もう、10年以上前かと思いますが、
山田太一脚本(原作)のコンビニを舞台にしたドラマがあったんですが、
タイトルが思い出せません。
どなたか、覚えておられるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

『深夜にようこそ』です。


実は、私、そのドラマを録画しておりまして、今でも
永久保存版として持っています。
出演は、千葉真一、松田洋治、松本伊代、名取裕子等ですよね。

何となく、癒されるドラマでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ~ぁ、そうでした。思い出しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/27 19:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山田太一のドラマについて

もう、10年以上前かと思いますが、
山田太一脚本(原作)のコンビニを舞台にしたドラマがあったんですが、
タイトルが思い出せません。
どなたか、覚えておられるでしょうか?

Aベストアンサー

『深夜にようこそ』です。
実は、私、そのドラマを録画しておりまして、今でも
永久保存版として持っています。
出演は、千葉真一、松田洋治、松本伊代、名取裕子等ですよね。

何となく、癒されるドラマでした。

Q14才の母というドラマ覚えてる方いますか?志田未来とか三浦春馬とかが出てるドラマです(2007年6年

14才の母というドラマ覚えてる方いますか?志田未来とか三浦春馬とかが出てるドラマです(2007年6年?)
この前見たんですけどとても感動して 続編とかやってたりしませんか?
ご存知の方いたらおしえてください!

Aベストアンサー

覚えています。
続編はないと思いますが、やってほしいですよね(>_<)
何回か見返したりしてます。
感動しますよね!あのドラマで志田未来が好きになりました。

Q山田太一「いくつかの夜」のあらすじについて

10月15日(土)午後にTBS系で放映されたドラマ「いくつかの夜」(山田太一脚本)を見逃してしまいました。どなたかご覧なられた方、あらすじを教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

ギックリ腰に悩む恒平のもとに再び百合が訪ねてきて介抱してくれる。その夜、うつぶせに休んでいる恒平の横には百合がいて自分の身の上話をポツリポツリと語りだす。幼い頃父親を失った百合。しばらくして母親は再婚したが、百合が中学生の時に自分に手をだそうとしてきた。
「私も騒いだし、お母さんも駆けつけてきたし、義父は笑って・・・何事もなかったのだけれども・・・」
その義父も母親を捨てて蒸発。心労で母親は病気になってしまう。仕事につけば自分のことを変な目で見て誘いをかけてくる男性が多く、男性不信となってしまい・・・先日の救急車の騒ぎを起こしたのだった。
「私あなたを見たとき、この人がいいと思ったの。この人なら安心できるとおもったの(お父さんのような存在)」といいながら、恒平の横で休む百合。
 翌日、一階からお嫁さんと一緒にベットパットを運ぶ。
「あの~あなたは義父さんとは・・・」にこやかに「友達よ」と答える百合。

 ※恒平の家は二世帯住居で一階が息子夫婦。二階が恒平(一人暮らし)それぞれ玄関があり、外階段を登ると恒平の玄関に行ける造りとなっている。
お嫁さんとそりが合わず、息子もお嫁さんの肩を持ち、何ヶ月も話をしていない状態。

 シーンが代わり、百合が就職試験を受け、ビルから出てくる。恒平が待っており就職できそうだと話す。
「なにかあったらお父さんに相談するわ」
「お父さんはひどいな。せめておじさんにしてくれよ。」
「お父さんよ」と笑いながら歩いていく二人。

 雪が降るある夜。恒平の部屋で百合と漫画喫茶の店長が並んで座っている。二人は婚約したと恒平に知らせにきたのだった。
恒平「以前、年上はいやだっていったよな」※百合32歳店長26歳 恒平68歳という設定のようです
店長「この人は別です」
恒平「以前、男性はにがてだって・・・」
百合「この人は別よ」
恒平苦笑いしながら「せっかく娘が出来たと喜んだのに・・・・・・おめでとう」

 ある晴れた日、恒平がバットを持って二階から降りてくると孫(女の子)が立っている。
恒平「ママとスーパーに行くの?」
女の子「(うなずいて)じいじ、それパパのバット」
恒平「・・・このバット、パパのか。それならパパに返さないとな」
女の子、うなずきながら恒平の手を握り締める。女の子の手を握り締め、微笑みながら「ママ」といいながら、息子さんの家の玄関に入っていく恒平・・・・・

以上です。所々のセリフは違うかもしれませんが・・・・・
再放送があるといいですね。

ギックリ腰に悩む恒平のもとに再び百合が訪ねてきて介抱してくれる。その夜、うつぶせに休んでいる恒平の横には百合がいて自分の身の上話をポツリポツリと語りだす。幼い頃父親を失った百合。しばらくして母親は再婚したが、百合が中学生の時に自分に手をだそうとしてきた。
「私も騒いだし、お母さんも駆けつけてきたし、義父は笑って・・・何事もなかったのだけれども・・・」
その義父も母親を捨てて蒸発。心労で母親は病気になってしまう。仕事につけば自分のことを変な目で見て誘いをかけてくる男性が多く...続きを読む

Q最近のドラマの脚本はマンガばかり・・・

最近の民放のドラマの脚本がマンガのものがあまりに多いと思いませんか?
昔からマンガが脚本のドラマはありましたが、ここ2~3年でこの類のドラマが一気に増えたと思います。マンガであれば、そのストーリーを知っている人も当然多いわけで、視聴者側もドラマの魅力が減るのも必至です。最近のドラマの視聴率が低調なのもこの辺に理由があると思っています。

一昔前までは、野島さんや北川さんなどの有能な脚本家の制作したドラマが社会現象になるほどの大ヒットを連発していましたが、最近はこの方たちが製作したドラマもめっきり少なくなってしまいました。
今の脚本家の中には他に優秀な人材はいないのでしょうか?
何故、今のドラマ界はこんなにもマンガに依存してしまうようになってしまったのですか?

このままでは日本のテレビドラマ界はダメになってしまいますよ。

Aベストアンサー

下の方の仰るとおりですが、視聴者に責任の一部が有ると言う考え方にはちょっと疑問があります。
視聴者が作品のクオリティに貢献するとすれば、其れはスポンサーが喜ぶ、所謂CMによる商品の良い消費者になる事であって、ドラマの内容とは別の次元の物です。
昔は作品の数や商品の種類も少なかったので、面白いドラマでCMを流せばそれだけ宣伝になりました。が、現在はそもそも消費者に嘗てのような商品購入力もないし、単独の商品に其れほどの魅力も有りません。
長引く不況…というよりも、元々おかしかったバブルの時代に比べて現在が余りにも悲しいという現実が現在のドラマに危機感を感じさせますが、そもそもこの日本の国柄は、商売にならない文化と言う物への理解や出費が軽視されていますから、バブル期のような異常な好景気によってのみあのような予算をかけたドラマが制作できたのだとも言えます。
敢えて言うならば、テレビ局の姿勢も同様に、利益追求があの頃も今もはっきりとした意志でしかないのです。
原作に漫画を持ってくるのは、商業的戦略としては理に適っている物です。皆さんが仰るように原作の知名度に依存する為に宣伝費が少なくて済む、スポンサーも知っている人気漫画などならば資金調達もしやすい、固定のファンを取り込める等等・・・。
其れとは別に、現在のドラマが駄目なことに対する責任…と言う事ならば、やはり製作者側に有ると言えます。
理由は、嘗てのバブルのような無尽蔵に予算をつぎ込み、失敗しても良いと言う状況の中で培われたノウハウを根本的に見直そうともせずに、無理な予算でしか描けないような脚本、企画を作り続けている事です。
結局、予算は大きく削減されているので矛盾が生じ、本来大いに資金が必要となるシーンでの規模縮小という下らない結果を招きます。
これは、本来ならば幾らでも回避できる筈の物です。
予算ありきで考え、知恵を絞ってその中で面白い物語を作ると言う努力をしようともしない製作者が現在第一線で活躍するプロデューサーの大半を占めています。
バブル以前には予算と内容を考え、バランスを取りながら視聴者に楽しんで貰える物語を作っていた昔のベテラン達が引退し、バブルの効果でそれらの能力が引き継がれなかった若い世代にバトンタッチした事も大きな原因の一つですし、作品が失敗しても直接責任者が責任を追及されないと言う大企業の方針にも寄ります。
まあ、この様な現状、ますます状況は悪化するでしょう。
こういった作り方を続ければ、脚本家もそのようなやり方の脚本しか書けなくなるでしょうし、無意味な予算投入と規模縮小を繰り返せば携わるスタッフの技量も下がりますから。
本当に良いドラマを作る為には、其れ相応の勇気が必要となりますが、そんな勇気を持った人たちはさっさと業界から去ったり去らざるを得なくなったりしています。

下の方の仰るとおりですが、視聴者に責任の一部が有ると言う考え方にはちょっと疑問があります。
視聴者が作品のクオリティに貢献するとすれば、其れはスポンサーが喜ぶ、所謂CMによる商品の良い消費者になる事であって、ドラマの内容とは別の次元の物です。
昔は作品の数や商品の種類も少なかったので、面白いドラマでCMを流せばそれだけ宣伝になりました。が、現在はそもそも消費者に嘗てのような商品購入力もないし、単独の商品に其れほどの魅力も有りません。
長引く不況…というよりも、元々おかしかったバ...続きを読む

Q昨夜の”山田太一ドラマ” 【遠まわりの雨】 の結末が見れなかったので教えて下さい

昨日21時からの”山田太一ドラマ”【遠まわりの雨】。
・・・最後だけ見逃してしまいました。

鎌倉の駅だったでしょうか?
降り立ったあたりからなのですが・・・・。
是非是非教えて下さい。
細かい秒描もあれば、大感激!!です。

どなたか教えて下さい!! よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ttp://kimamaniyoutube.blog78.fc2.com/blog-entry-3607.html

最後だけでも見る事ができます。pandは何回も’更新’してたらそのうち繋がります、運がよければすぐにでも繋がりますけど(一時ファイルを消してもつながりやすいです)
はやく見なければ消される・・・かも。

Q医龍の原作とドラマの違いについて

医龍の原作とドラマの違いについて

医龍の原作とドラマで違う点を教えてください。
分かる範囲で結構です。

YAHOO!の知恵袋を見ていたら、これから始まる医龍3に期待することで、「漫画と同じように伊集院が朝田の手術をしてほしい」というのを見たのですが、どうして朝田先生が手術を受けることになったんですか?
もしかして、朝田先生自身がバチスタ手術の対象者だったとか?

Aベストアンサー

こんにちわ。

医龍の漫画は見ました?

>医龍の原作とドラマの違いについて
医龍1だけが原作通りで、医龍2やこれから始まる医龍3は完全にオリジナルストーリーです。


医龍2は原作と全然違いますよ。
多分、医龍3も全然違う話になるでしょう。

>どうして朝田先生が手術を受けることになったんですか?
漫画も全部読んで、ドラマも全部DVD持ってますが(*^_^*)
これは聞かない方がいいと思います。
医龍の原作の漫画もドラマとまた違った面白さがあるので、
個人的には是非漫画を読んで楽しんで欲しいと思います。
(ここでレタバレさせちゃうと漫画がつまらなくなっちゃうので)

>もしかして、朝田先生自身がバチスタ手術の対象者だったとか?
申し訳ないのでこれには答えます。これの答えはNOです。

ごめんなさい!!力になれなくて!

Q山田太一ドラマスペシャル遠まわりの雨の結末

「遠まわりの雨」を録画したのですが、野球延長のため途中までしか録画出来ず、結末を見ることが出来ませんでした。草平がコンピュターに負けた後、桜と駅で落ち合うところで終わってしまいました。
どなたか結末だけでも教えて下さいませんか。
宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは、素敵なドラマでしたね。以下、その後のストーリーです。

まず二人は、若い頃デートで行く筈だったが、都合で行けなくなった
鎌倉の大仏を訪れます。桜は、「鎌倉には何度か来たけれど、(草平と来るはずだった)
ココだけは、(意図的に)来ないようにしていた。」と話します。

そのあと、カフェで、桜は草平に、仕事の御礼としてお金(100万円)を渡します。
草平は固辞しますが、「アナタは良くてもこちら(桜と起一)や奥さんはそうはいかない。」
と何とか説得して、受け取って貰います。
草平は「(100万円なら)威張って帰れる。」と冗談を言います。

更にそのあと、二人は浜辺に行き、砂浜に腰掛けます。
俯いたまま無言になってしまった草平に、桜は「黙っちゃたのね。」と話掛けます。
草平は、「ウン、(自分の今の生活の事を考えると)ナンパする元気もない。」と応えます。
桜は「ナンパして!」と言い、いきなり草平に抱きつき「ずっと、こうしたかった。」と呟きます。
突然、大粒の雨が降ってきますが、桜は「このままでいいの。」と言います。

場面変わって駅のホーム。草平は、それぞれ別方向の電車に乗り、ここで別れよう、と言います。
桜は、今後も工場を手伝って欲しいと懇願しますが、
草平は、「お互いもう年だ、先が見えてる。」と答えます。
桜は、「じゃあ、今だけ。電車が来るまで。」と言い、「ああ、今だけだ。」と
見つめ合った後、唇を合わせ、抱き合います。
ホームに学生や他の乗車客、駅員が次々に現れますが、二人は片隅で抱擁したままです。
※この場面はスローモーション。

ホームに電車が入ってきました。桜は草平を振り払うようにして、電車に飛び乗ります。
草平は、「行くな!」と叫ぶと桜の元に駆け寄りますが、桜は無言のまま、扉が閉まります。
草平は叫び続けながら、走り出した電車をホームの端まで追いかけます。
桜は、ドア越しに草平を見つめながら涙を流します。

追いかけてきた駅員(柳沢慎吾)が「お客さん、いい年して、いい加減にしてくださいよ!」
と怒ります。崩れ落ちていた草平は、立ち上がりながら「今だけ、今だけだよ。」
と呟きます。「当たり前ですよ。こんな事、しょっちゅうあったら堪りませんよ。」
と駅員が言い、エンディング。

こんばんは、素敵なドラマでしたね。以下、その後のストーリーです。

まず二人は、若い頃デートで行く筈だったが、都合で行けなくなった
鎌倉の大仏を訪れます。桜は、「鎌倉には何度か来たけれど、(草平と来るはずだった)
ココだけは、(意図的に)来ないようにしていた。」と話します。

そのあと、カフェで、桜は草平に、仕事の御礼としてお金(100万円)を渡します。
草平は固辞しますが、「アナタは良くてもこちら(桜と起一)や奥さんはそうはいかない。」
と何とか説得して、受け取って貰います。
草平...続きを読む

Q野島伸司さん脚本ドラマ『49』について

昨年放送されていたドラマ『49』で、1話から最終話まで見てみて思った事ですが。
野島伸司さんらしくないというか、もっとドロドロしていて暗い感じかと思っていたんですが『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』の様な感じかと。

私は28で小学生の低学年の頃から野島さんのドラマは大体見て来ました。

・101回目のプロポーズ
・君が嘘をついた(これはCSの再放送で見ました)
・愛しあってるかい!(同上)
・すてきな片想い(同上)
・この世の果て(同上)
・リップスティック(同上)
・世紀末の詩(同上)(野島さんは21世紀には続編を作りたいと発言されていますが、未だ至っていないので見たい所ですが)
・ラブシャッフル(同上)
・薔薇のない花屋(同上)
・愛という名のもとに
・高校教師(93年・03年ともに見ましたが、私は93年の方が好きです)
・ひとつ屋根の下1・2
・未成年
・聖者の行進
家なき子1・2・劇場版(企画)
・あいくるしい(DVDで見ました)
・美しい人(同上)(もう一度こういう大人なドラマが見たい気もします)。
・GOLD
・シニカレ
・理想の息子
・49
・新・星の金貨(原案)
・星の金貨(これにも関与していた情報もある)

以上のドラマを見て来ましたが、90年代や2000年代前半とかと比べるとTV自体の規制もあるのかなぁとも思いますが・・・。
もっとドロドロな暗い感じでも良いのになと思ってみたり(見てる人によっても違うと思いますが)。
小説やドラマ版のノベライズ本なども読んだりしてます。

野島さんが脚本するドラマ等が好きな方や『49』を見た方はどう思いますか?

昨年放送されていたドラマ『49』で、1話から最終話まで見てみて思った事ですが。
野島伸司さんらしくないというか、もっとドロドロしていて暗い感じかと思っていたんですが『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』の様な感じかと。

私は28で小学生の低学年の頃から野島さんのドラマは大体見て来ました。

・101回目のプロポーズ
・君が嘘をついた(これはCSの再放送で見ました)
・愛しあってるかい!(同上)
・すてきな片想い(同上)
・この世の果て(同上)
・リップスティック(同上)
・世紀末の詩(...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。
反対意見を心広く受け止めてくださってありがとうございます。

私はそのレイプシーンや近親相姦を思わせるような部分がダメでした。また、ストーカーを思わせる部分がダメなのは、自分自身が実際に学生の頃にストーカーのような人に纏わりつかれた思い出があるからゾッとする、という自分側の理由があるのだと思います。だから星の金貨もダメでした。お願いだから諦めて、って思っちゃう。
『人間・失格』はストーリーに腹が立つのに加えて私の好きなS&Gの音楽が使われていたところがさらに嫌いだった要素かもしれません。
ただ、今見直したら、違う視点で見られるのかもしれませんね。

また、最初の頃のものは、ドロドロしてるのに救いがあまりないというか、救いはあっても登場人物の成長がなさそうな部分が好きになれませんでした。私はドロドロしてるドラマ自体は嫌いではないのですよ。「純と愛」が好きでしたから。登場人物にいろんなことが起こっても、それを学習して成長していってほしいのですけど、初期の人物たちって、あまり学習してなくてほしがるばっかりに思えてしまいました。

『49』も、状況としては十分ドロドロだと思いますが。主人公は父親の愛を実感せず、冷え切った家庭で学校でもさえない男で生きている意味を見出せないでいて死んでしまいたいと思っている。母親の代わりに離婚届を持って行ったら交通事故にあって死んでしまうのですから。その状況をユーモラスに表現して父親が子供と入れ替わることで親子が互いの心情を理解しあうって部分が私は好きです。
私は似たような状況の『パパとムスメの7日間』というドラマが好きだったのですが(父・舘ひろしとムスメガッキーが入れ替わる話)、これも入れ替わることによって互いの立場を知り、思いやり、成長するって話なのです。
『49』に戻って、同じように死んでしまいたいと思っているクラスメートを描いて今の高校生の閉塞感を描き、また、いじめを描くのにしても『人間失格』のような救いのなさではなくある種の解決方法を描いていると思います。また、家族の関係についてもかなり細かく書いているなあと思いました。
以前はドラマチックなあらすじだけで勝負をしていたように思うのですが、『理想の息子』や『49』はそれを見た私の心に暖かいものを残すプラスアルファ部分がいいなと思います。それに、チキンバスケッツやときめくと入れ替わる部分なんかは単純に楽しい。テニス部部分は少女漫画を見ているようです。

たいした回答じゃなくてすみません。
ただ「野島伸司」という人は、その名前が脚本にあると私にインパクトを与える人であり続けていると思います。同じくらいインパクトがあるのは古沢良太さんかな。リーガルハイ、見逃しちゃったけど。

No.4です。
反対意見を心広く受け止めてくださってありがとうございます。

私はそのレイプシーンや近親相姦を思わせるような部分がダメでした。また、ストーカーを思わせる部分がダメなのは、自分自身が実際に学生の頃にストーカーのような人に纏わりつかれた思い出があるからゾッとする、という自分側の理由があるのだと思います。だから星の金貨もダメでした。お願いだから諦めて、って思っちゃう。
『人間・失格』はストーリーに腹が立つのに加えて私の好きなS&Gの音楽が使われていたところがさらに嫌いだ...続きを読む

Q山田太一『いくつかの夜』の最後・・・

最後だけ見逃してしまいました・・・!

鶴田真由が就職が決まり「お父さん」と呼んで
緒方拳が「せめておじさんにしてよ」と言った後、
CMに入ったと思うのですが、その後見逃してしまいました!



その後、季節は冬になっていて内田朝陽と鶴田真由が並んで
座っていてビックリ!しました。。

この「・・・」の成り行きを、教えてください…。。

Aベストアンサー

(CM明け)
半年後の雪の降る夜、百合と店長が尋ねてきて、結婚すると報告します、恒平は祝福し、二人は恐縮します。恒平ははなぜか涙ぐみます・・。

このあたりは見ているのですよね?
ですからあなたは何も見逃してないと思うのですが、CM明けでもう二人は恒平の家にいますので・・。

Q三谷幸喜が脚本したドラマのビデオがないような・・

私は三谷幸喜作品がすきなんですが。有名どころ(古畑とか王様レストラン?)はよく見ますが、低視聴率だったという「総理とよばないで」とか飯島直子や石橋貴明が出演していた恋愛ものの(名前を知らない)あれは、見たことがないのです。
ビデオ化はされているのでしょうか?
また、皆さんが好きな三谷作品があったら教えてください。結構見落としているものがありそうなので。

Aベストアンサー

TUTAYAオンライン調べでは「総理と呼ばないで」も「今夜、宇宙の片隅で」もビデオ化されているようですよ。


人気Q&Aランキング