浮力の話で登場するのが、アルキメデスの王冠です。
 たいていの本では、ニセモノの王冠を見破る方法を考えていたアルキメデスが入浴中に、お湯があふれるのを見てヒラメき、裸で街を走ったようなことを書いています。で、王冠を、水を満たした容器に入れてあふれた水の体積を測り、同じ重さの純金との体積の違いで混ぜ物(銀など)があることをあばいた、ということです。

 しかし、これでは、肝心の「アルキメデスの原理」が登場しない。天才アルキメデスが、水をあふれさして体積をはかる、なんて平凡なことを発見するか?
 実際にやると、表面張力が大きくて、王冠の入るような口径の器ではあふれる水の量に誤差が大きすぎ、純金みたいな高価なものはとても測れません。だいたい、アルキメデスが、風呂をあふれさせる、というような、昔、日本人が海外旅行でホテルのバスを水浸しにしてしかられたようなことをしたのか?という疑問があります。
 
 このへんの話自体は、後世のフィクションなのでしょうが、風呂をあふれさせるのは日本人の発想のように思います。
 では、海外ではどういう紹介をされているのでしょうか。また、いつ頃からこの話は伝わっているのでしょうか。ご存知の方はお知らせください。

 ちなみに、にせ王冠を見破るならば、純金と王冠を天秤でつりあわせたまま、天秤ごと水に沈めれば一発です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

考えたことありませんでしたが,面白いですね.


話自体は後世のフィクションですかね.
アルキメデスは eureka! (I have found it!) と叫びながら
裸でシラクサの町を走り回った(ストリーキングですな),
ということですが...

さて,archemedes,eureka で検索してみました.
たとえば
http://home.istar.ca/~wkrossa/brin8~1.htm
http://www.quango.net/verdict/part7.htm
http://www.warwick.ac.uk/~maves/geom4.html
にはそういうことがちょっと載っていますので,
風呂とストリーキングの伝説は日本だけではないようです.
やはり欧米(?)からの輸入みたいですね.

とりあえず,おしらせまで.

金より比重が大きいものが当時手に入れば,
アルキメデスもお手上げだった?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金の水に対する比重は約20で、混ぜ物につかわれたという銀は約10。2倍の差があるので、ごまかした金とほぼ同体積の差がでます。

 コーヒーカップに100円玉を入れると、うまくやれば、1000円ぐらいはあふれずに水が盛り上がります。金貨だと何万円ぶんごまかせるでしょうか。
 ただし、メキシコで銀山が開発されるまで、銀の値段は金より高かった、という話があります。(いまでも、日赤の職員の赤十字バッジは、縁が銀色のほうが金色より役職が上をあらわしています。)
そうであれば、犯罪を犯して損をすることになりますね。

 さて、紹介されたページは横文字が長いので、どのへんに書いてあるのか、探すのに時間がかかりそうです。そのうち見つかれば、改めて御礼いたします。とりあえず、ありがとうございました。

 風呂で発見したのは、「水があふれること」でなくて「体が軽くなること」だと思うのですが、昔の日本の五右衛門風呂では体感しにくいでしょうね。西洋式の体をのばすバスタブだと、湯の量は少なくても、足がういてきますから。
 そのへんを、昔の日本の紹介者が実感できなかったのかもしれませんね。

お礼日時:2001/01/29 09:02

直接の回答ではありませんが、とても似ている議論を前に呼んだことがあるので、そのお話を。



万有引力を発見されたのは、「ニュートンがりんごが木から落ちるのをみた」からだとされています。本当でしょうか?
常識的に考えれば、ニュートンは「リンゴが木から落ちる」のを過去にも何度も見ている筈だし、別の物が地面に落ちるのはもっと頻繁に目の当たりにしていた筈です。
そこで、この逸話に疑問を持った人が合理的な説明として持ち出したのは「万有引力を発見した後、あまりにもたくさんの人がその発見の経緯について聞いてくるので、あるパーティの席上、ニュートンは窓の外のリンゴの木を指さし、あのリンゴが落ちたのを見て思いついた。として皆を煙に巻いたのだ。」でした。私は、この説明に「なるほど」と納得しています。

ある重要な原理の発見には、その前段として色々な仮説や間違った理論が有った筈です。その過程を(専門家にならいざ知らず)一般の人に話しても、理解されず、センスのない人とされてしまうのが落ちです。そこで、気の利いた説明ができた物だけが、後世に逸話として残ったのではないでしょうか?
近世で言えば、「原子の発見」「相対性理論の発見」「素粒子の発見」「DNAの発見」・・・と、色々な重要な発見がされていますが、記憶に残る逸話は伝わってきません。「天動説から地動説へ」なども逸話があっても良さそうですが、宗教裁判の時に「それでも地球は動いている」といったとされているぐらいです。

「大発見に伴う気の利いた説明」が後世に伝わっているので、それらは必ずしも本当の発見の経緯ではないと、私は思っています。夢は有りますけどね。

以上。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 さっそくのご回答ありがとうございます。夢のある逸話、というのはたのしいものです。

 ただ、アルキメデスについていえば、伝えられている逸話のアルキメデスは「アルキメデスの原理」を使わないのですね。天才が凡人の作業をしたのでは、夢にならない。せっかくの大発見なんだから、気の利いた説明になる逸話であってほしいですね。

 ニュートンのリンゴについては、
地球が自転しているので、地面は何百km/時(赤道ではほとんど音速)で動いているのに、なぜリンゴは垂直に落下するのだろう?と疑問をもった、という話を読んだことがあります。
 これが、投げた物体は放物線を描いて落ちる、速度を上げると人工衛星になるという話に進化するらしい。

お礼日時:2001/01/28 23:17

アルキメデスがホントにそうやった、という可能性はあると思います。



求められているのは計測ではなく、論証です。

誰にでも分かるようにできるだけ分かりやすい実験でデモする必要があったんじゃないでしょうか?

この回答への補足

 たしかに、誰にでもわかりやすい実験といううのは必要だと思いますが、水こぼしでは、かえって誰もがわかりにくいと思います。
 
 求められている論証は、「アルキメデスの原理」のはずですが、これをつかわないアルキメデスを登場させて、何を語ろうとしているのか、この話を紹介したセンセイたちの意図がつかめないので、経過についてご存知の方を探している次第です。

 

補足日時:2001/01/29 09:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商用サイトOK な、王冠のイラスト

こんにちは。
アフィリエイトをやっています。
ランキングがあって、そのナンバーワンに、王冠のイラストをつけ、パッと見ただけで、これがNO1だよ~、と伝えたいです。

しかし、商用OKのフリー素材屋さんを、目がちかちかするまで探しましたがありません。

もう、無料でも有料でもいいので、冠のイラストを扱ってるところをしいてる方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

商用OK
http://adranger.xsrv.jp/download/article.php?id=79
商用OK?(問い合わせてください)
http://aliceridder.web.fc2.com/top1/frame.htm

Q水に食塩を混ぜると体積は下の水より増えますか。

すみません。レヴェルの低い質問です。
水に食塩を混ぜると体積は下の水より増えますか。増えないという本を見たことがあるのですが今は見当たりません。
1.増えないとかいた本
2.増えるとかいた本
の2つともご存知の方はおられますか。
また、実際のとコルはどうなのですか。
多分増えると思うのですがどの程度なのでしょう。

Aベストアンサー

 「下の水」というのは、「もとの水」でしょうか?
飽和するまえだと、水の分子のすきまにイオンが紛れ込んで、体積はほとんど増えない、ということでしたが、5%ほどの場合、メスシリンダーの目盛りに出てくるほどではなかったような記憶があります。(もともとが5%だから、食塩事態の体積もしれているのですが)

Qハンコみたいなシンプルなイラストを使いたい

今晩和<(_ _*)>

PCで日記を書こうと思ったんですが、文字だけだと味気ないので マークみたいな小さいイラストを使いたいのですが、
どのように検索すれば見つかりますか?
<無料で

画像扱いで挿入するのか、
単語登録するのか、
クリップボード経由でコピペするのか…
(√‥)????

Aベストアンサー

「デジタルはんこ」という無料サービスがあります。

以前、別のサイトで無料で作成したのですが、何処で作ったか判らなくなり、再度検索しました。

画像として貼り付ければ良いと思います。

参考URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~konin/digital.htm

Q水を電気分解すると何故1:2の体積比に分解されるのか

水を電気分解すると酸素と水素が体積比1:2で電気分解されます。H20だから当たり前じゃないかと友人から言われましたが、酸素原子の方が水素原子より圧倒的に大きい筈です。

すると酸素原子の方がずっと体積があると思うのですが、実験の結果は友人の言う通りです。ここのところが釈然としていません。どなたか納得のいく説明をして下さると有り難いです。

Aベストアンサー

気体の分子は激しく振動しています(振動するのは気体に限りませんが)。
同じエネルギーでは、軽いほど振幅が大きく振動します。
重たいと、比較の上では振幅は小さくなります。
またこの振動は非常に高速のため、見かけ上は振動の幅が分子が占めている領域になります。
例えば、横の振動だけで考えると1mmの水素が9mmの幅で高速振動、占める幅は10mm。
5mmの酸素の場合、同じエネルギー(例温度)では5mm幅でしか振動できないと、占める幅は10mm。
見かけ上の幅はどちらも10mmになります。
もちろん、上の例は厳密な計算ではありません。

Q理科の問題作成に使う人体のイラスト

教材作りで、人体(骨、呼吸、消化、血液など)のイラストが必要です。
もちろん無料がいいのですが、有料でもかまいませんので、使いやすいシンプルなイラストが載っているページは無いでしょうか。
模式図のようなものでも良いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://fig-maker.la.coocan.jp/index.html?20110618

にいろいろ載ってましたよ。

参考URL:http://fig-maker.la.coocan.jp/index.html?20110618

Qアルキメデスと鉄の船の関係

船が浮く原理はアルキメデスが発見したと聞きました。歴史的に船はごく最近(20世紀にはいる)まで、大から小まで全部木で作られてきたようですが、この理由として、鉄の船は(重くて)浮かないから駄目という思い込みがあったからとどこかで聞いたように思います。
(信長が巨大な鉄の戦さ船を作ってポルトガル人を驚かせたらしいですが、これはただ木造船に鉄板を貼っただけだったそうです。)ということは、アルキメデスというひとは案外近代のひとだったのか?という疑問が浮かびました。
質問をまとめて見ます。
1)鉄の船はなぜ最近まで作られなかったのか?
2)アルキメデスは本当はいつごろのひとか?
3)アルキメデスの原理とは本当は誰が発見したのか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

鉄の船が造られ出したのは、19世紀始めから中頃に掛けてです。
日本に来た黒船は既に鉄船ですし、同時代の南北戦争では鉄船+鋼鉄装甲の装甲艦や鋼鉄製の潜水が登場しています。
当時は商用船は、まだまだ木造の帆船か帆と蒸気機関を利用した機帆船でした。
軍用の鋼鉄船の採用は急速に進み、幕府海軍も所持していました。
日清戦争の時代はほぼ鋼鉄船で、後方支援の目的か補助艦に僅かに木造船が残る程度でした。
日露戦争では軍艦は一部の例外を除いて鋼鉄製でした。タールでシールだとかSUS製船等という意見はトンデもです。
それなら、昔の和船は何でシールしたのでしょう。

さて疑問に対する私なりのお答です。
1)19世紀初頭まで鉄船の採用が遅れた主な原因は、鉄の生産能力です。産業革命で始めて大量の鉄の生産が可能になりました。
したがって、信長の鉄板防御船の話を史実と認めながらも、当時の日本でそれだけの量の鉄板を生産できたか疑問視している
技術史家がいます。
いつ誰が鉄の船が浮くことに気付いたかは不明です。浮くことに気付けば、当時の「最高の」技術屋群が必要な「最高」
技術を創造して行ったと思います。

2)記録では、アルキメデス(Archimedes、紀元前287年 シチリア - 紀元前212年)は古代ギリシアの数学者、技術者となっています。
実在の人物のようですが、タイムトラベラーでは無いようです。

3)アルキメデスと言われています。ピタゴラスの定理の発見者はピタゴラスでは無く以前誰かが発見したものをピタゴラスが
纏めただけというのが定説になっています。
しかし、アルキメデスの原理に付いてはそう言う異説は無いようです。あの有名な王冠の話として伝わっています。
科学理論としてのアレキメデスの原理は約1800年後に再発見されました。これが後の鉄船の出現と関係しているように見えますが
何とも言えません。

鉄の船が造られ出したのは、19世紀始めから中頃に掛けてです。
日本に来た黒船は既に鉄船ですし、同時代の南北戦争では鉄船+鋼鉄装甲の装甲艦や鋼鉄製の潜水が登場しています。
当時は商用船は、まだまだ木造の帆船か帆と蒸気機関を利用した機帆船でした。
軍用の鋼鉄船の採用は急速に進み、幕府海軍も所持していました。
日清戦争の時代はほぼ鋼鉄船で、後方支援の目的か補助艦に僅かに木造船が残る程度でした。
日露戦争では軍艦は一部の例外を除いて鋼鉄製でした。タールでシールだとかSUS製船等という意...続きを読む

Qイラストが上手くなるコツ

そろそろグリーティングカードや年賀状のシーズンですが、アメコミやHIPHOPの方達が壁などにペイントやスプレーで描いている様なタッチの、シンプルだけどパワフルなイラストを描いてみたいのですが、どのような方法や練習であのようなシンプルでパワフルなタッチの絵が描ける様になるのでしょうか?

自分は子供の頃に漫画部等に所属した経験があるにもかかわらずなかなか上達せず、今でも下手の横好きでイラストを描くことがあるのですが「個性的」といってくれる方もいますが正直お子様レベルです。

アメコミはともかく、HIPHOPアートを描いている方達は絵画の基礎など勉強しているのでしょうか?それともやはり小さい頃から描き込んでいるとか天性のセンスがないとあのようなインパクトある個性的な絵は描けないんでしょうか?

イラストや漫画の描き方に詳しい方、ヒップホップアートを描いてらっしゃる方でアドバイスしていただける方がいればと思います

説明下手で長文になり申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イラストやヒップホップアートはアカデミックな技法が絶対必要というわけではないので、それらを制作するにあたって絵画の基礎をあえて学ぶ必要はありません。ただ美大生なんかは若いし訓練も積んでるし、やり始めたら飲み込みは早いでしょうね。

練習法ですが、まずはたくさんの作品に触れて真似して、どうやったら「シンプルだけどパワフル」になるのか自分で実感しなければなりません。セオリーみたいなものが必ずありますから、探して発見してください。例えば太くて勢いのある線で構成された形だったり、対称的で派手な効果の色彩構成だったり、画風を作る要素はいろいろあります。

生まれ持ったセンスが大きくものを言うのは間違いないですが、練習次第でそれなりに技術は習得できます。怖がらずに大胆な気持ちで臨むといいですよ。

Q水の体積に対する食塩の濃度

15%の食塩水100gに水を200g加えた場合、水の体積に対する食塩濃度(g/ml)を単位を%で表すと?(水の密度は1g/ml)
息子に質問されたのですが解りません・・・

Aベストアンサー

これは質問がおかしくないですか?
g/mlの単位を%で表せという質問自体が意味をなしていないと思います。

得られた食塩水の濃度は、これまでの回答にありますように5%です。しかし、これは「水の体積に対する食塩濃度(g/ml)を単位を%で表」したものではなく、単なる重量パーセントです。

この重量パーセントをg/mlで表せというのであれば意味はわかりますが、食塩水の密度がわからなければ計算不能です。
仮に食塩水の密度を1g/mlとするのであれば、答えは0.05g/mlになりますし、食塩を溶かしたことによる水の体積増を無視するならば、15/285=0.0526 (g/ml)になります。ただし、この場合に単位を%に変えることはできないと思います。

Qかわいい感じの車のイラストのサイト教えてください!

お世話さまです。
精巧でなくていいのですが、簡単、シンプルな車のイラストなんかのサイトありましたら教えてください。

Aベストアンサー

【WMF形式またはEPS形式】なら
http://www.printout.jp/clipart/clipart_d/12_norimono/01_car_bicycle/clipart1.html

こちらはカンタンにWordやExcelに貼り付けられます。
http://office.microsoft.com/ja-jp/clipart/results.aspx?qu=%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A&sc=20&DownloadAssetId=MCj03985150000&DownloadExtension=wmf&AxInstalled=1

Q水と濃硫酸の体積の比

pH4の硫酸の場合、水と濃硫酸(98%)の体積の比はいくらになるのでしょうくわ?

Aベストアンサー

 pH = 4 といえば十分に希薄なので、10^(-4) N 硫酸がそれにあたります。濃硫酸はだいたい 36 N ですよね。よって濃硫酸 2.8 micro litter を水で 1 L に希釈すればOKです。(計算間違いでなければ、、)

 でも、実際には難しいと思いますよ。このあたりは、ちょっと量が違うだけで大きく pH がずれてしまいます。緩衝液にしたほうがいいと思いますぐあ、、


人気Q&Aランキング

おすすめ情報