出産前後の痔にはご注意!

ダイニチの2006年製の石油ファンヒーターを使っていますが、
ここ数ヶ月、点火時の音や動作が変です。

以前:電源をONにして、1分ぐらい経つと、ジーーという音が鳴り、
直後に点火、ゴーという音とともに運転を始めます。

最近:電源をONにして、1分ぐらい経つと、ジーーという音が鳴り、
点火しようとしているのですが、10秒ぐらいジーーーーーーーーと
鳴り続け、ボ、となった後に、運転を始めます。
まれにジーーーーーと鳴り続け、点火せず、自動消火装置?のようなものが働いて、停止します。
(白い煙と、焦げ臭い香りが漂ってきます。)


おもに、2~3日使用していないと、こうなります。
たとえば、1時間前に電源を消したばかりのような場合は、
以前のようにすぐに点火し、運転します。

故障と呼べるレベルでは無いかと思いますが、
何かがおかしいです。
不完全燃焼など命に関わると大変ですので、
素人でも出来る対処法(メンテナンス?)などはありますか?
*フィルタ掃除はやりました。
また、修理に出した方がいいでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

このような症状の原因は不良灯油による気化器の詰まりが考えられます。

ガス化した灯油に着火するには所定の濃度でなければなりませんがこれが薄いとご指摘のような症状が出る訳ですね。

ダイニチファンヒーターはこのような場合気化器の交換で対応します。

灯油を残したまま夏を越すとかポリタンクに入れて日のあたる場所に置いた灯油を使ったとかすると故障しやすいですね。
素人が何とかできる症状ではありませんので早めに修理に出してください、だんだん酷くなりますから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

考えてみると、買ってから数ヶ月たった時点で、
「着火ミス」や「燃焼中断」といったエラーが度々出て、
おかしいなーという思いはありましたが、
あるときを境にそのエラーも出なくなり、最近まではずっと正常でした。

灯油は家の外の日陰にあるポリタンクに保管しています。
夏を越して使用することはしませんし、フタもしめて丁寧に保管していますが、
もしかしたら購入した店が不良灯油を売ったという可能性もありますね。
そう考えると腹が立ってきました。

ダイニチに修理を依頼しようと思います。
わざわざありがとうございました。

お礼日時:2008/03/28 17:36

灯油ファンヒータは 点火時に


1:灯油を気化させる(たいていは加熱して)
2:燃焼用空気を送風する
3:点火用の火花を飛ばす
4:気化した灯油を供給する
5:着火し燃焼を開始する
の手順をとります
ジーーーーーーーー と言う音は 3の火花の音です
ボ、となったのが 5です
一定時間内に5まで行かないと 点火異常として 消火操作が行われます(エラー表示されるでしょう)

使用しない期間が長いと 1の気化にもたつき タイムアウトしてしまいます

点火に失敗した場合には 表示を確認(匂いや燃料漏れ等も) 異常が無ければ リセットし再度点火操作を行います

燃焼が始まれば 燃焼熱で気化が行われます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど。
ファンヒーターって、電源を入れて最初の1分ぐらいは音も無く、黙っているので
「なんで電源入れてすぐに点かないの?」
と素人ながら疑問でしたが、灯油を温めていたのですね。

どうやら不良灯油の使用によって、気化装置というのが故障したようです。
修理に出します。

わざわざありがとうございました。

お礼日時:2008/03/28 17:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石油ファンヒーター 点火音が止まらない!

2002年コロナ製の石油ファンヒーター(FH-iX322BY)を使用しております。
特にトラブルも無く使用していたのですが、今朝、点火をしてから異音に気付きました。
点火ボタンを押すと一時的にパチパチと鳴って点火すると思うのですが、点火後もそのパチパチ音が止まりません。
予想では点火プラグが常時作動しているような。。。

直す方法などはありますでしょうか?

Aベストアンサー

基板内のイグナイター用リレーの接点が溶着するとそのような現象が出ます。黒い四角の部品がそれですが内部に金属の接点が有りそれがくっつきぱなしになっているかも知れないと言う事です。

試しにリレーをボールペンなどでコンコンとはたいてみると止まるかも知れません。確信は有りませんが。

しかし部品単位ではメーカーは出しませんので結局基板交換になると思います。

Qストーブの爆発について

先日、知人の会社の方が自宅でストーブの爆発にあったという話を聞きました。
命に別状はなかったものの、家族全員ひどい火傷を負われたそうです。
普通に聞いても恐ろしいのに、ついこの間まで壊れた石油ストーブを無理矢理使っていた私としては
「あのまま使っていたらもしかすると…」と身の凍る思いがしました。

爆発したストーブがどんな種類のものだったのかは分かりませんが、
うちのストーブの話をすると…
点火時に煙が出て止まるようになったので、内部を開けたらほこりだらけ。キレイにしたが直らず、
けれど何度も点けたり消したりすると煙だらけになりながらも点くので、そのまま使っていた…という感じです。
使う時には何度もスイッチを押し、必ず煙だらけになっていました。
そんな状態で1ヶ月は使っていたと思います。(怖いことをしていたものです…もちろん今はもう使っていません。)

どんなものでも言えることですが、普段当たり前に使っているという“慣れ”が
“一歩間違えれば恐ろしい事故になる”という危機感を薄れさせてしまっていたのだと反省しました。

家族を守る為にも、もっと知識をつけなくては!
ということで質問しました。

○どんなストーブでも爆発の危険はあるのか
○原因としてはどんなことがあげられるか
○爆発の予兆とみられる状態は
○危険を防ぐ為に気を付けること     など

詳しく教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

先日、知人の会社の方が自宅でストーブの爆発にあったという話を聞きました。
命に別状はなかったものの、家族全員ひどい火傷を負われたそうです。
普通に聞いても恐ろしいのに、ついこの間まで壊れた石油ストーブを無理矢理使っていた私としては
「あのまま使っていたらもしかすると…」と身の凍る思いがしました。

爆発したストーブがどんな種類のものだったのかは分かりませんが、
うちのストーブの話をすると…
点火時に煙が出て止まるようになったので、内部を開けたらほこりだらけ。キレイにしたが直...続きを読む

Aベストアンサー

ストーブの種類によっては、よくある事です。
もちろん、故障した状態や、誤った使い方で起きる物ですが…

種類としては、石油ストーブで起きます。ファンヒーターではない石油ストーブです。
開放型、つまり煙突の無い石油ストーブで起きる可能性はありますが、部屋が煙だらけになるので、事故の起きる前に使用を中止するのが普通でしょう。
煙突の付いたタイプだと、煙が気にならないので、よく事故は起きます。

爆発の原理としては、不点火のままでいると石油の揮発したガスがストーブの中に大量に溜まって、それに火が付いて爆発するという物です。

原理的に、石油ストーブ以外ではストーブの爆発は考えられません。
ガスストーブは、ストーブの中にガスはたまりません。(万一爆発する時は部屋が爆発です)
石油ファンヒーターは、構造的に石油のガスのたまる部分が小さいです。と、言うか点火の時にボッと音がするのが、あれが爆発の最大限度です。あれ以上には石油のガスはたまりません。
電気ストーブが爆発できないのは、燃料を使用していないので当然ですが。

予防としては、ともかく異常があったら使用しない事です。
付属の取扱説明書をよく読んで、それで直らない場合には修理に出す事です。

ストーブの種類によっては、よくある事です。
もちろん、故障した状態や、誤った使い方で起きる物ですが…

種類としては、石油ストーブで起きます。ファンヒーターではない石油ストーブです。
開放型、つまり煙突の無い石油ストーブで起きる可能性はありますが、部屋が煙だらけになるので、事故の起きる前に使用を中止するのが普通でしょう。
煙突の付いたタイプだと、煙が気にならないので、よく事故は起きます。

爆発の原理としては、不点火のままでいると石油の揮発したガスがストーブの中に大量に溜ま...続きを読む

Qファンヒーターの異音

石油ファンヒーターを運転中に時々、「ボッ」という音が
しますが、これはでうしてでしょうか?
ほおっておいても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

見てみないと分かりませんが、それは異常だと思います。

「ボッ」というのは、燃焼が安定していない状態ですので自分で出来るのは付属のスポイトで本体のタンクに水がたまっていないか確認するぐらいです。
(方法は、取扱説明書に記載されています)

又、欠陥の場合もあります。
私の家のファンヒーターがそうでした。

サンヨー/ユアサ/NECの場合は、下記ホームページを参照して下さい。

http://www.nehe.nec.co.jp/fan.htm

どちらにしてもメーカーへの問い合わせが一番良いでしょう。

Q石油ストーブが点火しない理由とは・・・

石油ストーブが点火しない理由とは・・・

従来は石油ストーブを点火させるレバーを引く。

石油ストーブがつく。

しかし・・・

点火させるべくレバーを引いても石油ストーブがつかない。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
どうすれば石油ストーブがつくのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本来、レバーを一杯引いた状態で、点火ポイントが明るく輝いているはずです。
火が見えなかったり弱かったら電池切れが疑われる。
電池を新しいものに変えても輝かなかったら、点火位置への電気供給がなされていないので途中での接触不良か、あるいは点火ヒーターの断線がありうる。
ヒーターが接触する芯の方が変形して触れていない場合があるので、芯をゆさぶって見る手もあります。
それでダメならマッチで付けるのが早いです。

私の日立ストーブは芯がほとんど出ていないけど、100%着きます。

Q石油ファンヒーターの燃焼が頻繁に止まってしまう。

部屋の冷暖房にはエアコンを使っていますが、暖房は余り効率が良くないため、補助に石油ファンヒーターを使う場合が結構あります。しかし、2年位すると決まって短い時間で燃焼が止まってしまい、それが元通りの燃焼時間になりません。ファンヒーターの場合は室内の酸素を燃やしているので安全の為にセンサーが働いて燃焼を止めるので換気をして下さいとなっているようですが、点火して何分も経っていないのに直ぐに止まります。何処も悪い所も見受けられないのに、なぜ頻繁に止まってしまうのかわかりません。そのために使うのを諦めて、新しいものに買い替えています。何処も何ともないように思えるのに使えないのはどうしてでしょうか。2年位が寿命なのでしょうか、センサーが過敏になっていくのか、又は、何か不純物のようなものが蓄積されるのでしょうか。対処の仕方がない物でしょうか。どこか、部品を交換して直るものでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

我が家は7L2DKと部屋数が普通の家庭より多い二世帯住宅のためエアコンや石油ファンヒーター及び石油ストーブも普通より多く使っています。

そして、昔から機械修理が得意で好きな私はエアコンや石油ファンヒーターの修理も自ら行いますが、経験上から石油ファンヒーター燃焼不調の原因の多くが「気化器の目詰まり」です。

なお、室温センサーはサーミスタという電子部品ですから壊れた経験は過去にありませんが、灯油気化器は昨シーズンに残った「変質灯油を使うと高確率で燃焼不調」の原因になり変質灯油使用が原因の故障はメーカー保証の対象外になります。

気化器が目詰まりした場合は分解してガスバーナーで気化器を高温空焼きするとタール状のカーボン物質が焼き切れ直ることがありますが、重症の目詰まりでは気化器その物を交換しなければ正常燃焼になりません。

過去に、4~5台は気化器の分解や交換修理を行った苦い経験から春先になると石油ファンヒーターの灯油を綺麗に抜き出して空運転を行って残留灯油が殆んど残らないようにして納戸に冷暗保管するようになってからは気化器の目詰まりは殆んど起こらなくなり長いものでは20年間程度使い続けてます。

恐らく、石油ファンヒーター寿命の多くは経験上では気化器の目詰まりではないかと思いますが、石油ファンヒーターのメーカー修理代は1万5千円程度になりますので今どきなら新しい石油ファンヒーターを購入した方が得策ではないでしょうか?

こんにちは。

我が家は7L2DKと部屋数が普通の家庭より多い二世帯住宅のためエアコンや石油ファンヒーター及び石油ストーブも普通より多く使っています。

そして、昔から機械修理が得意で好きな私はエアコンや石油ファンヒーターの修理も自ら行いますが、経験上から石油ファンヒーター燃焼不調の原因の多くが「気化器の目詰まり」です。

なお、室温センサーはサーミスタという電子部品ですから壊れた経験は過去にありませんが、灯油気化器は昨シーズンに残った「変質灯油を使うと高確率で燃焼不調」の原...続きを読む

QFFストーブが大きな音を立てて消えた!

たった今、FFストーブが「ボンッ!」と大きな音をたて、同時に放射筒から少し火が出て消えました。1時間くらいつけていた後です。今までおかしいところはなかったと思います。これって何でしょう?ガソリンでも混ざっていたのでしうか?こわくてストーブは点けれません。どうか分かる方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
燃料が空になったか、燃料ポンプのストレーナ(網)にゴミが溜まったか、空気取り入れ口の網にホコリが溜まったか・・・などで、一時的に燃焼が維持できなくなった為です。

燃焼が維持できなくなると、ガス化した燃料が少し内部に溜まってしまうので、一気に燃えて小さな爆発状態になります。

まずは燃料の量を点検、空気取り入れ口のホコリを除去してください。
それで通常燃焼すれば問題はまずないです。

またなるようなら一度メーカーに見てもらう必要があります。

なお、この爆発みたいなモノ?は怖い物ではありませんから、そんなにおびえなくて大丈夫です。

Q石油ファンヒータの異常(白煙が出る)

ダイニチの石油ファンヒーターで点火時、白煙が出る現象が発生しています。
問題が発生した製品は、FW-2580SとFW-323Sです。
数年前、FW-2580Sを購入し、使用していたのですが、徐々に点火しづらくなり、同時に白煙が出るようになりました。フィルターの掃除、シーズンオフ前の灯油抜きはきちんと行っています(傾けても灯油が受け皿に流れてこなくなるまで)。また、シーズン毎に灯油はその年に購入した新しいものを使用しています。
この後、徐々に症状が悪化するので、買い換えることになり、FW-323Sを購入しました(2007年製)。
しかし、こちらも昨シーズン、上と同じような症状が発生し、怖いので今シーズンは使用していません。
使用方法や、お手入れも上と同じようにしていました。

・点火音(スパーク音)はジーーーーー・・・とはっきり聞こえます。
・普通に着火する場合もありますが、悪化してくると毎回白煙を吐きます。
・灯油は青・赤のポリタンクに入れ、倉庫(暗室)で保管。

解決よろしくお願いします。

Aベストアンサー

点火時に白煙が出て着火しないのですか?着火しにくい?

一つは点火の火花の位置がガス化した灯油の噴き出し位置と合わないので点火しにくい、しない場合。
また、点火プラグにカーボンなどが付いてその先端から火花が飛ぶために位置が合わず着火しない場合があります。

この対処法はプラグの交換。なれた方なら位置の修正でいけます。

もう一つはガス化した灯油と空気の量の不適合。灯油ポンプのフィルターにホコリが詰まって流量が少なくなったりすることが多いですが電気的な不具合で変化している場合は基板あるいはポンプの交換になります。

いずれにしても下手な修理は危険を伴いますので専門家にお願いした方が良いかと思います。

Q着火音のしない(小さい)石油ファンヒーターありませんでしょうか

着火時に音のしない石油ファンヒーターを探しています。
個人的にあの『ジィー』という着火音がどうしても苦手で、
今まで着火音のしないファンヒーターを使っていました。
先日、試運転をしてみましたらエラーで故障してしまいました。
(フレームセンサーエラーで修理代は結構掛かるようです)
古くなってきましたので、買い換えたほうが賢明と思いますが、
着火時の音がしないもしくは小さい機種はありますでしょうか?

Aベストアンサー

ほんと、あの「ジィー」という音は嫌ですよね!もしかしてitokonnさんのお使いの石油ファンヒーターはシャープ製ですか?我が家では6~7年前のシャープの着火音がしない静音点火(セラミック点火ヒーター)のものがまだ現役バリバリです。欲を言えば「ボッ!」という火が着く音も耳障りなんですけどね。そして今年の1月にもう一台必要になったので再びシャープのファンヒーター(SXシリーズ)を購入したのですがガッカリしました。シャープは全品静音点火だと勝手に思い込んだ私がいけないのですが、点火時に「ボコボコボコ、ガチン!!ボッ!」という凄い音がするんです・・これには参りました。
しかし清潔タンクは「これぞシャープ!」で満足しています。
話しがそれましたが今期の製品ではダイニチのファンヒーターの一部に静音点火のものがありますね。(全メーカーを調べた訳ではありません)
http://www.dainichi-net.co.jp/news/news-2002-06-13-fh.htm
お互い大切にしたいですね

Q石油ファンヒーターがすぐに止まってしまいます。

1年2ヶ月前に購入したコロナの石油ファンヒーター(FH-iX464BY)ですが、昨シーズンは何の問題もなくよく燃焼して快適に使用していました。春に灯油を抜き取り、掃除をしてビニール袋に入れて仕舞いました。今シーズンは11月に出して使用開始したのですが、部屋(10畳強のリビング)が設定温度になるかまたは近づくと、すぐにエラー「E4」が出て止まってしまいます。このエラーは不良灯油(水が混入等)、換気、ほこり等が原因で出るそうですが、我が家の他の3台のファンヒーターでは何の問題もありません。もちろん清掃もしっかりしていますし、換気もしてみましたが駄目なのです。第一、昨シーズンは換気などほとんど気にしなくてもOKでしたよ。
何が原因なのでしょうか。どうしたらいいのでしょう。どなたか教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

こういう可能性もあるのではないかということで書きますが、
石油ファンヒーターにおいては、
フレームロッドというものがバーナーの近くについていて
これが炎が正常な状態にあるかどうか監視しています。

しかしファンヒーターの近く・同じ部屋でスプレーなどを使用することによって
シリコーンがフレームロッドの表面に付着して感度が鈍くなり、
炎の温度が不十分であると間違って認識し、
換気の必要もないのに換気が必要だと判断して
自動的に火が消えるようになります。

これを解決するにはフレームロッドを修理で交換するか
もしくは自力でクリーニングするかです(ただし自己責任で……)。
私は自力でやったらなんとか復旧しましたが……

http://www.dainichi-net.co.jp/user/fh-2000/user-2000-fh-qa.htm#sirikon
http://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higa0201.html

Q石油ファンヒーター点火不良の改善方法について

コロナのファンヒーターD-30Y 99年式 型式確実ではないかもしれません
未燃焼ガス白煙が出ます点火不良みたいですが
分解して点火プラグを磨きましたが症状かわらず
点火プラグ新品270円に交換しても(未だ替えてない)症状 変わらずならなにが原因でしょうか?
点火させる火花発生させる部品高圧作る所部品名わからずですが
コイルかなんかでしょうか?
その部品かえると改善する可能性がありますか。
燃焼室の燃焼筒を外しスパーク確認は未だしてません
危ないから止めろの回答は必要有りません
ストーブ関係詳しい方専門の方宜しく この貧乏人に教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

追伸:スパーク不足濃厚です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング