ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

知人から、コールマンの「Unleaded 2」と表記された
ランタンをいただきました。
ランタンに詳しくないので教えてください。

ジェネレータを交換し、マントルを購入すると
使用できますか?
グローブもちょっとヒビが入っているのですが、
交換するときの型番等はどうやって調べるのでしょうか?

ランタンには「Unleaded 2」
グローブに「USED ON 286・288 F-5」

MODEL 282・285
ジェネレータパーツ NO.285-5891
US PATENT NO4 522 582

ジェネレータは下記商品で大丈夫と思うのですが、
マントル・グローブなどの型番検索等ご教授いただけませんか。
よろしくお願い致します。

http://www.coleman.co.jp/shop/goods/goods.aspx?g …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1です。


コールマンのランタンは長い歴史の中で米国コールマンやカナダコールマンなど非常にいろいろな型が出て居ますが、
大きさでまとめると下記のような分類ができ、それによってマントルは矢印以下の型番になります。
 ※ランタンの型番に★印がついているのがUnleadedタイプ。
  282はワンマントル、285がツーマントル。

#3の方の情報は完全に憶測によるもので全くの誤りです。最近こういうのが多くて困りものです。。。
#4の方も同様で、
 >288とか290.295
というのは大型のツーマントルタイプ。中型のランタンにはまる訳がありません。。。ったく…ホントに困りますね、こういうのは。



小型※所謂ピークワン(222、229★)→#20

中型(200、335、286、282★、285★…)→#21A

大型(236、635、290、295★…)→#11

admn3218さんの情報から、そのランタンは#285と特定できるので、マントルは21Aで良いです。

>適合の型番等、調べる方法はあるんですかね??
一般には出回っていないようですが、『リペアパーツカタログ』なるものが存在し、これには細かなパーツNoまで載って居ます。恐らくコールマンのメンテナンスライセンスを持つ人に配布されるものかと想像します。

ちなみにリュブリカントは
 http://www.coleman.co.jp/shop/goods/goods.aspx?g …
    • good
    • 2

はじめまして。


Unleaded 2と言うのはUnleadedタイプのツーマントル・ランタンと言う意味だと思います。ちなみにグローブはツーマントルでしたら現行の288とか290.295などの一連のツーマントルランタンと供用出来るはずです。とにかく交換される事をお薦め致します、当方はクラックが入った状態で使用していて突然割れた経験があります。
それからマントルですが21(286などのいわゆる普通のワンマントル用)でも20(ピーク1とか226系のテーブルランタン用)でも差し支えありませんので、拘る所ではないと思います。
ジェネレーターは交換してしまえば簡単ですが、その前に既存のジェネレータを清掃してみてはいがかでしょうか?、この時代のコールマンジェネレータは燃料バルブの開閉に連動してクリーナー針が上下して清掃する仕組みですのでアルコールとかパーツクリナーを利用すれば復活する可能性が高いです。
ちなみに冒頭のUnleadedは白ガスと赤ガス(自動車用ガソリン)の両方が使えると言う意味ですが日本国内のガソリンはアメリカのソレとは成分に違いがあり、そのためにランタンの燃料タンク内面に塗装されているコーティングを溶かしてしまう(何回も利用してでの結果だと思いますが)ため赤ガスは利用しない方が賢明と言うのが定説になっています。
以上、ちよっと補足させて頂きました。
    • good
    • 2

今、2000年5月発行の会員向けの雑誌を見ていますが、「Unleaded1」=アンレデッドピーク1(モデル229-740J)のマントルは「20A」のようです。

ここは、参考にして下さい(価格は、どちらもさほど高くないと思います)
雑誌に、Unleaded2は載っていませんが、おそらくですが、「2」は後継ランタンでしょうかね。?。
あと、マントルは通常2枚が入っています。

>ルーブリカント?
>どういうモノか紹介していただけませんでしょうか?

「リュブリカント」~ポンピングをする際に、ポンプ部の動きをスムースにするのと、ポンプ部の中にあるオイルパット?を湿らす専用のオイルです。

また、前記のモデル:229-740Jで商品検索してもダメでした。商品が古くて?検索品から外したのでしょうかね。。

この回答への補足

20Aですか。。。。
最初の方のご回答から21Aかと思ってました。
もうちょっと調べてみます。

品は「Unleaded 2」でGoogleかけると、
結構、オークションで同じようなやつが出てきます。

ありがとうございました。

補足日時:2008/07/17 14:39
    • good
    • 0

ポンピングノブの中のゴムは乾いた状態で使うと破れることがありますので、専用のルーブリカントも買っといたほうがいいです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。
ルーブリカント?
どういうモノか紹介していただけませんでしょうか?
申し訳ございません。。。

補足日時:2008/07/17 11:30
    • good
    • 0

こんにちは。



ジェネはおっしゃるものでOKです。

マントル : 21A
 http://www.coleman.co.jp/shop/goods/goods.aspx?g …

グローブ : #4のサイズ
 http://www.coleman.co.jp/shop/category/category. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
マントルは2マントル?
本当にランタン、わからなくて申し訳ありません。
グローブは#4探したいと思います。
適合の型番等、調べる方法はあるんですかね??

お礼日時:2008/07/17 11:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコールマンランタンのノズルつまり

コールマンのガソリンランプMODEL286を使っているのですが、ポンピング後、点火しようとしたところ、いつものシューという音がせず、点火しませんでした。
ノズルのつまりと思われますが、保障期間も過ぎており、自分で直せるところまでやってみようと思っています。
同じ経験をされた方で、構造に詳しい方がいましたら、分解の仕方、チェックのポイントなどありましたらアドバイスください。

Aベストアンサー

はじめまして。

文章でうまく伝える自信がありませんが、いくつかご注意された方がいいと思われる点と、手順を平たく書かせていただきます。

まず、タンクに入っているガソリンは抜いて下さい。
作業中に噴出する可能性がありますから。
燃料キャップも緩めるか、外しておいた方がいいでしょう。
あと、ナットがインチサイズですので、メンテ用に純正レンチがあります。あると便利かもしれません。
小さいモンキーレンチでもできると思います。

ガラスグローブまで外すと、銀色のパイプとジェネレーターが残りますよね。
銀色パイプにクリップがついていますので、それを上にずらすと、輻射熱遮蔽版(3本足に皿が載った様な物)が外せます。

ジェネレーターの根元に、厚みがうすいナットがありますのでそれを緩めると、その下のC字型のワッシャーが外せるようになります。
それを外してしまえば、銀色パイプが下の円盤ごとごっそり外せます。

そこまで行けば、ジェネレーターのナットを緩めればジェネレーターが外せます。外す時には火力調整ノブを最大にしておくと、ジェネレーター内の細い棒外す時に楽です。
(ここでガソリンが入っていると、噴出してしまうわけです。)

清掃には、ホワイトガソリンを使うのが常套手段ではないか思います。
車・バイク用のキャブレタークリーナーも有効でした。
細い棒の先を曲げないように・・・当たり前ですが?

取り付け時には、ジェネレーター内にスプリングとともに収めた細い棒のお尻だけ出して、本体側に引っ掛けて、火力ノブを全閉してあげるとうまくいき易いです。

うまく説明できなくてすみません。
なにか途中すっ飛ばしているかもしれません(汗)

はじめまして。

文章でうまく伝える自信がありませんが、いくつかご注意された方がいいと思われる点と、手順を平たく書かせていただきます。

まず、タンクに入っているガソリンは抜いて下さい。
作業中に噴出する可能性がありますから。
燃料キャップも緩めるか、外しておいた方がいいでしょう。
あと、ナットがインチサイズですので、メンテ用に純正レンチがあります。あると便利かもしれません。
小さいモンキーレンチでもできると思います。

ガラスグローブまで外すと、銀色のパイプとジェネレー...続きを読む

Qホワイトガソリン用ランタンのunleaded化

コールマンのホワイトガソリンランタン(Model286A740J)を愛用していますが、これを例えば、
unleadedタイプ(Model282など)に改造(もちろん自己責任)は可能でしょうか?
可能な場合は必要な交換パーツ(ジェネレーター等)について教えてください。
メーカーさんには聞きにくいので・・・

Aベストアンサー

ホワイトガソリンとレギュラーガソリンの違いは添加剤の有無。

パソコンのプリンターの純正インクと互換インクの違いみたいなもんですね。
自己責任の運用をする覚悟があるかどうかです。

しかしプリンターと違ってガソリンランタンの構造は簡単でメンテでなんとかなるレベル。
超精密機械のプリンターとは違います。
もっともその辺が理解できない方がプリンターのカテゴリーで質問してますけどね。

で、取り合えず機種は違えどメンテの仕方を解説しているサイトがありましたので参考になるかもしれません。

ガソリンランタンのメンテナンス
http://slowoutdoorlife.naturum.ne.jp/e1483218.html

でジェネレータの詰まりの発生はクリーニングロッドのカーボンを落とせば大体が再使用可能。
とはいえここで腕の違いが歴然とでるんですよね。

自信がなけりゃジェネレータの交換です。

でも交換するジェネレータの供給があるかは怖くて調べていない。
知らんうちにキャンピングガスもなくなっちゃうしコールマンの部品供給も危うい感がある。
昔はホームセンター当りでも当たり前の様にメンテ用部品が置いてあったけど最近は見掛けないし…
コールマンもLEDランタンは沢山あるんだけどね。

今やガソリンランタンはレトロなグッズに分類されるのかもね。

ホワイトガソリンとレギュラーガソリンの違いは添加剤の有無。

パソコンのプリンターの純正インクと互換インクの違いみたいなもんですね。
自己責任の運用をする覚悟があるかどうかです。

しかしプリンターと違ってガソリンランタンの構造は簡単でメンテでなんとかなるレベル。
超精密機械のプリンターとは違います。
もっともその辺が理解できない方がプリンターのカテゴリーで質問してますけどね。

で、取り合えず機種は違えどメンテの仕方を解説しているサイトがありましたので参考になるかもしれません。

...続きを読む

Qガソリンストーブの残ガソリンの抜き方

コールマンのアンレデッド440というガソリンストーブを持っています。

使ってみたいのですが、一つ疑問が。

使った後のガソリンは入れっぱなしではいけないと思うのですが、タンク内部には仕切りのようなものがあるようで、逆さにしてもガソリンがスムーズに出てきません。

みなさんこの手のガソリンストーブを使う時、残りガソリンを抜くにはどのようにしていますか?

Aベストアンサー

はじめまして、こんばんわ。アウトドア用品の販売店スタッフです。
「残ガソリン」についてですが正解は「半年以上使用しない場合は抜き取る」です。
これはコールマンが言っている事なので間違い無い事です。
ただ保管方法(状況)によっても色々影響が出るので一概に「半年以内なら大丈夫」と言うわけではありません。

長期間使用しない状況でガソリンを抜かないと、中に残るガソリンが変質したりタンク内が腐食してしまいます。
ガソリン器具は色々なパーツで成り立っていて、ジェネレーター等の消耗品は交換が出来ますが、タンク内が錆びてしまうとお手上げです。その錆をジェネレーターで吸い上げてしまうので著しく火力が落ちますし、最終的には消えてしまいます。もし錆びてしまった場合、タンクにガソリンを入れてシェイクしそのガソリンを捨てる。この繰り返しでいくらかは錆を排出する事は出来ますが完全には無理です。

毎週末や月一、2,3ヶ月に一度は使用するのであればガソリンを抜き取る必要は無いと思います。
また「オフシーズンにガソリンを抜かなかったけど問題無かった」と仰る方もいらっしゃいますが、それは「たまたま」です。寿命を早めているのは確かな事です。末永く使用していきたいと考えているのであればある程度のメンテナンスはしてあげましょう。
・長期間使用しない場合はガソリンを抜く
・使用後はポンプカップにリュブリカントを注す
・少しでも破損したマントルは即交換
・ガソリンはコールマンの純正エコクリーンを使用する
・年に一回はオーバーホールしてみる
たったこれだけで20年以上は使えます。(消耗品の交換は必要ですが)

最後に残ガソリンの抜き方ですが、逆さにして抜けない場合はコールマンから発売されている「残ガソリン抜き取りポンプ」を使って下さい。元の缶に戻しても大丈夫です。ちなみに販売用のガソリンの缶に錆が出たら内部も腐食している可能性がありますので、そのガソリンは使用しない方が無難です。

参考URL:http://www.coleman.co.jp/index.html

はじめまして、こんばんわ。アウトドア用品の販売店スタッフです。
「残ガソリン」についてですが正解は「半年以上使用しない場合は抜き取る」です。
これはコールマンが言っている事なので間違い無い事です。
ただ保管方法(状況)によっても色々影響が出るので一概に「半年以内なら大丈夫」と言うわけではありません。

長期間使用しない状況でガソリンを抜かないと、中に残るガソリンが変質したりタンク内が腐食してしまいます。
ガソリン器具は色々なパーツで成り立っていて、ジェネレーター等の消耗品...続きを読む

Qランタンのポンピング不調コールマンのガソリンランタン295なんですが、

ランタンのポンピング不調コールマンのガソリンランタン295なんですが、いくらポンピングしても、空気が供給されません。
燃料タンクの蓋もしっかり締め、火力調節部分もオフを確認し穴を塞いでの結果です。
パッキンも今年に入って交換したばかりで、先週のメンテした時は問題が無かったのに…
自分の手に追えない様な問題であれば、メーカー点検修理に出そうと思います。簡単に書いてしまいましたが、ここが怪しいとか改善策があればご指導下さい。

Aベストアンサー

ポンプ用の油「ルブリカント」は、つかいましたか?コールマン製品売り場には、たいていあります。
指で塞ぐ穴から、1・2滴さすだけです。ポンプのピストンカップの、潤滑と密閉性のために必要です。
それでも直らなかったら、メーカーに依頼するしかないかも。

Qコールマンのフューエルファンネルの使い方

ランタンと一緒にコールマンのフューエルファンネルを友人から譲り受けたのですが、フューエルファンネルの使い方がいまいち分りません。
詳しい使い方を教えてください。
また、ガソリンフィラーと比べてどちらが使いやすいとか、こぼれにくいとかを知りたいのですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしも過去の経験からフィラーよりファンネルを使用しております。

さて、使用方法ですが、

1.ランタンを地面に置く
  水平で注がなければ、推奨される量を越える可能性があるため。
  あまりに満タンにしてしまうと、空気の圧縮スペースが確保できないため。
2.ランタンの燃料を挿入する蓋をあける
3.ランタンのガソリン挿入口にファンネルを差し込む
  ファンネルは、その斜めの注ぎ口を地面へ平行にする
  差し込みはきっちり行う(隙間があると、期待通りの効果が得られない)
4.ガソリンの蓋を開けファンネルにガソリンをゆっくり注ぐ
  ガソリンは口が上を向くように注ぐことでこぼれにくい
5.ガソリンのランタン注入がとまり、ファンネル内部のゴム水平まで届いたら、ガソリンを注ぐのをやめる(ちょうど満タンになります)
6.ファンネルをゆっくり引き抜きファンネル内部のガソリンを注ぐ
  (私はこのときランタンを傾けます。よくこぼしてしまうので)
7.ガソリンのキャップを閉じて終了

ファンネル内部の白い部分はガソリンでぬれてしまうので、数分乾かしておくことをお勧めします。

わたしも過去の経験からフィラーよりファンネルを使用しております。

さて、使用方法ですが、

1.ランタンを地面に置く
  水平で注がなければ、推奨される量を越える可能性があるため。
  あまりに満タンにしてしまうと、空気の圧縮スペースが確保できないため。
2.ランタンの燃料を挿入する蓋をあける
3.ランタンのガソリン挿入口にファンネルを差し込む
  ファンネルは、その斜めの注ぎ口を地面へ平行にする
  差し込みはきっちり行う(隙間があると、期待通りの効果が得られない)
...続きを読む

Qランタンのマントルの耐久性ってどれくらいですか?

初めてガスランタンを買いました。
スノーピークのギガパワー2wayランタンです。
まだ到着していないのですが、来週の週末にキャンプへ持って行こうと思うので予備知識としてアドバイスください。

ネットで扱い方など情報を集めていますが、マントルがどの程度で破損するのか感じがわかりません。
手で触れるなどというのは別として、ショックや振動によっても破損するため荷物の収納時には注意といった記述も見かけます。
実際どれぐらいの振動で破損するものでしょうか?

予定としては、付属のプラケースに入れて上からタオル等を巻き、調理用具や火気関連の道具、その他小物などを入れている樹脂製のボックスに一緒に入れて車のトランクに収納し、3~4時間走る予定です。(予備のマントルも持参します)

このような扱いでOKですか? もちろん投げたり落としたり、ボックスの中をガチャガチャかき回したりという雑な行為はしないという前提です。
それとももっと気をつけて、特に慎重にそ~っと扱わなければならないものですか?
よろしければ扱い方のコツなども教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

初めてガスランタンを買いました。
スノーピークのギガパワー2wayランタンです。
まだ到着していないのですが、来週の週末にキャンプへ持って行こうと思うので予備知識としてアドバイスください。

ネットで扱い方など情報を集めていますが、マントルがどの程度で破損するのか感じがわかりません。
手で触れるなどというのは別として、ショックや振動によっても破損するため荷物の収納時には注意といった記述も見かけます。
実際どれぐらいの振動で破損するものでしょうか?

予定としては、付属のプラケ...続きを読む

Aベストアンサー

年30日程度のキャンプしかしませんが、ここ4年ほど交換してません。

器具は縦に保管してください

Qランタンのマントル、から焼きは必須?

こんにちは
キャンプ歴20数年(といっても、1年に数回程度ですが・・・ ^^ゞ)です

カートリッジ式のランタンを大、小2個とガソリン式を1個、用途や状況で使っています。
キャンプ用品は全部 車に載せたまま(いつでも行けるように)にしているので、
現地に着いて見ると当然マントルが壊れてます。
毎回新しいマントルを取り付けて、「から焼き」する事からキャンプが始まるのですが、
先日、コールマンのツーマントルを使っている知人が
「自分のマントルは2年間付けっぱなしだよ」
と言うので、聞いてみると
「から焼き」はしてないとの話・・・
おまけに彼もずっと車に載せたままらしいのです。

今まで何の疑いもなく毎回「から焼き」してたので、びっくりしました。
本当にそのままで使えるのですか?

Aベストアンサー

おそらく表現上の勘違いだと思われます。
考えられる状況は以下の3パターンぐらいです。
マントルは使用開始前に必ず燃やして灰状にしますが、マントルが
壊れないから毎回は行わない。という場合が一つ。
又、使用しているランタンが金属製マントル使用の場合(Gzでしたっけ)ちょっと暗いけどツーリングの時はマントル壊れないから良いそうです。がひとつ。
あと、考えられるのがマントルの焼き方そのもの。マントルを焼くとき
空焼きで火がついて、ほぼ全体に火が回ったタイミングでガスを送ってマントルを膨らませるようにしますが、燃料を送っているので空焼きと
いう表現を使っていない場合が考えられます。
ちなみに私もマントルは付けっぱなしで約4年ほどもっています(年大体6~7回キャンプします)自分のはイワタニの安いガスらんたんですが、バイクではなく車の移動ではそんなに崩れる物では無いと思います。(最も4WDで道無き道だと即壊れるかもしれませんね)

QガソリンフィラーIIの使い方。

コールマンのガソリンフィラーIIを使っていますが、ガソリン缶とフィラーの間から、いつもガソリンがもれてしまいます。以前、締めすぎて缶を壊してしまい、フィラーを取り外せなくなったことがあります。締め付けが甘いから漏れてくると思うのですが、どこまで閉めればいいか、なんていう目安みたいなのがあれば教えていただきたいと思います。お願いします。

Aベストアンサー

その製品は買ってはいけない。
俺とその他何人かの友人は、漏れる -> 硬く閉める -> 取れなくなる。の結末を経験してとっても嫌な思いをした。信じられないくらいできの悪い商品だ。ちなみに、俺は、悪いが初心者じゃない。色々道具を使い、メンテもこなし、自分で道具を作るくらいなんだが、こいつにはあきれた。コールマンに対するイメージが悪くなった。他にも、シングルバーナーのチェックバルブが新品から緩んでいてバーナーを火達磨にして驚いた過去もあった。大量生産ゆえの悲しさか・・・。ランタンとか良い製品もあるのに残念でならない。

ガソリンフィラーは使わない事だ。ランタンにおまけで付いてくるジョウゴの方が100倍使える。最初は勢い余ってこぼしたがすぐになれるさ。缶の給油口を上にしてゆっくり傾けてジョウゴにガソリンを流し込めば良い。

Qコールマン285ランタンのエア漏れです。

趣味でコールマンランタンを集めています。
285のエア漏れでほとほと困っています。
症状は下記の通りです。
年式⇒92/11.
ポンピングはほぼ正常にできます。60~70回程圧力を掛けた後点火すると若干着火は悪いですが点きます。
ライターの火を近づけても最初は点きません。点火後10分位してから消化して再度点火しようとしてもエアの噴出す音がしません。
1時間程後には全くタンク内にはエアは残っていません。
燃料キャップを開けてもシューという音がしません。
ガソリンを完全にぬいて分解してジェネレーター、カラー、フレーム等を外し再度圧力を掛けて思い切って水につけてみました。
ポンプカップのオイル注入口から僅かにエアが漏れていました。
それよりジェネレーターの接続部?(先端に小さな穴が空いてます。ジェネレーターのカギ部分を引っ掛ける穴です。)から勢い良く空気が漏れていました。
火力調節バルブは閉にしています。
又調節バルブの根元はかなりきつく閉めました。

古い品で実際にはキャンプ、登山には使用していませんが愛着がありできるなら自分の手で治してやりたいと思っています。
できれば今夜中に解決したいと思ってます。
よろしくお願い致します。

趣味でコールマンランタンを集めています。
285のエア漏れでほとほと困っています。
症状は下記の通りです。
年式⇒92/11.
ポンピングはほぼ正常にできます。60~70回程圧力を掛けた後点火すると若干着火は悪いですが点きます。
ライターの火を近づけても最初は点きません。点火後10分位してから消化して再度点火しようとしてもエアの噴出す音がしません。
1時間程後には全くタンク内にはエアは残っていません。
燃料キャップを開けてもシューという音がしません。
ガソリンを完全にぬいて分解してジェネレ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして

・下記URLのコールマン・ランタン・トラブルシューティングが、診断に役にたつと思います。

http://www.coleman.co.jp/faq/index.html

・チェックバルブやエアーシステムに問題があるような・・・(メーカーに修理依頼の事項です。)

参考までに・・・

Q型番の違うマントルを使えますか?

今までコールマンの2マントルを使ってまして、この度1マントルの小さいランタン(229)を手に入れました。
そこで質問なのですが、マントルは型番が違うものは全く使えないのでしょうか?
ネットで送料を払ってまで購入するより近くのショップで手に入れたいのです。
もちろん大きさや釣り下げ方による違いがあるのは分かるのですが、よく似たものならいけないのでしょうか?
229の純正は#20らしいのですが、#21あたりならいけそうな気がするのですが?(同じ靴下型)また、他メーカーでいけるものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 #21ですと、形こそ同じですが、#20より使用時のマントルの大きさが小さくなりますので、おすすめは出来ませんね。
 実は私も間に合わせで使用した事がありますが、光量を上げて使おうとすると、マントルの周囲に炎がまわって見えますので、状況によってはベンチが焼けて色が変わる可能性がありますよ。私は少し絞り気味で使ったため、事実上は使用する事は出来たのですが、229が持つ本来の明るさは得られなかったと思っています。
 またあくまでも自己責任になりますので、事故になる前に正しいマントルをお買い求めになる事をおすすめします。
 また、未使用未開封のマントルは、顔見知りのお店などでは、交換してくれる可能性もありますので、お聞きになってみる事もおすすめします。
 ご参考まで・・・。


人気Q&Aランキング