いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

東海地方に住んでいるのですが、最近、地震などの災害に備えていろいろと防災用品をそろえています。

そこで質問です。
自分はマンションに住んでいるのですが、テントや寝袋も買っておいたほうが良いのでしょうか。

マンションを買うとき、結構耐震性にも気をつけたので、地盤や構造は強い建物だと思います。(たぶん。)

このマンションが倒壊するような巨大地震のときは、周りも無事ではないだろうし、マンションが無事なら寝泊りは何とかなるだろうし…。

会社にいるときなど、外出中はもともと防災用品なんて持っていかないし。

震災のときなど、テントや寝袋が役に立つのはどんな状況でしょうか。

ふだんキャンプにも行かないし、あまり安い物でもないので、過剰装備なのか必要なのか、などわかる方がいたら教えていただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは。


阪神淡路大震災で家が全壊、30分ほど埋まったままの経験のある者です。

痛い目にあったのに地震に対する備えはほとんどしておりません。
その理由は…
「あのクラスの地震がきたら、家の中にあるものは全てぐちゃぐちゃになってしまうので、用意してあるものが取り出せるのはだいぶ後になる」
「火事が発生したらもうどうしようもない」
「救援物資がくる方が早いかも」
です。
アウトドア用の寝袋を持ってはいますが、これを使うかどうかは災害が発生してみてから考えると思います。
野外での寝泊りは大変だし、救助物資も届きにくいので、地域で避難場所に指定されている建物へ避難するのが一番いいのではないでしょうか。

それより「災害が発生したら、いかに逃げ出すか」のほうが重要だと思います。
私は埋まりましたが、幸運にも(?)ボロ家だったため、家族や通りすがりの人の手作業で助け出されました。もしも、一人暮らしだったら誰にも気づかれず、衰弱死していたかもしれません。
一人暮らしの方はマメに近所の方と交流しておいた方がいいです。

また、マンションにお住まいなら、家具による圧死を防ぐためになるべく家具を増やさないとか、した方がいいと思います。
よく「つっぱり棒」を家具に取り付けているのをテレビなどで見ますが、大震災が来たら、あんなものでは固定しきれないと私は思います。「しないよりはマシ」程度かも、と。

テントなどより余程必要なものは「くつ」です。
寝ている間に災害が起きたら、裸足です。そのまま歩き回ると割れたガラスなどでケガをします。
私も助け出されてすぐに、近所の方から靴をもらいました。靴がなかったら瓦礫だらけの街を避難するのは難しかったでしょう。
玄関のほか、ベランダなど出入り口にくつを!お金もかからず、すぐできるのでおすすめですよ。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
なるほど、「くつ」ですか。言われてみればそうですね。
震災を体験されている方の実際の話は参考になりますね。

私もなるべく背の高い(重い)家具は買わない、高い位置に重いものを置かないなど気をつけてはいましたが、「ベランダにくつ」というのは考えてませんでした。

もし、他に「マンションで震災を体験した人は、こんなだった」とか、「こんなものがすごく役に立った」「こういうものが不足した、すぐ売りきれた(売買が成り立ったのかわかりませんが)」というような話がありましたら、いろいろと教えていただけるとうれしいです。

お礼日時:2003/01/15 01:58

こんばんは。

#5の者です。

マンションで被災された方の話です。
建物の倒壊は免れたものの、当然何日もエレベーターが使えないので、階段で何度もポリタンクの水を運ぶのに苦労した、という話をよくされていました。(電気も水道も復旧に何日もかかりました…地震後初めて電気が点いた夜には拍手が起こったものです)

また別の方は、建物が無事なのでそのまま家に住んでいたけれど、近所に開いている店などあるはずもなく、食料が不足しているとおっしゃっていました。私は比較的恵まれた避難所にいたので、そこで余ったパンなどをその方にまわしていました。

ほかに、マンションは壊れなくても、その内部の配管がやられていることがあります。地震直後、よく借りていたマンションのトイレは、下の階の「下水が漏れてくる」との苦情で使えなくなりました…


また不足して困るものの筆頭にあがるのは「赤ちゃん向けの消耗品」ではなかったでしょうか…?
着の身着のまま、家を飛び出してきたお母さんが「粉ミルクやオムツが欲しい」と言っておられたと思います。実際そういうものはかなりあとになってから、配給されたようです。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

マンションで被災された方の話、参考になります。
トイレや水は苦労しそうですね。
情報、ありがとうございました。

お礼日時:2003/02/14 02:50

最近だと阪神の震災がありましたね


あの時,被災者の方はそんなもの持っていなかったと
思います
それでも衣食住はされていたはずです
逆に大きな天災後の社会復帰や生活復帰に必要なものなど
そろえておく事の方が大事と思いますが
命あっての人生ですからね・・・
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
「天災後の社会復帰や生活復帰」ですか…。
あまり考えてませんでしたが、参考になります。
会社が被災したら仕事もなにもないですよね。
そういったことも一度考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/15 01:24

私は、登山を行っていることから、テント・寝袋・コンロなど野外で生活出来る全ての物を持っています。


しかし、それらの物が活用出来るのは、まず自分たちが無事で、それらの装備が持ち出せたときに限ります。

テントなど無くても、防水シートがあれば代用出来ますし、車の中に泊まっても良いでしょう。
寝袋も家が倒壊したり、焼失しなければ布団や毛布が持ち出せるのではないかと思います。(夏ならそれらが無くても何とかなります)

登山ではいろいろなことを見てきました、食料を缶詰で持参したが缶切りを忘れ周囲の登山者に持っていないか聞き回っていた人、雨中の幕営でテント内の湿気でマッチまで湿って火が付けれずにいた人などなど。

あれば(使える状態であれば)役に立つかと思いますが、日常使用しない物を防災備品として揃えるよりも、現在持っている物が非常時にどのように使えるかなどのサバイバルの知識の方が大事ではないでしょうか?

私も東海地震発生時には震度7が予想されるところに住んでいます。
家が潰れても、焼失しなければ何とかなると思っています。
まずは命ですね。

後は三日間の我慢です。

どの程度の被害を被るか、実際に地震に合わないと分からないのが現状かと。
考え出したらきりがありません。
防災用品も体と一緒に持ち出せた場合が前提となると思います。
自分の生活をみて、判断してみて下さい。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
確かに「サバイバルの知識」って大事ですね。
ガスコンロや3日分の食料や水などは準備しましたが、外出中に地震があったときなど、結局は自分の身ひとつかもしれませんし。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2003/01/15 01:21

↓言い忘れましたが、私は関西です。



東海地方は地震が多いんですよね?折角だから持っておかれた方がよいかも知れませんね‥。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
「いつか来る」と言われる東海地震ですが、大震災が来たときに本当に役に立つものは何なんでしょうね。
ま、すべてはその時無事だったらなんですけどね…。

お礼日時:2003/01/15 01:16

素人なんですが。

役に立つのは家が倒壊したけど脱出できた時じゃないですか?挟まって逃げられなかったらつかえません。

どうしてもあのぐにゃっとなった高速道路とかが頭から離れないのですが、耐震性に自信があれば必要ないのかも。念のためを思うのなら、用意しておかれてもいいと思いますよ。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q防災グッズにカセットコンロは必要か?

 防災グッズにカセットコンロは必要なのか?。

 防災時に必要な物をリュックにまとめているんですが、カセットコンロは必要でしょうか?。

 災害後に火が使えるのは便利かもしれませんが、災害が火災の場合、火がコンロのガスに引火しそうで、迷っています。

 防災知識がある方のご意見を頂きたいです。

Aベストアンサー

私は別に準備しておいても良いのではないかなと思います。
「火がコンロのガスに引火しそうで」とありますが、コンロのガスに引火するということは、相当な熱があるということですよね?そんなに熱があるのなら人間は大やけどをしているか、最悪の場合は焼死しているのではないでしょうか?
コンロやガスボンベが、かさばって荷物になるというのなら、最近はキャンプ用の携帯用サイズもありますから!
それと、就寝時などは靴をすぐ近くに何時でも履けるように置いておいた方がよいですよ!
地震などで窓ガラスが割れた場合は屋外に避難する前に、室内で足の裏などにガラスが刺さる可能性がありますからね!(そういう私も用意はしていませんが・・・)
それ以外にも、火が無くても食べられるアルファ米(水かお湯でもどす五目御飯等)や乾パン、水、簡単な救急セット、ラジオ、笛を用意しておいても良いかと思います。

Q非常袋の中身。意外な盲点または不要品

関東在住ですが、今回の地震で非常袋の中身の見直しをしています。

懐中電灯・ラジオ・非常食・水・簡易トイレなどが主な内容ですが、特に震災ご経験の方や、ご経験の知人の方の、「あまり言われないが、これは意外と必要だった」とか、「これはよく言われるが、意外と不要」などのご意見を教えていただけますか?

Aベストアンサー

ゴミ袋を大量に。
使い道は、雨が降ったらかぶる。
給水車がきたら、二重にして水を入れる。トイレの代わり。
地面に座り込む時の、防水。
防寒、防水、場合によっては浮き袋。

寒い時期は、カイロがあるとよいです。
真夏でなければ、濡れたときにはとても寒くなります。

登山用の荷物が有効です。
コンパクトな煮炊き出来るコンロ(ストーブといいます)、防寒対策など、山で一週間位すごせる内容が効率よく用意できます。

懐中電灯とラジオが一体化されているものがあります。
発電もできるとか。
が、とてもかさばります。
両方とも、とても小さなものにして、予備の電池を用意した方が良いかと思います。

タオルはかさばるので、薄い手拭いにすると、タオル代わりにも、ヒモの代わりにも、包帯にもなります。

いざという時に身元不明とならないよう、自分の名前とよその地方の親族の連絡先を書いたものを入れておくとよいです。

そのようなものを、大きなゴミ袋にいれてから、バッグにつめるとよいです。
いざという時に濡れている可能性がありますから。

Q地震(防災)グッズ 実際必要なもの不必要なもの

首都圏に住んでいる者です。
最近雷がひどく、異常気象が通常化しているような気がして、怖くてたまりません。
以前、会社で防災説明会を受けた後、自分なりに地震対策のために荷物をまとめてみたのですが、必要なのか不必要なのか分からなくなりました。
ちょっと長いですがリストを作りましたので、第3者の方の目から見てチェックして頂きたいです。

○アリナミン・チョコラBBなどの栄養ドリンク4本(プチプチにくるんでいます。水分補給目的と、体力が落ちるかなと思って)
○ゼリー状飲料1つ(10秒メシと宣伝してるものです)
○おこわ(長期保存用)
○乾パン(長期保存用)
○缶詰3つ(台所にあるものを入れてみた)
○割りばし5本(コンビニなどで頂いたもの)
○紙コップ(4つ)
○アルミホイル(お皿代わり)
○透明ビニール袋大小4枚ずつ(ゴミ袋と、スーパーの台に設置されているロール式の小さい袋)
○ポケットティッシュ4つ
○絆創膏1箱
○マキロン(本当にひどいけがしたら全然役に立たないのでしょうが)
○バファリン1シート・鼻炎の薬1シート(私が頭痛持ちで主人が軽い鼻炎)
○簡易トイレ4回分
○女性用ナプキン5つ
○素肌すっきりシート(大判ボディ用)
○歯ブラシ、洗顔料・化粧水などのサンプル品
○夫婦各々の下着1セット・靴下
○タオルハンカチ2枚、通常ハンカチ1枚
○ビニールコーティングしてある手袋1つ
○ボールペン

以上をスポーツバッグに入れてベッドのそばに置いています。
2人の運動靴もバッグの横に。
そんなに大きいバッグではないのですが、全部すっぽり入っています。
(重いけれど持って走れるくらい)

なお、我が家では主人の書斎に私が常飲している健康ドリンクの段ボールが山積みになっています。
その部屋へ入れれば、水分が足りなくなることはないかなと思います。

コンロやテントは、さすがにいらないかなと思っています。
でもいろいろ想定すると「これも必要」「あれも必要」となってしまいますよね。

私が準備したものについて、客観的な意見をお願い致します。

首都圏に住んでいる者です。
最近雷がひどく、異常気象が通常化しているような気がして、怖くてたまりません。
以前、会社で防災説明会を受けた後、自分なりに地震対策のために荷物をまとめてみたのですが、必要なのか不必要なのか分からなくなりました。
ちょっと長いですがリストを作りましたので、第3者の方の目から見てチェックして頂きたいです。

○アリナミン・チョコラBBなどの栄養ドリンク4本(プチプチにくるんでいます。水分補給目的と、体力が落ちるかなと思って)
○ゼリー状飲料1つ(10秒メシと宣...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん。
私も#2さんと同じ意見ですねぇ。
書かれているものは「あれば便利だけど絶対必要なものではない」という感じです。

まず、質問者さんが1戸建てか集合住宅か(マンションも含めですが)
によっても違いますが、家が潰れておらず二次災害(火災ですね)の危険がなければこれらのものは全て家屋から取り出せます。
(家具の転倒防止等の対策がなされている、と仮定しての話ですが)

4年前の中越地震時(思いっきり震源に住んでおります)に照らし合わせて、質問者さんが挙げられた中で個人として必要なものは・・・無かったです。
はっきり言って役に立たないものばかりです。

どんな防災説明会を受けられたのかはわかりませんが首都直下型地震であろうとなんだろうと、今は防災協定のネットワークは凄まじいものでして、陸路が全て遮断された新潟県中越地区でもあの惨事の中、翌日夕方(発災時間は夕方でした)には1万人分の食料と水が基幹避難所には運びこまれていました。

大手スーパーは郊外に物流ターミナルを設けていまして莫大な量を被災地に送り込みます。
2~3日での「復旧」は無理ですが「支援」は24時間あれば可能なんです。
物資は2日もあれば間違いなく入ってきます。
首都圏だろうと過疎であろうと大差はありません。むしろ首都圏の方が物資の集散はしやすいんですよ。

わたし的には保険証の写し・ラジオ・携帯の充電セット・電池・懐中電灯・手袋(ホームセンターで売っている500円程度の革製の作業用のヤツ)筆記用具(特にボールペンと赤黒マジック)、俗に言う十徳ナイフ(ビクトリノックスっていうメーカー)、踏み抜き防止用の中敷が入った長靴(ガラス等を踏んでも大丈夫なように)、ヘルメット、後は身分証明書でしょうか。
コレで個人の装備は充分かと思っています。

現金は、あれば良いですが、無くても震災時には金融機関は身分が証明できれば一回の限度はありますが通帳・印鑑が無くても引き出しに応じますので心配はないです。

質問者さんが挙げられたものは避難してから生活を安定させるために必要なものばかりでして、避難する際に必要なものではないように見受けられました。

う~ん。
私も#2さんと同じ意見ですねぇ。
書かれているものは「あれば便利だけど絶対必要なものではない」という感じです。

まず、質問者さんが1戸建てか集合住宅か(マンションも含めですが)
によっても違いますが、家が潰れておらず二次災害(火災ですね)の危険がなければこれらのものは全て家屋から取り出せます。
(家具の転倒防止等の対策がなされている、と仮定しての話ですが)

4年前の中越地震時(思いっきり震源に住んでおります)に照らし合わせて、質問者さんが挙げられた中で個人として必要な...続きを読む

Q災害時の湯沸かし器としてベストなものは?

災害用品を揃えています。
湯沸かしできるものとして、
家庭用ガスコンロとガスボンベ
キャンプ用のクッカー
災害用品として販売されているもの
どれを購入し、備蓄しておくべきでしょうか?

ちなみに、自宅はオール電化です。
幼児と乳児を含む5人家庭です。
湯沸かしだけではなく、炊飯もできたら便利なのかな?と思います。

どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

災害対策は、どこまでのレベルを想定するかで上限が変わってきます。
個人でできるといえば、被災直後からおよそ3日持ちこたえられるほどになろうかと思います。
この「3日」とは、大震災が起きたときに被災地の中心まで自衛隊の災害派遣がたどり着くのに要する時間の目安です。
自衛隊はヘリコプターで先遣隊や支援物資を送り込んでくるでしょうが、災害派遣の本隊は陸路または海路からきます。そして、被災地の周辺から中心に向かう途中にも要救助の場面に遭遇するわけですから、被災地の中心にたどり着くのにはそれなりに時間がかかると思わねばなりません。
この3日をしのぐのなら、カセットコンロとカセットガスでなんとかなるでしょう。

しかしながら、問題は4日目以降です。
被災地の生活は4日目以降もしばらく続くわけで、仮に自宅の倒壊、焼失または津波被害を免れたとしても、ライフラインが回復するまでは不自由な生活が続きます。
カセットガスなどは早々に入手困難になりますので、4日目以降を賄う熱源を考えておくべきです。

お住まいはオール電化住宅とのことですが、あまり使用頻度が高くない部屋の暖房をあえて石油ストーブにしておけば、ポリタンク1缶の灯油とともに、いざというときにこれが貴重な熱源になります。
キャンプ用のクッカー(ストーヴ)には、ホワイトガソリン、灯油、アルコールのいずれでも使用可能なものもありますので、買い置きの灯油があるように平時の暖房を考えておくといいと思います(灯油があればオイルランプで照明を確保できますので、用途は熱源にとどまりません)。

また、ホワイトガソリンを使うストーヴでも、無鉛レギュラーガソリンが使えないわけではないので、心強い熱源になることでしょう。ガソリンは1メートルほどのホースがあれば車から少しずつ抜き取れます。

このほか、七輪(バーベキューコンロも可)もなかなかどうして頼りになります。木炭があればいいですが、薪(木の枝や廃材)をくべても使えます。



ところで、ずれた観点と思われるでしょうが、お住まいのオール電化住宅自体が、実は最強の災害対策だったりします。
東日本大震災では福島第一原発の事故があったので、災害時に電気を使う話題がタブーになっているのでしょうか…マスコミが取り上げませんが、あの時に大活躍したのが実はオール電化住宅だったんです。

考えてみれば、電気は災害時に真っ先に絶たれますが、真っ先に復旧します。
通電火災を警戒して数日間は復旧しないでしょうが、少なくとも都市ガスのように復旧まで1ヶ月以上かかるなんて事はありません。
私の実家は仙台市内なのですが、東日本大震災の時、実家近くのオール電化住宅では、近所の人たちにお風呂を提供したり、炊事の熱源を提供したりしていました。
また、燃料が手に入らないカセットガスコンロよりも、IHクッキングヒーターが大活躍でした。

こんな事実もありますので、オール電化住宅の利点を大いに活かして災害対策を考えられればよろしいかと思います。

災害対策は、どこまでのレベルを想定するかで上限が変わってきます。
個人でできるといえば、被災直後からおよそ3日持ちこたえられるほどになろうかと思います。
この「3日」とは、大震災が起きたときに被災地の中心まで自衛隊の災害派遣がたどり着くのに要する時間の目安です。
自衛隊はヘリコプターで先遣隊や支援物資を送り込んでくるでしょうが、災害派遣の本隊は陸路または海路からきます。そして、被災地の周辺から中心に向かう途中にも要救助の場面に遭遇するわけですから、被災地の中心にたどり着くのには...続きを読む

Q防災グッズを車内で保管する場合について

防災グッズの車内保管についてお聞きします。
車中は高温になるため、食料(乾パンやその他缶詰)が変質したり、ペットボトルの水も置けない気がしますが、実際どうなんでしょうか?早々に痛みますか?やはり保管しない方が無難でしょうか?
またブランケットなど置く際にすぐに埃っぽくなったり、車のガソリン臭なのど匂いがうつったりするのも気になりますが、皆さんはどのようにされていますか?ゴミ袋を何重にも重ねれば大丈夫でしょうか?RVBOXや密封コンテナなどで改善できるものですか?

Aベストアンサー

水(などペットボトル飲料)以外なら別に問題ないと思いますよ。
高温下では変質すると思います。その変質が飲めない状況に
なるのかどうかまでは分かりません。

缶詰とかなら大丈夫かもしれません(缶詰って詰めた後で高温殺菌処理
するため)。
車内で今さら高温になったとしても変化はほとんどないように思います。

「思います」というだけで確証はありませんので自己責任でお願いしますね。

ブランケットなどは例えば「圧縮袋」など使えば、そこそこ埃などからは
守られると思います。
ガソリン臭?車内にガソリン臭がするのですか?
だとすればそれは車がおかしいです。
車屋さんでみてもらった方がいいですね。

ちなみに防災グッズは車に保管のみですか?
車に保管だけだと例えば地震で地割れで車が埋もれたとか、
洪水で流されたとなれば使えませんし、
グッズも取り出せるかどうかも厳しいですね。

防災の専門家が言ってましたけど、家にはあらゆる場所に
グッズを保管しているって。どこから逃げ出すか、どこが安全か
分からないからだと。

Q「非常持出袋」として使えそうなお勧めリュック

防災グッズを購入検討中です。
セットのものじゃなくて、ばらばらに少しずつ買いそろえています。

アウトドアグッズなどで
非常の際に活躍しそうな、丈夫で軽いナップザックなど、
お勧めありましたら教えてください。

あのでかでかと「非常持出袋」というロゴ?が入っているのが嫌なので
市販の防災用はいいのがなくて。

そこで、普通のナップザック?に入れておこうと思うのですが、
最初はシンプルだし無印良品のにしようかと見ていました。
でも、アウトドアのメーカーなどのほうがものがいいのかな?と…。

でも完全インドアなので、アウトドアのメーカーは
昔にダウンがはやったノースフェースくらいしかわかりません(汗)

良さげな商品、メーカー、検索のかけ方などありましたらお願いします。

Aベストアンサー

どれがいいかを考える前に、何を入れるのかを考えたほうがいいのじゃないかな?

それで、必要なものを入れた後も、もう少し入るようなゆったりしたもの。
あと、小物が入るようなポケットや、中の仕切りがあったほうがいいです。
それとは別に、ウエストポーチのようなものがあったほうがいい、そういう小さいものも中に入れて置くべき。

なんでこういうことをいうかというと、
仙台在住です。勿論あの震災遭遇してます。
いつも背負って通勤通学するのじゃなかったら、結局、家に帰らないと取り出せないのです。
あの日も学校にいました。1時間くらい様子を見て、徒歩で帰宅。すぐ必要そうなものをリュックに詰めて、避難所に行きました。

でも、避難所も何も準備できてないんですよ、あの日は水のペットボトルを1個くれただけです。
だから、皆があいているコンビニで買占めです。
僕は出遅れたから、パンやカップめんはもう1個もなかったです。プリンやお菓子を買ってきました。

以後、毎日、どこに行けば食料が手に入るか、情報が流れると、ずらーと行列でしたよ。
そんな時だから、一人5点までとか。
ともかく日持ちしそうなもの、すぐ食べれるものなら、買ってザックに入れておかないと心配でした。

どうしても入れておくものは、
水、お金、ヘッドライト、防寒をかねたレインウエアー。
あの日は夜になってやっと灯りが廊下につきましたが、なんと、ろうそくでした!
トイレは使えないし、、、それで割りと皆、昼は家に帰って昼寝。夜は不安だから避難所、そういう生活でした。

何かの参考に。

どれがいいかを考える前に、何を入れるのかを考えたほうがいいのじゃないかな?

それで、必要なものを入れた後も、もう少し入るようなゆったりしたもの。
あと、小物が入るようなポケットや、中の仕切りがあったほうがいいです。
それとは別に、ウエストポーチのようなものがあったほうがいい、そういう小さいものも中に入れて置くべき。

なんでこういうことをいうかというと、
仙台在住です。勿論あの震災遭遇してます。
いつも背負って通勤通学するのじゃなかったら、結局、家に帰らないと取り出せないのです...続きを読む

Q戦争への備え

有事になる前に備えておくべきのは, 何でしょうか, 長持ちする
食料品とか, 放水ポンプとか, 宜しくお願いします。 

Aベストアンサー

みなさん色々とご意見があるようですが・・・、質問者さんの趣旨は戦争の良否を聞いているのでは無いので・・・。

さて、私も、No.7さんのご意見と同じで、「民間防衛」を一読されることをおすすめします。
「民間防衛」、「書籍」
で検索するとヒットします。

この本は、スイス国民が有事に備えて、何をすべきか、有事の際には何をすべきかを的確に書いてあります。
まあ、お国柄が違うので、すべてが共通するわけではありませんが、かなり参考になります。

あと、「米陸軍サバイバル全書」という本も参考になります。
こちらは、タイトル通り、サバイバルの方法について記載してあります。
めったに使うことは無い(というか、あっては困る)のですが、知識のひとつとして、頭に入れておいても良いかもしれません。

なお、これらの本は、有事に限らず、自然災害に対しても有効です。
・災害に対して何を備蓄すべきか?
・急な災害時にどのようにして救援を待つか?
などがわかります。

まあ、これらの本が関係ない状況が、一番良いことなのですけどね。

Q防空壕や核シェルターを作り方を教えてください

子供を殺させないパパの誓い
防空壕や核シェルターを作り方を教えてください。
安保法案(戦争法案?)がいよいよ参議院で採決されそうです。
それを機会に、防空壕や核シェルターを作る為にどうすればいいか考えたいと思っています。安保法案(戦争法案?)だからではありません。私は、安保法案に賛成です。言いがかりをつけて混乱させているたくさんの人が信用できないからです。
世間では廃案を連呼し、憲法を壊すな、安倍自民党政権を許すなとか、来年の参議員選挙で法案賛成者を落選させろとか叫んでいます。
この声が国民の多数なのか、少数なのか判りませんが、少なくとも彼ら(野党やSEALDs, 安保関連法案に反対するママの会,憲法学者、大部分のTV,新聞社)の意見には、同調できません。
自衛隊に感謝し、尊敬し、信頼しています。誰も傷ついたり、死なないでほしいとも思っています。
今回の法案は主に、海外で自衛隊の方々が活動しやすい様に、また国家を代表して貢献し、同盟国の補助、援助を行い、国民の命や財産、生活を守る為、攻めてくるかもしれない4か国を牽制する事が目的だと理解しています。同盟国の補助、援助もアメリカでは無く、フィリピンやベトナムが念頭にあり、アメリカを介して行おうとしてると思います。
しかし、このままでは憲法改正も難しく、憲法違反として裁判を行い、自衛隊を動けないように仕向ける為、ありとあらゆる方便(嘘)を声高に言い続けるような気がします。
別な攻め方として、沖縄県も独立までは行かなくとも先住民保護の名の元に日本内で自治区(中国?)になろうとしている様な動きもあるようです。安保法案とシンクロさせているかもとも思います。
手も足も出ないこの国で、自分の子供を守り、家族を守り、少ない財産を守り、生活を守るためには、防空壕や核シェルターを作り、わが身は武器を取り、迫りくる敵から守りたいと考え始めています。
荒唐無稽な浅はかな考えだと笑われても、世間(民意)を代表していると言う嘘つき達に殺されたくはありません。
防空壕や核シェルターを作り方を教えてください。
出来れば、小学校や中学校単位で子供たちを守れるぐらいのものがあれば個人で作らなくてもいいかもしれません。

子供を殺させないパパの誓い。私は馬鹿なのでしょうか?防空壕や核シェルターを作り方を教えてください

子供を殺させないパパの誓い
防空壕や核シェルターを作り方を教えてください。
安保法案(戦争法案?)がいよいよ参議院で採決されそうです。
それを機会に、防空壕や核シェルターを作る為にどうすればいいか考えたいと思っています。安保法案(戦争法案?)だからではありません。私は、安保法案に賛成です。言いがかりをつけて混乱させているたくさんの人が信用できないからです。
世間では廃案を連呼し、憲法を壊すな、安倍自民党政権を許すなとか、来年の参議員選挙で法案賛成者を落選させろとか叫んでい...続きを読む

Aベストアンサー

核シェルターは、直撃を避け、空気中の粉塵を取除く事さえできれば十分です。放射線自体は直撃で死なない--直接やけどなどで死ぬのは数日、臓器が破壊されて再生できなくて死ぬのが2ヶ月、それを越えて15年まではガン。それを越すと優位差はなくなる。逆に寿命が延びると言う報告もある。
 原爆被爆者の平均余命に関する研究( http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/17755/20141016131352359376/KJ00004190302.pdf )

 要は核攻撃の危険があるときに直接強力な放射線を遮蔽すること、強烈な熱線や爆風に耐えられる部屋と、換気装置・浄水装置が必要です。
 そのために、地下室が最も良いでしょう。内部は鉛板を貼ります。そしてフィルターのついた換気装置(手動の物)や水槽と浄化設備です。
 私も家を立てるときに基礎を深めに作って埋め戻さずに地下室になるようにしました。最初から地下室にしてしまうと不動産税の絡みもあるので。
 水は半地下の水槽にいったん貯めてから送るようにしました。地下室では自重で水が取り出せるように。
 安全保障条約--軍事同盟のないスイスでは、国民皆兵と徴兵制ですし、各家にシェルターを作ることが奨励されています。戦う能力・意思を持つことこそ唯一の信頼できる安全保障ですからね。
『民間でも、過去には自宅や職場にシェルターを装備する義務があったが、現在では撤廃された。それでも、任意でシェルターを装備している企業や個人が多いことで有名である。( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9#.E8.BB.8D.E4.BA.8B.E3.83.BB.E5.AE.89.E5.85.A8.E4.BF.9D.E9.9A.9C )』

★基礎を深く作って埋め戻さない。
★給排水や換気の配管のためにボイド管で穴を用意しておく
★20t程度の半地下水槽
★強勢排水用のビルジポンプとピット
★鉛板を貼れるようにアンカー
ていどでしょうか??

核シェルターは、直撃を避け、空気中の粉塵を取除く事さえできれば十分です。放射線自体は直撃で死なない--直接やけどなどで死ぬのは数日、臓器が破壊されて再生できなくて死ぬのが2ヶ月、それを越えて15年まではガン。それを越すと優位差はなくなる。逆に寿命が延びると言う報告もある。
 原爆被爆者の平均余命に関する研究( http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/17755/20141016131352359376/KJ00004190302.pdf )

 要は核攻撃の危険があるときに直接強力な放射線を遮蔽すること、強烈な熱線や爆風...続きを読む

Q災害避難時の貴重品は?

地震などの災害に備えて持ち出し品の準備をしています。そんなとき、自宅に置いてある貴重品(預金証書・通帳・実印・銀行印など)の扱いをどうしようかと思ってます。

大地震となれば避難生活も長期化するでしょう。自宅に置きっぱなしというのも、いわゆる火事場泥棒が心配です。とはいえ、沢山の人が一緒に過ごす体育館などの避難所に持っていくのも紛失、盗難に遭うのではと心配です。リュックなどに入れて常に身につけていれば良いのでしょうか。
自家用車で避難できれば車の中に置いておけるので良いのですが。。。

また、これだけは絶対持って逃げた方がよい(紛失したら取り返しがつかない)貴重品もありましたら教えてください。

Aベストアンサー

私は新潟県中越地震の被災者です。日曜日にようやく避難勧告が解除されたばかりです。私は被災直後、余震の合間をぬって、通帳、印鑑、現金の3つを自宅へ取りに帰り、それ以来夜寝るときも手の届くところへ置いて寝ています。いわゆる肌身離さずというやつでしょうか?いろいろなことが不安で、避難所に寝泊りせずに、車中泊していました。多くの人の善意を感じる日々ですが、やはり窃盗や当や屋?など痛みに付け込む人たちも少なくはありません。悲しいですが自分と家族だけが最終的に信じられました。保険証券などは普段から証券番号と連絡先や簡単なデータなどをUSBタイプのメモリに入れて持ち歩いているので、いざというときは何とか成ります。ですが、最終的にはやり生きていればなんとかなる、そういう気がします。救援体制が整うまで、最低でも3日はかかります。その間自分で何とかできる用意や訓練を普段からしておいてください。万が一は、必ず起こることだと知りました。

Qテント張るのに許可は要るのですか?

ちょっと気になったんですが
テントを張る時身近な機関・人から許可などはいるのでしょうか?
まあテントですから張るのは主にキャンプ場等かと思いますが
それ以外で公園の空き地とか高い山の中間等
回答お願いします

Aベストアンサー

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々あります。
・ハイキング、山登りの場合に予定の行程どおりに行かずに緊急避難で張るなら許されるでしょう。(計画時に可能性のある退避場所を調べておくのは常識)


許可をもらう場合とゲリラ的に泊まる場合に分けて書きます。

正式許可がとれるかどうか

河川敷
河川事務所が管理している。大規模キャンプは事前申請が必要。
河川敷に公園や野球場がある場合、管理者は別にいる。正式に許可を求めるなら、そこを探す。
いずれも個人が申請しても許可が出ない

海岸
多くの県では、キャンプ禁止になっている。

道の駅などの駐車場
許可は出ない

里山(農地のどん詰まりとか、林道の終点とか)
あらかじめ地主の許可を求めればOKとなることが多い。国有林は許可は出ない

廃校、公民館など
管理者(町内会など)次第

高い山の中
キャンプ地以外は許可が出ない。オフシーズンでキャンプ地が閉まっているようなときでも「あきらめてください」といわれるだけ。


ゲリラ的に泊まる場合

一般論
「不法侵入」と言われたら反論できないことを念頭に置いて自分の責任でおこなう。

目立たないところに張るか、普段テントが見られるところに短時間だけ張れば、多分問題にはならない。

人工の構造物(駐車場、道路、漁港、トンネル、高架道路、鉄道、学校、公園)を極力避けて、林とか林道、空き地など自然に近く人気のない場所を選定する。

日の高いうちからテントを張ったり、朝遅くまで張っていれば、誰かに何か言われる可能性が高まる。あらかじめあたりをつけておき、人気が無くなってから張る。

トイレなどのあるところにする。
暴走族などが来ることを念頭に置く。

あらかじめ地図・ガイドブック・ネットで研究し、現地(役所の観光課や観光協会)に電話をして様子を聞き、出来れば下見に行き、当日は早めに着いて場所を確認し、出来れば近隣の人に声をかけ、人気のない時間だけ張るというのがポイント。


河川敷・海岸
2-3人のグループがバーベキュー程度をするなら許可は要らない。
駐車場などの一番奥とかなら文句は言われない
洪水や暴走族などを念頭においておく。

海岸
オフシーズンに目立たないところで張るなら多分OK。
駐車場があればそこの脇がよい。荒天時に注意
砂浜ではなく、防風林などの脇がよい。

都市部の公園
大規模な緑地や築山のあるような公園なら目立たないところがあるかもしれないが、リスクは大きい。

地方都市の人里離れた公園や野球場
夜間も自由に出入りできる場所なら多分OK.

道の駅や観光地の駐車場
深夜管理人がいないあいだに目立たない場所の緑地に張る。オフシーズンに自分の停車している車の横に張るくらいなら、文句は言われないないだろう。
交通事故に注意

林道・農道の終点
日没後、交通が無いことが確実なら泊まることが出来る。未明からトラックが通ることがあるので注意

林の中(低山)
テントを張るには下草を刈ったりする必要がある。雑草なら良いかもしれないが、キャンプには不適当

林の中(高山)
土壌を踏み固めるという行為の影響や、トイレなどの始末方法を理解してなければ勧めない。(生物で分解されないし、生態系を乱す)
管理された人工林なら可能性があるが、国立公園内では緊急退避以外でキャンプをしてはならない

山頂近くなどに山小屋があれば、キャンプ出来る場合は場所を指定してくれる。あらかじめ問い合わせておくこと。

そのほか
教育目的でやる場合は、警察、消防に計画を連絡しておきます。パトロールしてくれます

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々ありま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報