『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ギター歴約20年の男性です。
現在はギブソンレスポールをメインで使用し
他に友人からもらった謎のストラトとヤマハSGを使用しています。
アコギはテイラーとチャキ、オベーションです。

先日ヤフーでヤマハAPXのミニギターについての質問を拝見しました。
購入の是非ついての質問だっだようなのですが
APX自体ではなく「ヤマハのギターに対する」否定的な意見が多く
中でも「見当違いも良い所」、「特にギターに関しては全然ダメ」
「楽器の経験がある人ならまず手を出さない」などと
ボロクソだったのでちょっとみなさんのご意見をお伺いしてみたくなりました。

ヤマハのギターについてみなさんの印象はいかがですか?

私はSGとパシフィカしか弾いた事が無いのですが
SGはちょっと重い・・・けどサスティンは良く伸び高音域も良く出て
万能というか使いやすいと思ってます。
高中氏やB'zの松本氏、ベースも海外アーティストのシグネチャーモデルがありました。
決してそこまで言うほど激悪ではないと思うのですが・・・。

私のイメージとしては「万能」・「中の下」・「お手頃」・「癖が無い」
悪く言えば特徴が薄いという感じでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> 私のイメージとしては「万能」・「中の下」・「お手頃」・「癖が無い」


確かに私もそんな感じ。(中の下ではないとは思いますが)
で、そういう比較的おとなしめなイメージと、
エレクトーン教室のような「習い事」イメージ。
「YAMAHAのお店」の存在などで、
必要以上に「YAMAHAかっこ悪い」というイメージが特にエレキギター弾きに根強く染み付いているんじゃないかと思います。とんがってなんぼという部分はあるし。

でも、エレキギター以外では、そこまでひどいこと言われてないはします。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
中の下という表現もちょっと語弊がありましたね・・・。
なんというか、やはりある程度のキャリアがあったり
こだわりが出てきた人にとっては面白みがないのでしょうか。

「とんがってなんぼ」はとてもよく分かります。
ヤマハはフライパンで言うならフッ素コートの家庭用というか。
拘りが出てくると中華鍋のように「気を付けて使わないと大惨事」
みたいに難しいものを扱いたくなる感じで
ヤマハの万能さが低い評価になっているような気がします。

お礼日時:2009/03/16 13:13

ギターではありませんが、ヤマハのベースを使っています。


BBリミテッドを10年近く使ってて、以前は5弦のBB5000も使ってました。

ヤマハのベースは機種が違っても共通する音があります。
明るくてガッツがある感じですがアンプからの音は実にオーソドックス。
このオーソドックスな音がフェンダーでも他のメーカーでもないヤマハベースの特徴だと思います。
(逆に、このオーソドックスな音が「個性がない」や「癖がない」と思われる部分かもしれませんが・・・)

ベースで言えば、国産のほとんどのメーカーがフェンダーの音を再現しようと努力している中で、
早くからオリジナリティある音を目指して、それを確立してきたヤマハの姿勢は評価出来ると思います。
BBリミテッドもオールドジャズベースの音を参考に企画された機種ですが、
出てくる音は、ビンテージテイストを持ったヤマハベースの音です。

オーソドックスな音でバランスもいいので、どんなジャンルにも使えて、
楽器自体の作りもしっかりしているので、私にとってはどこにも持っていける重宝なベースです。

ギターではありませんが参考になれば。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「出音がオーソドックス」というのが
ヤマハの個性といってもいいのかも知れませんね。
私もライブで弾く場合サポートで色んな曲を弾く機会がある時は
ヤマハを多く使用しているような・・・。
合わせやすいというか邪魔しないというか。
ベースのお話、参考になります。

お礼日時:2009/03/16 13:04

>私のイメージとしては「万能」・「中の下」・「お手頃」・「癖が無い」



自分も同じイメージですね。
レンタルだったら借りるかもしれません。
ただ、買うかどうかと言われると・・・。
ギターは見た目も大事だと思いますが、
SGVは女の子が持ってたらかわいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ある程度色んなギターを弾いて色々な音を聞いた段階で
敢えて次にヤマハという選択は「ヤマハが好き」という以外では
あまり無いのかもしれませんね。

お礼日時:2009/03/16 13:00

音楽全体の中で、ヤマハが最も貢献したのは、コストパフォーマンスにより、音楽をみんなの身近なものにしたということでしょう。

音質をできるだけ落とさない代用素材の研究では、世界1~2のメーカーです。ピアノの世界でもスタンウェイなどは、どの機種をとっても素晴らしいものばかりですが、まだ、世界に通用するヤマハのピアノは一握りの機種といった印象です。
 後はデジタル技術も楽器メーカーの中ではなかなかのものです。高度な部分でのアコースティックの技術が、メーカーのイメージが先行していると思います。CMは上手なメーカーですから・・・。
銀行出身者による経営再建の影響と体質を今でも引き継いでいる感じがします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに最新デジタル技術満載のものも多いですね。
そういった技術・分野で推しているのでしょうか。
ご意見参考になります。

お礼日時:2009/03/15 21:51

楽器のレビューは、ここが参考になります。


YAMAHAは一つに収容しきれず、もう一つあります。
Guitar Reviewsに戻って、それも見て下さい。
http://reviews.harmony-central.com/reviews/Guita …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こんなサイトがあったんですね。
参考になります。ありがとうございます^^

お礼日時:2009/03/15 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QYAMAHAのギターって特徴がない?

アコースティックギターをやりたいなと思いギターショックに行ったとき、店員の人にいろいろ聞いたのですが、ヤマハのアコギは音に特徴がないからやめた方が良いと言われました。10万円くらいするギターだったと思います。国産のギターを買うなら、Yairi,Takamine,Ariaあたりを買えば間違いないと言われました。天下のヤマハなのに、特徴ないの?と思ったのですが、本当にそうなんでしょうか?私には音を聞き分ける力も演奏する力もないので、そういうものなんだと思ってしまいました。ちなみにその人は若そうでバイト君な感じがしました。

Aベストアンサー

私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが…

YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。
恐ろしい(^^ゞのは、(ごく希に異端モデルもあったりしますが)高いモデルでも安いモデルでも、高級ラインナップでも普及ラインナップでも、総じてその『音の無難さ加減』に確実に共通点があります。
もちろん、高級ラインナップでも普及品の安物でも同じ音がするという意味ではありませんよ。やっぱり価格帯なりラインナップなりの音の良し悪しはあります。でも、どのモデルでも何かしら「YAMAHAで~す」というエッセンスがある音がするというのは、私と同業の大抵の人間が、ほぼ同意見ですね。

また、これは一つの極論としてですが、「上手い人は当然良い音がするが、下手な人でもそれなりの音がする」という面もありますね。
これは、ギターテクニックとしての側面ではなく、マイクを通せばそういう音になる…という、私らエンジニア側の感覚論なんですが、マーチンやギブソンなどは、いくら高級モデルでも下手な演奏だと「これがマーチンやギブソンとは思えない」くらいひどい音になる事もザラですが、YAMAHAは下手な人でも『何とか崩れきらずに踏みとどまった音』に収まってくれますね。
ただ、そういう特性が、初心者ギタリストの成長を阻害するモノかどうかは、私にはわかりませんけど。

また、これはいつも私が「YAMAHAというメーカーは恐ろしいなぁ…」と感心している事なんですが、同系列の全く同じモデルのギターが何台か有ったら、どのギターもほとんど同じ音がします。少なくともマイク通すと、一台一台の音の差が非常に小さい。こういうことは、他のメーカーではまずお目にかかった事がありません。

それと、録音の時などは、「一番良い音がするポイント」を探して選んでマイクを据えるのが常なんですが、ギブソンなどはポイントが凄いシビアで、マイクの位置が変わると音ががらりと変わるので、ギタリストの納得いく音にするのにめちゃくちや手間がかかるのですが(だいたいギブソン弾きは自分の音にメチャクチャうるさい傾向もあったりしますが(^^ゞ)、YAMAHAは良い音がするポイントが非常にワイドで、まぁハッキリ言ってセッティングはメチャクチャ楽です(爆)

そして、他の方も言われていましたが、ギターと他の楽器のアンサンブルでは、ある程度の腕前の人が弾く限りは、「他の楽器の音を殺すことなく、自分の音が埋もれる事もなく、さりとて極端に主張の強い音を出すでもなく」…という、有る意味『非常に優等生的な音』で鳴りますね。
これも、PA屋にとっては非常にありがたい音です(^^ゞ

なので、大抵のPA屋は、プレイヤーのギターがYAMAHAだったらホッとします(^^ゞ

今まで述べてきた意味で、『アクの無い音』というのが特徴…ということは言えるかもしれません。

あと、これは知り合いのギタリストの受け売りですが、彼曰く
「YAMAHAのギターは、当たり外れがまず無いし、だいたいは良い音するんだけど、何か『音でこういう主張をしたいっ』と思って弾いた時に、楽器に後ろ髪引かれるような感じがして、今ひとつハジケられない」
なんてことを言っていました。
なので、ギタリストの立場では、そういう「優等生的で音の主張が少ない」なんていう意味で『YAMAHAは個性が無い』という意味での『特徴がない』という評価は有り得るかなぁと、私の立場でも思えない事はないですね。

YAIRIを持ってるギタリストは、知り合いにあまり居ないので詳しくないですが、Takamineなんかは、当たり外れという意味ではないですけど、私にとっては結構1台1台の音の個体差は大きい感じがしますね。まぁ、Takamineはエレアコを扱う場合の方が多いので、余計そう感じるだけかもしれませんが…

ただ、こと他の楽器とのアンサンブルに限っては、下手なマーチンやギブソン弾きだと、PA屋がいくらがんばっても音がメチャクチャになる事が(アマチュアだと)非常に多いので、アンサンブル用ギターとしては、私の中ではYAMAHAが世界のナンバー1です。

私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが…

YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。
恐ろしい(^^ゞのは、(ごく希に異端モデルもあったりしますが)高いモデルでも安いモデルでも、高級ラインナップでも普及ラインナップでも、総じてその『音の無難さ加減』に確実に共通点があります。
もちろん、高級ラインナップでも普...続きを読む

QYAMAHAのギター、レブスターは弾きやすいですか?

YAMAHAのギター、レブスターは弾きやすいですか?

Aベストアンサー

youtubeで色々レポートが出ていますね 色々検索してみて下さい
https://www.youtube.com/watch?v=WYOI5XbILj4
https://www.youtube.com/watch?v=FocSjsjpKeE
ネックの形状 バランス等は実際触らないと分からないと思います

メーカーのホームページには
自然で快適な演奏性と高い耐久性を両立しています。『RS320』『RS420』ではミディアムフレットのスリムネックを採用し、快適な演奏性を実現。『RS502』から最上位モデル『RSP20CR』には、やや太めのネックにジャンボフレットを採用し、弾き応えのあるパワフルなサウンドを奏でることができます。

多少ネックも違いが有りますね

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Qエレキギター、USA製にこだわる理由

毎日楽器屋に行って店員さんと色々話していると、エレキギターはアメリカ製でなきゃだめとか言う話をよく聞かされるんですが、本当にそうなんでしょうか?
彼らは日本とか韓国とかで生産されたギターは音の奥行みたいなものがないと言います。
音にこだわるプロミュージシャンはレコーディングの際にみんなアメリカのギターを使っていると言っていました。
僕はespを使っているメタリカやL'Arc~en~Cielは何なのかって聞いたら
実際にはL'Arc~en~CielのKenはfender stratocasterを使っていて、メタリカも実はレコーディングの時にESPを使ってないと言ってました。
早速メタリカのドキュメンタリーDVDを見たんですが、
彼らはESPギターをメインに音を録っていました。

皆さんは、レコーディングに使うものなら、絶対にアメリカ製だった方がいいと思いますか?
それと、理由も教えてください。

今見てるやつが日本製とアメリカ製あるんですが、値段的に、アメリカ製のやつが2倍くらい高くてどうするか悩んでいます。

お前の好きなようにしろみたいなことは言わないで下さい。
よろしくお願いします。

毎日楽器屋に行って店員さんと色々話していると、エレキギターはアメリカ製でなきゃだめとか言う話をよく聞かされるんですが、本当にそうなんでしょうか?
彼らは日本とか韓国とかで生産されたギターは音の奥行みたいなものがないと言います。
音にこだわるプロミュージシャンはレコーディングの際にみんなアメリカのギターを使っていると言っていました。
僕はespを使っているメタリカやL'Arc~en~Cielは何なのかって聞いたら
実際にはL'Arc~en~CielのKenはfender stratocasterを使っていて、メタリカも実...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん、その楽器屋の店員は真実がわかってないなぁ。
言ってる事は何となくわかるんだが・・・

まず、現在のソリッド・エレクトリック・ギターを造り、そして広めたのは言うまでもなくアメリカだ。
アメリカには圧倒的に世界的なギターブランドが多い。
多くのプロミュージシャンもアメリカンブランドの使用率は圧倒的に高い。
それ故にアメリカ神話が定着しているのだけどね。

音の奥行きを語るなら、その店員はそれを具体的に説明出来るのかな?
良いサウンドのギターに必要な条件は、良い音がするかしないかそれだけだよ。
良い木材、鳴るための造り、良いハードウェア、正しいセッティングは最低条件だけどね。

サウンドなんてものはね、プレイヤーのタッチ(ピッキング&押弦)で全く変わってくるし、ネックの反り具合、弦高、ハードウェアの質量でも大幅に変わるんだ。
別の見方をするとオールドのストラトやレスポールでも鳴らないものは鳴らないし、日本のルシアーが作ったギターでも鳴るものは鳴る。
ヴィンテージが良いサウンドとは限らないし、新品でも素晴らしいサウンドのものも当然ある。
ましてや生産国で良いサウンドなんて決まる筈も無い。

>音にこだわるプロミュージシャンはレコーディングの際にみんなアメリカのギターを
>使っていると言っていました。
みんなというのは大嘘だなぁ。
"多くの"なら正しいけど。
因にかなりのスーパーギタリストが日本製のギターをレコーディングでも使っているし、日本人で世界的なルシアー(楽器製造職人の事)さんもいるよ。

laptise 君にはお前が好きなようにしろとは言わないけど、君自身の感性を信じる事を奨めるね。
良いプレイヤーの良いサウンドを良く聴いて良い耳を養えば、何が自分に必要なのかはきっと判るようになるよ。
それがアメリカ製か日本製かは結果論でしかない(笑)

う~ん、その楽器屋の店員は真実がわかってないなぁ。
言ってる事は何となくわかるんだが・・・

まず、現在のソリッド・エレクトリック・ギターを造り、そして広めたのは言うまでもなくアメリカだ。
アメリカには圧倒的に世界的なギターブランドが多い。
多くのプロミュージシャンもアメリカンブランドの使用率は圧倒的に高い。
それ故にアメリカ神話が定着しているのだけどね。

音の奥行きを語るなら、その店員はそれを具体的に説明出来るのかな?
良いサウンドのギターに必要な条件は、良い音がするかしないか...続きを読む

Qセミアコでおすすめは? 一応良さそうなのを選んでみましたが。

初心者ですが手頃な価格のセミアコを購入したいと考えています。
IBANEZ, EDWARDS,TOKAIと自分なりに選んでみたのですが

1,TOKAI製 es150
http://www1.odn.ne.jp/tokaigakki/products/vintage/es150.html
2,Edwards製 e-sa-125LTS
http://www.espguitars.co.jp/edwards/sa/E-SA-125LTS.html
3,TOKAI es125
http://www1.odn.ne.jp/tokaigakki/products/vintage/es125.html
4,IBANEZ製 AS103
http://www.ibanez.co.jp/products/page_jp.php?&data_id=269&color=CL02&year=2008&cat_id=1&series_id=11

知り合いに聞いたら
1のTOKAIが木材も良いじゃないかと
2のEDwardsはピックアップが良いかも
あと二つともラッカーで良いねとか言われました。

値段の問題とネックが細いとも聞いていたので
まだそれほど弾けない自分にはIbanezでも良いとも考えましたが、
1、2の機種辺りが音も良さそうで、、
値段もそれほど変わりませんので変に安いのに手を出すより
1,2の製品にしようかと思ったりしています。
あとは自分で弾いて気に入ったのをすればと結論はそう言われるのは
わかるのですが、
もしこの中で買うとしたらどれが良いと思いますか?
またその理由もありましたら教えてください
参考意見にしたいので、よろしくお願いします。

初心者ですが手頃な価格のセミアコを購入したいと考えています。
IBANEZ, EDWARDS,TOKAIと自分なりに選んでみたのですが

1,TOKAI製 es150
http://www1.odn.ne.jp/tokaigakki/products/vintage/es150.html
2,Edwards製 e-sa-125LTS
http://www.espguitars.co.jp/edwards/sa/E-SA-125LTS.html
3,TOKAI es125
http://www1.odn.ne.jp/tokaigakki/products/vintage/es125.html
4,IBANEZ製 AS103
http://www.ibanez.co.jp/products/page_jp.php?&data_id=269&color=CL02&year=2008&cat_id=1&series_id=11

...続きを読む

Aベストアンサー

購入予定価格から考えると良い選択肢だと思います。

あとは質問者さんがどんな音を目指しているかで決まると思います。
私なら迷わず東海を選びますが、東海の音が質問者さんの欲しい音かどうかはわからないわけですし、東海のネックはアイバより太めなのでプレイアビリティ優先ならばアイバの選択もありといえます。
ただ、ギターの音色は材質やPU単体で決まるものではなく、それらが複雑に関係しあって出てくるものなので、あまりスペックばかり比較しても仕方ないところはあります。

ラリー・カールトンのようにオールマイティに使いたいのならば、私もお示しどおり1~4の順序で検討すると思いますよ。
でもクラプトンはじめブルーズ中心に使うのならエドワーズの方が向いているかも。

Qエレキギター 良メーカー 悪メーカー

エレキギターを買おうと思っているのですが、初心者のため、どのメーカー(ブランド)がいいのかわかりません。
歪みとか音のクセよりも、音質を重視して買おうと思ってるのですが、どのメーカーがいいか、教えてください。
一応、候補のギターのメーカーを挙げます。よければ、他のメーカーについても教えてください。(レスポール型を予定してます)

・Epiphone
・Photogenic
・Ibanez
・Anboy
・K-GARAGE
・Maison
・Aria
・Burny

(Gibsonは高すぎるので除外)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再び失礼します。返信読みました。

YAMAHAについては、定評のあるメーカーだと思います。レスポール系のモデルはラインアップになかったかと思いますが、レスポール系にこだわらないのであれば候補に入る良いメーカーではあるでしょう。

ストラトタイプも考慮に入れるのであれば、先に挙げたブランドの他にFender Japanも良いブランドでしょう。特に、Fender Japanは比較的安価な価格帯で充実したラインナップをもつブランドでもあります。手を伸ばしやすい著名ブランドでもあるでしょう。
Bacchusについては、先にも寄せたように、コピーモデルを用意しているブランドとしてはそれなりに定評のあるブランドではあるでしょう。ただ、安い価格帯の物については、価格なりの評価を下した方が無難だと思います。Squierについては、Fender系の下位ブランドに位置付けられるブランドですが、こちらは少し注意が必要かも知れません。価格帯的には激安ギターより少し高いクラスが主力ですが、安心できるブランドというには少し心許ないと思います。いずれにしても、そのギターの価格を評価の参考にするのが良いでしょう。
できれば、直に楽器に触れて物を確かめる機会を持つことをお勧めします。演奏できないまでも、ギターの重量や、ネックの握り心地や手触り・滑りの良さ、弦の張りの強さなどを確かめることは、扱いやすいギターを絞り込む上では重要でしょう。

Ibanez RXシリーズについては、現行のラインアップからは外れているようですね。RXモデルの良し悪しについては、触れたことがないので安易に断定はできません。これについては、実際にそのギターに触れてみて確かめるのが妥当でしょう。ただし、安くなる物には安くなるだけの理由があります。もし、提示されている価格が低いとしたら、その点には注意が必要でしょう。
なお、もしオークションや中古品などを狙っているとしたら、初めてのギターを買う上ではあまりお勧めできません。通販やネットオークションは、購入前に実物を確かめる機会をもてないことがリスクになります。特に、これまで触れたことがない物に関しては、直に触れて物を確かめる機会を持つことを強くお勧めします。中古品に関しては、購入後に保証がつかず、メンテナンスや修理では自力での対応が求められますし、中古品は大概入手した時点で全面的なメンテナンスが必要な物です。これらは、初めてのギターを手にする方にとっては荷が重いでしょう。また、中古品は新品時よりも安く購入できるといわれますが、中古品で特に価格が低いものについてはどうしようもないジャンク並みのものが占める割合が極めて大きくなります。必ずしも、良品が安く手に入る訳ではないことには注意が必要です。
中古品やネットオークションに手を出す場合は、そのリスクを十分に吟味することをお勧めします。個人的には、新品を楽器店の店頭で購入することをお勧めします。

再び失礼します。返信読みました。

YAMAHAについては、定評のあるメーカーだと思います。レスポール系のモデルはラインアップになかったかと思いますが、レスポール系にこだわらないのであれば候補に入る良いメーカーではあるでしょう。

ストラトタイプも考慮に入れるのであれば、先に挙げたブランドの他にFender Japanも良いブランドでしょう。特に、Fender Japanは比較的安価な価格帯で充実したラインナップをもつブランドでもあります。手を伸ばしやすい著名ブランドでもあるでしょう。
Bacchusについて...続きを読む

Qヤマハのアコースティックギターについて

はじめまして。
アコースティックギターを買いたいのですが、友人に相談したところ、マーチンがいいが価格を考えるとヤマハのギターがいい、ということで現時点ではヤマハのアコースティックギターを購入しようと考えています。
そこでヤマハのHPを覗いてみたのですが、種類がかなり多く、初心者の私にはどれが良いのか全く分かりません。

そこで、どのギターがお勧めか教えていただけないでしょうか?
希望は、「木目の柄ではなく、黒、またはワインレッドなどシックな(暗めの)色のアコースティックギター」をゲットしたいです。でもお手ごろな価格のものを推薦していただきたいです(^^;

趣味で始めたいなあ、でも長い間使い続けることができるギターがいいなあ、と考えているので、「1台目は練習用、2台目以降にこれを買ったら?」といったアドバイスはご遠慮します(ありがたいのですが)。

いろいろ注文つけて申し訳ありません。ヤマハだけに限らず、お勧めのギターがありましたら、この初心者の新参者にやさしく教えてください^^; もしギター初心者を対象としたHPがあれば、それも教えていただけたらありがたいです。
よろしくお願いいたします。
長文失礼しました。

はじめまして。
アコースティックギターを買いたいのですが、友人に相談したところ、マーチンがいいが価格を考えるとヤマハのギターがいい、ということで現時点ではヤマハのアコースティックギターを購入しようと考えています。
そこでヤマハのHPを覗いてみたのですが、種類がかなり多く、初心者の私にはどれが良いのか全く分かりません。

そこで、どのギターがお勧めか教えていただけないでしょうか?
希望は、「木目の柄ではなく、黒、またはワインレッドなどシックな(暗めの)色のアコースティックギタ...続きを読む

Aベストアンサー

 ヤマハのL系の話が出た様なので、それに関して。
 L-10を20年愛用しています。
 現在この系統はLLとなり、かつてのLのベーシックなデザインがちょっと特殊なカタチになった代りに、パワフルになった様です。
 基本的にはL系はドレッドノート型としては透明度が高くで繊細な感じで(ちょうど全盛期の『さだまさし』の素朴なアルペジオがL系最良のトーンをよく出しています)、一言で言って「美しい~」とゆぅトーンです。ただ、その為マーティンと比べちょっと硬いと感じる方もいらっしゃる様ですが、ワタシ個人としましては、「Lを持ってりゃマーティンはいらん」と思います。

 さて現在のLLですが、さすが鈴の音ギター、低い価格帯(下は¥6万から)でもトップだけは単版です。実は、合板でも非常によいギターはありますし、時間はかかりますが弾き込むほどにトーンは変わりますが、惜しげもなく透明なトーンがお好みなら、残念ながらトップだけでも単版でないと難しいと思われます。

 LL系、に限らずヤマハをお求めになられる場合、注意点が2つ。

 1つは、同じモデルでも、弦がライトゲージを標準とするモノとミディアムゲージを標準とするモノがある、とゆぅ点です。
 ミディアムゲージの方が全体的に太く、チューニングが安定し、弦が長持ちし、音量も爆発的に大きいですが、繊細なプレイは弦が太い分だけ難しくなります(ライトゲージがその逆です)。
 初心者の方であれば、ライトゲージの方が弦が柔らかいので練習しやすく、且つうまくなっても微妙な右手のニュアンスが生きるのでライトゲージがよいのではないかと思いますが、フラットピックでガンガン弾かれる御ツモリなら、ミディアムゲージのパワーも捨てがたいところです。
 尚、L系は比較的弦の寿命に敏感なので(L-10では、ライフが長い事で有名な旧ディアンジェリコのライトゲージでも2.5時間ほどでトーンが曇り、ライブで使う時は音合わせと本番で大忙しです)、その点でもミディアムの方がまだマシと言えます。

 もぅ一つの注意点はネックです。
 実は現行のLLを長期間所有した事が無いので何とも言えませんが、ワタシのヤマハ、L-10とN-1000両方ともネックがすぐ反ります。不思議な事に、ミディアムゲージが標準のN-1000より、ライトゲージを張っているL-10の方が温度や湿度に敏感の様で、トラスロッドカバーを付けておくヒマが無いほどです。この時代のソリッドエレキやベースも同様にネックのトラブルを出している様なので、或いはこの時代のヤマハは特にネックが弱いのかもしれませんが。

 一応ヤマハ・アコースティックのURLを載せておきます。現行のシリーズを全て見られます。

 ところで・・・・

 実はワタシ、アコースティックでもっとも好きなのは、ヤマハではありません。それはギブソンです。チェリーサンバーストのJ-45を、こちらももぅ20年ほど使っています。
 ギブソンはマーティンやギルドを始めとする他の有名アコースティックギターとは正反対、暖かくポコポコとした素朴で田舎的なトーンで、繊細なアルペジオなど受け付けてくれませんが、コードでバキッと鳴らしても歌をジャマしません(ワタシはブルース弾きなので、ギブソンの土臭い音が感覚に合います)。
 多くのメーカのドレッドノート型(くびれの少ない、いわゆるカントリーギター型)はマーティンの、その名も『ドレッドノート』を下敷きにしていますが、ギブソンのJシリーズはランウンドショルダーとゆぅ特殊なナデ肩形状で、トーン通りの田舎ッペな見た目もブルースです。
 現在は確かブラウンサンバーストとゆぅ非常にブルースなボカシ色が出ているので、ナチュラルや黒などの単色ばかりの現代のアコースティックギターにあって、かなりシブいです。
 ヤマハが一生モノにならない、とは言いませんが、ギブソンなら間違いなく一生モノとなる事は間違いありません(どぅでもよいミーハー話なんですが、ギブソンならマーティンを持っている連中にもバカにされません(^^;))。

 一応ギブソンのHPもお知らせ致します。
http://montana.gibson.com/index.html
※J-160Eとゆぅトコロをヒットすれば、J-45系のカタログに入れます。
※ギブソンの輸入総代理店は山野楽器です。検索してみて下さい。

 いずれにしろアコースティックギター(しかも生で鳴らすと不愉快なエレアコではなく生アコ)は、エレキの様にアンプやエフェクタとの相性は関係なく、ナマで勝負のクラシック音楽系楽器に近いギターです。実際に楽器店でいろいろ弾き比べる事をお勧め致します。(もし弾き比べをするほどまだウデが無い、とゆぅ事でしたら、弾ける友人を連れて行って同じ曲を違うギターで弾いてもらう、或いは御自身でコードを1つでも2つでも覚えていって、その音を鳴らすだけでも十分違いが御判りになると思います)。
 

 ヤマハのL系の話が出た様なので、それに関して。
 L-10を20年愛用しています。
 現在この系統はLLとなり、かつてのLのベーシックなデザインがちょっと特殊なカタチになった代りに、パワフルになった様です。
 基本的にはL系はドレッドノート型としては透明度が高くで繊細な感じで(ちょうど全盛期の『さだまさし』の素朴なアルペジオがL系最良のトーンをよく出しています)、一言で言って「美しい~」とゆぅトーンです。ただ、その為マーティンと比べちょっと硬いと感じる方もいらっしゃる様ですが、ワタ...続きを読む

Q現在のYAMAHAのFGシリーズの評価について

僕は、ストリートライブをやっている者です。
皆さんに、聞きたいことがあります。

現在のYAMAHAのFGシリーズの評価、特に『FG-130』の評価を聞きたいです。

今、僕はこのギターを使って、地下道とメインにストリートライブをやってるんですが、ストリート仲間の尊敬している人とかに、そのギターと俺のギターと交換しようって、言われるほど、YAMAHAのFGシリーズって名器なんですか?

後、個人的なんですが、YAMAHAのFGシリーズの『FG-130』なんですが、はっきり言って、地下道で弾くとバカ鳴りします。声の方が負けます。

このギターの入手の経緯と現在の状態を説明します。
このギターは母親が当時高3くらいの時に購入したそうです(現在48歳)
今の状態なんですが、微妙にネック反りがあって、僕が子供の頃にイタズラして、ボディーやヘッドとかにイタズラ描きやひっかき傷があります。(現在、反省中)
僕が中3の時に、母親から何も言われないまま、ギターを貸しとくだけという
条件で、現在まで使っています。(現在、20歳)
その時の状態は、ほこりは被り放題だし、ネックも今よりも反っていました。
ギターを磨いたり、楽器屋さんに行って教えてもらいながら、今の状態にしました。

後、ラベルなんですが、日に焼けていて分かりませんが、サウンドホールの周りに、オレンジ色の円ぽいのがあったような、ヘッドに音叉ぽいのがあったような気がします。

情報少ないですが、よろしくおねがいします。

僕は、ストリートライブをやっている者です。
皆さんに、聞きたいことがあります。

現在のYAMAHAのFGシリーズの評価、特に『FG-130』の評価を聞きたいです。

今、僕はこのギターを使って、地下道とメインにストリートライブをやってるんですが、ストリート仲間の尊敬している人とかに、そのギターと俺のギターと交換しようって、言われるほど、YAMAHAのFGシリーズって名器なんですか?

後、個人的なんですが、YAMAHAのFGシリーズの『FG-130』なんですが、はっきり...続きを読む

Aベストアンサー

 前回のFGにまつわる御質問でも回答しました、loftybridgeです。

>特に『FG-130』の評価を聞きたいです。

 130特定の評判は判りませんが、FGはバカ鳴りとちょっと特殊なトレブリートーンで、今や伝説にさえなっているギターです。

 とりあえず御参考までに、まずはコレ↓

http://www.t-shiga.com/sub1-3-12.htm

 FGの殆ど全ての機種が網羅されています。斯様なページが作られている事自体、現在のFGの人気が判ろぅとゆぅモノ。

 更にコレ↓FG使用のプロが網羅されています。

http://homepage1.nifty.com/INTEGRA/model_who.htm

 さて、前回の回答でもちょっと打ちましたが・・・・

>僕が子供の頃にイタズラして、ボディーやヘッドとかにイタズラ描きやひっかき
>傷があります。

 それは、貴殿にとって、既におカネで買えない付加価値があるワケです。母上から受け継がれた上に、幼少の頃のキズがあるなど、存在が既にブルースですね~。

>もし、結婚して自分の子供がギターやりたいって言ったら、
>ギターをやろうと思っています。

 幸いにして(?)クルマが買えるほど高価なギターとゆぅワケではありませんし、それにギターはガンガン弾くほどトーンが変わっていきます。
 既にストリートでガンガン弾かれている様子。貴殿のお子様が弾かれる頃には、空前絶後のオールドギターとなっていることでしょう。

 是非今後も大切に、しかし演奏だけは遠慮せずにガンガン行きましょう!それこそ『バカ鳴りFG』に相応しい環境と言えるでしょう。

 前回のFGにまつわる御質問でも回答しました、loftybridgeです。

>特に『FG-130』の評価を聞きたいです。

 130特定の評判は判りませんが、FGはバカ鳴りとちょっと特殊なトレブリートーンで、今や伝説にさえなっているギターです。

 とりあえず御参考までに、まずはコレ↓

http://www.t-shiga.com/sub1-3-12.htm

 FGの殆ど全ての機種が網羅されています。斯様なページが作られている事自体、現在のFGの人気が判ろぅとゆぅモノ。

 更にコレ↓FG使用のプロが網羅されています。

ht...続きを読む

Qアコギ弦のメーカーごとの音の特徴

タイトル通りですがアコギ弦のメーカーごとの音の特徴を教えて下さい。サイトを紹介して頂いても助かります。
特に知りたいのは、マーチン、ダダリオ、エリクサー、ghs、ジョンピアーズ、ギブソン、タカミネ、アーニーボール、ヤマハ。
これじゃほとんどですね。(*^_^*)

Aベストアンサー

経験のあるものだけですが、使った感じの主観を述べておきます。あくまで一個人の使用感です。

●エリクサー、
これだけはこの中で特殊な弦。値段も高いが3倍長持ち。
コーティング弦でギラギラとして輪郭があり高音域の伸び、中音のサスティーンもある。レスポンスも良く、ストロークがバリっと目立つ。ライブには良いかも。ギラギラしすぎて嫌いな人もいる。
ギターの個体の鳴りの個性が出にくく、どんなギターに張っても同じ音になる傾向があって安いギターに張ってもぱっと聴き高級な良い音がする。
少々人工的で聴いてて疲れる音だけど、いつまでも張りたての輝かしさがあり長持ちするので何日もリハーサルやライブが続く時にはとても重宝。ライブミュージシャン愛用者多し。

●マーチン
ナチュラルでいわゆるアコギらしい中音域が膨らむ暖かい音で、やや丸い印象。中低域のレスポンスが少々もたつくが、どっしりとしていて歌の伴奏でしっかり支えられる感じ。
ストロークのときアコギ独特の飽和感があって気持ち良い。アルペジオも太い感じだが奥行きはあまり無い。
フォスファーブロンズのライトかミディアムがお勧め。ブロンズはへたるのが早い。私は今これです。

●ダダリオ
とても無難にまとまった音。そこそこ張りがあってサスティーンもありバランスが良い。
強いて悪い点を挙げるとすると印象が無い。総合得点、コストパフォーマンスが高いので万人向け。ダダリオはどの弦もクオリティが高い。

●アーニーボール
明るくしなやかで輪郭のある乾いた音の印象。高音の伸びも良いがしっかり芯もある。立体感がありレスポンスが早くサスティーンもあるので単音弾きにも向いていると思う。アルペジオはくっきり、ストロークは軽快。
ただどっしりした印象はあまり無い。

●ヤマハ
音が細い、高音域が無い、サスティーンが無い。

●ghs、ジョンピアーズ、ギブソン、タカミネ、
ごめんなさい、使った事ありません。

下記に参考URLを載せておきますので大まかな感や同メーカーの種類ごとの違いはそこで分かると思います。
載りきらないのでこちらにも

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductGuide.asp?CategoryCd=545

参考URL:http://www.apollonmusic.com/accessories/strings/acoustic_strings.html

経験のあるものだけですが、使った感じの主観を述べておきます。あくまで一個人の使用感です。

●エリクサー、
これだけはこの中で特殊な弦。値段も高いが3倍長持ち。
コーティング弦でギラギラとして輪郭があり高音域の伸び、中音のサスティーンもある。レスポンスも良く、ストロークがバリっと目立つ。ライブには良いかも。ギラギラしすぎて嫌いな人もいる。
ギターの個体の鳴りの個性が出にくく、どんなギターに張っても同じ音になる傾向があって安いギターに張ってもぱっと聴き高級な良い音がする。
少...続きを読む

Qグレコのレスポールカスタム77年製 EG500

先日グレコのレスポールカスタム77年製のEG500を6000円で買ったんですが
友達に結構いいやつっていわれたんですが
このギターって結構いいやつなんですか?

Aベストアンサー

 あまり何度も御質問されるので、手元にある‘70年代のグレコカタログ、マジで調べました。
 '77年製EG500、見つかりましたよ。'77年の後期から設定されたモデルですね。(それ以前は、EG600の下はいきなりEG480に飛んでいます。)
 結構面白いことが判りました。この時代のEGシリーズは、600からがメイプルトップボディになっており、500以下は『フジゲン得意の』シカモアボディです。

※シカモア(ホワイト・シカモア)はカエデ科の広葉樹で、弦楽器に広く使用されているハードメイプル(ハードロック・メイプル)より比重が軽く硬度も低いですが、杢(もく)の出方がメイプルと良く似ている為、特にフジゲン(グレコやイバニーズブランドの製造元)が当時好んで使った木材です。(‘90年代初頭、カナダ政府が国策として植林していたキルテッド・メイプルが安価で出荷されるまで、ハードメイプルは高価な楽器用木材の一つでした。)
 尚、ホンモノのレスポールであるギブソン社製は‘52年の発売当初から一貫してメイプルトップでした。

※比重が若干低く(つまり軽く)より柔らかいシカモアをボディに使っても、当然重く硬いハードメイプルと同じトーンにはなりません。

※が、それはレスポール・スタンダードの話であって、レスポール・カスタムは事情が違います。
 オリジナルのギブソン製でも、カスタムはマホガニトップだった時代が長く(メイプルトップだった時期もあります)、メイプルトップのスタンダードとはちょっと違うトーンです。
 そういう意味では、ややソフトなシカモアもアリの様な気もしますが、しかしシカモアはカエデ科の木である通り、マホガニ(センダン科)とは更にかけ離れた性質なので、やはりシカモアではオリジナルと違うトーンニュアンスになってしまいます。

・・・っというワケで結論ですが。

>このギターって結構いいやつなんですか?

★当時のグレコの『普及型ではイチバンいいヤツ』程度です。
 当時の日本では、フジゲンに限らずマツモク(アライダイヤモンドやアリアプロIIの製造元)、トーカイなど国内ギター工場が、こぞってギブソンやフェンダの『完全コピー』に異常な執念を燃やしていました。(コピーをあまり真剣にやらなかったのは、ヤマハと遠州工芸(テスコとかカワイの製造元)ぐらい。)
 ‘70年代後半というと、国内のコピー品がホンモノを凌駕するほどの完成度を誇った時代です。(‘77年のグレコ・レスポールの上級機種の価格は¥10万に達します。)
 そういう時代背景で考えると、EG500は並居るレスポールコピー品の中でも普及品に属するクラスであり、決して高級機種ではありません。

★が、最近は事情が変わって来ています。それはシカモアを使っていること、です。
 シカモアの中でも比較的良材を使っているのは当時のフジゲンだけの特徴で、これによりインチキなガラクタでなくちゃんとしたギターとして十分成立しつつ、本家ギブソンには無い独特のトーンニュアンスを持っています。
 少数派で一風変わった『ビザール・ギター』が確固たる人気を得ている現代では、このシカモア・レスポールシリーズにも根強いファンがいます。『メイプルトップよりシカモアトップの方がいいかもしれない』と訴えるヒトもいるほどです。
 EG500は高級品ではありませんが、日本独特の貴重なギターとは言えるでしょう。45年前に製造されたカワイのギターでステージに立っている自分にとっては、EG500は十分『アリ』なギターだと思います。
 結局のところ、その本家ギブソンとは違うトーンを気にいられるかどうか、にかかっていますが、今となっては珍しいギターであることは間違いありません。
 もし気にいられたなら、大切に扱ってあげてください。

 あまり何度も御質問されるので、手元にある‘70年代のグレコカタログ、マジで調べました。
 '77年製EG500、見つかりましたよ。'77年の後期から設定されたモデルですね。(それ以前は、EG600の下はいきなりEG480に飛んでいます。)
 結構面白いことが判りました。この時代のEGシリーズは、600からがメイプルトップボディになっており、500以下は『フジゲン得意の』シカモアボディです。

※シカモア(ホワイト・シカモア)はカエデ科の広葉樹で、弦楽器に広く使用されているハードメイプル(ハー...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング