私は感情がとぼしいし、人の感情をあまり理解できていないらしく
いままでも恋愛体験もありません。

恋愛小説を読むことによって人の心を理解する助けになると
きいたので、恋愛小説の名作を読みたいと思います。

どうせ読むなら評価の高いのをよみたいので、
恋愛小説でお勧めを教えてください。

恋愛小説の名作はいくつくらいあるのでしょうか?

女性の心理を勉強し実際に恋愛しはやく彼女がほしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

中勘助 銀の匙 がよろしいです。


後半部分に友人の姉に初恋の情を持つのでですが、それに気づき、戸惑い、うつろう心理描写が美しい文章(日本語)でかかれています。
    • good
    • 1

 恋愛小説を読んだだけで女性の心理が理解できるかというとそれは無理だと思うのですが、とりあえず女性を主人公にした古典的な恋愛小説としては、



 エミリー・ブロンテ『嵐が丘』
 ラファイエット夫人『クレーヴの奥方』

 などがありますね。
 トルストイの『アンナ・カレーニナ』も女性を主人公とする有名な作品ですが、女性からはそんなに受けがよくないようで…あとはスタンダールの小説でしょうか。

この回答への補足

ありがとうございます。

人のこころを理解するのは無理でしょうが、理解する役には
たちますか?

私いままで 
人生で小説をほとんどよんでなくて、情緒とか感性といったものがやしなわれていないように思うのですが、そういったのを高めるやくにたちますか?

補足日時:2007/11/29 06:26
    • good
    • 0

永年芥川賞の審査員をしていた作家・滝井孝作の「結婚まで」と言う短編を推薦したいと思います


自分が結婚した時の体験をそのまま書いたものですが二人のひたむきな愛のはぐくみと周囲の人たちの善意に胸が熱くなります

この回答への補足

ありがとうございます。
それをよむことによって
女性の感情や人の感情を理解するのに役立ちますか?

補足日時:2007/11/27 19:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恋愛小説の名作を教えてください。

私は感情がとぼしいし、人の感情をあまり理解できていないらしく
いままでも恋愛体験もありません。

恋愛小説を読むことによって人の心を理解する助けになると
きいたので、恋愛小説の名作を読みたいと思います。

どうせ読むなら評価の高いのをよみたいので、
恋愛小説でお勧めを教えてください。

恋愛小説の名作はいくつくらいあるのでしょうか?

女性の心理を勉強し実際に恋愛しはやく彼女がほしいです。

Aベストアンサー

中勘助 銀の匙 がよろしいです。
後半部分に友人の姉に初恋の情を持つのでですが、それに気づき、戸惑い、うつろう心理描写が美しい文章(日本語)でかかれています。

Q名作の”要素”を、現代小説に活かすことについて(グリム童話と村上春樹)

いつもお世話になっております。
ふと疑問に思ったことがあり、雑談程度に、お付き合いいただけたらと思います(^^)
私は、そこまでの読書家ではありませんが、本を読むのは好きです。
古典、現代小説、日本文学、海外文学、ミステリー、少女小説、純文学…と気になったものを気ままに読んでいる感じです。

疑問に思ったこと、というのは…
『アンナ・カレーニナ』(トルストイ)を読んでいて、その中の貴族の何気ない歓談の場面で、
「グリム童話で”影を失った男”の話があるけれど~」というセリフがありました。
”影を失った男”と聞いて思い浮かんだのが、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(村上春樹)です。
『世界の終り~』は私のとても好きな小説です(私はコアな春樹ニストではないですが、初期作品、特にこの作品はとても好きです。)。
特に、”影を失う”という発想に驚き、魅力を感じ、村上春樹の独自の発想を感じていました。
村上春樹がグリム童話の中からこの発想を得たとは思いませんが、トルストイが作中に挙げているセリフであれば、有名な発想だったのかな…とも思って。。

→そこで質問ですが、
有名な名作の”要素”を現代小説の小説家が、土台とした作品のことは明記せずに、自分の発想として作品を書いているものはありますか?
(村上春樹がそうであるというわけではなくて)
それか、そういう風に感じた作品はありますか?
(人間の原罪とか、三角関係とか、不倫とかそういうよく見かけるものではなくて)

抽象的な質問ですみません。
読書好きの方、気ままにお答えいただければうれしいです(^^)

いつもお世話になっております。
ふと疑問に思ったことがあり、雑談程度に、お付き合いいただけたらと思います(^^)
私は、そこまでの読書家ではありませんが、本を読むのは好きです。
古典、現代小説、日本文学、海外文学、ミステリー、少女小説、純文学…と気になったものを気ままに読んでいる感じです。

疑問に思ったこと、というのは…
『アンナ・カレーニナ』(トルストイ)を読んでいて、その中の貴族の何気ない歓談の場面で、
「グリム童話で”影を失った男”の話があるけれど~」というセリフがあ...続きを読む

Aベストアンサー

「影を失った男」が本当に「グリム童話」にあるのでしょうか。
そのような物語があるのかもしれませんが、トルストイの記憶違いという可能性もあるのでは?

私の知っている「影を失った男」はシャミッソーの書いた『影を失った男』です (原題は「ペーター・シュレミールの不思議な物語」だが、日本語の翻訳では「影を失った男」となっている)。

『アンナ・カレーニナ』の出版は1877年ですが、上記シャミッソーの小説の出版は1814年ですから、60年以上の間隔があるので、トルストイが読んでいてもおかしくないと思います。

「土台とした作品のことは明記せずに」というのは、普通である気がいたします。
「私のこの作品はこれこれの作品に基づいて書いたものです」と作者が書くのは、極めて珍しいのではないでしょうか (芥川龍之介には、そのような記述を入れた作品があって(作品名は忘れました)、その「原典」が探されたものもあるそうですが、実は芥川のでっちあげだったことが判明。ただし、もちろん、芥川の作品には「今昔」などを初めとする元ネタのある作品も多いことはよく知られているでしょう)。

元ネタを表示せずに書かれた作品ではあっても、そのつながりが明らかなのは、たとえば James Joyce の Ulysses があげられるのではないでしょうか (パロディと見ることもできるそうです)。

埴谷雄高の『死霊』は、ネタではないけれども、ドストエフスキーの『悪霊』などを意識したものでしょう。

ドナルド・バーセルミの作品に『雪白姫』というのがあるそうですが、あれは「白雪姫」と関連があるのでは?

「影を失った男」が本当に「グリム童話」にあるのでしょうか。
そのような物語があるのかもしれませんが、トルストイの記憶違いという可能性もあるのでは?

私の知っている「影を失った男」はシャミッソーの書いた『影を失った男』です (原題は「ペーター・シュレミールの不思議な物語」だが、日本語の翻訳では「影を失った男」となっている)。

『アンナ・カレーニナ』の出版は1877年ですが、上記シャミッソーの小説の出版は1814年ですから、60年以上の間隔があるので、トルストイが読んでいてもおかしく...続きを読む

Qあま~い恋愛小説教えて下さい!!

あま~い恋愛小説教えて下さい!!

今、恋愛小説が読みたいのですが、気に入る本になかなか出会えません。
なので、恋愛小説でおすすめなのや面白いのをご存知の方、是非教えて下さい!!

因みに、私が好きなのは有川浩さんの「植物図鑑」や「図書館戦争」などです。
今は、三浦しをんさんの「ロマンス小説の七日間」というのを読んでます。
恋愛小説で、特に甘い甘いストーリーのものだと嬉しいです。
タイトルと作者名だけで全然構いませんので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じく有川浩さんで、「クジラの彼」「恋愛今昔」は読まれました?
短編集で、ほっこりする恋愛話ですよー。

Q現代の日本で新作の小説を職業作家が書く意味はあるの???「一億三千万人の小説教室」を読んで

僕は高橋源一郎著「一億三千万人のための小説教室」の影響が強いので、それを読んでいる人には話が通じやすいと思います。僕はこの本の中の、「エーミールと探偵たち」と「原始林のペータージーリエ」のくだりで高橋氏が言おうとしていることがよく分かります。
簡単に説明しますと、娯楽小説なんてどうでもいいから、あなたが体験し、本当に知っていることについて書け、ということです。
この本には三重苦を背負ったヘレンケラーのくだりもあり、ヘレンのような人物、マイノリティーが持つ苦しみを知っている人こそ小説を書く資格がある、とあります。(補足しますと、この本の中では小説とエッセイのようなものの区別はなく全部小説という言葉でくくっています。)

そういう意味ではこの前までテレビでやっていた「1リットルの涙」は日本に残された財産だと言ってもいいくらい本当に価値のある闘病日記だと、僕は思っています。

そこまでは高橋氏と同意見なのですが、氏はそこから、自分が体験した本当に知っていることを書きさえすれば、誰でも小説を書く資格があるし、ぜひ書いて欲しいと本を結びます。
が、僕はそういう風に思えません。自分の体験した本当に知っていることを書いたとしても、膨大な量の小説が出きっている現代の日本で、その新作を読んではじめて知ることや人の気持ちなんて、まずもってないんじゃないかと思います。だから新作小説を書く意味も殆どないんじゃないかと思います。

それから、高橋氏の言っていることから考えると、小説よりも、ドキュメントやノンフィクションにこそ意味があるように思います。

それでも作家が新作を書く意味があるのでしょうか。娯楽じゃない小説を書く意味があるのかという意味です。もしくはどんなに文学サイドのつもりで小説を書いても、小説である以上は娯楽の要素がゼロではないのでしょうか?

僕は高橋源一郎著「一億三千万人のための小説教室」の影響が強いので、それを読んでいる人には話が通じやすいと思います。僕はこの本の中の、「エーミールと探偵たち」と「原始林のペータージーリエ」のくだりで高橋氏が言おうとしていることがよく分かります。
簡単に説明しますと、娯楽小説なんてどうでもいいから、あなたが体験し、本当に知っていることについて書け、ということです。
この本には三重苦を背負ったヘレンケラーのくだりもあり、ヘレンのような人物、マイノリティーが持つ苦しみを知っている...続きを読む

Aベストアンサー

 あけましておめでとうございます。

 お正月そうそう、パソコンを開いてみたら、amiさんの質問が気になって、回答してしまいました。
 暇人の回答を暇なときにでも見てやってください。

 高橋源一郎氏の『一億三千万人の…』はパらっとしか見ていないので、それについての感想は書けないのですが…、書き物の必要性について私の考えを書かせていただきます。

 私は、一時期マスコミ業界で取材をしていた側の人間でした。それだけに読み物の重要性をとても感じています。
 
 その中でもっとも大切だと思うのが「ノンフィクション」でした。
 
 膨大な量の資料とたくさんの人の証言に支えられる「ノンフィクション」は、時間がかかる上に人手も必要なため、一般に敬遠されがちです。しかし、現在の社会に巣食う悪に対する訴えというのが最も身近に感じられる作品です。
 また、人を訴えるということはその背景には「自分も訴えられる」可能性ものあるので、そう簡単には出版できません。出版するために付随する責任感が並大抵のものではないのです。

 そう考えると、今現在でいえば、社会に流通している読み物で必要なのは「ノンフィクション」ではないでしょうか。

 小説に関して言えば…空想の中で考えられたのか、経験上の事実があるのかがわからない作品がたくさんありますね。中でも楽しいのみの娯楽作品が大変多いですよね。
 村上春樹氏がそういうを読み物を確立してから、簡単で楽しい「娯楽作品」が増えましたね。
 パソコンの登場がそれを助長しているのではないでしょうか。

 昔の作家が書いた原稿用紙を神保町の古本屋で見た事がありますが、恐ろしいほどの推敲をこなしていて、しかも手書きで…本当に頭が下がります。

 あれだけの手直しをして出版された本なら、中身も濃く、素晴らしいですよね。

 今は、なかなかそういう作品に出会えない世ですね(ノンフィクションは別です)。

 それだけに手書きで自分の経験を書くという作業が重要になってくるのではないでしょうか。
 長文になってすみません。

 

 あけましておめでとうございます。

 お正月そうそう、パソコンを開いてみたら、amiさんの質問が気になって、回答してしまいました。
 暇人の回答を暇なときにでも見てやってください。

 高橋源一郎氏の『一億三千万人の…』はパらっとしか見ていないので、それについての感想は書けないのですが…、書き物の必要性について私の考えを書かせていただきます。

 私は、一時期マスコミ業界で取材をしていた側の人間でした。それだけに読み物の重要性をとても感じています。
 
 その中でもっとも大切...続きを読む

Q恋愛小説!

泣ける恋愛小説、すごく感動した恋愛小説を教えてください♪
ちなみに私はスプートニクノ恋人が好きです。

Aベストアンサー

山田詠美の「4U」という短編集の中の「眠りの材料」という話がお勧めです。大人になった作家(著者を髣髴とさせる女性)とその友人(男性)が、若い頃の男性の恋人思い出話をする形で進んでいきます。その男性はマックで泣いている家出少女を拾うんですが・・・。泣けますよ。
参考↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344400186/qid=1024134464/sr=1-32/ref=sr_1_2_32/249-4187605-3257920

それから、山田詠美編の「せつない話」。村上龍やボールドウィンなどのせつない短編集です。山田詠美のあとがきから読むのがお勧めです。(そのあとがき自体がせつない。小説みたいな実体験です。)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334717764/qid=1024134464/sr=1-35/ref=sr_1_2_35/249-4187605-3257920

読んだことがあったら・・・もう一度読み返してください(笑)。

山田詠美の「4U」という短編集の中の「眠りの材料」という話がお勧めです。大人になった作家(著者を髣髴とさせる女性)とその友人(男性)が、若い頃の男性の恋人思い出話をする形で進んでいきます。その男性はマックで泣いている家出少女を拾うんですが・・・。泣けますよ。
参考↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344400186/qid=1024134464/sr=1-32/ref=sr_1_2_32/249-4187605-3257920

それから、山田詠美編の「せつない話」。村上龍やボールドウィンなどのせつない短編集です。山田詠美のあと...続きを読む

Q「話」らしい話のない小説 の解釈について

芥川龍之介の「話」らしい話のない小説を読んで次のような疑問を持ちました。
(1)「話」らしい話のない小説とは何か
(2)作者が価値があると見ている「話」らしい話のない小説は、何において"最上ではない"のか。
(3)「話」らしい話のない小説のよさ
(4)この話を通しての芥川龍之介の主張

なんとなく、「話」があらすじや筋書きのようなものを表していることはわかりました((1))。必ずしもあらすじの「面白さ」が小説の芸術的価値を決めるわけではないということでしょうか((4))。だけど、(2)と(3)についてはいまだによく分からなく、作品の解釈があいまいです。

どなたか解説していただけないでしょうか>_<;

Aベストアンサー

高校時代の自分のことを振り返りますと、質問者さんとは違い、「鼻」、「芋粥」、「杜子春」、「蜘蛛の糸」等の作品をひたすら主人公に感情移入しながら読んでいたのを思い出します。

>(1)「話」らしい話のない小説とは何か

読者の好奇心を掻き立てるようなストーリー展開、ワクワク、ドキドキさせるような出来事を織り交ぜた劇的構成といった、《話の筋》をウリにしない小説のことですよね。

>(2)作者が価値があると見ている「話」らしい話のない小説は、何において"最上ではない"のか。

ここは、自分は《話の筋》のない小説が「最上」と思っているわけではない、ただ、小説の優劣は「話」らしい話であるか否かによって決まるわけではない、とだけ言いたいのでしょうね。

>(3)「話」らしい話のない小説のよさ

彼は、「「話」らしい話のない小説のよさ」を訴えたいのではなく、ただ小説を書いたり、読んだりする際に、もう《話の筋》にこだわるのを戒めようとしているだけだと思います。
それよりも、「詩的精神の深浅」とか、その「浄火」をくぐり抜けてきた精神を大切にしたいというわけです。
ただ、「詩的精神」と言ったところで、対象をより深く、より貪欲に感じ取る、写実の極みをめざす、とでも説明するしかないだけに、こちらとしてはもどかしさを感じざるを得ませんよね。

(4)この話を通しての芥川龍之介の主張

背景には、彼がこれまでの自分の作風から脱却し、より理想的な小説を実現すべく、その本質を模索せんという焦慮感があったのではないでしょうか。
また、ちょうどヨーロッパの新しい芸術思想等が洪水のように流入してきた時期だっただけに、その影響によるところも大きかったかと思います。

ということで、「文芸的な、あまりに文芸的な」は、新しい小説方法を具体的に開陳しようとしたエッセイというより、これまでの自分の足跡を振り返り、今後の自分の取るべき小説家としての基本姿勢を自他にアピールせんとして書かれたのではないでしょうか。

なお、ジイドの『贋金つかい』という小説は、「「話」らしい話のない小説」の典型例でですが、現代小説ならではの課題と真正面から取り組んだ小説ですので、機会を見つけてお読みになるようお薦めいたします。

高校時代の自分のことを振り返りますと、質問者さんとは違い、「鼻」、「芋粥」、「杜子春」、「蜘蛛の糸」等の作品をひたすら主人公に感情移入しながら読んでいたのを思い出します。

>(1)「話」らしい話のない小説とは何か

読者の好奇心を掻き立てるようなストーリー展開、ワクワク、ドキドキさせるような出来事を織り交ぜた劇的構成といった、《話の筋》をウリにしない小説のことですよね。

>(2)作者が価値があると見ている「話」らしい話のない小説は、何において"最上ではない"のか。

ここは、...続きを読む

Qハッピーエンドの恋愛小説

初めまして、タイトル通りご質問させて頂きます。
恋愛小説に凝っていて良く読みます。
ですが、大体バットエンドで心から読んで良かったとは思える作品に出逢った事が無いのです。

ハッピーエンドの恋愛小説で心が温まる、そんな作品をお知りでしたら教えて下さい!
「泣けるんだけどハッピーエンドの恋愛小説だよ」という小説もお待ちしておりますので。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、今まで恋愛小説というものを読んでいませんでした。というのも、ドロドロしたものばっかりが多いと思っていたからです。


でも、これを読んで凄く感動しました。

「MISSING」本多孝好/著

内容は、短編集です。


短編集ですので、全部がハッピーエンドと言えるかは分かりません。一般的な恋愛物と判断していいのかも少し微妙です(特に1話目が)。
でも、確かに恋愛物ですし、心が温まり、読み終わった後になんともいえない心地よい余韻が残る事は間違い有りません!

絶対にお勧めです!


また、少し嗜好を変えて、一人の女性の様々な恋愛に対する姿勢を、その人の成長と共に書く本


「あしたはうんと遠くへいこう」角田光代/著


これは、ハッピーエンドでは・・・まぁ、読んで欲しいのですが(^^;
恐らく、読んでいるうちに色々な感情に蝕まれると思います。嬉、恥、悲しい、イライラ、好き、嫌い。
でも、恋愛ってこうじゃないかな?っていうことがよく描かれていると思います。

恋愛小説に凝っているなら、読んでみてはいかがでしょうか?

私は、今まで恋愛小説というものを読んでいませんでした。というのも、ドロドロしたものばっかりが多いと思っていたからです。


でも、これを読んで凄く感動しました。

「MISSING」本多孝好/著

内容は、短編集です。


短編集ですので、全部がハッピーエンドと言えるかは分かりません。一般的な恋愛物と判断していいのかも少し微妙です(特に1話目が)。
でも、確かに恋愛物ですし、心が温まり、読み終わった後になんともいえない心地よい余韻が残る事は間違い有りません!

絶対にお勧めです!
...続きを読む

Q何故女性は恋愛小説かエッセイしか書かないのですか?

枕草子や君死にたもうことなかれや恋空など…
漫画も、ちゃおを見れば恋愛ものばかりだし年齢がある程度いくとあたしンちなどの日常系やダーリンは外国人などのエッセイばかりになります

なぜでしょうか?SFやファンタジーを書こうとは思わないのでしょうか?
せっかく女性は文学に向いているのに、これでは宝の持ち腐れだと思ったのでこの様な質問をさせていただきました
出来れば、脳科学の観点などの科学的な説明がほしいです

Aベストアンサー

脳科学とか科学的とかそんな事考えなくても単に需要が無いからです。
漫画を読む世代の女性の殆どは恋愛やエッセイに興味はあってもSF(この場合SFチックは除く)とかには興味が無いからです。

それに女性の漫画家達もフィールドが変われば内容も変わります。
例えば山下和美は以前は週刊マーガレット等で普通に恋愛マンガを描いていましたが、青年誌のモーニングでは「天才柳沢教授の生活」を描いています。
80年代頃に少女マンガ雑誌で活躍していた作家達は現在青年誌で描く事も多く、当然少女漫画時代に描いていた恋愛漫画なんかは描きません。
青年誌で求められる内容を描きます。

ついでに云うと、漫画家も余程の大御所でも無い限り編集部の意向に沿ったものを描かされます。
編集方針なのですから描きたいと言った所で認められるわけではありません。

Q大学生の恋愛小説

大学生の恋愛小説

大学生です。「冷静と情熱のあいだ」を読んだのをきっかけに、
恋愛小説で、大学生を主人公にしたものを探しています。おすすめがあれば教えてください。
著者は女性優先ですが、男女問いません。

せっかくなので、主人公は大学生でなくとも、大学生におススメの恋愛小説でもかまいません。

お願いします。

Aベストアンサー

男性作家の作品も取り混ぜて、女性が読んでもしっくりくるのでは、良いなあと思えるような作家さん、定評のある作品などあげてみます。
石田衣良「美丘」「スローグッドバイ」「1ポンドの悲しみ」など
山田詠美「学問」「風味絶佳」「僕は勉強ができない」など
宮本輝「錦繍」「春の夢」「幻の光」「道頓堀川」など
田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」など
吉田修一「横道世之介」「悪人」など
北村薫「ターン」など新潮文庫のシリーズ、「街の灯」~ベッキーさんシリーズ、角川文庫のシリーズなど
上記の作品には、恋愛だけがテーマではないものもあると思いますが、恋愛小説としても充分味わえると思います。

Q恋愛小説

時代背景を痛烈にとらえた恋愛小説はこれだ!
…って、恋愛小説ありますか?できたら恋愛に時代背景が絡んでいてほしいんです。現代じゃなくてもかまいません。昭和、明治、大正…。
知っている方、いましたらオススメ教えてください!

Aベストアンサー

 二葉亭四迷の「其面影」は、明治40年に発表された姦通の物語です。大学教師の小野哲也と義妹の小夜子との恋愛が描かれますが、哲也の家庭の雰囲気には、明治27、8年ごろの実生活が投影されていると言われています。
 より有名なところでは、同じく二葉亭四迷の「浮雲」があります。明治20年に発表された日本の近代文学を切り開いたこの作品は、下級官吏の内海文三と彼の叔父の娘・お勢との恋の行方を描いた恋愛小説でもあります。
 時代背景が絡んでいるという点では、「浮雲」をお勧めしますが、最初の2、3ページは文章としては読みにくいです。物語としての成熟度からすれば、「其面影」をお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報