LANについてお聞きします。
ONU(回線終端装置)とCTUの違いがわかりません。
役割と違いを教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ONU とは」に関するQ&A: GE-ONU PR-400NEとは?

A 回答 (2件)

CTUってのが何だか分からなくて調べてみました。


https://506506.ntt.com/yougo/159.html
要はNTT西日本のフレッツ光・プレミアム以外でいうところの、
ルーターやルーター機能内蔵のモデムといったところですな。
ONUは終端装置、CTUはブロードバンドルーターの位置づけで
役割は全く違うと思いますが。
    • good
    • 6

ONUはフレッツのファミリータイプだとGE-PON-ONU、ビジネスタイプだとメディアコンバータのように、光ファイバとLANケーブルが接続できるように変換するための装置です


CTUは機能的にはBBルータのちょっと特殊なもので、VDSLモデムなどの機能は付いていません
NTT西日本のフレッツ光プレミアムはCTUから上位がIPv6なので、CTUの代わりに普通のBBルータを買ってきて代わりに付けようとしてもつながらない、という部分がBBルータとの違いです
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加入者網終端装置(CTU)は必要ですか?

現在、NTT西日本 フレッツ光(一戸建て住宅)に加入しています。
NTTが設置していったのは、加入者網終端装置100M「S」と加入者終端装置GE-PON<FA>とAD-200SEの3台です。

別途、無線LANルータ(コレガCG-WLBARGNH)を購入し、ルータ機能をオフにして使用しています。


そこで質問ですが、加入者網終端装置(CTU)を取り外し、ルーター機能をONにし、問題なく使用する事が可能なのでしょうか?

そうする事により少しでも設置場所の確保と電気代の節約ができればと思っているのですが・・・・。

問題ないようであれば、できれば設定の流れ・メリット・デメリットの有無も併せて教えて頂ければと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

CTU(加入者網終端装置)はNTT電気通信設備でNTTのものです。この装置はNTTのサーバーと通信し合い、回線の制御負担を分散している(サーバーとCTUで分散制御)要の装置です。この装置を外した場合通信は一切できなくなります。

この装置のおかげでNTT東日本より早く通信端末制限を無くしました。(NTT東日本の同類サービス:Bフレッツハイパーは現在でも通信端末制限5台が設けられている)

聞いた話によると1万円前後のブロードバンドルーターより通信耐久性ははいいみたいで、レンタルのものですから故障しても無料で交換してもらえます。

Q加入者網終端装置ってなんですか?

 Bフレッツホームを利用していますが、以前のマンションでは、ONUだけしかNTTはおいていきませんでした。でも今回はそれに加え、加入者網終端装置というのが増えました。これはONUにつながってますが、いったい何をするための装置なのですか?? これがないとネットにはつながらないのでしょうか?? だとすると、以前のマンションでは、なぜつながったのでしょう? ONUに内臓されていたということなのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

従来、フレッツ光は1種類しかありませんでした。
しかし、現在は西日本のプレミアム、東西のネクストと
いうサービスが加わり、特に西日本地域では従来型よりも
プレミアムの加入者の方が多くなっていることもあり、
NTTグループとしては従来型のまま利用する回線を
Bフレッツといっているようです。
従来のシステムを利用するBフレッツだとONU(回線終端装置)だけ
あれば、パソコンと直接接続できると思いますが、パソコンが
増えた場合は、別途、接続機器が必要なはずです。
プレミアムの場合は、ONUのほかにCTU(加入者網終端装置)が
増えたはずです。これは、4つのLANポートが付いていますので
HUBの役割を兼ねているだけでなく、CTUそのものに
セキュリティー機能が付いています。
プレミアムは1G共有サービスで、Bフレッツのハイパータイプ
に相当します。
従来のNTTの光は100M共有型が主流でしたが、西日本地域に
おいては高速な電力系の回線事業者が台頭してきました。
NTT西日本が、この競争に勝つ為には共有部分の速度を
上げるしかありません。かといって、新しい設備に投資
するのは困難です。この為、一番導入コストがかからない
であろうCTU利用のプレミアムがつくられたのだと思います。

NTTによると
> 同じ光サービスなのにも関わらず、ブランド名が変更されて
いるが、Bフレッツとはどのような点が違うのですか?
 
フレッツ・光プレミアムはBフレッツと異なり、
従来のISP事業者様への接続に加え、ご契約いただいた
回線毎にNTT西日本がIPv6アドレスを付与します。
また、高品質なアプリケーションサービスを提供いたします。
具体的には、テレビ電話機能、セキュリティ機能を基本機能
としてご利用していただくことができます。
また、アクセス区間には光ファイバを利用しておりますが、
Bフレッツが100Mbpsをシェアしているのに対し、フレッツ・光
プレミアムでは最大1Gbpsをシェアする方式で提供いたします。
(マンションタイプ ミニの場合は最大100Mbpsとなります。)

このようなサービスの違いをお客様にご理解いただきやすくすることを目的とし、ブランド名を変更いたしました。」

と言う事です。

CTUは絶対に必要みたいですね。

従来、フレッツ光は1種類しかありませんでした。
しかし、現在は西日本のプレミアム、東西のネクストと
いうサービスが加わり、特に西日本地域では従来型よりも
プレミアムの加入者の方が多くなっていることもあり、
NTTグループとしては従来型のまま利用する回線を
Bフレッツといっているようです。
従来のシステムを利用するBフレッツだとONU(回線終端装置)だけ
あれば、パソコンと直接接続できると思いますが、パソコンが
増えた場合は、別途、接続機器が必要なはずです。
プレミアムの場合は、ONU...続きを読む

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

Q外付ルータ経由でONUのWEB設定ページにアクセス

NTTの回線終端装置(ONU)のルータ機能は使用せずに、外付けルータを使用してPC3台使用していますが、これらのPCからONUの「WEB設定ページ」にアクセスする方法を探しています。

現在の接続状況は以下の通りです。
PC3台─────ルータ(バッファローWZR-AGL300NH)──ONU(PR-S300SE)
192.168.200.xxx    192.168.200.254                192.168.1.1
※PCからONU(192.168.1.1)にアクセスしたい。

ルータは「PPPoEクライアント機能を使用する」にしています。

PCから192.168.1.1やhttp://ntt.setup に直接アクセスしてももちろんダメでした。
バッファローのルータの設定でなんとか出来そうな気はするのですが、そもそもこんな事は可能でしょうか?
今は「WEB設定ページ」にアクセスするために、いちいちノートパソコンをONUとつなぎ替えて対処していますが、つなぎ替えしなくても「WEB設定ページ」にアクセス出来ると便利なので・・・

NTTの回線終端装置(ONU)のルータ機能は使用せずに、外付けルータを使用してPC3台使用していますが、これらのPCからONUの「WEB設定ページ」にアクセスする方法を探しています。

現在の接続状況は以下の通りです。
PC3台─────ルータ(バッファローWZR-AGL300NH)──ONU(PR-S300SE)
192.168.200.xxx    192.168.200.254                192.168.1.1
※PCからONU(192.168.1.1)にアクセスしたい。

ルータは「PPPoEクライアント機能を使用する」にしています。

PCから192.168.1.1...続きを読む

Aベストアンサー

No.2, 3のかたが書かれているように、今の構成だと無理です
WZR-AGL300NHでPPPoEを張ってしまっているので、WZR-AGL300NHのWAN側からはPPPoEでくるまれたパケットになっているため、PR-S300SEとは直接通信できなくなってしまうためです

つなぎ替えが面倒だというのであれば、今の構成に加えて、
・WZR-AGL300NHのLANポートとPR-S300SEのLANポートを接続しておく
・PR-S300SEのDHCPサーバ機能を止める
としておけば、
・IPアドレス自動取得(もしくは192.168.200.xxxに手動設定)にしたときは普通にインターネットへの接続
・IPアドレスを手動設定(192.168.1.2/255.255.255.0)にしたときはPR-S300SEへの接続
と、LANケーブルの配線をいじらずに使い分けることは可能です

Q固定電話、IP電話、ひかり電話、何が違う?

現在、NTT西日本の一般加入電話、Bフレッツ、ぷららフォン(IP電話)利用中です。

1.NTTが「ひかり電話」を宣伝していますが、IP電話とどう違うのでしょうか?それぞれのメリット、デメリットを教えてください。また、併せて一般加入電話をやめたときのデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

ひかり電話はNTT(東・西)が提供するIP電話です。

ADSLなどのプロバイダが運営するIP電話と違う点は
1.キャリアが光ケーブルなので安定しており、各種サービスが期待できる。
2.電話番号は050でなく従来固定電話の電話番号となる

以上です。

NTT固定電話は、携帯やIP電話が普及したため毎年大幅減収状態です。
また、営業範囲が都道府県内に限られているため、従来はIP電話を提供することが出来ませんでした。
NTT(東、西)は、生き残りのためちょっと前から法律を変え、法人向けには都道府県を越えるIP電話を使えるようにしていました。
法人向けが一段落したので、更に法律を変え光ケーブルに限り個人向けにIP電話を供給できるようにしました。

一番の売りは、従来電話と同じ電話番号で使えると言うことです。

NTTに対抗するのはyahooです。
一般電話番号を使えるのは、従来電話供給会社です。
NTT対抗のため、yahoo!!BB光をソフトバンクBBから切り離し、日本テレコムとして、yahoo!!BB光のIP電話は従来電話番号が使えるようにしました。

各社生き残りのため必死です。

ひかり電話はNTT(東・西)が提供するIP電話です。

ADSLなどのプロバイダが運営するIP電話と違う点は
1.キャリアが光ケーブルなので安定しており、各種サービスが期待できる。
2.電話番号は050でなく従来固定電話の電話番号となる

以上です。

NTT固定電話は、携帯やIP電話が普及したため毎年大幅減収状態です。
また、営業範囲が都道府県内に限られているため、従来はIP電話を提供することが出来ませんでした。
NTT(東、西)は、生き残りのためちょっと前から法律を変...続きを読む

Q光・ADSL・ISDNの違いについて

インターネットで光・ADSL・ISDNと言う単語をよく見るのですが。
違いは何でしょうか?出来るだけ初心者なので分かりやすく説明して頂くとありがたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

光ファイバは、極めて高速にインターネット通信のできるサービスです。光ファイバの速度は最高速度100Mbpsであり、これより速いものは、個人向けサービスとしては、事実上、光ファイバとCATV用のケーブルを併用して最高速度160Mbpsを出すものしか存在しないと思います。ADSLと違い、データを引き落としてくる時も、データを送り出す時も同じ速度なので、例えば、これからホームページを作り、そこにデータ量の大きな画像や音楽ファイルなどを組み込もうとする場合、ADSLよりはるかに快適な作業ができます。弱点は、まず、(1)光インターネットだけなら問題になりませんが、電話まで従来の金属線から光ファイバ上に移してしまうと、停電時に通話ができなくなることです。それに対し、旧来型の電話サービスでは、たとえ停電中であってもNTT局舎から電話機への給電が行われているため、高度な追加機能は動かなくなっても、最低限の通話機能は確保する機種が今でも一般的に売られています。通常、親機の受話器がコードレスになっておらず、じゃばら線で本体につながっているタイプの電話機は、今でもこのNTTからの給電という機能に対応しています。これは、災害大国である日本において、非常に重要な機能です。また、(2)光と言っても個人宅に引く場合は問題になりませんが、マンションタイプで共同利用の場合は、光ケーブルが直接、各部屋に引き込まれることは極めてまれであり、一般的には光ケーブルをどこかで受け止めた後、既存の電話線を利用し、VDSLと呼ばれる電気シグナルで各部屋に届けるのが一般的です。このVDSLですが、ISDNとの干渉が発生し通信品質に悪影響がでる可能性を否定できないような気がします。

ADSLとは、従来の電話線をそのまま使ったデータ通信サービスで、最大の特徴は、データを引っぱり込むのは速いが、送り出すのは遅いということです。最大速度はサービスによっても異なりますが、46Mbps程度であることが一般的です。大きなファイルを送り出そうとすると、少々、遅く感じるかと思います。光ファイバとことなり、自宅住所がNTT局舎より離れると、速度が遅くなる傾向があります。また、ADSLは、ISDN回線と干渉しあって通信品質が落ちることがあります。具体名を出してしまうと、NTT、Acca、eAccessのADSLは、このISDNとの干渉を軽減するための特別仕様が入っています。しかし、軽減はできても、ゼロにすることは出来ません。干渉をゼロにするには、ISDN回線とは場所を分け遠ざけるなどの小技が必要です。Yahoo!のADSLモデムは、現在ではどうなっているか知りませんが、かつては外国製モデムを使っており、このISDNとの干渉という問題を抱えたままビジネスをしていました。

ISDNは、従来の電話線を使っているサービスで、もともとの基本思想は、一本の回線で2つの機械をサポートすること、電話サービスに使う時は、音声がアナログではなくデジタル信号に変換されてから伝えられるようになっていることが特徴です。かつては、ISDNを使って、ひとつは電話機に、もうひとつはFAXにつなぐとか言うような使い方をされていました。音声をデジタル信号に変える技術には、CDとほとんど同じPCMという規格を使っているため、ISDN電話どうしで通話すると、非常にクリアな音が聞こえます。また、インターネット接続の場合は、2つあるチャンネルを同時利用して128kbpsの速度を出すという技も使えましたが、これはADSLや光ファイバの通信速度に全くかなわないものであり、インターネット接続用としては、すでに、ほとんど歴史的使命を果たし終えた古いサービスと言えます(ただし、最大速度128kbpsなのではなく、速度は一定に保証されている)。しかし、ISDNには捨てがたい機能が多く、NTTとしては、廃止したくとも廃止できない状態にあると思います。例えば、法人の中には、ISDNのパケット通信の機能を利用してネットワークを組んでいるところもあることでしょう。また、ISDNはPHSのバックボーン回線としても利用されており、ISDNサービスが停止されると、PHS事業者のウィルコムはサービス提供エリアが激減してしまうと思います。ちなみにPHSは、見た目は携帯電話ですが、本質的にはISDN電話の末端区間のみを無線化したものであり、電波が安定している限り、これを超える音質の移動体電話機は、現在、存在しません。PHSは音声をデータに変更するにあたり、旧来型のPCMではなく、改造型のADPCMという規格を使っています。これは、CDのように全ての音を全部ひろうという方式ではなく、前の音との差分だけをひろっていくという方式なので、データ圧縮が可能で、PHSは32kbpsのサービスでありながら、64kbpsのISDN電話と同等の音質を実現できるのです。現時点で、ISDN電話とPHSを超える音質の電話サービスは、存在しないと思います。

光ファイバは、極めて高速にインターネット通信のできるサービスです。光ファイバの速度は最高速度100Mbpsであり、これより速いものは、個人向けサービスとしては、事実上、光ファイバとCATV用のケーブルを併用して最高速度160Mbpsを出すものしか存在しないと思います。ADSLと違い、データを引き落としてくる時も、データを送り出す時も同じ速度なので、例えば、これからホームページを作り、そこにデータ量の大きな画像や音楽ファイルなどを組み込もうとする場合、ADSLよりはるかに快適な作業ができます。弱点は...続きを読む

QCTU ルーター機能をオフ

フレッツ光を開設した時にNTT西日本から設置されるCTUですが
このCTUにあるルーター機能をオフにする方法を教えて欲しいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 東日本エリアの者ですので、参考までに。
http://flets-w.com/hikari-p/download/guide_ctu_11.pdf
 設定ガイドの108ページ(印刷上の107ページ)にある
CTU下部接続ルータの「PPPoEを使用する」設定にすれば、
良いかと思いますよ。

*CTU自体の接続先は、削除する(未設定)

QメディアコンバータとONUの意味の違い

現在ADSLを使用していますが、この度光ファイバーへの切り替えを考えている者です。

各社のサイトを情報収集してる中で判らないことがありこちらで質問させていただきます。

光ファイバの回線終端装置としてONUという装置が必要。。。とありますが、この「ONU」と「メディアコンバータ」とは同じ意味なのでしょうか?
機器としての製品カテゴリー名のようなものがメディアコンバータで、回線終端装置としての機器名称がONUとか?

例えば文章表現として「宅内まで引き込んだ光ファイバーを“ONU”に接続し、以降をイーサネットケーブルでブロードバンドルータに接続します」というような書き方が適切なのでしょうか。ONUをメディアコンバータと読み替えても同じ意味?

個人で調べる限りでは二つは同義語のようにも感じるのですが。
ご存知の方、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

ONUか回線終端装置を使用するのが良いでしょう。
話の内容しだいでは、間違う事が・・・。

メディアコンバータには、
無線LANイーサネットコンバータや
無線LANアクセスポイントも
モデム(電話回線やADSL回線やVDSL回線など)
入ってくると思うのです。

回答者#2のかたも言われてる、
ONU:光ネットワークユニットも
光ファイバーとイーサネット(100BASE-Tなど)
をコンバートしていますね。

converterの意味を英和辞書で
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?id=exej0078430-00000-00000-00000&kind=ej&mode=5
ひくと、変換・転換の意味を持ち、
変換器や転換器となるようですね。

メディアコンバータの中に
・ONU
・無線LANイーサネットコンバータ
・モデム
と言うのが含まれるということではないかと思います。

もっと、広く解釈すればDVDドライブやFDドライブから
紙テープリーダなどが、
変換の意味に照らせば、多岐に及ぶでしょうが、

光ファイバーを使うFTTHに限定して使う場合には、
ONU(回線終端装置)ということに成るのでしょう。

そして、光ファイバーの利用者側に付ける装置は、
回線業者の光ファイバー回線の終端だから、
その装置の事を回線終端装置と呼んでいるのでは、
と思います。

光ファイバーの利用はインターネット回線だけではないです。
家庭内LANを光ファイバーで構築する事も出来ます。

パソコンに付ける光メディアコンバータ付きLANアダプタが
有れば、完全に光ファイバーのLANが構築出来ます
が、

BuffaloのWebに
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/network/optical.html
光メディアコンバータのページがあります。
これらは、LANを光ファイバーで構築する為の物です。

しかし、100BASE-TXや1000BASE-Tの
LANを構築できる今、1Gbps以上でLANを構築する時に
しか選択がないですね。

ONUか回線終端装置を使用するのが良いでしょう。
話の内容しだいでは、間違う事が・・・。

メディアコンバータには、
無線LANイーサネットコンバータや
無線LANアクセスポイントも
モデム(電話回線やADSL回線やVDSL回線など)
入ってくると思うのです。

回答者#2のかたも言われてる、
ONU:光ネットワークユニットも
光ファイバーとイーサネット(100BASE-Tなど)
をコンバートしていますね。

converterの意味を英和辞書で
http://dictionary.goo.ne.jp/search...続きを読む

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Qルーターにつながっている全ての器機のIPアドレスを調べる方法

DHCP機能で振り分けらた全ての器機のIPアドレスを調べる方法はありませんか??

コマンドプロンプトから調べれるコマンドのようなものがあれば教えて頂きたいのですが、、、。


ルータはNTT製品の NVIIIです。

Aベストアンサー

DHCPからの貸し出し先だけでよければおそらく
DHCPのサーバーに貸し出し中のリストをもっています。
ルータがDHCPサーバーでしたら説明書をよんでみて
ください。
dhcpdなど立てていたらvarのどこかにdhcpd.leases
があるとおもいます


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報