親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

JPEG HUNTER LIGHT というソフトで画像(JPEG)をダウンロードしていました。しばらくするとデスクットップ上に『無効なポインタ操作』というエラーが続けて何個も出てきてOKを押しても消えていかないのでJPEG HUNTER LIGHTを終了しました。終了した途端に『無効なポインタ操作』のエラーがすべて消えました。不安に思ったのでインターネットで検索するとウイニーなどからウイルスが感染した時に出るメッセージに『無効なポインタ操作』がありました。それからウイルス検査(ウイルスセキュリティ)とパソコンでウイルスの検索をしましたが検査にも引っかからずウイルスのファイルなども検索してみましたが特に見つかりませんでした。私はウイニーなどは一切使ってもいません。このままにしてても大丈夫でしょうか?分かりにくい説明で申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

手持ちのウイルス対策ソフトに不安があるなら、オンライン。


http://www.f-secure.co.jp/v-descs/disinfestation …

発見できなきゃしょうがない

Windows2000/98/95と書いてあったが、JPEG HUNTER LIGHT
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「読み込み違反」が起きたときのデバッグ方法

たとえば、Metasequoiaさんのページにありますように、読み込み違反が発生しプログラムが停止したとき「”main.exe”のアドレスXXXXXXでYYYYYYに対する読み込み違反が発生しました。」などどいうメッセージが出ることがあります。

http://www.metaseq.net/metaseq/bbs.html

まれに、このアドレスをメモしておいて、報告してほしいという開発者さんを見かけます。例えば、上記Metasequoiaさんの場合もそうです。

例えば、VC++やBorland、GCCなどで開発している場合、このアドレスからいかにしてデバッグするのでしょうか?「私はこうしてる」などと言ったお話が聞ければと思い質問させていただきました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういう情報を元にしたデバッグにはデバッガを使います。
VC++とかの統合環境ならデバッガを内蔵してるし、gccを使ってるならgdbで。

「アドレスXXXXXXで」の方の値は、実行している命令のアドレスを示しています。これは、同じプログラムであれば、ユーザー環境でも開発環境でもどこで実行しても同じになります。
ですから、開発側でデバッガを使うことで「どの関数のどの文を実行している時にエラーが発生したのか」がわかります。

「YYYYYYに対する読み込み違反」の方の値はデータアドレスなのですが、こちらは実行条件によって値が変わってきます。そのため、ユーザーの環境をそのまま開発環境に再現することはできません。
ですが、「00000000」とか「FFFFFFFF」とかの特徴的な値が出てきたとしたら、そこからコード上の問題を追及できる可能性はあります。


人気Q&Aランキング