阿川弘之といえば、海軍に関する著作が多いですが、海軍以外の作品でお薦めがあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

このひとのエッセーは何でも面白いです。

食べ物にも薀蓄がありますが、やはり乗り物狂でいろいろ乗って書いています。
私のお勧めは「ヨーロッパ特急」です。愛国心あふれる若き元海軍士官の世界漫遊の旅は1963年のこと(日本に高速道路がなかった時代)。まだ「壁」があった西ベルリンでワーゲンのレンタカーを借り、アウトバーンを東へ---、というスリル、などなど。
    • good
    • 0

こんにちは。



意外なところで
「機関車やえもん」
絵本ですが、「機関車トーマス」みたいな話です。
幼稚園のころよく読みました。

著作としてかっちり読みたい、って本でもないですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/26 17:33

阿川弘之と言ったら「南蛮阿房列車」です。


面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速探してみます。ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/26 17:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q阿川弘之の本

阿川弘之といえば、海軍に関する著作が多いですが、海軍以外の作品でお薦めがあったら教えてください。

Aベストアンサー

このひとのエッセーは何でも面白いです。食べ物にも薀蓄がありますが、やはり乗り物狂でいろいろ乗って書いています。
私のお勧めは「ヨーロッパ特急」です。愛国心あふれる若き元海軍士官の世界漫遊の旅は1963年のこと(日本に高速道路がなかった時代)。まだ「壁」があった西ベルリンでワーゲンのレンタカーを借り、アウトバーンを東へ---、というスリル、などなど。

Q翻訳文学作品の著作権、翻訳権

翻訳文学作品のうちで著作権が切れたものを探しています。
海外の翻訳文学作品の著作権(あるいは翻訳権)は何年したら切れるのでしょうか?
翻訳された場合は、出版社に翻訳権というものがあるのでしょうか?その場合、著作権はどのように考えたらよいのでしょう?
すみませんが詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

海外の作品でも日本のものと同じように保護されるので、原作の著作権は、原作者の死後50年まで保護されます。

↓外国の著作物の保護は?(社団法人 著作権情報センター)
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime5.html

↓著作権の保護期間を教えてください。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000185


ただし、戦時加算のというものがあるので、第二次世界大戦中に日本と戦った連合国のものについては約10年ほど延期されます。

↓「戦時加算」について教えてください。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000179


また、翻訳されたものは、二次的著作物として扱われ、翻訳者に、著作権があります。これも翻訳者の死後50年まで保護されることになります。

↓著作物にはどんな種類がある?(社団法人 著作権情報センター)
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime1.html


そして、著作権の切れていない翻訳された著作権を利用したい時には、原作者と翻訳者の両方に許諾を得る必要があります。

↓英語の「原作」を日本語に翻訳した「小説」をコピーしたい場合、「原作者」「翻訳者」のうち、どちらの了解を得ればいいのでしょうか。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000307


また、出版社が持つのは、版権で、これは著作者と特段の契約がなければ、出版から3年で消滅します。

↓著作権法 第八十条(出版権の内容)
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#080

↓私が著作権を有する著作物を、第三者に利用させる方法には、どのようなものがありますか。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000098

↓著作権法 第八十三条(出版権の存続期間)
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#083

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1453370

海外の作品でも日本のものと同じように保護されるので、原作の著作権は、原作者の死後50年まで保護されます。

↓外国の著作物の保護は?(社団法人 著作権情報センター)
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime5.html

↓著作権の保護期間を教えてください。(文化庁 著作権なるほど質問箱)
http://www.bunka.go.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000185


ただし、戦時加算のというものがあるので、第二次世界大戦中に日本と戦った連合国のものについては約10年ほど延期されます。

↓「戦時加算」につい...続きを読む

Q大江健三郎…?

大江健三郎は何故日本という国が嫌いなのですか。
大江健三郎は何故日本国籍のままでいるのですか。
大江健三郎は何故好きな国に帰化しないのですか。

Aベストアンサー

 なぜ嫌いかというと、戦後ながく、反政府・反日的な言動をとることが文化人としてのステイタスであった時代が続いたから。鳥越俊太郎とか、小田実とか。その当時の考えに固着しているんじゃないかな。
 なぜ日本国籍のままでいるのか、なぜ好きな国に帰化しないのかって点は、多分よその国では相手にされないからじゃないかな。彼の著作が海外で売れているって話は聞かないし。(なんでノーベル文学賞がとれたんだろう)

Qイザベル・ホランドの「顔のない男」以外のの作品を知りませんか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4572004641/249-4870436-4175561

Amazonでは「顔のない男」以外に見つかりませんが、
他の作品にはどんな物があるのでしょう?

Aベストアンサー

「渇きの代償」という作品もあります。
原作は読んでいないのですが、映画を観ました。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=52309

Qノーベル賞作家「大江健三郎」の反国家思想とは

ノーベル賞作家「大江健三郎」の反国家思想とは
先日の韓国併合100年韓日知識人共同声明にて大江健三郎氏が反国家という考えの持ち主であることを知りました。
テレビなどでインタビューを聞いていても常識的な考えの人だと思っていたので正直驚きました。
そして大江氏の反国家の考えはどういうものなのか疑問に感じました。
天皇 民主主義 朝鮮 というキーワードを軸に教えてください。

Aベストアンサー

回答になるかどうか分かりませんが。
彼の思想が本心でそう思っているのか営業的な思想なのか分かりませんので理解しようと考えることは無駄のように思います。

「大江健三郎」氏は、純粋文学でノーベル賞を受賞するだけの才能が有りませんので、お粗末な才能でノーベル文学賞を取るにはどうしたら良いかと考え、「反日」を選択した卑しい作家ですので、最初に本来の思想があってその上で小説を描いた作家では有りません。従って彼の思想はマーケティングの結果である可能性が高いので相手にする必要は有りません。

欧米では、有色人種は下等で白人には叶わない。世界は白人が支配すべきだ。・・・と考える者が多く、その幻想をぶち破った日本に反感を持つ者が多数おります。また中国・韓国は自分たちの方が儒教秩序では上位なのに下位の日本が評価が高いのはけしからん。・・・と嫉妬もあり考える者が多数おります。

従って「反日」に対し喝采を送る人が多いので、彼らが溜飲を下げる様な材料を提供すると彼らの評価を得ることができます。また「反国家」だと普通の国だと迫害されますので国家の迫害を恐れぬ勇者扱いしてくれます。

回答になるかどうか分かりませんが。
彼の思想が本心でそう思っているのか営業的な思想なのか分かりませんので理解しようと考えることは無駄のように思います。

「大江健三郎」氏は、純粋文学でノーベル賞を受賞するだけの才能が有りませんので、お粗末な才能でノーベル文学賞を取るにはどうしたら良いかと考え、「反日」を選択した卑しい作家ですので、最初に本来の思想があってその上で小説を描いた作家では有りません。従って彼の思想はマーケティングの結果である可能性が高いので相手にする必要は有りません...続きを読む

Q芥川龍之介の作品の素になっている作品

芥川龍之介がどのようにして古典文学からモチーフを得て芥川文学を作り上げていったのかを調べたいのですが、参考文献やモチーフになっている作品を教えて下さい。

Aベストアンサー

 
芥川龍之介は、作品モチーフとして、「今昔物語」を援用しました。しかし、意外に知られていないのは、その文体や、短編小説構成の技術が、フランス文学の影響を受けているということです。

とりわけ、アナトール・フランスというフランスの作家の影響を彼は受けており、自分でも、フランスの作品を、参考URLにあるように翻訳しています。

対照表がないので、はっきりとは言えないのですが、アナトール・フランスの作品が書かれると、それに少し遅れて、類似したスタイルの芥川の作品が書かれているという指摘があります。芥川の「侏儒の言葉」は、アナトール・フランスのエッセイ集「エピクロスの苑」と類似しており、アナトール・フランスのエッセイ集をベースにして書いたものだとされます。

芥川が、フランスの当時最新の文学に通じていて、その動向を意識していたのは、確か、「ある阿呆の一生」のなかにも、それを示唆する言葉が出てきます。

芥川の文体は独特であり、合理的で、日本語として少し奇妙なところがあるのですが、これは多分、フランス文学の影響です。「河童」なども、アナトール・フランスの作品のどれかに、または複数の作品に、そのスタイルの元があります。

参考2は、Google で、「芥川龍之介 河童 アナトール ローデンバック」で検索すると出てきます。htmlヴァージョンがありますから、この最初の部分を見ると、フランス文学が、芥川の作品にどれだけ影響を与えたかの説明が短いですがあります。(参考2は、横に長くなるのを防ぐため、途中で切っています。つなぐと完全なURLになります)。

>参考1:図書カード
>http://www.aozora.gr.jp/cards/anatolefrance/BALT.html

>参考2:[PDF]文学の水脈‐‐‐‐‐‐‐ローデンバックと ...
>http://www.google.co.jp/search?q=cache:qPBSgXFzkVUC:www.copymart.gr.jp/publish/user
/pdf/026.pdf+%E8%8A%A5%E5%B7%9D%E9%BE%8D%E4%B9%8B%E4%BB%8B%E3%80%80%E6%B2%B3%E7%
AB%A5%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%80%E3%83%95%E3
%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja

>参考3:Google 検索エンジン
>http://www.google.com/
 

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/anatolefrance/BALT.html,http://www.google.com/

 
芥川龍之介は、作品モチーフとして、「今昔物語」を援用しました。しかし、意外に知られていないのは、その文体や、短編小説構成の技術が、フランス文学の影響を受けているということです。

とりわけ、アナトール・フランスというフランスの作家の影響を彼は受けており、自分でも、フランスの作品を、参考URLにあるように翻訳しています。

対照表がないので、はっきりとは言えないのですが、アナトール・フランスの作品が書かれると、それに少し遅れて、類似したスタイルの芥川の作品が書かれている...続きを読む

Q大江健三郎の文学史における位置づけは?

日本の近現代文学史に関して質問します。
ある文学史に関する選択肢回答方式の問題を解いていますが、大江健三郎について悩んでいます。外国で発行されたと言われるある資料によれば、大江健三郎は「第三の新人」の代表的な作家だとされていますが、いろいろ検索していると「第三の新人」の後続グループであるとする記述しか見当たりません。かと言って、どのグループ(例えば社会派)に属すると明記されている記述も見当たらず、大いに混乱しています。その資料が間違いであるとすれば比較的簡単に解決できますが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

大江健三郎の小説自体を社会派と言うのは極論のような気がしますが、現代の状況を元にして発想された小説世界は社会派と言っても良いでしょう。
作家個人の行動としては、社会活動家としての側面も多いわけですから、そう考えると社会派と言っても良いかもしれません。

Qある文学作品の作品名を探しています。

以前ここで同じ質問をさせていただいたのですが、その時は判明しませんでしたので、もう一度同じ質問をさせていただきます。

ある文学作品の作品名を探しています。

多分、作者は森鴎外だと思うのですが、はっきりしません。
文章は口語文でした。

読んだのは関西大学の入試問題を解いていた時でした、
ストーリーとしては、
「主人公が富士山(これもあやふや)に登り、山頂に登りきれず7~8合目の山小屋から日の出を見る」
というシーンがありました。

そこの日の出を見る場面の文章が非常に心に残っており、どうしてももう一度読みたいです。

どなたかご存知の方は宜しくお願いします。
また、確証は無くとも上記のようなシーンのある近代日本文学小説をご存知でしたらお知らせ下さい。

Aベストアンサー

日の出の描写が有名な文学作品ということなら(条件はかなり違いますが)
志賀直哉の『暗夜行路』かも。

http://www.geocities.co.jp/Outdoors-Mountain/1781/yamanavi/daisen/index.html

の中程に、その部分の文章があります。

Q朝日新聞と大江健三郎について

11月06日の朝日新聞の書評で高橋源一郎氏が、大江健三郎著「さようなら、私の本よ!」について次のように書いてます。
「 大江健三郎は、現存する、最大の顰蹙(ひんしゅく)作家である、とぼくは考える。
例えば、戦後民主主義へのナイーヴな信頼や、政治的アクションへの止(や)むことのない参加は、高度資本主義下の日本人の多数にとって、顰蹙ものである。
さらに顰蹙をかうのは、その作品だ。」と、続きます。
http://book.asahi.com/review/TKY200511080298.html

なんか、私には、大江氏のことをすごいけなしてるようにみえるけど、そうゆう風にとらえていいんでしょうか。
だって、朝日新聞と大江氏は仲いいんじゃなかったでしたっけ。

Aベストアンサー

…もっと何度も熟読される事をおすすめします。
「顰蹙を買うことを恐れずに書き続けている」というニュアンスかと思われますが。

Q有島武雄の小説で聖書かキリスト教に関する作品は?

「惜しみなく愛は奪う」と「カインの末裔」以外でお願いします。ちょっとでも関係があればよいです。
その関係しているところも教えて下さい。

Aベストアンサー

ずいぶん前に読んだ小説なのでウロ覚えですが、
以下のような話でしたよ。

主人公葉子のおっかさんやその周囲が
キリスト教婦人同盟のお偉いさんかなんかで
葉子もその教育のもとに育ったけど神へのひたむきな憧憬を
異性への情欲と誤解されて(縫い物か何かがきっかけだったと思う)、
はねっかえりになる。最初の夫と離婚した後も厳格な信徒連からは、
マグダラのマリア呼ばわりの叱責と白眼視を受けしぶしぶながら、
やはりクリスチャンの二番目の夫(在米)と再婚し渡米したかと思いきや、
(この船内でもクリスチャンの意地悪な夫人とひと悶着もありーの)
ところがどっこい渡米の船内で知り合ったイケめんマッチョの男性と
とっとと帰国。何のかんのと夫をだまくらかして送金させながらも、
不倫相手との人目を忍ぶ甘くいけない同棲生活が始まったのであった。
夫の親友で葉子の情事を知るクリスチャンの青年から切々と神の愛を説かれ、
堕罪を糾弾された葉子はさすがに多少の良心の痛みを感じるものの、
そこは持ち前の度胸とはったりで体よく追い返す。まではよかったが、
さてしだいに実際生活に窮した不倫相手が葉子を捨てるに及ぶや、
精神も肉体もすでにボロボロの葉子は(身籠っていたかどうだったかな?)
病床もう駄目というところで回心し一縷の望みで声を振り絞り
クリスチャン学校の先生(?)みたいな人を呼べど叫べどその人は来ず……
で、終わっていたように記憶してます。(細かいところで違うか)
ウソかホントか、国木田独歩から逃げた佐々城信子が葉子のモデルだそうで、
そうすると葉子を白眼視する禁欲的な夫人同盟とは、
キリスト教矯風会がモデルという話で通っているようです。
まあそうしたモデル論はともかくとして、
夫の友人の青年が葉子を説教する場面や、
葉子の断末魔の叫びはなかなか差し迫るものがあるよ。
時間があればもっかい読んでみては?

ずいぶん前に読んだ小説なのでウロ覚えですが、
以下のような話でしたよ。

主人公葉子のおっかさんやその周囲が
キリスト教婦人同盟のお偉いさんかなんかで
葉子もその教育のもとに育ったけど神へのひたむきな憧憬を
異性への情欲と誤解されて(縫い物か何かがきっかけだったと思う)、
はねっかえりになる。最初の夫と離婚した後も厳格な信徒連からは、
マグダラのマリア呼ばわりの叱責と白眼視を受けしぶしぶながら、
やはりクリスチャンの二番目の夫(在米)と再婚し渡米したかと思いきや、
(この船内でもク...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報