【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

アクセスで名簿をつくっています
1000人以上の名簿になってしまい
フィールド項目もかなり多くなっています
(”名前””なまえ””住所””所属””転居先不明者””喪中”など)
(1)なるべく項目を短くまとめたいのですが
 あまり短くすると他の人が見たときにわかりにくいので
 エクセルでいう、「折り返して表示」のような機能がないものでしょう か?または表示のフォントを小さくすることはできませんか?
(2)同じフィールド内に
 先生、友人、外先生、内先生、学内事務、企業
 などの入力がされています
 ただ、友人だけれども先生の場合は
 ”友人 先生”のように2つ並んでいたりして
 その書き方は不規則です(”先生 友人”となっていなりもします)
 抽出する際に
 1)”先生”を含むものを全部抽出(先生、外先生、内先生)
 2)”友人”を含むけれども”先生”は含まないもの
 のようにいろいろ条件をかえて抽出することはできませんか?
 アクセスの初心者なのですが同じフィールドの中にいくつも言葉を並べ ることはナンセンスのように思えるのですが、どういうものですか?
 全部別のフィールドにしたほうがいいのではないかと思うのですが…?
(3)ON/OFを使って年賀状を出した人出していない人をチェックしています
 ONのものだけをテーブルの中で抽出するためにはどのようにすればいい でしょうか?

よろしくお願いします

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)について。


ひょっとして、テーブルをそのままデータシートビューで使ってますか?
データシートビューのフォントは、「ツール」→「オプション」→「データシート」で、変更可能です。

折り返しに関しては、「書式」→「行の高さ」を増やせば、自動的に折り返すと思います。


(2)について。
> 1)”先生”を含むものを全部抽出(先生、外先生、内先生)

クエリのデザイン画面で、抽出条件の欄に

Like "*先生*"

と、入力してください。これで、「先生」を含むレコードが選択できます。


> 2)”友人”を含むけれども”先生”は含まないもの

同様に、クエリのデザイン画面で、抽出条件の欄に

(Like "*友人*") And (Not Like "*先生*")

と入れます。「友人」に関しては上記と同様です。
And は複数の条件を満たす必要がある場合に使います。
Not をつけると、「先生」を含まない、という条件になります。
() は見やすくするために入れました、無くても可。


>アクセスの初心者なのですが同じフィールドの中にいくつも言葉を並べ ることはナンセンスのように思えるのですが、どういうものですか?

データベースの理論上は良くない事ですが、ケースバイケースです。私もこういう手抜きをすることありますよ。


> 全部別のフィールドにしたほうがいいのではないかと思うのですが…?

データベース理論では、別フィールドではなく、別にテーブルを用意する事になると思います。慣れないうちは、余計にややこしくなりますので、しなくても良いと思います。

本格的に、データベースの勉強をするのであれば、「データベース 正規化」で検索して見て下さい。


(3)について。回答出てますので、省略。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ございませんでした
とてもわかりやすく解説していただいたので
できました
ありがとうございました

お礼日時:2007/02/10 12:37

(1)フォームのラベルならフォントサイズを変えることも


2行に折り返すこともできます

(2)
>同じフィールドの中にいくつも言葉を並べることは
>ナンセンスのように思えるのですが、どういうものですか?
ナンセンスとまでは言いませんが面倒なだけでしょうね

(3)普通に抽出クエリを作ってください
チェックをONにしたときの値はTrueです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません
ありがとうございました

お礼日時:2007/02/10 12:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccess サブフォームでの選択行の取得

こんにちは。

Access初心者です。

サブフォームでテーブルの項目を表示させていますが、
選択された行を取得する方法はありますか?
サボフォームの下の方に現在選択されているレコード数が表示されてますが、その値でかまいません。

調べているのですが、なかなか検討がつきません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フォーム名がフォーム1、サブフォームコントロールの名前がサブフォーム1だとすると、

Forms!フォーム1!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

で取得できます。
(「Forms」と「Form」がありますのでご注意下さい)


また、フォーム1にコードを記述する場合であれば

Me!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

サブフォーム1へのコード記述であれば

Me.CurrentRecord

という構文によっても、それぞれ取得が可能です。

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

QACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてくださ

ACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてください。
EXCELでは空白を""で判定/識別表していますがACCESSではどうなるのでしょうか。

下の例はフィールドに試験番号があればその番号を、空白なら”欠席”と表示しようとしています。
IIf(([試験番号]="空白の場合何を入れる?"),[試験番号],"欠席")

Aベストアンサー

もうひとつの書き方は
式1: IIf([試験番号] Is Not Null,[試験番号],"欠席")
第2、第3引数の、質問の順序にあわせるとこうなる。

QACCESS IIF関数 複数条件の設定について

 選択クエリにおいて、あるフィールド「 X」 のレコード数値が
 
  0<[X]<=50   であれば A 
  50<[X]<=100  であれば B 
  100<[X]<=150  であれば C

 と表記させるフィールド「Y」を追加したいと考えています。
 この場合、Yのフィールド設定で指定する数式についてご教授願います。

 一応、
  IIf(0<[X]<=50,"A","") Or IIf(50<[X]<=100,"B","") Or IIf(100<[X]<=150,"C","")

  としましたが、実行すると、Yの列がすべて「-1」と表記されてしまいます。

 何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A", [X]<=100, "B", [X]<=150, "C", True, "")


なお、数学あるいは一般生活では確かに「0<[X]<=50」という表記をしますが、
Accessの関数などではこれだと正しい結果が得られません。
正しく認識させるためには、等号・不等号を挟んだ式は、「左辺」と「右辺」の
2つの要素からなる形にする必要があります。
(「0<[X]<=50」は「[X]>0 And [X]>=50」と分割してやる、と)

但し、今回のご質問のような『連続した範囲』であれば、前(左)で既出となる
式の要素で「[X]<=0」が「真(=-1)」とならなかった時点で、「[X]>0」が保証
されますので、上記のように、「[X]>0」を省略して「[X]<=50」だけを条件として
指定すればOk、ということになります。
(「0<[X]<=50」の次が「80<[X]<120」などのように、「50~80」が欠けた
 場合は、省略ができない、と)


【参考】
「0<[X]<=50」は、このままだと「0 < ([X]<=50)」という式と解釈されます。
この場合、「[X]<=50」は、「真(=-1)」か「偽(=0)」か「Null」のいずれかに
なります。
何にせよ、「0<[X]<=50」全体として「正(=-1)」となることがないため、
ご質問の式では、IIF関数は常に第3引数に指定された値「""」を返す
ことになります。

この結果、式全体としては「"" Or "" Or ""」という形となり、「0かNull」
以外なので、「真(=-1)」という値が返された、ということです。

なお、Nullについては、以前、他の方の質問につけた回答も、併せて参考までに:
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4850675.html

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A"...続きを読む

Q[ACCESS][レポート]2列に印刷がしたい

ACCESSのレポートで、ひとつのテーブルの内容を、2列に印刷することは可能でしょうか?
たとえばA4ヨコの用紙で、印刷する項目が3つしかなかった場合、右に余白ができてしまうので、印刷する項目が用紙の下までいったら、次に右上からもう一列印刷をする、というようなことを実現したいのです。

Aベストアンサー

先日同じ質問に回答しました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=250509

QAccessで別テーブルの値をフォームに表示したい

初めてのAccessで分からない事があり質問させてください。

<会社テーブル>
会社ID
会社名
住所

<社員テーブル>
会社ID
社員名
ソート番号

*1社に対し複数の社員レコードが存在

以上のようなテーブルがあるとします

現在「会社テーブル」を表形式で一覧表示しています
会社ID,会社名、住所とフィールドが並んでいるのですが、その後ろに「社員テーブル」のソート番号が一番若い社員名を表示したいと考えています(現状は番号関係なく表示させる方法すら分かりません)

色々いじくりまわしたのですが、初めてAccessをさわる事もあってよくわかりません

リレーション等でひっぱってくる事ができるのでしょうか?

どなたか教えて頂けませんでしょうか

何卒よろしくお願い致します

PS.Access2013で作成中です

Aベストアンサー

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FROM 社員
ORDER BY 社員.ソート番号;

2、コントロールソースに次のように書きます。

=DLookUp("社員名","社員ソートクエリ","会社ID=" & [会社ID])

http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA001228825.aspx

DLookup()については、マイクロソフトの解説を参照されてください。

【DLookup()の限界を破るにはVBAで同じ関数を作るしかない】

マイクロソフトの解説を読めば判りますが、ORDER BY 節を指定する引数が用意されていません。ですから、どうしても、"社員ソートクエリ"を作成するという手間が必要となります。そこで、SQL文を引数とするDBLookup()をVBAで書けば、その手間を省けるという算段になります。この辺りは、好みと趣味の問題。どっちでも良いと思います。そういうお断りをした上で DBLookup()を紹介しておきます。なお、ADOは、つぎのように参照設定しないと利用できません。

http://www.happy2-island.com/access/gogo03/capter00307.shtml

Public Function DBLookup(ByVal strQuerySQL As String, _
             Optional ByVal ReturnValue = Null) As Variant
On Error GoTo Err_DBLookup
  Dim DataValue
  Dim rst     As ADODB.Recordset

  Set rst = New ADODB.Recordset
  With rst
    .Open strQuerySQL, _
       CurrentProject.Connection, _
       adOpenStatic, _
       adLockReadOnly
    If Not .BOF Then
      .MoveFirst
      DataValue = .Fields(0)
    End If
  End With
Exit_DBLookup:
On Error Resume Next
  rst.Close
  Set rst = Nothing
  DBLookup = IIf(Len(DataValue & ""), DataValue, ReturnValue)
  Exit Function
Err_DBLookup:
  MsgBox "SELECT 文の実行時にエラーが発生しました。(DBLookup)" & Chr$(13) & Chr$(13) & _
      "・Err.Description=" & Err.Description & Chr$(13) & _
      "・SQL Text=" & strQuerySQL, _
      vbExclamation, " 関数エラーメッセージ"
  Resume Exit_DBLookup
End Function

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FR...続きを読む

QアクセスVBAのMe!と[ ]

基本的なことですみません。

アクセスのイベントプロシージャで、Me!ってありますけど、これはどういう意味なんでしょうか?

また、Me!の後に、Me!.~~と書く場合と、Me!.[~~]と書く場合がありますが、どこが違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>プロシージャ内で[]を使う場合は、そのフォーム外のオブジェクトを使う場合と考えてよろしいでしょうか?
別のオブジェクトを使う場合だけではありません。
Hensu = Me![Text1]のようにHensuという変数に自身のTest1の値を代入する場合のように。
[]で括られているのがオブジェクト名やコントロール名だよという事。
クエリの抽出条件に存在しない[?]とすれば?というコントロール等が参照できないので?というダイアログが表示されるように?というオブジェクトやコントロールは何?と聞いてくるように。
>フォーム内のオブジェクトの場合はあくまでMe!で良いのでしょうか
Forms.[フォーム名]![コントロール名]やForms![フォーム名]![コントロール名]が構文。
アクティブなフォームが自分自身ならForms![フォーム名]の変わりにMeでもOKですという事。

と言う解釈の方が良いと思います。

QACCESSで条件によってフォーム上のフィールドの色を変更

一覧形式のフォームがあり、条件によって色を変更したいのですが、その条件というのが下記のような感じです。

フィールドA | フィールドB | フィールドC | チェックボックス
チェックボックスのチェックがあったら、フィールドA・B・Cの色をグレーにする。
チェックがなかったら白いまま。

というものです。
条件付書式だと、色を変更するフィールドそのもののデータを参照にしないといけないんですよね?
フォームオープンのところにVBAをかいてみたんですが、ひとつひとつは認識してないみたいで…。
どのようにすればいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フォームのデザイン画面で3つのフィールドすべて選択し条件付書式画面を表示させる。
条件1のコンボで”式”を選択。
右側の欄に[チェックボックスのコントロール名]=True
と入力し、バケツアイコンでグレーを選択。
(もちろん1フィールドづつ設定してもOK)

QAccessのフォームのみ表示させたい

Accessを起動した際、フォームのみ表示するにはどうすればよいのでしょうか?
(Accessを起動すると、オブジェクトメニュー?(テーブルやクエリ等のオブジクトを選択するウィンドウ)を表示させないで、フォームのみを表示させるには?)
また、上記と同じようにして、なおかつAccessを起動させないでフォームで起動や終了といったことが出来るのでしょうか?
やはりこれはVB等プログラミングでないと出来ないのでしょうか?ちなみに私はプログラミングは全く出来ません。
わかる方、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ツールメニュー
”起動時の設定”を開き

フォーム/ページの表示にて起動時に表示させたいフォームを選択すれば、そのMDBを開いた時に、該当のフォームが表示されます。

メニュー画面等を作り、各処理のフォームを開いたり、アクセスを終了するマクロを呼び出すボタンを作ればフォームからの終了等も可能です。

また、データベースウィンドウの表示のチェックボックスを外せば、質問者様の言われているオブジェクトメニューは表示されなくなります。

メンテナンス等を行いたい時はshiftキーを押下しながら立ち上げればデータベースウィンドウが表示できます。

Qアクセスで#エラーを表示させない方法は?

アクセス2000を使用しています。フォームにテキストボックスを貼り付けて、計算式を入れています。計算できない数値になると、#エラーと表示されます。目障りなので、#エラー という表示を消したいのですが、どうしたらよろしいでしょうか?宜しくお願い申し上げ候。

Aベストアンサー

はじめは「IIF関数とIsError関数を使用して」と考えたものの、IIF関数は引数がエラーになった時点で
エラーが返されてしまう(=元の木阿弥)ので、どうしたものかと思ったのですが・・・
とりあえず、「見た感じ、何も表示されていないように見える」ということで、『条件付書式』での対応と
いうのはいかがでしょうか。

1)当該フォームをデザインビューで開く
2)当該テキストボックスを選択
3)メニューで「書式(O)→条件付き書式(D)」を選択
4)『条件付き書式設定』ダイアログが開くので、『条件1(1)』枠の左端にあるコンボボックスで「式」を選択
5)上記コンボボックスの隣が1つのテキストボックスになるので、そこに以下のような式を入力
 IsError([テキスト0])
 ※上記の式は当該テキストボックスの名前が「テキスト0」の場合です。
6)上記テキストボックスの下、右から2番目に「A」と表示された、文字色を指定するボタンがあるので、
 その左の小さな「▼」をクリックし、当該テキストボックスの背景と同じ色(既定では白のはず)を選択
7)『OK』ボタンをクリックしてダイアログを閉じる

・・・以上です。
これで、『テキスト0』の計算式がエラーになった場合は、文字色が背景と同じ色になるので、「#エラー」と
いう表示はされていないように見える、という状態にすることができると思います。

はじめは「IIF関数とIsError関数を使用して」と考えたものの、IIF関数は引数がエラーになった時点で
エラーが返されてしまう(=元の木阿弥)ので、どうしたものかと思ったのですが・・・
とりあえず、「見た感じ、何も表示されていないように見える」ということで、『条件付書式』での対応と
いうのはいかがでしょうか。

1)当該フォームをデザインビューで開く
2)当該テキストボックスを選択
3)メニューで「書式(O)→条件付き書式(D)」を選択
4)『条件付き書式設定』ダイアログが開くので、『条件1(1)』枠の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング