忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

親からの借金返済をを経費として申告できるのでしょうか?

塾経営のために、親から借金(150万)したのですが、
いくら借金したという書面もない状態ですが、経費としての申告は、
可能でしょうか?

年30万ぐらい返していこうと思うのですが。
銀行からの借金だと問題ない感じがしますが、
親からの借金だと、なんだか複雑な気がしまして。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

借入金の返済額は、経費ではありません。



借入金の利息は親や親戚からのものであっても、書面がきっちりしており、利息と元金がはっきりとわかるようにしていれば、支払った利息分は経費にできるでしょう。

書面も何もないのであれば、1円として利息を経費にする事はできません。
あしからず。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お忙しい中、丁寧に教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2009/02/21 23:04

#8 です。



>借りたアトリエの初期費用とかは
>もう何年も前の話です。

他の回答文、貴コメントを読み直し、
「別ページの#6」を入力していて
腑と思い付いた。

開業費は5年?以内なら、経費処理が可能なのだから、
領収証があれば、今からでも出来るかも。

又々、「飛び技だ」と指摘されるかも知れませんが、
やって見る価値はありそうです。

一応、これにて「一件落着」ですね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとございました。
いろいろ調べて考えます。

お礼日時:2009/02/22 23:55

#6 です。



親から借りた150万円は、(借用書要)
借金は借金として返済をするんでしょうに。
(親の銀行口座に振り込んだ用紙要)

開塾までの初期投資費用(仮に100万円)は、
領収証があれば、立派な「開業費」やないの。

運転資金(仮に50万円)は、1月1日に借りて、
同年の12月31日に返済です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね、質問が悪いですね。
実際しりたかったことは、こういうことなんです。

実際は、親から借金してアトリエを借りて絵を描いて
生計を立てようと思っていましたが、なかなか難しく、
絵画教室にして生計を立てようと思い、開業しました。

だから、借金はまだあるももの、借りたアトリエの初期費用とかは
もう何年も前の話です。
経費として計上することは、もうできないし
借金は所得から払わなければならないのかな?という疑問が
本題というか、どうしたらいいのかわからなかったのです。

みなさんの親切な回答から、
結局は所得から、借金を払っていくしかないような気がしました。

お礼日時:2009/02/21 11:29

みなさん言っているように借金返済は経費にはできません。



#6さんが言っているのは、借りたお金で物を買ったりした場合に、その使った分だけ経費にできるというだけです。

借金返済を経費にできるんだったら、銀行から1億円借りて、何にも使わずに翌月1億円+利子を返したらそれだけで1億円超の経費を作り出すことができます。
そんなバカな話はないでしょ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、丁寧に教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2009/02/21 23:13

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4732673.html
    ↑
上記、貴質問の#2の回答者です。

昨年12月までに、100万円を親から借りて、
今年1月に50万円を親から借りていて、
借用書があれば、返済できなくても贈与税はかかってこない。

>親からの借金返済を経費として申告できるのでしょうか?

質問の仕方が悪いな。
質問文が回答者に誤解を与える。

要するに、100万円とか150万円が経費に出来ないか、と言う質問ですよね。
学校の試験問題のような質問ですね。

自己資金や銀行さんからの借金で開塾までの
初期投資費用である開業費が経費として認められて、
親から借金で開業をしたら、開業費が経費として認められない、そんなアホな。

尚、100万円と50万円の利子に対しては、
「利子割引料」と言う勘定科目で処理します。


借金に対しては「利子」、
預金に対しては「利息」と使い分けます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お忙しい中、丁寧に教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2009/02/21 23:11

借入金の返済は経費ではありません。



借りたお金というのはtanonmasseさんのお金ではありません。
貸主である親御さんが所有するお金であって、たまたまtanonmasseさんの財布に入っていただけです。その親御さんが所有権を持っているお金の入れる場所を、tanonmasseさんの財布から親御さんの財布に移しただけであって、tanonmasseさんや経営している塾が所有権を持っているのお金は減っていないので、経費にはならないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お忙しい中、丁寧に教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2009/02/21 23:08

借金は、貸借対照表の負債の項に借入金として記載すべきもので、損益計算書には表れるものではありません。

したがって、損益計算書上の仕入や製造原価、一般管理費といった項に経常して、利益を小さくみせることはできません。
しかし、金利分については、営業外損失として営業利益から控除されることが可能です。
個人事業であっても考え方は同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、丁寧に教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2009/02/21 23:06

どこから借りて返済しようと返済金は経費では有りません



「借入金・返済金」は損益に関係なく「負債額が増減する」だけです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、丁寧に教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2009/02/21 23:06

経費になるのは利息分だけです。


書面や返済実績などの事もありますが。
父親「おいおい、利息なんていらないよ」という感じでしょうから無理です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、丁寧に教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2009/02/21 23:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業 親からの借入金

ここで個人事業者として開業しお店を開きました。
商品を仕入れるに当たり親から借入金をしました。
青色申告をするにあたりその借入金をちゃんとしておかなくてはいけないと思うのです。今は単純に口座に入れてもらっただけですのですがどのように法的に問題なく借りたという証明をすればようのでしょうか?
書面で****円借りました年利**%で**年で何回で返済します、と書いて2名の連盟で記入して収入印紙?でもはればよいのでしょうか?それとも公証役場などで書いてもらうのが良いのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

親からの借金であっても、きちんとした契約書を作成して、毎月の返済額や返済期限、利息等について約束して、契約書には収入印紙も貼ります。
後は、契約通りに返済することが必要で、返済の事実を立証するために、返済は銀行振込で行ないます。
返済の事実が立証できないと、借入金として認定されず、贈与と見なされ、贈与税が課税される場合があります。

利息については、契約書に書かれていて、実際に支払わないと、これも贈与と見られます。
ただし、贈与税には1年間に110万円の基礎控除がありますから、支払わない利息の額が年間110万円以下であれば、贈与税の対象にはなりません。

親に、実際に利息を支払った場合は、事業の経費として処理できます。

なお、公正証書にまでする必要は有りません。

要点は、返済の事実を証明できるかどうかなのです。
返済の事実が確認できないと、借金ではなく、贈与と見なされるということです。

利息を支払うと、親が、雑所得として申告する必要があります。
ただし、親が、給与所得者であれば、年間20万円までの給与以外の所得は申告する必要がありません。
なお、医療費控除などの適用を受けるために確定申告をする場合は、20万円以下の所得も合わせて申告する必要があります。

親からの借金であっても、きちんとした契約書を作成して、毎月の返済額や返済期限、利息等について約束して、契約書には収入印紙も貼ります。
後は、契約通りに返済することが必要で、返済の事実を立証するために、返済は銀行振込で行ないます。
返済の事実が立証できないと、借入金として認定されず、贈与と見なされ、贈与税が課税される場合があります。

利息については、契約書に書かれていて、実際に支払わないと、これも贈与と見られます。
ただし、贈与税には1年間に110万円の基礎控除があります...続きを読む

Q確定申告 親からの借入金勘定

お世話になっております。

昨年度開業し、白色にて申告致します。

開業時、運転資金として親より150万円を借りました。
一応、金銭貸借証書を作成し、金利を付けて月々返済しています。(親の口座へ振り込み)
現在は事業主借勘定として150万円、月の返済分+金利分も事業主貸としています。

この勘定を、「借入金」として計上し、毎月の支払も「借入金」、利子分を「利子割引料」とすることは困難でしょうか?
親族、しかも同居の親ですと、実態不明となり事業主借としておくべきでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>親族、しかも同居の親ですと…

「生計を一」にする親族に金品を支払っても、経費にはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

>金利を付けて月々返済しています…

親が我が子から利息を取るのですか。

>現在は事業主借勘定として150万円、月の返済分+金利分も事業主貸そ…

それで正解。
というよりむしろ、白色申告なら事業主借も事業主借も関係ありませんけど。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q身内からお金を借りた分の返済の仕訳について

こんにちは。

私は個人事業主なのですが、以前、身内からお金を借りていた分の
返済の仕訳について、あっているかどうか不安だったので、質問させて下さい。

身内からお金を借りていた分を返済する場合、
現金出納帳(やよいの青色申告を使っています)にて、
相手勘定科目は【事業主借】で支出金額を入力すればよいのでしょうか?

また、逆に家族に貸していたお金が戻ってきた場合の仕訳も
相手勘定科目は【事業主借】で収入金額を入力すればよいのでしょうか?

確定申告前で焦っています!

経理に詳しい方、ご教授のほど、宜しくお願い致します<m(__)m>

Aベストアンサー

>身内からお金を借りていた分を返済する場合…

その借金は、きちんと借用証を取り交わし、市中並みの金利を付けていますか。
それともあるとき払いの催促なしですか。

・正式な借金の場合
(元本 100円、利息10円として)
【借入金 100円/現金 110円】
【利子割引料 10円/-------】

・ちょっと借りただけの場合
【事業主貸 110円/現金 110円】

>また、逆に家族に貸していたお金が戻ってきた場合…

・正式な借金の場合
【現金 110円/貸付金 100円】
【--------- /雑収入 10円】

・ちょっと貸しただけの場合
【現金 110円/事業主借 110円】

Q確定申告 家族からの借入金の返済の利息分の申告について

こんにちは。昨年、居を別にしている親から低金利で一部借入をしまして中古のワンルームマンションを収益物件として購入いたしまして今年初めて確定申告(白色)を行う者です。借用書もつくりまして毎月定額を返済をしております。私本人は、不動産収入の収支内訳書の借入金利子というところに年間の利子の分を経費として申告し、借入金利子の内訳というところに親の住所と名前を記入し、いくら借入金があるのか(利息分も含めた合計)を申告すればよいのですよね。

親のほうはその分を収入として毎年数千円を収入として申告する必要があるのでしょうか。ちなみに借入額の返済額は毎年50万円程度で、年間の利子の合計は数千円程度にすぎません。下記のリンクを参考にさせていただく限りでは、親の受け取る利子が年間20万円には満たないので、親は申告などしなくてもよいのでしょうか。それとも雑所得とかでどこの誰から受け取ったかも含めて申告するべきなのでしょうか。親にあまり余計な作業をさせたくないと思っておりますので、こういったケースをご存知の方、どうかご享受いただけますでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1457646329

こんにちは。昨年、居を別にしている親から低金利で一部借入をしまして中古のワンルームマンションを収益物件として購入いたしまして今年初めて確定申告(白色)を行う者です。借用書もつくりまして毎月定額を返済をしております。私本人は、不動産収入の収支内訳書の借入金利子というところに年間の利子の分を経費として申告し、借入金利子の内訳というところに親の住所と名前を記入し、いくら借入金があるのか(利息分も含めた合計)を申告すればよいのですよね。

親のほうはその分を収入として毎年数千円を...続きを読む

Aベストアンサー

あなたと親御さんとが別生計ならば、親御さんには、あなたから受け取る利子を雑所得として申告する義務が生じます。

申告する方法は簡単です。
親御さんは毎年、確定申告しているのですから、「確定申告書B」の
◆第二表の「所得の内訳」の欄に、
「所得の種類」⇒雑
「種目………名称」⇒あなたの氏名
「収入金額」⇒1年間に支払った利子の額
「源泉徴収税額」⇒ゼロ
◆第一表の「収入金額等」の「雑・その他」⇒1年間に支払った利子の額
◆第一表の「所得金額」の「雑」⇒1年間に支払った利子の額

と記入するだけでOKです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、あなたと親御さんとが別生計ならば、あなたが不動産所得を申告するときには、親御さんに支払う利子を必要経費に算入できます。

ご存じのように、不動産所得の収支内訳書の借入金利子のところに親御さんに支払った利子を記入し、借入金利子の内訳という欄には、
・親御さんの住所・氏名、
・年末現在、いくら借入金が残っていたのか(利息を含めない金額)
・本年中に親御さんに払った利子の総額
・そのうち、収支内訳書の借入金利子のところに記載した利子の金額
を記入して申告して下さい。

あなたと親御さんとが別生計ならば、親御さんには、あなたから受け取る利子を雑所得として申告する義務が生じます。

申告する方法は簡単です。
親御さんは毎年、確定申告しているのですから、「確定申告書B」の
◆第二表の「所得の内訳」の欄に、
「所得の種類」⇒雑
「種目………名称」⇒あなたの氏名
「収入金額」⇒1年間に支払った利子の額
「源泉徴収税額」⇒ゼロ
◆第一表の「収入金額等」の「雑・その他」⇒1年間に支払った利子の額
◆第一表の「所得金額」の「雑」⇒1年間に支払った利子の額

と記入...続きを読む

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q借金返済を経費として申告できるのか?

借金返済を経費として申告できるのか?

詳しく言いますと、親から借金をして塾経営をしました。
しかし、銀行から借りているわけでもなく、書面も何もありません。
ちなみに借金は、150万ぐらいです。

詳しい方、よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

おそらく そのような飛び技は無いと存じます。

経営される場合(簿記)の知識は必ず少なからず必要となりますので、まず簿記のお勉強されることをお勧めします。
会計的に説明させていただきますと、
借金は『負債』科目ですので、経費科目とはなりません。
負債科目・資産科目・資本科目は営業するための財産(借金)若しくは営業したことによる財産(借金)です。
税金を払う為の計算では
収入(売上)-費用(経費・仕入)で計算しますので、 借金を経費に変化させる 飛び技 もしくは超法規的必殺技を編み出さないと無理ですね。

例えば、あのトヨタ自動車でも、パナソニックであっても毎年の利益額よりも遥かに大きい借入金を抱えています、しかし、そのような必殺技が無い為にかなりの税金を納めています。
(もっとも今年は赤字のようですが・・・)

Q返済の勘定科目

銀行からの借り入れの月々の返済の勘定科目は何なのでしょうか。
会計ソフトにその科目を追加する際は、分類は「固定負債」「流動負債」などから、どれを選べばいいのでしょうか。。。

Aベストアンサー

銀行引き落としであれば

借入金○○/預金○○です。

1年以内に返済する借入金は短期借入金勘定で流動負債で処理し、固定負債で処理する長期借入金と区分します。

Q借入金の仕訳について

いつも大変助けていただいて感謝しております。
またまた新たな質問で、基本的なことなのですが、よろしくお願いします。

今まで白色申告をしていて今年度から青色申告になる個人事業主です。
またこの機会に新たに会計ソフトを導入することになりました。
昨年度までのB/SやP/Lがないので、会計ソフト内には前期繰越等まだ何も入っていない状態なのですが・・・。

(1)借入金の返済に関して 仕訳方法が分からなくて質問します。
 H15年度に銀行から借り入れた100万があり、前期末の残高が612000円あります。
 まず、この612000円はどのような計上をしたら良いのでしょうか?

 月々の返済に関しては 借入金17000/現金17805
                利息  805/
 と処理するように理解していますが、間違いないでしょうか?


(2)個人通帳の使用・・・
 上記(1)の物とは別件で、H17年3月に、個人用の通帳に100万を借入れ、月々の返済も個人用の通帳からなされているものがあります。
 これに関しての仕分け方法は・・・?
 
  借入     ・・・事業主貸100万 /借入金 100万
  個人通帳から返済・・借入金 28000 /事業主貸 28624
                利子   624 /
 
  いろいろ調べながらこのような仕分けを描いて見ましたが
  なんかおかしい気がする・・・。

どうか正しい回答と知識を与えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

いつも大変助けていただいて感謝しております。
またまた新たな質問で、基本的なことなのですが、よろしくお願いします。

今まで白色申告をしていて今年度から青色申告になる個人事業主です。
またこの機会に新たに会計ソフトを導入することになりました。
昨年度までのB/SやP/Lがないので、会計ソフト内には前期繰越等まだ何も入っていない状態なのですが・・・。

(1)借入金の返済に関して 仕訳方法が分からなくて質問します。
 H15年度に銀行から借り入れた100万があり、前期末の残高が612000円あり...続きを読む

Aベストアンサー

(2)の借入金について
事業用の借入金と言うことですからまず事業用の預金に振り替えて下さい。
普通預金100万/借入金100万
現金で受け入れても良いのですが、何時いくらを事業用にしたのか証明するためにも預金通帳に記録が残るようにして下さい。

借入金の返済時
(個人通帳から返済時)
借入金  28000 /事業主貸 28624
支払利息  624 /

(個人通帳に預け入れたとき)
事業主貸 ○○○ /現 金 ○○○

現金での取引は、立証するのが困難になりやすいので預金の入金・出金のかたちで記録に残すのが有利です。

Q会社が個人からお金を借りたときの仕訳

仕訳の科目について教えてください。
わたしは会社を経営しています。
起業後、いろいろと物いりで、わたしの家族の貯金から50万円ほど借りました。
この場合、仕訳はどの科目で行うのがいいでしょうか?
金融機関から借りたものではないので、借入金ではないですよね?

Aベストアンサー

1です。

いろいろ回答がでて混乱されているかもしれません。私としてはご質問に「会社を経営」とありましたので法人と解釈してお答えしましたが、

個人事業主の場合は、「事業主借」

法人の場合は、「(長期・短期)借入金」又は「仮受金」

です。(私は有限会社を経営していますが、私個人から自分の会社に貸す場合はすべて借入金にしています)

参考URL:http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-37841

Q個人事業主の、銀行口座。個人的な入出金の区別は?

お世話になります。

概要
個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における個人的な金の出し入れについて、事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。


詳細
個人事業主が事業用として使っている銀行口座で、個人事業主の個人的な金の出し入れがある場合があります。

たとえば、先日の株の急落の際、証券会社から追証(追加の代金)の入金を求められた。
現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
急なことだったので、まず自分のプライベートな口座から、事業用口座に100万円の入金をした。
次にその100万円を証券口座に振り替えた。

さて、普通なら、個人事業用の口座の入金は、事業としての入金とみなされます。
そして出金は経費か、事業主貸(個人事業主への報酬)とみなされます。
ということはこの100万円の入金と出金は、仕訳として書くならば

普通預金
現金100万円 売上100万円

普通預金
事業主貸100万円 現金100万円

となってしまいます。個人事業主は自分のお金を動かすのにたまたま個人事業主用の口座を経由しただけなのに、(それもやむを得ない理由で)個人所得100万円、とみなされてしまうわけです。

さあ、このような場合、入出金をどのように仕訳記帳したら、
「事業としてのカネの出入りではなく、あくまでも個人事業主のポケットマネーが口座を素通りしただけ。
事業とは全く関係がない」
ということを明白に出来るでしょうか?

詳しい方、お願いします。

お世話になります。

概要
個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における個人的な金の出し入れについて、事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。


詳細
個人事業主が事業用として使っている銀行口座で、個人事業主の個人的な金の出し入れがある場合があります。

たとえば、先日の株の急落の際、証券会社から追証(追加の代金)の入金を求められた。
現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
急なことだったので、まず自分のプライベートな口...続きを読む

Aベストアンサー

言葉の言い回しなのか、勘違いなのか、おかしい部分がいろいろありますね。

>個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における
事業用口座の届出義務はありませんし、届出を受理するような制度もないと思います。
あくまでもあなたが確定申告などのために作成する帳簿で事業用として管理しているだけではありませんか?

>事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。
個人用口座を会計処理する必要はありません。
事業用口座において、個人的支出をしたのであれば、
  借方)事業主借 貸方)普通預金など
逆に、個人的な入金や家事用口座から資金の入金をしたのであれば、
  借方)普通預金など 貸方)事業主借
で処理することになるでしょう。

>現在、個人事業主の事業用口座が証券会社に届け出ている入出金用の口座であり、
個人事業の口座もそうでない口座もあなた個人の口座であり、どのような使い方をされてもあなたの自由です。しかし、事業用の口座については、会計帳簿を管理しなくてはならず、事業と関係ないものは家事用口座を利用されるべきです。そうしなければ、そのような取引も税務調査で必要以上にチェックされ、質疑応答などを求められてしまいますからね。

>さて、普通なら、個人事業用の口座の入金は、事業としての入金とみなされます。
あなたにとっての普通が普通でない場合や勘違いもあると思います。
事業用の口座であっても、事業にかかる収入でない入金という場合もありますし、その逆もあり得ます。だって、事業用として開設した口座であっても、その利用方法に制限はなく、あなたの自由なのですからね。
したがって、事業用口座へ入金されても、売上などの収益勘定で処理する必要はありません。第三者からの融資であれば借入金という負債勘定で処理することでしょう。それと同様に会計処理上事業と家事を分けて処理するということで、事業主借や事業主貸の勘定科目を使うのが個人事業の会計処理です。これは法人の会計処理であれば、役員からの借入金として処理するものなのですからね。
事業主借や事業主貸などの勘定科目で処理すれば、損益計算書上の動きになりません。あくyまでも貸借対照表上の話となります。したがって、所得になるようなことはありません。

>事業とは全く関係がない」
>ということを明白に出来るでしょうか?
すでに説明した通り、そのような場合のための勘定科目も会計ルールもあります。また説明が必要であれば、証券会社の契約書類等で事業用口座が届け出ていること、家事用口座と事業用口座の通帳と証券会社の取引履歴をみれば、その動きは明白であり、損取引が金融機関や証券会社との取引であることで第三者が証明するのと変わらないことでしょう。
事業用口座でそのようなことをしなければ、説明責任はなかったかもしれません。しかし臨時でもそのような使い方をすれば、説明責任が出てくることでしょうね。コピーでも領収証や伝票などと一緒に保管すればよいでしょう。

質問を読む限り、複式簿記や個人事業の会計処理方法の基礎もままならない状態のようです。そのような会計処理の知識のままでは、不必要な税金を納めているようなこともあることでしょうね。
私が以前知人の相談を受けた際には、知人の友人に頼んで何年も会計処理と申告をしている。その知人の友人は知識が高いということでした。しかし、私がぱっと見ただけでも、年間数十万円余計に税金を払っている様にも思いましたね。会計処理も申告の考え方も、答えは一つではありません。そのために税理士という難しい国家試験などで認められた税理士が専門家として活動され、認知されているのです。簡単にそれに代わる処理が素人に出来るのであれば、税理士が先生などと呼ばれないのです。
頑張って勉強するか、税理士に依頼されたほうが良いと思いますね。

言葉の言い回しなのか、勘違いなのか、おかしい部分がいろいろありますね。

>個人事業主が、事業用として届け出ている銀行口座における
事業用口座の届出義務はありませんし、届出を受理するような制度もないと思います。
あくまでもあなたが確定申告などのために作成する帳簿で事業用として管理しているだけではありませんか?

>事業用と個人用とで区別する仕訳記帳の方法を教えて下さい。
個人用口座を会計処理する必要はありません。
事業用口座において、個人的支出をしたのであれば、
  借方)事業主借...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報