旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

去年の今頃ぐらいだと思います。なにげなくネットをみていたら、アキュフェーズのE-213が展示処分で168000円(167000円?)で販売されておりました。アキュフェーズの製品はすでに中古でかなり安い値段で入手したパワーアンプがP-500、プリアンプでC-250を所有しておりましたが、現行品で展示品とはいえ新品である魅力と、P-500は年式が古く、アキュフェーズのシステムだと年式古くなるごとに修理代がひじょうに高くなるので購入したいと思いつつも、従来のシステムは値段(安さ)で購入したのにもかかわらず、わたくしの好みにぴったりあっていることから迷い、本来、商談中はたのまないことにしているのですが、あえて商談中をお願いしました。悩んで、悩みすぎて仕事が手に付かないので、1日で商談中を辞退しました。その後他の人に買われてしまいました。アキュフェーズで展示処分はありえないと聞いたことがあります、また、あまり値引きしないのが一般でしょうし、こうゆうパターンて他にあったりしますか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

はじめまして。


私の行きつけの店はアキュフェース製品はどんなに新品でも2割引です。
この前行ったら、メインアンプのP-5000が5台限りで35%引きでした。
モデルチェンジ前の処分特価だそうです。
展示処分もありますが、値引きの大きさゆえあっという間に売れてしまうそうです。

アキュフェーズはブランドイメージの維持のために取扱店を絞っています。
アキュフェース認定店でない(「ヨドバシ」「ビックカメラ」通販で有名な
「アバック」など)店の店員はアキュフェース製品は音が堅いなど悪口を
並べたてます。例えそれでもアキュフェースが欲しいといった場合はせいぜい5%引きでしょう。
アキュフェース認定店であるかどうかはオーディオ雑誌の広告でアキュフェース製品
が載っているかどうかで分ります。
アキュフェーズ認定店では、どこの店も2割引の製品はどんなに値引きを
要求しても2割引より1円たりとも引きません。
アキュフェースと店の信頼関係を壊すことになるからです。
それゆえ値引き合戦に巻き込まれることが無いので、価格競争にさらされずに済んでます。
価格ドットコムにも2割引であることが分らないように、アキュフェース
との約束で載せないようにしているそうです。
ちなみにE-213はE-250にモデルチェンジしたので在庫は新品
でもかなり安く売ってます。
展示処分品の価格もアキュフェーズから指定されているそうです。勿論格安です。
ご質問者様が疑問を抱いてしまうのはアキュフェーズ認定でない店からの情報のせいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。たいへんためになりました。
展示処分はぜったいありえないと聞いていたものですから間にうけてました。

お礼日時:2009/02/15 23:33

No.4の補足です。

言うまでもないでしょうが、2割引でもお店に十分に利益が
出るような卸値をメーカーは設定しています。
認定店でない店は定価に近い卸値で出しています。それゆえ5%より値引くと
店としては利益が少ししか出ません。
どのメーカーにも言えることですが、卸値は店や時期により異なりますので
例えばもしラックスマン製品が欲しくなったらラックスマンを叩ける店
で値引き交渉してみて下さい。信じられないほど安くしてくれます。
また、B&Wはマランツが扱ってますが、マランツを薦める店で値引き
交渉したところ、かなりの値引きを引き出せました。
店によって特定のメーカーと仲良くしてて、そのメーカーの製品が売れた段階で
店がメーカーを叩き、卸値を低くして店が利益を出すという例もあります。
そのかわりその店ではそのメーカーの製品を沢山売るように販売員に指示します。
卸値が高ければ店としても、どんなに値引き交渉しても安くしようがないです。
こういう時、店は「そんなアンプよりこっち聴いてみな!」と別の商品を薦めます。

沢山仕入れる代わりに卸値を安くしたり、期間限定にするからその分の
卸値だけは安くしてくれ、と店がメーカーに依頼することもあり、、、、
他にも色々なパターンがありますが、ヤマダ電器などは人気機種を期間限定と
大量仕入れで卸値をぐっと下げさせて「決算処分」と銘打って利益を得ています。
「赤字覚悟の大特価!」などと言ってますが、しっかり利益をあげています。
お客としてもお買い得なので、要チェックです。
いずれにしてもメーカー、販売店それぞれの立場で頑張ってるのがよくわかります。
そのあおりで町の小さな店は小売り業では儲からないので、下請け電気工事店
となって潰れずに済んでる店もあります。商店街の潰れかけてるような小さな店も
生き残ってるのはそのお陰です。

客としては安くしてくれるのは嬉しいですが、行きすぎた競争で市場自体が
混乱するのも、電化製品大国日本としては困りますね。
オーディオを趣味とするものとしては安値争いが激しくなりすぎて
メーカーが、儲からないから撤退ということがあっても寂しいので
かつてのオーレックスやオプトニカ、ローディー、アカイ等が銘機を出していた
時代を懐かしむ身としては複雑な心境です。
スイマセン、大分話がそれました、、、
    • good
    • 1
この回答へのお礼

業界のしくみ、たいへんわかりやすく勉強になりました。いろいろ知っておくと格安購入につながりますね。今後深く研究いたします。心より感謝いたします。

お礼日時:2009/02/15 23:46

20年も前の話ですが、秋葉原に良く通っていたころ新品の大安売りが時々ありました。

4月とか9月頃が多かったです。
ソニーの最高級品のダイレクトドライブターンテーブルユニット
ヤマハのやはりかなり高級なDAコンバータ
新品箱入り保証書付き、を定価の3分の1ぐらいの値段で買いました。

また、CDの人気に火が付いた頃だったので、家の近くの大型電気店で。
SME3012トーンアンム
オルトフォンのMCカートリッジとトランス
をやはり新品なのに定価の3分の1で買いました。

全て本物良品でした。
状況によって販売店は安売りしますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。20年前となるとわかりませんが
4月とか9月頃が多いとのことなぜだか気になります。

お礼日時:2009/02/15 23:22

回答でなく、質問です。

私はJBLのスピーカー、マルチでつかっていますが、アンプは安物です。使ってみて、JBLはアンプは安くてもかなりなります。貴方のアキュフェーズはなんのスピーカーを鳴らしているのでしょうか。A級のLUX持っていますが、これだって、タンノイなどぜんぜんなりませんね、私の小さい経験ですが、JBLだったらA級アンプでかなり良い音がしますね。アキュフェーズだって(私は使ったことないですが)タンノイなどぜんぜんならないのではないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当時はKEFのiQ9です。

お礼日時:2009/02/15 23:19

ショップの資金繰りなどから破格の値段で処分される場合があります。

これは赤字承知で換金される場合で、決算間際などの在庫処分、新製品発売前の旧製品などが入手のチャンスで、音響製品に限らずいろいろの業界で見受けられます。
振り出した手形支払の期限ギリギリになると、高利の資金を借りるよりも在庫を赤字でも処分して現金化することはよくあることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ショップの資金繰り・・そういうのあるんですね。たいへん勉強になりました。それにしても168000円は安すぎだと思います。アキュフェーズは値引き一切なしの店もありますし、とある別の超大型量販店では展示品でなく、純粋たる新品(もちろん未開封)後継の新製品の予告前ということもありますが191000円で、「うちが日本一安い!」とおっしゃってました。商談中の期限もほかに利用したことがないのでわかりませんが長かったような気がします。仮に180000円でもすぐに売れるのではと
なんとなく思ってしまいます。あと、アキュフェーズの製品の価格は
問い合わせ形式が多いですが、思いっきり値段を記してました。あまり安く売るとメーカーからにらまれると聞いたことがあります。

お礼日時:2009/02/15 08:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアキュフェーズの嫌いな方理由を聞かせてください

アキュフェーズは好きな人と嫌い人とがはっきり別れているようですが
嫌いな人にお尋ねしたいのですが、どこがいやなのでしょうか。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

独断と偏見による私見ですので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

ACCはCDのACC-DP-100とDC-101の組み合わせとチューナーのT1000を所有していますが、殆ど使っていません。
現在は電源も繋げていません。
CDはLINN-NUMERKとKARIKの組み合わせ、チューナーもmarantzの#2100がメインです。
アンプ類はACC社の物は1台も所有していません。
無論、我が家に試聴用の新製品が来ると知り合いのオーディオ店のオーナーが自宅に持ってきて数人と聴き比べていますが、魅力を感じるアンプは今まで1台もありませんでした。
金額的にはりっぱなんですが・・・。

その理由としては、どのアンプも特徴がない・・・個性がない
前回答者と同じですが、音感に無機質な1つ1つの音をそのまま出力している。感じがする事です。
音の好き嫌いは全ての人、一人々多少は違う訳ですから一概には云えませんが。

私はマランツ(#機)の音質が好きで・・・只30年以上前の製品ですから現在のデジタルアンプのように前に突き出るような音は望めませんが・・・#機のシリーズごとに各々特有の音質・音感を持っていて、そこに好感をもてます。
それに引き替え、ACC社のアンプ類は初期の機器を除き、安価機?から超高額機までどれも無機質な(デジタル的な)音質に終始しているように感じます。
それがACC社の音に対するポリシーだとしたら、私には受け入れられないと云う事だと思っています。

自称オーディオマニアです。

独断と偏見による私見ですので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

ACCはCDのACC-DP-100とDC-101の組み合わせとチューナーのT1000を所有していますが、殆ど使っていません。
現在は電源も繋げていません。
CDはLINN-NUMERKとKARIKの組み合わせ、チューナーもmarantzの#2100がメインです。
アンプ類はACC社の物は1台も所有していません。
無論、我が家に試聴用の新製品が来ると知り合いのオーディオ店のオーナーが自宅に持ってきて数人と聴き比べていま...続きを読む

Qパワーアンプとプリアンプどちらに投資した方が効果的ですか?

表題の通りなのですがパワーアンプとプリアンプどちらに投資した方が
音質的に向上が見込めるでしょうか?

できましたら同じメーカー品ものを
比べた場合のご意見ですとありがたいです。

一般的なご意見から試聴からの個人的なご意見まで
幅広く聴ければと思い質問させて頂きました。
実際の製品名等も挙げていただければ更に助かります。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

難しい悩みですね。  どっちを変えても「変化」は出て来てしまいますから また 組み合わせの「妙」もあって 単品での試聴で良いと思っても 組み合わせてみると ダメだったり・・・と。 他の方も言っている様に 純正の同クラスの組み合わせが「無難」カモしれませんね。 

但し 折角の「セパレート」なのだから カタログの様な組み合わせでは面白くないでしょう! ココはチャレンジ(冒険)ですよ。 ラックス純正の組み合わせに固執せず プリをアキュフェーズや 外国製にしてみたりと・・・ 中古市場を覗くと 案外良い物に巡り会えるかもしれませんよ。 

どの様な音が出てくるかは 出たとこ勝負! あなたの家の部屋で スピーカー(SB-M1000)から出てきた音次第ですね。 まるで「賭け」の世界ですが・・・

M1000はチョッと鳴らしにくいスピーカーですね。 ウーファー部が独特な構造をしていますので 軟なアンプでは低域が肥大してしまい 締りの無いぶよぶよな低域再生となってしまいます。  M-7Fクラスでは十分だと思いますが スピーカーの配置の仕方や アンプの電源の取り方でも ガラリ音は変わってしまいますから・・ カット&トライでしょう。


私もただ今メインとなるパワーアンプを物色中でして かれこれ1年と8ヶ月が経ってしまいました。 途中で部屋の改装も入ってしまい 長期に渡り メインとなるパワーアンプ不在の状態です。 今年中には何とかしてあげないと スピーカーが泣いてしまいます。 早く鳴らしてあげないとね。 !(^^)!  また 大きな「博打(ばくち)」にでなければなりませんね。 (@_@;) 

  

難しい悩みですね。  どっちを変えても「変化」は出て来てしまいますから また 組み合わせの「妙」もあって 単品での試聴で良いと思っても 組み合わせてみると ダメだったり・・・と。 他の方も言っている様に 純正の同クラスの組み合わせが「無難」カモしれませんね。 

但し 折角の「セパレート」なのだから カタログの様な組み合わせでは面白くないでしょう! ココはチャレンジ(冒険)ですよ。 ラックス純正の組み合わせに固執せず プリをアキュフェーズや 外国製にしてみたりと・・・ 中...続きを読む

Qプリメインアンプ、LUXMAN vs Accuphase!

こんばんわ。よろしくお願い申し上げます。

さて、いま、プリメインアンプ選びで迷っています。候補は、ラックスマンのL-509fか、アキュフェーズのE-408です。どちらも、ほぼ同価格ですので、非常に困っています。

試聴してみたところ、アキュフェーズは、「こんな音がCDに入ってたの?」っていうくらい微細な高域が美しく聞こえてきました。この高域の伸びは圧巻で、ラックスマンの方は、L-509fの上位機種、SEでさえ、そこまでの高域は聞こえませんでした。

ところが、使用するスピーカは、いますでに持っている、BOSEの901WBなのです。901WBで試聴できたのは、ラックスマンだけで、アキュフェーズの置いてある店では901WBで試聴できませんでした。ラックスマンにおける901WBは、現在、家でいま使っているアンプと比べ、圧倒的な低域の響きがすばらしく、フルレンジスピーカーとは思えない迫力は圧巻で、気持ちいいの一言でした。

アキュフェーズと901WBの組み合わせで試聴できなかった以上、聴覚的な判断ができず、試聴したアキュフェーズは、ふつうのスピーカーで鳴らしていたので、901WBのような特殊なスピーカーとは明らかに違うと思うので、迷っているのです。低域の迫力が出なければ、BOSEの魅力は半減だからです。

901WBとの組み合わせに限らず、「私はラックスマンが好きだ」「アキュフェーズが好きだ」という方々のご意見を伺いたいと思っております。よろしくお願い申し上げます。

こんばんわ。よろしくお願い申し上げます。

さて、いま、プリメインアンプ選びで迷っています。候補は、ラックスマンのL-509fか、アキュフェーズのE-408です。どちらも、ほぼ同価格ですので、非常に困っています。

試聴してみたところ、アキュフェーズは、「こんな音がCDに入ってたの?」っていうくらい微細な高域が美しく聞こえてきました。この高域の伸びは圧巻で、ラックスマンの方は、L-509fの上位機種、SEでさえ、そこまでの高域は聞こえませんでした。

ところが、使用するスピーカは、いますでに持...続きを読む

Aベストアンサー

ラックス党です。

ラックスはソリッドステートアンプでも真空管アンプのイメージを大切にしている会社だと思います。

音源のすべてを緻密に描出するか、全体の雰囲気を重視するかといった音作りの行き方の違いが、両社とも機種が変わっても基本的に変わらないのはさすがというべきですね。

あえて乱暴な例えをすれば、ピアニストでいえばアキュフェーズがポリーニならばラックスはリヒテル、ヴァイオリニストでいえばアキュフェーズがハイフェッツならばラックスはオイストラッフ、のイメージを個人的には持っています。

答えはすでに質問の中に含まれているようにお見受けしましたが・・・。

Qアキュフェーズの値引き率

アキュフェーズ値引率が低いメーカーだでして、地元のいきつけのオーディオショップでは割引は1割までと言われました。いろいろネットで価格を見ると2割引いてくれるところもあるみたいですが。それ以上は
無理といった感じですが、
展示品はまた別として新品で2割以上ひいてもらった方いらっしゃいますでしょうか。

Aベストアンサー

モデルチェンジ(生産完了)したあとの在庫品とか
展示品以外では無理だと思います。

多分メーカー側で値崩れを防ぐ様な対策をしているのでは無いでしょうか?
ブランドイメージを上げるために安売りはさせない商法だと思います。

Qアキュフェーズかラックスマンか

現在、アキュフェーズのプリアンプはC-250 パワーアンプはP-500を
使用しているのですが、それ以前に使用して現在は手放してしまった
ラックスマンのプリメインアンプのL570Zsの音が懐かしくというか現在
使用しているのとは違った趣で良かったなと思っており、
アキュフェーズというブランド名にあこがれてラックスマンからアキュフェーズに替えたという経緯でしたので(プリメイン→セパレートとか
A級→A級でないのようなかなり異なることですが)ラックスマンを見直して、プリアンプをC-7 パワーアンプをM-7に買い換えようかどうかと迷っております。もちろん両方とも中古です。予算の関係もありますので・・・
ただ、長く使用するつもりなので、故障の際、年式が古くても修理できるか有無ではアキュフェーズの方が安心なような気がします。
個人的な好みなことでもかまいませんですので、なんでもご意見のほどをよろしくお願いします

Aベストアンサー

LUXMAN派ですがM-7に関してはどちらかというと否定派です。
否定的原因は回路構成にあるだけです。しかし、音の出方に関しては何の問題も無いと思います。
アンプの音の差を読み取る感性には恐れ入ります。
アキュフェーズかラックスマンという質問に対してはどちらでもGOODだと思います。修理といった場面が出てきたときにはアキュフェーズが有利であることは間違いないですね。
アンプがスピーカーを選ぶ事は少ないと思いますがその逆は大いにあると思います。
音に疑問を持っているなら、スピーカーが原因であるほうが確立は断然高いと思います。

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

Qアキュフェーズ

アキュフェーズは日本を代表するオーディオメーカーだと思うのですが、アンチ・アキュフェーズの方も多いと聞きます。好みの問題と言ってしまえばそれまでですが、アンチの方は本当に嫌いみたいです。

確かにストレート過ぎて聞き疲れする面もあるかもしれませんが、忠実度はかなり高いと思います。

一方の雄であるラックスマンはソフトで耳あたりが良い感じですが、忠実度は低い感じです。生録のCD(鳥の鳴き声などの自然音が入ったCD)で比較試聴したところ、かなりリアルさに欠けていました。
でも、AB級アンプの「u」シリーズは結構シャープで、アキュフェーズを意識しているのかなと思います。

何でこんな質問をしたかというと、今のアンプ(アキュフェーズ)に物足りなさを感じるようになってきたからです。以前聴いたラックスマンの優しい音が懐かしく思えてきたのです。

じゃあ、ラックスマンのアンプを買えばいいのでは、となってしまいますが、お金が、、、

そこで、アンケートっぽくなってしまいますが、アキュフェーズとラックスマンもしくは他の中級向けアンプで感じたことを教えてくださいませんでしょうか。もしくは回答者様のお薦めを知りたいです。知り合いにオーディオファンが居なく孤独で、自分のシステムに自信が無くなってきたのです。(スピーカーはB&W804sです。スピーカーは変えない、ということでお願いします。)

好みの問題である上、質問が抽象的で申し訳ありませんがよろしくお願いします。不明な点が御座いましたら補足して下さい。

アキュフェーズは日本を代表するオーディオメーカーだと思うのですが、アンチ・アキュフェーズの方も多いと聞きます。好みの問題と言ってしまえばそれまでですが、アンチの方は本当に嫌いみたいです。

確かにストレート過ぎて聞き疲れする面もあるかもしれませんが、忠実度はかなり高いと思います。

一方の雄であるラックスマンはソフトで耳あたりが良い感じですが、忠実度は低い感じです。生録のCD(鳥の鳴き声などの自然音が入ったCD)で比較試聴したところ、かなりリアルさに欠けていました。
でも、AB級アン...続きを読む

Aベストアンサー

この頃こんな事を思うようになりました。「寄り添う」って言う事です。
自分の嗜好を理解して、それを求めて行くオーディオの素晴らしさはあるのですが。逆に、その機器の性格、個性、特徴を理解してあげて、自らがその機器を認めて寄り添っていくと言う事です。
「今のアンプ(アキュフェーズ)に物足りなさを感じるようになってきたからです。」と言うご意見は、アキュフェーズが駄目で物足りないのではなくて、ちょっとご自身とアキュフェーズの間に距離があるに過ぎないという事でしかないのです。
ですから、ラックスとか、他の何かとかではなくて、アキュフェーズに寄り添って、その良さを理解してげればと思います。少なくとも、それに値する機器ですし、素晴らしいブランドである事に間違いありません。
そういった気持ちで接すれば、ちょっと聴こえ方が変わるのではないでしょうか。
違う話になりますが、「オーディオのエージングが進んでから良くなった。」と言うのは、聴き慣れて聴き手がその機器に寄り添う事による現象であると言えます。
同じく、オーディオルームを作ったばかりのときは違和感があります。多くの方は置き方を変えたとか、色々な事を実施してようやく聴けるようになったと言われますが、これも人が寄り添った結果である事も大きな要素なのです。
仮に金銭に余裕があって、ラックスを購入できたとしても、アキュフェーズはひとつの素晴らしいオーディオですから、認めて残しておくべき機器です。
・・・と言う事は、ラックスを手に入れる必要はなくアキュフェーズに再度寄り添うということではないでしょうか。
自分の好みに近づける事より、せっかく手に入れた素晴らしいブランドなのですから、自分がアキュフェーズに近づいていく気持ちになれば、新たにオーディオを楽しめるように思うのですが、如何でしょうか。それ程のブランドですよ。
私は、かれこれ45年オーディオに親しんで、数々の機器を買い替えてきました。結果として、所有している現在の機器はムンド、レビンソン等のいわゆる海外ハイエンドです。ハイエンドだから他に目移りしなくなったのではなくて、各々を尊重し、寄り添うようになったから、他の機器に気持ちが乱れることがなくなったと思っています。
最後に、自分にとって忘れがたいアンプと言う事であれば、やはりマッキントッシュになります。現代の音の傾向とは違うために、買い求める人は少なくなってしまいましたが、まさにその個性に聴き手側が寄り添っていくべきアンプと言えます。

この頃こんな事を思うようになりました。「寄り添う」って言う事です。
自分の嗜好を理解して、それを求めて行くオーディオの素晴らしさはあるのですが。逆に、その機器の性格、個性、特徴を理解してあげて、自らがその機器を認めて寄り添っていくと言う事です。
「今のアンプ(アキュフェーズ)に物足りなさを感じるようになってきたからです。」と言うご意見は、アキュフェーズが駄目で物足りないのではなくて、ちょっとご自身とアキュフェーズの間に距離があるに過ぎないという事でしかないのです。
ですから、...続きを読む

Qラックスマンの得意とする音楽ジャンルは

プリメインアンプでアキュフェーズは繊細でクラシック向けというのを
聞いたことがあるのですが、アキュフェーズのライバルともいえる
ラックスマンの得意とする音楽ジャンルがあったら教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

roatwangさんへ

得意とする「音楽ジャンルは?」は良く聞かれる質問ですよね。  確かに「私は**を好んで聴くのですが、コレをベストに聴かせるメーカーはどこですか?」なんて質問です。 専門誌のQ&Aコーナーやこの様な投稿ではショッチュウ目にするところです。 

私なりの認識ですが・・・ メーカー(ブランド)による「向き・不向き」「得手・不得手」は無いでしょうね。 しかし、人それぞれ「好み」がありますから、「コレをこの様に聴きたい!」という思いがあると思います。 それが合致した場合、その人は「このメーカー(ブランド)は**向きだ!」と胸を張って言い張るでしょう。  まァー、コレを見つける事がオーディオの楽しみでもあり、苦しみでもあるのですが・・・。 

私は具体的にラックスマンの音を、自宅試聴の経験がありませんので、具体的にはお答えできません。m(__)m  今、我が家のアンプはアキュフェーズです。 以前はマッキンを使用していまして、濃い口の中低域を中心とした音質は気に入っていましたが、10年を越えて使っていましたので、まぁー違った世界を聴いてみたく、一年以上も悩んだ挙句アキュフェーズの導入となりました。 (一年間はツナギのアンプでしたので、違った意味でも苦しかったのです)  アキュフェーズは最新式のモデルでもありますので、繊細さと力強さを兼ね備えている、素晴らしいアンプだと思って聴いています。 ジャンルはJAZZ・クラシック・ロック・ヴォーカルと幅広く聴いています。 

***はクラシック向きだ! ###はJAZZ向きだ! なんて言うのは無意味だと思っています。 「声をこう聴きたい!」とか「弦をこう聴きたい!」と思われて選択すると良いかもしれませんネ。 要は「好み」なのですが・・・ 自分が一番良いと思わせる様に聴かせるハードを選ぶ事でしょうネ。  試聴を繰り返して経験値を高めるしかありませんが、最終的には「賭け」にでて買ってしまう事しかできませんが・・・(^^♪  アキュフェーズの購入は、私にとって、大きな「賭け」でした・・・ (@_@;)

生意気な意見の様であれば、削除依頼でも構いません。  ただオーディオは楽しむものでありますので、その楽しみを得る為には、途轍もない苦労がその前にあるという事実も確かなところです。 

roatwangさんへ

得意とする「音楽ジャンルは?」は良く聞かれる質問ですよね。  確かに「私は**を好んで聴くのですが、コレをベストに聴かせるメーカーはどこですか?」なんて質問です。 専門誌のQ&Aコーナーやこの様な投稿ではショッチュウ目にするところです。 

私なりの認識ですが・・・ メーカー(ブランド)による「向き・不向き」「得手・不得手」は無いでしょうね。 しかし、人それぞれ「好み」がありますから、「コレをこの様に聴きたい!」という思いがあると思います。 それ...続きを読む

QXLRケーブル 音質的にメリットはあるのでしょうか

私の愛用している300Bシングルアンプ。
XLR端子がついております。
これを活用してみたくなりましたが、今の環境で使うとなれば、
XLR出力がついたプリアンプやアッテネーターを購入するしかありません。
それか変換ケーブルだと思います。

でも、変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が
違うだけでメリットはないと思ってしまいます。

XLRケーブルの音質的メリットってあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない //

その通りです。

XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。

もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです。業務用分野では数10~100m近い配線を引き回す上に、照明や舞台装置の電源が大きなノイズを出すので、バランス接続でないと実用に堪えません。

普通の家庭では、実用上問題になり得るノイズ源はせいぜい電子レンジくらいで、長さも10mに満たないので、アンバランス接続でも問題ありません。もし問題がある場合でも、まず引き回しを工夫してノイズ源から遠ざけるのが先決です。

内部の回路構成が差動型のオーディオ機器の場合、アンバランス→バランス変換の回路を省くことで最良の音質になると謳った製品もありますが、「メーカーがそう言うんだから、多分そういうものなんでしょ」としか言えません(メーカーとしてはその方が良い音だと考えていても、聞く人によっては感想が異なるでしょう)。

いずれにせよ、(真空管にはあまり明るくありませんが)シングルアンプなのでバランス入力はアンバランスに変換した上で増幅されるのではないですか? その「変換回路による色付け」に期待するかどうか、ということになります。

-----

蛇足ながら...

ピンの割当ては、現在では1: GND、2: HOT、3: COLDが標準ですが、古い製品の中には2: COLD、3: HOTという割当てがあります(逆相になるだけで家庭では特に問題ありませんが、業務用だとミキシングや複数スピーカーを使用する場合に困ります)。近年でも、「敢えて」3番HOTという接続をしている製品があるので(特に家庭用)、ちょっと注意が必要です。

1つのコネクタでステレオのバランス接続をする場合は、普通は5ピンのXLRコネクタを使います。というか、4ピンで2チャンネル分のバランス接続をしようとすると、本来GNDに割り当てるべき1番ピンを信号線に使うことになるので、コネクタの使い方としては「誤用」です。

アンバランス出力→(変換コネクタ)→バランス入力は、原則として問題なく行えます(前記の通り、当然ながらアンバランス接続になります)。

バランス出力→(変換コネクタ)→アンバランス入力は、原則として御法度です。出力側の回路構成によっては故障の原因になります。トランス出力、疑似バランス出力、もしくは保護回路が入っている場合は大丈夫ですが、正体がハッキリしないときは使えないものとして扱う必要があります。

バランス出力・入力をトランスで行っている場合、アンバランス接続にするとインピーダンスマッチングの問題が生じる可能性があります。

>> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない //

その通りです。

XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。

もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです...続きを読む

Qアキュフェーズアンプでの音質についての相談です。

主に90年代 2000年代のJ-POPを聞いてます。 女性ボーカル 小柳ゆき Superflyのピーク時声が耳に刺さり 悩んでおります。 3KHz前後の音が特に細く伸びてきて耳にキーンときます。
今まで スピーカーの高さ 向き インシュレーターを使って改善しようとしましたが 無理でボーカルが細く前に出て来ます。トーンコントロールを調整してもむりです
何か良い方法ないでしょうか? それかアンプの特性なのでしょうか?

使用システム アンプ アキュフェーズE-260 CDプレイヤー DP-410 スピーカーDALI ルビコン2 スピーカーケーブル ゾノトーン6NSP-4400S Meisterスターカッド接続 RCAケーブル アキュフェーズ ASL-10を使用しております。部屋の広さ 4.5畳ほど 視聴場所からスピーカーまでの距離 2.0mほど スピーカーとスピーカーの間 2.2mほどです。
何か改善策がありましたら よろしくお願いします。
システムは今年2月に全部購入した物で、エージングかと思い 毎日再生して 300時間以上再生しているとおもいます。

主に90年代 2000年代のJ-POPを聞いてます。 女性ボーカル 小柳ゆき Superflyのピーク時声が耳に刺さり 悩んでおります。 3KHz前後の音が特に細く伸びてきて耳にキーンときます。
今まで スピーカーの高さ 向き インシュレーターを使って改善しようとしましたが 無理でボーカルが細く前に出て来ます。トーンコントロールを調整してもむりです
何か良い方法ないでしょうか? それかアンプの特性なのでしょうか?

使用システム アンプ アキュフェーズE-260 CDプレイヤー DP-410 ス...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、相談内容拝見させてもらいました。
私もアキュのアンプを、使用して何度か買い替えを行って来ました。
中高音がキーンとなるのは、まだエージング不足に思います。
22000μFのコンデンサーがまだこなれてないように思います。
最初数か月 半年~1年位は音が細く耳触りな音ドキツイ音が出ますが徐々に改善されてきます。

マランツのアンプでは綺麗に聞こえた、とありましたが、おそらく数十年使用されていると思います。
PM-80Aでしたら20年以上前の機種なので、コンデンサーなどの劣化なども考えられ聞きやすい
音に感じたのでは、ないでしょうか?
パワー不足に感じたのは、スペック数字上では同じに思えても トランス コンデンサーなど使用
している物が違い過ぎる為 ドライブ力が不足したように感じたのではないでしょうか?
アキュでドライブした後にマランツを聞くと物足りなさをかんじたのは、やはり使用部品の差(価格差)
じゃないかと思います。

私の意見ですが、アキュのアンプがまだエージング出来ていないと思いますのでまだケーブルなど変更
せずに 音が落ち着いてから購入したほうがいいのではないかと思います。
まだまだ音が変わってくると思いますので、今ケーブル変更して良くても、また半年1年後には、また
変更したくなるとおもいます。

アキュはケーブル変更ですごく音が変わります
高いケーブルは買わなくていいと思いますが、スピーカーケーブル専用の物をお勧めします。
情報量の多さがもろにスピーカーに伝わり再生してくれるので、当たった時は最高の音質です。
音響用スピーカーケーブルは、整備されて舗装された道 その舗装された道に大きいボールと小さいボール
など転がすとすべて綺麗に転がって行きますよね。それが、舗装されていない道に転がすと 途中で止まったり
と最後までたどり付きません ゴールがスピーカーと考えてもらったら情報量の違いがすぐ分かるとおもいます。
音の信号も高周波 低周波とありますのでそれを綺麗に流す。専用ケーブルを使用されることをお勧めします。

今ケーブルを替えてもエージングが完了していない音にスピーカーケーブルの癖がつくのでやめておくほうが
いいと思いますので、ここは我慢して 半年 1年待ってみて下さい
エージング完了後は癖があってもそこがいいと思えるかもしれませんし

スピーカーケーブルは、4400マイスターで今の所はいいのでは、ないでしょうかゾノトーンは高音が刺さらない
音作りしているように思いますので。
エージング完了後はもう少し情報量が多く流せるケーブル変更にしたほうがいいと思います。
10万などのケーブルは、意味がないと思います。
切り売り 1M 1万まで位のケーブルがいいじゃないかと思います。

今現在どうしても我慢できないようでしたら、ツイーター部分にハンカチ 薄いスポンジなどでマスキングすると
ましになります。

ルビコン2でしたら問題ないと思いますよ。
スピーカーも半年から1年様子みるほうがいいですよ。

自分好みのいい音を探してがんばってみてください

はじめまして、相談内容拝見させてもらいました。
私もアキュのアンプを、使用して何度か買い替えを行って来ました。
中高音がキーンとなるのは、まだエージング不足に思います。
22000μFのコンデンサーがまだこなれてないように思います。
最初数か月 半年~1年位は音が細く耳触りな音ドキツイ音が出ますが徐々に改善されてきます。

マランツのアンプでは綺麗に聞こえた、とありましたが、おそらく数十年使用されていると思います。
PM-80Aでしたら20年以上前の機種なので、コンデンサーなどの劣化なども考えら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報