久々に「天使禁猟区」(由貴香織里・白泉社)を読み返していたら、軍服を着た天使のかっこよさにしぴれました。
多分、ゴシックの系統からきたのだと思いますが、軍服を着た天使、というモチーフは、「天使禁猟区」(単行本は1995年~発売)が最初なのでしょうか?
「1990年代辺りで」、他に軍服を着た天使が出ているマンガ(コミックスがでているものに限る)があれば教えてください。入手困難かは問いません。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

「アーシアン」(高河ゆん・新書館=>創美社)1987年~1995年


うる覚えですが、確か士官学校時代の話で着ていたかと

天使でなく悪魔の軍服姿でいいなら
日渡早紀「アクマくんシリーズ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。(^^)
おお、確かにアーシアンにあったような気がします。あれからきたのかなあ……。
「天使」が「士官学校」という発想が面白いです。

お礼日時:2007/12/05 17:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天使禁猟区のラストで…

私は、由貴香織里先生の漫画が大好きで、この前『天使禁猟区』全20巻を買いました。
で、天使禁猟区20巻で、刹那が沙羅を抱いて神の塔を脱出するとき「羽根の力・・・全部使っちゃったんだね。
少し分けてあげようか?」(うろ覚えですみません)
という台詞があり、次のページでその台詞を言った人物のロングがあるのですが、アレはどう見てもロシエルとカタンに見えます。
しかし、ロシエルは(カタンも一緒に)アレクシエルの中へと還っていきました。
とすると、何故あそこに二人がいるのでしょうか。
刹那が見た幻想とかでしょうか?
読解力がなくてすみません。御願いします。

Aベストアンサー

まぼろし……というようなことで良いんじゃないかと思います。
ただ、完璧な幻覚というわけでもなく、もちろん生きているロシエルとカタンがまた出てきたというわけでもなく、ロシエルたちが最後に見せた幻……というようなものだと理解しているのですが、個人的な見方なので確かではありません。
あの世界で幽霊というのもちょっと変な感じですが、「幽霊」のようなものだと思いますが……。
他のマンガや小説などにも、とあるキャラが死んでしまった後に最後の力の名残り(?)のようなかんじでなにかが……というようなことはありませんか?(分りにくくてすみません)
たとえば亡くなった母の加護で子供が助かった、とか。
そんなようなものだと思うのですが……。
私個人の意見ですが、少しでも参考になれば。

Q「ダイの大冒険」文庫版orコミックスorSJRコミックス

カテゴリー違いかもしれないのですが…。
最近「ダイの大冒険」という昔みた漫画にはまっております。
昔途中まで漫画を持っていたのですが売ってしまい今ビデオを持っているくらいです。
それで原作も再び読んでみたいと(今度は最後まで)思っているのですが現在文庫版なるものがでているようでコミックスとどちらを買おうか迷っております。
そこで文庫版を持っている方やコミックスをお持ちの方にお聞きしたいのですがどちらの方がおすすめでしょうか?
またSJRコミックなるものがでていますがそれは色々な情報がのっていて良いというのを聞いたことがあり…悩んでいます。普通のコミックスを買うよりこちらのSJRコミックを買った方が楽しめますでしょうか。
わかりにくい質問なのですがお教え頂けると嬉しいです(><)

Aベストアンサー

SJRコミックに騙された口です。
#1の方も仰ってますが、再生紙で体裁が悪い事に加え総集編で全てが掲載されていません。
通勤時の暇つぶしにはなりますが、腰をすえて読むのに適していません。

ジャンプコミックス版は、ダイ達のステータスやダイの世界の豆知識や人気投票の結果など、いわゆるジャンプコミックらしい特典が付いています。

文庫コミック版は、あっさりとしています。
余計なイラストや巻末コーナーなど無く、2,3巻に章分けされていて読みやすく3冊の中で一番紙の質が良く、初回特典にダイ書下ろしのしおりが付いてくる。
ただ、他の2冊に比べフォーマットが小さいのが欠点といえば欠点です。

個人的な話をすると、一応ジャンプコミックス版を持っていますが、置く場所や色々な事を考えて文庫コミックを買い揃えています。
ジャンプコミックス版は懐かしいなと思うけど、本焼けが激しく読みにくいのです。
文庫サイズはまだ未完なので、待てないのならジャンプコミックス版ですね。
SJRコミックは、どちらかというとコレクター向けです。
参考になればと思います。

SJRコミックに騙された口です。
#1の方も仰ってますが、再生紙で体裁が悪い事に加え総集編で全てが掲載されていません。
通勤時の暇つぶしにはなりますが、腰をすえて読むのに適していません。

ジャンプコミックス版は、ダイ達のステータスやダイの世界の豆知識や人気投票の結果など、いわゆるジャンプコミックらしい特典が付いています。

文庫コミック版は、あっさりとしています。
余計なイラストや巻末コーナーなど無く、2,3巻に章分けされていて読みやすく3冊の中で一番紙の質が良く、初回特典...続きを読む

Q白泉社のコミック刊行間隔について

白泉社のコミック刊行間隔について

白泉社のコミック作品を集めているのですが、他社の漫画よりも単行本刊行の間隔(期間)が長い気がします。
他社(例:集英社のコミックス)などと比較しても、厚さ(ページ数)などはさほど変わらないように思うのですが、何か理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

例えば主力であろう「花とゆめ」は月2回刊で
ペースが週刊誌の半分以下だからなのでは。
http://www.hanayume.com/hanayume/now.html
たしか昔でも隔週だったと思いますが、更に遅くなってたのですね。

LaLa も月刊だし。
http://www.hakusensha.co.jp/lala/la1009.html

Q白泉社でデビューしたマンガ家について

白泉社でデビューした「二郷朔美」という名のマンガ家さんを探しています!

7~8年前にデビュー作が「花とゆめ」本誌に載って、その後『家族のゴタゴタ』『暗い人々』というようなタイトルの読みきり作品を増刊号(?)などで描いていると思うのですが・・・。

途中でペンネームを変更したようなのですが、変えた後の名前がわかりません(>_<)

あまり詳しくはないですが、昔読んだその作家さんの描いた漫画がとっても面白かったので、ぜひまた読みたいです☆

白泉社のHPで、「二郷朔美」の作家名で検索しても出てこないので、もし変更後のペンネームでコミックを出していたり、現在活動している雑誌などをどなたかご存知でしたらぜひ教えてください!

Aベストアンサー

「内田渦子」さんへと名前を変更されたようです。

参考URL:http://www.hmx-12.net/nac/gcom/db_mag/db_bhan_2002.html

Q那須雪絵さんの白泉社以外の本

最近、古本屋で那須雪絵さんの本を買いました。ところが、その本は白泉社からではなく、新書館から出ているものでした。え?あれ??ねぇ、那須雪絵さんって白泉社じゃなかったの???・・・という素朴な疑問が生まれました。しかも買った本もボーイズラブと、内容も、絵柄も白泉社で出した本とはだいぶ違うのですが・・・・。この新書館から出版された本は、本当にあの、那須雪絵さんが著者なんですか?それとも同姓同名の違う作家さんが描かれたものなんですか?
友達にも話したのですが「レベルアップしたんじゃない?」と言われたのですが、未だに納得できません。

どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

那州雪絵さんの作品でしたら
参考URLで見ることが出来ます。

#maikoさんへの質問

下記に書いた白泉社のホームページで検索すると
「ボーイズラブ」の著者は金沢有倖さんとなっているのですが、
ひょっとして、那州雪絵さんと金沢有倖さんは同一人物でペンネームが違う?!
すいません、教えて下さい。

参考URL:http://www.hechima.co.jp/~jsakai/room6/sakusya/Y-nasu.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報