はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

進化心理学の勉強をしていて非常に疑問に思ったのですが、
ハイエナはハイエナの死体を食べるんでしょうか?
同じ群れだと食べないが違う群れだと食べるなどの条件があるのでしょうか?
もし社会性が脳の発達に影響があるとする仮説に立つとはげたかと結果が異なるのでしょうか?
ライオンは生きたライオンを食べるのでしょうか?
またライオンが普段獲物にしていない、たとえばハイエナなども機会があれば食べることがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

知能の高いチンパンジーでさえも


共食いをすることがありますよ。
    • good
    • 3

以前読んだ本の中にあった話ですが、ライオンに襲われたハイエナが下半身を食いちぎられたのですが、上半身はまだ元気で、自分の下半身をライオンと争って食べていたという事です。

この時、自分の食べているものが果たして自分の下半身である事を分かっていたかどうかは不明ですが。
また、死んだ仲間を食べるのと、生きている仲間をわざわざ殺して食べるのは意味が違うように思います。
    • good
    • 0

回答になっていないかも知れませんが。



社会性があって恐らくハイエナより知能が発達しているカラスは共食いをします。
カラスは仲間意識が強く、オオタカなどに仲間が襲われると群れで助けに行きますが、そのくせ仲間が弱ると襲って食べてしまいます。

社会性や脳の発達と共食いは、全く関係ないのではありませんかね。
人間のご先祖様の原人も共食いをしていたという説もりますし。

ライオンがハイエナを食べるかという件ですが、以前TV番組でライオンが数匹で一匹のハイエナを追いかけて噛み殺すシーンを見ました。
その時は殺したあとは屍骸を残して去って行きました。
肉がマズイんじゃないですかね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

カラスが共食いをするなんて面白いですね。それも死ぬ前に弱った段階で共食いをするなんて。そうすると肉食動物が同じ種類の動物を食べようとしないことも不思議ですね。確かに共食いは脳の発達とは関係がなさそうですね。ただ、自分の質問の本当の意図は死んだ動物に対して生きていたときの自分との関係が連続性をもって存在するのかどうかという問題でその手がかりとしてハイエナについて考えてみたのです。でも共食いをするとなると手がかりになりませんね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/28 01:10

狂牛病は、牛に牛の肉骨粉をたべさせたことで起こったようですね。


金魚などは、自分の産んだ卵がかえってミジンコ状態で動きだすと餌だと思って食べるけど、病気にはならないようです。
ということは、社会性だけでなく生理的安全性による本能にも原因があるのではないかと思います。
もしハイエナがハイエナを食べるとすれば、食べても病気にならないのではないでしょうか。
人食い人種もつまらない人の肉は食べないそうで・・もしかしたら人は人を食べても精神病ぐらいにしかならないのではないかと思いますが、試すわけにもいきませんね。社会的には食べないのが相互関係円満に暮らせます・・このあたりになると心理学で扱えそうですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。狂牛病のメカニズムについて無知なのですが、牛が食べたのが牛の肉骨粉かその他の動物の肉骨粉かどうかで差は出てくるものなのでしょうか?それとも草食動物に肉食に近い餌を与えたことが原因なのでしょうか?なんとも不思議な病気でしたね。

お礼日時:2003/01/25 14:29

 まず前提として、人間以外の動物は、条件反射のみで生きているわけではありませんよね?


 ライオンは自分/他のライオン/他の群れの3つを区別していますし。(ネコ科の動物の自己意識がどの程度かは、よく分かりませんが)
 それに、たとえば象は、群れによっては葬式をします。

 で、社会性の話ですが、社会性の強い生き物かどうか、あるいは脳の発達した生き物かどうかは、共食いするかどうかとはあまり関係がないように思われます。
 その動物にとっての「社会」において、共食いがどの程度まで「常識」かによるでしょう。

 たとえば、ライオンは食べ物に困ると共食いをするようですが、よほどのことがないとしないようです。また、優秀なハンターを有する群れは、場合によっては横取りなどをしないこともあるんじゃなかったかと思います。
 ただしあまり狩りの上手でない群れでは、他の動物から獲物を横取りする行動は普通に行われています。
 これは、貧乏な村が海賊化してしまうのと同じ理屈で、その群れでは横取りが当たり前になってしまうからだと考えられます。

 ハイエナとハゲタカについては共食いは一般的な行動のようですが、これは彼らが下等な生き物だからではなく、彼らにとって、共食いが常識の範疇外ではないからです。

 ただし、社会性と脳の発達については、強い関係があると一般に考えられており、群れの中の他の個体や、他の群れとの関係を維持するには、それなりに高度な脳が必要であると思われます。
 もっとも、社会性があるかどうかを、脳が発達しているかどうかと1:1で結びつけるのは危険な行為です。(参考にすることはできるんでしょうけど)
 肺活量と寿命の関係を考えるときと、同じ程度の認識でいた方がいいんじゃないでしょうか。

 なぜなら、たとえば人間の群れは、多段かつ可変型のピラミッド構造を形成することで、個体数が10億という超巨大な群れを造ります。
 人間に近いといわれている猿の群れも、同じように多段型のピラミッドを形成しますが、その数はせいぜいが数百匹。
 しかし、群れの内部の個体数というのは多けりゃいいってもんじゃなく(笑)、人間の群れが猿の群れより発達しているといえるかというと、少々疑問だからです。
 それに人間の群れ構造のいいところは、多段型であることよりも、むしろ可変型であることの方が大きいと思われますので、ますます人間が巨大な群れを形成する理由はないわけです。(これについては、ぜひとも誰かの反論を聞きたいところですが)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

象が葬式の感覚を持つことができていたとは驚きです。葬式のようなものは過去、現在、未来の時間感覚を持ってはじめて可能だと思ってました。
ハイエナとはげたかの共食いは一般的なんですね。自分も社会性と脳の発達をイコールで結び付けて考えているわけではありません。ただ、もしハイエナが同じ群れのハイエナに対しては共食いをしないとすると「肉」と「ハイエナ」の区別をつけていて面白いなと思ったわけです。「死」をどのようにとらえているかという問題で、つまり死んだハイエナに対して生前のハイエナからの連続性を意識するかどうかということです。共食いをしているとするとその確認はできませんが。
あと人間の群れの話ですが、個体数だけをサルと比較することには無理があるのじゃないでしょうか。サルは群れの個体全てを個体として識別しますが人間は概念によってまとめているだけでサルの言う群れとは違う気がします。むしろ中国が相当するのはサルひとつの群れではなく高崎山のサル全体といった感じがします。サルにそういった概念化が可能かどうかはわかりませんが。そのため巨大な群れを形成する理由についても群れの話から論じることはできないと思います。

お礼日時:2003/01/25 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qライオンの子殺し:メスが妊娠中だったら?

 ヒマだったので、本棚をあさってました。そしたら、ライオンの
子殺しについて書いてある本に出くわしました。
 メスは110日間の妊娠期間ののち、育児を18カ月間行う。
その間は、ホルモンの抑制がきいているので、次の排卵は起こらない。
 そのため、その期間中に群れを乗っ取ったオスは、(メスに
排卵を起こさせるために、前のオスの)幼い子どもを殺す。

 そこで疑問。
 小さな子どもがいれば、オスが子どもを殺すとします。
 じゃあ、「まだ子どもがいない」状況なら?
 たとえば、新オスの乗っ取りが、メスが妊娠20日!とかいう
状況でおきたとします。メスは発情しないと思います。オスは
おあずけ(*`∇´*)をくらうことになるんじゃないかと思うんですけど、
さらに90日後に子どもが生れたとき、オスはどうふるまうんでしょうか?

 動物だから、そんな厳密に何ヶ月前・・とかわからないですよね。
生れた子どもは自分の子どもと認識されちゃうんでしょうか?
残り18カ月間、新オスはせっせと他人の子どもを育てるんでしょうか?
それとも、20日の時点でメスが流産するとか、イエネコみたいに、
父親がばらばらの子どもを産むんでしょうか?
 どなたか研究結果をご存じの方はいらっしゃいませんか。

 ヒマだったので、本棚をあさってました。そしたら、ライオンの
子殺しについて書いてある本に出くわしました。
 メスは110日間の妊娠期間ののち、育児を18カ月間行う。
その間は、ホルモンの抑制がきいているので、次の排卵は起こらない。
 そのため、その期間中に群れを乗っ取ったオスは、(メスに
排卵を起こさせるために、前のオスの)幼い子どもを殺す。

 そこで疑問。
 小さな子どもがいれば、オスが子どもを殺すとします。
 じゃあ、「まだ子どもがいない」状況なら?
 たとえば、...続きを読む

Aベストアンサー

ライオンの場合、徹底してますよ~。
メスが妊娠中に群れの乗っ取りがあると、メスはホルモンバランスをくずして流産します。
つまり、オスは群れを乗っ取るとどんな場合でも強制的に他者の遺伝子を排除するわけです。

かなり専門分野なのですが、この分野で食べてるわけではないし、経験者…なわけないですね。なので一般人ということで。

Qライオンとハイエナの力関係について

こんにちは。
私は昔から「動物奇想天外」などのアフリカ特集が大好きでよく見ているのですが、前から疑問に思っていたことがあります。
それはライオンとハイエナの関係です。
両者は互いに敵対心を持ち争いあうと聞きます。事実私は「ナショジオ」や「アニマルプラネット」でライオンがハイエナを襲う場面や、その逆も見ています。

私は世界にこれほどまでに同じ場所に生息し、力が拮抗していて同じような生態を持つ生物はどこを探してもライオンとハイエナぐらいしかいないと思うのです。(人間が持ち込んだ生物を除いて)
そしてどうして両者が共存できているのかが理解できません。

そこで質問なのですが、現在ライオンとハイエナは生態系の上位を争って互いに淘汰しあう関係にあるのでしょうか?
また追加の質問なのですが、ライオンとハイエナの縄張りが重なり合うことはあるのでしょうか?
ライオンの縄張りにはハイエナはおらず、ハイエナの縄張りにはライオンはいないのでしょうか??

あまりに疑問が多すぎるので1つのタイトルで多くの質問をしてしまいましたが、スレッドの乱立は避けるべきかと思いこの形をとらせて頂きました。申し訳ありません。

こんにちは。
私は昔から「動物奇想天外」などのアフリカ特集が大好きでよく見ているのですが、前から疑問に思っていたことがあります。
それはライオンとハイエナの関係です。
両者は互いに敵対心を持ち争いあうと聞きます。事実私は「ナショジオ」や「アニマルプラネット」でライオンがハイエナを襲う場面や、その逆も見ています。

私は世界にこれほどまでに同じ場所に生息し、力が拮抗していて同じような生態を持つ生物はどこを探してもライオンとハイエナぐらいしかいないと思うのです。(人間が持ち込...続きを読む

Aベストアンサー

ライオンとハイエナのような関係を「競争」といいます。基本的に生息場所が似ていて、餌も似ている異種のことを指します。

旧ソ連の生物学者のガウゼがゾウリムシを用いて、「競争」関係にある異種は共存できるか実験を行いました。結果は一方が生き残り、一方が絶滅するというものでした。このような現象を「競争的排除原則」といいます。

では、ライオンとハイエナはこの原則に反しているのかというと、おそらくそうではありません。この原則は、生活空間や餌、活動時間などなどのその生物が必要とするあらゆる物質的環境、物理的環境(これらをまとめて「生態的地位(ニッチ)」といいます。)が完全に一致した場合に成り立つものです。一見、「生態的地位」が同じであるように見えても、実際にはわずかな差異があります。
たとえばヤマメとイワナはわずかな水温の違いによって住む場所をずらしています。これを「棲み分け」といいます。実際には14℃あたりの微妙な温度あたりではヤマメもイワナもどちらも住んでいますので、争いが起こっているかもしれません。しかし、その微妙なラインから離れると、ヤマメだけの水域やイワナだけの水域が広がっています。他にもモンシロチョウとスジグロシロチョウも同じようなことをしています。
また、餌によって「生態的地位」をずらす「食い分け」という現象も見られます。

つまり、ライオンとハイエナも、一見「生態的地位」が重なっているように見えますが、おそらく何らかのズレを生じさせていることでしょう。それによって共存を可能にしているはずです。しかし、どうしても「生態的地位」が重なる、または接することがありますので、そうすると両者に争いが起こることになります。そうした、狭間の空間や時間でカメラを構えていればハイエナとライオンの争いを捉えることができます。その場面にはインパクトがありますので紹介されやすいのでしょう。多く紹介されているので、あたかもそれが日常であると錯覚してしまいやすい。しかし、それがすべてではなく、そこから少し離れただけでハイエナだけ、またはライオンだけの「生態的地位」が広がっているかもしれません。

さらに言えば、動物は何か利益を得るための行動とそれを実現するための労力をしっかりと計算して行動しています。縄張りや群れの規模は、この収入と支出のバランスを踏まえたうえで一番利益が出るところで成り立ちます。ハイエナとライオンの争いですが、両者ともよほど飢えているか子どもをつれているかでないかぎり、争う理由がありません。負ける確率が高く、勝ったとしても負傷する確率が高いからです。だから、殺しあうようなことはめったにあるものではなく、互いを絶滅に追い込むほどの圧力をかけているとは考えられません。(現在の環境が維持されればの話で、環境の変動によって餌の量が激減すればどちらかが淘汰されるかもしれませんが…蛇足の蛇足でした。)

参考URL:http://www.obihiro.ac.jp/~rhythms/LifeRh/01/What_is_a_life.html

ライオンとハイエナのような関係を「競争」といいます。基本的に生息場所が似ていて、餌も似ている異種のことを指します。

旧ソ連の生物学者のガウゼがゾウリムシを用いて、「競争」関係にある異種は共存できるか実験を行いました。結果は一方が生き残り、一方が絶滅するというものでした。このような現象を「競争的排除原則」といいます。

では、ライオンとハイエナはこの原則に反しているのかというと、おそらくそうではありません。この原則は、生活空間や餌、活動時間などなどのその生物が必要とするあ...続きを読む

Qサルやチンパンジーが肉食獣に捕食されること

NHK地上波やBSなどで放送している野生動物の番組が好きで見ることがあるのですが、動物の補食シーンが時々出てきます。

ライオンがシマウマを襲うシーン、ワニがインパラを襲うシーンetc...は見たことがありますが、ライオンやワニがサルやオランウータン、チンパンジー、ヒトなどの霊長類を襲うシーンは長い人生で一度も見たことがありません。

肉食動物は霊長類を食料として襲うことはほぼあり得ないのでしょうか?(もちろん、肉食動物が防衛のためにそれらを襲ったという話は聞いたことがありますし、映像でも見たことはあります)

それとも、普通に行われているシーンだけど、あまりにグロテスクだったり視聴者が嫌悪感を抱いたりするので放送前に全てカットしているのでしょうか?

それらシーンを見たことがある方、またはご存じの方がいたらお聞きしたいです。

Aベストアンサー

 人間も餌になっていますよ。

 例えば虎も高齢化すると餌が取れなくなりますので、動きの鈍い人間を狙うようになるものがいます。

 インドの・・・ 地名は忘れましたが、虎がいる地域で、農作業をするとき、お面を後ろにかぶったりする所があります。

 人の前と後ろに人の顔がある、感じにかぶるわけです。

 虎が人を、後ろから襲おうとしたとき、人間が自分を見ているように見えるので中止するのだそうです。

 もちろん、人間が襲われているのを写した映像はないと思います。

 「写している暇があったら声を掛けろよ、助けろよ」という話ですし、防犯カメラが設置されているような市街に虎は出てきませんから。

 ただ、ゾウに乗って自然探訪している人間に向かって、草むらから虎が飛び跳ねて来た(食べようとしたかどうかは不明。たぶん怒り)映像はありますよ。

 危うく虎の爪が届きそうでした。


 豹がヒヒを襲います。

 が、ヒヒが豹の子供にちょっかいをだして遊んだり、豹に追われているヒヒを救いに群のボスヒヒが豹の横から突撃し、豹がひるんで獲物を逃がしてしまうとかいう映像は何度か見ました。

 ライオンは猿類を襲う映像は見たことがありません。

 ライオンはほとんど木に登れませんし、猿類は樹林のない純粋な「平原」には出てきませんから遭遇する機会がないのでは、と思います。

 1月くらいの「人が育てたオランウータンを森に帰す」という番組で、「豹などに襲われないように、木に登っていかないオランウータンを森に置いて行くわけにいかない」と言っていました。

 オランウータンも襲われてはいるはずですね。

 ワニが川の中で見つけて襲わないのはカバだけのようです。カバ最強。

 ライオンが川の岸で獲物を待っていたらワニに襲われたのを見たことがあります。

 ライオンは逃げたのでワニに食べられはしませんでしたけど、逃げなければ食われていたと思います。

 水を飲んでいる猿がワニに食われかけて、騒いで、偶然ワニの目を叩いたので逃げられたというシーンを見たことはありますねぇ。


 人間が食われるシーンの映像はないと思いますし、仮にあっても見せられないと思いますが、その他の動物は類人猿でも撮影も放送も自由のハズです。

 「むごいと思ったが、これも一つの野生の営み」とかナレーションをいれればOKでしょう。

 人間も餌になっていますよ。

 例えば虎も高齢化すると餌が取れなくなりますので、動きの鈍い人間を狙うようになるものがいます。

 インドの・・・ 地名は忘れましたが、虎がいる地域で、農作業をするとき、お面を後ろにかぶったりする所があります。

 人の前と後ろに人の顔がある、感じにかぶるわけです。

 虎が人を、後ろから襲おうとしたとき、人間が自分を見ているように見えるので中止するのだそうです。

 もちろん、人間が襲われているのを写した映像はないと思います。

 「写している暇があっ...続きを読む

Q食べられてしまう動物の痛みに対する感覚

弱肉強食の中で暮らしている動物たちの弱い動物は肉食動物に食べられてしまいますよね。しかも生きたまま食べられてしまいます。

もし、人間だったら大変なニュースになってしまうでしょう。食べた方の人は残酷な殺人鬼とされると思います。食べられた方はかなり痛いし、泣き叫ぶのではないでしょうか。

しかし、野生動物たちにとっては日常の事です。

そこで質問なんですが、食べられる動物の痛みは人間と同じように感じられるのでしょうか?それとも人間よりは痛みを感じないのでしょうか?

人間の赤ちゃんも大人より痛みを感じないと聞いたことがありますが、動物はどうなんですか?できたら鈍感であってほしいなあと思います。

Aベストアンサー

まず、痛みという感覚はなんのためにあるのでしょう。ヒトを含めた動物は、怪我などをした時、痛いと感じ無理な行動を避けます。例えば肉食動物が足裏に傷を負っていても痛いと感じず爆走して狩りをしていたら、傷がひどくなってしまいます。
また、こういう行動をしたら命に関わるので今後は避けようとする学習にもなります。たとえば高い所から飛び降りたら脚を痛めたとか。
このように生存にとって、痛みは大切な感覚です。

しかし、食べられる時のような、痛いと思っても意味のない究極時には、脳から特別なホルモンが出され、苦しいどころか快楽になるのです。

似たような感覚を体験したければ、本気でマラソンをしてください。ランナーズ・ハイということを体験できます。

動物にとっては日常の弱肉強食の世界が、地獄とならないよう、神様は良いプレゼントをしてくれています。

Q肉食動物は肉食動物を食べたがらないのですか?

トラがそうした傾向がある話を少し聞いたのですが、
考えてみれば人間も肉食寄りの動物の肉は
あまり好んでは食べませんよね。
(家畜として育てるのにも2重の手間がかかる訳ですが。)

海の中はプランクトンから順に肉食の連鎖が凄そうですし、
陸も昆虫~小動物~と陸でも肉食は連鎖してますし、
どこかふに落ちないのですが。

肉食動物の肉を食べ続けると
栄養か寄生虫か何か体に不都合でもあるのでしょうか?
それとも危険な相手の肉を食べようとする者は
怪我などのリスクが上がり生存率が低くなるなどから
肉食動物の肉が特別おいしいと感じない方が
生き残りやすかった とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

単に遊びで殺しただけではないでしょうか。猫科の動物は食欲がなくても獲物がいれば、いたぶり殺して死体を放置するのは珍しい話ではないです。
ストレス解消のためとも狩の訓練とも言われてますね。
また、状況が分からないのではっきりとは言えませんが虎は縄張り意識が強いので他固体が縄張りに侵入してきた時は食べるためではなく縄張りを守るために殺します。
相手が他の肉食動物なら縄張り関連かもしれません。
虎が飢餓状態でもあえて食べないのなら何か特殊な話かとは思いますけど。

Q冷蔵庫は横にして大丈夫?

引越しで自分で小型の冷蔵庫を運ぼうと思っていますが、乗用車で運ぶため立てた状態では運べません。
横に寝かすか、斜めの状態で運ぼうと思いますが大丈夫でしょうか?良くは無いと思いますが、絶対にだめな危険行為でしょうか?ガスが漏れるとか。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

移動運搬するときの基本は立てたままがもちろんよいのですが、
仕方がない場合は斜めでもOKです。
最悪横にしても構いませんが、その場合はできれば1日ほど
立てたまま、コンセントもささずにしてから
使用してください。
 なぜ、立てたままにしないといけないかと言いますと、
ガスにはあまり関係なく、コンプレッサーより、オイルが出て行き
冷媒能力低下、及びコンプレッサー故障に繋がり易いためです。
あと、オイルがコンプレッサーに戻るには時間がかかります。
横にしての移動時間にもよりますが、最低2時間。できればやはり1日は立てたままにすることを重ねてお勧めいたします。
まぁ~斜め程度でしたら、1時間電気を入れずに立てていればOKです。

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q代金引き換え、受取拒否。キャンセル料の支払い義務について教えてください。

ある事情があって(これは全く私側の理由で、こちらの勝手であることは了承はしています・・・)
ネットショップで代金引き換えで注文したものを結果的に長期不在という形で(受け取り拒否)になりました。

ここに至ったのはショップのサイトにキャンセル料の記載等がなかったことです。
書かれていたのは

●ご購入商品の弊社からの発送後の、受取拒否・受取辞退をされました
場合、いかなる事由の場合も、以後、サイトよりご注文頂きましても
全てキャンセルとさせて頂き、一切のご注文を承る事が出来ません

でした。

なので迷惑だろうとは思いつつ、やむおえない理由があり、この記載を読んで「キャンセルのペナルティは今後このショップでは購入できないということ」と解釈し長期不在による受取拒否にしました。

すると相手方からメールがきて
「往復送料・代引手数料・キャンセル料をご請求させて頂くこととなりますので、予めご了承頂けます様、宜しくお願い致します。」
と書かれていました。
まだ口座番号や振込用紙などは届いていません。

もしよく他のサイトに書かれているような「「受け取り拒否」・「商品発送後のキャンセル」・「長期不在」などによる返品につきましては、 誠に恐れ入りますがお受けする事が出来ません。 この場合、往復送料実費、決済手数料、キャンセル料(販売価格の40パーセント)をご請求させていただきます ...」とあればこのようなことはしませんでした。

私はサイトに記載がなかったので、やむおえずこのような手を使ってしまいました。

それでも私は具体的な金額を伝えられたら支払う義務があるのでしょうか。迷惑をかけたことは重々承知ですが......

もし支払い請求を放っておいたらどうなりますでしょうか?

ちなみに商品代金は20000円です。

私の勝手だとは承知のうえで相談させていただきました。よろしくお願いいたします。

ある事情があって(これは全く私側の理由で、こちらの勝手であることは了承はしています・・・)
ネットショップで代金引き換えで注文したものを結果的に長期不在という形で(受け取り拒否)になりました。

ここに至ったのはショップのサイトにキャンセル料の記載等がなかったことです。
書かれていたのは

●ご購入商品の弊社からの発送後の、受取拒否・受取辞退をされました
場合、いかなる事由の場合も、以後、サイトよりご注文頂きましても
全てキャンセルとさせて頂き、一切のご注文を承る事が出来ま...続きを読む

Aベストアンサー

法的には、次のとおりかと思います。

まず、受取拒否の場合、それだけでは契約は解除されず、損害賠償請求権も生じません。ただし、受取拒否をされた側が目的物の保管に多額の費用を要する場合には、信義則違反としての損害賠償請求権が生じます。(以上、受領遅滞の議論に基づきます。)

他方、受取拒否をした場合、拒否した側は代金支払義務を履行していませんから、履行遅滞という債務不履行をしていることになります。したがって、拒否をされた側は、拒否した側の代金未払に基づく契約解除および損害賠償請求をすることが出来ます。

また、「受取拒否はキャンセルとみなします」などの契約上の根拠があるときは、契約が解除され、解除に伴う損害賠償請求権が生じます。

以上より、お書きのケースでは、そのネットショップは、misatossさんの代金未払に基づき契約を解除し、損害賠償請求をしてきたと考えられます。


この場合の損害賠償請求の範囲は、民法416条により定まります。すなわち、通常生じる損害と、通常は生じないものの損害賠償義務を負う者が予想できただろう損害との、合計額となります。

この点、お書きのケースでは、代金引換の受取拒否の場合に通常生じる損害としては、往復送料が挙げられるかと思います。代引手数料については、受取拒否でも生じるのかどうか存じませんが、生じるのなら通常生じる損害に含まれましょう。

他方、キャンセル料については、一般的に請求されているものの、売却前提での利益予定額などは基本的に通常生じる損害とはされていないため、キャンセル料は原則として「通常は生じないものの損害賠償義務を負う者が予想できただろう損害」といえるかどうかにかかってくるでしょう。より具体的には、第三者の視点で見てmisatossさんが予想できたといえるかどうかで判断することになります。

以上が、そのネットショップが法的根拠に基づき請求できる損害賠償となりましょう。(なお、損害賠償の予定について触れている方もいらっしゃいますが、損害賠償の予定は両者が予定内容に合意していることが前提となるところ、今回のケースではそのような合意が見られませんから、そもそも問題として登場しません。)


ただ、法的根拠ある請求額を超えた額を求めることも、手続上は可能です。

そのため、今回の支払請求を放っておいたときは、そのネットショップは、請求書の再送や内容証明の送付、少額訴訟や支払督促などによって、misatossさんに対して(手続上の)請求を引き続きおこなうことが出来ます。もちろん、実際におこなわれるかどうかは、別です。

実際におこなわれたときは、上記の法的根拠ある損害賠償額を視野に入れつつ、対応することとなりましょう。

法的には、次のとおりかと思います。

まず、受取拒否の場合、それだけでは契約は解除されず、損害賠償請求権も生じません。ただし、受取拒否をされた側が目的物の保管に多額の費用を要する場合には、信義則違反としての損害賠償請求権が生じます。(以上、受領遅滞の議論に基づきます。)

他方、受取拒否をした場合、拒否した側は代金支払義務を履行していませんから、履行遅滞という債務不履行をしていることになります。したがって、拒否をされた側は、拒否した側の代金未払に基づく契約解除および損害賠...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q頓服(とんぷく)とは?

簡単なことですみません。 薬でよく「とんぷく」といいますが、どんなもの(意味)なのでしょうか。 風邪のときも、ぜんぜん違う病気のときもよく聞く言葉なので、、、。

Aベストアンサー

頓服とは、飲み方の事です。
食後とか食間とか、薬には飲み方がありますが、頓服もそれです。
意味は「必用な時に飲む」です。
鎮痛剤などによくある服用方法です。
必用を感じなければ、何日間でも飲まなくてかまいません。
いつでも、必用な時に飲むというわけです。
もちろん、短時間に連続して飲むのは制限されるのが普通ですが、それは薬の説明書に書いてあります。


人気Q&Aランキング