ユビキスタ・インターネットって何ですか?
具体的に何かあるのでしょうか?それともサイトの名前でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

正確には「ユピキタス・インターネット」(ubiquitous Internet)ですね。



これは具体的なサービスやサイト名ではなく、「普遍的にインターネットが普及した環境」という意味の理想概念を指した言葉です。
もうちょっとかみ砕いて言えば、「いつでもどこでもインターネットを使える環境」という意味で、具体的にはモバイル接続はもちろんのこと、家電製品のインターネットへの対応など、日常生活のありとあらゆる場面でインターネットを活用できようにしよう、という理想のこと、ということが出来ます。

あくまで理想概念を指した言葉なので、具体的に「ユピキタス・インターネット対応」とかいった製品が出る、とかいうことはあり得ません。
ただ、技術の進歩によって気がついたら「ユピキタス・インターネット環境」が実現していた、ということは近い将来(といっても10年後とか20年後とかの世界でしょうが)あり得るでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスーパーコンピュータの処理速度、能力とは、具体的には何をしているのですか。

 新聞記事では、スパコンの性能を1秒間の処理速度11.41GFlopsで、これが1秒間に10億回浮動少数点演算ができることだという範囲の説明に止まっています。
 
 具体的には1秒間でどのような処理ができているのでしょうか。例えば、地球と宇宙の果てまでの距離が計算できる能力だとか、庶民の生活レベルで教えて下さい。
 また、そのような処理を可能にしている実体はどんなものですか。やはりプログラムなのですか。浮動小数点演算とは、プログラム自体の長短にかかわらず単位時間で処理できるということですか。

Aベストアンサー

簡単に言えば1+1+1+…を1秒間に10億まで計算できるってことです(整数なので厳密に言えば違いますが).

処理速度に関してはコンピュータの性能を客観的に表しているものなので,ベンチマークのプログラムは全て同じもので無ければいけません.
1秒間に10億回浮動少数点演算が可能になったのは半導体技術でしょうね.
技術が発展したことによって,同じ大きさの基盤に倍の部品を載せることが可能になったと思えばわかりやすいかと思います.

Q「ワウフラッター」って具体的に何?

 「W/F」などとも記されるワウフラッターの事ですが、これは回転のムラを見るためのものということは聞いているのですが、具体的にはどんな現象を見ていて、どのような表記の仕方にて良し悪しを判断しているのでしょうか?

 分かる方、教えてください!!

Aベストアンサー

NO2のtamatokuroさんが書いている
>でもたまにけっこうこの誤差が大きいのがあって、半音違うほどの誤差が生じているものもありました。

これはワウフラッターのことではないと思います。
半音違うのは速度自体がずれている?物です。
カセットの速度は4.75cm/sで規定されていましたが、安いラジカセは速度がいいかげんだったので、早めのラジカセで録音した物を早めのラジカセで再生すると音がシフトしていたのです。
各オーディオメーカーが出していたカセットデッキでもかなり速度にばらつきがありました。

どうも4.75cm/sの規定に誤差が認められていたようです。(未確認です)


ワウフラ(略称)について
ワウ=長い周波の速度偏差です通常1秒以上の変化を言います。大きなものは聞いているとふわふわした変化に聞こえます

フラッター=比較的早い周期の速度変化 1秒間に数回以上の速度変化 ひどい(壊れかかった)ものはビブラートがかかったようになります

ワウは駆動ベルトの伸び、電源回路の変化などで発生し、
フラッターはモーターのゴギング(ブラシが極を渡る時に発生)やテープレコーダーの細いキャップスタンの偏芯等で発生します。

NO2のtamatokuroさんが書いている
>でもたまにけっこうこの誤差が大きいのがあって、半音違うほどの誤差が生じているものもありました。

これはワウフラッターのことではないと思います。
半音違うのは速度自体がずれている?物です。
カセットの速度は4.75cm/sで規定されていましたが、安いラジカセは速度がいいかげんだったので、早めのラジカセで録音した物を早めのラジカセで再生すると音がシフトしていたのです。
各オーディオメーカーが出していたカセットデッキでもかなり速度にばらつ...続きを読む

Q秘密鍵、公開鍵の「鍵」って具体的に何なのでしょうか?

こんにちは。
セキュリティの勉強をしていて秘密鍵や公開鍵が出てきたのですが、どのテキスト、参考書にも「鍵」の実体(実像)が書かれていません。

すべて鍵(キー)のイラストが書いてあります。ドアを開けるときのキーであるわけがないですが、ではいったい、この「鍵」って具体的に何なのでしょうか?

数字?アルファベット?記号?その組み合わせ?

勝手に解釈してますが、本当のところを教えてください。
実際にやってみたいけど、やり方(入手の仕方)もわからないし・・・ お金がかかるのでしょうね・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すごく大きな桁の数字です。
素数か素数同士の積かどちらかだったと思います。
参考URLなどで詳しく解説されてますので参考にしてみてください。

参考URL:http://c4t.jp/introduction/cryptography/cryptography04.html

Q住所が流出したら具体的に何をされるんですか?

住所がネット上で流れ、それが多くの人の目に留まることがあったらどうなるんでしょうか?
身に覚えのないピザが送られたりする事に以外に何がありますか?
回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

6.本人が知らないうちに資産の売却・購入
最近、ネット上のサイトで通販、オークション、申し込みなどが簡単にできるようになっていますよね。そういうサイトを利用して、購入、売却、入会申し込みなどを勝ってにやってしまういたずらをする奴らがいるのです。(2ちゃんねるで完全匿名でしか書き込みができないような連中です。)
例えば、中古車ディーラーのサイトに他人名義で自動車の売却申し込みを書き込んでしまうのです。もちろん、ディーラーから確認の電話が入ってきますから、その時に否定の意思を伝えれば申し込みはキャンセルされます。実害はないのですが、日曜日の朝っぱら不規則な電話で起こされ一日中不機嫌に暮らすことになるといった精神的被害を受けます。原因は、くだらないいたずらをする奴らの精神年齢の低さにあることは言うまでもありませんが、サイトの作り方がずさんで成りすましを簡単に許してしまうことも問題です。本人以外の者が申し込めないように、プロキシは使わせないとか、申し込みの段階で人物確認を取るとか、複数の手段で本人確認を行うようにサイトを設計すべきなのですが、セキュリティ意識の低い会社はザルのようなサイトを公開しています。ですから、いたずらのねたを見つけようと思えば、ネット上では苦労しません。契約の実際では、当事者同士の顔合わせとか、記名捺印とか、いくつかの処理が必要ですので、資産の売却・購入が勝手におこなわれることはありません。
個人情報を調べることを商売にしている闇の業者が存在しますから、個人情報保護法が成立したからといって、ネットに無警戒に個人情報を書くべきではありません。

6.本人が知らないうちに資産の売却・購入
最近、ネット上のサイトで通販、オークション、申し込みなどが簡単にできるようになっていますよね。そういうサイトを利用して、購入、売却、入会申し込みなどを勝ってにやってしまういたずらをする奴らがいるのです。(2ちゃんねるで完全匿名でしか書き込みができないような連中です。)
例えば、中古車ディーラーのサイトに他人名義で自動車の売却申し込みを書き込んでしまうのです。もちろん、ディーラーから確認の電話が入ってきますから、その時に否定の意思を伝え...続きを読む

QサーバーやLANの具体的な操作・管理方法などを勉強したいのですが

タイトルのとおりです

会社でサーバーやLANの仕事を任されましたが、
さっぱり、とんちんかんであんぽんたんなんで、
わかりません。

実際、自宅やスタンドアローンのPC操作とは
違いネットワークが絡んでくるとよく分かりません。

サーバーの操作方法などなど、現在もどうなっているのかすら分かりません。
会社は業務委託していたので、サーバー管理など
LANの仕組みすら分かっておらず、誰も教えてくれる人がいませんので、自分で勉強したいと思っているのですが、何か参考になる本やサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。
朝起きて、自分の投稿を見て反省しています。
なんら、建設的な内容でなくてすみませんでした。

お詫びというのも変ですが本を一冊紹介させてください。

ゼロからはじめるネットワーク管理+トラブルシューティング―ゼロからはじめるネットワーク アスキームック―Network magazine mook
大型本: 192 p ; サイズ(cm): 28
出版社: アスキー ; ISBN: 475614473X ; (2004/05)

内容的には#4さんが挙げている項目のうち、
・IPアドレス割当に関する構成の確認
・ネットワーク診断の基本スキルの習得
の基本的な部分をカバーしています。

はじめの一冊として、悪くない本だと思います。

対象となるサーバーがwindows2Kであるならば、
ActiveDirectory環境なのか否かでまるで話が違ってきますので、まずその点も確認されたほうが良いかと思います。

また、資料は時間とともに散逸しますので、業務委託時の資料を探し出す事は最優先事項だと思います。

ネットワーク構成図や手順書が残されていなくても、業務委託時の契約書や見積もり書には対象となるシステムの概要は記されている筈です。また見積書や契約書に資料の作成と提出に関する項目や契約終了時の引継ぎに関する事項があるが実際には提出や引継ぎがなされていなかった場合は、以前の業務委託先にそれらを要求をできるかもしれません。(知っているケースでそういったこともありました。)

契約関係書類は総務関係部署等で管理していることも多いので、捜索範囲を広げる必要もあるかもしれません。

#3です。
朝起きて、自分の投稿を見て反省しています。
なんら、建設的な内容でなくてすみませんでした。

お詫びというのも変ですが本を一冊紹介させてください。

ゼロからはじめるネットワーク管理+トラブルシューティング―ゼロからはじめるネットワーク アスキームック―Network magazine mook
大型本: 192 p ; サイズ(cm): 28
出版社: アスキー ; ISBN: 475614473X ; (2004/05)

内容的には#4さんが挙げている項目のうち、
・IPアドレス割当に関する構成の確認
・ネットワーク診断の基本スキ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報