ロードバイク用にFINISH LINE フィニッシュライン テフロンプラス ドライ ルーブを購入しました。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/finish/to …

チェーン以外にもワイヤーがこすれる部分や、
ブレーキやディレイラーの可動部分にこれを塗っても大丈夫でしょうか?
金属パーツ表面に錆び止めとして塗ることもありますか?
特に金属以外の樹脂への攻撃性はいかがでしょうか?

その他ロードバイクの注油グリスアップに関することでしたら、
どのようなことでも構いませんので是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

アウター内は悪条件で激しく使ったとか調子が悪いとかでない限りそれぐらいで良いのではと思います。

    • good
    • 0

http://techdocs.shimano.com/media/techdocs/conte …
の1のくくりのパーツと7,8,9 がテンションピボット。組立時にもうグリスが入ってます。もし分解掃除する知識経験が無いのなら下手に油(特に556のようなゆるいもの)など注さない方が良いと思うのです。
リンクとはパンタグラフ状の部品をつないでいる分解不能なピンのことです。分解不能なんでこのパーツ図では番号がありません。105って印刷してある板状の部分と上下のピボットを保持している部分をつないでいる可動部です。

アウターの中はいろいろ説や流儀があるんですが粘度の低いグリスを使うかオイルで良いのではないでしょうか。
シマノの変速ワイヤー用などは最初からグリスが入っています。
556は蒸発しやすいのかすぐ油膜が無くなるのであまり勧められません。むしろ注油の前の掃除(拭き油、洗い油)向きです。

アウター内部は耐油性を気にする必要はないでしょう。

最近の中上級パーツはシールが良くできていてかなりほったらかしにしていても油が切れたりはしにくくなっています。アウターの中などもワイヤーの動きがおかしいとか長期使ったとかでない限りいじんない方が良いと思います。
BB下のワイヤーガイドは汚れやすいところなんで日頃から掃除や注油(と余分な油の拭き取り)をしておくのは良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図示非常にわかりやすくありがたいです。
7,8,9もBBなどと同様の扱いだったのですか?
以前のバイクでは分解はせずクレ556を多めに吹きかけ歯ブラシなどで汚れを落とし、
ウエスで拭きあげた後にスプレーグリスを外からなんとなく注油していましたが、
テンションピボット内まではグリスが届いていなかったと思います…
アウター内は購入後すぐに注油せず一年後くらいでも良いでしょうかね?
ワイヤーガイドは小まめにメンテするようにします。

お礼日時:2009/05/17 00:40

ワイヤーガイドだったら耐油性の強いものが選ばれているのでグリスやオイルの類で大丈夫です。

というか耐摩耗性や摩擦係数でも有利な物が元々選ばれていると思います。
すり減ったら交換できるようになっていますよね。アウターの中の樹脂ライナーと同じそういう部品です。

シリコーングリスは油系(合成天然)のものにくらべると極圧耐性が低く、つまり金属のベアリングや慴動部には不向です。食品用機械やプラスティック用など油が使えない場合のために用意されている場合がほとんどと思います。

クレの製品でしたら普通のグリースメイトやモリブデン入の方が自転車向きです。
グリースは密閉された部分でオイルを連続給油する設備ができないところに使用します。つまりブレーキだったらピボット部分の内側だったら適しています。
スプレーグリスは一般車などで分解してグリスアップが面倒な場合すき間からボールベアリングの入っている部分などに吹き込んだりするのに便利ですが最近のスポーツ車のように防水防塵シールがついた部品では中に入れることができません。
なのでチューブ入りや缶入りのグリスを分解掃除の時に入れるのが向いてるかなと私は考えます。

変速機のリンクの部分ですがやっぱり油で好いんじゃないかなと思います。ある程度の頻度で注油して流れ出た奴はふき取っておけば内部の掃除にもなると思います。(テンションピボット部分は注油不可)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ワイヤーガイドには普通のグリスやオイルでいいのですね。
ブレーキワイヤーを覆っているアウターケーブルの中なども、
そういったものやクレ556など別に気をつかわず使用してもよいものなのでしょうか?
パーツを犯さずに抵抗が少なく軽く正確な節度ある使用感を求めて機械整備をしたいと考えています。
すみませんが変速機のリンクとテンションピボットの場所がどこなのか具体的に示していただければ助かります。

お礼日時:2009/05/16 16:30

「合成オイルに特殊ポリマーとデュポン社の分子量4万という極小PTFE(ポリ4フッ化エチレン)ドライフィルムテフロンを配合。


とのことなので石油系の油分に固体成分の4弗化エチレン(テフロン)を混ぜてある物のようです。
私の経験でも油(石油系に限らず)は長期的には合成樹脂に影響を与える場合が多いですね。

樹脂用潤滑剤としてはシリコーンオイル系のものがたいてい用意されています。

自転車に使われているプラスティックは耐油性を考慮してある物が多いのですぐに侵されるようなことはないと思います。(グリップやタイヤはダメですが)

固体系潤滑剤単独では雨に対して弱いという印象を私は持っています。
錆防止という観点からはやはり油やワックスで膜を作ってやった方が強いと思います。表面保護が目的ならワックス(樹脂用もあります)がよろしいのではないでしょうか。(油では埃を吸い付けてしまいます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということはテフロンプラス ドライ ルーブでも樹脂へ使用しないほうがいいということですか?
すぐにだめにならなくとも不適な使用方法は避けたいです。
BBの下裏側に切り替え用のワイヤーが樹脂ワイヤーリードに沿わされていますが、
角度も急で結構なテンションで負荷がかかっています。
あそこに対するケミカルならどれを選べばよろしいでしょうか?

お礼日時:2009/05/16 15:39

石油系オイルは短期間では影響は少ないですが長期間の使用は樹脂や塗装を変質させる恐れがあります。



しかしこの製品はテフロン系ですから樹脂や塗装に悪影響を与えることはありませんし、水をはじくので錆び止めとして効果的です。
またシリコン系のオイル類もワイヤー等に効果的です。
ただ、シリコン系は触った時に滑り易くなるので付けると危ない部分もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

石油系のもだと樹脂に悪影響があるんですね。
テフロンやシリコンなら全く問題無く使用可能なんですね。
ホームセンターでも入手可能なクレシリコングリースメイトは、
http://www.a-rchery.com/grease.htm
購入しておくとロードバイクメンテナンスに役立つでしょうか?

お礼日時:2009/05/16 11:22

>>金属パーツ表面に錆び止めとして塗ることもありますか?


上記用途としては簡易メンテナンスとしてプロショップの店員さんにすすめられて使用しています。
雨に降られた後でもやれば水が追い出される為有用とのことで主にビス付されている部分にポイントで使用しています。

可動部でもブレーキやBB周りは止めておいた方がいいと思います。
下の方が言われているようにグリス等使用した方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プロショップから推奨されているならば是非とも塗布すべきことですよね。
ブレーキでもヒンジ部などならばよろしいのでは?
さらさらで垂れるからもっと粘度が高い、
ホームセンターで売っているような普通のスプレーグリスの方がいいのでしょうか?

お礼日時:2009/05/16 11:10

 まず想像できるのは、プラスチックのボトルに入っているのだから樹脂には対応できるでしょうね。

プラスチックを溶かすような溶剤が入っているならスチールやガラス容器に入っているはずですから。

 それにドライ系なので特に問題もないでしょう。もともとフィニッシュラインのテフロンドライは、全天候、どこにも使える、超寿命が売りの品ですから、特に気にする必要はないと思いますよ。ただ、グリス潤滑部には面倒でもちゃんとグリスを使った方がいいとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど確かに樹脂容器に入って販売していますので自転車の樹脂に対しても全く問題ないのですね。
ドライ系だと多用途長寿命なものなんですね。
BBなどグリスが封入されているような部分は避けて使用したいと思います。

お礼日時:2009/05/16 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシリコンスプレーについて教えてください

 自転車のお手入れについて質問させて頂きます。

過去の質問回答を見ていると各部分でいろんな商品のお勧めを見かけます。

 自分は手軽でべたつかなくてどこでも手に入るものが希望なのですがシリコンスプレーはどうなのでしょうか?過去の回答でたまに出てきていろんな場所で使えるけど効果が持続しないような説明を見かけます。自分としてはさらっとしていてべたつかなくて黒くならなければ注す回数が増えてもかまわないと思っていますがどうでしょうか?

 シリコンスプレーの効果のほど、可動部分で使ってはいけないところはあるか、シリコンスプレーとシリコンオイルの違いなどについて教えて頂けないでしょうか?回答よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

シリコンスプレーをチェーンに使用することは、まめに注油し湯幕切れを起こさないよう注意すれば何の問題もありませんが、ブレーキワイヤーやシフトワイヤーのアウターとインナーの間にスプレーしてしまうと、ワイヤーによっては、アウターとインナーの摩擦を低減するためにテフロンライナーを入れているものがあり、シリコンスプレーはこのテフロンライナーを侵食して溶かしてしまう物も数多く存在しますので、適材適所で、良く確認した上で使用すべきです。
その中でも有名な物は、CRC556などは、注意が必要です。

チェーンに使うときは、各こまのローラーとプレートの間(内外各1ヶ所づつXコマ数)に1滴づつさして、数回チェーンを回転させて馴染ませた後、余分な油分を綺麗なウエスで拭き取ってください。
余分な油分があると、そこに埃や泥をを吸着しそこに水分などがたまることになり、チェーンの寿命を早めたり。著しく損傷させたりします。

Qオートバイ用のチェーンオイルの自転車への使用について

オートバイ用のチェーン潤滑スプレーはクロスバイクのチェーンにも使えるでしょうか?
オートバイ用のはいわゆるドライタイプで、粘着性が強いものです。
オートバイだと吹き付けたあと拭き取らずに乗りますが、
自転車だと拭いた方がいい、とかあるでしょうか?
あるいはそもそも自転車への用途には向かないものでしょうか?

Aベストアンサー

十分使用に耐えると思います。
>オートバイだと吹き付けたあと拭き取らずに乗りますが、
>自転車だと拭いた方がいい、とかあるでしょうか?
オートバイでも、洗浄して、乾かした後に吹き付けますが、ある程度はふき取りますよ?
自転車の場合、オートバイほど力がかからないので、向かないと思いがちですが、オイル自体あまりささない人も多いと思いますので、粘度が高く、防錆性も耐久性もあるので、いいと思います。

Q型落ち品のロードバイクを売っているサイトを教えてください

型落ち品のロードバイクを探しています。 


型落ち品お売っているサイトを教えてください。

Aベストアンサー

http://www.cycle-yoshida.com/

特価自転車コーナーは型落ちがけっこうありますよ

Qシリコン グリス オイル  スプレーの使分け

車や自宅で 潤滑目的で上記の3つを買ってきました。
ベアリングや元々グリスアップされているところはグリスだとして、一般的使い分けがわかりません。(更に言えば 半固形グリスも所持しています)

そこで
  (1)一般的 使い分けの考え方はどのようでしょうか?
    ex 潤滑目的ではグリス>オイル>シリコン の順で選ぶ?とか、、。
  (2)以下の場合何を使うのが良いのでしょうか?
    1)車のボンネットやトランク、ドアのヒンジ部(ベアリング、ゴムなし)
    2)自宅の室内ドアのヒンジ部(差込んであり、回転する部分)
    3)自転車のブレーキハンドル部(ブレーキを握って回転する部分)
    4)自転車のチェーン
    5)車のボンネットなどのキャッチ部(動いてロックする方)

以上 よろしくお願いします

Aベストアンサー

潤滑油、シリコンにはとても種類が多く、とてもじゃないが
 グリス>オイル>シリコン
と「ひとくくり」にはできないです。シリコンのグリスもあるし・・

(2)以下の場合何を使うのが良いのでしょうか?
    1)車のボンネットやトランク、ドアのヒンジ部(ベアリング、ゴムなし)
  荷重がかかり、しかも屋外(寒暖差が大きく、雨水がかかる可能性がある
   ・・・・よって、グリスが良い。
    2)自宅の室内ドアのヒンジ部(差込んであり、回転する部分)
  いわゆる摺動部で、荷重も大きいため、二硫化モリブデンの配合されたグリス
    3)自転車のブレーキハンドル部(ブレーキを握って回転する部分)
  もうすこし粘度の低いグリス(1)と同じ
    4)自転車のチェーン
  飛び散って失われるため、分子量の大きいオイル。いわゆるチェンオイル
  2サイクルエンジンオイルと逆の性質が必要・・とにかく納豆のように糸を引くオイル
    5)車のボンネットなどのキャッチ部(動いてロックする方)
  摺動部になるので、(2)と同じ

 このように、目的によって潤滑剤は異なります。だからとても種類が多い。

 シリコンですが、これは揮発性があるため長時間作用が継続して欲しい場所や風雨にさらされる場所には向きません。特に荷重が大きい場所には無理です。
 負荷が小さく、すべりを期待する場所・・・サッシの擦れ合う部分とか、引き出しの擦れ合う部分とかには効果的です。木と金属が擦れ合う部分の金属側なども。
 ただし、木製品には基本的に使いません。シリコンが木の組織内に浸透し、強度を低下させます。セルロースとセルロースの摩擦が失われる。汚れを溶かして材にしみこむとかで汚れます。

 たんすや建具などの木製品やジッパーのように、相手を痛めたくない、汚したくない場合は、乾性粉末潤滑剤を使います。これは、フッ素樹脂、グラファイト、二硫化モリブデンなどを原料とするものですが、汚れて欲しくないものには、フッ素樹脂系を使います。たとえば
Three Bond 乾性粉末潤滑剤 1810C(スリー ボンド製) ( http://www.10000sale.com/magic/cgi/item_view.cgi?no=106636712125621 )

 注意しないとならないのは、クレ556のように、潤滑油を安価なシリコンオイルで希釈したものです。これはシリコンが揮発してしまうため、取り込んだ埃や汚れが残って時間がたつとかえって不具合になるタイプがあるということ。特に特価で販売されているものはシリコンの量が多いため、使った直後は効果を実感できますが、すぐ動かなくなる。
 特に、鍵穴とか錠前の機構部分など、埃が入るとまずい精密な部分には、決して使用してはなりません。錠前メーカーは、製品のマニュアルに特に重視するメンテナンス方法として注意するようにしているのですが・・・・。このトラブルは、本当に多いのです。・・・錠や鍵穴に油をさしたらだめ!!!使用するなら粉末潤滑剤を使ってください。なければ濃い鉛筆の芯で擦るだけでも良い。

家庭で用意しておくと良い潤滑剤
・重荷重用に二硫化モリブデンやグラファイト配合のグリスかオイル。
 スプレータイプが良い
  蝶番(ヒンジ)、戸車(金属)、車のヒンジなど
・低粘度のオイル
  軽加重のもの、プラスチックに使えるものを用意する。
   プラスチックに普通の潤滑剤(シリコン含む)を塗ると割れることがあります。
  いわゆるミシン油・・さび止めにも使える。
・乾性粉末潤滑剤
  精密機械等・・たんすの引き出し、ジッパー、
  障子やふすまにも使える白色のものが良い
・シリコンスプレー
  サッシの擦れ合う部分、はさみ・・さび止め効果ではなくすりあわせを軽くする
  長期間持たないので、都度ふけるようなものだけ
  荷重がかかる摺動部には使えない。

 決して使わないで欲しいもの・・・潤滑油をシリコンオイルで薄めたタイプ。最悪。

潤滑油、シリコンにはとても種類が多く、とてもじゃないが
 グリス>オイル>シリコン
と「ひとくくり」にはできないです。シリコンのグリスもあるし・・

(2)以下の場合何を使うのが良いのでしょうか?
    1)車のボンネットやトランク、ドアのヒンジ部(ベアリング、ゴムなし)
  荷重がかかり、しかも屋外(寒暖差が大きく、雨水がかかる可能性がある
   ・・・・よって、グリスが良い。
    2)自宅の室内ドアのヒンジ部(差込んであり、回転する部分)
  いわゆる摺動部で、荷重も大...続きを読む

Qアウター、インナーケーブルに使うグリス・オイル

ブレーキとシフトのアウターにオイルを、インナーにグリスを、それぞれ組む前に注油したいのですが
ホームセンターに置いてるようなもので利用出来そうなものはどんなのがあるでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シマノからワイヤ用のグリスが出ていますので、本来はそちらをお薦めします。
と書くと終わっちゃいますので、あくまでも「とりあえず」って感じで見てもらえばいいかな?



まず、潤滑スプレーで有名な「KURE CRC556」ですが、こちらは使わないように。
アウター内のプラスチック成分を侵すので禁止です。

おなじ呉でも「シリコーンスプレー」は使えます。


あとは、個人的に「EVERS」がお薦め。こちらだとちょっと大きめなホームセンターでも
取り扱いしてます。 なければ「WD-40」でもまぁOKかな?

Qクレとワコーズなどはそれ程違う?

ロードバイク通勤してます!

自転車のメンテではオイルを使いますが、

ワコーズ ラスペネと
http://www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/008/index.html
クレ 5-56という同様の商品がありますが、
ワコーズはもてはやされクレは否定されることが多いように思います。

私はワコーズは持っていなくて、
フッ素が配合されたクレスーパー5-56を持っていて使っています!
http://www.kure.com/products/index.html(上から4段目)

フッ素が入っているおかげか今まで特に問題なくスムーズに使えているのですが、
実際にそれ程違うものなのでしょうか?

クレとワコーズなどの違いについて教えて下さい^^

Aベストアンサー

スーパー556は 知りません
もう 数十年 556は相手にしていないので

普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが
2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物
錆を拭き取るとかには良いでしょう
錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ
には 全くかないません

スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では?

KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファーストルーブルになります。

KUREは、安価に作るのか主の様で 潤滑油やグリスとしての性能は 低いです。
他のメーカーの方が しっかりした 目的別の 潤滑油が 有ります。

556より WD40の方が まだマシ ワコーズなら ラスペネではなく メンテルーブルが
比較対象品だと思います。

自転車には 浸透潤滑剤を使用するところは ほぼ有りません。
基本 グリス チェーンや フリーハブのみ エンジンオイルの様な ドロドロした 高粘度の 飛散し難い固いオイルを使用し ワイヤーアウター内などは テフロンコーティング皮膜を作る様な 高価な潤滑剤をケーブルインジェクターなどで 充填するか
初期組立時に グリスを塗布しておきます。

ベアリングの 入る 回転部に 556を吹きかけると グリスを 見事に溶かし落としてしまい
部品を 金属摩耗させてしまいます。

556は 洗い油(洗浄用程度) 誤って潤滑油として使わない様に 我が家からは 排除
友達関係にも 同様に伝え 家から なくすように 言い聞かせています。

チャリなら フィニッシュラインなども良いのでは?

潤滑剤性能を 試すには 未塗装の 鉄板を用意して 両面に吹きかけ 外に吊るして 錆びのテスト
556とラスペネや 他の潤滑スプレーも 購入し 同時に 試してみて下さい。
目に見て 錆びの進行が 早いのか556と解ると 思いますよ。 潤滑油成分より石油成分がほとんど

スーパー556は 知りません
もう 数十年 556は相手にしていないので

普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが
2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物
錆を拭き取るとかには良いでしょう
錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ
には 全くかないません

スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では?

KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファースト...続きを読む

Qチェーンオイルとチェーンルブの違い

ロード初心者です。チェーンの乾拭きは毎日、チェーンオイルはEVERSのを2週に1回程度を目安に注油しています。最近チェーンルブという商品をEVERSとWACOSの2社で見つけ、メンテ用品に加えるべきかどうか悩んでいます。EVERSのオイルは600kmまで効果が続くそうで、このままでもよさそうなのですが、一方でメンテ本などを読むと、メンテ時にはルブをチェーンとスプロケットに差すように書かれています。これらは併用すべきなのでしょうか。それともどちらか一方を使えばよいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

言い方が違うだけで 同じ意味です
双方チェーン用の潤滑油です。

チェーンのコマ部分(内部)とプレーと重なり分(外側)に1滴づつ塗れば スプロケにもいやでも
塗られます一度軽くクランク回転させ ローからトップへ変則すれば スプロケにオイルが塗られたことになります。
自分の場合 塗ったオイルが内部浸透するる様に馴染ませから回しをしてから 外観の油をふき取り
チェーンのコマごとに すべて ウエスを細く切り取り こよりにしてチェーン7内部の 余分なオイル分をふき取ります。
これをしないと オイルが飛び散りフレームや ホイールが油汚れし チェーンやギア板に砂埃が付着しやすくなります。 チェーンのリンクピンと重なるプレート内部に潤滑油が入っていれば良く 外観表面は、うっすら錆止めに油分が付いていれば良いのです。

2週間に1度 走行距離にもよりますが おおよそ良いサイクルでの注油だと思います。

チェーンオイルもいろいろ試してますが イノテック105が 今のところ扱いやすく長持ちするので
連続使用しています。
フリーとチェーンは、マイクロン処理しています(加熱コーティングを5回繰り返してます)

最近の多段化 10段や11段は、よりチェーンが薄く チェーン切断トラブルの可能性が高いので
確実な注油と 定期的な交換が 必要です。
レース思考の方は 3000km以内 一般ロード乗りでも 3~5000kmの範囲で交換が 安心です。
切れて交換は、遅すぎます
注油を正しくしない人は、早めに切れます。

言い方が違うだけで 同じ意味です
双方チェーン用の潤滑油です。

チェーンのコマ部分(内部)とプレーと重なり分(外側)に1滴づつ塗れば スプロケにもいやでも
塗られます一度軽くクランク回転させ ローからトップへ変則すれば スプロケにオイルが塗られたことになります。
自分の場合 塗ったオイルが内部浸透するる様に馴染ませから回しをしてから 外観の油をふき取り
チェーンのコマごとに すべて ウエスを細く切り取り こよりにしてチェーン7内部の 余分なオイル分をふき取ります。
これをしない...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報