測量用語について分からない語句があります。
移器点、オリジンベンチマーク、配転密度
を、簡単に教えてください初歩的な質問で
すみません、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の用語辞典がありますが、参考になるますでしょうか?


------------------------
測量用語解説/檀原毅/日本測量協会/1996.9 
測量用語辞典/松井啓之輔/共立出版/1994.7 
図解測量用語事典/田島稔/山海堂/1983.10 
------------------------
その中の一つの簡単な内容が参考URLサイトに記載されてます。
更に、インターネットでの検索はされたのでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.arcmedia.co.jp/magazine/data/krsp0032 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人口密度について調べているのですが、純人口密度(人/ha)とはどのよう

人口密度について調べているのですが、純人口密度(人/ha)とはどのような人口密度をさすのでしょうか??わかる方、教えて下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

一般的に人口密度は、行政単位(市区町村や県、国 等)ごとに それらが占める面積に対する人口
として算出していますが、 純人口密度といった場合には、行政区域に関係なく、単純に方眼で、特定の
地域を分割し、その分割単位ごとに人口密度を調査し、地域全体の人口分布を見るために利用します。

Q時々街で見かける測量について

非常に基本的な質問で申し訳ありません。
時々街で、目盛りのついた長い板を持った人と、望遠鏡のようなスコープを持った人が、二人一組で何かを測っている光景を目にすることがあります。
おそらく広義の「測量」だと思いますが、具体的に何を調べているのでしょうか?
簡単に教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

地形測量ですね
地形測量とは、地球表面上の自然的及び人工的な状態を正確に測定して、地形を図示した地図すなわち地形図を作成する測量です。
測量の性質上から見れば、平面的な位置関係を求める測量と同時に高低測量を兼ねたものです。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~kaempfer/

Q測量資料の表記記号について

測量資料の表記記号について

ある道路の断面図なのですがGHとTPという表記がわからないので検索したところ
GHは地盤高さと解説されていました。しかしTPについて調べると「東京湾平均海面(Tokyo Peil: T.P.)で24.4140m」と「TP(ターニングポイント) 盛換え点」とふたつの意味合いがあるようです。
この場合のTPは「東京湾平均海面」という意味合いで正しいのでしょうか?

もしそうなら何故GHとTP二つの書き方がされているのでしょうか?
数値が違いますが単位が違うのでしょうか?

道路の標高が知りたいのでどちらの寸法を参考にしたらいいか教えてください。


土木、建築、測量等の専門知識がないので専門用語は極力避けてもらえると助かります。

Aベストアンサー

 この場合のGHは、現地盤における測量中心線(縦断測量の基準となる法線)の高さで、図中におけるTPは横断図で作図を行う場合の各ポイントの高さの基準となる線(図中のTPの下の線)の標高を表しています。
 本来、この様な場合はTPではなくDL=○.○○という書き方をするのが普通です。この図面に道路などの計画を入れるとき、このDLを基準にして高さを入力していきます。

Q古代の測量や方位の測り方

古代の測量や方位の測り方

地図を見ていていつも不思議に思うのですが、たとえば京都の街や大阪市街の中心部など、また四天王寺の伽藍配置や、難波宮跡の遺構などは、現代の地図においても正確に東西南北の方角に沿っていますよね。

このような正確な設計の都市や建築を構築するには、方位を正確に計測できる機器が不可欠だと思います。
大阪の中心部の街並は豊臣秀吉によって整備されたものなので、時代的に羅針盤はすでに伝来していたと思いますが、京都の街や、難波宮、四天王寺などが建立された時代は、伝来はおろか羅針盤自体まだ発明されていなかったはずです。

このような時代に、どうやって正確な方位を測ることができたのでしょうか?
星を見て判断したとしても、だいたいの方向はわかっても、今の地図においてもほぼ水平垂直に記されるほどの精度を得るのは、無理があると思います。

詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も疑問に思って調べたことがあります。
詳細に検討されたサイトがありますからご参考までに。

平安京プロジェクト(平安京の東西南北はどうやって決めたのだろう)
http://homepage3.nifty.com/silver-moon/Heiankyo/digest.htm

Q測量について教えて下さい。

現在、測量について勉強中です。

基本的なことから教えて下さい。
良く工事現場などで見かける3脚のような物の役割は一体何なんですか?
測量と関係しているのでしょうか?

クロソイド曲線
ミラー高
IP点
BP点
EP点
逃杭
法丁張
などの専門語が出ますがどういう意味でしょうか?

ご教授のほどよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>3脚のような物
 測量用の機械でしょう。トータルステーションとかレベルと呼ばれる機械です。前者は平面的な位置を、後者は高さを測定する器械です。

>クロソイド曲線
 無段階で曲率が変わる曲線のことで、直線区間からカーブ区間に切り替わるところで緩和区間として挿入し、曲率が自然に変化するようにすることで、自動車の安全な走行を確保することを目的とします。
 一定速度で走行している自動車のハンドルを一定の角速度で回転させたときにできる軌跡、とされています。簡単に言えば「らせん」のことで、自然界では巻き貝がこれに相当します。

>ミラー高
 前述の測定器で、トータルステーションは測定するポイントに鏡を置いて、そこにレーザー光線を照射し、そこから反射した光を読み込んで、方位と距離を測定します。
 このときの鏡を置いた位置と実際に測定しようとする位置との差をミラー高と呼びます。

>IP点、BP点、EP点
 それぞれ道路などの平面線形における方向変化点、基点、終点です。

>逃げ杭
 引照点のことで、工事などで失われてしまう可能性のある測点を、あとから復元出来るようにあらかじめ工事に影響の無い箇所に打っておく杭のことです。

>法丁張
 これについては、以下のURLが参考になるかと。
http://tyouhari.ktplan.fc2.com/nori.htm
 

>3脚のような物
 測量用の機械でしょう。トータルステーションとかレベルと呼ばれる機械です。前者は平面的な位置を、後者は高さを測定する器械です。

>クロソイド曲線
 無段階で曲率が変わる曲線のことで、直線区間からカーブ区間に切り替わるところで緩和区間として挿入し、曲率が自然に変化するようにすることで、自動車の安全な走行を確保することを目的とします。
 一定速度で走行している自動車のハンドルを一定の角速度で回転させたときにできる軌跡、とされています。簡単に言えば「らせん」の...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報