想現実」の設定が多いのはこのためでしょう。

一方、同性愛作品というのは...続きを読む

Aベストアンサー

どちらの作品も(『きのう何食べた?』は既刊分まで)読み終えています。

『ニューヨーク・ニューヨーク』は個人的には「同性愛作品に近いBL」が一番しっくりきます。
BLのようにライトな作品ではありませんが、ドキュメンタリーほど実際の差別や現状について焦点を当てているわけではないと感じました。
『きのう何食べた?』はなんとも言えませんね…
この作品は同性愛ではなくあくまで料理が主題だと思うので、BLか同性愛作品なのか判断しかねます。

あいまいな回答で申し訳ありません。

Qツン釘キャラってどういう意味ですか?

ツン釘キャラってどういう意味ですか?
ツンデレとどう違うのか教えてください。

Aベストアンサー

ツン釘は、ツンデレ釘宮の略で、声優の釘宮理恵さん演じるツンデレキャラのことです。
でも最近一部では「釘宮理恵さん風のツンデレキャラ」のことをツン釘と総称している人もいますので、もともとの意味が拡大解釈されつつあるのかもしれません。

QBL(ボーイズラブ)って、

BL(ボーイズラブ)というのは、実写に置き換えると、男役をした女性同士の恋愛イメージなのでしょうか?

リアルな男性というより、

・思春期の女の子が同性の先輩に憧れる。
・宝塚歌劇のような古くからある少女の憧れの世界

に近い気がします。(上手く言えませんが)

Aベストアンサー

精神的な恋愛感情を表現するという意味では、
男も女もないのではないかと思います。

ただ、作者や読者である多くの女性が、
女性であることの意識を捨てるために、
男性同士として表現するのでしょう。

たいていは、世間的にも個人的にも
女性であることのマイナスイメージを
意識しているために、それを捨てて、
男性と対等な状態(肉体)での関係を
思考実験する場なのではないかと、
勝手に解釈しています。
もちろんもっと複雑な心理もあるでしょうけど。

宝塚は、女性同士ではあっても、
男女の役を分けていますね。
BLも、男性同士であっても、
攻めと受けは分かれている…ようですね。
たしかにそのあたりは、似ている感じがします。

ただ、男性が一方的に女性を攻めるのでは、
女性が喜ぶイメージではないでしょう。
現実の男女関係をそういうイメージで
捉えている女性にとっては、想像の世界では
ワンクッション置いて、少なくとも肉体的には
対等の立場としての関係を描きたいのでしょう。

現実の自分自身としてではなくて、
ある程度距離を置いた存在として、
男女あるいは攻めと受けを自由に
行き来して妄想を楽しむということは、
ある意味で少女の憧れであり、ある意味では
少々歪んだ性欲のはけ口だとも思えます。

実写といっても、プラトニックなものから、
あからさまな描写のものまでありますから、
どのあたりをイメージするかによるでしょう。
線の細い男性が似合う作品もあれば、
女性の方が似合う役もあるでしょう。
中には、端正な男性が、醜い男性と
目を覆いたくなるような行為をするような
作品もあるようですし…。
実写にするにしても、イメージするにしても、
味付けは人それぞれだと思います。

精神的な恋愛感情を表現するという意味では、
男も女もないのではないかと思います。

ただ、作者や読者である多くの女性が、
女性であることの意識を捨てるために、
男性同士として表現するのでしょう。

たいていは、世間的にも個人的にも
女性であることのマイナスイメージを
意識しているために、それを捨てて、
男性と対等な状態(肉体)での関係を
思考実験する場なのではないかと、
勝手に解釈しています。
もちろんもっと複雑な心理もあるでしょうけど。

宝塚は、女性同士ではあっても、
男女の役を分け...続きを読む

Qツンデレってな~に?

時々、チャットや掲示板のカキコに
『ツンデレ』って言葉が出てくるんですけど、ツンデレって いったい どう言う意味なんでしょうか?
アニメや漫画などで怒っている時に出るマーク ↓ この事を言うのでしょうか?  

   ┛┗ 
   ┓┏

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C4%A5%F3%A5%C7%A5%EC

このサイトに詳しくでています。
参考になります。

QBL ボーイズラブ雑誌はどの位あるのでしょうか?

ボーイズラブ初心者なのですが
ボーイズラブ雑誌はどの位あるのでしょうか?
キャラセレクションやBE×BOYというのは知ってるのですが
他にもありますか?
また、どの雑誌が特に人気かも知りたいです。


もう一つの質問なのですがBL中心じゃない雑誌でも
BLが載ってる雑誌はありますか?

私が知ってるのはゼロサムという雑誌です。
花とゆめは・・どうなんでしょう?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここに書いたのがすべてではありませんが、発売されている主なBL雑誌です(小説と書いてあるのは小説誌です)。

オークラ出版「小説アクア」「コミックアクア」など。
海王社 「GUSH」など。
角川書店「CIEL」「CIEL Tres Tres」など。
幻冬舎 「小説リンクス」「コミックマガジン リンクス」など。
コアマガジン「drap」など。
心交社 「小説ショコラ」「Re Rosa」など。
新書館「小説Dear+」「Dear+」 など。
徳間書店 「小説Chara」「Chara」「Chara Selection」など。
ビブロス 「MAGAZINE BE×BOY」「BE・BOY GOLD」「JUNK!BOY」
「小説b-Boy」「小説BEaST」「MAGAZINE ZERO」など。
芳文社 「花音」など。
フロンティアワークス「Daria」など。
マガジン・マガジン「BOY'Sピアス」「BOY's LOVE」「コミックJUNE」
「GAMEピアス」「コミックGAMEピアス」「小説JUNE DX」など。
白泉社「小説花丸」。

「月刊ぱふ」というまんがの情報誌があるのですが、その雑誌にはBL系の雑誌やCDなどの広告がたくさん載っています。
「月刊ぱふ」は毎年、2月号で「ボーイズラブ」の特集をしていますので、チェックしてみるといいですよ。

私は「リンクス」とか「Chara」をよく読みますね。
花とゆめは少女雑誌です(中にはBLチックな漫画もありますけどね)。
花とゆめを出版している白泉社は「小説花丸」というBL小説誌を出版しています。

参考URL:http://magical-j.com/zassosha/

ここに書いたのがすべてではありませんが、発売されている主なBL雑誌です(小説と書いてあるのは小説誌です)。

オークラ出版「小説アクア」「コミックアクア」など。
海王社 「GUSH」など。
角川書店「CIEL」「CIEL Tres Tres」など。
幻冬舎 「小説リンクス」「コミックマガジン リンクス」など。
コアマガジン「drap」など。
心交社 「小説ショコラ」「Re Rosa」など。
新書館「小説Dear+」「Dear+」 など。
徳間書店 「小説Chara」「Chara」「Chara Selection」など。
ビブロス 「MAGAZINE B...続きを読む

Q【絶対領域】とか【ツンデレ】って一体??

【絶対領域】とか【ツンデレ】ってどう意味なのですか?
さっぱり意味が分かりません。
この言葉を使う人っていわゆるどういうタイプの人
なのでしょうか?
どなたか教えてください!

Aベストアンサー

ツンデレについて、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC
又は、
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%c4%a5%f3%a5%c7%a5%ec

絶対領域について、
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c0%e4%c2%d0%ce%ce%b0%e8

これらのページを見ればよく分かると思います

Qbl漫画についてです。 キチク、エンカウントというbl漫画が欲しいのですが、近所の本屋には売ってませ

bl漫画についてです。
キチク、エンカウントというbl漫画が欲しいのですが、近所の本屋には売ってませんでした。
親には隠してるので通販などでは買えません。
そこで質問です。
「キチク、エンカウント」は大きい本屋などに行けば売っているのでしょうか??
また売ってなかったら、どうすれば購入できるのでしょうか。
どうしても欲しいです。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本屋さんで取り寄せをお願いすれば手に入ると思います。


人気Q&Aランキング