現代の日本のような商業音楽全盛時代において、日本の音楽が抱える最も困難な問題の1つは、昔から受継がれてきた伝統音楽
の喪失であろうと思われます。勿論、今でも真面目に伝統音楽の世界で活躍する演奏家がいることから、これらが完全に失われ
たとは言い難いでしょうが、芸術における真の「伝統」とは、単に「受継がれること」のみならず、「それに新しさを加えて発
展させること」ではないでしょうか? 多くの日本人は、日本の伝統というとどうしても「古いもの」という感覚に結び付けら
れがちですが。最近、雅楽とポピュラー音楽を混ぜ合わせたようなミュージシャンが登場していますが、ああいうのも日本の伝
統芸術の発展には到底私には見えません。T.T.のノヴェンバーステップスも、東洋と西洋の混合と言う意味では面白いですが、
これもやや消極的な発展のさせ方ではないでしょうか。もしかすると、日本の音楽は、西洋音楽の潮流を部分的に吸収しなけれ
ばならない運命にあるのかもしれませんが。日本の音楽の良さは、もっと非対称で不均一で、微妙な時間の流れ具合にあると思
うのですが。どういうわけか日本人は自国の文化を外側から見たオリエンタリズムの中でしか認識しないようです。
ここまでの議論をふまえて、日本の伝統音楽が抱える問題についてご意見がありましたら御回答下さい。どんなことでも結構で
す。上の私の意見に対する反論もあれば書いてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

自国文化に対する認識以上に、伝統音楽が内在するいくつかの問題が


原因となって西洋音楽に対する劣勢を生じさせていると思います。

例えば、譜面がない事などがそうでしょう。

西洋の音符の記法ほど厳密なものが成立しなかったために
演奏に習熟する為には師匠の下で暗譜する必要があります。

これは結構な労力になります。少なくともギターを一本
買って来てコードを三つ覚えれば楽しめる事とは比べようも
ないです。

またジャンルによっては社会階級と紐ついていたために
大衆化が出来なかったと言う面があるでしょう。

農民階級が雅楽を演奏する事や武士階級が民謡を
たしなむと言う事もないように思います。

いずれにしろ各伝統音楽にそれなりの事情があって
普遍的な原因はないのではないでしょうか。
    • good
    • 0

まず 「日本の伝統音楽」とは


何を指すのか はっきり定義づけてください
    • good
    • 0

ネットの時代がそのうち来ますから、著作権なんてセコイこと言わずに


ネット配信するといいですよね、伝統の音。
CDのボーナストラックみたいに、メインのチャンネルとリードするパートを
カットして、マイナス2の音をネットでバンバン配信する。(カラオケみたいなものですね。無料のユーザーコピー心理を利用した宣伝です。)オリジナルの完成したトラックだけ商品として、販売する。未だに2CH だの5.1chだのと行ってますが、マルチメディア時代のネットを生かした、マルチ戦略とはそういうものだと思いますよ。 こういうのって、内緒でやるとビジネス特許モデルになるんでしょうけど
著作協会とかウザイこと言いそうなので、ここに書いちゃいます。(爆)
私はしきたりより、戦略だと思いますね。
    • good
    • 0

音楽は狭い地域のみで行われている場合を除き、他の地域の音楽の要素を含み、それがシルクロードを伝わってきたのならなおさらです。

武満氏、東儀氏、オーボエの宮本氏もアプローチしていますが、あとに残るものあり、その場限りの企画ものあり、旧来の姿を守り続ける人あり。それはジャズやロック、クラシックも同じですよ。とにかく賛でも否でも評価してあげて下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の伝統音楽

お琴や尺八など日本の伝統楽器の音を堪能できるCDをご存知の方、お勧めのものを教えて下さい。
先日、帰国する外国人の友人(中国人)に何か良い日本の伝統音楽はないかと聞かれました。
試聴可能なウェブサイトもあれば、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「定番カタログシリーズ<COREZO!>」(ビクターエンタテイメント)というアルバムシリーズがあり、
邦楽もいくつかラインナップされています。
私も同シリーズのものを持っていますが、選曲は悪くないので信用できそうです。
この中から選んでみてはいかがでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/feature/-/593217/ref=ed_cp_2_8_m/250-4908352-6133832

ざっと見たところ、
津軽三味線
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZYDY/br_lfncs_m_2/250-4908352-6133832

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZY9S/ref=m_593217_txt_17/250-4908352-6133832
尺八
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZYCU/ref=m_593217_txt_23/250-4908352-6133832
などがあります

また、和太鼓の集団「鼓童」もオススメ。
伝統と現代の芸術性の両方を備えた日本邦楽を代表するグループです。
「伝統芸能の音」というよりアーティスト寄りですが、よろしければどうぞ。
ちなみに、私の一番すきなアルバムはこれ。
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20010691
(試聴できます)

こんにちは。

「定番カタログシリーズ<COREZO!>」(ビクターエンタテイメント)というアルバムシリーズがあり、
邦楽もいくつかラインナップされています。
私も同シリーズのものを持っていますが、選曲は悪くないので信用できそうです。
この中から選んでみてはいかがでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/feature/-/593217/ref=ed_cp_2_8_m/250-4908352-6133832

ざっと見たところ、
津軽三味線
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZYDY/br_lfncs_m_2/250-4908352-6...続きを読む

Qポピュラー音楽の曲分析の仕方を勉強したいのですが

はじめまして、ギターをやっていて、そろそろ作曲をしてみたいなと思っているものです。
ですが、作曲をする前に自分の好きなアーティストの曲を分析して理解を深めてからのほうが、自分の作りたいと思う曲を作る近道だと思い、曲分析をしてみたいと思いました。

なのでamazonで曲分析の仕方を勉強できるような本は出てないかと思い探したのですが、クラシックのための本ばかりしかありませんでした。
なにかポピュラー音楽の曲分析の仕方を勉強できるようなものはありませんか?

ちなみに分析したいって思ってるアーティストはoasisやweezerなどです。
あと、曲分析だとおおまかすぎると思うんで、とりあえずコード進行の分析ということでお願いします。

Aベストアンサー

クラシックの理論書でも十分です。
特に必要なのは「和声」というところです。
むしろクラシック向けの方が簡潔に説明してあり、良いかもしれません。
ポピュラーの本ならこれが良いと思いました。
「ポピュラー音楽理論」
http://www.bk1.jp/product/02510930

しかし、ポピュラーをやる場合は、あまり理論に力を入れる必要はないです。
好きな曲を沢山弾いて、色々なコード進行に慣れてきたところで、音楽理論の「和声」の中の「転調」まで読むと良いでしょう。
すると、自分の弾ける曲が、大体どういう和声構成で作られているか分かるようになります。
そういうことをやって、和音の変化とそのクセをつかむようにしてください。
作曲者特有のクセがあったりして面白いです。

そうして和音に慣れていくうちに、聴いただけでも、「この部分はこのコードだな」とか「ここは変な音だな」とか分かるようになってきます。

で、同時に、ギターの指も慣らしてください。自然に色々なコードが弾ける様にしてください。
そうなると、作曲です。

まず、思いついたメロディに自分なりにコードをつけて見るのです。
きっと、何らかのコードが出てくるはずです。
それで、最初はきっと、単純でつまらない進行になるでしょう。
そこでまた「和声」を読み直したり、色々な作曲者のものを聞いたり弾いたりして良い技術(「転調」の技術など)を盗んでください。
例:サイモン&ガーファンクルのメロディにバッハ和声を無理やりつけてみる、など。

あと、なるべく妥協せず、苦しんでも時間がかかっても、自分の個性の出た曲を作ってください。
コードに慣れてくると誰でも、簡単な作曲は出来るようになります。
しかし大体は、ありきたりなコード進行に、そのコード内に含まれる基本的な和音から選ばれた、ありきたりなメロディを乗せがちです。そこで、いい気ならないで、もう一つ先を目指してください。

ポップソングを作り、ライブを盛んに行いアマチュアですが収入も得ていた自分の経験から書きました。

最後に。
とくにポピュラーの作曲は、これという理論がありません。ずばり、まともな教則本がでていませんし、教えてくれる人もいません。
僕は音楽を作るための、思いつくありとあらゆる方法を試し、またそれが全て有効でした。

クラシックの理論書でも十分です。
特に必要なのは「和声」というところです。
むしろクラシック向けの方が簡潔に説明してあり、良いかもしれません。
ポピュラーの本ならこれが良いと思いました。
「ポピュラー音楽理論」
http://www.bk1.jp/product/02510930

しかし、ポピュラーをやる場合は、あまり理論に力を入れる必要はないです。
好きな曲を沢山弾いて、色々なコード進行に慣れてきたところで、音楽理論の「和声」の中の「転調」まで読むと良いでしょう。
すると、自分の弾ける曲が、大体どうい...続きを読む

Q日本と西洋の音楽の違い

学校の音楽レポートを調べる資料として日本と西洋の国歌の聞き比べをしてみたのですが、日本の「君が代」と西洋のものは曲の明るさやテンポなどが明らかに違って感じます。わらべ歌とクラシックなどを比較してみても同様に感じます。
なぜこのような違いができたのでしょうか?どなたかご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

簡単に書けば、

西洋の音楽は7音音階です。ドレミファソラシ。長調も短調も、基本は7音です。

東洋の音楽は5音音階です。
   陰旋法(日本的):ラシドミファ (いわゆる短調)
   陽旋法(中国的):ドレミソラ  (いわゆる長調)

ピアノなどの鍵盤楽器では、黒鍵だけで、長調の演歌が殆ど弾けます。

日本の音楽は雅楽が代表するように、歴史的にはゆっくりなテンポです。十二ひとえにサンバは合いませんよね。

あと音楽文化的には、西洋音楽は和音が基本。アフリカ音楽はリズムが基本。そして東洋の音楽はメロディーが基本になっています。

日本の国家「君が代」も当初はメロディーしかありませんでした。現在聴かれる「君が代」にハーモニーを付けたのはなんと、ドイツ人だったのです。

世界史で習ったと思いますが文明は各地でバラバラに発達したもので、その段階で音楽もバラバラに発達しました。雅楽や日本の楽器を学べばわかりますが、音符はオタマジャクシでは書かれていません。本来比較になるようなものではないのです。

ただ、西洋の記譜法が便利だったものですから、それを強引に持ち込んで何でもかんでもオタマジャクシに置き換えるようになりました。そういったことから、自然と、西洋と東洋の音楽を「比較」するようになったのでしょう。

調べるべき言葉は多分「音階、5音音階、旋法、民族音楽」だと思います。

簡単に書けば、

西洋の音楽は7音音階です。ドレミファソラシ。長調も短調も、基本は7音です。

東洋の音楽は5音音階です。
   陰旋法(日本的):ラシドミファ (いわゆる短調)
   陽旋法(中国的):ドレミソラ  (いわゆる長調)

ピアノなどの鍵盤楽器では、黒鍵だけで、長調の演歌が殆ど弾けます。

日本の音楽は雅楽が代表するように、歴史的にはゆっくりなテンポです。十二ひとえにサンバは合いませんよね。

あと音楽文化的には、西洋音楽は和音が基本。アフリカ音楽はリズムが...続きを読む

Q民謡、民族音楽、伝統音楽と著作権

私はある国の伝統音楽をプロとして数年前から演奏している者です。

私が数ヶ月前に出したCDに収録されている、ある曲が著作権侵害に
あたる可能性があると、外国の友人から指摘をされてしまいました。

質問(1)
私はCDで作者不詳の伝統曲と作曲者の明らかな曲の両方を演奏を
していますが、ソースになったCDにtraditionalとあれば
traditionalと表記し、作曲者が明らかな場合はcomposed by誰々と、
名前を表記するにとどめています。

世界的な常識では作曲者が明らかな曲はどうするのが良いでしょうか。
名前を記すだけでOK、また作曲者にコンタクトを取って録音の許可を
得る、使用料を支払う、など色々あるかと思います。

質問(2)
指摘された曲は海外盤のCDから覚えて、ネタ元のCDにはraditional
と表記してあった曲だったので、CDクレジットにもそのまま
traditionalとしました、指摘してくれた人は、ネタ元にtraditionalと
表記してあった曲も、彼らが原曲をアレンジしたものである可能性が
あり、それをそのままコピーした場合、著作権侵害にあたる可能性が
あると言っています。

伝統曲をアレンジしたものには著作権はありますか?

質問(3)
伝統音楽は原則的に「口伝え」の音楽ですから、誰かの演奏を聞いて
覚えた曲が、実は作曲者が明らかだったりすることはよくありますよね。
フレーズを間違って覚えていたり、自分でちょこっとメロディーを
変えて、曲名がわからないから自分で命名したりすることは昔から
あったと思われますが、この場合は著作権は誰のものになりますか。

どなたか詳しい方、宜しくお願いします。

私はある国の伝統音楽をプロとして数年前から演奏している者です。

私が数ヶ月前に出したCDに収録されている、ある曲が著作権侵害に
あたる可能性があると、外国の友人から指摘をされてしまいました。

質問(1)
私はCDで作者不詳の伝統曲と作曲者の明らかな曲の両方を演奏を
していますが、ソースになったCDにtraditionalとあれば
traditionalと表記し、作曲者が明らかな場合はcomposed by誰々と、
名前を表記するにとどめています。

世界的な常識では作曲者が明らかな曲はどうするのが良いで...続きを読む

Aベストアンサー

海外の著作物の著作権の取扱は国際条約により
その著作物を取り扱う国内の著作権に関する法律に基づき
日本も著作権に関する国際条約に参加しています。

(1)
日本では著作権の保護期間は著作者の
死後50年まで定められています。
著作権者が明らかであれば何よりもまず
その著作権者の承諾を得なければなりません。
これは著作者人格権にも関わってきますので
常識以前に礼儀の問題でもあるかと思います。
(プロを名乗るのでしたらその点わきまえてなくてはいけないのでは?)
著作権料等の問題は著作権者次第なので
許可を得るときに協議してください。

(2)
アレンジ(編曲)したものつまり2次著作物には
原曲(1次著作物)の著作権とは別に
2次著作物に対する著作権も発生します。
これは1次著作権の保護期間が切れても
2次著作権の保護期間が生きていれば有効となります。
ですので友人のご指摘通り
著作権侵害に当たる可能性があります。
なおアレンジ(2次著作物)を作る場合
1次著作権の承諾を得てなければ
当然著作権の侵害に当たります。

(3)
すでに書きましたが
原曲(1次著作物)の著作権者は原曲の著作者が
アレンジ曲(2次著作物)の著作権者は
アレンジ曲の著作者が該当します。
なお1次著作権者は2次著作物に対しても
2次著作権者と同等の権利を有します。
また1次著作物の保護期間が満了しても
2次著作物の保護は継続されます。
1次著作権者の死後50年経過(不明の場合は著作物公表から50年)の
可能性も高いと思われますので
ほとんどが演奏者や編曲者が著作権者に
なっているケースが多いのではないかと思います。

参考URL:http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime3.html

海外の著作物の著作権の取扱は国際条約により
その著作物を取り扱う国内の著作権に関する法律に基づき
日本も著作権に関する国際条約に参加しています。

(1)
日本では著作権の保護期間は著作者の
死後50年まで定められています。
著作権者が明らかであれば何よりもまず
その著作権者の承諾を得なければなりません。
これは著作者人格権にも関わってきますので
常識以前に礼儀の問題でもあるかと思います。
(プロを名乗るのでしたらその点わきまえてなくてはいけないのでは?)
著作権料等の問題は著作...続きを読む

Q年末年始に見られる日本の伝統芸能、伝統行事

このカテゴリーで質問するのが良いのかどうかわからないのですが。

来たる年末年始12月30日から1月11日の間で、
無料で見られる(または体験できる)日本の伝統芸能、伝統行事
(餅つきなどの正月行事や神楽などの純和風芸能)が見られる行事が
どのくらい多くあるか探しています。

知り合いの外国人を幾つかの場所に案内しようと思っており、
広島近辺が理想的なのですが、出来るだけ多くの情報を知りたいので、
北海道から九州、四国まででしたらどこでも結構です。
遠出をする覚悟はあります。

Aベストアンサー

厳島神社では舞楽が見られます。参考URLをご覧下さい。
また、広島市在住の友人は、自分の家に獅子舞が来ると言っていました。
東京では浜離宮や小石川後楽園など日本庭園で獅子舞とお囃子が見られますが、広島で見られるならわざわざ遠出しなくともよいでしょう…。
http://event.jr-odekake.net/shuto_n/eve_13.html

参考URL:http://www.miyajima.or.jp/ibent/h19ibent.pdf


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報