構造図の屋上基礎図面(コンクリート基礎の断面図)で
「D13@100D.C(フック付)」との表記があるのですが、読み方と施工方法が分かりません・・。。
この D.Cというのはどのような意味なのでしょうか?
(屋上に室外機を設置するため、新しくあご付の基礎を設置します。
図面上では、基礎の上端部分の配筋(あご付近)に記入があります)

この場合・・
(1)フック付きのD13鉄筋を100ピッチで格子状に、且つダブル巻きで配筋をすることになるのでしょうか
(2)フック付きのD13鉄筋を100ピッチで格子状に、ダブル配筋として上下に配筋することになるのでしょうか
(立面の断面図には上筋しか書いてありません・・)

表記が基礎立ち上がり部分の「あご」の部分にこのように記入がある
ので・・あご部分だけを指しているのかも分かりません。。

一般的には D.C とは なんと読みますか?
また、その施工方法もご教示下さいませ。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

D13@100 DC(フック付)


D13=異形鉄筋の口径13mm
@100 =鉄筋の間隔が100mm
DC=ダイレクトカット=現場加工
(フック付)=フックを付けると言う意味です。
フック付とあり表記から判断すると、壁の縦筋の配筋ですね。
ダブル配筋の表記は、2-D13と表記します。
質問文の場合の表記だとシングルの配筋ですね。
以上
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「D.C」はダブルクロスならぬダイレクトカットと言う意味なんですね。
勉強になりました。早速のご返事に感謝です。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/26 09:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶接網筋D13の重ね継手についてH=2.40mL=5.000mの網筋を

溶接網筋D13の重ね継手についてH=2.40mL=5.000mの網筋を製作して配置するのですが、重ねは、φ40倍でいいのでしょうか、上下重なる箇所は鉄筋が4列重なるんですけど対策ないですか

Aベストアンサー

鉄筋の継ぎ手は、認定品の鉄筋接合専用金具を用いるか、施工基準のフック無し40dと理解して下さい。
4列になるのは、いたしかたないとあきらめましょう。
以上

Q鉄筋の配筋図について

図面を見ていたら、鉄筋コンクリートの配筋図に「17-D10」と書いてあるんですが、17は鉄筋の本数を表すのだと思いますが、D10とは何を指すんでしょうか?
また、この表記だけで17本の鉄筋の配筋が、縦筋か横筋かを判断することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

 下記pdfをご参照下さい。
  http://www.rcs.arch.t.u-tokyo.ac.jp/kusuhara/syllabus/design_exercise/2004/12.pdf
  p4ぐらいから、詳しく載っています。
  「D」は鉄筋径です。
  >縦筋か横筋かを判断することは
  図面を見ないと、なんともいえません。

では。

Q床スラブの配筋

四辺固定のスラブのダブル筋の場合、もち網配置にしないのは何故でしょう。
発生する応力の関係上、両端部は主に上端筋、中央部は主に下端筋に意識して配筋する必要があることは理解しております。それ以外の部分は圧縮力がかかるので配筋は必要最低限にしているんでしょうが、かえって施工の手間がかかり比例して費用も割増になるような気がします。
上下、中央周辺とも全て同じD13-@200 などで施工すれと何か問題でもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1枚2枚のスラブならば気にならない数量でしょうが。
上下、中央周辺とも全て同じD13-@200 は
意外と鋼材費がかかるようで、
昔からそうやっていた記憶がします。 

鉄筋工の手間ですが 確かに加工は現場でベンダーで曲げたりかかりますが、相対的にはたいしたことはないと思いますが。若いころ手伝いましたがたいしたことはないかと。
 それよりも建物の鉄筋の工事金額は 鋼材のトン数*鋼材単価 + 手間(トン数*手間単価)で決まります。
 ですから通常建築の請負の場合は鋼材数量が少なければ手間賃(工事費)は少なくなるということです。

 昔の1建士のもので構造計算はちと忘れました。

Q学校のプリントで家庭と環境調べというものが配られました。その趣味の場所に筋トレと書くのは変ですか?中

学校のプリントで家庭と環境調べというものが配られました。その趣味の場所に筋トレと書くのは変ですか?中2です

Aベストアンサー

社会人です。
非常に変ですが、趣味なので非常に書いて構いません。OK。
他のところに環境に関することを書けば満点!

Qさっきの問題(10進数-6.625を固定小数表示にする)の続きについて質問 整数部分、小数部分をそれ

さっきの問題(10進数-6.625を固定小数表示にする)の続きについて質問


整数部分、小数部分をそれぞれ計算して得られた結果を合わせて01101010となり、変換する数が負数なのでさらにこれを2の補数にする(各ビットを反転して1の補数にし、そこに1を加える)らしいのですが、補数の数値範囲というパートでは1の補数、2の補数共に負数の表現が可能なのになぜ、2の補数にするのかが分かりません。完全か不完全かの違いが影響するのですか?

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9539553.html

「2の補数表現を使うと決めたから」
です。


01 だけでは、負数は表現できません。
そのため、何かの決まりに従って、条件を満すものは「負」ということにします。
負を表す方法はいくつもあり、それぞれに特徴があります。
そのメリット、デメリットと、値の使い方を考慮して、どの方式を使うか決めます。

ただ、それぞれの方法には互換性は無いので、決めた方法で統一するのが大切です。

その問題では
「なぜ2の補数にするのか?」→いろんな事情を考慮して「2の補数表現を使う」と決めたから
「なぜ1の補数表現を使わないのか?」→「2の補数表現を使う」と決めたから
となります。


例えば、
 X+Y
を計算するとき
2の補数表現を使うと,X,Yどちらか、あるいは両方が負の場合でも、
 (X+Y)の2の補数表現 = Xの2の補数表現 + Yの2の補数表現
という法則があるので、正負にかかわらず同じ計算で答えが導けます。

1の補数ではそう単純ではなく
絶対値と符号に合わせて場合分けして計算する必要があります。

ですが、変換を考えると、 01反転だけの 1の補数表現に比べ、2の補数表現はちょっと手間がかかります。


他のデメリットより計算時のメリットから2の補数表現を使う、というのは、よくあります。
2の補数表現のデメリットを避けたい場合には、別の方法を使います。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9539553.html

「2の補数表現を使うと決めたから」
です。


01 だけでは、負数は表現できません。
そのため、何かの決まりに従って、条件を満すものは「負」ということにします。
負を表す方法はいくつもあり、それぞれに特徴があります。
そのメリット、デメリットと、値の使い方を考慮して、どの方式を使うか決めます。

ただ、それぞれの方法には互換性は無いので、決めた方法で統一するのが大切です。

その問題では
「なぜ2の補数にするのか?」→いろんな事情を考慮して「2の補...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報