表題のままですが。
吸血鬼はなぜ十字架を恐れるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

吸血鬼などの妖怪類は現実にはなくだれかが作ったものですが、


僕が思うにアメリカでは(現在留学中)妖怪類を「undead」と呼ぶ事があるので、十字架限定ではなく、聖そのものを恐れるのではないのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

undead。確かに!!
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/14 19:50

特殊なケースとして「ジャングルの王者ターちゃん 」では…


吸血鬼の多くが敬虔なキリスト教徒であり、(吸血等の)悪事を働いた吸血鬼は十字架を見ることで罪の意識に苛まれ苦しむという設定でした。
    • good
    • 0

キリスト教を「悪に対抗出来るモノ」とする為以外に無いでしょう。


要は「キリスト教を信じていれば悪魔=吸血鬼から救われるョ」と言うキャッチコピーです。
コレがイスラム教なら「コーラン」を唱えれば吸血鬼から身を守れる。になると思いますよ(^▽^笑)

『信ずるものは救われる』と言う事を大衆に意識させる為に、安直な邪悪なモンスター→吸血鬼の出番と言う訳です。

ニンニクもニンニク農家の策略かもしれませんね。
(;-。-)ボソ 土用の丑の日の鰻、バレンタインチョコと同類さぁ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最後の呟きがやたらと納得できました。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/14 19:51

読んでみると面白いですよ、諸説が色々あります


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%B8%E8%A1%80% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吸血鬼は十字架が苦手なのか?

吸血鬼の設定について、十字架が苦手というのは有名な話ですが、吸血鬼が眠る棺おけには、大抵十字架が描かれているような気がします。
wikipediaなどを調べていると、「悪しき存在・異教はキリスト教および聖なるものに屈する」という事で、キリスト教が設定したもの、という説があるようです。
であれば、いわゆる「悪魔」のように、元々キリスト教などの宗教が関係している存在なのでしょうか?それとも十字架が弱点という設定は、単なる後付なのでしょうか?
歴史、宗教、後世の創作物など含め、詳しい方ご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吸血鬼伝説自体は、キリスト化される以前からヨーロッパにはあったようです。
ドラキュラの先駆的作品である「カーミラ」(シェリダン・レ・ファニュ1872)では心臓に杭を差すと死ぬというのはありますが、日光浴びても平気、礼拝堂に平気で入ってくる(十字架上等)など、ストーカーの吸血鬼に比べればかなり強力です。にんにくは出てきませんが、多分大丈夫なんじゃないかな。少なくともこの時点では現在の吸血鬼像とはかなり違っています。ですから、十字架に関してはこれ以降の後付か地方的伝承であったと思います。

というように、元々、吸血鬼はキリスト教化以前からの存在ですから、十字架が効くというのはキリスト教の伝道の際に、土着の精霊や妖怪を取り込むために取り入れられた便法でしょう。
後の作家や映画作家がこれを作品に取り入れて広まったものだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報