こんにちは。
時代小説をこよなく愛す33歳男です。

みなさんのお好きな時代小説を教えてください。
今回は江戸時代に限定させていただきます。
出来ればシリーズになっているもので・・・。短編などでも構いません。
ちなみに私が面白かったのは・・・、
池波正太郎先生の『剣客商売』と『鬼平犯科帳』、
佐伯泰英先生の各シリーズは読んでいます。いやーおもしろい。
最近読んでよかったのは荒崎一海先生の『闇を斬る』シリーズでした。

是非皆さんのオススメを教えてくださいませ。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私のおすすめは


岡本綺堂 「半七捕物帳」全6巻 光文社時代小説文庫 です。

捕物帳の元祖がこのシリーズです。
江戸の町がまだ色濃く残っていた明治5年徳川家御家人の長男として
生まれた作家で江戸のDNAが体内に満ち満ちており、推理小説の体を
なしているが、江戸風物詩というか江戸名所散歩と言っていいほど江戸
情緒が生き生きと描かれている時代小説です。特に各短編の枕(導入部)
が、江戸の町を歩いているような錯覚に陥るほど実に素晴らしい。
因みに岡本綺堂は和魂洋才で英語能力も高く、捕物帳の発想はシャーロック
ホームズを原書で読み、江戸時代に置き換えるとどうなるかと考えたら
岡っ引きに行きついたのこと。

私はかれこれ10回以上は繰り返し読み、これがもとで江戸散策を始め
江戸にはまり、江戸の文化や歴史ものも乱読し昨年は江戸文化歴史検定
2級の試験にもトライし無事合格を勝ち取ることが出来ました。

青空文庫にも全作掲載されていますので是非、一読をおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『半七捕物帳』は知っていたのですが、まだ読んだことがありません。
大正に書かれたそうですが、ああ、今から90年ぐらい前ですか。
まさに捕物話の元祖ですね。早速読んでみたいと思います。
私はよく、時代小説を読む際、江戸切絵図をみながら、想像しながら
読んでいます。江戸情緒たっぷりというのがそそられます。

江戸文化歴史検定2級合格おめでとうございます。
私ももっと江戸文化歴史の本で勉強して試験受けてみようかな~。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/03/05 13:32

私も池波正太郎先生の「剣客商売」で時代小説にはまりました。


時代小説では、これ以上の小説に出会えていません。
私も色々聞いたりして読んでみたのですが、その中で面白かったのは、
藤沢周平「蝉しぐれ」「隠し剣シリーズ」
です。
私の中での面白さの順位は、
剣客商売 > 鬼平犯科帳 = 蝉しぐれ > 隠し剣シリーズ > 藤枝梅安
といった感じです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり時代小説を語る上で、池波正太郎先生は外せませんね。
剣客商売で言うと第6巻の『新妻』が好きです。
小説内に出てくる食については、先生のグルメ通が伺えますね。
藤沢周平先生も味わい深い作品が多いです。蝉しぐれ、隠し剣シリーズも良いです。個人的には用心棒日月抄シリーズがお気に入りです。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/03/04 20:38

チャンバラがお好きなら峰隆一郎先生をお勧めします。



「人斬り弥介」シリーズ
「柳生十兵衛」シリーズ
「斬る」シリーズ

このあたりは江戸時代が舞台になってますよ。
短編や幕末物もあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B0%E9%9A%86% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

チャンバラはかなり好きです。
よく小説内に書かれている~流の経緯などを読むと心高鳴ります。
柳生一族の話は好きなので読んでみようかと思います。

お礼日時:2009/03/04 13:55

池波さんは大好きです。

佐伯さんも磐音シリーズを読んでます。

さて、最近のお気に入りは風野真知雄さんです。
耳袋を書いた奉行根岸肥前を主人公にしたシリーズなど、面白いです。
『赤鬼奉行根岸肥前』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4479300821.h …

あとは、中里融司さんの「同行屋」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4334738044.h …

稲葉稔さんの「研ぎ師」シリーズと「武者とゆく」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/433473930X.h …
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062753642.h …

それから、今年出た田牧大和さんの『三悪人』が面白かったです。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062152002.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

風野真知雄先生の同心亀無剣之介を読んだことがあります。
結構面白かったです。
ご紹介していただいたものはどれも興味があります。
とりあえず『武者とゆく』を読んでみようかと思います。

お礼日時:2009/03/04 13:48

 短編集ですが、星新一さんで「殿様の日」を。

時代小説にこういう方法があったのか、と唸らされる。正統派時代小説とはいえないですが。

http://www.amazon.co.jp/dp/4101098298
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

星新一先生の本は読んだことが無いので、これをきっかけに読んでみようかな、と思います。
正統派も非正統派もどちらも結構好きです。

お礼日時:2009/03/04 13:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめのエンターテイメント時代小説

和田竜さんのようなエンターテイメント性の高いおすすめの時代小説を教えていただきいたいと思っています。

読書は好きだったのですが、抵抗感があり、これまで時代小説は手をつけてきませんでした。
どうもかたいイメージで・・・
しかし、少し前に話題だった和田竜さんの作品を読み、学生時代に勉強した歴史の裏側を知ることができる時代小説のおもしろさを知りました。

初心者でもとっつきやすく、エンターテイメント性の高い時代小説をご存知でしたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

やはり時代物といえば 池波正太郎氏と司馬遼太郎氏の作品がお勧めです。

池波氏は代表作「鬼平犯科帳」をお勧めします。江戸の町を騒がす盗賊を追う火付盗賊改方の活躍を描いた作品です。短編が主体になっており一作一作がドラマのように楽しめます。池波氏独特の江戸の市井の描写も優れており、何度読んでも飽きない作品です。

司馬氏は「竜馬がゆく」、「項羽と劉那」、「国取り物語」、「坂の上の雲」などの優れた長編がありますが、短編にも優れた作品を多く残しています。なかでも 「故郷忘じがたく候」は心に残る優れた小品です。

<他にも多くの時代小説を書く作家がいますが、まずこの二人の大家の作品から始められてはいかがでしょう?

Q女性作家のオススメ時代小説を教えて下さい

女性作家が書いた時代小説を探しています。
面白そうなものがあっても絶版だったりして手に入らず、普通に購入できるものでお願いします。

以下の作家さんの小説は読んだことがあるのですが、他にもオススメの作家さんはいますでしょうか?

■木内昇
■大内美予子
■秋山香乃
■宮部みゆき

マンガやラノベではなく、小説でお願いします。

Aベストアンサー

北原亞以子さんの
人情味溢れるな江戸ものはいかがでしょうか?

慶次郎シリーズはNHKでドラマ化もされました。

どの作品も余韻が清冽で、新刊を楽しみにしていましたが、
最近鬼籍に入られてしまい残念です…

Qおすすめの時代小説の女流作家を教えて下さい。

ここ数年、時代小説にはまっています。宇江佐真理さん、宮部みゆきさん、藤原 緋沙子さん、北原 亞以子さん、今井絵美子さんの作品は、殆ど読んだ感じなので、それ以外で、おすすめの時代小説の女流作家さんを、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Fewhelltonさんが挙げてらっしゃる作家のほかでしたら、
畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズ、「まんまこと」シリーズおすすめです。

女流に限らないということでしたら、
都筑道夫(つづきみちお)さんの「なめくじ長屋」シリーズ。捕物帳ですが、短編で読みやすく、しかも江戸風俗が生き生きと描かれています。
亡くなった江戸風俗研究家・杉浦日向子さん、作家の宮部みゆきさんなども、このシリーズのファンです。


お役にたてばw

Q時代物で恋愛小説。オススメありませんか?

いつもいつも大変お世話になっています。

時代…というか歴史というか…。
そういう昔を舞台とした恋愛小説を読みたいんです。
舞台となっている時代は何時代でもかまいません。
けど日本人が主役の本がいいです。

今まで読んだ時代物の恋愛小説は、
・京極夏彦さん『嗤う伊右衛門』
・玉岡かおるさん『天涯の船』
・三浦綾子さん『氷点』
・北村薫さん『リセット』
      『スキップ』←けれどちょっと時代が新しすぎるかなぁ~と言う気も…
・恩田陸さん『ライオンハート』
あとはコバルト文庫が少々です。

こんな私に何か良い小説はないでしょうか?
あなたのオススメを是非教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして。

私がオススメする本は、船山馨(かおる)の『お登勢』です。
時代は幕末~明治初期。舞台は徳島と淡路島から北海道へ。
主人公のお登勢は奉公人で、その奉公先は佐幕派。
お登勢が密かに心慕う男性は、討幕派の家。
さらに奉公先の娘とお登勢の好きな相手が恋仲になってしまう・・・
というお話です。
3人の人物を中心として、激動の幕末の時代の波に飲まれていきます。
また、史実にも忠実なので、幕末の徳島藩・稲田家及び、北海道開拓史の様子も、物語とともに楽しめますよ。
ちなみに数年前に、NHKの金曜時代劇で映像化され、人気となったドラマの原作です。
お登勢役は、沢口靖子さんでした~。
少し長いですが、物語に引き込まれていくので、どんどん読めると思います。
よろしかったら、お読みになってくださいね☆

Qおすすめの時代小説は?

24歳、女です。資生堂から出ている「花椿」という雑誌に連載されている、海野弘さんの「にっぽん草子」を読んで、時代小説に興味がわきました。しかし、今まで時代小説を読んだことがないので、何から手を付けて良いかわかりません。(ためしに山本周五郎の「さぶ」を読みました。とても良かった!)そこでみなさんのおすすめの時代小説を教えてください!
読みたいキーワードは
義理人情、粋、「ええ話やなあ~」、できれば短編ではなく長編、文体が難しくない、です。
※ちなみに、時代小説と書いていますが江戸時代を舞台にした、という意味です。この解釈はまちがっていますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応、時代小説というのは、歴史上のいつかを舞台にした小説。歴史小説は、歴史上の事件や登場人物などを素材にした小説ではないかと思います。ですから、時代小説は江戸時代とは限りません。

ともかく、江戸時代を舞台にして、義理人情、粋をキーワードにした「ええ話」の小説ですね。

平岩弓枝『御宿かわせみ』
連作短編集です。短編集だけど、話は続いているので、一大長編ともいえます。最初はかなわぬ恋愛小説風だけど、だんだんホームドラマ風に変わってきます。でも、粋と人情は豊富ですね。泣けてくるほど切ない話もあります。

藤沢周平『消えた女』
彫師伊之助捕物覚えシリーズの第1作。
長編で3作あります。
暗い過去を持つサラリーマンが義理にひかれて、仕事をごまかしながら人助けをするせつない世界ってところかな。

Q「夫婦愛」「家族愛」がある小説を教えてください。

30代女 既婚 会社員です。

6月に結婚する後輩がヨーロッパにハネムーンにいくのに、
14~16時間の往復の飛行機の中で読むいい本がないか相談されました。
彼女は読書家でどんな本でも読む人です。時代小説から、哲学書まで。

何か、「夫婦愛」「家族愛」がある小説がありましたら、
教えてください。連載でもOKです。
いつもはミステリーやビジネス書なども読んでいる彼女ですが、
ハネムーンは幸せな気分に浸れる本をプレゼントできたらと思っています。
ハッピーエンドが理想ですが、そうでなくても大丈夫ですし、
持ち歩きに便利な文庫本がいいです。

Web上の本屋さん、実際の本屋さんで色々みていますが、
ピンっとくるものがありません。アドバイスいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
後輩さんのご結婚、おめでとうございます(^^)

最近読んだばかりの小路幸也『東京バンドワゴン』が面白かったのでお薦めしちゃいます。

東京の下町で三代続く古書店を営む四世代8人家族の話。
家族とそのご近所さんで起こるちょっとした謎や騒動をみんなで解決していくという、
昭和40~50年代くらいのホームドラマを彷彿とさせる心温まる物語(連作短篇)です。
(でも古臭くはないです)

シリーズで4冊発行されていますが、文庫になっているのは
『東京バンドワゴン』『シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン』(いずれも集英社文庫)
の2冊です。

ご参考になれば幸いです。

Q女性におすすめの時代小説を教えてください

宮部みゆきさんや畠山恵さんの時代小説、憑神を読み、とても面白かったので、もっと時代小説を読んでみたいと思っています。
女性におすすめの読みやすい時代小説を教えてください。

<好きな傾向>
○江戸時代(江戸時代以外でもOKです)
○町人のお話(町人以外でもOKです)
○ほのぼのするお話が好き
○妖怪や神さまの話も好き
○美男・美女・かわいい子が出てくる小説大歓迎
○妖しいお話も好き

<嫌いな傾向>
×戦闘ものには燃えません
×TVの大河ドラマや水戸黄門にはあまり興味がありません

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も暗いものや武将ものは好みませんので、多分趣味は同じですね。

宇江佐真理の「髪結い伊三次シリーズ」とか

北原亞以子の「慶二郎縁側日記」「深川澪通り木戸番小屋」とか

定番ですが藤沢周平の後期の作品
(前期のものは暗いものが多いです)
用心棒日月抄 花のあと etc 

白石一郎 十時半睡事件禄

澤田ふじ子 閻魔寺シリーズ? 借りたので手元にありません

諸田玲子 お鳥見女房シリーズ

佐藤雅美(この人は男性) 居眠り紋蔵シリーズ

もちろん皆さんお勧めの御宿かわせみは、背景が明治時代になっても雑誌で続いてますから、当分楽しめますよ。
概して女性作家の方が切った張ったが少なくて、安心して読めるようです。

Q時代背景が明治時代の小説

明治が舞台になっているものならなんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

#5です。

randybassさん
書き損じると鬼の首を取ったかの如く突っ込みを入れてくる事の多い掲示板という世界において、
やんわりと、こちらの面目を保ちつつフォローして頂き有難う御座います。


明治が舞台という事で最初に『翔ぶが如く』を思いついたのですが、『坂の上の雲』の方が読むには面白いかと思って変えようとしたら、ごっちゃになってました。



司馬遼太郎
『翔ぶが如く』西郷隆盛が西南戦争で散るまでを書いた作品です。

『坂の上の雲』日清、日露の戦争で活躍した軍人の兄弟が主人公です。

改めて両方おすすめします。

Q時代小説のおすすめ

敬称略でいかせていただいますが、隆慶一郎、藤沢周平、山田風太郎が大好きです。話といい語り口といい立ち回りの美しさといい、何回読み直してもあきません。三者三様、なんて滋味のある美しい日本語なんだ!と、くりかえし溺れてしまいます。
ほかにもいくつか時代小説に手をのばしてみたりはしたのですが、どうもぴんとくるものがなく、最近買うのすら面倒になってご無沙汰です。最近は若手の時代小説家も増えたようですが、かつて雑魚を大量に引いたことのある苦い記憶から、手を出しかねてしまっています。
淋しいので、「これはどうだ!」というおすすめを是非とも御待ちしております。

補足しますと、司馬遼太郎や池波正太郎も読んでみましたが、おもしろいとは思うものの自分の心にぴたりとはまるものではなく、くりかえし読むには至らず。宮部みゆきの時代物も左に同じく、でした。

時代小説のほかには、ロマンスやガチガチの純文学や推理小説以外はほとんどなんでも読みます(本格推理は読みます)。ので、多少「時代小説」のわくからはずれていても「これはどうだ」というものがありましたら、ご紹介ください。よろしくおねがいします。

敬称略でいかせていただいますが、隆慶一郎、藤沢周平、山田風太郎が大好きです。話といい語り口といい立ち回りの美しさといい、何回読み直してもあきません。三者三様、なんて滋味のある美しい日本語なんだ!と、くりかえし溺れてしまいます。
ほかにもいくつか時代小説に手をのばしてみたりはしたのですが、どうもぴんとくるものがなく、最近買うのすら面倒になってご無沙汰です。最近は若手の時代小説家も増えたようですが、かつて雑魚を大量に引いたことのある苦い記憶から、手を出しかねてしまっています。
...続きを読む

Aベストアンサー

お目当ての作家は見つかりましたか?
先日図書館で「時代小説ベストセレクション」というのを借りました。
都筑センセーの「チャンバラもどき」を読む為の予習のつもりでしたが
「鞍馬天狗」「眠狂四郎」「座頭市」等々、タネ本としてはドンピシャで、
思わずニンマリでした。

新刊ではもう手に入らないようですが、剣豪物・戦国物等、ジャンルごとに12巻出ているようです。
手頃な大きさで、ちょっと読んでみたい時に重宝しそうでした。

参考URLにて【簡易検索窓】のタイトルに”時代小説ベストセレクション”と入れると収録作品が分かります。

同じく”時代小説ベスト” で検索したら、他社のアンソロジーも出て来ましたよ。

参考URL:http://webopac2.ndl.go.jp/

Q江戸時代を舞台にした小説でオススメの本や作者(下記の作者以外で)を教え

江戸時代を舞台にした小説でオススメの本や作者(下記の作者以外で)を教えてください。
フィクションからノンフィクションまでよろしくお願いします。


(宮部みゆき・畠中恵・藤沢周平・池波正太郎・山本周五郎・門田泰明・宮尾登美子)

Aベストアンサー

久生十蘭  「顎十郎捕物帳」

都筑道夫  「新顎十郎捕物帳」
        「なめくじ長屋捕物さわぎ」シリーズ
        「女泣川ものがたり」
        「風流べらぼう剣」

柴田錬三郎  「御家人斬九郎」


人気Q&Aランキング