アジアンカンフージェネレーションの曲風
にあうようなベースって何がいいのでしょうか??

購入は以下を検討しています。詳しい方はランキングにして教えてください。

・Photogenic PB-240 ・JB-240
・Bacchus BPB-300・BJB-300
・FERNANDES   RPB-360・ RJB-380
・Ibanez GSR-320

教えてください。よろしくお願いします。
アジカンだけでなく、ベース自体の評価でもかまいません。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

個人的には、この価格帯だとPhotogenicだけはパスですが…



あとは、非常に微妙ですね。

メーカーのネームバリューだけで言えば、Photogenic以外の3社はどれもそこそこのメーカーなんですが、その中でも一番安い部類のラインになるので、その意味ではどれも似たようなものです。

予算的にどうしてもこのクラスということになるなら、特にメーカーで差別せずに自分で直接触ってみて判断するのが一番です。
    • good
    • 0

フォトジェニックだけは絶対に購入しないでください。



定価ではなく店頭の販売価格で3万円以上のものがお勧めです。
    • good
    • 0

アジカンいいですね。

私も聴きます。
あのサウンドは、楽器だけではなかなかそっくりに作りにくい
ところですが、キャラ的にはIbanezのATK300Rなんかで弾くと
近いとこ狙えるんじゃないかと思います。

楽器というのは、基本的には5万円くらいからが入門機クラスと
なりますので、あまり安い物は音色以前に物理的な問題が多く
あまりおすすめできません。

まあぶっちゃけていえば、そこそこの価格(10万前後)の
ジャズベモデルならどんなジャンルでも対応はできると思いますが
ご紹介のATKは芯の太いブリブリサウンドが出しやすいので今風の
ガレージロック系にはおすすめかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミディアムスケールのベースの音質について

ベースを買おうとしている者です。
今考えているのは、FenderJapanのAJB-66か、AJB-80M/DJです。
ただ、後者のミディアムスケールにした場合、通常のスケールに比べて音質の変化などは表れるのでしょうか?
そこがわからないので、どなたか教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

女性の方ですとか、特に手が小さいお悩みがあるとかではなく、また既にロングスケールのベースは持っていて2~3本目でミディアムを狙っている、あるいは楽曲の指向やビジュアル面(これはこれで大事)でミディアムに魅力を感じる…といった、ミディアムを選ぶ積極的な理由があるなら別ですが、特にそういうことでないならば、私はロングスケール選ばれた方が良いと思いますけどね。

No.1の方のご意見に反論するわけではないですが、ミディアムスケールと同タイプのロングスケールの比較の限りでは、やはりミディアムの方が低域の量感が少し劣るケースが多いです。低域の振幅は、弦の太さより弦の長さの方が影響は大きく、ロングの方が振幅が衰えるまでの時間が長いこともあり、低域、特に重低域の量感はロングの方が出しやすいですね。
また、私は「ペキペキした音」の出し方は、スケール長や弦の種類の影響は否定しないものの、それよりも「弾き方」の方が遙かに大きいと思っています。
特に私はピック弾きなので、ペキペキした音はミディアムの方が遙かに出しやすいですね。逆に、ミディアムで芯の太い低音を出すのは、ロングに比べてちょっと骨が折れます。指で弾く時でも、傾向としては同じですね。まぁ、これは各人のピッキングスタイルによって変わってくる要素かもしれませんが…ただ、私の弾き方では、ミディアムで芯の太い低音が出るポジションの方が、ロングよりも遙かにシビアに感じるので、その点ではNo.1の方とまるで逆の見解になってしまうんですが…

でも、要は「持って弾いてみて、どっちが自分にしっくりくるか」が一番です。私は前述のとおり「条件が同じならロング派」ではありますが、持ってしっくり来る楽器は、弾いて疲れないし、楽に合理的に弾けてその分良い音がする…というのは間違いないところですから、試奏して決められるのが一番です。

なお、私もイコライザはよく使う方ですので、イコライザによる音作りは否定しませんが、楽器選び…という段階では、余分なエフェクタなど一切使用せず、本体そのものの音で選ばれた方が良いです。
本体の音が良い楽器を、さらにイコライザやエフェクタで好みの音に仕上げていくことは可能ですが、本体の音が悪いものは、いくらイコライザやエフェクタを使っても限界があります。本体から出てない音をイコライザ等で作り出すことはできませんので。

特に、高域に拘りがあるなら、いわゆるフルテン…すべてのボリュームとトーンをフルアップ…で、できるだけブリッジ近くで弾いてみて、どれだけ高音が出るかのチェックは重要です。私はそういう音はミディアムの方が出しやすいと思ってはいますが、どっちにしてもこのチェックで十分な高域の響きが得られないと、イコライザ通してもきれいな高域にはなりづらいです。一度じっくりお試し下さい。

女性の方ですとか、特に手が小さいお悩みがあるとかではなく、また既にロングスケールのベースは持っていて2~3本目でミディアムを狙っている、あるいは楽曲の指向やビジュアル面(これはこれで大事)でミディアムに魅力を感じる…といった、ミディアムを選ぶ積極的な理由があるなら別ですが、特にそういうことでないならば、私はロングスケール選ばれた方が良いと思いますけどね。

No.1の方のご意見に反論するわけではないですが、ミディアムスケールと同タイプのロングスケールの比較の限りでは、やはりミ...続きを読む

QGio Ibanezについて

GIO Ibanezの150か170を買おうと迷っているものなんですが、実際に使ったことのある方、どんなかんじですか?いいとこ悪いとこなど教えていただけますか?
また、GioIbanezはだめだという話を聞いたのですがそんなにダメなギターしかないブランドなのでしょうか?教えてください?

Aベストアンサー

GioIbanezについては、Ibanezのブランドの中で特にエントリーモデルとして位置付けられた、安価な価格帯のサブブランドになります。GioIbanezはIbanezの通常ラインのモデルをベースとして、いろいろとコストダウンをはかられたものが主です。その分、どことはなしにIbanez風のデザインを感じることができると思います。ただ、やはりコストを抑える分、それに見合っただけのダウングレードは否めないでしょう。GioIbanezがダメという評判については、そうしたエントリーモデルとしてコストを下げ、その分品質的にもダウングレードを余儀なくされているラインアップとして、あまり好意的に捉えていない人の評価といえると思います。

なお、ギターの良し悪しの評価については、個人個人の嗜好や志向などによってその基準が流動的になるものといえます。経済的事情を度外視してプロ指向でギターの品質に妥協を認めず潔癖な判断をするのであれば、安いギターは使うに値しないとするのも理のある判断ではあります。ただ、経済的事情と絡めて現実的に買える範囲を想定し、その中でベターな選択を求めるというのも実際的な姿勢といえます。誰もが初めから10万円以上のギターを買って始められる訳ではありませんし、あるいは初めてのギターが安いギターであったとしても、それがそのまま上達を妨げ続ける生涯の汚点となるとは限りません(より品質の良いギターで始められれば、それだけ有利ということは否定しませんが)。そのあたりの線引きについては、個人個人のおかれている環境や目指す目標のレベル、経済的事情などを絡めて、主観的に判断するべき領域だと思います。

ただいずれにしても、ギターを選ぶ上では、実際に実物に触れる機会を設けて、その感触を元にギターの特徴などを把握するように努めるのがよいでしょう。特に初めてのギター(もしくははじめての種類の楽器)であれば、実際に現物に触れた上で購入を検討するのが妥当です。その際には、お目当てのギターだけでなく、いろいろなモデルに触れてみるとよりよいでしょう。ブランドや価格帯、製造国などの副次的データだけでなく、現物の実際の感触を含めて判断する方が、よりつっこんだ形でそのギターの性格などを把握することができると思います。

参考まで。

GioIbanezについては、Ibanezのブランドの中で特にエントリーモデルとして位置付けられた、安価な価格帯のサブブランドになります。GioIbanezはIbanezの通常ラインのモデルをベースとして、いろいろとコストダウンをはかられたものが主です。その分、どことはなしにIbanez風のデザインを感じることができると思います。ただ、やはりコストを抑える分、それに見合っただけのダウングレードは否めないでしょう。GioIbanezがダメという評判については、そうしたエントリーモデルとしてコストを下げ、その分品質的にも...続きを読む

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

QSquier(スクワイア)のベースの事で相談があります。

初めてベースを買おうと思っているのですが、
今の予算が5万円で、Squierのベースを買おうと思っています。
ですが、Squierの評判が、「Fenderの子会社」とか、「Fender Japanよりも下だ」とか「どうせ兼価モノじゃん」等の理由で敬遠されているようで、どうしても購入に踏み出せません。
挙句の果てには、「ライブとかじゃ恥ずかしいよ」との意見も聞きました。
そんなにSquierはやめた方がいいのでしょうか?
もうちょっと貯めて、Japanや、USAを買った方がいいのでしょうか?
賛否両方の意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

No1様の意見に激しく同意です。

もうちょい貯めて、他のものをというのは別に反対しませんが
お金を貯めている間にモチベーションが下がることの方が
心配な気もします(^^;

Squierに関しては、Fenderの子会社だからこそ、
良いコストパフォーマンスを実現していると思います。
安い割りに良質だと聞いてます。
弾いたことはないのですが・・・

「ライブじゃ恥ずかしいよ」という意見は無視で。
弾ける人はどんな楽器弾いてても、カッコよく見えますよ。
楽器のブランドだけでプレイヤーを判断するような人は自分でサウンドを聞く耳を持ってないんじゃないかと思います。
ちょっと感情的ですね。申し訳ないです。

以前、Fender Japan使ってて、USA使ってる人に
「なんだジャパンか」みたいな事言われて、スゲー腹たった事があります。
そんなわけで、kazuさんの言われたことを見て、なんだか腹立たしくなりました。
メーカーだけで楽器を判断するようなバンドマンにはなって欲しくないっす。
そんなヤツはプレイで見返してやってください!

No1様の意見に激しく同意です。

もうちょい貯めて、他のものをというのは別に反対しませんが
お金を貯めている間にモチベーションが下がることの方が
心配な気もします(^^;

Squierに関しては、Fenderの子会社だからこそ、
良いコストパフォーマンスを実現していると思います。
安い割りに良質だと聞いてます。
弾いたことはないのですが・・・

「ライブじゃ恥ずかしいよ」という意見は無視で。
弾ける人はどんな楽器弾いてても、カッコよく見えますよ。
楽器のブランドだけでプレイヤーを判...続きを読む

Q軽音楽系の楽器を買うのにオススメな楽器店

こんにちは。中学3年の♂です。

受験が終わって、高校に入学できたら、
軽音楽(特にベース)をやってみたいと思っています。

ネットで調べたら色々な楽器店(イシバシ楽器、島村楽器、サクラ楽器etc...)があるようですが、
軽音楽系の楽器(特にベース)を買うのにおすすめな楽器店は何という楽器店でしょうか?

ちなみに重視することは、
(1)安い(ベース、アンプ等全て足して4万円以内)。
(2)質がなかなか良く、他のお客さんからの評判も高い。
(3)あなた自身もオススメできる。
(4)意外とどこにでもある。

全て当てはめろとはいいません。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イシバシ楽器 http://www.ishibashi.co.jp をおすすめします。

(1)安い(ベース、アンプ等全て足して4万円以内)。
⇒初心者セットも充実しているし、昔から軽音楽に強い楽器店。
 中古も国内一の在庫量かと。

(2)質がなかなか良く、他のお客さんからの評判も高い。
⇒プロミュージシャンも御用達らしいです。
http://www.ishibashi.co.jp/sale-event/70th_anniversary/

(3)あなた自身もオススメできる。
⇒島村楽器はイシバシ楽器に比べて高いです。
 イケベ楽器もよくいきますが、イシバシ楽器よりもネタが少ない。
 イシバシだったら、ポイントカードでポイント還元がある。

(4)意外とどこにでもある。
⇒モノは近くの楽器店で見て、ネットで買えばいいんじゃないでしょうか。
 

参考URL:http://www.ishibashi.co.jp/

Qバッカスとフジゲンのジャズベースについて

10万円程度のジャズベースを探しています。 
現在のベースが少し不安なので(ネックの反りが激しく、チューニングも安定しない)安心して使えるベースを探しています。
 
 ネットでいろいろ探してみた結果、以下のフジゲンとバッカスのジャズベースタイプが目にとまりました。

・フジゲン NCJB-10M
http://www.fujigen.co.jp/exp/Scategory2.aspx?SH=fgn5103

・バッカス WL-JB4
http://bacchusdo.com/product/wljb4bnacpg.htm

この二つのベースの向いているジャンルや音の傾向、楽器としての完成度、その他オススメのポイントなどあったら教えてください。
近くに取り扱っている楽器屋がなく、試奏もできないので困っています。どちらも値段のわりに作りがいいという事だけわかりました。
 
 二つとも値段に差がなくワンランク上のNCJB-20(フジゲン)とWOODLINE(バッカス)も値段の差がほとんどないので、みなさんの意見をお聞かせください。ワンランク上のモデルに関してもご存知の方がおられましたら教えてください。

 演奏ジャンルはロック中心ですがオールジャンルに対応できればいいと思っています。指弾き中心ですが、ピック弾きも練習してます。
 今現在の使用ベースはFender JapanのAJBです。ハズれを引いてしまったらしく数ヶ月に一度、ネック調整等に手間どっています。P.UをダンカンS-PB-2とS-JB-2に変更して配線をやり直しています。音はロック向きに使うときには素人耳ですがそれなりに満足しています。

 10万円以下から10万円以下にしても意味がないものなのかもしれないので、一応ワンランク上のシリーズもうっすら視野に入れようかと思っています。

 好みは人それぞれだと思いますが、皆さんがもし自分が所持するならどちらかなど教えていただけると助かります。

10万円程度のジャズベースを探しています。 
現在のベースが少し不安なので(ネックの反りが激しく、チューニングも安定しない)安心して使えるベースを探しています。
 
 ネットでいろいろ探してみた結果、以下のフジゲンとバッカスのジャズベースタイプが目にとまりました。

・フジゲン NCJB-10M
http://www.fujigen.co.jp/exp/Scategory2.aspx?SH=fgn5103

・バッカス WL-JB4
http://bacchusdo.com/product/wljb4bnacpg.htm

この二つのベースの向いているジャンルや音の傾向、楽器としての...続きを読む

Aベストアンサー

 数多くベースを触った経験から、僭越ながらご回答申し上げます。
 (あくまで私個人の主観として受け取っていただければ幸いです)

 FgNのネオクラシックシリーズは、コストパフォーマンスに優れていながら丁寧な作りに定評があります。細部まで作りこんであり完成度は高い、と感じました。反面、ピックアップのパワーが少々不足気味です。ジャズベらしいサウンドは得られますが、セイモアダンカンの音がお好みだとすると、少々出音が弱く感じられるかもしれません。
 上位機種の20については弾いたことがありませんが、木や各部パーツを厳選したよりハズレの少ない機種だと推測できます。ハズレを弾きたくないという思いが強ければ、こちらを選ぶとよいかもしれません。いずれにせよ、改造のベースとしては申し分ありません。

 バッカスのWoodlineについては、アンサンブルへの柔軟性が高い、実戦的な音がしました。PUはFgNよりもパワーが強い感じがします。ただ、セッティングによっては、多少Lowがブーミーになり、ノイズが気になりました。他、作りは若干荒い部分も有ります。

 なお、10万以下から10万以下の持ち替えということですが、お選びの機種はどちらもアッシュボディ・メイプル指板の組み合わせですので、既にご所有のエアロダインとはだいぶキャラクターが違ってきますので、両方所有することに意味はあるでしょう。
 ただし、ネック(及び各部)のメンテナンスはどのベースでも必須ですので、数ヶ月に一度メンテする手間は変わりませんが……。メイプル指板なので、ローズ指板よりは多少(あくまで多少、ですが)剛性は強いと思います。

 10万以上であれば、Fender USAも見えてきますね。作りはあまり問題なく、実戦的なレベルに達していますので、こちらも試奏してご検討されてはいかがでしょうか。

 余談までに、私がもし選ぶのであれば、オールジャンルに対応できるローズ指板+アルダーボディのネオクラを選ぶと思います。

 数多くベースを触った経験から、僭越ながらご回答申し上げます。
 (あくまで私個人の主観として受け取っていただければ幸いです)

 FgNのネオクラシックシリーズは、コストパフォーマンスに優れていながら丁寧な作りに定評があります。細部まで作りこんであり完成度は高い、と感じました。反面、ピックアップのパワーが少々不足気味です。ジャズベらしいサウンドは得られますが、セイモアダンカンの音がお好みだとすると、少々出音が弱く感じられるかもしれません。
 上位機種の20については弾いたこと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報