お店の名前はどうやって決めているのでしょうか?
大手のチェーン店などでも、どんな意味があるのか分らないお店が沢山あるように思えます。

知っている由来があれば教えて下さい。お願いします。

A 回答 (2件)

http://www.matsuya.com/co/enkaku/index.html
牛どんの松屋は元々呉服屋で松屋呉服店の商号からです。

http://www.yoshinoya.com/company/history.html
吉野家は1899年に魚市場に個人商店として吉野家の名前を付けています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/10 09:53

確か、居酒屋チェーンの「和民」は、社長の渡辺美樹さんの「渡美(わたみ)」だったような気がしますが・・・・

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/10 09:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「お召し上がりになりますか?」(某コーヒーチェーン店にて)

 近所にある某有名コーヒーチェーン店では、レジで店員さんに欲しい飲み物を注文しますが、その際「お召し上がりになりますか?」と聞かれることが多いのですが、これってヘンではないですか?
 食べ物(飲み物)なんだから食べる(召し上がる)に決まってるだろ!と、いつも思います。勿論、「店の中で食べますか?(テイクアウトではない)」という意味なのは何となく理解できるのですが。同じような疑問を感じてる方はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

私も同感です。
言葉が丁寧なのはいいのですが「こちらで(店内で)」が抜けているのでしょうね。
「お持ち帰り(テイクアウト)ですか?」の方が分かりやすいのですが
「店から出ていけ」という風に曲解する人もいるのでその様にしているのだと思います。

Aベストアンサー

チェーン店というのは、いわゆるフランチャイズチェーン契約をして、例えば「CoCo壱番屋」「小僧寿し」「ダスキン」「ブックオフ」「養老の滝」「吉野家」などの同じ商標を使っているお店を指します。この中には親会社とは別会社であるけれどフランチャイズ契約(お金を払う必要あり)をしている店もありますし、親会社の直営店もあります。
一方、加盟店というのはこのようなフランチャイズ契約に加わっている(加盟している)お店を指します。
つまり、チェーン店というのは同じ商標を使っているお店全体を指す言葉であり、加盟店は個々のお店を指す言葉になります。
ちなみに、直営店をレギュラーチェーン店、契約店をフランチャイズチェーン店といいます。

Q工務店の看板などによくある「工」の字体の由来

看板などで、工事の「工」の字の縦棒が稲妻形になっている字をよく見かけます。

http://www.szki.co.jp/
たとえば、↑の会社名ロゴにあるような「工」の字体の由来は何でしょうか。

漢和辞典によると、「工」の漢字はさしがね(定規)の形に由来し、元からまっすぐであったようです。

Aベストアンサー

自衛隊と自ヱ隊、見た目ですが、どっちが頼りになるでしょう。そんなところじゃないでしょうか。私は3年間その工を書いていました。工務店、工ム店は?会社で実際に経験した表記です。違う由来があったらごめんなさいですが。

Q中国の故事に由来する「故事成語・ことわざ」と、その由来となった物語

三国志などで。『三顧の礼』や『泣いてバショクを斬る』のような故事成語がたくさん出てきます。

また、同じ三国志から『鶏肋』とは、大した物では無いが捨てるには惜しいという意味で使われるようになりました。

他にも、先んずれば人を制す出典:史記(項羽本紀)

というように、三国志のみならず、中国の歴史書からこのような故事成語がでてきますが、そのような内容をまとめた本を探しています。
中国の故事に由来する「故事成語・ことわざ」と、その由来となった物語をまとめたサイトや書籍を教えてください。

Aベストアンサー

文庫で手頃。簡潔でわかり易い。
いいことばっかりの本でしたが絶版みたいです。
まだ最近の本ですので、book offなんかで探されたら、比較的入手しやすいのでは?

エピソードで楽しくわかる「故事成語」 PHP文庫

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw/250-0192568-4898605?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%83G%83s%83%5C%81%5B%83h%82%C5%8Ay%82%B5%82%AD%82%ED%82%A9%82%E9%81u%8C%CC%8E%96%90%AC%8C%EA%81v&Go.x=8&Go.y=16

Q『お詫びの言葉もございません』の由来

詫び状の文面で、『お詫びの言葉もございません』というのを見かける事がありますが、お詫びするのに「お詫びの言葉がない」と宣言するのは変だと思うのですが。

「なんとお詫びしてよいやら言葉もございません」
などと、気持ちを伝える最上級の表現としてこのような表現が用いられると何かで読んだ気がするのですが、私なら素直に「衷心よりお詫び申し上げます」みたいに言われた方が謝られてる気になります。

『お詫びの言葉がない』のが最上級というのは、どうにも腑に落ちないのですが、このあたりの言葉の由来などご存知の方、ぜひともご教示下さいませ。

Aベストアンサー

「お詫びの言葉もございません」というのは
「今私の感じている申し訳なさはあまりにも深いもので、
それを表現できる言葉は存在しない」、
つまり、
「いくら言葉を尽くして謝ってもまだ足りないほどの
申し訳なさを感じている」、
ということを言っているわけです。

でも、実際はそれを「お詫びの言葉もございません」という言葉で
表現できてしまっているのですから、言葉っておもしろいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報