GONZOというアニメ製作会社(?)が原作レイプ(原作を改悪)することで有名だそうですが、
私はあまりアニメを見ないのでどの辺がひどいのかよく分かりません。

こういうところがひどい!という具体的な事例、
もしくはまとめサイトなどがあればお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

うーん、GONZO作品で一番ひどかった原作レイプは『ぼくらの』だと思います。


超ネタバレしてますので、ご注意を。

たぶんご覧になっていないと思いますので、簡単なストーリー説明を。
夏休みに自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリと名乗る謎の男に出会う。ココペリは「自分の作ったゲームをしないか」と子供達を誘う。ゲームの内容は、「無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う15体の巨大な敵を倒して地球を守る」というもの。兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。その晩、黒い巨大なロボットと敵が出現し、ロボットの中のコックピットに転送された子供達15人の前には、ココペリと、コエムシと名乗る口の悪いマスコットが待っていた。これが黒いロボット・ジアースの最初の戦いであった。……戦闘を重ねるにつれ、子供達はゲームの真の意味を知ることになる。
(異常、ウィキペディアより)

まー、結構SFです。かなりSFです。しかも、戦闘が終わると操縦者のうち一人が必ず死にます。負ければ地球が消滅します。
重たい話です。しかも平行して、15人のうちのひとりで両親のいない少年の本当の母が、主人公たちを自衛隊員として保護している女性である、ということが判明します。
ええ、SFな上にシリアスな話です。

で、この作品の原作の漫画版が存在するのですが、もともとの絵が『ギャグマンガ日和』という、超名作ギャグマンガにちょっとだけ似ています。
で、アニメになるとキャラクターデザインも変わるのですが、元の絵よりちょっと『ギャグマンガ日和』に近づきます。

で、何が問題だったかというと。(前フリ長くてごめんなさい)
そのいち。毎回毎回「あれ、あたし先週見逃したっけ」と思うようなわけのわからない脚本。
非常にスリリングでした。何が起こっているのか今でもわかりません。
そのに。前述の『ギャグマンガ日和』に似た絵が、主人公のうちの一人の母親が誰だかわかり、その直後に死ぬ回(ストーリー上超重要な話)で、崩壊します。
もう誰がどう見ても『ギャグマンガ日和』そのもの、というクラスまで崩壊します。
母親が名乗り出て、凶弾に倒れ死ぬ…… という超シリアスな場面なのに、『ギャグマンガ日和』。
これ以上の原作レイプは存在しないと思います。
しかもこの前後の回の作画が、そこそこまともな上にストーリー的にはどうでもいい話だったため「なんで母が死ぬ回に力を入れなかったんだ?!」とびっくりすること請け合いです。

で、今GONZOの過去作品一覧を見ながらこれを書いているのですが、「これはないよ」と思った作品が意外となかったことに驚いています。
「GONZO=原作レイプ」というイメージってどこから来たんでしょう。『岩窟王』とか『ロザリオとバンパイヤ』とか、けっこううまくいってると思うんですけどねぇ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に分かりやすい解説ありがとうございました。
今度「ぼくらの」を見てみたいと思います。
シリアスな場面なのにギャグマンガ日和。むしろワクワクしますw
ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/07 15:12

え、いや、ちゃんと『ぼくらの』の原作レイプパートも書いてるじゃん!


毎週「見逃したかしら前回」と思わせるような脚本は十分原作レイプだと思うんですが、ANo.4様的には違うようですね……ごめんなさい。
原作レイプ=原作をもっとドラマとしておもしろく見せようとする態度がないもの、と解釈していました。
だから「一番もりあがるはずのシーンで作画崩壊を起こさせる」というのは、十分原作レイプ足りえる事象だと思っていました。

と、いうわけでANo.4の個人的補足。
原作どおり=非原作レイプという考え方は非常にメジャーで、2chのスレ紹介サイトでも「なんでアニメを原作どおりにやらないのか』というスレが紹介されるほどです。(ちょっと前でもToらぶるはなんで原作どおりにアニメ化しないのか、なんて質問の観覧数がすごかったですよね)。

『プラネテス』など、原作があり、その上それの再構築が上手く言っている例などあった上での、少年漫画の打ち切り的ラスト、または「勝手に原作の続きを作るラスト」(要するにANo.4で言われているのはこういうこと)は正直言ってかなりがんばらないと本当につまらなくなってしまいます。(個人的にはその点、『砂ぼうず』などはがんばっていると思います)
だってやっていることは「原作を借りた、いわゆる同人行為」と大差ないわけで……(^^;)
そのあたりは、本当にスタッフの力量が試されるので、よっっぽど面白くないと「また、GONZOが暴走してるよー」となってしまいがちです。

あ、思い出した。GONZOは劇場版のスベりっぷりがひどいです。
個人的に『ブレイブストーリー』は思い出したくないクラスにひどかった。劇場版にするのに無理がある原作をわざわざアニメにするなよ…… という気持ちでいっぱいでした。
    • good
    • 0

原作レイプと作画崩壊をごっちゃにしている人がいますが。


原作レイプ 
原作の設定を無視・矛盾したストーリーを行うことです。
作画崩壊
製作が間に合わず作画が適当になり、コマごとでずれたりパースがおかしいことをいう。(演出で視覚的な効果を狙ったデフォルメや、作画監督による絵柄の違いは作画崩壊とは言いません)

ゴンゾでアニメ化されるものは未完のものがほとんどです。
したがってクール内で収めその上きちんと完結させなければいけません。なので原作と同じストーリーをやるのは難しくいのです。未完のモノを完結させるには
「これからも目的を目指して旅は続く・・・」の少年漫画的終わり方で区切るやり方
メリット 原作道理のため冒険して失敗した時とくらべ「原作道理ですから」といって非難を逃れることができる・二期とかできる。
と、
途中から原作とは違うストーリーにして物語の筋を通した終わり方
メリット 未完の原作を同じストーリーでやり先にアニメが完結すると原作を読む意味がなくなる(そもそも原作が結末決まってないのに原作どおりに先に終わらすことはほぼ不可能)ことを回避し、原作通りやるとただ漫画が動いて声がついてるだけでありアニメ化する意味でオリジナルストーリーをした方が原作とは違ったものを楽しめる。(そもそもアニメは原作者が作ってるわけでないので別のストーリーにした方がよいと私は思う)

この二つの進め方のうちゴンゾは「原作とは違うストーリーにして物語の筋を通した終わり方」を選び色々と冒険しています。
そのため冒険失敗したり、100%原作通りじゃないと脊髄反射的に批判する人がいるために「原作レイプだ。原作を改悪するな」といった声があるのです。主に年齢の低い方がよくいいます。その理由は最近は12話や24話の話数が少ない物が多く、長編モノが少ないからです。
うる星やつらみたいに百数話する話ではオリジナルを入れたり原作通りを入れたりすることはできますが、話数が少ないとオリジナルか原作通りかどちらかしかできないです。
長編のアニメだと(一話完結型の場合は)一話単位で評価されるのに対して、1クールモノだと1作品丸ごとの評価されてしまうので、「原作通りにしない」や冒険失敗などが多いアニメ会社(ゴンゾ)は原作レイプとい
うイメージが植えつけられているのです。

自分はゴンゾのアニメが好きです。最近の人は批評が幼くなにも考えず発言している人が多すぎます。(昔に比べ発言の場が多く、作品が乱立ため見てないアニメが多くなるため仕方ないですが・・・)

原作レイプな作品はほとんどないと思います。あと作画崩壊なアニメ何もほぼないです。(あけるりのレタスはさすがに作画崩壊ですが・・・)
    • good
    • 0

個人的には製作数が多いからはずれも多くなっているだけで


特別他の製作会社と比べてひどいとは思いません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ゲームの世界でも、FFやドラクエは厳しい批評をする方もいますよね。
有名なものほど評価が分かれるということですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/07 15:11

「クロノクルセイド」



ウィキペディアに原作とアニメの相違点が記載されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり改変されているのですね。しかし
>アニメ放映時には原作は終盤とはいえ未完結状態であったこともあり
この一文を見ると、仕方ないのではないかと思ってしまいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/07 15:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGONZOの作品

どの作品のレビューを見ても、あまりパッとしませんが…。

GONZOの作品って、そんなに面白くないのですか?
どこがそんなに評価を下げてる要因なのでしょうか?

私はGONZOの作品を見た事ありませんが、気になったので質問させてもらいました。

Aベストアンサー

まず、勘違いしないで欲しいのですが、GONZO作品が全て評価が低いわけではありません。
『カレイドスター』とか、『LAST EXILE』、『ストライク・ウィッチーズ』の1期目など、評価が高く、売れた作品も多くあります。また、作品としての売上はともかく、『岩窟王』『SOLTY RAY』『RED GARDEN』なども決して評判は悪くありません。

ただ、それでも、と言われてしまうのは……原作がまだ完結していない段階でアニメ化し、無茶苦茶なオリジナル展開にしてしまうことが多く、原作ファンを怒らせるケースが多かった、ということです。

例えば、01年に放映された『HELLSING』は、まだ原作も殆どたまっていない段階でアニメ化し、作品のキモになる元ナチスの将校・「少佐」らが出ないまま、オリジナルキャラとの戦いで終わらせる、という意味不明なものでした。この作品などは、原作者からも否定されています。
こういうケースが非常に多く、原作を台無しにする、ということで嫌われました。

また、04年ごろからは、数多くの作品を手がけたのですが、製作体制が追いつかず、作画が微妙だった、なんていうものも多くあります。

第1話は良いのですが、3話、4話と進んでいくにつれ、作画が微妙になっていき、しかも、先に書いたように、そもそも原作が完結していないものをアニメ化するのでおかしな結末になっている。
その結果、悪い評価になる、ということが多かったように思います。

まず、勘違いしないで欲しいのですが、GONZO作品が全て評価が低いわけではありません。
『カレイドスター』とか、『LAST EXILE』、『ストライク・ウィッチーズ』の1期目など、評価が高く、売れた作品も多くあります。また、作品としての売上はともかく、『岩窟王』『SOLTY RAY』『RED GARDEN』なども決して評判は悪くありません。

ただ、それでも、と言われてしまうのは……原作がまだ完結していない段階でアニメ化し、無茶苦茶なオリジナル展開にしてしまうことが多く、原作フ...続きを読む


人気Q&Aランキング