新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

自分が生まれた時間を正確に知る方法はあるでしょうか?
母親に聞いても、「そんなの覚えてない」というわけで
はっきりとは分かりません。
戸籍謄本などに載っているでしょうか?
どなたか、知っている方がいましたら教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

出生 時間」に関するQ&A: 占星術の出生時間

A 回答 (4件)

こんばんは。


戸籍謄本などには載っていませんし、出生証明書にも生まれた時間までは載ってなかったような・・気がします。(はっきり断言できませんが)
母子手帳もないとなると、そういう方面?からの手がかりは得られない状態なのですよね?
「正確に」というと「何時何分」・・という単位でお知りになりたいという意味なのでしょうか?
「何分」というところまでは難しいでしょうが、四柱推命をなさってる方に相談なされば、おおよその時間くらいは分かるかと思います。
今までのあなたの人生の出来事や流れを見ながら判断するらしいですので、もしかしたら西洋占星術でも同じような方法で判明させることが出来るかもしれません。
いずれにしても、それなりに極めた?方でなければ難しいように思います。
とは言っても、それが果たして合ってるのかどうか、確かめる手立てはないわけですし、
あくまでも「占い(統計というべきか)」からはじきだすわけなので、お勧めは出来ませんが・・。
とはいえ、この「占い」のカテで質問されてらっしゃるので、一応、書いてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
実は、ある方に占っていただくため、ある程度正確な時間を
知る必要がありまして・・・
時間が全然分からないと、占いの結果も違ってくるそうなので。
どうしても分からなければ、努力してみますと言ってくれて
いますが、占いからある程度の時間が分かることがあるの
ですね?その方は子供から分かることもあると言ってましたが
私は子供がいないので・・・なんとも不思議ですね。

お礼日時:2008/04/14 19:16

NO1です。


へその緒も残っていませんか。確実ではありませんが、箱に書いてあるかもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
残っていないのです。
もう何十年も前ですし、引越しなどもしているので
紛失したのではないでしょうか。

お礼日時:2008/04/12 08:52

居住地の役所で「出生証明書」が残っているかもしれませんから請求してみて下さい。


残っていない可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
今度、役所へ行ってみようと思います。
残っていればいいのですが・・・

お礼日時:2008/04/12 08:49

母子手帳にのっていますよ。

お母さんに出してもらってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
でも、母子手帳はもう持っていないそうです。

お礼日時:2008/04/09 22:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分の出生時間が、何時何分が知るにはどこで?

自分もしくは、知り合いの生まれた時間が、何日の何時何分に生まれたのかを知れる場所ってどこでしょうか?区役所のような場所で書類で見れるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。以前、仕事で戸籍事務をしていましたので、若干の知識があります。

 私がとりあえず思いついた方法は次の3つです。皆さんのお答えと重なる部分も多いですがご了承下さい

(1)母子手帳を見る

 時間も書かれていると思いますので、母子手帳が残っていれば見てください。

(2)病院で確認する

 カルテが残っていれば確認できます。
 但し、医療法上のカルテの保存期間は5年ですから、ない可能性が高いです。ただし、5年を越えて残してはいけないというものではありませんから、医療機関によっては残っている可能性もあります。

(3)本籍地の地方法務局で出生届の写しを請求する

・市区町村に提出された貴方の出生届は、一定期間(本籍地に提出した場合は1ヶ月間、本籍地以外に提出された場合は1年間)保管された後、本籍地の地方法務局で保管されます。保管期間は存じていないのですが、相当期間は保管されているようですから、出生届の写しを請求してみてください。

・ちなみに、出生届の右半分が医師の診断書になっていまして、そこに、生年月日が時分まで書かれていますから、写しを取得されると時間が分かります。

 こんにちは。以前、仕事で戸籍事務をしていましたので、若干の知識があります。

 私がとりあえず思いついた方法は次の3つです。皆さんのお答えと重なる部分も多いですがご了承下さい

(1)母子手帳を見る

 時間も書かれていると思いますので、母子手帳が残っていれば見てください。

(2)病院で確認する

 カルテが残っていれば確認できます。
 但し、医療法上のカルテの保存期間は5年ですから、ない可能性が高いです。ただし、5年を越えて残してはいけないというものではありませんから、医療機...続きを読む

Q自分の出生届のデータを閲覧できる条件とは?

 個人的な事情で、自分自身の出生届の内容を確認したいと思っていました。1970年生まれですので、原本はもちろん残っていないだろうし、何らかのデータも残っているか不安でしたが、ともかく出生地の市役所に行ってみました。

 窓口で相談してみると、出生届の内容を記録したデータなら残っているとのこと。そこで閲覧の手続きを取らせてもらおうとしたのですが、対応してくれた職員はなにやら奥に相談しに行きました。戻ってきて言うことには、「法律に基づく命令がないと閲覧できない」とのことでした。

 自分自身のことを知る手がかりを断たれたショックと、何を言っても覆りそうにない雰囲気だったのでそのまま諦めて帰ってきました。でもそのあと、もう少し詳しくきいておけばよかったなと思っています。「法律に基づく命令」というのは、例えばどのようなものでしょうか? また、自分自身に関する情報なのに、なぜ出生届のデータを閲覧することが困難になっているのでしょうか?

 ご存知の方がいらっしゃったら、お教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

個人的な事情というものがどのようなものかによると考えます。
単なる興味本位であれば体よく門前払いとなるでしょうし、記載内容を確認することにより質問者様
に客観的な利益があるのであれば内容の確認が可能です。

出生届の内容を記録したデータというのは1970年生まれとのことですので、和紙にインクで書かれた
「受附帳」のことかと想像しますが、それのレゾンデートルは戸籍の記載内容が正しくあること、また
戸籍が滅失等の恐れに直面した場合の担保という意味が大半です。

>また、自分自身に関する情報なのに、なぜ出生届のデータを閲覧することが困難になっているのでしょうか?

「受附帳」にかかることであれば、戸籍に全て書かれていていますので、改めて「受附帳」の記載内容
を確認する必要性が無いからです。

届出人、医師、役所の誰かが誤って戸籍の記載事項が事実と反することになっているので、それを訂正する
ためということであれば客観的理由に該当しますので行政証明書として発行はされますが、他の方々の
情報もありますので「閲覧」は不可能です。

戸籍法
第48条 届出人は、届出の受理又は不受理の証明書を請求することができる。
《改正》平11法087
2 利害関係人は、特別の事由がある場合に限り、届書その他市町村長の受理した書類の閲覧を請求し、
又はその書類に記載した事項について証明書を請求することができる。

ということです。特別の事由とは一般に戸籍の記載が誤っているため訂正の用に用いるということであり、
それ以外の目的ではほぼ証明はされないと思われます。

>出生届の原本は、提出されたあとしばらくして監督省庁(たしか法務省と言っていたように思います)
に移管されるそうで、市役所には保存されていません。原本は既定の年数が経つと廃棄されてしまうそう
で、期限内で保存されている場合でも特別な場合以外は閲覧できないとのことでした。

出生届に限らず、戸籍届書は日本国籍の方の場合本籍地を管轄する法務「局」に27年間保存されます。
27年経過後は法務局によりそのまま保存を続けるところもあり、自治体に返却するところもあるようです。

戸籍届書については、例えば在日韓国、朝鮮人の方のように戸籍がない方の場合には戸籍代わりに届書
の写しが証明書として発行されますが、日本国籍の方の場合は戸籍訂正等々の理由がない限りは証明書としての
発行を求めるのは困難かと思います。

かなり以前に実務をやった記憶ですので、その後に法改正があればご容赦を。

個人的な事情というものがどのようなものかによると考えます。
単なる興味本位であれば体よく門前払いとなるでしょうし、記載内容を確認することにより質問者様
に客観的な利益があるのであれば内容の確認が可能です。

出生届の内容を記録したデータというのは1970年生まれとのことですので、和紙にインクで書かれた
「受附帳」のことかと想像しますが、それのレゾンデートルは戸籍の記載内容が正しくあること、また
戸籍が滅失等の恐れに直面した場合の担保という意味が大半です。

>また、自分自身に関する情報...続きを読む


人気Q&Aランキング