ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

冬の部屋は湿気が多くジメジメしてます
夏場はエアコンのドライモードで湿気を取るのですが冬でもドライモードでOKでしょうか?
夏はドライかけると涼しくなるのですが冬でも同様に寒くなるのでしょうか? 何か良い湿気対策があれば教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

エアコンの除湿は二つのタイプがあります。



1、弱冷房除湿
   これが俗にいう「ドライコース」です。
   弱い冷房を使って除湿をしますので室温が20℃以下になると
   除湿量が激減しますし、室温が16℃未満では動作しません。
   またエアコンから冷たい空気が少しでてきます。したがって、
   ほとんど夏しか使えません。
   低価格エアコンについています。
   今お持ちのエアコンはこれだと思います。

2、再熱除湿(熱リサイクル除湿)
   これは冷たくならない除湿なので冬でも使えて、冬の結露防止
   もできます。室温が1℃以上ならば使える機種もあります。
   しかし、エアコン本体価格が高いものにしか搭載されていません。

冬に部屋全体の除湿をするならば再熱除湿エアコンに勝るものはありません。だから、部屋全体のジメジメをなんとかしたくて金銭的に余裕があるならば再熱除湿エアコンに買い換えるのが一番だと思います。

部分的なジメジメならばハイブリッド型除湿機かデシカント型除湿機のご購入をお奨めします。除湿機に関してはNo.2の方が詳しくご説明されています。

また、冬の暖房に排気管の無い石油ファンヒーターや石油ストーブを使うと燃焼の結果、部屋に絶え間なく水分補給をしているようなものですから、定期的に換気をしないと湿気がこもることになります。
    • good
    • 8

エアコンには低温では動作しないと思います


湿度取るのは除湿器です湿度60%基準で動作します
タイプは3種類有ります、
◆冷蔵庫の様なコンプレッサー式
 低温では効力少し落ちます、寒冷地に向かない
 「消費電力200w程度、は少ない」-夏強い
◆デジカント、ヒター利用してるので低温時効果大きいです、「消費電力700W程度多い」-冬強い
◆両方一緒にしたハイブリット式
    • good
    • 5

こんにちは。

ご質問の件ですが、基本的にはエアコンのドライは寒くなると思いますが、エアコンによっては、温度の下がらないドライがついているものもありますが。。。除湿機はお持ちじゃないでしょうか?もし購入を考えるならば、デシカント式もしくはハイブリッドがいいと思います。量販店でそのように言えばわかります。 除湿するためには、温度差を利用するのが一般的ですので、冬場には室内温度が低いため、温度差が出ず、除湿しにくいですが、上記の除湿機であれば、冬場の除湿にも適していますのでお勧めです。ただしちょっと電気代が高いかもしれません。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q除湿機とエアコンの除湿機能

洗濯物を部屋干しする事が多いので今年こそは除湿機を買った方がいいかなと考えているのですが、除湿機とエアコンの除湿機能ではどういった違いがあるのでしょうか?除湿機を購入するのであればハイブリット方式の物をと考えています。12畳の部屋で使用したいのですが電気代等で除湿機の方が断然優れているのでしょうか?初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、お教え頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

● エアコンの除湿には2通りの方式があります。
冷房運転をすると、室内機のアルミフィンの中を冷媒が流れ、フィンの温度が下がり、その部分と室内の風が接触すると空気中の水分が露となり、除湿をします。2通り共にこの原理は同じですが
 1)簡易除湿:
従来機種では、冷房と同じ方式で、室内機の風量を微風にし、除湿する方式で、室温も2℃程度下がり、室温を下げすぎない範囲での除湿であり、限界があります。(マイコン除湿と呼ぶ場合も有ります)
 2)再熱除湿:
最近の機種は室温を自由に設定し、除湿が出来ます、室内機は基本的には冷房ですが、室外機で放熱する熱の一部を室内機で放熱する構造で、室温を下げる事も上げる自由に且つ除湿が出来、快適な環境で、洗濯の乾燥であれば、温度を上げ、除湿すれば、良好に乾燥できます。

●洗濯物を乾燥するには、洗濯物の水分を蒸発さす為の熱と、水分を発散さす為の低い湿度が必要です。除湿方式1)では熱が補給されず、乾燥が促進が充分ではありません。
除湿方式2)は熱が補給され、低湿度に保たれ、乾燥が促進が良好です。

● 除湿機の場合は、温度を上げて除湿をします、除湿機にも2通りの方式があります。
 1)コンプレッサー式:
エアコンの室外機と室内機が一体の構造で、冷房と暖房が同時に行われ、冷房の部分で除湿され、暖房の方が能力が大きく、室温は2℃程度上昇します。
この方式は室温が20℃以下では能力が低下しますが、電気代は少ないです。
 2)乾燥剤を使う方式:
海苔、菓子などの湿気防止で入っている乾燥剤(ゼオライトなど)と同じで、乾燥剤は水分を吸収すると徐々に能力が低下しますが、湿った乾燥剤は電熱で連続的に自動で乾燥させます、室温は5~7℃程度上昇します、冬でも充分機能しますが、電気代はコンプレッサー式の3~4倍必要です。
 3)ハイブリッド方式:
夏はコンプレッサー方式、冬は乾燥剤方式に切り替わる方式でコンプレッサー方式と乾燥剤方式の欠点を補完し快適な除湿が出来ます。

● 室内で乾燥さすには、エアコン又は除湿機と扇風機の併用がお勧めです、マクロで観察すると、洗濯もの乾燥工程で洗濯物の直近は湿度が非常に高くなるが、扇風機で吹き飛ばす事で乾燥が促進します。

まとめ エアコンは、再熱式の除湿が出来るタイプで、効率、電気代共に除湿機より良好です。数値的には機種で異なり割愛します。

● エアコンの除湿には2通りの方式があります。
冷房運転をすると、室内機のアルミフィンの中を冷媒が流れ、フィンの温度が下がり、その部分と室内の風が接触すると空気中の水分が露となり、除湿をします。2通り共にこの原理は同じですが
 1)簡易除湿:
従来機種では、冷房と同じ方式で、室内機の風量を微風にし、除湿する方式で、室温も2℃程度下がり、室温を下げすぎない範囲での除湿であり、限界があります。(マイコン除湿と呼ぶ場合も有ります)
 2)再熱除湿:
最近の機種は室温を自由に設定し...続きを読む

Q空き部屋で洗濯物を乾かしたい。暖房?、冷房?

つゆ時期。昼間は空いている子供部屋で洗濯物を乾かしたいのですが、どうするのが一番効率がいいのでしょうか? エアコンで冷房? 除湿? 暖房? 過去ログを見ると扇風機がGOODとか? 暖房でガンガンが早そうですが、電気代が掛かりそうだし、経験やアイデアなど 待ってます。

Aベストアンサー

既にみなさんいろいろアイデアは出ていますが、科学的にはこうなります。

蒸発には、水分を暖めると水が気化する速度が上がりますよね。しかし、それが効果的であるかは別ですね。

風を当てると乾く?冷房なら効果大?
湿度の違いでなぜ、乾きやすさが変化する?
これは、本当に事実でしょうか?

水の蒸発を速くするには、まず空気の中の水分(湿気)が少ないことが大事です。
これは、どうしてか空気が含める水の量には限界があります。その含める量の限界を小学校か中学校で習ったであろう「飽和水蒸気量」といいます。

さて、ここで重要なのは、この空気が水を含める限界である飽和量は、常に一定ではないことです。
温度の変化によって最大限含める水分の量は変化します。
「空気が暖まると、飽和水蒸気量は増える。逆に冷えると水蒸気量が減ります。」

それを、目に見える形で表したのが、冷たい水(ビールやジュースでも結構)を入れたコップの周りにできる水滴です。
コップの中に冷たい水が入ると、コップの周りの空気が冷やされます。すると空気の持てる水分量が減りそれが、コップの表面に出てきます。

ということは、同じ広さの中に同じ量の空気と水分を蒸発させておく、しかも密閉しておきます。除湿をしなくとも温度が上がると湿度は、下がり、温度が下がると湿度は上がるということになります。


では、湿度がなぜ乾かすのに関係するか・・・
もし湿度100%(自然界ではあり得ない)であった場合、空気自体はこれ以上水を含むことができないわけで、どこかで水滴として付着します。服などの乾燥で服を暖めて蒸発させても服に再び舞い戻ってくる水分があったり、床や天井などにすいてきとして再び現れてくるのです。ここではたとえ温度が50度あって熱くても乾燥は遅いです。


逆に湿度0%(自然界ではあり得ない)なら、温度が多少低くても、空気は水分を持たないわけで空気の水分量と、洋服の水分量が均衡になるよう早期に蒸発していきます。そのため、乾燥が速い。ここでは、温度がたとえ4~5度でも乾燥がそこそこ速いです。(冬の寒い日に外に洗濯物を干しても乾くでしょう。それと同じです)

では、これを洗濯物の乾燥に応用しましょう。


一番良いのは除湿器と扇風機を使うこと、それに加え部屋を暖めれば、さらに効果的ということになります。


まず、除湿器は湿気を機械を使いとりのぞくわけです。空気が含むことができる水分の量を増やします。空気が乾燥していると水分が蒸発しやすくなります。(エアコンの機能ではいわゆるドライで温度を下げずに除湿をするタイプです。ただ、エアコンによって電気代が暖房並になる)

扇風機で風を洗濯物に当てることで、空気が循環します。すると洗濯物から蒸発した水分を含んだ空気が洗濯物のそばから離れ流れていき水分をあまり多く含んでいない空気が入ってくるため、蒸発がし易くなります。


暖房については、温度を上げると、空気の特性で含むことができる水分量が増え、結果的に湿度が低下します。そのため、除湿効果を温度を上げることで表すことになります。また、服を暖めることで蒸発速度を上げる効果もあります。

冷房は、この中で除湿を司ります。ただし、温度も下げるため、飽和量も減少します。そのため、暖めながら湿度を下げる場合や除湿だけを行う場合に比べ状況によって効果は薄い。まあ、ある意味逆効果の特性も持っています。

まあ、除湿効果がドライより強い機種もあるので、必ずしも悪いとはいいませんけどね。
冷房はあまりお奨めしませんね。冷房では除湿もしますが、部屋を冷却する効果もあるため、フルに乾燥に生かしているとは言い難い。エアコンでなら、ドライですかね。

一番良いのは、除湿器(湿気を取り除く)+扇風機(空気を循環してよどみを作らない)+暖房(空気が含める湿気の量を増やす)を入れることですね。

後は、一番自宅でやりやすく光熱費が安くなる方法を採ることですね。このうちの2つを使えば、格段に乾燥は速くなります。1つでも効果は大きいですよ。

既にみなさんいろいろアイデアは出ていますが、科学的にはこうなります。

蒸発には、水分を暖めると水が気化する速度が上がりますよね。しかし、それが効果的であるかは別ですね。

風を当てると乾く?冷房なら効果大?
湿度の違いでなぜ、乾きやすさが変化する?
これは、本当に事実でしょうか?

水の蒸発を速くするには、まず空気の中の水分(湿気)が少ないことが大事です。
これは、どうしてか空気が含める水の量には限界があります。その含める量の限界を小学校か中学校で習ったであろう「飽和水...続きを読む

Q結露が凄いんです! 除湿機の購入を考えております。(寒冷地に住んでおります)

昨年、中古でマンション購入しました。
前に住まれていた方のお部屋を拝見した当時、
”壁一面に黒いカビ”があり、
リフォームしたのですが、
結露がとにかく凄いんです。(湿度は、毎日最低でも60%を越えていて洗濯をしたら部屋干しで70%はすぐ行きます)

ある程度、寒冷地なので我慢はしたいのですが(夏は暑くないので
エアコンはつける予定もないです)

それでも、毎朝 窓にびっしり と結露していて 雑巾掛をしても
1枚では足りないほどひどいです。
さらに、幅木にも水滴が付いており、壁紙が剥がれてきた箇所が出てきました。

そこで、除湿機の購入を考えておりますが、
1・電気代はどれくらい掛かるでしょうか?
  (6畳1間で、寝室とクローゼットがあります)
    だけを予定しております=ストーブもありません)
2・オススメの機種などありましたらお知らせ願います。
  (方式など)

Aベストアンサー

雪が降って外気温との差が大きくなればなるほど結露は深刻ですよね。私も札幌ですのでストーブがんがん焚いてます。すると結露してきます。
マンションのほうがひどいって聞きますよ。(うちは一軒家)

除湿器はメーカーや機種のお勧めはわかりません。うちのはタイマー付、満水センサー付(当たり前なのかな?)電気代は気にしてませんが、買ったあと上がったとかは感じませんでしたのでさほど大きな額ではないと思います。それよりも水が空気中から作れる!!ということに感動してしまいましたよ。一刻も早くお買いになるべきですよ!
量販店に行けば消費電力や電気代明記されてるので、「どれも大差ない」ことを前提に検討されたらいかがでしょうか。(ちなみに我が家のはシャープcvn63cxタンクは3~4&くらいはあります。一日中つけていると夜には満水になります。)

空気吸い込んでるだけなのに、なぜこんなに水がたまるのか!早く体験してみていただきたくて回答(?)してしまいました。ごめんなさい。

Q湿度70~80%の場所は除湿機?換気?

マンション住まいで勤め人なので、日中換気ができません。
今年は雨が多いせいか、北向きの部屋のハンガーにかけた洋服、玄関の皮靴にカビが生えてしまいました。
湿度計を購入したところ、常に湿度70~80%で、除湿機をつけっぱなしにすると45%位に下がります。(当然切ると元通りです)
ただ、北向きの部屋は2つで、玄関を入れると3ヶ所なので、除湿機をあと2つ購入して、つけっぱなしにするのか、窓に換気扇をとりつけてまわしっぱなしに
した方が良いのか迷っています。
実際対策をした方、教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

もうすぐ 寒くなりますが
一番 大切なことは 部屋の空気を拡散することです
要するに 扇風機を回してください 
弱で結構です 湿気のあるようなところに向かって風を送るのです
除湿器は意外に電気を使うので購入は控えた方が良いと思います

>日中換気ができません。
日中はどのような対策を しているのでしょうか?
除湿器をつけっぱなしなのでしょうか?

対策1 窓を少し開けている状態なら
換気扇と扇風機を回しっぱなしにすることです

対策2 窓を閉めている状態なら 
除湿器と扇風機を回しっぱなしにすることです

換気扇と言っても 台所に換気口と換気扇があるはずです
窓に換気扇をとりつけても 吸入口がなければ意味がありません

Q冬は加湿・除湿どちらをやればいいいですか?

冬になりエアコンで暖房をするようになりました。
暖房をすると部屋の湿度が下がってきます。
毎年のことですが、外気も乾燥してくるので部屋の湿度は40%台になってしまいます。
そんなわけで加湿器を買ったのですが、別の問題がでてきました。

部屋の中を暖房をつけていると、窓のサッシに水滴がついてきてしまいます。結露がすごいとサッシの下に水がたまってしまい、ほっておくと床やカーテンがかびてしまいます。
こういう場合は除湿をしたらいいのでしょうか?

部屋全体は乾燥しているので加湿する必要があるのに、そうすると窓際は結露で湿気がすごいんです。
加湿したらいいのか除湿したらいいのかわかりません。。。

部屋の乾燥を防ぎながら、まどの結露・湿気をなくすにはどうしたらいいのでしょうか?
寝ている間、窓にむかって除湿器をかければいいのでしょうか?
みなさんお宅ではどのようにされてますか?

Aベストアンサー

>冬は加湿・除湿どちらをやればいいいですか?

       ↓
少し、分りにくい、ややこしい問題を、拙文で上手く表現できず、冗長になり恐縮ですが・・・精一杯、実生活での経験・対応を交え、以下に述べさせて頂きます。


人間の本来の水分ウエートは、誕生時は90%→成人67%→老齢者50%以下と言われていますので、その位の湿度雰囲気が健康面では良いと思います。<因みに、赤ちゃんの誕生前の母胎の羊水は成分が海水に近く、その100%羊水の海と言う環境で生命が誕生し育っています。地球の陸地と海洋の比率も、67%程度が海です→生命の神秘・天の配賦>

しかも、インフルエンザの活動量(空気感染・飛沫感染リスク)も空気の乾燥・湿度低下で活発になり、感染発症リスクが増加・原因で起こる為、主に冬場に流行します。
さらに、毛髪やお肌、ノド・目鼻の細胞や粘膜にも、適度な湿度=保湿効果が保護や若さに必要とされています。

静電気も乾燥と摩擦が、主要発生要因であり、空中に浮遊するアレルゲンや塵埃も湿度により質量が増え落下安定する(雨上がりや湿度が高い日には、花粉症の症状が軽微とか遠くの景色が良く見える現象)等、適度な湿度は除電(静電気除去)&除塵(空気清浄の一部)効果も有ります。

また、体感温度から言えば、湿度10%は温度1℃に相当しますので、湿度を保てば、体感的には暖かく感じますので、身体に優しく家計にも優しい潤い暖房&省エネが実現出来ます。
<ex、24℃・40%のお部屋と22℃・60%は同じ体感温度>


一方で、湿度は相対湿度で言いますと、その温度に於ける飽和蒸気量100%に対する蒸気量の比率であり、暖房運転を停止して温度の低下が始まると飽和蒸気量(空中で気化して含まれる水分量)が減少し、余剰分が液化する現象を結露と言います。
その為に、暖房停止後の室内や、室外&屋外の低温空気と接するサッシ・壁等では内外の温度差により結露が発生します。


その結果、風邪予防とかアレルギー等の健康面や暖房の快適性&省エネからは適度な湿度維持(不足時は加湿)が求められ、結露やカビ増殖の防止には除湿が望ましいという矛盾が発生します。

従って、人間の都合で→除湿・加湿の、「どちらも必要であり不要でもある」という矛盾した答えに成ります。
実際には、ファッションを選ぶように→TPOで使い分ける事と、お部屋の中で部分別にコーディネートや補強保護を対策してあげる事に成ります。

そこに、それ故に→昔からの、生活の知恵・暮らしのアイデア・お婆~ちゃんの教えetcが、見直され、活用されるのも、現在の住宅やお部屋の構造と健康・美容・省エネ指向の高まりが、大きこ関係しているのかも知れません・・・。


~具体的な対策~

暖房運転で温度が上がり、乾燥気味であれば→加湿器。
暖房停止で結露が起こるならば→エアコンの除湿運転・結露予防運転や除湿機で除湿。

暖房運転停止後には換気をして室内空気の相対湿度を下げ、室内外の温度差や湿度差のミニマム化=全熱交換を行う。

室内空気の空調に加え、住構造で・・・
◇窓の断熱性の工夫:
シャッターや雨戸、ペアガラスや複層ガラス窓、エアパッキンやプチプチの貼付、厚手のカーテン、結露の吸湿材として新聞紙を挟みこむ。

◇壁の断熱性の工夫:
外断熱・内断熱構造と断熱効果の高い素材、内壁への珪藻土や活性炭の調質効果利用(室内空気湿度の吸収や放による調整)、エアパッキンや厚手のカーテンによる結露予防対策。

◇湿度調整効果のある小物や植物:
活性炭・和紙・観葉植物・吸湿剤

結論は、起きている時、活動している場合と、就寝時や赤ちゃん・ペットの居る部屋とか、その部屋の方位や状況で、お部屋の空気の質(快適度PMV)をアレンジするしかないと思います。

その為の、パートナー・助っ人・グッズが、エアコン・除湿機・換気扇・空気清浄機・加湿器・サーキュレーターやシーリングファン・扇風機・各種の暖房機etcです。
使い分け使いこなすのは、私達の目的・感性・体質によるコーディネートであり、脚本演出とキャスティングで楽しく快適なシュチエーションが完成するのでは・・・

rockers200様に於かれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、冬場対策、微妙な湿度問題を、ご希望に叶った賢い方法で、健康・快適・省エネの実現をされますよう、心より祈念申し上げております。

>冬は加湿・除湿どちらをやればいいいですか?

       ↓
少し、分りにくい、ややこしい問題を、拙文で上手く表現できず、冗長になり恐縮ですが・・・精一杯、実生活での経験・対応を交え、以下に述べさせて頂きます。


人間の本来の水分ウエートは、誕生時は90%→成人67%→老齢者50%以下と言われていますので、その位の湿度雰囲気が健康面では良いと思います。<因みに、赤ちゃんの誕生前の母胎の羊水は成分が海水に近く、その100%羊水の海と言う環境で生命が誕生し育っています。地球...続きを読む

Qエアコンの除湿が効かない

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4196915.html
こちらの質問をしたものです。
当初質問したことと別の事に問題があるようですので、新たに質問させて下さい。


エアコンの効きの悪い部屋の湿度を測ってみたところ異様に高いんです。
それでエアコンが良く効く隣の部屋と同じ温度設定で室温と湿度を測ってみたんです。
(二つの部屋は廊下を挟んで隣り合っていて同じメーカーの同じランクのエアコンをつけています)
設定温度27度・除湿・風量弱 でやってみました。
15分後に良く効く部屋の室温は29度・湿度50%で、部屋に入ったとたんひんやりしていて快適でした。
効きの悪いほうの部屋は室温29度湿度80%で、なんだかもわ~として生ぬるい感じです。
同じ室温なのに体感温度に差があるのは湿度が高いためと思われます。
それでもう一度吹き出し口の温度と湿度も合わせて見てみたところ、温度は23度、湿度が90%でした。
これではいくら除湿にしても湿度が下がらないわけですし、
部屋が設定温度になっても湿度が高いので不快なのだとわかりました。
ちなみにこれはだんだん除湿が効かなくなったのではなくて、当初から除湿できていなかったと思われます。
購入当時からなんだか効きが悪いなぁ~と思いながら使っていたんです。
でも部屋の温度を測ってみるとそれなりに下がっているので不思議に思っていたのですが、
まさか湿度がこんなに高いと思っていなかったので、我慢して使っていました。
これはエアコンに問題があると考えてよいのでしょうか?
問題があるとすればどのようなことが考えられますか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4196915.html
こちらの質問をしたものです。
当初質問したことと別の事に問題があるようですので、新たに質問させて下さい。


エアコンの効きの悪い部屋の湿度を測ってみたところ異様に高いんです。
それでエアコンが良く効く隣の部屋と同じ温度設定で室温と湿度を測ってみたんです。
(二つの部屋は廊下を挟んで隣り合っていて同じメーカーの同じランクのエアコンをつけています)
設定温度27度・除湿・風量弱 でやってみました。
15分後に良く効く部屋の室温は29...続きを読む

Aベストアンサー

冷房時の除湿は冷却フィンに空気中の湿気が結露する事で除湿していますので除湿しない=冷房が弱いという事になります。
>吹き出し口の温度と湿度も合わせて見てみたところ、温度は23度、湿度が90%でした。
との事ですが、冷える方のエアコンの吹き出し口温度は何度でしょうか?
もっと低いのではないでしょうか。

前の質問で室外機の風量が弱いとの事ですのでエアコンの能力が弱運転の状態なのかもしれません。
エアコンを自動運転でなく手動で最大冷房になるようにしてみてください。
これで普通に冷えるのであれば室温センサー等の不具合で温度検知が正常に出来ずに(エアコンが暑いと判断できない)いる可能性もあります。
最大冷房しても冷えない、室外機も弱いのであればインバーター制御系の
不具合(コンプレッサー能力を可変制御できず弱いままの状態)も考えられます。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q冷房・除湿で湿度が下がらない

DAIKIN製のATN28FSE1-Wを使用しています。
冷房・除湿運転をしても湿度がほとんど下がりません。
メーカーにも問い合わせたのですが「環境によって効果が異なるので回答できない」との事。
実際、先ほどテストしてみたのですが、運転開始前、30度、68%でスタート。
除湿運転開始から10分ほどで湿度の下限ピークである58%を最後に後は63%まで上昇し、ほぼそのままの湿度をキープ。
気温は29度前後を行ったり来たり。
1時間ほど運転しましたが、湿度が下がることはありませんでした。
その後、冷房運転に切り替え。
設定は27度。
こちらも最低58%まで落ちるものの62%あたりで停滞。
気温は設定通りの27度前後をキープ。
2時間ほど運転しましたが、こちらも湿度が下がることなし。
今は運転を停止し、窓を開けていますが、湿度63%。 除湿の意味がない。
と、湿度が落ちないため、体感温度が下がらず、むしろ不快に思うことさえあります。
他のエアコンたちや友人にもいろいろ聞いてみると、やはり40%台くらいまでは普通に下がります。(ものによっては30%台まで)

長い前置きになりましたが、これはエアコンの仕様と言うことなのでしょうか?
それともエアコンが壊れているor私の部屋の環境に特別な何かがあるのでしょうか?
湿度がほとんど下がらないまま気温だけが下がるので、ほんとに不快な空気になり困ってます。
対処法などありましたら是非教えて下さい。

DAIKIN製のATN28FSE1-Wを使用しています。
冷房・除湿運転をしても湿度がほとんど下がりません。
メーカーにも問い合わせたのですが「環境によって効果が異なるので回答できない」との事。
実際、先ほどテストしてみたのですが、運転開始前、30度、68%でスタート。
除湿運転開始から10分ほどで湿度の下限ピークである58%を最後に後は63%まで上昇し、ほぼそのままの湿度をキープ。
気温は29度前後を行ったり来たり。
1時間ほど運転しましたが、湿度が下がることはありませんでした。
その後、冷房運転に切り替え。
...続きを読む

Aベストアンサー

エアコンの除湿・ドライには2通りあります。

一つは弱い冷房運転を行って、起動時の室温から大きく温度が下がらないように制御するタイプ。古いエアコンや中級クラス以下のエアコンは今でもこの方式です。冷房をするので空気中の水分は除去されます。ただ室温も幾らか下がるので室内空気の水分最大含有量も低くなり、「湿度」という数値はあまり下がらないか、逆に上がることもあります。

湿度= 空気中の水分量/現在温度の空気が含有できる水分量 という分数式の分子は水分除去で小さくなるが分母も室温が下がることにより小さくなるので結果として大きな変化はない。しかし空気中の水分量は確実に減ってはいます。

もう一つのタイプは「再熱除湿方式」と言って、エアコンの中で一旦空気を冷やして水分を結露させて除去した後、暖めて(室温に戻して)室内に吹き出すもので、中・上級クラスのエアコンが採用しています。これは室温を保ったまま水分を除去するので本当の意味での「除湿」ができます。湿度が大きく下がるお友達のエアコンはこのタイプだったのではないでしょうか。

ただこの再熱除湿方式にも弱点があり、電力消費量が前者の簡易湿気取りタイプより多いことです。室外機は暖房運転して高温の冷媒を室内に送りますが、室内機の中で冷媒の一部を専用の膨張弁にバイパスさせて減圧し温度を下げ、室内機の中で冷房と暖房を一度に行うようなことをやっていますから効率は良くないです。

エアコンの除湿・ドライには2通りあります。

一つは弱い冷房運転を行って、起動時の室温から大きく温度が下がらないように制御するタイプ。古いエアコンや中級クラス以下のエアコンは今でもこの方式です。冷房をするので空気中の水分は除去されます。ただ室温も幾らか下がるので室内空気の水分最大含有量も低くなり、「湿度」という数値はあまり下がらないか、逆に上がることもあります。

湿度= 空気中の水分量/現在温度の空気が含有できる水分量 という分数式の分子は水分除去で小さくなるが分母も室温が下...続きを読む

Qエアコンから水滴落ちる

部屋のエアコンを冷房、除湿運転すると本体から水滴が発生し床に落ちます。メーカーに診てもらいましたが異常なしと言われました。

原因・防止方法ありましたら御願いします。

Aベストアンサー

1.湿度が多い状態で、ルーバーを下向きで
長時間運転すると、冷気がルーバーに当たって
ルーバーを冷やし、ルーバーの室内側との温度差で
ルーバーに結露します。これは排水路が無いので
室内に、落下することがあります。
*冷房時、ルーバーは極端な下向き運転は避けてください。
2.温度が高いのに、弱風運転を続けた場合、
エアコン室内機が早く冷やそうと、
冷えすぎ状態になり、場合によっては、
内部に、霜がついてくる事があります。
これによって、水路がさえぎられ、
室内に落下します。
3風向、風量ともに自動運転した場合、
自動的に制御されますので、
この現象は、起きにくいです。

Q【部屋干し】 除湿機が必要か否かの目安になるポイントがあれば教えて下さい。

洗濯物を部屋干しする際、温度や湿度等、除湿機が必要か否かの目安になるポイントがあれば教えて下さい。


たとえば、いまくらいの季節はどうでしょう? 除湿機は必要ですか?

それとも、窓を開けて扇風機を当てていた方が良いですか?

Aベストアンサー

>【部屋干し】 除湿機が必要か否かの目安になるポイントがあれば教えて下さい。

              ↓
洗濯乾燥に絞っての除湿機の必要性ですか?


本来は天日による衣類乾燥に加え、防ダニ、ふわふわ感から屋外の日光と風による乾燥が理想ですが・・・
外出がち、屋外に時間がなかったり場所がない為に干せない、花粉や黄砂や排気ガスから室内干しetcという要素で利用する。

その為の温度と日光は期待出来ないので、除湿によるお部屋の乾燥にて衣類の水分の蒸発を促し、送風が屋外での自然風の代用となるのが除湿機による衣類乾燥です。
従って、乾燥時間のスピードは除湿能力と風量で決まる。

ところが、除湿方式の違いで変わるが、一般的な除湿機(コンプレッサー式)は室温が約10℃以上(商品によってはでないと運転できない。
運転するとお部屋の壁やカーペットや畳の過剰水分を取るのがメインで、その後に衣類の乾燥になり、時間が掛かる(電気代も)。
そして、部屋や衣類から奪った水分を水タンクに貯めるのだが、満タンになったら運転停止または捨てる必要&手間があります。
さらに、運転をしますと奪った熱量と機械の発生熱量を排出するので
1時間で約2℃程度は室温が上昇します事から、人間が居ない時間や部屋は別ですが、在室されている場合には不快な温度に(暑く)なる。

つまり、梅雨や雨の日、人が在室していない時間やお部屋での洗濯物(衣類)の乾燥は出来ますが、天日による防ダニや臭い移り(汗や皮脂分の残滓に空中の黄色ブドウ球菌等が付着し、酸化分解して臭いが発生)の予防効果が無いのが欠点です。

そこで、乾燥は除湿+風の力の活用が必要ですので、大風量や吹き出し方向の可変が必要。
また、衣類の干し方も衣類に満遍なく風邪が当たる様に重ならず・出来るだけ太陽光が当たる場所で少しでも天日を利用する。
洗濯機は脱水性能の高い機械、カビ菌の付着し難い洗濯槽とかドラム乾燥機能付とかの検討も併せて必要ではと思います。

窓を開け、部屋の一部を開けて風通しを良くするとか扇風機の風を利用するのも良いのですが、除湿機の利用時には部屋の密閉度が高い方が除湿や衣類乾燥は効果的と思いますので、太陽光の利用や干す場所の選定、干し方の問題等→TPOに合わせて、目的(衣類乾燥とお部屋の除湿他の優先順位)で使い方を工夫されれば良いと思います。

冬場は、寒冷地の利用では→デシカント方式除湿機やエアコンの除湿とか結露予防&衣類乾燥機能等の利用、エアコン暖房と扇風機と除湿機のコラボ運転を暮らしのアイデアとして応用、工夫して下さい。

>【部屋干し】 除湿機が必要か否かの目安になるポイントがあれば教えて下さい。

              ↓
洗濯乾燥に絞っての除湿機の必要性ですか?


本来は天日による衣類乾燥に加え、防ダニ、ふわふわ感から屋外の日光と風による乾燥が理想ですが・・・
外出がち、屋外に時間がなかったり場所がない為に干せない、花粉や黄砂や排気ガスから室内干しetcという要素で利用する。

その為の温度と日光は期待出来ないので、除湿によるお部屋の乾燥にて衣類の水分の蒸発を促し、送風が屋外での自...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング