アクリル板の一部(5cm×3cmくらいの範囲)の厚みを1~2mm弱程度薄くしたいのですが、良い方法はあるでしょうか? 透明ではなくなってもいいですが、仕上がりは出来るだけきれい(滑らか)な方が良いです。

A 回答 (6件)

二つ方法が有りますがどちらも根気が要ります。

一つはペーパーの粗いので(#60か80位)で自分の手で鑢を掛けて行く方法。もう一つはホームセンターで
入手出来るオービダル・サンダーを買って機械で行う方法です。どちらもかなりペーパーは入りますので多少の出費は必要です。何れかの仕上がりがいいかは機械の方が好いと思われます。ペーパーで行う際はアクリルに直接ペーパーは掛けないで何か入らないサギの廃材にペーパーを3点にして巻きつけると均等な力で削る事が出来ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

オービダル・サンダーをネットで調べたところ、木材の加工によく使われるみたいですが、アクリルにつかっても大丈夫なのでしょうか? 摩擦熱でアクリルが溶けてぐちゃぐちゃになったりしないのでしょうか? アクリル用のオービダル・サンダーがあるのでしょうか?

他の方にも幾つか工作機械を紹介していただきましたが、摩擦熱でアクリルが溶けてしまって収拾がつかなくならないかどうか心配です。

お礼日時:2009/05/13 17:54

そうですね。

オービダル・サンダーの速度を遅くして削れば溶けないと思います。仕上げにペーパーで仕上げれば綺麗に出来ると思います。兎に角アクリルですのでどんな機械で削る場合でも速度を遅くして様子を見ながら削って行く事がポイントと仕上げは手作業で仕上げれば綺麗に出来ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。様子を見ながらちょっとずつ削るのがコツみたいですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/14 09:25

No2です。

補足です。
私はこういうセットを持っていますので、やるとしたらこんな感じです。
http://www.stewmac.com/shop/Tools/Special_tools_ …
これなら必ず一定の深さでエッジも底面もきれいに仕上がります。

同様のことがトリマーでできますが、こちらのほうはホームセンターで数千円で安売りがあるかもしれません(多少ベースがちゃちですが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そのような道具があるのですね!
便利そうで仕上がりもとてもきれいに出来そうで、一台あるととても便利そうですね。

でも、高価ですね。。今回は、そのように凝った細工をするわけではないので、購入はちょっと躊躇してしまいます。。
アクリルの箱を作って中にものを入れて蓋をしてみたら、入れたものの一部分が蓋にちょっとぶつかって蓋がきっちり閉まらないので、ぶつかる部分だけを削って蓋が閉まるようにしたいだけで、そのようにきれいな細工は必要ないので、もっと手軽に安く出来る方法にしたいです。

お礼日時:2009/05/13 17:31

電気ドリルに軸付き砥石をくわえてやって御覧なさい。


波にならないようにするのが難しいかな。
仕上げはやすりがけくらいですかね。(サンドペーパーを使う)

この回答への補足

ありがとうございます。

確かに波にならないようにするにはだいぶ熟練が必要そうで、きれいに仕上げるのは素人には難しそうですね。
でも、わりと安価で手軽に出来そうなので、仕上がりを少し妥協すれば、良いかもしれませんね。検討してみます。

補足日時:2009/05/13 17:42
    • good
    • 0

あまり大きいものでなければ2枚が重ねで一枚に穴を開ければ


きれいに一部が薄くなった状態になりますね

この回答への補足

ありがとうございます。

あらかじめ一部を薄くしないといけないことがわかっていたら、そうするのが簡単そうですね。今度からはそうします。

今回は作った後で気づいたので、削る方法で対処したいと思っています。

補足日時:2009/05/13 17:32
    • good
    • 0

「一部」というのが板の中央部とかであれば、それはもうトリマー(またはルーター)を使う以外の方法を思いつきません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭素鋼とS45Cの説明

炭素鋼とS45Cの違いとは何ですか?
また、炭素鋼とはどのようなもので、S45Cとはどのようなものですか?
回答をお願いします。

Aベストアンサー

※炭素鋼
鉄と炭素の合金のことである。炭素含有量が、最低で0.02[mass%]含まれるものを指す。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E7%B4%A0%E9%8B%BC

※S45C
炭素の添加量が0.45質量%の場合は,「S45C」と表記される。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD_LEAF/20050808/107437/


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%BC
世間一般の人が鉄というとSS材のことで、SC材は鉄より強い性質があり、
軸など強度が求められる場所で使われることが多い。

Qポリプロピレン板の厚み1mmくらいで600×600mm以上の透明を探しています。

ポリプロピレン板、もしくはポリエチレン板の厚み1mmくらいで600×600mm以上の透明を探しています。
ホームセンターで見かけるアクリルサンデーのPPクラフトシートはラインが入っていて使えません。
ネット通販の、はざい屋さんでは透明な物は取り扱いがないです。
ネットでだいぶ調べたのですが見つけることができませんでした。
上記のサイズで1枚から販売してくれるお店や、ネット通販の店をご存知でしたら教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アクリルで良ければ、以下製品シールより

アクリルサンデー板
透明度抜群アクリル樹脂板
色番 「IR001強化透明」
サイズ 600×1100mm
厚み 1mm
素材 アクリル樹脂
特徴 長期屋外でも劣化しない、ガラスより軽く強い、透明板は透明度抜群
比重 1.19
使用温度 -60~80℃
燃焼性 可燃性
お客様専用フリーダイヤル 0120-005-998

此は全面透明で筋や線など入っていません、ホームセンターで購入しました、無ければこの色番で取り寄せて貰えます、お値段は約¥2600程でした。

Qs45cのアーク溶接

車用部品を製作の為、s45cでの旋盤加工の発注をする為に、図面製作中なのですが、旋盤加工後、アーク溶接にて溶接予定でいました。
今日、ネットで色々調べていた所、s45cの溶接は、余熱?等の前処理が必要で、単純に溶接しても、すぐに溶接が外れるとの文章を目にしたのですが、本当なのでしょうか?

その部品自体、最大で1~2トンの力がかかりそうな部品ですので、強度をssよりも上げたいのですが、もし、s45cでは、溶接困難でしたら、他の材質に変えたいと思うのですが、何か良い材料はありますか?

Aベストアンサー

溶接技術の宝庫↓

車用部品で、しかも1~2tonの重量が掛かる・・・
動体で振動を伴う部分での使用に際してなので、
充分な材質特性知識&溶接知識は必要です。公道ですよね??
自己責任の範囲を超えぬ様、まずは特性からどうぞ↓↓
「長いURLですがピンポイントだと思います」

http://www-it.jwes.or.jp/search/usearch.jsp?p_Query=s45c&p_Cond=1&bnrui_no1=7&bnrui_no2=&p_Action=Search&p_DefGrp=D_QA&line_num=10&act=search

Qアクリル板の幅を1〜2mm削りたいです。 アクリル板をオーダーしたのですが、幅が1〜2mm大きく枠に

アクリル板の幅を1〜2mm削りたいです。
アクリル板をオーダーしたのですが、幅が1〜2mm大きく枠に収まりません。
(サイズ 350mm×410mm 厚さ2mm)

予算的な問題から、電動工具は買いたくないのですが、どのような方法で削るのが良いでしょうか?

自分で調べたところだと、平やすりで削る。もしくは、かんなで削る。と、行き着いたのですが、他に良い方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

厚さ2mmで削り幅2mmだと、面倒ですけど平ヤスリですかねぇ。結構時間と握力を使います。握力。

私がやるならアクリルカッターを使い慣れてるので、アクリルカッターでやると思いますが、慣れてない人が2mm(刃の厚みが0.5mmあるので実質1.5mm幅)だけをまっすぐに切るのはかなり難しいと思います。アクリルカッターで切ってもヤスリで仕上げが必要ですし。

Q水冷したS45Cの再加熱について

水冷し、マルテンサイト相にしたS45Cを620℃で再加熱したら、パーライトとフェライト(おそらくフェライトバンド)になっていました。S45Cの変態温度は727℃であるのに、なぜでしょうか?ちなみに真空雰囲気で冷却し、常温になるまで1時間ほどかかりました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

良い経験をなさいました。固体内の拡散速度を考えることになります。
最初にS45Cをオーステナイト化したときに、均一なオーステナイト相になっていなかったと考えるべきです。事実そうです。それで焼入れしてマルテンサイトを得たときにも炭素濃度には局所的な揺らぎが残っていたのです。この組織を620℃に持ってきたときには、それが極短時間ならば局所的には微細な炭化物とα鉄とに分離したはずです。ところが620℃でかなりの長時間を与えますと、組織の背後にあった炭素濃度の揺らぎが表れてきて、炭素の濃淡が出発材と同じ程度に「見えて」くるのです。厳密にはセメンタイトの形状が少し乱れます。これら処理を繰り返せば「セメンタイトの球状化処理」に繋がります。ご勉強ください。
考えるべき要素は「1、固体内の拡散は遅い」「2、異相界面には表面張力が無視できない」でしょう。

Q縦30cm横30cm厚み6mmの焼杉板を二枚つなぎたいのですが・・・

横につないで縦30cm横60cmの一枚の板にしたいのですが、
厚みが薄いのでどのようにつなぐのが一番いいでしょうか?
つないでできた板は窓に立てかけて日よけにするので、
金具でつなぐ場合はできるだけおしゃれに見えるものがいいです。
アドバイスを是非お願いします。

Aベストアンサー

接着剤を使って、波釘でつなぐのがいいのかな。
いっそ蝶番を使うという手もあると思います。
枠をつけてはめ込めば確実です。

Qワッシャーの材質について(S45C、SUS304、SUS420J2)

ネットでワッシャーを買おうと思うのですが、材質を下記の中から選べるようになっています。
一番品質が優れている材質はどれでしょうか?

S45C
SUS304
SUS420J2

また、S45Cの表面処理は「四三酸化鉄皮膜」と「無電解ニッケルメッキ」という2種類があるようですが、それぞれ品質や見た目にどのような違いがあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

品質はみなほぼ同じです

材質の違いです

炭素鋼で炭素の添加量が0.45質量%の場合は,「S45C」と表記さます
http://www.neji-nakamura.co.jp/mame2.htm

SUS304
SUS420J2
http://mizumoto-mm.co.jp/chain_j/CH01-1_.html


使う用途により使う場所が違うだけです

屋外では
SUS 又は 溶融亜鉛めっき など 腐食に強い物


大きな力が掛かる
SUS420J2 や 高炭素鋼の物

などを選り分けて使うことに成ります

Q厚さ2mmの透明アクリル板どうしを直角に接着する方法

お世話になります。

ショーケースを作ろうと、アクリル板を買ってきました。
まずセロハンテープで板どうしを直角に仮どめし、接着剤(非アクリル専用)を流し込もうとしてみたのですが、どうも接着剤が余計なところに付いてしまったり、ぐらぐらしてしまったりして、上手にくっつきません。

もっと上手な付け方があるのかな?と思い、ご質問します。
DIYはド素人ですので、基礎的なことをすっ飛ばしている可能性も大いにあります。

どんなことでも助かりますので、アドバイスを頂けますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 全体の大きさが不明ですので、荷重や扱いの問題は抜きで知っている事を記します。

 母材が「アクリル板」と言う事で、使われた接着剤が何故非アクリル専用なのでしょう?通常はアクリル専用を用いるべきですが。

 私もアクリル材を用いて工作した時、手持ちの接着剤が塩ビ用しかなかったのでそれを用いました。何とかくっついたようですが邪道です、接着力は弱いと思っております。

 これらの素材を接着するのは、さらさらの液体でよく流れます。それ自身に接着する力?があるわけでなく母材を溶かして接着が行われるのです。従って接着する両面は出来るだけきれいに合わされているほうが母材同士の接着力が増すわけです。うまく行けば2ミリでも充分強く接着できます、無理にはがそうとすれば他が壊れるでしょう。

 くどいですが、接着面はきれいに仕上げてください、水をたらしたら全ての接着面に流れてゆくくらいに。そして、接着剤を流したら動かないように。(最初から固定する方が良いです)ほんの20~30秒程度ですけど。

 注意として、接着剤は付属品の注射器で流しますが針の先からこぼされた液は一滴でもこぼれたらきれいな面を犯しますので、いざ!の場所まで注射器を下に向けないでください。

 全体の大きさが不明ですので、荷重や扱いの問題は抜きで知っている事を記します。

 母材が「アクリル板」と言う事で、使われた接着剤が何故非アクリル専用なのでしょう?通常はアクリル専用を用いるべきですが。

 私もアクリル材を用いて工作した時、手持ちの接着剤が塩ビ用しかなかったのでそれを用いました。何とかくっついたようですが邪道です、接着力は弱いと思っております。

 これらの素材を接着するのは、さらさらの液体でよく流れます。それ自身に接着する力?があるわけでなく母材を溶か...続きを読む

QS45CとSC45の違い

S45CとSC45の違いを教えてください。
色、強度等おねがいします。
初心者なので名前が似ていてよく間違えます。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

Sが頭に付くと、スティールで鋼(鉄を成分調整し、指定の強度を持たせたもの)を表し、
次のアルファベットは成分、もしくは、作り方を表します。
S45Cは0.45%の炭素が混入してあるということです。
SCのCは、#1さんの言われる通りキャスト(鋳造)のCです。
ねずみ鋳鉄はFC、ダクタイルはFCDとなり、45はその引っ張り強度を示しています。
1平方ミリで450Nの引っ張り強度があります。(伸びないってことじゃないです。降伏点に達しないってことです)
S45Cは一般的に平鋼や丸棒で売られ、加工します。
SC45は型に流して、自動車の部品など、複雑な形状を必要とするものに使われます。この場合焼きが入ってしまうので、焼きなましして、指定の硬度まで下げて加工できるようにします。

Qアクリル板(4mm)に約12cmの穴を開けるにはどうすればよいですか?

アクリル板(4mm)に約12cmの穴を開けるにはどうすればよいですか?

できるだけ簡単で安く仕上がる方法を教えてください

Aベストアンサー

 工作大好き人間です。
この場合、一番安価でかつ実現性があるのは12CMの円の内側に(線に掛からないようにぎりぎりで)3ミリから4ミリ程度の穴を連続して開けます。
 一周ぐるりと開けたら穴と穴の間を丸の棒やすリでこすり、穴をつなげます。全部つなげたら、ふちがぎざぎざで残りますから、これを半丸やすり等で仕上げれば良いでしょう。

 仕上げのやり方しだいで精度と見栄えは大きく違ってきます。用途によって考えれば良いと思います。(サンドペーパーの番手等)

 電気ドリルを使用する場合、連続で穴を開けるとドリルが加熱されてアクリルが溶けてしまいますので要注意です。

 ふちのぎざぎざを仕上げる時もディスクグラインダー・ルーター・等の器具を使う場合は加熱
に注意しましょう。

 4ミリ厚のアクリルとなると手作業ではかなり大変だと思います。

 それから穴あけの際、注意しないとアクリルにヒビが入ります。穴が開く直前に力を緩める等のコツが必要です。プラスチック用のビットを使うのも有効ですが、別途用意するのも大変なので、私は鉄鋼用ドリルで代用しています。ドリルの太さを抑えるのもこの対策の一環です。

 端材等で練習してからが良いと思います。
 
 参考になれば光栄です。

 工作大好き人間です。
この場合、一番安価でかつ実現性があるのは12CMの円の内側に(線に掛からないようにぎりぎりで)3ミリから4ミリ程度の穴を連続して開けます。
 一周ぐるりと開けたら穴と穴の間を丸の棒やすリでこすり、穴をつなげます。全部つなげたら、ふちがぎざぎざで残りますから、これを半丸やすり等で仕上げれば良いでしょう。

 仕上げのやり方しだいで精度と見栄えは大きく違ってきます。用途によって考えれば良いと思います。(サンドペーパーの番手等)

 電気ドリルを使用する場合、連続で...続きを読む


人気Q&Aランキング