プロが教えるわが家の防犯対策術!

芥川龍之介「羅生門」のなかに「旧記の貴社の語を借りれば、『頭身の毛も太る』ように感じたのである。」という文面があります。旧記とは、どの文献にあたるのでしょうか。実在するのでしょうか。

A 回答 (1件)

ここでは『今昔物語集』をさします



第四十二 尊勝陀羅尼の験力に依りて、鬼の難を遁れたる語

   『~~中々、其の後、頭の毛太りて物不思えず。』
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました!!!!

お礼日時:2007/10/04 09:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す