『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

最近、思い悩んでいます。
アドバイス頂ければ幸いです。

私は20歳からピアノを習い始め、2年経ちます。
私は(病的な程)あがり症ですが、ステージに上り発表する機会も6回です。
最近3回連続でステージがあったのですが、どれもボロボロでなんとも情けない状況が続いています。
回を重ねるごとに練習とはかけ離れた演奏になっていきます。
指が震えて、楽譜を無視したり、止まったり、弾きなおしたりetc...ミスというミスを経験したように思います。
3回目のステージで調子を崩して、プロでもないのに1日9時間、10時間と練習したから練習のし過ぎで
木を見て森を見ずの状態に陥っていたのが原因かと思い、練習量を減らしたりしてみました。しかしずるずるとひどい演奏が続いています。

そんな状況を打破するために、まずはピアノの先生の前で練習どおり弾こうと思い練習しましたが、
先生の前でさえ腕の筋肉はカチカチに緊張して指が震えて、頭が真っ白になりました。
まるで自分の手でないような感覚に襲われます。
練習では自分の満足のいくように弾けて強弱の付け方などいろいろ考えていきますが、自分の情けなさに萎縮して何も言えずにレッスン終了です。ここ1ヶ月はそのような感じです。

1日だいたい4時間くらい練習しているのですが、この前ピアノの先生にレッスンのとき「練習したの?」「ピアノ嫌いになっちゃったの?」と言われてしまいました。
「発表会はうまくいかなかったけどせめてレッスンのときだけでも!!」と気合を入れて練習していったのではっきり言ってきつかったです。
(先生はイヤミで言ったのでは無く私の弾き方がそれくらいひどかったと言うことです。先生は温厚で親切なすばらしい方です。)
私は先生には今の自分の音楽性を聴いてもらいたいので、
「毎日○時間練習しました。」とか「練習ではきちんと弾けました。」
とかは決して言いません。

私自身ピアノを始めるのは遅くなってしまいましたが、とても大好きです。
何も用事が無ければ1日中弾いていても飽きません。
それが、最近では「練習してもまた、先生の前で弾けないんだろうな。ましてやもっと大勢の前でなんて・・・」と思ってしまうと、情けない自分に自然と涙がこぼれます。
更に、心因性のじんま疹が心に追い討ちをかけます。
近くに人がいるとパソコンのキーを叩くときも指が震え始めました。

皆さんに質問です。
(1)練習を自信につなげるにはどうしたら良いでしょうか?
(2)緊張の中でもリラックスする方法を教えて下さい。
(3)指の震えを抑えるには何か方法はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

(1)練習を自信につなげるにはどうしたら良いでしょうか?



 ○ 暗譜するくらい、弾き込んでみる。
 ○ 効果的な練習時間・方法 毎日継続できる、自分のベストをさぐってみる。


(2)緊張の中でもリラックスする方法を教えて下さい。

 ○ 緊張を味方につけること。


(3)指の震えを抑えるには何か方法はありますか?

 ○ メンタル・ケア。
   調子に乗っている時、思わぬ失敗をしたりする、と言う実力派のプロピアニストさんもいます。
   
   自信をつけるために、出来る限りの努力を怠らない。
   発表近くの過剰なアドバイス、外部の否定的、批判的な言葉は聞きすぎると、良くない影響力にも   なることがあります。
   自分の心の声に耳を傾け、聴かないようにする等、、、自分の精神面を調整する。


よくこんなことがあります。
真面目な生徒さんほど、先生に教わった方法、それがベストだと素直に従い、でもなぜかうまくいかず、自分には合っていないのでは? と心に引っかかっている。
それで、自分の方法で練習してゆくと、先生から頑に同じ注意を受け、うまく説明出来ず、理解されない、ということもあります。


例えば、音とりの時。回答されている方もいらっしゃいますね。
初心者の方なら、時間が許されるなら、音とりの時、右手ずつ、左手ずつ、丁寧にとって、最終的に合わせる、合唱やオケのパート譜どりの方法が、通常一般的。
先生たちもそう、指導されることは、多いと思います。

それは、片手で弾けないのに、両手でちゃんと弾けるはずはない、
ゆっくりのテンポで正確に弾けないのに、早いテンポで弾けるはずはない、
理屈で考える人にとっては、それは当然のことなんですよね。

ただ、内容が音楽や芸術の場合、ひとりひとりに能力の違い、やりやすい方法があり、不思議なことに事実、上記の例外もあります。
両手なら弾ける、でも片手では弾けない。
(正確には、最初は片手でも弾けるが、両手で弾けるようになった段階では時間が経過しており、片手での練習は続けてないので、両手弾きほど、即効ではスラスラとは 弾けなくなっている の意。)

早いテンポ(その曲の指示テンポ)では弾けるが、ゆっくりのテンポでは弾けない。
(正確には、上記と共通なのと、女性で手が小さく、届くのがやっとの音幅、指使いの含んだ曲の場合、早いテンポなら弾けるが、ゆっくりにすると、手が痛くなったり、音が濁ってしまい、指定テンポを感覚弾きで暗譜したものだけを覚えているので、ゆっくりに、その場でと指示されると、それほどスラスラとは弾けない の意。)

このように、練習課程には時間が流れているので、必ずしもこの理屈通りにはいかないことが、当然あったりします。

そんな風に考えると、たった2年でステージ活動までされている? ということはかなりの才能? とお見受けしてしまうところ。
のだめ のこと、も出てますが、知ってますか?

この主人公の場合、読譜は苦手ですね。でも、耳がとてもよく、CDを聴いたり、人の演奏を聴いただけで覚えてしまい、ある程度弾けてしまったりするんです。
これはアニメなので少し特殊才能的な描写にはなっているんですが、音楽や芸術にはそういうタイプの人も事実いますし、人によってやりやすい方法は 先生の指導と、時には異なることも、あり、それを理解寄り添うことも大切かもしれません。

初見の楽譜を、いきなり、両手で音とり始める生徒さん もいます。
最初はゆ~っくり、初心者なのにはじめから両手で大丈夫なの? というような弾き方です。
作品の難易度にもよりますが、しかし、ものの30分や、4.5回 そんな風に弾くと、次に弾く時には、スラスラ、、、いつの間に出来てる、ということもあります。


この様に、人それぞれ、能力の利点、欠点、方向もあり、異なりますし、思う様に演奏できないということであれば、習い始めて2年でステージ練習はもしかすると早いのか、ステージ回数が多すぎて、完成度の高いレパートリーの練習スピードが追いつけない、ということも考えられるかも知れませんね。
その場合は、少し減らすなど、調整してみるのも、いいかも知れません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
本番が近くなると、自分に合った練習方法なのかも考えずがむしゃらに両手で弾いて
いました。
ゆっくり片手ずつでの練習も全然忘れて、ただ焦るばかりです。
参考になります。

以上で回答を締め切らせていただきます。
皆さんの回答ひとつずつとても参考になりました。
アガリ症という自分の性格ともじっくり向き合うことができました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/11 19:45

こんちにわ。


精神的なものが大きいみたいですね。

>>>
(1)練習を自信につなげるにはどうしたら良いでしょうか?

客観的に見られる良い例があったな・・・

*1*消臭リッキ~♪ のCMを見る。
イタリー?背景らしき、自信たっぷりの子と控えめな子の歌 の比較のバージョン。
これを、例えば同じ先生に指導されている2人 と仮定して見ると、何か学べることがあるかも。

*2*のだめカンタービレ のDVDを見る。
チアキ先輩と、師匠ミルヒ、マエストロの指揮、指導の仕方の違い。
同じメンバーの演奏者、なのに音が明らかに異なってくるのです。
また、いろんなタイプの先生が音大に出てきます。

*3*フィギュアスケートのコーチと選手の関係も参考になるかな?

*4*血液型とかよく参考にする人なら、該当すれば参考になるかな?

日本は血液型A型が一番多い人口で形成されてきた時代の長い社会 なんですって。
従って、血液型O型が一番多い、ショービジネスのアメリカと比較すると、どんどん自分から積極的に人前に出ないと評価されない、というアメリカと異なり、自己顕示欲強すぎるのを日本は嫌います。
能ある鷹は爪を隠す的、どんなに才能あっても、出しゃばりすぎず、控えめで周りと協調し合える、輝いている原石が周りの人たちから探し出され、ひっぱり出される、的なのが好まれ、評価されやすい傾向の違いがあります。


(2)緊張の中でもリラックスする方法を教えて下さい。

*1*筋肉を脱力させる簡単な運動を 心臓飛び出る待ち時間にする。
*2*おまじないをする。人・人・人・飲む など
*3*緊張とリラックスのバランスをつくることが大切。
リラックスしすぎも集中力に欠け、イージー・ミスになります!(笑)
*4*音に集中して良く聴き、自分に与えられた時間を大切に楽しむこと。


(3)指の震えを抑えるには何か方法はありますか?

*1*リラックス(指、腕の脱力)する。
*2*どこかに力を入れて、心の弱さを補強しようとしたり、見栄を張ると たぶん震える
*3*素直な気持ちで等身大の自分を受け入れ、いつも初心にかえること。
*4*そのステージのためにかけられる準備期間や努力の量は前日までなので日々の努力が大切。
ピアノは考えながら、弾くと失敗するので、感覚的演奏が重要。
当日、ぎりぎりまで譜面とにらめっこしたり、ごちゃごちゃ考えても無駄、緊張を増進させるだけ。
潔く、思い切り自由に、楽しめるゆとりが かえって成功に導く。


聴衆は好き勝手に評価するもの、なので、育て側の先生との信頼関係が、一芸に秀でるためには、とても大切になりますよね。

先生くらいは、この自信ない控えめな子の方にも、良いところたくさん見つけて、たくさんほめてあげる努力をして、有頂天に木に登らせることができれば、自信ある歌の上手な子の方と同じように、ある程度のラインまでは、上手に歌わせることができちゃうカモ?と、私はこのCMを見て感じました。

先生と、生徒の関係についてになります。
先生に厳しくされたり、威圧力が強いと、主従関係がきちんとされ、周囲から体裁よく見えるものではありますが、生徒側は、先生に嫌われない様、従順になり、控えめに礼儀正しく、自分の素を良い子モードにコントロールするようになります。
裏を返すと、その分、どこかに先生の責任に頼る気持ちが大きくなったり、どこかに反発心も生まれてくることもあります。
肝心な発表の時に萎縮したり、自立せず甘えが出てしまったり、先生の指示に反発したり、失敗に繋がる原因を生むことも。

また、先生と生徒が、お友達の様にフレンドリーシップな関係の人たちというのが いますよね。

こちらは体裁的に 周囲に何か疑われたり、関係を怪しまれるなんてことも、時にはありがちですが、そんなことはさておき、先生・生徒側、それぞれのの関係者、ご家族の理解、それも生徒の能力と成長には、大きな力となります。
生徒が生意気に発言した言葉にも、先生がクールに一線引いて、レッスン以外では相手にしないのでなく、親しみこめて言い返してみたり、いつも上から目線ではなく、時には先生の方から、メールしたり、声をかけたり。
先生の実力と努力がはっきり上にあり、先生がちゃんと自信持って接していてくれるから、安心して、生徒は、心をオープンしたり、たっぷりの自信や能力を包み隠さず、先生にぶつかれるようになります。

>>>>私は先生には今の自分の音楽性を聴いてもらいたいので、
「毎日○時間練習しました。」とか「練習ではきちんと弾けました。」
とかは決して言いません。

生徒さん側も、模範生徒みたく、良い子でガードを固めすぎると、先生の方も、オープンして接したり、本音を出さず、言いたいことをはっきり言えない、表面的な関係になっていたりしませんか?

私がインストラクターの仕事をしていたミュージックスクールに、ベテランの男の先生がいました。
20代の女性生徒の一人が、
「あー、先生の顔見たくなくて、今日さぼろうかと思ったけど、仕方なく来てあげたよ!」
先生
「俺だって、ション○゛○臭いおまえの顔なんか、もうみたかねぇよ!」
こんな会話で、緊張している周りの生徒さんたちを和ませていました。

たとえ生徒が失礼なことを言っても、ケジメさえ持っていればいいので、仕方ない子だなぁ、ヨシヨシ!!くらいに親しみをこめて言い返したり、扱えたり、たわいのない会話を楽しめるような関係だと、生徒はのびのび、楽しんでレッスンに通ったり、生徒の作品は先生と二人で作る共同制作ですから、厳しくしたり、説教より、絆や信頼関係、楽しい人間関係が生まれれば、生徒をどのステージに出しても恥ずかしくない出来、になってゆくものじゃないのかな? という感じがしました。

ステージ活動には、自信=強い精神力 は欠かせず大切なもので、自信家くらいの精神力が、その子の持つ能力の多くを実現させ、失敗を防ぎ、結果聴衆へのマナーにもなってゆく様です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自身をよく見せようと先生の前では格好つけようとするきらいがあったことを感じま
した。
それは、私自身がずっと避けてきたピアノの道を堂々と歩んでいる先生に対する嫉妬
からかもしれないです。
失敗しても、あれこれ責めるようなことはせず、一緒に悩んでくれる良い先生です。
時期を見ながら話してみたいです。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/11 19:45

No.3 ふたたびです。

改めてq-galois さんと皆さんのコメントを読んでいて
一言加えなければと思いました。q-galois さんの指の震えや緊張と直接関係ないかもしれませんが。

「肩、腕、手首に力が入っているのが十分分かっていながら」
「指がつる寸前までハノン(スケール、アルペジオ)、ツェルニーをやってます。」

これ、完全に間違っています。力が入ったまま弾くなんて疲れるだけだし
指がつるまで練習しても音符を覚える以外の効果は得られません。

人間的にはとてもいい先生についているのだとしたらその先生も現代の正しい奏法をご存知ないのだと思います。(その先生にはとても失礼ですがこういう先生が多いということが気がかりなので言わせてください)
ご存知ないから教えれれない、としか考えられません。本当は先生共々勉強し直してもらいたいところですが無理でしょうから、先生を替えるか自分の力で何とかするしかないですね。オレは「ちゃんとやりたいのなら先生につかなきゃダメ」と思っているので、先生を替えることを勧めます。

No.1 さんがおっしゃっていた「重量奏法」という言葉はオレには馴染みがないけれど、オレが勉強した「近代奏法」(「弛緩奏法」とも)とたぶん同じ所を狙った奏法だと思います。現代のピアノが完成しつつあった時代にリスト(「愛の夢」の、あのリスト)が編み出したと言われている奏法でです。

「ハイフィンガー奏法」という言葉も知らないけれど想像はつきます。それは、まだピアノが今のような強靭な楽器になっていなかった頃の奏法です。鍵盤が浅くて軽い時代には有効かもしれないけれど現代では「完全に否定されている」と思ってください。(もちろん、音色を変えるためにわざとやることはあるけどあくまでもオプションです)

詳しく書くとメチャ長くなってしまうので書けませんが、簡単に言うと打鍵の瞬間以外は力を抜く、ということ。打鍵したら手首と指のすべての関節で鍵盤の底からはねかえってくる反動を吸収しょうと試みてください。そうすると打鍵した指も他の指も下を向きませんか? これが「力が抜けている状態」です。一音一音ゆっくりとこの感覚を味わってください。

それともう一つ。今は打鍵する時に指が鍵盤から離れているでしょう?
それをやめて、鍵盤にピタッと置いてから(「指のセット」と呼んでいます)そのまま腕と手の重さを利用して(指を再び上げずに!)打鍵してすぐ力を抜くんです。指をセットする前に指を上げて鍵盤を選ぶような気持になることは初期の段階では各指の独立のためには有効です。
オレは一つ一つの音を弾く前に指先で鍵盤の冷たさを感じてから打鍵するというクセをつけて練習しました。これ、オススメです。

美しい音を出すためには雑音の排除が必要です。指が鍵盤を打つ雑音、鍵盤が下の台木にぶつかる雑音などを排除するためにはこの奏法しかないと思います。力を打鍵のために「だけ」使うこと、です。
とってもつらい、根気のいる練習になりと思うけど是非試してみてください。オレも大学生時代にリスト音楽院で学んだ先生に出会うまで古い奏法で弾いていて、その先生に「あなたは音楽性はともかくタッチがダメ。もっといい音楽をしたいなら今のタッチを捨てなさい」と言われてから頑張りましたよ。普通に曲を弾いても正しいタッチで弾けるようになるまでに約2年かかりました。q-galois さんにもできるはずです。

「ピアノの奏法云々を考えるより、練習した方が良い。」と思うのは今日までにしましょう! 近代奏法の本はいくつか出ていますが、外国人の著者・戦後に書かれたもの・あたりで狙いをつけてみてください。(ごめん、自分の本は実家にあるので今は詳細が伝えられない)

もしかしたらこれで指の震えも消えることを願って。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
重量奏法などピアノ奏法に関する本を幾冊か読んだのですが、
音楽知識がほぼ独学の私にとって「教科書」みたいな感じで、書かれている内容がぼんやりとしか理解できませんでした。
平易な言葉での説明ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/05/02 06:46

ピアノ教師です。

一応、私自身も、コンサートを弾くときは、緊張するものですし、納得できない面は、何かしらあるものです。
1)緊張は、「自分は出来ないかもしれない」と、思ったり、「こんな感じで出来なきゃ」と思うと、余計に緊張するものだと思います。
 本番直前に思う事は、最後まで弾ききれば良し!です。演奏すれば、あくまでもその人の音楽が出てくるものだと思います。注意されたことを全部人前で出来る人なんて、いないと思いますよ。完成度より、この部分は良かった、この部分はこういう風に駄目だったと考えてこそ、次への道筋だと思います。
2)緊張していると、息が浅くなるものなので、私は、腹式呼吸を心掛けています。又、息を吸って5秒ぐらい止めて、長く吐くという事を何回がすると副交感神経が優位になってくると今日テレビで聞きました!
3)震える事を考えすぎないで下さいね。ただ緊張して焦ると、筋肉が緊張して、指に重心が乗らなくなり、更に呼吸も速いので、2重効果で(?)益々、速くなってしまいます。日頃から、ゆっくりと弾きながら指先に重心をのせるという感覚の確認をするのも1つの方法です。
 後、これは子供にはかなり効果的だなといつも思うことがあるのですが。生徒によくメロディーに出来るだけ具体的なイメージを付けてそれを思いながら弾かせています。余計なことを考えさせないで、音楽に集中できると思います。(これはイメージ作りが結構大変なのですが、少なくとも音楽にはとても役立ちます。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事遅れてすみません。
ありがとうございます。

練習、本番のとき、参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/05/02 06:36

No4です。

ご返答ありがとうございます。

>今逃げれば、これから先の人生で同じプレッシャーを受けた時必ずまた逃げるのが手に取るように分かります。

これはよくわかります。私もつい最近まで同じような言葉を呪いのように自分に言い聞かせて追い込んでいました。

質問者様はかなりの完璧主義&負けず嫌いではありませんか?
私はこれにさらに自意識過剰と自尊心も加わり、「恥をさらしたくない」とどんどんドツボにはまっていきました。結果、最初は震えるだけだったのが、最後には息が出来なくて立っているのもやっとという状態にまでなってしまい、友達にも「とても見ていられない」と言われてしまいました。
それからは人前で何かする事がものすごい恐怖になりました。発表などが終わる度に、あんな醜態をさらして死んだ方がマシだ、消えてなくなりたい、と思ってました。

でも最近、逃げるのがそんなに嫌なら、あがりを認めて受け入れるしかないじゃないかと思うようになりました。あがりと『真っ向から戦う』のではなく『受け入れる』のです。
私は最近大きなプレゼンをやったのですが、始める前に「緊張して吐きそうです。途中で気を失ったらごめんなさい。」とゼイゼイしながら言いました(笑)。本心から言いました。自分自身で認めるのと、見てくれる人達に覚悟してもらうためです。

あと、自分に対する期待とハードルをグンと下げました。うまくやるのはまず無理ということがわかったので、自分の見える位置に「やり切ったら満点!」と大きく書いて臨みました。そして、緊張して何が悪い、と開き直りました。

それから先ほど書いた(3)の方法は、直前が良いみたいです。私は上記のセリフを言った後、準備をしている間にやりました。舞台そででやるのが良いかもしれません。

あと、先ほどは書きませんでしたが、極度の緊張症はSAD(社会不安障害)の可能性もあると思います。お医者さんに頼ってお薬を処方してもらうのは逃げでもなんでもありません。乗り越える近道になるのであれば、そのほうがよほど建設的で賢い方法だと思います。

最後に、完璧主義の凝り性は、曲を極めて自分の物にするのにとても適した性格です。遠慮せずに音を追求して下さい。また繊細な方が、全く緊張しない神経の図太い人の演奏よりも不思議と心に響くものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

長いことお返事を書けなくてすみません。
ネットができない環境にありました。

お返事ありがとうございます。
日常生活の中で人と話したりすると、急に泣き出してしまったり、手が震えてきたりして精神科にいきました。
SADと診断されました。
薬を服用して1ヶ月半経ちますが、周囲の見え方が全然違います。
薬を飲めば、心が落ち着き震えも抑えられます。そして先生の前で弾く時、(その他誰かとしゃべるときなど)あの頭が真っ白になる感覚がなくなります。ピアノの音の聴こえ方が違います。
もの覚えが悪くなったのは成長期を終えた頭だからだと思っていましたが、楽譜の見え方が違います。
お医者さんから言われた事は、「あなたのアガリ症は必ず治りますので決して緊張の場面から逃げないで下さい。」です。
また人前で弾く機会があれば避けないで出てみたいです。
今度は何とかなるかもしれません。

ピアノに限らず、薬の処方で人生観が180度変わりました。
友達はいないし、彼女なんてできないと思っていた私ですが
ピアノを通して友達を作り、好きな女性も出来たらうれしいなと
今ではいろいろ考えております。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/02 06:22

7才から20才まで習っていました。

今も趣味で時々弾きます。
毎日4時間も練習されてて熱心なんだなと思いました。けど、少しやりすぎかなとも思います。確かに練習すれば指は動くようになりますが、こうしなきゃ、こうじゃなきゃって指も心もガチガチに固まってしまっていませんか?曲の世界を感じていますか?(これは難しいですが)。
私の子供のころの練習法は
  1曲を1日3回ずつ
これだけでした。短くても長くても3回ずつ。そして3回目に弾く時はなるべく間違えないように感情をいれて集中して弾く。

歌手が声を使って表現するようにピアノを使って歌ったりしゃべったりするつもりで弾いてみて下さい。
ちなみに私もかなりあがり症で口べたです。が、うまく曲の世界に入れれば周りは気にならなくなります。
上手に弾けることよりも楽しむ気持ちが一番大事ですよ!!
これからもピアノ大好きでいてくださいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一時期、やる事もそっちのけで1日中ピアノに向かった事もありましたが、
プロでもないのにと思い直し現在ではピアノは4時間までと決めて毎日練習しております。
なので自分ではそんなに狂ったようにピアノに向っているという感覚はありません。
ただ、中途半端に知識がついてきて細かい部分の音楽性を求めようとしているのかもと思いました。
全体を考えず、フランケンシュタインのようなツギハギだらけの曲になってしまっているのかもしれないです。

曲の世界に入り込めるようになりたいです。
私の場合、演奏中も周りが気になってしょうがないようなので。

お礼日時:2008/03/18 19:48

こんにちは。


今は辞めてしまいましたが、子供の頃ピアノを習っていました。私も発表会やコンクールの度にものすごくあがって、何日も前からお腹を壊していました。当日も手はもちろん体全体が震え、どうやってステージに出て行って帰ってきたのか思い出せない位でした(笑)
今は、質問者様のように大人になってからピアノを始められた方を一人教えていますが、彼女も私の前では少し緊張して練習のようにうまく弾けないそうです。私もそうでした(私の場合はできないと殴られたからですが。。。)

(1)自信につなげるにはやはり不安要素を消すような練習をすることだと思います。通しで練習するより、つっかえてしまう所の部分練習やリズム変え練習する方が、同じ4時間でも効率が良いです。
あと、ハノンやツェルニー自体あまり「抜く」という動作がないので、指を早く動かそうと焦るとよけいに力んでしまうと思います。昔教わったのは、逆にものすごくゆっくり一音一音鍵盤の底を感じるように弾き、一音終わる度にスッと力を抜く方法です。
あと、私の場合は椅子がいつも高過ぎて手首が常に強ばって高い位置にあったので、力をうまくリリースできなかったようです。椅子を下げて手首も少し下げることで、深い張りのある音が出る様になりました。

(2)矛盾するようですが、目一杯緊張して良いと思います。これからプロになられる、演奏でお金をもらうという事ではない限り、どのように弾いたって自由なんです。つっかえても、飛ばしても、弾き直しても誰にも怒る権利はありません(笑)リラックスしなきゃという事に意識を集中させるより、こう弾きたい、こういう風に表現したいというイメージに集中するほうが良いと思います。

(3)これは現在私がプレゼン前等にやるのですが、呼吸すらままならなくて手足が痺れている時でも良く効きます。
まず両方の拳をにぎって体に(これ以上は無理というぐらい)思い切り力を入れゆっくり5秒数えます。5秒たったらプハーっと息を全部吐き切り脱力します。これをもう1回やるだけです。緊張しているときは筋肉が収縮しているのですが、その収縮を限界までさせると、あとは弛緩するしかなく、いやでもほぐれるそうです。

あとは、他の方もおっしゃっていますが、先生には全てお話された方が良いと思います。
そして一人で練習されているときに、テープで録音されるのも良いかもしれません。プチ緊張感が体験できるし、納得するまで何度でも撮り直しできます。ご自信の演奏を冷静に分析するのにとても有効ですし、いざとなったらこれだけ弾けるんだぞという証拠にもなります。

ただ、今人前で弾くのが苦痛になってきているのでしたら、少しレッスンはお休みさせてもらって一人で思い切り楽しんでみるのも良いかもしれません。本来の「純粋に好きだから弾いているんだ」という前向きな気持ちを改めて確認するためにも。
と同時に、心のケアもプロの方にお願いしてみてはいかがでしょうか?自分では気づかない原因が他にあるかもしれません。

一日中弾いてても飽きないぐらい好き!という楽器に出会えたのはとてもすばらしい事だと思います。ぜひこれからも楽しんでほしいと思います^^
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「(3)これは現在私がプレゼン前等にやるのですが、呼吸すらままならなくて手足が痺れている時でも良く効きます。
まず両方の拳をにぎって体に(これ以上は無理というぐらい)思い切り力を入れゆっくり5秒数えます。5秒たったらプハーっと息を全部吐き切り脱力します。これをもう1回やるだけです。緊張しているときは筋肉が収縮しているのですが、その収縮を限界までさせると、あとは弛緩するしかなく、いやでもほぐれるそうです。」
を早速試してみようと思います。

私の生まれて初めてのステージで弾いた曲はモーツァルトの「トルコ行進曲」でした。
これは自分でもびっくりするくらい練習通りに弾けました。
習い始めたばかりの動かない指でそれもステージの上で演奏できたのは今考えると奇跡としか言いようがありません。
今はそのときに比べて練習時間も練習内容も充実しているはずなのに、多分バイエルでもステージでは弾けないんじゃないかと思います。

この前、家に友人が訪ねて来て試しに3,4曲弾いてみました。
演奏中の心は「途中で音を忘れたらどうしよう」。
発表会の時よりはだいぶ思い通りに弾けたのですが、こんな弱気では本番うまくいかないのは当然だと感じました。
友人は音楽の全くの初心者ですが、私の様子を見て「聴いてられない。ビビッているのが分かる。」とのこと。

「お前はピアノのような芸術には向いていないんだから辞めれば良いじゃん。」と言われればそれまでです。
むしろチキンである自分がピアノに不向きな事くらい百も承知です。
しかし、今逃げれば、これから先の人生で同じプレッシャーを受けた時必ずまた逃げるのが手に取るように分かります。
皆さんの意見がとても参考になります。ありがとうございます。

お礼日時:2008/03/18 17:32

ピアノを教えている♂です。



まずは先生に全部話しちゃいましょう。先生にとっても大きな宿題になるかもしれないけど良い先生なら一緒に考えてくれるはずです。

大好きな曲をとことん練習して暗譜して目をつぶっても弾けるくらいに弾き込んでみましょう。曲に没頭できることが助けになるかも。自信を持って弾けるようになると変われると思いますよ。

それでもダメだったら気軽に病院に頼りましょう。心的な要因が見つかれば対処法も見つかるでしょう。

リラックス!!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
先生とは練習曲・課題曲以外の話はしないのですが、
(先生は休憩も兼ねていろいろ違う話題も振ってくるのですが、
私が口下手で更に緊張で手一杯の状態なので通り一遍の返答しかできてないのでしょう。)
今の私の状態を正直に先生に話してみようかなと思いました。

発表会が終わる度に先生は私にかける言葉を捜しているようで、
なんだか申し訳ないです。
先生は私のために時間を割いて選曲に苦心し、曲の構成や時代背景などレクチャーして頂いたのに、
いざ本番が終わってみると私は練習・レッスンではやらなかった事ばかりやってしまいます。
私は発表会が終わってまず先生にかけた言葉は「すみません・・・」。
それ以外言葉は出てきませんでした。
先生も一生懸命教えて生徒が喜ぶなら報われますが、私が落ち込んで
いる姿を見てなんと思ったことでしょう。
察すると心が痛みます。

お礼日時:2008/03/18 16:51

私も人前で何かをするっていうことが嫌いで、ピアノをやっていましたが発表会はパスしていました。


また高校生の時に、人に見られていると原因不明の手の震えがありました。わずかな震えではなく人から見てすぐにわかるくらい大きく震えました。
嫌で嫌で仕方なかったのですが、今はそんな症状ありません。
多分他人と接するのに慣れてきたことと、前までは人より自分は劣っていると思っていた意識がなくなったからだと思います。

(1)練習を自信につなげるにはどうしたら良いでしょうか?
練習ではうまく弾けていらっしゃるのですから、、練習法等に問題はないと思います。ましてはピアノが大好きで1日に4時間練習しているのですから。
まずは人の前で弾くのに慣れることだと思います。
家族でも友達でもいいから人に聞いてもらうのはどうですか?
ピアノの先生の前でも緊張して上手く弾けないのであれば、ピアノの先生ともっと打ち解けてみたらどうですか?
ピアノの話だけではなく他の話をしてみたり、距離を近づければ緊張しないようになるのでは?
その悩みも先生に聞いてもらうのもよいと思います。
決して言い訳に聞こえるわけないし、良い解決方法を導いてくれるはずです。

(2)緊張の中でもリラックスする方法を教えて下さい。
上手く弾こうとか間違えないようにという思いで頭をいっぱいにしないで、弾くことを楽しむのはどうですか?

(3)指の震えを抑えるには何か方法はありますか?
緊張からくる指の震えであればやはり人前で弾くことに慣れるしかありません。
いきなり大勢の前で弾くという大きな目標よりまずはピアノの先生の前で弾けるようになることから初めてみたらどうでしょう?

人前に出るのが苦手な気持ちはすごくわかります。
私も今でも嫌です。
でも大好きなピアノを楽しんで弾けるように頑張って下さいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私は以前、書痙に悩まされた事があります。
近くに人が入る前で筆を握ると手が震えます。ペンで書く場合は人が
見ていてもなんとも無いのですが。
今は筆で書く機会が無いので治ったかどうかは分かりません。
書痙の場合は気持ちは平常心で、別に筋肉が緊張しているといった感覚はなく
手だけが震えるといった感じです。

ピアノの場合は明らかに、腕の筋肉がカチカチに緊張しています。
呼吸が浅くなり気持ちが動揺しているのをこの前自覚できました。
分かっても何もできないもどかしさに襲われます。
先生は「この部分を来週までに練習してきてね。」とおっしゃいますが、
私は『練習ではできたのに・・・』と心の中では思いながらレッスンの時は
弾けてないので「はい。」と答えるしかありません。
家に帰り、弾いてみると難なく弾ける・・・。まさに「情けない」の一言です。
劣等感・マイナス思考が原因かもしれないです。

お礼日時:2008/03/18 16:16

>>(1)練習を自信につなげるにはどうしたら良いでしょうか?



片手の練習をすること。片手の練習ができなければそれは読譜の問題。
効率的な練習方法を習うこと。ガムシャラやってもダメ。先生から「練習の仕方」を習うべきだと思います。

>>(2)緊張の中でもリラックスする方法を教えて下さい。

多分無いと思います。緊張の中でどれだけの力を発揮できるかが演奏の試練だと思います。
精神的には「演奏を楽しむこと」。でもこれはなかなかできるものではないと思います。

>>(3)指の震えを抑えるには何か方法はありますか?

指の力が弱いか、重量が指先に十分かかっていないときに震えます。鍵盤の底をぐっと押さえ込むほどの力でプレッシャーをかけて弾くものです。キーワードは「重力奏法(重量奏法)」。これで解決。
脱力ができていないのではないかと思います。そもそも、そんなのは先生が教えてくれるものなのですがね・・・。

ピアノを始めて2年目の大人ということは恐らく中級レベルですから、今からそれほど心配されることはないと思います。これからもっともっとむずかしくなりますから、あせらずに基本をしっかりと押さえておけば末永くピアノを楽しむことができると思います。私だったら教師を変えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理論的なご回答ありがとうございます。
私はピアノを理論的に考えた事がありませんでした。
ピアノ奏法に関する本が出版されている事は知っていますが、
心の中は「ピアノの奏法云々を考えるより、練習した方が良い。」
であり、練習9:理論1ぐらいの気持ちなように思っていました。
勉強の価値があるとthepianomanさんのご回答を参照して感じます。

私の今までの練習はいわゆる大和魂の根性練習主体でした。
指がつる寸前までハノン(スケール、アルペジオ)、ツェルニーをやってます。

細かいトリル・装飾音など無理なところがあると「これが歳の壁か・・・」と悲観的になってました。
重力奏法(初めて聞いた言葉でした)を調べてみました。
文章で読んだだけなので実際の重力奏法とは、ずれているかもしれませんが、
ただ指を器用に動かすことが上達の道では無いようだと素人ながら思いました。
私は「ハイフィンガー奏法」を(誰に教えられるでもなく)理想の演奏方法だと思っていたみたいです。

自分でも肩、腕、手首に力が入っているのが十分分かっていながら、
どう直したらよいのか分からずにいます。
そういったことも先生に聞いてみたいと思います。

ピアノの先生は女性が多いようですが、成人の男を教えるのを嫌うようで、それまでなかなか教師が見つかりませんでした。
今、私が通うピアノ教室の先生は男の私でも喜んで迎えて頂きました。
そして何より一生懸命教えてくれます。

お礼日時:2008/03/18 03:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアノの試験で度を越した緊張

 お世話になっております。以前も似た質問をしたのですが、自分で消化仕切れなかったので、申し越し踏み込んで質問させていただきます。
 
 現在、保育士の資格取得のために学校に通っています。それにはピアノの試験があります。練習中は自分でもかなり上手く弾けているのですが、試験になって先生の前で弾くと過度の緊張で全く弾けなくなります。
 試験前の待機時間はそんなに緊張しないのですが、いざ自分の番になり、ピアノの前に座ると、指と手が震え何がなんだかわからなくなります。思考がストップしてしまいます。当然、繊細な指の動きが必要なピアノの試験には受かるわけがありません。ひどいときは待機の席に楽譜を忘れてピアノに向かってしまいます。試験が終わった後も、しばらくがくがく震えがおさまらず、言葉が発せない状況です。
 いろいろと自己暗示などを試したのですが、効果がありません。夜になると、このまま、試験が受からないのではないだろうか、と思い、眠れない夜も良くあります。これは自分では乗り越えられそうにないので、医療に頼らなければならないと感じてきました。
 こういった状況で心療内科の門を叩くのは甘えでしょうか?この程度で病院に行ったら、医師に小馬鹿にされるでしょうか?それとも、なんらかの神経症の可能性もあるのでおかしいことではないでしょうか?
 その辺の判断が難しいのでどうかよきアドバイスお願いします。

 お世話になっております。以前も似た質問をしたのですが、自分で消化仕切れなかったので、申し越し踏み込んで質問させていただきます。
 
 現在、保育士の資格取得のために学校に通っています。それにはピアノの試験があります。練習中は自分でもかなり上手く弾けているのですが、試験になって先生の前で弾くと過度の緊張で全く弾けなくなります。
 試験前の待機時間はそんなに緊張しないのですが、いざ自分の番になり、ピアノの前に座ると、指と手が震え何がなんだかわからなくなります。思考がストップ...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ち十分にお察しします。私の現在の状況で参考になればと思い、
長文ですが失礼します。

私は小さい頃から人前に立つ事が苦手で緊張の場面(授業参観,運動会,音楽会etc)はすべて避けてきました。ピアノも習いたかったのだけれど先生の前で弾かなくてはならなかったり、何より発表会が嫌で習いませんでした。
それが今20歳を越えて、ピアノがやはり諦められず、習い始めました。ちょうど習い始めて2年になります。発表会のようなステージで演奏する機会も数回ありました。
私の1番の悩みは、練習通りに弾けないことでした。ピアノの先生の前では練習の50%,ステージの上では練習の20%位です。家の練習では10回やって10回弾けるのに先生の前では頭が真っ白になり指が止まります。自分では完成したと思っている曲を毎週毎週繰り返しです。毎日練習してもレッスンのときには弾けないものだから先生から「ピアノ練習してるの?ピアノ嫌いになったの?」と言われることもありました。返す言葉がありません。心の中では「先生、なんでそんな事言うの。毎日自分なりに精一杯練習してるのに・・・」と叫び声をあげます。
発表会も回数を重ねる毎に演奏はひどくなっていきます。
練習はジキル博士がやり、レッスンや人前で弾くとなると途端にハイド氏にとって代わられると例えれば良いでしょうか。とにかく人が近くにいると自分の手が自分の手でないように感じられて、頭が真っ白になるのです。
私は、精神科に行きました。診断結果は重度のSAD(社会不安障害)です。
今、薬を服用して2ヶ月程度ですが、生活全般が変わりました。
人生観が180度全く変わります。今はピアノに対しての話に限定しますが、先生の前で頭が真っ白になって曲が止まるという事がなくなりました。(練習で曖昧なままの所はもちろん止まりますが・・・)指の震えもなくなりました。今度の発表会がどうなるかが今楽しみなところです。

話が長くなりましたが結論は、
(1)心療内科の先生は絶対に小馬鹿にしません。むしろ真剣にお話を聞いて下さることと思います。心療内科に足を運んで損はないと思います。
(2)生まれつき、又は大きな失敗からくるトラウマが原因で緊張に極端に弱い人がいるという事実を質問者様のみならず多くの方に理解して頂きたいです。それは経験回数を積むとか努力が足りないだとかいうレベルではないのです。人目を気にして、ものすごい劣等感に苛まれて生きています。100時間練習したら100時間分の自信にならないのです。100時間分の不安になるのです。

私はもっと早く心療内科に行けば良かったと自分自身思っています。
長文、読んで頂きありがとうございます。私は精神科医ではないので間違っていたらごめんなさい。

参考URL:http://www.sad-net.jp/index.html#

お気持ち十分にお察しします。私の現在の状況で参考になればと思い、
長文ですが失礼します。

私は小さい頃から人前に立つ事が苦手で緊張の場面(授業参観,運動会,音楽会etc)はすべて避けてきました。ピアノも習いたかったのだけれど先生の前で弾かなくてはならなかったり、何より発表会が嫌で習いませんでした。
それが今20歳を越えて、ピアノがやはり諦められず、習い始めました。ちょうど習い始めて2年になります。発表会のようなステージで演奏する機会も数回ありました。
私の1番の悩みは、練習通り...続きを読む

Qピアノ演奏、間違える、間違えない、その差

ピアノ演奏を間違えないで弾く人と、間違える人があります。
単なる練習量や、難易度と関係なくです。
私は、自分のレベルより下の曲を、かなり練習しても、なかなかノーミスで弾くのが難しいです。
これは、何が原因だと思われますか?
上がる、というのはあるでしょうが、家で一人で弾いても間違えます。
集中力でしょうか。
頭の良い、悪いと関係があると思いますか?
ピアノを教えておられる方、どうですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
ご質問内容の解釈に違いがあったらごめんなさい。

ミスをする…という事が初見ではなくて 弾き込んだものという前提でお話しさせて頂きますね。

何を以て頭が良い.悪い.というのかは分かりかねますが ピアノを単に間違える間違えない…という意味合いでの頭の良し悪しを言えば『間違える原因を分析する能力があるか ないか』という事になるかな…と思います。
原因を分析する能力は 人によってきちんとした教育(ピアノ.音楽に関して)を受けたから…という方もいらっしゃるでしょうし ご自分で研究して能力を持たれた方もいらっしゃると思います。

ミスする原因をここで全部挙げるのは困難なので 比較的多いと思われる事を挙げます。

*メロディを音で覚えていない(指の感覚だけで覚えようとする・例えは悪いですが絵本の絵だけ見て雰囲気だけ覚えて、文章は読まないので本当の内容はしっかり把握できていない…みたいな感じ。もっと言えば楽譜をほとんど見ない人もいて、目をつぶって絵を描くようなものだ…と生徒には説明します。)

*リズムが理解できていない(拍子を確認しない.拍を取らない.など)

*和声感覚に乏しい(和音変化に意識が持てない.など)
この3点が音楽の3要素 リズム・メロディ・ハーモニーといわれているもので音楽の基礎です。 *リズムは拍(拍子)と密接な関係があり 普段から拍を意識しないで弾いていると自分が何拍目を弾いているかも分からない事があります。
*メロディはフレーズという文章で言う句読点のようなまとまりがあって 文章を一文字ずつバラバラに読まないのと同じく メロディもまとまって感じます。*ハーモニーは進行に一定の法則性がある場合が多く この法則に慣れると次にくる和音の種類が予測できたりします。

このような音楽の基礎的な部分が理解出来ているか いないかで ミスの度合いが違ってくる場合が多いと思います。

質問者さまのような疑問を持たれる方は結構多くて 自分にとって低いレベルなのに間違える…又は長く弾いていると崩れて来てしまうとか弾けた曲が弾けなくなった…という相談を私も幾度となく受けてきましたが 『弾く』という行為に関しては簡単に感じていらしても 本当に理解できているかどうかは 上記に挙げた事がポイントになりますので チェックするべき事は山積みです。

☆単純に運指が間違っている事もあります。

☆もちろん集中力もありますが 基礎を積み上げて行く事で集中力もある程度ついてくるものだと思います
☆テクニックで。メロディや和音を繋いで弾いているつもりでも 本当に繋げられない人も多いと感じます。音楽の横の流れが指でも把握できないと感覚的にも分かり難く それが間違える原因になる場合が多い…という私の持論なんですが。
このテクニックを文章でご説明するのは 非常に困難なんですが 言葉にすると『指で歌う。指が歌いながら這うように弾く。』とか『寄りかかって弾く』とか。。。ん~。難しいですね(汗)

もちろん 這うように弾く時ばかりでもないし 寄りかかって弾く時ばかりでもないし。ただ手(指)が鍵盤から離れても感覚は常に繋がっている…ですかね。

☆指がつくれていない。
単純にテクニック的な事です。
指が鍛えられていないと 脳で判断した事を瞬時に指に伝えても 指が反応できません。

原因はまだまだあると思いますが…

ご参考になれば幸いです♪

こんにちは。
ご質問内容の解釈に違いがあったらごめんなさい。

ミスをする…という事が初見ではなくて 弾き込んだものという前提でお話しさせて頂きますね。

何を以て頭が良い.悪い.というのかは分かりかねますが ピアノを単に間違える間違えない…という意味合いでの頭の良し悪しを言えば『間違える原因を分析する能力があるか ないか』という事になるかな…と思います。
原因を分析する能力は 人によってきちんとした教育(ピアノ.音楽に関して)を受けたから…という方もいらっしゃるでしょうし ご自分で研...続きを読む

Qピアノ、指を速く動かす訓練について

初めまして、独学でピアノ歴4ヶ月の26歳初心者男です。
使っているのは電子ピアノ(カシオのプリヴィアpx-110)で、練習曲などは一切やっておらず、弾きたい曲をランダムに選んで弾いています。

テンポの遅い曲ならなんとか弾ける様になったのですが、速い曲だと指が全くついていけません。
原因が判然としないため効果的な訓練方法も分かりませんので、教えて頂ければ幸いです。
「キャリア不足なんだから黙って練習してろ」と言われればそれまでなのですが、それだけではない様な気もします。
最近は指の筋力不足かなぁ~とうっすら思っているのですが、正しいかどうかも分かりませんし、正しいとしても指の筋力を鍛えるのに効果的な訓練方法も分かりません。

それにお恥ずかしい限りですが、未だに薬指に力を入れる際、小指にも力が入ってしまい小指が立ってしまう(左利きなので右手の小指がより顕著です)ので、薬指での打鍵の直後の小指での打鍵の際、微妙にテンポがズレてしまう事が多いです。
小指が立ってしまう原因は何なのでしょうか?
また、これを解消する効果的な訓練も教えて頂きたいです。

また、ペダルの上手な使い方も併せて教えて頂きたいです。
踏み込む時は一番下まで踏み込んだ方がいいのか、踏み込みを甘くする時は一番上まで戻した方がいいのか等、ペダルに関しては分からない事だらけです。

質問は以上です、長々と申し訳ございません。
どなたかお詳しい方、ぜひご意見を聞かせて下さい、よろしくお願い致します。

初めまして、独学でピアノ歴4ヶ月の26歳初心者男です。
使っているのは電子ピアノ(カシオのプリヴィアpx-110)で、練習曲などは一切やっておらず、弾きたい曲をランダムに選んで弾いています。

テンポの遅い曲ならなんとか弾ける様になったのですが、速い曲だと指が全くついていけません。
原因が判然としないため効果的な訓練方法も分かりませんので、教えて頂ければ幸いです。
「キャリア不足なんだから黙って練習してろ」と言われればそれまでなのですが、それだけではない様な気もします。
最...続きを読む

Aベストアンサー

運動生理学から考えるのもよいと思います。
人間の指を動かす筋肉の大半は前腕の中に納まっており、ここから長い腱を経てリモートコントロールされています。薬指と小指は、普段の人間の日常生活ではバラバラに動かす必要がないのでひとつのサヤ(腱鞘)に収まっており、同時に動いて相乗効果で握力が高まるようになっています。そのため分離して動かそうとするときには思うように動きにくくなっています。
これの分離をよくするストレッチ体操があります。急激にやると腱鞘炎になったりするので、毎日少しずつやると良い。通勤や通学、信号待ちやテレビ・映画を見ているときにやるのが良い。
2つのパターンがあります。
1.左手で握りこぶしを作って手首を反らせます。左手を握ったまま小指を伸ばして、右手でその小指を握ります。ゆっくり小指を反らして行きます。こうしておいて、握りこぶしの力を入れたり抜いたりして、他の指を2~3回開閉します。手首に痛みが走りますので、無理をしてはいけません。小指が終わったら薬指を右手で握って同じことをやります。そして中指、人差し指と行って、左右の手をチェンジして同じことをやります。
2.こんどは逆に、小指以外の4本の指を伸ばして逆反りさせて右手で握ります。そのまま小指だけを2~3回曲げる(握る)。次は薬指だけを残して残りの指を右手で握って逆反りさせて薬指を曲げていきます。これを左右の各指で行います。

以上の2種類のストレッチをヒマなときに2週間もやれば、各指の独立性がウソのようによくなり、トリルも倍くらい早く弾けるようになります。
お試しください。ただし、手首に激痛が走るほどやってはいけません。最初はごく軽く、痛みが走ればそこまでという感じです。
ギタリストの左手のトレーニング方法としても非常に効果的です。

運動生理学から考えるのもよいと思います。
人間の指を動かす筋肉の大半は前腕の中に納まっており、ここから長い腱を経てリモートコントロールされています。薬指と小指は、普段の人間の日常生活ではバラバラに動かす必要がないのでひとつのサヤ(腱鞘)に収まっており、同時に動いて相乗効果で握力が高まるようになっています。そのため分離して動かそうとするときには思うように動きにくくなっています。
これの分離をよくするストレッチ体操があります。急激にやると腱鞘炎になったりするので、毎日少しずつ...続きを読む

Q人前での演奏で緊張…

ピアノを人前で演奏するとガチガチに緊張してしまって、頭が真っ白になって手が震えてしまって、演奏後凹んでしまうことがあるんですが、人前でも適度に緊張してリラックスして演奏するにはどうすればいいんでしょうか?落ち着いて演奏するにはどうすればいいんでしょうか?誰かアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

早い話が、エエカッコしたがりなのですね。

いきなりのパンチでしたが、つまり100%ミスタッチがなく聴衆に素晴らしい自分を印象付けようとの願望は音楽をするなら誰にでも(私も)あるのですが、そんな向上心は普段の練習は兎も角としてステージの上ではとても邪魔になってしまいます。誰に言われるまでもなく貴方も私も下手なのです。

ステージの上の本番では理想の通りに演じようとするのでなく、ごく普通の状態の自分、つまり難しいパッセージでは指がからまって音が抜ける、フォルテではタッチが揃わない、ピアニッシモでは音楽が一瞬止まってしまう、繰り返しの箇所では目が慌てる、そんな自分を「どこにでも生息している初心者叉は中級者の典型例」としてステージに上がって、聴衆の期待通りの適当にマズい音楽を奏でる役目を負っている。

そのように考えを改めて見てはどうでしょうか。

わざわざこのように思わなくても普段の歩き方と同じ歩き方で舞台中央に進み、普段の自分と同じように下手な演奏を普段通りに演奏出来るようになるには確かに年期と厚かましさが要りますが、でもステージ初心者のうちは「一生懸命練習して来たのだから、それに見合う良い演奏をしなければならない」という意識が強すぎる(少なくとも私はそうでした)ので、先ずそれを意識して捨てる練習もして下さい。

ポイントはもう一つあります。
それは音楽の事ではなく、人の注目を浴びる練習です。大人しくて引っ込み思案、謙譲も美徳なのですが、もしそのような性格なら殊更目立つ自分を機会を見つけては演出して下さい。例えば人が沢山いる中でお年寄りに親切にする。電車を降りるときには人にはっきりと「どうぞお先に」という。または「お先に失礼」と言う。周りの人はさっと貴方を見るでしょう、それも練習になります。

やがていつかステージが好きになりますよ。舞台で何を考えなくても顔は勝手ににこにこしているようになります。そんな日が必ず貴方にもやって来ます、ずっと音楽が好きであり続けるならば。

良い音楽を奏でる為には、テクニックはなくてもより良い音楽が自分の中で響いているという感性を持っていること。それだけです。自分の能力と頭の中の音楽の差に気付いていれば格別努力をしていると思わなくても楽器に向かっているものです。その延長上に舞台で「自分の感じている音楽というものを披露する」という楽しい出来事が待っているのです。そんな時舞台の緊張は音楽を最後にブラッシュアップしてくれるこころよいものになります。

早い話が、エエカッコしたがりなのですね。

いきなりのパンチでしたが、つまり100%ミスタッチがなく聴衆に素晴らしい自分を印象付けようとの願望は音楽をするなら誰にでも(私も)あるのですが、そんな向上心は普段の練習は兎も角としてステージの上ではとても邪魔になってしまいます。誰に言われるまでもなく貴方も私も下手なのです。

ステージの上の本番では理想の通りに演じようとするのでなく、ごく普通の状態の自分、つまり難しいパッセージでは指がからまって音が抜ける、フォルテではタッチが揃わな...続きを読む

Qピアノ初心者がピアノを何とか弾けるようになるまでの期間は?

初めまして。
私は全くのピアノ初心者、というよりも音楽初心者です。
楽譜もろくに読めないような状態です。
が、とにかくピアノの演奏に憧れがあり是非趣味として始めたいと思っています。

そこで質問なのですが、
・私のような楽譜も読めない初心者はどのあたりのピアノ(住環境からして電子ピアノ)を購入するのがいいのでしょうか?
・全くの素人ですが独学で始められるものなのでしょうか?

最後に余談ですが、私の憧れの曲というのが
・黄昏のワルツ (加古隆)
・パリは燃えているか (加古隆)
・戦場のメリークリスマス(坂本龍一)
・EnergyFlow(坂本龍一)等々
なのですが、上記の曲などはどのくらいのレベルの曲なのでしょうか?
毎日練習したとして、なんとか弾けるようになるまで
大人だとどのくらいかかるものでしょうか?

一概に言えるものではないとは重々承知していますが、経験者の方々のご意見をお聞かせ下さい。
ちなみに、年齢は20代中盤です。。。

Aベストアンサー

事情で、独学ということもあると思います。でも、すぐには弾けるようにはならないと思います。なぜって、わざと遠回りをするからです。

私は、昔習っていて再開組みですが、ロックをやってます。大人がピアノを弾くとき、子供に比べて練習時間がとれないし、弾けない(上達しない)と100%辞めます。特に短気な私は。
理想ではありませんが、毎日でなくとも気が向いたときでいいです。上達具合は遅いですが、気が楽になります。毎日弾く事(気が進まないときはピアノの前に座って寝ててもいい)を習慣化するのか、どっちか自分の性格で決めてください。

まず、基本的なコードを覚えてください。ジャズピアノの本が参考になります。
お勧めは、『ジャズの練習 ジャズ・ピアノ・テクニカル・メソッド ビギナー編』です。
この一冊でかなり遊べます。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4285105152/sr=11-1/qid=1165284303/ref=sr_11_1/250-1069341-8253822
もう一冊
『はじめよう!ピアノでコード弾き』
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/keyboard_data/05217201.htm
この本は、私が言いたかったことが全部書いてあります。

次に、メトロノームを買ってリズム感を永遠に鍛えまくりましょう。テクニック的には簡単なことしかやってないのにうまく聞こえるのはリズム感のせいです。
振り子アナログメトロノームはわかりやすいですが、音がうるさいのでヘッドホン越しにピアノの音を聞きながらも聞けますが、夜は控えたほうがいいので電子メトロノームがいいでしょう。そのときに、LED点滅や、液晶画面で振り子が左右に揺れるものがいいでしょう。目でリズムを確認できます。
私が使ってるのは、BOSSのドクタービートです。
http://www.roland.co.jp/products/boss/DB-60.html

ピアノ選びについては、毎日弾こうとするから三日坊主になるわけで、気が向いたときに弾けば長く続けられるわけです。
長く使うならいいものを買いましょう。5万円なら、ヤマハのP-70でしょう。
http://www.yamaha.co.jp/product/epiano-keyboard/p-70/index.html
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=814^P70^^
http://item.rakuten.co.jp/chuya-online/7569/

事情で、独学ということもあると思います。でも、すぐには弾けるようにはならないと思います。なぜって、わざと遠回りをするからです。

私は、昔習っていて再開組みですが、ロックをやってます。大人がピアノを弾くとき、子供に比べて練習時間がとれないし、弾けない(上達しない)と100%辞めます。特に短気な私は。
理想ではありませんが、毎日でなくとも気が向いたときでいいです。上達具合は遅いですが、気が楽になります。毎日弾く事(気が進まないときはピアノの前に座って寝ててもいい)を習慣化するの...続きを読む

Q大人のピアノ上達方について

よろしくお願いします。

現在34歳、男です。ピアノをはじめて4年になります。

最近ユーチューブなどでまだ10歳にも満たない子供がショパンなどの難易度の高い曲を弾くのを
みるのですが、この様な子供たちは毎日どのような練習方法を実施しているのでしょうか?

おそらく子供は3歳くらいからピアノをはじめたとしても、わずか6年たらずで、難易度の高い曲を弾くのが私にとって不思議でなりません。

私も仕事で忙しいですが、とりあえずは毎日30分は演奏するようにしているのでが
いまだに『初めて演奏する大人のピアノ』のような楽譜を使用しての練習から抜け出せません。

また、ぜんぜん成長しているような気がしません。(独学での練習ということも原因かもしれませんが…)
このまま5年、6年と毎日ピアノに触れたとしても、子供のような上達は、まず無理だと思ってます。

なにか子供のように、ぐっと成長する効率よい練習方法など教えていただけないでしょうか。

ピアノは大好きで一生の趣味にしていきたいです。
目標はショパンの幻想即興曲が弾けるようになることです。
40歳までに弾けるようになりたいです。

何卒、アドバイスのほど宜しくお願いいたします。

よろしくお願いします。

現在34歳、男です。ピアノをはじめて4年になります。

最近ユーチューブなどでまだ10歳にも満たない子供がショパンなどの難易度の高い曲を弾くのを
みるのですが、この様な子供たちは毎日どのような練習方法を実施しているのでしょうか?

おそらく子供は3歳くらいからピアノをはじめたとしても、わずか6年たらずで、難易度の高い曲を弾くのが私にとって不思議でなりません。

私も仕事で忙しいですが、とりあえずは毎日30分は演奏するようにしているのでが
いまだに『初めて演奏す...続きを読む

Aベストアンサー

ただ弾けばいいってもんじゃない。
色々ノウハウがあります。
家庭では、
バイエルなどの簡単で基本的な
練習用の楽譜で反復練習をします。
練習用で二冊です。
その後でメイン曲の練習をします。
普通によく練習する子なら練習曲で15~30分程度。
本格的にやる子なら難しい曲を一日何時間も弾いて
完成度を上げます。

他にも教室ごとにやる内容は変わりますが、
先生の伴奏で歌を歌ったり(ヤマハなど)
和音(ギターでいうところのコード)の練習や
聞き取り(先生が生徒のレベルに合ったメロディや和音を
ピアノで弾き、それをその通りに弾く)などがあります。

私も幼児期から習っていました。
個人的にはかなりサボる方で
独自で独学的な方法で
好きなジャンルの好きな音楽を
弾いていました。
先生がやれと言った事はほぼやってないです笑
まずクラシックならプロのCD(先生が下手だったんで)を聞いて
表現方法のお勉強。
それでやりたいジャンルはJポップなんで
書店でレッスンとは関係のない楽譜を買って
レベルに合ってないけど
譜読みを頑張って弾きました。
TVで聞く曲を聞き取り
始めは主旋律を正確に聞き取る事から。
ベース部分を聞き取り
コード譜に従って和音を足していく。
後は自分のセンスで足りない音を足して
盛り上がり部分の調節をして
不要な音を省く作業。
レッスンは毎回初見(初めて見た楽譜を速攻で弾くやつ)同様に
なってしまっていましたが毎日一時間練習していると
嘘ついていました笑
だって先生Jポップ知らないから。
弾きたい時に好きな曲だけ弾く方法でも
嫌々やって全く弾かない人と比べるとかなり上達しますよ。
でもちゃんとした練習をすると全然違います。
上達法は人それぞれです。

普段からしといたら良い事
・指肩首のストレッチ(特に中指と薬指の間を広げる動作はしておきましょう)
・基本姿勢を保つ(どうしても嫌ならどんな姿勢でも良いけど、
色々な副産物があります。腰痛防止、スムーズに色んなテクニックに移行しやすい
所作が美しい、同じ姿勢で弾く方が体が動作を正確に覚えられる)
・多種多様な曲をたくさん聞いて耳を鍛え表現力を養う
・本物のピアノならメンテナンスを定期的にする
・録音して自分の演奏を良く聞く
・薬指と小指は大人でもコントロールし辛く音も弱いので
毎日トリルの練習でもすると良い

苦手別練習法
(1)リズム音痴なら→メトロノームを使う
(2)速い曲が弱いなら→弾けるようになった曲を何回も反復練習し、
正確性を養うとそのうち勝手に指が止まらなくなる
(3)和音がバラバラ→黒鍵の方が出っ張ってるので普通に弾くとバラけます。
全ての所定の鍵盤にまず各指を軽く置き、そこから指の力だけで、
筋肉を使うより反射神経で弾くように意識してキレよくスパッと鍵盤を押さえる。
(4)メロディラインがいびつ→スラー、ノンレガート、スタッカートの違いを意識する。
スラー・・最初に引いた鍵盤が上がりきる前に次の鍵盤を弾いて連続的に音が鳴るように。
ノンレガート・・最初の鍵盤が上がりきったと同時に次の鍵盤を弾いてキレよく。
スタッカート・・音を短くハッキリと切るように。
スタッカートにスラーがかかっている・・手首のスナップを利かせて柔らかく鍵盤をはじく。
鍵盤の表面より奥の方を意識して。音が大きくなりやすいので注意する。
(5)音のバランスが悪い→和音は音が大きくなりがち、控えめに弾く。
主旋律を大切に弾く。初心者は力み勝ち。無駄に力まず
メゾピアノ位の力加減で、指のコントロールによって強弱をつけるように。
(6)精神集中→余計な事は考えない。自分は天才だと思い込む。

とりあえずこんなけ(^^)v
よく勘違いする人が多いのは、
同じ難易度の曲でも完成度によって全く別物なんだけど
曲そのものの難易度だけで人のレベル測っちゃう人ね。
完成度上げるのはとっても大切です。
しばらくブランクがあって弾かなくなったとき
全盛期のレベルが高い程
腕が落ちても上手に弾けますが、
すぐに曲をマスター出来ても
ずっと弾かないと何も弾けなくなってしまいます。
あくまで私の経験上です。
一つの曲を完全にマスターする方が
色んな曲を適当に弾いてくよりも大事です。
大人なら幼児と違い有利な点もあります。
指の長さがもう既に発達していて力もあり、
これ以上指が伸びないから誤差で狂わない。
ピアノ初めて4年(毎日キッカリ30分練習)なら
ちゃんとした練習さえしていれば
ショパンの簡単な曲ならもう弾けてますね。
大人だから時間取るのが難しいことと思います。
お仕事でお忙しい場合は、
↑の中からピアノがなくても出来るものを
空き時間などを利用してやってみて下さい。
案外仕事しながらでも出来るものもありますよ。

ただ弾けばいいってもんじゃない。
色々ノウハウがあります。
家庭では、
バイエルなどの簡単で基本的な
練習用の楽譜で反復練習をします。
練習用で二冊です。
その後でメイン曲の練習をします。
普通によく練習する子なら練習曲で15~30分程度。
本格的にやる子なら難しい曲を一日何時間も弾いて
完成度を上げます。

他にも教室ごとにやる内容は変わりますが、
先生の伴奏で歌を歌ったり(ヤマハなど)
和音(ギターでいうところのコード)の練習や
聞き取り(先生が生徒のレベルに合ったメロディや和音を
...続きを読む

Qピアノの先生の前では上手く弾けない

昔から先生の前では緊張して上手く弾けません。
家での練習では間違えない箇所でも、先生の前だと間違えるばかりするし
感情移入して弾く事が恥ずかしく思い、それもできません。

先生の前だと、間違えないで弾く事ばかりを考えてしまいます。

これらの問題の解消方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

その気持ち、すごく分かります。アドバイスとしては3点あるのですが、
●医者にかかるつもりでレッスンを受けること
病気したとき、お医者さんの前では恥ずかしいも何もありませんよね?
ピアノの先生も同じで、自分の悪い点を指摘してもらうために行く、自分のありのままの姿を見てもらうのだ、という気持ちでレッスンを受けてみてはどうでしょうか?そうすればリラックスできるのでは。
●「間違ってもいい」と思うこと
「間違ったらどうしよう」と思う人は、例外なく「間違ってはいけない」と思っている。そう思うと余計に間違いが多くなる。
生真面目な人にそういう傾向がよく見受けられますが、ステージで実力を発揮する人は、驚くほど「気楽」なんです。そして「べつに間違ってもいい」と思っている。いや、そもそもそんなことすら考えていないこともある。
この「気楽さ」が逆に成功の秘訣です。
●「音楽」に向かうこと
「ミスタッチしたらどうしよう」と思う人は、「音楽」に向かっていないことが多い。その曲を理解し、音楽を表現しようと演奏すれば、技術面ではふだんの実力を発揮できることが多いと思います。

その気持ち、すごく分かります。アドバイスとしては3点あるのですが、
●医者にかかるつもりでレッスンを受けること
病気したとき、お医者さんの前では恥ずかしいも何もありませんよね?
ピアノの先生も同じで、自分の悪い点を指摘してもらうために行く、自分のありのままの姿を見てもらうのだ、という気持ちでレッスンを受けてみてはどうでしょうか?そうすればリラックスできるのでは。
●「間違ってもいい」と思うこと
「間違ったらどうしよう」と思う人は、例外なく「間違ってはいけない」と思っている。...続きを読む

Q緊張で手が震えます。どうにか治りませんか?

幼少の時から、私はあがり症で人前に出ると緊張してしまいます。
胸がドキドキし、手は汗ばみ冷たくなり、そして特に手が過度に震えます。
例えば、実習では試験管を持つ手が異常なほど震えたり。
また、プレゼンテーションが非常に苦手で、手に持っている資料が揺れ動いたりして情けない思いをした事が何度もありました。

普段は手が震えることもなく、手作業も普通にできるのですが人前で作業をするとなるとどうしても駄目です。
緊張して、度胸がなく、不安な気持ちでやるからいけないと頭ではわかっているのですが・・・
こんな自分に劣等感を持つようになり、だんだんと気持ちも落ち込んできています。
コンプレックスは更にひどくなる一方で、心身ともに疲れ果てています。
大学に入ってから健康診断では脈拍がなかなか100を切らず、血圧は最高150以上。
甲状腺の疾患を疑われ検査をした事もありました。

現在、私は大学4年生です。今年はOSCEもあります。
こんな私ですがどうしても夢である薬剤師になりたいと思っています。
手の震えをどうにかする方法があったら教えて下さい。
また、治すためには病院に行った方が良いのでしょうか?
アドバイス宜しくお願いします。

幼少の時から、私はあがり症で人前に出ると緊張してしまいます。
胸がドキドキし、手は汗ばみ冷たくなり、そして特に手が過度に震えます。
例えば、実習では試験管を持つ手が異常なほど震えたり。
また、プレゼンテーションが非常に苦手で、手に持っている資料が揺れ動いたりして情けない思いをした事が何度もありました。

普段は手が震えることもなく、手作業も普通にできるのですが人前で作業をするとなるとどうしても駄目です。
緊張して、度胸がなく、不安な気持ちでやるからいけないと頭ではわかっているの...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問を拝見し、感じたことがありますので書かせていただきます。

私も、あなたと同じように人前での緊張など、あがり症に悩んだことのある経験者の一人です。
ただ、私の場合は、たまたま図書館で目にした森田療法の本をキッカケにして森田療法の学習をしていく中で、あがり症などの神経症の症状を克服することが出来ました。
そして、森田療法の学習をしていく中で、神経症の色々な症状について学ぶことが出来ましたので、この観点から回答させていただきます。

今、あなたは緊張で手が震えてしまうことで悩んでいるとのことですが、これは書痙(しょけい)や震え恐怖と言われている神経症の症状になるのではないかと思います。
そして、これは、あがり症や対人恐怖に含まれる症状だと言われています。

ですから、あなたの場合も、私と同じように森田療法の学習によって今の症状が改善してくる可能性があると思います。

森田療法の学習は以前は森田療法関係の本を読んだり学習団体に入るのが主な方法でしたが、今はメールカウンセリング(MTカウンセリングなど)といった方法もあるようですので一度調べてみてはどうかと思います。

こうしていく中で手の震えに対する「とらわれ」がうすれてくれば、この結果として、今の悩みを克服していけると思います。

なお、健康診断で脈拍や血圧が高くなってしまうのは「白衣高血圧症」と言われている症状であり、これも神経症から来ている可能性が高いと思います。

以上、私自身の経験から感じたことを書かせていただきました。

ご質問を拝見し、感じたことがありますので書かせていただきます。

私も、あなたと同じように人前での緊張など、あがり症に悩んだことのある経験者の一人です。
ただ、私の場合は、たまたま図書館で目にした森田療法の本をキッカケにして森田療法の学習をしていく中で、あがり症などの神経症の症状を克服することが出来ました。
そして、森田療法の学習をしていく中で、神経症の色々な症状について学ぶことが出来ましたので、この観点から回答させていただきます。

今、あなたは緊張で手が震えてしまうことで悩...続きを読む

Qピアノコンクール 演奏前のすごし方

娘がピアノコンクールの予選に出場します。
といいましても「予選通過や賞」が目標ではなく、小学校生活の締めくくりに!と先生と楽しんで曲を仕上げていったようです。
我が家にとっては最初で最後の出場となりますので、とにかく練習の成果をどうか本番で出せますように!笑顔で終われますように!と祈るばかりです。
ふと娘に「きっと演奏前って緊張するよね!どうやって待っていればいいかな?上手な演奏とか聴いちゃうと余計に緊張するよね?」質問されたのですが「・・・・???」母は経験のないことなのでなにもアドバイスできません。
よきアドバイスを母と娘にいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ピアノではないですが,アマチュアの楽器奏者で,発表会・コンクール・演奏会などにちょくちょく出ていました。

本番とは練習の集大成ですから,やはり練習のことを抜きにして本番のことだけお話しすることはできません。他の方もおっしゃる通り,発表会まで,できる限りの準備をして,それを信じて本番に臨む事が,やはり一番大切だと思います。

それでもなお,本番前に緊張してしまうのは,普段と違う事をするのですから,どうしようもないと思います。練習でなかなか出来なかったところも本番では間違えずに弾きたいし,人の事は気にするなといってもどうしても気になりますからね。

お嬢さんにとって参考になるかどうか分かりませんが,私が本番に向けていつも思っていることは,

「よい響きの場所で自分の好きな曲が自分の自由に演奏できるなんて,楽器を演奏する者にとってこれ以上に幸せな事はなかなかないのだから,お世話になった人たちや,頑張ってきた自分のために,「音楽が好き!」という気持ちを思いっきり表現する事に集中しよう」

といった感じです。

最後に,これも他の人に役立つかどうかは分かりませんが,本番前,緊張をやわらげるのに私がいつもやっていた事をお話します。

ステージに出る直前に,まず自分にできる一番ゆっくりの深呼吸。そして,自分に向かって,

「スマイル!」

と呼びかけて,ニッコリ笑ってステージに出て行きます。


---
お嬢様と質問者さまにとって素敵な発表会となることをお祈り申し上げます。

こんにちは。
ピアノではないですが,アマチュアの楽器奏者で,発表会・コンクール・演奏会などにちょくちょく出ていました。

本番とは練習の集大成ですから,やはり練習のことを抜きにして本番のことだけお話しすることはできません。他の方もおっしゃる通り,発表会まで,できる限りの準備をして,それを信じて本番に臨む事が,やはり一番大切だと思います。

それでもなお,本番前に緊張してしまうのは,普段と違う事をするのですから,どうしようもないと思います。練習でなかなか出来なかったところも...続きを読む

Q緊張で手足が震えるのを止めたいのですが

30代の主婦です。小学生の娘と一緒に趣味でクラシックピアノを習っています。
私自身は、子供の頃習っていたので、まるで全然弾けない、というわけではないのですが、人前で弾くとなるとものすごく緊張してしまい、考えられないほどに手足が震えてしまいます。
もともと緊張症などではなく、むしろ、人前に出るのは好きなほうなのですが、ピアノだけがダメなのです。
小中学校の頃は井の中の蛙でしたので、人前でも平気で弾いていましたが、ちょっとレベルの高い教室に代わったのをきっかけにすっかり萎縮してしまい、人前で弾けなくなってしまったのです。
震えのために足ペダルも滑りますし、鍵盤もずれる、すべる…と演奏がめちゃくちゃになってしまいます。
子供の幼稚園のお別れ会で、伴奏を頼まれたときも大失敗しましたし、その他子供との連弾なんかでももうひどく震えてしまい…。
せっかくの楽しい会や、子供との気軽な連弾程度なんて、難易度的にも余裕のあるもので、人前でなければ10回弾いて10回間違えないようなものなので、準備不足とも考えられず、最近は子供との連弾なんかも先生から薦められてもお断りしています。
自分が情けなくてやり切れません。
どうにか止める方法は無いでしょうか…。

30代の主婦です。小学生の娘と一緒に趣味でクラシックピアノを習っています。
私自身は、子供の頃習っていたので、まるで全然弾けない、というわけではないのですが、人前で弾くとなるとものすごく緊張してしまい、考えられないほどに手足が震えてしまいます。
もともと緊張症などではなく、むしろ、人前に出るのは好きなほうなのですが、ピアノだけがダメなのです。
小中学校の頃は井の中の蛙でしたので、人前でも平気で弾いていましたが、ちょっとレベルの高い教室に代わったのをきっかけにすっかり萎縮し...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。レスに対してお答え致します。

一時的に音が大きくなるのが怖いなら、ソフトペダル(左のペダル)を踏むとか、鍵盤の奥の方を弾くとか、音を抜くとか、いくらでも方法はあります。震え対策は一時的なものです。震えが止まったら元の弾きかたに戻せばいいだけだと思います。

関節に中途半端な力が入ると震えます。必要以上に力を入れなくてもいいのです。もしかして強弱記号の p を弱く弾いていませんか? p を弾くときは音をコントロールするために、結構な力が要ります。つまり、筋肉に多くの力を入れ、その力で指をコントロールし、その結果小さな音を出します。

おっしゃるとおり、力を入れた方が震えないと思います。ガチガチというのも効果があるかもしれません。

何をするにせよ、一時的な対処ですから、「震えたな」と思ったら、あわてずに、いろいろやってみてはいかがでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング