最新閲覧日:

 長く続いているアニメと言えば、もちろん「サザエさん」と「ドラえもん」ですが、もう著者がなくなって長いことたちます。(サザエさんは特に)なのに未だにテレビアニメは続いています。「書きだめ」があり、まだすべて放送し終わってないのなら納得いきますが、そうとは考えづらいです。どうしてこんなにも長く続いてるのですか?今放送されているものは本当に著者によって書かれたものなか信用しがたいです。
 
 もうひとつの質問として、サザエさんって4コマ漫画ですよね。それなのにテレビではなんであんなに長いのですか?教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

サザエさんについて・・・


 サザエさんは、日曜の夕刻の定番として長く放送されてますが
 使いまわしやリメイクされたネタもたくさん放送されています。
 あまり昔のは、やってませんが・・・(声優さんが代わっているため)
 作者は長谷川さんですが、アニメについては脚本家がいます。
 4コマをベースに脚本をかいて それを作画しアニメーション化するのです。
 原版はエンディングにつかわれています。
 余談ですが、ある漫画家によると、表情以外はすべてアシスタントがやっている そうです。 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 皆さん、回答有難うございます。一人一人お礼してると大変なので(ものぐさですいません。)jail-houseサンの欄を借りさせていただきます。
 やはり思ったとおりのことがやられていたんですね。実際のことが分かってなんとなく残念な気がします。しかししょうがないことなんですよね。ドラえもん全巻持っている私でも最近テレビで見覚えがないのがたまに放送されているのもこのためだということが分かりました。

お礼日時:2001/02/21 09:47

他の方々の言う通りですが  私からも一言  アニメはたくさんの制作会社が作っています  作者がいなくなっても制作会社がしっかりでき

るように  なっているらしいです   マンガの方も一人ではできないですよ  アシスタントさんが何人もいるマンガ家さんもいるって言うし  大事な所いがいは皆アシスタントにやらせているマンガ家も  いるみもたいですよ
    • good
    • 0

テレビアニメと言うのは、必ずしも原作に忠実なものではありません。


スタッフロールなどを見ていると、
原作者として、マンガの作者の名前がある他に、
著作だとか脚本家だとかと言う肩書きが出て来ます。
マンガのテレビアニメ化と言うのは、
そのマンガのキャラクターやストーリーなどを使って、
新しいキャラクター商品を作る様なものだと考えてみるといいかも知れません。
たとえば、ドラえもんにしても、原作の藤子不二雄(F)が亡くなった今でも
新作の映画が作られています。
それは、脚本家が、新しいストーリーを考えているからです。
その極端な例として、かなり前になりますが、『フクちゃん』と言う
ゲタをはいた子供を主人公にしたアニメがありました。
これなんかは、原作は戦時中の4コマで、主人公のフクちゃんも
タンポ槍を持って『キチクベイエー(鬼畜米英)』なんてやってたんですが、
アニメでは現代の小学生になってましたから。
原作者はとうの昔に亡くなっていますので、ストーリーは
当然、別人が考えた物ですね。

また、『4コマなのになぜ長い?』についてですが、
それは、マンガとアニメでは、伝えられる情報量に違いがあるからです。
例えば、サザエさんの原作通りにアニメ化してしまうと、
4コマですと5~10秒で1話が終わってしまいますね(^^;
そこで、原作の4コマにあたエピソードをいくつか繋ぎ合わせて、
その間に新しく繋ぎの部分を作ってあの長さにしている訳です。
4コマでなくても、普通に週刊マンガ誌に連載されているマンガでも、
アニメにすると、5分~10分で終わってしまう場合もあります。
ですから、連載進行中のマンガをアニメ化する場合、
前半は割と原作に忠実にやっていたものが、アニメが原作に追い付いてしまい、
そうなると、1話ごとの引き延ばしのシーンが増えたり、
回想編の話を混ぜたりして、時間稼ぎをします。
例えば、『ドラゴンボール』なんかだと、格闘中にやたらと
無駄なアクションが増えたりとか、1回かめはめ波を撃つのに
えらい時間がかかったりする様になります。
    • good
    • 0

サザエさんに関しては、「必ず作中に、原作の4コマ漫画のエピソードを入れなくてはならない。

」という制約があったように記憶しています。

で、この制約を満たしつつ、(他の方が書かれえているように)製作者が独自にエピソードを考えて作成しているんだったと…
    • good
    • 0

「サザエさん」についてはburanさんの言うとおり、演出家、


脚本家が他の方々も含めて打ち合わせをして、話を作っています。
30年以上も前からこの作り方でしょう。
ですので著者が書いた物ではありません。
また元は4コマです。作品中にも4コマネタが使われていますよ。
あと他のアニメも作者の方が作っているわけではありません。
アニメはアニメで制作スタッフがいます。
(どうもそのように勘違いされているようなので・・・)

「ドラえもん」も漫画版をそのままアニメに移したような物でしょう。
ただこれも制作スタッフが作っています。
    • good
    • 0

「サザエさん」なんかは、典型的な古典的なアニメ(ドラマ)の作り方で、構成・脚本を担当する脚本家(辻真先さんも参加しておられますね)が演出家と相談して、あれだけ長いストーリーを作っています。


もちろん、ご存命の折には原作者も了解済みですし、現在は原作の著作権管理をしている「姉妹社」とも了解がとれているはずです。

「ドラえもん」は詳しくないので、他の方がお答えいただければ、と思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ