一昨年&昨年と感染症法が改訂されて、
結核やH5N1型が二類感染症になりましたよね!?
昔は感染症法とは別に結核予防法があり、
当時は感染症法には『すべて』の感染症が対象ではなかったと思いますが、
結核予防法が廃止された今は、『感染症法はすべての感染症が対象である』と言い切ってしまって大丈夫でしょうか?

感染症が改定される前の国家試験を見ていて、
今はどうなのだろうかと思い質問しました。
回答宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

今も「学術的にすべて」ではないと思いますよ。



第六条 この法律において「感染症」とは、一類感染症、二類感染
症、三類感染症、四類感染症、五類感染症、新型インフルエンザ等
感染症、指定感染症及び新感染症をいう。

以下それぞれの分類について述べていますが、基本的には法に明記
してあるものおよび「政令で定めるもの」が対象です。該当する政
令を含むリストを参考URLに示しますので、確認してください。

参考URL:http://kousei.hourei.info/mid_index_18.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!!

お礼日時:2009/01/15 18:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q改正感染症法のごろ

改正感染症法 のごろあわせをおしえてください

Aベストアンサー

感染予防法のことでいいのでしょうか?それでしたら、僕は以下のように覚えました。
第一類はク・ラ・マ・エ・ペ(クリミア・コンゴ出血熱、ラッサ熱、マールブルグ病、エボラ出血熱、ペスト)、第2類はパ・チ・(ん)・コ・セ・ジ・ポ(パラチフス、腸チフス、コレラ、赤痢、ジフテリア、ポリオ(急性灰白髄炎))、第3類はO-157、第4類はそれ以外と覚えました。

Q感染症の発生

人→人の性病あるいは感染症というものは、どうやって発生したのでしょうか。必ず最初になった人がいるはずで、それはどういう経緯で感染したのか、考えると分からなくなりました。エイズなどは動物由来といいますが、ではその動物はどうやって感染したのか。はたまたそう考えると、たとえ空気感染のものでも、必ず一番目の発症者がいるはずで、それはどうやって感染したのか、もしかすると細菌自体の自然感染あるいは突然変異というところまで降りて考えないといけないのかもしれません。

Aベストアンサー

多くの細菌の場合、いわゆる『感染』という状態でなくても増殖可能です。従って、どうやって1号感染が発生したのかという質問の答えは、たまたま自然界にいた細菌が動植物の体のどこかで増えて『病気』を起こしそれが動植物の生活様式によって周りの個体の体に移動可能であった、ということになるでしょう。
ウイルスの場合は、自然界で増殖が不可能です。もともと動植物間でまわっていたウイルスがあり、その中である部分で増えやすいウイルスはその部分で多く増えるので選択されていったと考えられます。例えば性病の場合、性器で増えやすいウイルスは性器にいるわけですから性行為によって伝播します。その中で動植物(植物は違うか?)に病気を起こすようになった結果、性病が起こります。

Q感染症について

感染症には、動物は感染するがヒトには感染しないものとか、その逆のものがありませすよね。そういうこういう現象を明瞭に表す言葉はなにかありませんか?ご存知の方は教えて下さい。

Aベストアンサー

動物も人も共通してかかる感染症なら、『人畜共通感染症』です。

種の壁をまたいで病原生物が移行しない性質は、『宿主特異性』です。

『宿主特異性』を強く持たず、ある動物と人が共通してかかる感染症が『人畜共通感染症』であるという関係ですね。

Q感染症の勉強がしたいです

ある大学の薬学部に通っている3年生です。
私の学科は4年制のため、原則として薬剤師免許は取得せず、卒業後、院に進み研究や開発の仕事に就くか、または普通の一般企業へ就職するなどの進路に進みます。

私は今、感染症について興味を持っています。
そのため、大学院は自分の大学ではなく、外の院を受験しようと考えています。

感染症について、専門の研究をしている大学(院)の研究室があったら教えて頂けないでしょうか? 自分でも少しずつ調べているのですがまだまだ足りません。
もしどこかありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

感染症といってもいろいろな種類があり、研究のアプローチも様々で、「感染症」を専門とする研究室は殆ど無いと思います。というわけで、方向性をある程度定める必要があります。

下記のようなサイトがあります。3年生で研究費のことなど縁が無いとは思いますが、参考にしてください。
http://kansen-matrix.jp/index.html

ここからたどれる学会、研究会、などで発表されている先生、研究室を調べたり、そもそも感染症関連のどのような研究があるのか、知るきっかけになると思います。もし近いところで参加費無料のシンポジウムなどがありましたら、参加されてみるのもいいかと思います。

Q感染症の血清学的テスト

ある感染症の論文を読んでいたのですが、現在の血清学的検査である、直接抗グロブリン試験(DAT)
組み換え抗原rK39を用いた手法、免疫クロマトグラフィーを用いた手法は、過去と現在の感染症の区別ができないとのことでした。
しかしこれがどのような意味を示しているのかよくわからないので、上記3つの血清学的検査の問題点について、回答お願いします。

Aベストアンサー

 >上記3つの血清学的検査の問題点について、回答お願いします。

 質問からしておかしい。血清学的検査の問題点ではない。
 3つとも抗体検査だから、過去と現在の感染症の区別ができないのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報