久々に「天使禁猟区」(由貴香織里・白泉社)を読み返していたら、軍服を着た天使のかっこよさにしぴれました。
多分、ゴシックの系統からきたのだと思いますが、軍服を着た天使、というモチーフは、「天使禁猟区」(単行本は1995年~発売)が最初なのでしょうか?
「1990年代辺りで」、他に軍服を着た天使が出ているマンガ(コミックスがでているものに限る)があれば教えてください。入手困難かは問いません。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

「アーシアン」(高河ゆん・新書館=>創美社)1987年~1995年


うる覚えですが、確か士官学校時代の話で着ていたかと

天使でなく悪魔の軍服姿でいいなら
日渡早紀「アクマくんシリーズ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。(^^)
おお、確かにアーシアンにあったような気がします。あれからきたのかなあ……。
「天使」が「士官学校」という発想が面白いです。

お礼日時:2007/12/05 17:51

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天使禁猟区のラストで…

私は、由貴香織里先生の漫画が大好きで、この前『天使禁猟区』全20巻を買いました。
で、天使禁猟区20巻で、刹那が沙羅を抱いて神の塔を脱出するとき「羽根の力・・・全部使っちゃったんだね。
少し分けてあげようか?」(うろ覚えですみません)
という台詞があり、次のページでその台詞を言った人物のロングがあるのですが、アレはどう見てもロシエルとカタンに見えます。
しかし、ロシエルは(カタンも一緒に)アレクシエルの中へと還っていきました。
とすると、何故あそこに二人がいるのでしょうか。
刹那が見た幻想とかでしょうか?
読解力がなくてすみません。御願いします。

Aベストアンサー

まぼろし……というようなことで良いんじゃないかと思います。
ただ、完璧な幻覚というわけでもなく、もちろん生きているロシエルとカタンがまた出てきたというわけでもなく、ロシエルたちが最後に見せた幻……というようなものだと理解しているのですが、個人的な見方なので確かではありません。
あの世界で幽霊というのもちょっと変な感じですが、「幽霊」のようなものだと思いますが……。
他のマンガや小説などにも、とあるキャラが死んでしまった後に最後の力の名残り(?)のようなかんじでなにかが……というようなことはありませんか?(分りにくくてすみません)
たとえば亡くなった母の加護で子供が助かった、とか。
そんなようなものだと思うのですが……。
私個人の意見ですが、少しでも参考になれば。

Q白泉社のコミック刊行間隔について

白泉社のコミック刊行間隔について

白泉社のコミック作品を集めているのですが、他社の漫画よりも単行本刊行の間隔(期間)が長い気がします。
他社(例:集英社のコミックス)などと比較しても、厚さ(ページ数)などはさほど変わらないように思うのですが、何か理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

例えば主力であろう「花とゆめ」は月2回刊で
ペースが週刊誌の半分以下だからなのでは。
http://www.hanayume.com/hanayume/now.html
たしか昔でも隔週だったと思いますが、更に遅くなってたのですね。

LaLa も月刊だし。
http://www.hakusensha.co.jp/lala/la1009.html

Qラインストーンを布に付ける方法

綿100%で作ったブックカバーにラインストーンで装飾をしたいと思っています。
ネットで調べると「ホットフィックス」というアイロンで付けられるタイプのものを使うとよさそうですが、付け方がよく分かりません。
ラインストーンを並べて文字(アルファベット)にしたいのですが、布の上に直にラインストーンを並べて、上から当て布をしてアイロンをかけるのでしょうか?
それだと並べてる最中とか当て布をしたときとかずれてしまうような気がします。
それか、粘着力のあるシートなどに接着面を上にして左右反転させて配置し、それを裏返して布に付けるのでしょうか?
ラインストーンとアイロン以外に必要な物があればそれも教えてください。
ちなみに、最初から文字や図柄などのモチーフができあがっているシートは使わない予定なので、実際に自分で付ける方法を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のようなシートで、おっしゃる通り
「、粘着力のあるシートなどに接着面を上にして左右反転させて配置し、それを裏返して布に付ける」
ことができます。

http://www.swaroshop-lx.com/index.php?main_page=product_info&cPath=607&products_id=1145

小さな図柄の時は、100均にある、ホットフィックスのスパンコールみたいなのが着いてる出来上がったものを買ってきて、一度その図柄をはがして再利用します。
案外粘着力は落ちないので、連続でしたらそのまま数回使えますよ。

参考URL:http://www.swaroshop-lx.com/index.php?main_page=product_info&cPath=607&products_id=1145

Q白泉社でデビューしたマンガ家について

白泉社でデビューした「二郷朔美」という名のマンガ家さんを探しています!

7~8年前にデビュー作が「花とゆめ」本誌に載って、その後『家族のゴタゴタ』『暗い人々』というようなタイトルの読みきり作品を増刊号(?)などで描いていると思うのですが・・・。

途中でペンネームを変更したようなのですが、変えた後の名前がわかりません(>_<)

あまり詳しくはないですが、昔読んだその作家さんの描いた漫画がとっても面白かったので、ぜひまた読みたいです☆

白泉社のHPで、「二郷朔美」の作家名で検索しても出てこないので、もし変更後のペンネームでコミックを出していたり、現在活動している雑誌などをどなたかご存知でしたらぜひ教えてください!

Aベストアンサー

「内田渦子」さんへと名前を変更されたようです。

参考URL:http://www.hmx-12.net/nac/gcom/db_mag/db_bhan_2002.html

Q猫モチーフな飲食店教えて下さい

猫好きで忘年会をやる予定なのですが都内で
猫モチーフにしてるお店もしくは猫デザイン料理をしてるお店はありませんか?
1人3,000~5,000でお願いします。

Aベストアンサー

猫をデザインしているのは、カフェみたいな昼営業の店が多く、
夜営業でも小さな店が多いので、大勢でわいわいにぎやかにっていうのは難しいと思います。

行きたい時間や人数がわからないとどうしようもないです。

Q那須雪絵さんの白泉社以外の本

最近、古本屋で那須雪絵さんの本を買いました。ところが、その本は白泉社からではなく、新書館から出ているものでした。え?あれ??ねぇ、那須雪絵さんって白泉社じゃなかったの???・・・という素朴な疑問が生まれました。しかも買った本もボーイズラブと、内容も、絵柄も白泉社で出した本とはだいぶ違うのですが・・・・。この新書館から出版された本は、本当にあの、那須雪絵さんが著者なんですか?それとも同姓同名の違う作家さんが描かれたものなんですか?
友達にも話したのですが「レベルアップしたんじゃない?」と言われたのですが、未だに納得できません。

どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

那州雪絵さんの作品でしたら
参考URLで見ることが出来ます。

#maikoさんへの質問

下記に書いた白泉社のホームページで検索すると
「ボーイズラブ」の著者は金沢有倖さんとなっているのですが、
ひょっとして、那州雪絵さんと金沢有倖さんは同一人物でペンネームが違う?!
すいません、教えて下さい。

参考URL:http://www.hechima.co.jp/~jsakai/room6/sakusya/Y-nasu.htm

Q軍服天使

久々に「天使禁猟区」(由貴香織里・白泉社)を読み返していたら、軍服を着た天使のかっこよさにしぴれました。
多分、ゴシックの系統からきたのだと思いますが、軍服を着た天使、というモチーフは、「天使禁猟区」(単行本は1995年~発売)が最初なのでしょうか?
「1990年代辺りで」、他に軍服を着た天使が出ているマンガ(コミックスがでているものに限る)があれば教えてください。入手困難かは問いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「アーシアン」(高河ゆん・新書館=>創美社)1987年~1995年
うる覚えですが、確か士官学校時代の話で着ていたかと

天使でなく悪魔の軍服姿でいいなら
日渡早紀「アクマくんシリーズ」

Qパタリロ!(白泉社文庫版)について。

パタリロ!(白泉社文庫版)について。

最近白泉社文庫でパタリロを集め始めました。
昔読んでいたので、好きな話が載っているものを買おうとしているのですが、
白泉社文庫だとコミックスとは違い、話の順序が入れ替わっていたりしていますよね?

そこでお聞きしたいのですが、
・マライヒがラーケン伯爵の元で暗殺者として鍛えられていた時の話が載っている巻
・(最近知って驚いたのですが)マライヒが妊娠・出産した話が載っている巻
を白泉社文庫版の巻数で教えていただけないでしょうか?

一度古本屋で手あたり次第に探してみたのですが、量が量なのでなかなか見つけられませんでした。
また、マライヒが好きなので、マライヒが目立っているオススメの巻などありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・マライヒがラーケン伯爵の元で暗殺者として鍛えられていた時の話が載っている巻

10巻「男達の決戦の巻」に出てきます

・(最近知って驚いたのですが)マライヒが妊娠・出産した話が載っている巻
を白泉社文庫版の巻数で教えていただけないでしょうか?

6巻「プラズマX一家の巻」27巻「奇跡の子・フィガロの巻」に出てきます

マライヒが目立っているオススメの巻

個人的には12巻「タマネギ部隊出動の巻」収録の「王女様の一日」や41巻「タマネギ部隊は大混乱」収録の「地獄のパーティー」がオススメです。

Q生の刹那

今読んでいる文学書に、生の刹那、という言葉が出てきました。
刹那の意味は分かるのですが、イマイチピンときません。

ご存知のかた教えて下さい。

Aベストアンサー

前後の文章とのつながりが分かりませんので、合っているかどうか分かりませんが
せいのせつなと読むとしたら、生きている事の一瞬一瞬という意味だと思います。

Q「OZ」 完全版について (白泉社/樹なつみ) 

樹なつみさんの「OZ」が好きです。
wikipedia: http://ja.wikipedia.org/wiki/OZ_(%E6%A8%B9%E3%81%AA%E3%81%A4%E3%81%BF)

今はもう手放してしまいましたが、全4巻の方を持っていました。

●質問●
最初の全4巻と完全版・全5巻を読んだ方、物語を読んだ印象を比較してみてどうでしたか? 個人的な感想で構いませんので教えて下さい。

この二つの違いは、加筆修正がされている、番外編を3編収録している等だと思います。(古本屋で少し立ち読みしました)

私は、(愛蔵版収録のために描かれたと思われる)イーリャの話(『ETERNAL LOVER』)は少し違和感がありました。

近年の樹先生の絵柄は、女性キャラに丸みがあり、OZ連載当時の絵柄と差があること、イーリャはもっと軍人気質な女性だと思っていたのに、なんだか子供っぽい女性だったことが違和感の理由です。
他の読者さんは、どう思ったのかな?と思いました。

Aベストアンサー

全4巻と完全版全5巻の両方を持っています。
実は、連載時も雑誌の立ち読みという乱暴な方法ですが、リアルタイムで読んでいたりします。
完全版に連載の時のカラー原稿掲載は嬉しかったですね。

1988年~1992年に書かれた本編と、本編終了後に発売された『OZ MANUAL』に掲載された番外編『HOT BLOOD』以外で完全版に掲載されている番外編は、完全版の発売される直前の雑誌メロディ初出(2004年)なために絵柄も変わってて違和感を感じる人は感じるのかも。
私は、最近の絵柄も好きなのと、話が面白ければいいじゃんという主義なので、そういった部分は気にせずにスルーして読んじゃいましたが……。(ふぅーん、そういう過去があったんだぁと、うっかり関心してましたw)
今、よくよく見ると、番外編の子どものころのムトーも、すんごい丸っこい顔してますよね^^;
なんか、カッコイイというよりかわいらしすぎ(ニガワライ

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング