本屋で単行本や文庫本を購入するとカバーを附けてくれますが、これはどうしてなのでしょうか?

A 回答 (8件)

 再度Eivisですが、昔の想い出を少し・・・まず基本的に本を綺麗に扱う気持ちがあったのだと思います。



 本屋がカバーをつけてくれたのは戦前からですが、私自身が買った記憶では、昭和24~5年頃の紀伊国屋のカバーからだと思います。

 #1にも清算済みの話が出ていますが、実は戦前から本屋は客がインテリにもかかわらず万引きが多いのだそうです???

 それで書店側は万引き防止と、書店のカバーをつけて知的階級のプライドをくすぐる為に付けているらしいのです。

 ~で、その効果ですが書店としては紀伊国屋が第一、丸善は格はNo.1ですが紙は破れやすく、三省堂は高校生以下の印象で大人には分が無いようでした。

 中央線沿線の第九書房(三鷹)は、遠くからカバー欲しさに来る店で昔から有名でした。

 なお、昭和38~40年オリンピックの頃までは、自分の気に入った包装紙を使ってカバーにする事がふつうでした。

特に女子高生は外国の航空会社のカレンダーとか、珍しい外国土産の香りのする紙を大切に使っていたものです。
    • good
    • 0

回答は出尽くしたようですが、海外でも皮製などのブックカバーを使うことがあるので、カバー本来の目的は貴重な書籍の保護にあったと思います。

日本では本屋の広告という効果と盗難防止のため普及したものと思われます。しかし、省資源とバブル後の経費節減から、多くの書店でカバーが必要かどうかたずねるようになりました。愛読書をカバーで隠して人に見せないためにカバーの習慣が戦前からあったとは思われません。私自身はカバーは家で捨てるケースが多いので、店頭で断り省資源に協力しています。
    • good
    • 0

個人的には本を大切にする心づかいだと思うのですが、


宣伝の意味もあると思います。
実際私は八重洲ブックセンターのブックカバーが
欲しくて、近くでも手に入る本を八重洲まで買いに行った
ことがあります。
たまにこういう風にカバーにつられる人間がいるので、
宣伝効果があるのかなと(笑)
    • good
    • 0

megu1110さんのおっしゃるとおりではないでしょうか。


読んでいるのがどんな本か…電車の中とかで、
行きずりの人に知られたくないという心境もあるし、
それに何より、美本の満足感というもの?(笑)があるんですね。
sattyさんは、本屋さんで平積みの本を買う時、
やや下の方から取るといった、小市民的なことをされませんか?(笑)
古本じゃなくて…せっかく定価で新品の本を買うのですから…
カバーのきれいなものを買いたい、
また、きれいに買ったからには、それを守りたいという欲求は、
小さな、どうでもいいような欲求ですけれど、
でも小さくても確かにあるように思います(笑)
    • good
    • 0

本屋のカバーは奥が深いものです。



「書皮友好協会」のHPをぜひご覧下さい!

参考URL:http://member.nifty.ne.jp./bcover
    • good
    • 0

買い手側からのニーズもあると思います。


(1)自分が読んでいる本のタイトルを知られたくないと思っている人が多い。
(2)書籍は大事に扱わなければいけないという思いがある人がかつては多かった。
本屋さんの宣伝という目的と買い手のニーズが合致して根強く残っているのではないでしょうか。
ちなみに、私は(1)の気持ちはありませんが、(2)は思います。
そして、カバーはほとんどお断りしています。断ると店員さんは「ありがとうございます」と言ってくれるので、ほんとはカバーあまりつけたくないのかも(経費上)しれませんね。
    • good
    • 0

間違いなくレジでお金を払った、この本はお客様のものです、という意味だと私は思っていました。

カバーがしてあれば、その本を持って店内を歩いても買い上げ済みという事は一目瞭然だし、いちいち紙袋に入れるよりもカバーの方が読むときに表紙も痛まないし、また電車の中で読んでいればその店の宣伝にもなるので、カバーにしていると思います。
  (私は、本屋さんではないので、間違えていたら、ごめんなさい。)
    • good
    • 0

サービス・宣伝の一種ではないでしょうか?



それと、スーパーなどで袋に入れるほどの物ではない時に、よくテープを貼りますよね。

あれと同じで、清算済みという事が一目でわかるように、という事も考えられますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単行本と文庫本どちらを購入しますか?

タイトルのとおりです

文庫本の方が安くて持ち運びしやすいとは
思いますが、単行本の方がオリジナルのようで
良い感じがします^^

同じ内容とは思いますが、
みなさんは購入するならどちらにしますか?

どちらがお得感というか、満足感がありますか?

Aベストアンサー

読んだあともずっとおいておきたい本は単行本。
一度読んだだけで十分な本は文庫本。

……というか、まず図書館で借りて読み、気に入った本(手元に置いておきたい本)だけ単行本を買います。したがって、文庫本を買うことはほとんどありません。

Q宮部みゆきさんの模倣犯 文庫本と単行本

こんにちは。
宮部みゆきさんの模倣犯という作品は、単行本だと上下2巻。文庫本だと1~5だそうですが、

単行本の上=文庫本の1~3巻。
単行本の下=文庫本の4・5巻。

なのでしょうか。それともきっちり2巻の半分で上下に別れているのでしょうか。古本屋さんで1、2巻だけ買ってしまったものの・・・その後の購入で迷っています。本屋さんが遠く確認できないので、どなたかご存知でしたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

模倣犯、文庫本で読みました。

単行本との分け方の違いは分からないのですが・・。
文庫本の2巻・・第2部 1~12
文庫本の3巻・・第2部 13~26
文庫本の4巻・・第3部 1~14
となっていました。

Q単行本の文庫本への移行期間につきまして

こんにちは。

小説が好きで、よく読んでいるのですが、本って最初は単行本で
出版され、しばらくすれば文庫本が出ますよね?

この間の期間というのは、大体どの程度なのでしょうか?

本のジャンル、売り上げの推移にもよるとは思いますが、
おおよそ、どのくらいなのでしょう?

ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授くださいませ。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北方謙三の三国志・水滸伝は、それぞれ13巻・19巻で、
単行本が完結後、月に1冊ずつ文庫本が刊行されました。

三国志単行本13巻:1998年10月、文庫本1巻:2001年6月
 →約2年半後

水滸伝単行本19巻:2005年10月、文庫本1巻:2006年10月
 →1年後

文庫本は単行本の半額なので、悩みますよね。
今、楊令伝の完結・文庫化を待っているところなもので・・。

Q単行本などの透明カバー

単行本の保護用に使う透明ブックカバーシートのことなのですが、検索しても一向に出てきません。
袋状のようなではなく、材質はビニールかポリで、ブックカバーになったものです。

(1)商標名がたくさんあると思いますが、一般的に何と探せばよいのでしょう?
(コミックカバー、透明ブックカバー、ビニールシート、等では目的のものは出てきませんでした)

(2)なるべく丈夫な素材で、安くで買えるものを探しております。(皮製や厚手のものは探しておりません)

(3)サイズに関しては単行本の場合、B2という形探せばでよいのでしょうか?

以上なのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問の回答が過去ログにありましたよ。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1448584

こちらで紹介しているブックカバーのことですか?
http://www.rakuten.co.jp/chuoshoten/448141/737432/

通常の単行本はB5あたりだと思います。
B2はかなり大きなサイズですよ。
サイズに関してはご自分でコミックを計って、こちらで確認してください。
http://e-words.jp/p/r-papersize.html

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1448584

Q本屋で文庫本の探しかた

ある作者の本を探す時、大抵の書店では文庫本が出版社ごとに別れているので、大変探すのにとまどいます。

なぜ文庫本全てまとめてア~順にしないのでしょう?
お目当ての作家の本を探す時のこつはありますか?

Aベストアンサー

>なぜ文庫本全てまとめてア~順にしないのでしょう?

 そういうところにも結構出会いましたよ。地方の個人経営のお店とか、意外に思えますが、虎の門・新橋・東銀座などの書店でも作家別文庫式になっています。古書店などはそんなやり方が多いので、そこで下調べするのも手ですね。

>お目当ての作家の本を探す時のこつはありますか?

 一見、手間が掛かると思われるかも知れませんが、サービスの文庫目録を各社揃えるのも良いです。そして索引でその作家の出ているページを開いたまま伏せて並べておくのです。今手許での一例を上げてみます。
 【三島由紀夫】
[新潮文庫]   <み-3> 1~37
[ちくま文庫]  <み-9> 1~10
[中公文庫]   <み-3> 1~7
[集英社文庫]  <み-7> 1~5
[文春文庫]   <み-4> 1~2
[講談社文芸文庫]<なし>  1
 このような要領で司馬遼太郎とか松本清張など簡単にチェックできます。そしてその作家と出版社との関係の濃淡とか、意外な作品が眠っていた(自分が気がつかなかった)のに喜んだり、馴れてくると<み-3>という作家番号を覚えていてサッと見渡すことができます。
 この作業の副産物は、その都度に本毎の2行紹介文を読んでしまうので、とにかく全体を見晴るかす視野感のようなものが自身の内に育ってくる感じでしょうか。

 それから、一番お薦めしたいのは、小さなお店の親父さんに色々お話ししたり捜し本の相談したりして馴染みになりますと、欲しい本を取り寄せてもらうのはもちろんですが、場合によっては、好きな作家のコーナーを作ってもらえたり、新刊やら文庫落ちなどの新情報を教えてもらったり…。とにかく本が好きで好きでたまらない、そんな本屋さんとの出会いを求めて色々物色しに色んな街を歩き回りましょう。

>なぜ文庫本全てまとめてア~順にしないのでしょう?

 そういうところにも結構出会いましたよ。地方の個人経営のお店とか、意外に思えますが、虎の門・新橋・東銀座などの書店でも作家別文庫式になっています。古書店などはそんなやり方が多いので、そこで下調べするのも手ですね。

>お目当ての作家の本を探す時のこつはありますか?

 一見、手間が掛かると思われるかも知れませんが、サービスの文庫目録を各社揃えるのも良いです。そして索引でその作家の出ているページを開いたまま伏せて並べてお...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報