【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

OfficeXPを使用しています。

アウトラインレベルを9段階以上設定する方法は、ないのでしょうか?
色々な方法を組み合わせても構いません。
9段階以上で連番を設定したいためです。

ご回答よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

申し訳ない回答ですが、2003でもレベル9までです。


2007は存じ上げませんが。
どのような方法もないと思いますので、段落の構成を見直した方がよろしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/26 05:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWordで段落番号が2桁になったときずれる

Wordで段落番号が2桁になったとき、1文字分ずれが生じます。

1. あああああ
:
10. いいいいい

これを

1. あああああ
:
10. いいいいい

のようにそろえる方法はないのでしょうか。

Aベストアンサー

 2桁目になったときに、カーソルをそのまま2桁目のところに置いておきます。

 その状態のまま上部の「ルーラー」(定規のように数字が書いてあるもの)にある「1行目のインデント」をクリックし、1桁の数字の位置にドラッグして合わせればよいのです。

 「ルーラー」についている「1行目インデント」(小さな逆三角形のようになっているもの)は一番上にあります。その下に向かい合わせに「ぶら下げタブ」(三角形のようなもの)があり、その下に四角形の「左揃えタブ」があります。

QWord文書を開いた時の見出しレベル設定

Word2010で、文書を開いた時に、ナビゲーションウインドウの見出しマップの見出しレベルがレベル3まで表示されます。レベル2までの表示にして保存しても、また次に開いた時にはレベル3まで表示されてしまいます。文書を開いた時に表示される見出しレベルを文書ごとに設定するにはどうすればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

以前のバージョンでも、アウトラインとして表示させるレベルを、文書
ごとに開いた時点で設定させることはできなかったと思います。

以前のバージョンの見出しマップのときには、アウトライン表示と連動
していたので、マクロで制御することはある程度できました。
ただし、個々の文書で表示のレベルを取得したり、その文書のみに保存
するのは難しいと思います。

Word2010から導入されたナビゲーションウィンドウにある見出しマップ
の場合は、アウトライン表示とレベルの表示が連動していないために、
海外のQ&Aなども見ても解決方法の提示はないみたいです。
ナビゲーションウィンドウのほうのレベル指定をするコマンドがなく、
これを操作するマクロも有効なものが調べられませんでした。
過去ログで質問されてから時々調べているのですが、希望している動作
をするものは提示されていませんでしたので。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6345277.html

Qギャラリーに表示するレベル

Word 2013で「ホーム/アウトライン/新しいアウトラインの定義」と進むと「ギャラリーに表示するレベル」という項目があります。

「ギャラリー」とは何でしょうか。
「ギャラリーに表示するレベル」とは何でしょうか。
「ギャラリーに表示するレベル」を設定すると何か役に立つのでしょうか。

Aベストアンサー

No.1の回答者です。
> [ Tab ]キーでの上下移動
紛らわしい説明でしたね。
[ Tab ]キーで下位レベル、[ Shift+Tab ]キーで上位レベルの移動です。

これは、[入力オートフォーマット]から[入力中に自動で行う処理]の一つ
で[ Tab/Space/BackSpace キーでインデントとタブの設定を変更する]
の設定によるインデント設定が働くことで有効になるものですね。
http://www4.synapse.ne.jp/yone/word2010/word2010faq/faq_autocollect3.html#syori
このチェックがついていないと働かないものなので。

[アウトライン]にあるギャラリーの種類によっては、[ BackSpace ]キーで
レベル上げをする動作が有効なものもありますが、レベル上げの動作を
しないで段落番号が消えるだけのものもあります。
[ Tab ]キーを使うものならほぼ有効なので、[ Shift+Tab ]キーを使っての
レベル上げができるというを説明したものです。表内のセル移動などでも
[ Tab ]キーと[ Shift+Tab ]キーで反対の動作をしますね。

[ BackSpace ]キーでレベル上げをすると覚えるよりも、[ Shift+Tab ]キー
での動作を覚えたほうが分かりやすいし確実だと思います。

ちなみに、Wordにはレベルの上げ下げするコマンドが幾つか用意されて
います。(ショートカットキーは既定で用意されていない)

レベル上げするコマンドの例
Decrease Indent
Promote List
List Outdent

レベル下げをするコマンドの例
Increase Indent
Demote List
List Indent

見出しスタイルと紐づけされていれば、見出しスタイルを指定するコマンド
でも可能ですね。(Apply Heading1~3)
[ Alt+Ctrl+数字 ]キー (数字は1~3まで既定で用意されている)

Outline DemoteやOutline Promoteによる見出しの上げ下げもあります。
[ Alt+Shit+→(または←) ]キーですが、インデント位置がずれることもある
ので個人的にはお勧めしません。

No.1の回答者です。
> [ Tab ]キーでの上下移動
紛らわしい説明でしたね。
[ Tab ]キーで下位レベル、[ Shift+Tab ]キーで上位レベルの移動です。

これは、[入力オートフォーマット]から[入力中に自動で行う処理]の一つ
で[ Tab/Space/BackSpace キーでインデントとタブの設定を変更する]
の設定によるインデント設定が働くことで有効になるものですね。
http://www4.synapse.ne.jp/yone/word2010/word2010faq/faq_autocollect3.html#syori
このチェックがついていないと働かないものなので。

[アウトライン]に...続きを読む


人気Q&Aランキング