小学生の子どもを持つものです。昨日、中学入試の問題だといわれ、子どもから質問されたのですが、どう考えてもわからないのでこちらで質問させていただきます。
図にかけないので、言葉での説明となりますが。

台形の下辺の長さが4cm、下辺から上辺への角度が両方とも30度、
下底以外の3辺はすべて長さが等しい台形の面積を求めるというものです。小学校でのレベルで説明がつきますでしょうか?
それとも三平方の定理などを使わないと駄目でしょうか?
どうぞお助けください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No2です。

図を考えて簡単かと思いましたがあとから御指摘が御座いましたようにこれは小学校レベルではないですね。
60°と30°の角度の三角定規の辺の長さの比が1:2:√3だと知っていたら簡単だとおもいましたが、その後が考え方からして面倒でした。そもそも三角定規から入ると絵が2通り描けるのですね。(どうおいても結果は同じになりますが...)
(i)30°が台形の底角ですから、斜辺(長さを仮に2aとします)を台形の斜辺、(√3)aの辺を台形の底辺の一部なるように両サイドにおきます。題意により、上辺の長さも2aになりますから三角形の間にはいる長方形は幅2a、高さaです。
このaを求める計算も、そのあとの面積の計算も小学生には難しすぎでしょうね。
(√3)a+(√3)a+2a=4
即ち
a(√3+1)=2
から
a=2/(√3+1)=2(√3-1)/(3-1)=√3-1
となります。これを使って以下のようになります。
上底;2(√3-1)
下底;4
高さ;√3-1
台形公式より面積をもとめると(2(√3-1)+4)*(√3-1)/2=(√3+1)*(√3-1)=2(cm^2)となります。(No4さんと同じです。)

(ii)三角定規の斜辺(長さ2aとする。)を台形の底辺になるように置くと、(√3)aの辺が台形の斜辺になります。この時台形の上辺が(√3)aになる必要がありますので、三角形の直角間の距離が(√3)aです。三角形の直角から台形の底辺(三角形の斜辺)に下ろした垂線の足は30°の角から3a/2、60°の角からはa/2の位置です。よって60°の部分をくっつけておいてしまうと上辺はaにしかなりません。(√3)aの長さにするためには60°角を(√3-1)a離して置く必要があります。よってこの時のaを求める式は
4=2a+2a+(√3-1)a=(√3+3)a...(4)
これより
a=4/(√3+3)=2(3-√3)/3...(5)
これより台形の上底の長さは
(√3)a=2(3√3-3)/3=(6√3-6)/3=2(√3-1)...(6)
となり、また高さは
(√3)a/2=√3(3-√3)/3=(3√3-3)/3=√3-1...(7)
となります。この結果は上底、下底、高さとも(i)と同じですから面積は2となります。

(iii)そもそも三角定規のおき方などというものを考えないのでしたら、相等しい三辺の長さをaとし、底辺についてa+2acos30°=4としてaを計算すれば面積は簡単に出ますが、それだとますます小学生の問題ではないでしょうね。

安直に答えてすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ私の質問に答えていただき、ありがとうございました。とてもわかりやすい説明で助かりました。√が出てきて、これはもう小学生には教えるのは無理ですよね。私自身も√の計算があやふやで、行き詰っておりました。

お礼日時:2009/05/13 19:25

まず、説明を進めやすくするために記号を振ります


台形の左上の頂点から反時計回りにABCDとします
次に上辺の左右の頂点A、Dから下辺に垂線を引き、それぞれの交点をE、Fとします

ここまでで図形が左右2つの三角形と真ん中の長方形に分割されます

少し複雑なのでまず道筋を示します
下辺BCの中点Mを取ります
Mから垂直に上辺方向に半直線を引き、上辺との交点をG、半直線上にBM=CM=HMとなる点Hを取ります
HとCを結んでできる三角形HMCの面積が台形ABCDの面積と等しくなることを利用して2×2÷2=2と小学生の範囲内の知識でどうにか求めることができます

何故そうなるのかですが、
三角形HMCの中に含まれる台形GMCDは元の台形の右半分と同じものですから、残りの部分の面積が台形の左半分と一致すれば良いことになります

HDを結んでできる三角形HGDと三角形ABEは同じ三角形ですので、後は三角形HDCと四角形AEMGが等しいことが分かればよいことになります

これを示すために対角線BDと補助線DEを引きます
台形の上辺と下辺は平行ですので、三角形ABDと三角形AEDの面積は等しくなります(平行線を利用した面積の移動は中学受験の範囲内です)

三角形AEDは長方形AEFDの半分の面積ですから、同じく長方形AEFDの半分の面積である四角形AEMGとも等しくなります

また、三角形ABDは件の三角形HDCと合同な三角形です(題意や補助線の作図時の条件からAB=AD=DC=DH、角BAD=角CDH、残りの角度も同じであることが分かります。条件を満たせば合同というのも中学受験では使用してよい知識です)
これで三角形HDCと四角形AEMGの面積が等しいことが分かるわけです

このように考えればどうにか中学受験までの知識で解くことが可能ですが、この問題かなりの難易度ですね……とんでもない高レベルの私立校でないとお目にかからないような……?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ私の質問にとても丁寧に答えていただき、ありがとうございました。私の知識ではどうにも答えが出せず、時々思い出してはいましたが、お手上げ状態でした。でも中学受験の知識でも解けることに感動しました。先生がどこからこの問題を探してきたのかは、敢えて聞いてはいませんが、おっしゃるとおり、かなりの難易度ですよね。この度は本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/01/16 20:27

小生も朝からこの問題にチャレンジしました。


三平方の定理を使わないと(正三角形の高さを求める)この問題は解けないと思います。
で中学入試問題というと多分別の解があるのでしょう。小生にはわかりません。2平方センチというのが答えと思うのですが(高さがルート3ー1、城辺の長さがその倍となると思うのですが)。どうも頭が堅いのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ私の質問に回答いただき、ありがとうございました。三平方の定理を使わないとわからないとは思ったものの、子どもにどのように説明していいか、わからず困り果てておりました。

お礼日時:2009/05/13 18:26

こんにちは。


#1さん、#2さんと意見は異なりますが、
小学生の算数で「ルート」は出てこないと思うので、この問題は小学生では解けないと思います。
高校入試の問題、と言っても構わないくらいのレベルのような気がします・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の質問にわざわざご回答いただき、ありがとうございました。やはり小学生レベルではないですよね。私自身、お手上げ状態でした。

お礼日時:2009/05/13 18:19

No1さんの言われるように図を書いてみれば判り易いです。

二つの同じ形三角形と間に長方形を挟んだ形ということになります。両サイドの二つの三角形が三角定規の直角三角形です。これの斜辺の長さが2、直角を挟んで短い方が1、長いほうが√3であることを知っていればよいのですが...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の質問にわざわざご回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 18:17

実際に図形を書いて頂いたら分かると思います。

補助線に注目です。後は、簡単です。三角形の面積と四角形の面積を足せばいいのですから(ちなみに、底辺から30度ですから残りは、90度と60度ですから自ずと出てくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の質問にわざわざご回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台形の体積

台形の体積の求め方を教えて下さい。
底面積(a1×a2)、上面積(b1×b2)、高さh、勾配1:1とする場合の体積の求め方。
勾配が変わった場合はどうなるのか。
また、オペリスク公式とは何か教えてください

Aベストアンサー

S=h/3*{a1a2+b1b2+sqrt(a1a2+b1b2)}っていうのなら、
四角錐のうち、底面に平行な平面で小さな四角錐を切り取ってできる図形(塾の授業では「四角錐台」と呼んでいました)では、相似を使って簡単に示せます。
(以下、切り取った四角錐を(小)、(小)を乗せてもとの四角錐を復活させたものを(大)と呼びます)

(大)と(小)は、頂点を相似の中心とする相似の位置にあり、相似比はa:b(体積比はa^3:b^3)
よって、(小)の高さは、h*{a/(b-a)}であり、求める四角錐台の体積は(小)×{(b^3-a^3)/a^3}となることから、ちょいと計算すればできるはずです。

ところで、私はよく知りませんが、ここでいう「勾配」ってなんでしょうか?そもそも考えられている立体の4本の脚を伸ばすと1点で交わるのでしょうか?(つまり四角錐を切断した形なのか否か?)

Q角度θと斜辺の長さから底辺と対辺の長さの求め方を・・

すみません、「計算式」を教えて頂きたいのですが、

角度θと斜辺の長さが解っている垂直三角形から
底辺と対辺の長さの数字を求めるにはどう計算すればよろしいのでしょうか?

cosθ=底辺÷斜辺
sinθ=対辺÷斜辺
という式は見つけたのですが、これでは斜辺しか数値が解らず計算できません。

また、勘違いしているかもなのですが
sin=対辺 cos=底辺 tan=斜辺 の事ですよね?
sinθ cosθ tanθとは底辺と角度を掛けた(?)物という意味なのでしょうか?

ここを読んでこい 的なリンクだけのご回答でも全然構いませんので、
何か教えて下さると幸いです。

Aベストアンサー

言葉がずいぶん違うので間違っていたらごめんなさい。

直角三角形で三角関数は定義されます。
底辺の長さは斜辺かけcosθで求められます。角度θからcoθを求めるのは数表か関数電卓が要ります。

Qダムのような形の体積の求め方を教えてください。

断面図(横から)も台形(上辺1m、下辺2m、高さ3m)
正面図(前から)も台形(上辺5m、下辺3m、高さ3m)

谷などに作られているコンクリート製のダムのようなの形の体積の求め方を教えてください。
上からみた平面図は、5m×1mの長方形の下に、上辺5m、下辺3m、高さ1mの台形がくっついた形になります。

断面図の面積と正面図の面積を掛けるような回答がありましたが、いまいち理解できません。考え方を教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

#3です。
図面をダムの下流側から見た図と捉えていました。平面図の上下が逆に描いてあったなら間違えなかったと思います。
補足からすると平面図はダム湖側が下側(ダム下流側が上側)に描かれていると分かりました。製図の第三角法の三面図で描いてあったなら間違わなかったと思います。#4さんの図と符合して、ダム湖側から見た図と分かりました。
それで#1さんの式に納得がいきました。
A#3は質問者の意図する図と異なる回答なので撤回しますので無視して下さい。

なお、#1さんの式の
ダムコンクリートの水平断面の長方形は(#4さんの図面参照)
ダム湖-下流の方向の厚さ方向が(2-x/3)m
ダムの左右の幅方向が(3+2x/3)m
になりますね。
x=0m(ダムの底)で 2m×3mの長方形
x=3m(ダムの一番上の面)で 1m×5mの長方形になり、
その途中のxmで線形補間した式が
(2-x/3)mと(3+2x/3)mですので
ダムコンクリートの水平断面の長方形の面積

(2-x/3)m×(3+2x/3)m=(2-x/3)(3+2x/3)m^2
と#1さんの式になるということですね。
つまりダムコンクリートの体積Vは
V=∫[0,3](2-x/3)(3+2x/3)dx
で計算でき
V=∫[0,3]{-(2/9)*(x^2)+(1/3)x+6}dx
=35/2=17.5 m^3(立方メートル
となりますね。

#3です。
図面をダムの下流側から見た図と捉えていました。平面図の上下が逆に描いてあったなら間違えなかったと思います。
補足からすると平面図はダム湖側が下側(ダム下流側が上側)に描かれていると分かりました。製図の第三角法の三面図で描いてあったなら間違わなかったと思います。#4さんの図と符合して、ダム湖側から見た図と分かりました。
それで#1さんの式に納得がいきました。
A#3は質問者の意図する図と異なる回答なので撤回しますので無視して下さい。

なお、#1さんの式の
ダムコンクリー...続きを読む

Q台形の上辺の長さの求め方

これは何年生くらいの問題なのでしょうか?

台形の下辺の長さが130cm、高さが30cm、下辺から上辺への角度が両方とも60度
これで、上辺を求める計算方法を教えていただきたいです。
1/10のスケールで直接紙に書いて測ったところ、9.4cm
つまり、94cmとなりましたがどうなんでしょうか?

もっと勉強しておくべきでした・・・

Aベストアンサー

CADで図面を計測したところ、95.359でした。
紙に書いて計る方法は小学3年生くらいの問題でしょうか。

Q錐形の体積 の算出方を教えてください。

底辺が79mm、上辺が39mm、高さが20mmの台形錐?の体積を知りたいのですが・・・。
39.5*39.5*3.14*20*1/3 で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

単語が意味不明ですが
上底の半径が19.5mm、下底の半径が39.5mmで高さが20mmの円錐台のことですね

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E9%8C%90%E5%8F%B0

この式にそれぞれの値を代入してください

参考URL:http://www.rd.mmtr.or.jp/~bunryu/ensuidai1.htm

Q台形の任意の高さにおける上辺の長さ

相似関係の2つの台形の高さがそれぞれx、Lで、底辺はどちらもdであるとき、高さがxのとき台形の上辺は

dx = (dL-d)x/L + d

になると本に書いてあったのですが証明方法が解りません・・・
証明方法を教えてください。
相似関係であることが関係しているのですか?

Aベストアンサー

左上のかどから台形の右の辺に平行な線を引けば、左にできる
三角形の相似で
L:(L-x)=(d-dL):(dxーdL)が成り立ちます。
よって
L(dxーdL)=(L-x)(d-dL)
LdxーLdL=(L-x)(d-dL)
Ldx=(L-x)(d-dL)+LdL
  =Ld-LdLーxd+xdL+LdL
  =Ldーxd+xdL
∴dx=d+(dLーd)x/L

Q直方体を切ってできた立体の体積は?

直方体を平面ABCDで切ってできた立体の体積をどうやって求めたらよいかわかりません。
変形台形です。

Aベストアンサー

とりあえず、答えが分かったと思うので回答します。
あまり、いい解き方ではないかもしれませんが参考程度に見てください。
まず、説明がしやすいように底面の頂点に文字をあてます。
頂点Aの下の頂点をEとして反時計回りにE,F,G,Hとします。
次にCP=2cmになるようにCG上に点Pを、DQ=2cmになるようにDH上に点Qをとります。
そうするとAEFB≡QHGPでAEFB-QHGPは四角柱になります。
また、AQD≡BPCで、かつAQDとBPCは平行なのでAQD-BPCは斜三角柱になります。
ついでに、∠AQDはAEHQが長方形なので90°になり、AQDの面積は簡単に求められます。
だから、
1/2 (AE+BF)×EF×FG+1/2 AQ×QD×GH=1/2 (5+3)×3×6+1/2×6×2×3
=72+18=90
よって、90cm^3になる
これであってるでしょうか?

Q台形の「面積・底辺・角度」から『上辺と高さ』の求め方

台形の
面積、底辺、角度が解っている場合に
その『高さと上辺』の求める方法を教えて頂きたいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下底が20mで面積が100m^2なら、
 X^2-40X+200=0 を解いて、X=20±10√(2)を得ます。

ここで、上底の長さは20-Xですから、X=20+10√(2)を代入すると、マイナスになってしまいます。
従って、X=20+10√(2)はあり得ず、残ったX=20-10√(2)が正解となります。

すなわち、
 台形の上底=20-X=20-20+10√(2)=10√(2)
 台形の高さ=20-10√(2)
となります。

Q体積の求め方の解法で間違えを教えてください。

図のようにAB平行DC、∠BCD=90度、AB=3cm、BC=5cm、DC=6cmである台形ABCDである。この台形を辺DCを軸として1回転させてできる立体の体積を求めなさい。ただし、円周率はπとする。


私は、次のように解きましたが、解答が間違えていました。
ちなみに100πでした。
どこがおかしいかご指摘お願いします。

5×5×π×6=150π
3×5×π×3=45π
150π-45π=105π

Aベストアンサー

計算ミスはありませんが、組み立てた式に問題があったようです
なぜそういった式になったかはわかりかねますが、代わりに私の解き方を説明させてもらいます

角Aから辺DCに垂直に交わるように線をひいて、交わる部分をEとします
三角形AEDからできる三角錐と四角形ABCEからできる円柱を足したものが答えなので計算します

三角形AEDからできる三角錐の体積
5×5×π×3×1/3=25π

四角形ABCEからできる円柱
5×5×π×3=75π

二つの合計は100πとなります

疑問点がまだあればここで確認してもらえたらと思います

Q台形の「面積・底辺・角度」から上辺・高さを計算したい(その2)

先ほども似た様な質問をしたのですが、再度質問です。

添付写真のように
台形の「面積・底辺・角度」が解っており、その条件で上辺(W2)・高さ(h)を計算したいのですが。

なお、底辺(W1)及び角度(θ)※は、添付写真の値だけではなく、いろいろな数値で計算したいので
計算式で教えていただえるととても助かります。
※90°は固定値です。150°となっている角度の値を変えて計算したい

どうぞよろしくお願いします。 m(_ _)m

Aベストアンサー

高さ h = (W2 - W1) * tan(180° - θ)  ①

という関係ですね。

台形の面積は、
 S = (1/2) * (W1 + W2) * h   ②
ですから、①を代入すれば
 S = (1/2) * (W1 + W2) * (W2 - W1) * tan(180° - θ)
  = (1/2) * (W2^2 - W1^2) * tan(180° - θ)   ③
です。

分かっている数値から、未知数を求めろと言われれば
 S = 62.5 (m^2)
 W1 = 10 (m)
 θ = 150°
なら、tan(180° - θ) = tan(30°) = 1/√3 ですから
 W2^2 = 2S/tan(180° - θ) + W1^2
    = 2*62.5*√3 + 10^2
    ≒ 216.5 + 100
    = 316.5
より
 W2 ≒ √316.5 ≒ 17.8 (m)
です。

角度 θ を変えたら、③式の S, W, tan(180° - θ) が全部変わりますから、何を基準に W2 を決めるのかが分からなくなります。
何か固定で、何を変えるのかを明確にする必要があると思います。

いずれにせよ、①式と②式または③式を使って、既知の値から未知の値を求めることになるのだと思います。

高さ h = (W2 - W1) * tan(180° - θ)  ①

という関係ですね。

台形の面積は、
 S = (1/2) * (W1 + W2) * h   ②
ですから、①を代入すれば
 S = (1/2) * (W1 + W2) * (W2 - W1) * tan(180° - θ)
  = (1/2) * (W2^2 - W1^2) * tan(180° - θ)   ③
です。

分かっている数値から、未知数を求めろと言われれば
 S = 62.5 (m^2)
 W1 = 10 (m)
 θ = 150°
なら、tan(180° - θ) = tan(30°) = 1/√3 ですから
 W2^2 = 2S/tan(180° - θ) + W1^2
    = 2*62.5*√3 + 10^2
    ≒ 216.5 + 100
    = 3...続きを読む


人気Q&Aランキング