VB2008Expressでソフト作成していましたが、Windows2000でも動かす必要が発生し、VB2005Expressに環境を変更(ダウングレード?)しました。VB2008ExpressがWindows2000に対応していないというのに気がつきませんでした。
 すると、VB2008Expressで作成していたソリューションファイルが開きません。以下のエラーが表示され、それで終わりです。
『選択されたファイルはソリューションファイルですが、このアプリケーションより新しいバージョンで作成されたため、開くことができません。』

 何らかの方法でVB2008Expressのソース一式をVB2005Expressで利用することはできないでしょうか?
(実行形式のファイルだけでなく開発環境そのものからWindows2000で動かす必要に迫られています。)
 VB2008ExpressとVB2005Expressとで、相互に使える必要はないです。一旦VB2005Expressに持って行ければ、それはそのままでOKです。

 作成したソフトはそう大規模なモノはないので、方法がなければベタですが、一から作り直そうかと思ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

VB2008と同じソリューション/プロジェクトの構成を先に作ってしまいます


このとき Formなどを必要とするものは最低1つのみを追加しておきます
次に、2008側のソースを各プロジェクトごとにエクスプローラなどでコピーしておきます
VB2005で生成した同名ファイルも上書きしておきます

VB2005でソリューション/プロジェクトを選択して
既存のファイルの追加操作をします
これで 2008固有の機能を使用していなければコンパイルできるようになるると思います

ソースをコピーしないで 2008のソースをそのまま追加すると
2008のファイル位置にあるソースでコンパイルしようとします
2008/2005で完全に同じソースを使うのであればこの方法でもいいのですが
2005側だけ修正したい場合(またはその逆)上記のようにソースを先にコピーしておきましょう

この回答への補足

 回答ありがとうございます。
 VB2008と同じソリューション,プロジェクトを作成し、Form1のみ作って保存しました。
 その後、既存ファイルの追加をしようとしましたが、やはりFormのデザインが持ってこれません。以下のエラーとになりました。
『デザイナは 218 行のコードを処理できません。 Me.ShapeContainer1.Location = New System.Drawing.Point(0, 0) メソッド 'InitializeComponent' 以内のコードは、デザイナによって作成されたので手動では変更できません。変更を削除して、デザイナを再度開いてください。』

 コンポーネントそのものはプリミティブなものしか使っていないつもりです。
 Formのデザインの内容を持ってくるにはどうしたらよいでしょうか?

補足日時:2009/05/17 17:05
    • good
    • 0

ソースファイルなどの数がそれほどでもなければ、ソリューションとプロジェクトだけをVB2005Expressで新規作成し、プロジェク

トファイルなどを除いたものをフォルダにコピーしてから、「追加」-「既存の項目...」とやってはどうでしょうか?

この回答への補足

 回答ありがとうございます。
 やってみましたが、Formでエラーが沢山出てきます。以下は一例ですが、これによりFormがさっぱり出てきません。
『警告 1 デザイナは 217 行のコードを処理できません。 Me.LineShape1.Name = "LineShape1" メソッド 'InitializeComponent' 以内のコードは、デザイナによって作成されたので手動では変更できません。変更を削除して、デザイナを再度開いてください。』

 VB2008で、コンポーネントを配置・設定した際、通常の設定以外のところでVB2008で新規に追加されたプロパティが設定されている感があります。
 そのため、ほぼ全てのコンポーネントでエラーが発生し、肝心のFormが全く出てきませんでした。
 Formのみ手入力して、プロパティを合わせた後で、コードをコピーしたほうが(手はかかりますが)手早いかなと思いました。

補足日時:2009/05/17 16:49
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q復元ポイントの作成とイメージファイル等のバックアップとの違いについて

今晩は、宜しくお願いします。

復元ポイントの作成とイメージファイル等のバックアップとの違いについて教えて下さい。

Windowsで復元ポイントからシステムを復元させる方法があり、
また、イメージファイル等にバックアップをとり、復元させる方法もありますが
この両者はどのように違うのでしょうか。

復元ポイントの作成とは、その時点のシステムの設定等だけを保存しているという
ことでしょうか。

また、イメージファイル等のバックアップを作成するということは
システム設定と作成したファイル等もイメージファイルとして一括してバックアップ
されるのでしょうか。

イメージファイルの復元時に、作成したファイル等もイメージファイルから
復元されるのなら、同じ名前のファイルがあった場合には、
イメージファイル作成時の古い情報のファイルになってしまうのでしょうか。

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

【システムの復元】
Windowsが使用するシステムファイルのバックアップと復元。
ユーザーファイルには影響しない。
HDDの中に作成されるので、Windowsが起動しない環境では使用出来ない。

【システム修復ディスクの作成】
Windowsの起動時にF8を押下して起動するセーフモードから「コンピューターの修復」「システム回復オプション」を、外部記憶装置(CD、USBメモリなど)から起動出来るようにする。
Windows自体が起動しなくなった場合に、外部記憶装置から「システム回復オプション」が起動出来るようになる。修復されるのは、選択した項目により異なる。
WindowsREを利用。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh825173.aspx

【バックアップと復元】
システムのバックアップを作成し、ハードディスクなどが壊れた場合に備えパソコン内部のデータを全てバックアップ・復元出来る。
Windowsのインストールディスクや、システム修復ディスクから復元が可能。
システムもユーザーデータもバックアップを取った時点の状態に戻る。

【システムの復元】
Windowsが使用するシステムファイルのバックアップと復元。
ユーザーファイルには影響しない。
HDDの中に作成されるので、Windowsが起動しない環境では使用出来ない。

【システム修復ディスクの作成】
Windowsの起動時にF8を押下して起動するセーフモードから「コンピューターの修復」「システム回復オプション」を、外部記憶装置(CD、USBメモリなど)から起動出来るようにする。
Windows自体が起動しなくなった場合に、外部記憶装置から「システム回復オプション」が起動出来るようになる。...続きを読む

QVB2005とVB2008

これまで個人の趣味と若干仕事でVB6を使ってきたのですが、さすがにそろそろ新バージョンに乗り換えようかと思います。
昨年末VB2008がリリースされましたが、市販の解説書はまだ2005版です。
2005と2008では大きな違いはあるのでしょうか?つまり、2005の解説書を読みながらでも、2008の勉強は出来るのでしょうか?
どうせ乗り換えるなら、最新版を使いたいので。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Visual Studio 2005とVisual Studio 2008の違いは前者が.NETFramework2.0までの開発が可能でAJAXを使うには無料のコンポーネントをインストール必要があるということ。後者は.NETFramework3.5までの開発が可能でAJAXは標準コントロールとして組み込まれていることなどですね。あとは細かい部分の修正や改良が行われています。

無料のVisual Basic 2008 ExpressEditionを使う分には2005の時とほとんど変わらないと思いますよ。ただ、VS2008を買うと色々と機能が追加されているのでVS2005用の解説書では不足しますね。多分、一番良いのはVS2008の解説書が出るまでVB6.0で粘ることだと思いますよ。それが一番確実です。

Q救出ファイル復元 2の機能について

「救出ファイル復元 2」で画像ファイルJPEGの他にRAWファイル、拡張子(CR2)を復元出来るでしょうか。

キャノンの一眼デジカメを使っているのですが、他の復元ソフトでは、復元出来ませんでした。

Aベストアンサー

Vectorあたりで『ディスク・ファイル復旧』の項目で探せばみつかりそうですが。
要は,"復元ソフトで復元できるファイルがソフトに登録されている拡張子だけしかできない"ことですので,拡張子を選択できる復元ソフトを捜せばいいと思われます。

参考URL:http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/disk/care/

QVB2008かVB2005で、チェックボックスをループ文を使ってFalseにしたい

Visual Basic 2008か2005で
グループボックス1に50個、
グループボックス2に25個ののチェックボックスがあるとします。
これらのうち、グループボックス1の50個のチェックボックスだけ
全てチェックを外す処理を作りたいのですが、
1個1個チェックボックスをFalseにする文を記述すると
同じ様なソースが増えてしまうので、
Forのようなループを使って簡潔に書くことは出来ないでしょうか?

出来れば、ソースを記述してほしいです。
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、

グループボックス1に、チェックボックスのみ50個しかないと
仮定すると(グループボックス1にテキストボックス等などの
コントロールが他にない)

以下のコードで出来そうです。

Dim o As Object

For Each o In Me.GroupBox1.Controls

o.CheckState = 1


Next


すべてのチェックボックスをオンの時
o.CheckState = 1
オフの時
o.CheckState = 0

ちなみに、グループボックスの数は、今回は、関係ないです。
グループボックス、全部オンにするか、オフにするかになります。

Q削除した画像ファイルの取り出しまたは復元方法

ごみ箱に入れてから削除したファイルの復元方法を教えてください。

以前にも同様の質問をしたのですが、その際に教えていただいた方法で確かにいくつかのファイルは復元することができました。

しかし、一番復元したい画像ファイル(jpeg形式)が復元できません、同時期に同じく削除したファイルは無事に取り出せたのですが肝心のファイルは取り出せません。指定するファイル名、フォルダ名などの間違いはないのですが何が原因で復元できないのか理解できません。

良きアドバイスをいただければ助かります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こういったファイル復元ソフトを利用してファイルを復活させます。

●FileRecovery(フリーウェア)

消去・欠損したファイルを復元するソフト。
http://www.pcinspector.de/download.htm

●復元(フリーウェア)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se192983.html

■FINALDATA(ファイナルデータ)フォトリカバリー3.0(有料)
http://www.finaldata.ne.jp/f_8_3.html

当然ながら復元できる確立は有料ソフトのほうが高いです。

これらを使っても復元できない場合はファイルが上書きされて完全に消えている可能性が高いです。

QVB2005 ソリューションの中にXMLファイルの読込

VB2005 かなりの初心者です。

現在、XMLファイルを外部(ソリューションエクスプローラに入っていない)
で読込みをしているのですが、管理上面倒なのでソリューションエクスプロ
ーラ内(同一プロジェクト)にXMLファイルを新規で追加して管理をしよう
と思っています。
XMLファイルを外部から読み込む場合には、ファイルパスを指定して簡単に
取得できたのですが、ソリューションへ追加した場合のファイルパス?は
どのようになるのでしょうか。
ファイルパスとかではなく、ソリューションエクスプローラのリストから
取得できるようなクラスが用意されているのでしょうか。

ものすごく初歩的な質問かもしれませんが、調べても全く不明だったので
ご質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

VB2005ですと 実行ファイルは bin\debugまたはbin\Releaseフォルダに作成されます

プロジェクトのプロパティなどを変更していなければ これらの実行ファイルのパスが実行時のカレントフォルダになります

従ってソリューションに追加したファイルなど指示は
XmlDoc.Load("..\..\Test01.xml")
と言った具合で 2階層上のフォルダと言った指示になると思います

または XMLファイルのプロパティの『出力ディレクトリにコピーする』を『常にコピーする/新しい場合はコピーする』などに変更しておけば
『bin\Debug/bin\release』などにコピーされますよ
この場合は xmlDoc.Load( ".\sample01.xml" ) と言った具合でしょう

Q「ウイルス感染ファイル」削除後のシステム復元でどうなる?

ウイルスバスターで幾つかのウイルス感染ファイル発見し全て削除しましたが、感染したファイルはシステムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
そこで教えて頂きたいのですが、感染した日付以前でシステムの復元をする事によって削除されたシステムファイルは復元できるのでしょうか?一度削除されたシステムファイルはシステムの復元をしても二度と復元しないのでしょうか?

Aベストアンサー

以下WindowsXPという前提で・・・

>システムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
通常、このままではシステムエラーが発生します。
しかし、Windowsには自動復旧機能があり、削除されたファイルをハードディスク上にあるCabファイルから呼び出して復旧させるようになっています。
従って、殆どの場合、削除されたシステムファイルを手動でインストールする必要はありません。

☆SFCの実行
もしシステムエラーが出る場合SFC(System File Checker)の実行をお勧めします。

1.CDドライブにOSのインストールディスクを入れておく。
2.「スタート」「コマンドプロンプト」または「ファイル名を指定して実行」で
「sfc /scannow」と入力して「OK」

「Windows XP professional のディスクを入れてください」という表示が出ることがありますがHome Editionであれば「無視」を選んでスキップしてください

>感染した日付以前でシステムの復元をする事によって削除されたシステムファイルは復元できるのでしょうか?
出来ないことはないでしょうが、あまりお勧めできません。
現在の状態が正常でない。
過去の状態の方が快適に操作できる。
という場合、それがいいかもしれません。
しかし、Windowsの設定というのは非常に広範囲にわたっており、現在と過去を比較して、どちらが適正かを判断するのは容易ではありません。
また、過去の復元ポイントの中には不正な設定が含まれている場合があり、間違って、そのポイントを選択することもあります。
ウィルス対策ソフトのサイトでは一旦復元設定を無効にして、過去の復元ポイントを全て消去することを推奨しています。

>一度削除されたシステムファイルはシステムの復元をしても二度と復元しないのでしょうか?
間違った操作をすると汚染されたファイルが復元されてしまいます。
一旦復元設定を無効にして、過去の復元ポイントを全て消去することで汚染されたファイルは二度と復元しません。

以下WindowsXPという前提で・・・

>システムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
通常、このままではシステムエラーが発生します。
しかし、Windowsには自動復旧機能があり、削除されたファイルをハードディスク上にあるCabファイルから呼び出して復旧させるようになっています。
従って、殆どの場合、削除されたシステムファイルを手動でインストールする必要はありません。

☆SFCの実行
もしシステムエラーが出る場合SFC(System File Checker)の実行をお勧めします。

1.CDドライ...続きを読む

Q[VB] 作成したパッケージをWindows2000にセットアップするときのエラー

[VB] 作成したパッケージをWindows2000にセットアップするときのエラー
でインストーラ パッケージ作成時の対策をしたのですが
まだ Path or File Not Found. がでるのですがほかに直すところはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「Visual Studio Installer」を使用してみてはどうでしょうか?

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/downloads/vsi/default.asp

Q復元ソフトのふと感じた疑問 -ファイル名を削除したい-

先日、復元ソフトを使用していたときに感じたことなのですが
(使用ソフトは「復元」です。)
ファイルを復元する際の手順で削除したファイルが検索できますよね。
このファイル検索の時に、HITしないようにファイル名を完全に削除したい場合はどのようにすればいいのでしょうか??

例えば、「●●との秘密旅行001.jpg」のファイルを削除したとします。
その後、復元ソフトで検索をかけるとファイルを復元しなくてもファイル名を見ただけで怪しいファイルとわかってしまいますよね。
復元ソフトの検索で、表示されなくする方法か、別名に変える方法があるのなら教えてください。

Aベストアンサー

95159さんが求めていらっしゃるのは以下の方法ではないでしょうか。

フリーの復元ソフトに「DataRecovery」というものがあります。このフリーソフトには「削除したファイル」の名前を時間をかけず簡単に消去できる機能が付いています。

『DataRecovery』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

■使い方
起動させる→該当ドライブをクリック→[スキャン]ボタンをクリック→削除したファイルの表示完了→「目的のファイルが見つかりましたか?」と出てきたら[キャンセル]をクリック→名前を消去したいファイルをクリックするか、名前を消去したい複数ファイルを左クリックしながら選択する→[消去]ボタンをクリック→[OK]をクリック

これで、名前を消せます。しかしながら完璧ではなくて、一部消せないこともあります。
(「DataRecovery」を再起動してもう一度ドライブをスキャンすると消せなかったファイルが表示されます)

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

95159さんが求めていらっしゃるのは以下の方法ではないでしょうか。

フリーの復元ソフトに「DataRecovery」というものがあります。このフリーソフトには「削除したファイル」の名前を時間をかけず簡単に消去できる機能が付いています。

『DataRecovery』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

■使い方
起動させる→該当ドライブをクリック→[スキャン]ボタンをクリック→削除したファイルの表示完了→「目的のファイルが見つかりましたか?」と出てきたら[キャンセル]をクリック→名...続きを読む

Qvisual studio2005でvb.NETとvb2005

visual studio 2005を購入して現在その研究中です。最近の開発環境としてwindowsからは.net frameworkというベースの環境としてさまざまなプログラミングを行うようになっていることは分かりました。
vbでのソフト開発を試みているのですが、その環境下でのvb.NETとvb 2005の違いがよく分かりません。どちらも.net環境であるので単に新しいヴァージョンになっただけでしょうか。どちらでやった方が良いか何か知っている事がありましたら、些細な事でも構わないので教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

VB.Netの新しいバージョンがVB2005です。
なのでVB2005を利用で良いと思いますよ。

VB5→VB6→VB.NET(2002版)→VB.NET(2003版)→VB2005
現在の最新版がVB2005ですね。

ちなみに.NET FrameWorkは
・VB.NET(2002版)で作ったアプリは .NET Framework 1.0
・VB.NET(2003版)で作ったアプリは .NET Framework 1.1
・VB2005で作ったアプリは .NET Framework 2.0
が必要になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報