テニス球出し機(ボールマシン)を購入しました。
早速、市及び県のコートを予約しました。念のためコート管理者(県営、市営)にボールマシンの使用可否を確認したところ
「使用不可」
とのこと。
結構高い機械だったのでもし、使えないとなると残念なのですが、そういうものなのでしょうか?

コート管理担当の方の理由は
・電源の問題
・ボールが周囲に散らばるから隣接コートの方に迷惑がかかる
・商業利用は不可(私的練習用と説明済)
でした。

こちらとしては
・端のコートを利用してボールの散逸には十分注意します
・人の手による機械を使わない球出し練習は日常コートで実施されている
・電池式だから電源は使用しない
とお願いしてみたところ、

「会議をかけて後日回答します。」
とのことでした。
担当の方は「前例が無いので、、、」とも仰っていました。

海外では日常的に使われていると聞いていますが、日本では球出し機の印象は無いのか、あまり良くない様な気がしてきました。
仮にその場で許可を頂いたとしても、後日、球出し機を使った練習中に止められて嫌な思いもしたくないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1.お役所の人も自分でテストをしてみたらよいのにと思います。

使ったらどのようなことが起こるのか、想像してだけで、いくら会議をしても無駄ですね。結果がよければ、役所で購入して備え付けるぐらいの積極性を以て欲しいですね。
2.前例がない時に、新しい例を作るのが進歩でしょう。私など毎日前例のないことをやろうと努力をしています。

しかし、許可が下りるかどうか分からないで購入した貴兄の積極性には驚きました。
電池で動くとは想像もしませんでした。大きなバッテリーでしょうね。機械の持ち込みも大変ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
1.確かに。利用可能な施設はまだ少ないようで、
  個人で購入するには結構高いです。。。
  実際に備え付けてる区営施設に行ったことがありますが、
  そこでは老若男女が利用していました。
  初心者の練習に最適と思うので、
  もっと施設やスクールに備えて欲しいと思っています。
2.公共の福祉の為の標準化であるなら積極的なほうがいいですね。

------
管理者の方から回答がありました。
・ハードコートで利用可
・ボールマシンの下に何か敷く
・隣接コートの人に配慮する
・個人利用であること(商業目的でないこと)
・持ち込み時に受付にその旨連絡する
上記を守った上で利用してよいと許可頂きました。
ネットでボールマシンを確認頂けたようです。
注意して使いたいと思います。

また、別途、実際に他県で無事に利用されている方々からもアドバイスを頂くことができ勇気を頂きました。
この場をかりて、アドバイス、回答頂いた皆様にお礼申しあげます。
ありがとうございました。

P.S 導入を考えていらっしゃる方へ
いろんな方がいらっしゃるので、利用見込みのある施設の方々(管理者、利用者)とは良いコミュニケーションを持てるよう努力が必要と感じました。

お礼日時:2009/05/14 09:03

お役所仕事なんてこんな物です!前例が無い!初めての取り組みは全て前例が無いのが当たり前!早い話が悲しいかな?変われないのが問題です。

それ以上話をしても埒が明かないと思いますので・・・彼らには民間人へのサービスとか顧客満足度とか全くお呼びではありません!だから世の中良くならないのよ!
    • good
    • 0

>日本のテニスの普及、発展という視点



んな大袈裟な(^_^; ボールマシンが無くてもテニスは普及してるんだから関係無いと言われるのがオチです。

書類を取り交わしても、誰がこいつに許認可与えたんやー、お前を訴えてやるー、って例が多々あるので役所は前例が無いと許可しないんです。

>端コートを利用して、一定の方向にボールを飛ばすよう努力します。
いくら努力しても機械が豪速球を出してそれが付近を通った人に当たる事故、というのが考えられます

許可を得る為には上位の物と相談、さらに市議会に掛けて検討なんて事までなりますから尚更責任問題が出てきますので、敬遠されますので。

だから、許可得られたらラッキーぐらいに軽く思っておくほーがいいですよ
    • good
    • 0

テニス球出し機(ボールマシン)を設置している、テニスクラブはあります、その設置状況はコートの一面をネットで覆いボールがネット外に飛

ばないようにしてありました、日本ではこれぐらいの設置をしないと許可は下りない可能性があります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
やはり問題はボールの散逸に対する懸念でしょうか。

>一面をネットで覆う
そこまで準備したら、周囲も当人も安心してのびのび練習ができそうで良い環境ですね。

ですが、当方は公共or民間のレンタルコートで利用を考えていますので通常の(機械を使わない球出し)と同様に節度を守って使います。
ネットまでは準備はできませんし、それほどのびのびと練習も致しません。

"ボールの散逸には隣接コートに対して十分配慮して利用します。"

端コートを利用して、一定の方向にボールを飛ばすよう努力します。

よくコートに列になり行われている通常の(機械を使わない)ボール出し練習より、ボールの散逸はむしろ少くなくなると考えています。

お礼日時:2009/05/13 14:34

1.海外と日本では考え方も法律の適用も保証/補償に対する考え方も違います。


  同じ物を同じ条件で使用出来るという「常識」は通用しません。

2.公共的施設においては、「何か事が起きた場合の責任」が問題になります。
  「機械が壊れた場合の責任」
  「機械が誤動作し、第3者に害を与えた場合の責任」
  「機械は通常動作だったが、結果として第3者に害を与えた場合の責任」
  「機械の故障/トラブルにより、施設に害を与えた場合の責任」
  「機械の故障/トラブルにより、後の利用者に迷惑をかけた場合の責任」
  等々、「持ち込まなければ考慮する必要の無い」問題点を
  あらかじめ確認しておく必要があります。
  人間だったら、当事者間の交渉や裁判で問題は解決に向かいます。

「すべての責任は持ち込んだ当方が負います」という文書を提出する位、
責任の所在を明確にしておかないと、許可は出ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
1.海外で通用するものが日本で通用するとは限らない点について
 ごもっともです。

2.責任問題について
 人に危害を与えてしまった場合、逆に機械が壊されてしまった場合等、仰るとおり、責任問題のリスクを減らすという管理者側の視点がありました。
 もし、次に管理者側と交渉できたら、
 「誓約書フォーマットを作成して押印して提出させて頂く」
 旨提案してみます。
その際は上記文章も参考にさせて頂きます。
ありがとうございます。

もしボールマシン利用について重大な問題が無いのであれば、
日本のテニスの普及、発展という視点ではどんどん取入れていってもらいたいと思っています。

引き続き回答、アドバイスございましたらお願いします。

お礼日時:2009/05/13 13:59

そーいうものです

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなものかー

お礼日時:2009/05/13 13:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q練習用-ゴム紐付きテニスボール

テニスの練習用にゴム紐付きのテニスボール(打ったら戻ってくる)を購入しました。
当然、対人に近い練習ができると思い購入をしました。
しかし実際にはボールを打った後「伸びきったゴムの縮む勢いで戻るボールが加速する」、「ゴム紐が地面に擦れて戻るボールが突然減速する」等、全然まともな練習になりません。
この、ゴム紐付きのテニスボールは、本当に意味のある練習用具なのでしょうか?常に真正面に打ち返していれば、それで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

>>この、ゴム紐付きのテニスボールは、本当に意味のあ
>>る練習用具なのでしょうか?

昔はよくやりました。ゴムが切れるまで続けたり・・・

さて、本題ですが、結論から書くと以下のような効果は
期待できます。

・ラケットを早く引く(これをセットといいます)

細かくいえばボールを見るだの、インパクト時に体重移
動するだのありますが、あまりに実際のテニスと動作・
タイミングが違いますので、期待しない方がよいかと思
います。

逆にこういった点が困ったところです。

・実際のプレーよりもかなり上の角度に打ち出さないと
 きちんと返ってこない

・ボールが堅い上、ゴムひもでバウンドや回転が変になる

・打った後、ボールがどのように飛んでいったか確認の
 しようがない

ということで、あくまでもテニスっぽい筋力トレーニン
グができる「おもちゃ」ととらえた方がよいと思いま
す。やっていて楽しければお続けになられたら如何かと
思いますが、過度の期待は・・・(^_^;)

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

>>この、ゴム紐付きのテニスボールは、本当に意味のあ
>>る練習用具なのでしょうか?

昔はよくやりました。ゴムが切れるまで続けたり・・・

さて、本題ですが、結論から書くと以下のような効果は
期待できます。

・ラケットを早く引く(これをセットといいます)

細かくいえばボールを見るだの、インパクト時に体重移
動するだのありますが、あまりに実際のテニスと動作・
タイミングが違いますので、期待しない方がよいかと思
います。

逆にこう...続きを読む

Qプライベートレッスンについて

テニスのコーチにプライベートレッスンをしてもらうには、何が必要で、どうしたらいいのか教えてください。

★コーチには、どのように申込をするのか?(ある機関を通さないとダメなのか、直接申込出来るのか)
★料金は、相場どれくらいか(生徒1名分料金か、1レッスン料金か、時間料金か、またはいずれかの組合せか)
★一対一は不可能?
★数人対コーチの方がいい?
★どんな手配が必要なのか(コート・交通費など)
★レッスンの後は、何もなしで終わっていいのか?(例えば食事だったり、お茶だったりが慣例になっている、など)
★他にも何か注意すべきことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
ワタシはコレまでテニススクールには
ちょっとした偏見があるために
一度も通ったことがありません。

が、やはり学生時代にキッチリと基本を身につけていなかったために
いろんな面で限界を感じて昨年からプライベートレッスンを
相方と2人で受けております。

ソコはネットで探したトコロなんですが、
いいコーチに巡り会えたと思ってます。

なので
★コーチには、どのように申込をするのか?(ある機関を通さないとダメなのか、直接申込出来るのか)
→直接WEBから申し込みました

★料金は、相場どれくらいか(生徒1名分料金か、1レッスン料金か、時間料金か、またはいずれかの組合せか)
→1人だと2500円/hr.、2人だと1人2000円/hr.というように、
人数によって変動します。

★一対一は不可能?
→可能です。

★数人対コーチの方がいい?
→以前別の方に1面6人程度で2時間レッスンを受けたのですが、
どうしても自分に割いてもらう時間が少なく感じられて、
それ以降は2人でレッスンを受けております。
ただしコート内に3人しかいないために、
ダブルスのフォーメーション等では微妙に苦労したりしますが……。


★どんな手配が必要なのか(コート・交通費など)
→コートはこちらが手配し、当然コートフィーもこちら持ちです。
交通費はガソリン代+駐車場代の実費で払ってます。

★レッスンの後は、何もなしで終わっていいのか?(例えば食事だったり、お茶だったりが慣例になっている、など)
→コートから出たらサヨウナラです。多少の雑談程度はしますが、
向こうも時間単位で動いてますので引き留めるのもどうかと。

★他にも何か注意すべきことがあれば教えてください。
→スクールのコーチというのがどのようなものか分かりませんが、
ウチでは同じコーチに続けて見てもらうことで、
それまでの経過や欠点、上達の具合などを
継続的に見てもらえるのでそういった意味で非常に感謝してます。

ただし、ネットで探すってのはリスクは当然ありますので、
期待はずれのことがある可能性もあると思います。
最初は何人かで体験レッスン程度で受けておいて、
気に入れば続けていくという方法もあるかと。

ちなみにウチは大体月に2回くらい受けていますが、
何回セットといった頼み方はしておりません。

こんにちは。
ワタシはコレまでテニススクールには
ちょっとした偏見があるために
一度も通ったことがありません。

が、やはり学生時代にキッチリと基本を身につけていなかったために
いろんな面で限界を感じて昨年からプライベートレッスンを
相方と2人で受けております。

ソコはネットで探したトコロなんですが、
いいコーチに巡り会えたと思ってます。

なので
★コーチには、どのように申込をするのか?(ある機関を通さないとダメなのか、直接申込出来るのか)
→直接WEBから申し込みました
...続きを読む

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Q壁打ちとオートテニスどちらが効果的?

 テニスの練習をするのに壁打ちとオートテニスどちらが効果的でしょうか。あるいはどういうふうに意識的に使い分ければいいでしょうか。ちなみにフォアストロークはかなりうまくなったと言われますが、それはオートテニスだけの話でして、おまけにバックはなかなか上達しません。

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョと申します。(^_^)

いずれも死ぬほどやりました。若かりし頃ですが・・・(ちな
みに、オートは連続で25ゲーム、その日に52ゲームした経
験あり)

>>壁打ちとオートテニスどちらが効果的?

結論から言いますと、コートでするテニスに対して、壁打
ちもオートテニスも大きな意味では練習(足し)になりま
すが、本来のトレーニングにはならないということを認識
してください。

その理由は、テニスプレーヤーに大切な空間認識というも
のが、各々で全く違うからです。これは、テニスコートの
大きさや立ち位置からの方向性というものが、実際のコー
トでしか、得られないからです。ですから、プロプレーヤ
ーがオートテニスや壁打ちで調整しているという話はあま
り聞きませんよね。(^_^;)

そのうえで、どちらがどのように効能があるかという僕な
りの考え方は、こんな感じです。

<壁打ち>
メリット:ラケットの引きが早くなる、無理打ちしなくな
る、無料でできるところが多い

デメリット:しっかりとストロークすると返ってくるボ
ールが実際のプレー中にはあまりないコース(高低)でく
る、相手コートのどこに落ちてるかわからない

<オートテニス>
メリット:球出しのボールに近い感じ、コースを振っても
らえる、初心者から楽しめる

デメリット:ボールの種類が違う場合が多い、お金がかか
る、両サイドが狭く空間的にいびつな感じがする、打ちっ
放しで責任がない


ここに至っての僕なりの結論は、それが楽しければ「やる」
ということでしょうか。(^o^)

初めまして。スコンチョと申します。(^_^)

いずれも死ぬほどやりました。若かりし頃ですが・・・(ちな
みに、オートは連続で25ゲーム、その日に52ゲームした経
験あり)

>>壁打ちとオートテニスどちらが効果的?

結論から言いますと、コートでするテニスに対して、壁打
ちもオートテニスも大きな意味では練習(足し)になりま
すが、本来のトレーニングにはならないということを認識
してください。

その理由は、テニスプレーヤーに大切な空間認識というも
のが、各々で全く違うからです。これ...続きを読む

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む

Qシングルスポールの立て方

硬式テニスダブルス用のテニスコートに、シングルスポールの立て方が分かりません。
詳しく教えていただきたいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 先ず、ポールですが、全長107cmです。この長さはネットの両端の高さと一致します。次にポールに刻まれた溝ですが、遠い方の端まで91.4cmあります。これはネット中央の高さと一致します。ネット高調整に使ってください。
 ポール(ネットポスト)の中心位置は、サイドラインの外側から91.4cmにあるよう定められています。通常、目にする単複兼用コートのネットポストはダブルスサイドラインの外側91.4cmの所にあり、その高さは107cmということになります。
 ご質問のシングルスポール設置は、上記のネットポストの移動が簡単ではないため、簡便法として取られる措置です。具体的手順を以下に示します。
1)ネットのそばで、シングルスサイドラインの外側にポールの溝を合わせ、ラインと直交するように寝かせます。このとき溝から長い方がコートの外側になるようにします。
2)外側の端を支点にポールを立てます。ポール上端の溝にネットのコードを入れます。ポールの中心までが91.4cmという決めですから、ポールの幅の1/2だけコート内側方向へポールを移動します。
3)もう1本のポールを反対側に立てますが、両エンドに1本ずつポールが立つようにします。これはルールには有りませんが、プレイヤーの平等感を満足させます。

 先ず、ポールですが、全長107cmです。この長さはネットの両端の高さと一致します。次にポールに刻まれた溝ですが、遠い方の端まで91.4cmあります。これはネット中央の高さと一致します。ネット高調整に使ってください。
 ポール(ネットポスト)の中心位置は、サイドラインの外側から91.4cmにあるよう定められています。通常、目にする単複兼用コートのネットポストはダブルスサイドラインの外側91.4cmの所にあり、その高さは107cmということになります。
 ご質問のシングルスポール設置は、上記のネットポ...続きを読む

Q硬式テニスボールの寿命と、捨てるかどうかの判断は?

安売り店で30個くらいまとめ売りしているボールと、専門店で缶に入ってる物とでは寿命は違うんでしょうか?
それと、一般的に寿命はどの程度でしょう?

だんだん弾まなくなってくるのはわかりますが、どの程度まで弾まなくなったら捨て時でしょうか?
道路上に1メートル落下させて何センチしか弾まなくなったら寿命とか、そういう判断基準はありますか?

Aベストアンサー

FLAK45さんが答えられているように、市販されているテニスボールには、缶入りのプレッシャーボールとノンプレッシャーボールがあります。

実際使うと、プレッシャーボールより、ノンプレッシャーボールのほうが、打ったときにちょっとだけ重い感じがしますが、ボールの反発力は、プレッシャーボールよりも長く維持できます。
一方、プレッシャーボールは、開封後、時間とともに、反発力が弱くなっていきます。

ボールの変え時は、人それぞれでしょうが、普段の練習では、ノンプレッシャーボールを使い、試合前日あるいは数日前からプレッシャーボールを使うというのも良いのではないでしょうか?

週末プレーヤーであれば、練習のたびにニューボールを開封するのは経済的に厳しいですし。(自分がそうですから。。。。)

テニススクールのように、大量のボールを使用する場合は個々のボールの消耗も少ないからでしょうか、私の通うスクールでは、プレッシャーボールですが、大体3ヶ月でニューボールに交換されてます。

練習の頻度、コートサーフェスの種類により、ボールの磨耗は変わってきますし、私の場合、ボールを掴んで、力を入れて、指先が食い込む位になると、表面のフェルトが磨耗してなくても変え時かと思います。

ただ、学生時代は、磨耗したボールでも、サービス練習用として大きなカゴに保管して、カゴ一杯分(100球位でしょうか)サービス練習したりしてました。

安売り店のボールであってもノンプレッシャーボールであれば、普段の練習に支障はないと思います。

FLAK45さんが答えられているように、市販されているテニスボールには、缶入りのプレッシャーボールとノンプレッシャーボールがあります。

実際使うと、プレッシャーボールより、ノンプレッシャーボールのほうが、打ったときにちょっとだけ重い感じがしますが、ボールの反発力は、プレッシャーボールよりも長く維持できます。
一方、プレッシャーボールは、開封後、時間とともに、反発力が弱くなっていきます。

ボールの変え時は、人それぞれでしょうが、普段の練習では、ノンプレッシャーボールを使い、試...続きを読む

Qテニス ストロークの打球の高さについて。

テニス ストロークの打球の高さについて。

前回の質問締め切ってすぐなのですがまた質問すいません;
今回はテニスでもっとも打つ機会の多いと思うストロークについてです。
バックハンドは最近は安定し出してアウト、ネット共に減り、浅い玉でもないのですが、フォアが・・・。
アウトもしません、ネットにもあまりかけません。しかし玉が恐ろしく浅い!
これでは全てにおいて打ちやすい球です。
詳しく説明すると。
最近はフラット気味で当てつつ強力なスピンをかけるショット(いわゆるエッグボールというやつ)のような感じでショットが打てるようになってきたのですが、どうにもネットに近いところ(つまり低い)を通過していき、スピンによりそのまま急激に降下。サービスラインとネットの中間あたりではねる。
と言う玉になります。
そこで試行錯誤してみたのですが。出た結論が。
1.テイクバック時ラケットの面を地上と直角に近づける。これを試したところ。スピンの量が減り以前より落ちなくなった感じがする。
2.打点。遅らしてみたり早めてみたりしたけれども遅れると差し込まれてうまく打てない。前にするとさらにしたに飛んでいく。(ラケットを押し込んでいるためラケットの面が下を向いてしまうから)

と言う結果になりました。
現状のスピード、スピンを生かしつつ、ボールの通過位置を高くする方法でこれを気をつけてみれば良いんじゃない?と言う物があったら教えて欲しいです。

テニス ストロークの打球の高さについて。

前回の質問締め切ってすぐなのですがまた質問すいません;
今回はテニスでもっとも打つ機会の多いと思うストロークについてです。
バックハンドは最近は安定し出してアウト、ネット共に減り、浅い玉でもないのですが、フォアが・・・。
アウトもしません、ネットにもあまりかけません。しかし玉が恐ろしく浅い!
これでは全てにおいて打ちやすい球です。
詳しく説明すると。
最近はフラット気味で当てつつ強力なスピンをかけるショット(いわゆるエッグボールというや...続きを読む

Aベストアンサー

おっさんです。エッグボール話題にふってごめんなさいね(笑)。
レギュラーコートで練習したいっていうご希望なんでしょうから、かなり
上のレベルを前提に回答したつもりなんですが・・・。

シニアのアップ方法がご参考になるかと・・・。

ストロークもいきなり打ち込むようなことはしません。まずはショートストローク
で感触を確かめてから、ベースラインでスピードを抜いたストロークから始めます。
緩いボールで深く返球するわけですから、最初はほぼ中ロブのような軌道で始めます。
ネットから2m上ぐらいが私個人の基準です。そこから、徐々にスピートを上げる
=ネットからの高さを低くしていきます。相手が最初から低い弾道で打つ方でも
そのようにしています。常にサービスラインとベースラインの間に落とすストローク
をする場合、このアップ方法だと、ネットからどの高さを通すかは意識がつきます。
ちなみに、相手のボレー練習の時に、ネットギリギリを何本か狙ってアップ終了です。
シニアでは一般ですが、若い方にはかっこ悪いアップ方法かもしれませんね(笑)。
でも、常に自分の持ち球とネットの高さを意識する癖はつきますよ。

ちなみに、ジュニアに教えてにきてた鈴木貴久選手のアップを真後ろから見たんですが
、かっこ良かったです。ネットから同じ高さを、最初はインパクトだけきちっとした
伸びのあるボールで、段々スピードが上がると回転を加えることで、ずっと深い
ストロークを続けるやり方です。これは流石に質問者さんがとりいれるにはギャップ
があるかもしれません。

最低なのは、ネットにかけずに速い球が打ちたいと、フリ―のラリーに漫然と打つ
アップ方法であることはすでにご理解されてますよね?

厳しい言い方をすると、安定したストロークが打てるというレベルは、今の高校生の
大会ではブロック予選レベルから県(都)大会レベルに行く最低条件です。安定しない
状態でかろうじてブロックを抜ける子は、とてつもないサーブを打つ子が運が
良ければ・・・そんな感じであることは質問者さんが良くご存知だと思います。
ストロークが安定というのは、左右だけでなく、高さもコントロールできないと、
思った場所に落とせません。つまり、自分の打ったボールの軌道すべてがイメージ
されることがストロークの安定なんです。向上心もあって、練習熱心で、かつ
ある程度の基礎はお持ちなんですから、どっかで実力がブレークスル―(開花)する
ことを祈念してます。

おっさんです。エッグボール話題にふってごめんなさいね(笑)。
レギュラーコートで練習したいっていうご希望なんでしょうから、かなり
上のレベルを前提に回答したつもりなんですが・・・。

シニアのアップ方法がご参考になるかと・・・。

ストロークもいきなり打ち込むようなことはしません。まずはショートストローク
で感触を確かめてから、ベースラインでスピードを抜いたストロークから始めます。
緩いボールで深く返球するわけですから、最初はほぼ中ロブのような軌道で始めます。
ネットから2m上ぐらい...続きを読む

Q重いラケットと軽いラケットのインパクト時の衝撃

硬式テニスの320gのラケットと280gのラケット、
他のスペックが一緒で、重量だけが違う場合、
単純にどちらが手首や腕に優しいラケットですか?

最近ラケットを300g→280gのに変えたら、
手首や腕のインパクト時の衝撃が増した気がします。
重いラケットの方がラケットにパワーがあって、
使い手の体にくる衝撃が少ないのでしょうか?

詳しい方いらっしゃいましたら、
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

テニスのショットは、ボールとラケットとの衝突として見ることができます。
硬式テニスのボールの重さは60g弱ですが、それがある程度のスピードで飛んできた時、それがぶつかる相手の重さは、衝突の結果を大きく左右します。

例えばですが、子供が走ってぶつかってきた時、普通の大人であればよろめきますが、ぶつかる相手が相撲の力士であれば、大きな力士がぐらつくことはないでしょう。

また、小さなカナヅチで太い釘を打とうとしても、手応えばかり強くてなかなか打ち込めないのに対して、大きなカナヅチに持ち替えれば、手応えなく打ち込めます。
重いほうが衝突に強いのは明らかです。

でもここで注意しなければならないのは、ボールがぶつかるのはラケットのフェース部分であって、ラケット全体ではないということです。

ラケットの長さは約70cmありますので、その長さのどのあたりに重さが集中しているかによって、ボールとの衝突の影響は大きく変わります。
いくら重さがあっても、その重さがボールと当たる部分から遠い位置にある場合は、あまり助けにならないわけです。

320gのラケットであっても、仮に、フェース部分の重さが5gで、残りの315gがグリップにあるとしたら、相手の打球に打ち負けて衝撃が大きくなります。
子供がぶつかってきた時に、となりに力士が居ても何の助けにもならないわけです。それより、ぶつかる相手を力士に交代してもらったほうが、大人二人の総重量が同じであっても楽にはね返せます。

総重量が同じ300gであっても、フェース部分が200gあるラケットと、フェース部分が100gのラケットでは、ボールを打った時の衝撃感がまるで違ってしまうわけで、そのため、ラケットの全体重量ではボールを打った時の衝撃感は判断できません。

フェース部分の重量の大きさが、ボールとの衝突時の安定性や衝撃感を左右するわけですが、普通はこうした場合、重量とバランスポイントの数値を使って、フェース部分の重さを判断しようとすることが多いのですが、実際には、重量とバランスポイントの数値を使っても、フェース部分の重量を判断することは困難です。

フェース部分の重さを判断するのに一番有効なのは、スイングウェイトという数値です。これは、ラケットのグリップ部分を固定して、実際にラケットを振って測定するもので、専用の測定機があります。この数値が大きければ、ボールとぶつかった時のラケット側の安定度が高いと判断できます。

重量とバランスポイントの数値ではスイングウェイトを推測できないのは、下記のようなことからです。
総重量が300gでバランスポイントが真ん中にあるラケットがあった場合、極端な例ですが、重心位置に300gの重さが集中しているラケットと、150gずつ両端に分かれたラケットがあっても、全体重量とバランスポイントの数値は同じになるため区別が付きません。
ところが、実際に振った時には、振りの抵抗感ではこの二つは大きく異なり、スイングウェイトについても、両端に分けたほうが計算上では2倍の数値になります。

ご質問者が280gのラケットに持ち替えた際、打球衝撃が増したり、打ち負ける感じになったりしたのであれば、それは重量が軽くなったからではなく、スイングウェイトが軽くなったせいだと思われます。
ですから、同じ280gくらいのラケットであっても、スイングウェイトの重いものを選んだ場合は、そういう結果にはならなかったでしょう。
反対に、ラケットの重量が320gであっても、スイングウェイトが軽ければ、打球衝撃は大きく、打ち負けやすくなります。

スイングウェイトの重いラケットは、取り回しの負担感は増しますが、ボールが当たった時の衝撃は小さく、楽に飛ばすことができます。
人は、取り回しの重さには比較的慣れやすいのに対して、毎回の衝撃にはなじみにくいので、極端に重い場合を除けば、軽いものより、スイングウェイトが適度に重いほうが、打つ際には楽です。

また、スイングウェイトの数値は、一部のブランドを除いて、カタログに明記されていませんので、専用の機械で測定しないとその数値は分かりませんが、感覚的にチェックする方法はあります。
それは、剣道のように、ラケットを上から振り下ろして腰の前でピタッと止めるという方法です。それによって、止めた時の抵抗感の大きさが、取り回しの重さであり、スイングウェイトを推測する手だてとなります。

カタログに書いてある「重量」の数値では、実際に振った時の「重量感」や、インパクト時の安定性は分からないというのが、ラケット選びの落とし穴の一つです。

テニスのショットは、ボールとラケットとの衝突として見ることができます。
硬式テニスのボールの重さは60g弱ですが、それがある程度のスピードで飛んできた時、それがぶつかる相手の重さは、衝突の結果を大きく左右します。

例えばですが、子供が走ってぶつかってきた時、普通の大人であればよろめきますが、ぶつかる相手が相撲の力士であれば、大きな力士がぐらつくことはないでしょう。

また、小さなカナヅチで太い釘を打とうとしても、手応えばかり強くてなかなか打ち込めないのに対して、大きなカナヅチ...続きを読む

Qソフトテニスの練習用具が欲しいです

娘の部活の自宅練習用なので、それほど本格的なものは必要ないです。


冬は体育館の練習が少ないので、時々自宅敷地内でボールを打つ感覚を確かめたいようですが、壁打ちする壁がありません。
立てるタイプの壁って売っていますか?
自作は可能でしょうか?
敷地内スペースはアスファルト舗装です。


壁が無理ならネットが欲しいと思います。
どこかの大会で、丸いネットにボールを打ち込んでいる人がいたのですが、そのような練習用ネットをさがしています。集球タイプでした。
商品名がわからないのでさがせません。
もしかしたらテニス用じゃないかもしれませんが、どなたかわかりませんか?

跳ね返るタイプのリバウンドネットというのはどうなんでしょうか?

実際に使ったことのある方がいれば、感想など教えてほしいです。
価格、耐久性、持ち運びの利便性などもお願いします。

Aベストアンサー

○ネット用具の名前は,『マルチネット』です。練習用に購入して使用したことがあります。コンパクトにたためて便利だということで使用してみましたが,たたむ要領が難しく,ネットのステイがすぐに壊れてしまい,両側で選手がネットを支えていないと倒れてしまうようになり,半年もたたないうちに使用を断念しました。これは,打ち込む意タイプのネットですので,リバウンドを返球することは出来ないと思います。

○現在定価の半額程度で,ネットで販売されていますので,購入は可能です。

○たてるタイプのネットは,ホームセンターで販売されている塩ビ管とつなぎ目のジョイントを使ってフレームを作り,ネットはメーター単位で販売しているネットをかぶせて作製することが可能です。長さも自分の好きなサイズに出来ますので,移動用ネットとして便利に使えます。塩ビ管ですので軽量に仕上がる点も持ち運びに便利です。

○また,物干し台にカーテンという手もあります。洗濯物の物干し用の棒が2本,物干し竿が1本に,カーテンか,シーツがあれば完成です。これは,かたづけて何処へでも運べますので,近所の公園等に持ち込んで練習することも可能です。もちろん,ものほし棒の根元にはコンクリートブロックまたは,水を入れるタイプのプラスチック製の重し台が必要です。

○ソフトテニスのボールは,軽量ですので,工夫次第でいろいろな練習を考案できると思います。知恵を絞って考えると楽しいですよ。頑張ってください。

○ネット用具の名前は,『マルチネット』です。練習用に購入して使用したことがあります。コンパクトにたためて便利だということで使用してみましたが,たたむ要領が難しく,ネットのステイがすぐに壊れてしまい,両側で選手がネットを支えていないと倒れてしまうようになり,半年もたたないうちに使用を断念しました。これは,打ち込む意タイプのネットですので,リバウンドを返球することは出来ないと思います。

○現在定価の半額程度で,ネットで販売されていますので,購入は可能です。

○たてるタイプのネット...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報