こんにちは。
現在、ダイヤルアップ接続(アナログ)を使用し接続しています。
先日、定額のダイヤルアップサービスはないものかと、質問させて
いただきましたところ、NTTのフレッツISDNがいいそうです。
「定額」というのは、何時間接続しようが、定額ということですよね?
(ISPは関係なく)
ネットで調べてみましたら、2本繋いで回線速度128kbpsとか書いてあり、
電話代2倍とか??意味不明です。2本繋いで(?)2倍になるのなら、
1本だけ繋いでも、料金が発生するのではないかと疑問に思いました。
そもそも、2本使うってどういう事でしょうね。
私は、よくISDNの仕組みを理解しておりませんので、どなたか教えて
いただけませんか?お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

現役でISDNを使っている私がアドバイスを。



フレッツISDNとはNTTが定めた1492番という特別な番号にダイヤルアップして、プロバイダのIDとパスワードを入れることで、NTTの地域IP網(フレッツADSLやBフレッツも使っているネットワーク)を通じて、プロバイダへとつながります。
ちょっと違いますが、簡単に言うと、ISDNの交換網に入る前に、地域IP網(フレッツ網)につなぎますから完全定額制です。

フレッツISDN以前は、プロバイダが設置したアクセスポイントへ、普通の電話番号でダイヤルアップしていました。
普通の電話番号ですから、距離と時間に応じてINS通信料金がかかりました。
昔は市内通話の範囲でカバーできるように各地にアクセスポイントを置いていましたが、ダイヤルアップ利用者が減ったため、0570のナビダイヤルや0088や0077や009191で始まる通信事業者の特番から始まる番号に掛けるようになっていますが、これも時間と(場合によっては距離)に応じて課金されるようになっています。
これは、NTTなどの通信事業者の交換機同士の普通の電話と変わりないやりとりですから、距離と時間に対して普通に料金がかかります。

それと、2本つないで128Kpbsというのはインターネット接続の場合は無視してよいです。それに対応したプロバイダはほとんどありません。
インターネットを介さずに企業の拠点同士を128Kbpsでつなぐとかそういう直接通信できる点が、ISDNがADSLや光インターネットと違う点です。
(当然、128Kbpsでつなぐと通信料金は倍かかりますからね)
    • good
    • 0

NTtの『フレッツ』と名の付くサービスは、


全て定額サービスです。

フレッツISDN
フレッツADSL
フレッツ光

通常、電話として利用する部分は1回線あたり
30%程度で、残りの70%程度は使われていません。
因みにADSLは電話で使われない70%程度の
部分を利用したサービスです。
ISDNは通常の電話で利用しない70%の部分も
電話として使うようにしたものです。
30%の部分=最大64Kbbs=電話1本分
電話線1本のキャパシティーを100%とすれば
電話線1本で3回線まで契約できると仮定すれば、
電話番号2つ+64Kbpsのネット1つか
電話番号1つ+128Kbpsのネット1つだと思います。

電話線そのものを増やす訳では無いと思いますが、
3つのうちの2つの帯域をネットで使うので、1つ
よりも速くなる可能性が高くなります。
付加価値で高くなるだけだと思います。

NTTに聞くと良いと思いますし、ネット検索でも
答えは出ると思います。
    • good
    • 0

フレッツISDNは、64kb/sの定額サービスです。

マルチリンクには対応していません。
今でも、光、ADSLも対応できない所に設置しています。総務省通達です。
NTTとしては、設置したくないサービスです。新しい機器が手に入らないし、もうメーカも無くなっています。
今は、縮小してあまった機器で対応しているのが現実で、そして10年もたつので触れる技術者も不足しています。
私は、プロのネット技術者で、当然触れます。単なる年寄りです。
    • good
    • 1

フレッツISDNは、特定のところ(1492)に64kbpsで接続したときに定額になるサービスです


http://flets.com/isdn/s_outline.html

> 電話代2倍とか??意味不明です。2本繋いで(?)2倍になるのなら、
> 1本だけ繋いでも、料金が発生するのではないかと疑問に思いました。

1本だけつないだら定額ってサービスなので......

今でもNTTやYahoo! BBのADSLが引けない地域はあるはずです
カバー率100%じゃありませんから
    • good
    • 0

今どき、インターネットの接続手段がダイヤルアップとISDNしかない地域なんて、ないはずなんですが・・。


お住まいの地域が田舎でインフラなしと決め付けて、ちゃんと調べないうちに諦めてしまっているだけだと思います。
ちゃんと調べれば、何らかの高速回線(ADSL)は使用できるはず。
ISDNなんて既に過去の通信手段で、新たに導入するようなものではありません。
ADSLと比べて速度が遅くて料金が高いISDNをわざわざ選択するのはナンセンスです。
お住まいの地域のインフラを調べてみて下さい。
    • good
    • 0

ISDNの能力としては128Kbpsありますが、フレッツISDNでは64kbpsのサービスになりますね。

(アナログ回線2本分の能力があるにはあるんです。)
たしかに定額(プロバイダの接続料金は別)ですが、これはフレッツISDN専用の接続ポイントを使用した場合です。うっかりアナログ回線用のほうへつないだりすると料金がうなぎのぼりということもあるので、接続の際は気をつけてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QISDN料金

フレッツISDNでISDNをする場合の料金を調べていたところ、
≪初期費用≫
基本工事費:1,050円 (税込)
交換機等工事費:1,050円 (税込)
≪月々の料金≫
プロバイダー料金:各プロバイダによる
フレッツ・ISDN 月額利用料:2,940円 (税込)

上記の料金のほかに、
”INSネット64 (またはINSネット・64ライト) の基本料金が別途必要です。”とありました。このINSネット64というのはいくら支払えばよいのでしょうか?
これは月々かならずかかる料金ですか?

また、フレッツISDNではないISDNの場合は、
どういった料金がどのくらい必要でしょうか?
(フレッツISDNというのはNTTのISDN回線を使う場合は
みんなフレッツISDNなのでしょうか?それ以外のISDNとは他社?)

Aベストアンサー

>”INSネット64 (またはINSネット・64ライト) の基本料金が別途必要です。”
INSネット64の基本料金は住宅用で2780円、事務用で3530円、(INSネット64ライトは加入権が不要な代わり若干高め、住宅用で3030円、事務用で3780円)
おおよそアナログ加入電話の基本料金の2倍よりちょっと安い程度です。(アナログ2回線と同等の能力を1回線で備えているからです)

これは、アナログ加入電話でも基本料金が毎月かかっていますよ。
電話網を維持するために基本的に必要な料金ですね。

フレッツISDNでインターネットする場合の料金って、
「INSネット基本料金」+「フレッツISDN」+「プロバイダ料金」です。
これ、フレッツADSLでも料金体系はほぼ同じですよ。
「加入電話基本料金」+「フレッツADSL」+「プロバイダ料金」です。
他社ADSLの場合はこのうちのフレッツに相当する分(各社IP網分)料金とプロバイダ料金がいっしょくたにされている場合があります。

フレッツISDN料金って何かって言いますと、NTTの回線からプロバイダへつながるアクセスIP網の料金(定額制)なんですね。
ちょっと違うかもしれませんが、特番1492番にアクセスすると、INS網の交換機を通らずに地域IP網(フレッツ網)につながるようになっていて、そこからプロバイダにつながるんですね。

フレッツISDNを使わない場合は、IP網を使わずに交換機を通してINS網を通ってプロバイダのアクセスポイントに直接つなぐため、時間と距離に応じた従量制の課金となります。つなげばつなぐほどお金がかかる。

>”INSネット64 (またはINSネット・64ライト) の基本料金が別途必要です。”
INSネット64の基本料金は住宅用で2780円、事務用で3530円、(INSネット64ライトは加入権が不要な代わり若干高め、住宅用で3030円、事務用で3780円)
おおよそアナログ加入電話の基本料金の2倍よりちょっと安い程度です。(アナログ2回線と同等の能力を1回線で備えているからです)

これは、アナログ加入電話でも基本料金が毎月かかっていますよ。
電話網を維持するために基本的に必要な料金ですね。

フレッツISDNでインターネッ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報