『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

彼らの何がいいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>彼らの何がいいのですか?


多分、まだお若い方だと思います。

デビュー当時からビートルズと何かにつけ
比較され話題を撒いてきました。
ビートルズがやや万人受けする傾向がある
のに対し、アウトサイダー(元々不良の悪がき共)
的要素を色濃く出していました。

身なりも、全員が同じユニフォームが多かった
様相の中、各自バラバラの勝手気ままなものでした。
まあ、その不良ぽさが受け、当時日本のグループ、歌手
にもあこがれる方が多くいました。

音楽的には、ミック、キースで曲も作れ黒人ブルースに
根ざした内容は、後に本家ブラックミュージシャンにも
カバーされました。
ライブでの圧倒的なパフォーマンスは当時から図抜けて
いましたが、演奏技術的には肩を並べる数多くの
ミュージシャンがひしめいていました。

一時期「サタニック・マジェスティーズ」というアルバムで
サイケ調に脱線しましたが、終始アメリカ南部のソウル色
の強い曲作りがベースだったと思います。

初期の「スティッキーフィンガーズ」(オリジナルはファスナー
付きジャケット)や「メインストリートのならず物」他は
本当に何度も聴きましたし、ビジュアル面も市販のビデオ(当時)
やメディア(ライブ録画)で堪能しました。

でも、全員が60歳を超えた現在、ロッドステュワート等もですが
私的には、やや色褪せた感が否めない様に思えます。
マスコミ等は相変わらずカリスマ的な持ち上げ方を続けていますが、
若い方の感性には如何なもんですかね?

長文駄文失礼しましたが、個人の嗜好は人それぞれですから!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

彼らの軌跡、功績は素晴らしいものがあることは否定できません。

ただ、今になって、ゼニゲバの様相呈しつつある彼らを見て、
もう手放しでうれしがれる程、若いの理解は得れないのではないかと思います。

お礼日時:2008/04/06 16:48

何がよいのか言葉にできません。


何で人気があるのか私もよくわかりません。

言葉に出来るほど単純なバンドじゃないから。
音楽は語るもの以前に、自分の感覚として入り込むものだから。
そういう感覚が何十年と続き、世代を超えて
世界中を巻き込んでいるんでしょうね。

私の場合、
ギターや曲作りの上手さはわからないのですが、
Paint it blackを聴いたあと
She's Like a Rainbowを聴くと
その落差にやられます。
    • good
    • 2

キーポイントは、キース・リチャーズのギターだと思います。

彼のリズムカッティングが最高のノリを生み出していて、ストーンズサウンドの決め手になっていると思います。
ロックのリズムギターというのは、”ズズチャツ、ズズチャツ”という一見簡単なパターンなのですが、ピッキングの強弱とか音符の長さなどの微妙なちがいで”ノリ”がちがってくるんです。
そこが他のバンドに比べて圧倒的に勝っていると思います。
    • good
    • 0

そうですね(笑)。



確かに世界最高のロックバンドですものね。

質問者さんと同じ様に思っていらっしゃる方は多分そうしたあまりにも「メジャー」である事に違和感があるんじゃないですか?

ビートルズは分かりやすいヒット曲があり、ロックバンドというカテから外されてしまっている感がありますが、ストーンズは自分達が好きな「ロック」というジャンルのトップとして未だに位置づけられている。

それが納得がいかなかったり、純粋に分からないんだと思います。
ある種「ロック」がメジャーになっては駄目みたいな価値観がありますからね。

私も始めは分かりませんでした。
曲がみんな同じ様に聞こえるし、今の物よりも「生っぽい音」ですから、「ヘビー」に聞こえ無いんですよね。。。
ヒット曲の様なキャッチーでも無いし。。。

それがずっと聴き続けていたらある時分かったんですね。
「うわー・・・!」って、耳からウロコが落ちるみたいに。

彼らの「何」が良いのかは色々な言い方がありますし、言い尽くせないですね。

要は本物の音楽である「ブルース」とその「魂のリズム」をプレイする最高の「ブルースバンド」である事が一つですね。
ですからその根源の「ブルース」というものの良さを分からない普通の「ロックバンド」しか知らないのでは、ストーンズは分かりません。

そしてそうした「魂のリズム」である「ブルース」のパッションを持ちながら「ロック」という実験的、革新的なジャンルを作って来た事がもう一つの理由でしょうね。

まあ、すっごく簡単に言ってしまえば「本物」の持つ「かっこ良さ」なんですよ。「音楽」の持つ本来の「ノリ」をプレイ出来る最高のバンドっていう事ですね。

そしてもう一つ付け加えるなら、彼らは「アーティスト」つまり「芸術家」と言っても良い才能を持っているけれど、逆にそれを拒否して一時代の単なる「ミュージシャン」であろうとする。

脈々と続く、「客」が居て「演奏」するバンドが居るっていう、「人を一時楽しませるだけ」の「バンド」というもので在り続けている事に重きを置いているんですよね。

「いつの時代も良いバンドが居て、最高のプレイをしてきた。」
そんな歴代のミュージシャン達に敬意を表して、自らもそれ以上では無いというスタンスを貫いている。
それが他のカリスマ的な人達とは違う、もっと大きな、「人が居れば音楽が生まれる」という根元的な「バンド」として居るというのがとても凄い事だと思いますね。。。

普通の一発当てて「ロックスター」になるんだ・・・という安い存在では無いんですよね。
今という時代の「最高のバンド」というだけ。というクールさが、他とは「音楽」に対しての敬意、考え方のレベルが違いますね。

まあ、とにかく興味があるなら幸いですから、分かるまで沢山聴き込んでみてください。

「ロック」を聴いていて、ストーンズを聴かないというのはかなりスポイルされると思いますよ。。。
    • good
    • 2

ストーンズファンがこのサイトに書き込みしたら、世界中のサーバーがパンクしてしまうくらいです。

    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジミー・ペイジはギターがどれくらい下手なのか

レッド・ツェッペリンが大好きです。
ツェッペリンを聞いて、その後洋楽を聴くようになったのですが、まだメンバーの名前も顔も知らない聞き始めのころ、「この人はギターが下手なのではないか」とふと思いました。
その後、ジミーペイジはギターが下手だという評判をあちこちで聞くようになり、自分の感想は的外れでないらしいとわかったのですが、彼はどれくらい下手なのか、そんなに下手なのになぜセッションギタリストとして重宝されていたのか、そうしたことが疑問に思えてきました。
私はギターどころかどんな楽器も弾けない上に音痴です。なのでそんな人にもわかるように教えてくださるとうれしいです。
念のため。レッドツェッペリンは大好きですし、ジミーペイジも大好きです。Heart Breakerで、ペイジのソロをはらはらしながら聞くのも好きです。

Aベストアンサー

こんばんは。書かせて下さい。

大のZepファンです。当然個々のメンバーひとりひとりのファンですし、
様々な思い入れもあります。ジミー・ペイジに対してもそうです。

「ペイジは下手なのではないか・・?」
これって大昔から言われてましたし、「ハート・ブレイカー」のソロになると
みんな大笑いしたり、ほくそ笑んだりするのは古今東西、老若男女、いつの時代でも「お約束」、
としてありながらも公の場で語るのは、「禁じ手」として暗黙の了解があったりなかったりで、
色々と複雑怪奇、奇妙奇天烈な事柄なのでありますよ(笑)

さぁ「禁じ手」を破ってこの問題にメスを入れてみましょう!!!

まずペイジがセッション・ギタリストとしてその名を轟かせていたのが
ヤードバーズ加入以前の話ですから、65年以前の話ですね。クラプトンが抜けたヤードバーズに
ジェフ・ベックの推薦でベック共々ペイジは加入しました。
ベックがサイド・ギタリストとしてペイジを推薦したわけです「みんなジミーの事知ってるだろ?あいつ俺の後輩なんだ。入れようぜ!。」
ってな感じです。
ポイントがここにあります。スタジオ・ミュージシャンで、すでにプロデューサーの経験もある
ペイジは先輩ベックにサイド・ギタリストに打ってつけと目されたのです。
同世代の有名な「ソロ・ギタリスト」として名が上げられるのが、ベック、クラプトン、ジミヘン、リッチー・ブラックモア、サンタナなど超ギタリスト達がいっぱいおります。
でもこの人達は「ソロ」ギタリストとしての印象が非常に強いです。インプロヴィゼイション、アドリヴ・タイプのギタリストですね。

ペイジのギターはこういうギタリスト達とは異なります。
彼のギターは、楽曲やバンド・アンサンブルの中で本領を発揮する、言わば「アレンジ・メイク・ギター」
の巧者だと言えるのです。
バッキングやリフ、サウンド・メイク、Zepが今でも偉大なのは、ペイジの巧みなアレンジ力と
他の3人の力、至福の化学反応の結晶だからだと断言できます。

60年代初期のセッション・ギタリストは、過激なギター・ソロも速弾きもそんなに求められません。
要は楽曲にマッチしたバッキングであればいいのです。
ペイジの才能はそのニーズに答え、数をこなす事により鍛えられ、磨かれ、名声を得るに至ったわけです。

ベックは後輩ペイジの才能を認めつつ、自分のギターをより際立たすためには、ペイジの
バッキングやアレンジに長けたギターが必要だとわかっており、あえて「サイド・ギター」で
ヤードバーズに加入させたのです。

速弾きみたいな運指がらみ、テクニックがらみの事を言うとペイジのギターの腕前には???が
ついてしまう・・かもしれません。
しかしペイジには楽曲クリエイターとしての才能が他のギタリストより群を抜いて秀でている・・
これは揺るぎ難い事実です。

リッチー・ブラックモア先生が
「ペイジは本当にクレイバー(利口)なギタリストだ。みんな(ペイジのギターの腕前について)
色々言ってるけど、昔から本当に上手いギタリストだ」
と事あるごとに誉めております。私はうんうんとうなずいてしまいますね、この言葉には・・。

長くてごめんなさい、書き足りないくらいだけどこの辺にしときますね。

参考になれば幸いです。

こんばんは。書かせて下さい。

大のZepファンです。当然個々のメンバーひとりひとりのファンですし、
様々な思い入れもあります。ジミー・ペイジに対してもそうです。

「ペイジは下手なのではないか・・?」
これって大昔から言われてましたし、「ハート・ブレイカー」のソロになると
みんな大笑いしたり、ほくそ笑んだりするのは古今東西、老若男女、いつの時代でも「お約束」、
としてありながらも公の場で語るのは、「禁じ手」として暗黙の了解があったりなかったりで、
色々と複雑怪奇、奇妙奇天烈...続きを読む

Qビートルズの良さが分からない(アンチではありません)

私は16歳の女です。
最近ふとビートルズの音楽はどういうものなのか聴いてみたいと思い、ベストを買いました。
「THE BEATLES 1」を聴いたのですが、ビートルズの良さがさっぱり分かりません。

ビートルズの魅力は何ですか?

Aベストアンサー

例えば、ビートルズは現代のロックの原点。
例えば、イヴ・サンローランは現代のファッションの原点。
例えば、手塚治虫は現代の漫画の原点。
そう言って、まず間違いはないでしょう。

1960年代の人から見れば
ビートルズの音楽も、サンローランのファッションも、手塚治虫の漫画も
まさに「革命」でした。
でも、今は2007年。
革命からすでに半世紀近くが経過しました。
かつての「革命」も、今では立派な「常識」あるいは「普通」です。
ですから今はじめて聞いてみて、その「良さが分からない」という意見も
分かるような気がします。
(でも、ビートルズ以降革命のない今のロックはある意味退屈です。)

ビートルズの歴史的「偉業」をあれこれ書くのは簡単です。
でも、それはビートルズの「魅力」とはちょっと違いますよね。

> むしろ「ビートルズは素晴らしい!」とか言える現代人は変
なんて意見もあり、その気持ちも分かりますが
私は最近になって、やっぱり「ビートルズって素晴らしい!」って
本気で思ってるんですよね。

例えば「無人島に10曲だけ好きな曲を持っていけるとしたら何を選ぶか?」
なんてこと、時々考えませんか?
私はよく考えるんですけど、必ずビートルズが1曲入るんですよね。
しかも結構違う曲が入るんです。
最近は「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」と「オクトパス・ガーデン」が大好きです。
昔は全然好きじゃなかったんですけどね・・・我ながら不思議。
(蛇足ながら「オクトパス・ガーデン」はオアシスがライブで
「Whatever」に続けて歌うことがありますよね。その影響かしら?)

あらためて考えるビートルズの魅力って
やはりメロディ・メーカーとしての素晴らしさなんだろうなと思います。
そして、時代によって、気分によって、必ず抜群にフィットする曲が
(少なくとも私の場合は)あるんですねぇ。
だから、もう30年以上聴いてますけど、飽きないし、いまだに発見があります。
(一番好きなビートルズのアルバムも、ころころ変わりますし。)

ただね、「THE BEATLES 1」は、彼らのアルバムとしては良くないよ。
後から編集したベスト盤だし。オリジナル・アルバムには敵わない。
1960年代後半から70年代前半というのは
1枚1枚のアルバムを凄く大切に作っていた時代だから
今みたいに直ぐにベスト盤を出さなかったし
ベスト盤にしてしまうと魅力が半減してしまうのです。
ですから、出来れば
●サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド
●ホワイト・アルバム
●アビー・ロード
●レット・イット・ビー
の4枚は「アルバム」で聴いて下さい。
そうすれば、何か良さに気づいて頂けると思うのですが・・・

例えば、ビートルズは現代のロックの原点。
例えば、イヴ・サンローランは現代のファッションの原点。
例えば、手塚治虫は現代の漫画の原点。
そう言って、まず間違いはないでしょう。

1960年代の人から見れば
ビートルズの音楽も、サンローランのファッションも、手塚治虫の漫画も
まさに「革命」でした。
でも、今は2007年。
革命からすでに半世紀近くが経過しました。
かつての「革命」も、今では立派な「常識」あるいは「普通」です。
ですから今はじめて聞いてみて、その「良さが分からない」と...続きを読む

Q核保有、アメリカなどがよくて北朝鮮がいけない理由

核保有、アメリカなどがよくて北朝鮮がいけない理由
なぜ北朝鮮がいけないのか。
教えてください。

Aベストアンサー

核戦力は外交に於いて大きなアドバンテージとなります。アメリカをはじめとする核保有国はその外交的な力を分かっているので、これ以上核保有国が増えることは望んでいないのです。すべての国が核保有国になったら、核のアドバンテージはなくなりますからね。

Qレコードプレーヤーによる音の違いはあるか

現在、デノンのDP-1300IIを使っています。

季刊アナログ誌によるとプレーヤーによって音が変わるとのことですが、納得がいきません。
音を決めるのはカートリッジのはずです。

勿論、1~2万円のプレーヤーでは難しいと思いますが、ある程度(DP-1300II)以上なら余程悪い環境でない限りは99%位はカートリッジが支配することになるはずです。

趣味としてガチガチのプレーヤーを使用することを否定するものではありませんが。

そんなにプレーヤーによって音が変わるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)は相当にばらつくものと思います。その観点からすれば、ご質問者のご意見には賛同します。
しかし、ココで重要な事は何かと言うと、趣味としての所有する喜びが、各々の機種にあるかと言う事です。特にアナログプレイヤーは手にふれる、調整するなど、趣味性の高い分野です。たとえば、SMEのアーム、ガラードやトーレンスなどのターンテーブルは触れる眺めるなどの点から、音を度外視してしまう魅力があります。
ハイエンドの世界ではダイレクトドライブよりベルトドライブに人気があるのは、音の違いよりもその構造から来る魅力であると言えます。違いが分かると言われる方もいますが、フェアなブラインドテストで行ったら全く違う結果が出る事を何度も経験しています。
ダイレクトドライブでもエクスクルーシブP3が別なのは、あの重量感とデザインが大きく所有感をくすぐるからです。マイクロの8000などもその部類ですが、マシーン的な外観が所有欲を注がれる人とそうでない人を分けると思います。
ご質問と違う話になってしまいましたが、DP-1300IIであれば、余り評価を気にせずにカートリッジの変化でいろいろな音を試されたらと思います。

評価から逃れる方法はただひとつ、良い音とか、自分の好きな音とかではなくて、そのプレイヤー本体にあなたが寄り添う事に尽きます。DP-1300IIにあなたが寄り添えるならば、もう何も必要ないでしょう。しかしご質問されている事自体から、寄り添うべきプレイヤーではないと言う事になります。
データ上の進歩はあっても、所有欲を満たすものと言うのは本当に少なくなりました。私であれば、アナログ全盛の時代のトーレンスやガラードにSMEやオルトフォンのアームを選択し、聴くと言う事以外に手入れや調整に楽しみを見つけます。ただこの場合は、アンプやスピーカーもそれに見合った物でないとバランスが悪いでしょう。このバランスと言うのは音の観点よりは、所有欲と言う事になります。低価格でも品位の高いアンプやスピーカーは新製品でもあるでしょうが、最近の日本製品には見当たりませんが・・・。マッキントッシュ(アンプ系)、クウォード(アンプ、コンデンサーSP)など、この辺りの程度の良い中古品で組みなおしてアナログを楽しめば、評価の呪縛から逃れられると思います。
そして、現代のオーディオにはPCオーディオをプラスする。PCオーディオは超デジタルゆえ、雑誌で言われるほどの音の差は出ませんし、出ていようがどうしようが、なんといってもアンプ、SPがそんな些細な違いを超えた世界を作ってしまいますから。

所有する喜び、その機器に自分が寄り添う事。この事でオーディオの世界が一変します。毎日手入れが楽しいですよ。

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)...続きを読む

Q用事がなければ彼女、彼にメールしない人に質問

メールは必要最低限、用事がなければメールしない方がよいと、多忙で連絡無精な彼氏対策に賢いアドバイスを度々いただきました。その通りだな、と実践しています。

が、用事の時だけにしようと思うと、結構ないものなんですね、本当の意味での用事って。今まではわざと聞きたいことを作って上手くメールしたりしてましたが、そんな内容すらくだらなく思えてきました。

用事がなければメールしないけどうまく行ってるよという方々、
会える時を楽しみにして、普段は無駄なやりとりしなくても別にいいんじゃない?・・・と思われますか?この調子だと滅多にお互いやりとりしなくなりそうです。会うとお互い話題が尽きなくて最初から最後まで楽しいんですけど・・・。

Aベストアンサー

もうすぐ三十路の女です。
色々な男性と付き合ってきましたが、
メールは必要最低限以外しないほうが、彼のテンションは高いです。
会ってるときも楽しいし、彼が私のために色々尽くしてくれてます。
ぶっちゃけ、私が必要以外のメールがすっごい苦手で、
基本は相手からの用件メール(今度いつ会う?とか旅行の予定の打ち合わせとか)に返事するだけ。

ですがすっごいラブラブだし、私は彼を信頼しているので、全く問題ないです。
もっとメール欲しいとか1回も思ったことがありません(笑)

逆に、毎日何通もやりとりしてた彼は、確かにメールが好きな人だったけど、
辛い形でお別れしました。毎日毎日連絡しあうと、飽きちゃうんでしょうね。男性側が。

男性って、寂しくさせておくくらいが丁度良いですよ。
だって、メールをいつも自分から送ってたら、幸せが実感できませんもの。

彼から愛されてる実感がほしいならば、こちらからのメールは控える。
しぶしぶ強制されて彼から貰うより、「あれ?彼女からメール来ないぞ!おかしいな」
と思って彼からメール貰える方が嬉しくないですか?
「ああ、私、必要とされてるのね!」って思うでしょう?

だから、あなたのメールは極力控えて、会う時に最高の自分を見せれば良いと思いますよ!

もうすぐ三十路の女です。
色々な男性と付き合ってきましたが、
メールは必要最低限以外しないほうが、彼のテンションは高いです。
会ってるときも楽しいし、彼が私のために色々尽くしてくれてます。
ぶっちゃけ、私が必要以外のメールがすっごい苦手で、
基本は相手からの用件メール(今度いつ会う?とか旅行の予定の打ち合わせとか)に返事するだけ。

ですがすっごいラブラブだし、私は彼を信頼しているので、全く問題ないです。
もっとメール欲しいとか1回も思ったことがありません(笑)

逆に、毎日何通も...続きを読む


人気Q&Aランキング