昨日飼育している国産カブトムシの幼虫のマットを交換しようと掘り起こしたところ、
蛹室が作られており、既に蛹になっている幼虫が1匹おりました。
上に開いた穴からよく見てみると、雄のさなぎだったのですが、
角が曲がっているのがわかりました。
1.5Lのペットボトルに1匹だけ入れていましたので、
マットの深さが足りなかったわけではないとは思うのですが、
蛹室が小さかったせいなのか、なんらかの原因で角が曲がってしまったようです。
この小さい蛹室では羽化も失敗しそうな気がしたので、
そっと掘り出して、園芸用のオアシスで作った人工蛹室に入れてやりました。
(既に茶色になっていました。蛹化したのはこの1週間以内と思います。)
そこで質問ですが、このまま無事羽化した場合も、
角は曲がったままで成虫になるのでしょうか?

角の先から1センチ弱の所で90度曲がっており、
曲がっている方向はカブトムシから見て下方向(地面方向)ですので、
エサを食べる時等に邪魔になるかも?(上方向ならまだ良かったかも・・・)
そっと曲がった角を指で押してみると、真っ直ぐにすることは出来ますが、
指を離すと戻ってしまいます。
添え木を添えたり、角の太さの紙の筒を作ってかぶせるなどして、
真っ直ぐにしてしまったらまずいでしょうか?
(ストレスがかかって、羽化自体が失敗する?)
このまま羽化しても、短命になりそうでかわいそうです。

A 回答 (1件)

サナギを人間の勝手な判断で触ったら死にます!!絶対に触ってはいけません!!!



でも…もうあれこれ弄ってしまったんですよね…?
見た目は正常化もしれませんけど、残念ながらもうそのサナギは死んでしまってるかもしれません。よしんばまだ生きていたとしても、羽化に失敗してしまう確率が非常に高くなっています…!

そもそも蛹室から出してしまった事自体も重大な過失だと思います。
とにかく今後は“絶対に触らない”様に注意して、慎重に経過を見守る事に徹して下さい。

サナギの時点で曲がってしまった物は。
羽化してもそのままで成虫になります。それを人為的には治せません。コレばっかりは神の手のみなせる業です…。そのサナギが運良く羽化し、無事に成虫になれたとしても、長生き出来る可能性は低いでしょう…。

P.S.
養殖などでのカブトの奇形率は3~4%らしいです。
そのカブトが奇形になってしまった理由は分りませんが、これが命を扱うって事です。出来るだけ長生き出来る様に、世話をしてやって下さい。

この回答への補足

その後の連絡が遅くなりましてすみません。
角が曲がったカブトムシはその後無事に羽化しまして、1ヶ月ほど立ちますがエサもよく食べ元気に過ごしています。
一緒に羽化した他の正常なカブトよりも元気なぐらいです(笑)。
せっかくですので、メスとつがいにして、ちゃんと子孫を残せるよう頑張ってみようと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2009/07/05 13:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます!
そうですか・・・。完全にさなぎ状態になったものであれば、
慎重に触れば「比較的」大丈夫という意見も目にしたので・・・。
とりあえず今は元気にお尻をフリフリしているので死んではいないようです。
ちょっとでも長生きするよう大事に育ててあげようと思います。

お礼日時:2009/05/19 09:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカブトムシの幼虫でしょうか?

今日、花壇を掘っていたら、カブトムシのような大きな幼虫がいっぱいいました。
花壇の土は、栄養土を使用してます。

これは、本当にカブトムシの幼虫なのでしょうか・・・?
それともカブトムシの幼虫に似た他の虫の幼虫なのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

カナブンの幼虫ではないでしょうか

詳しくはホームページの、日本のカブトムシ・クワガタムシ・カナブンの幼虫のちがいを見て下さい。カナブンの幼虫は移動する事が出来ます。

http://www11.ocn.ne.jp/~dhh/page03.html

Qカブトムシのさなぎにダニ 人口蛹室に移したほうがいいのですか?

カブトムシ飼育初心者です。2匹の幼虫のうち1匹は蛹になり2日目です。もう1匹は前蛹です。2匹とも飼育ケースの窓際に蛹室をつくったので蛹室の中が少し見えるのですが、昨日ダニを発見しました。今日は昨日より数が増えているようです。人口蛹室に移すべきか迷っています。デリケートなこの時期にダニがついて大丈夫でしょうか?それとも、人口蛹室に移した方がいいのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
カブトムシは普通の和カブでしょうか?
カブクワ類を飼育していると多少のダニやコバエは付き物です。
例えば
ダニが大量発生して、蛹が羽化不全やそのまま死んでしまった…と言う事は
自分は今までに経験がありません。
考えてみても自然界でも当然カブトはその場所で蛹室を作り羽化を待ちますが
何処にでも発生するダニが自然界にいないわけはありません。
当然ダニが発生するケースも少なくはないでしょう。しかし、当然自然界では蛹室を動かすことは出来るわけもなく、
それでも毎年かなりの数のカブトが発生しております。
飼育している人が気にならないのであれば、そのまま羽化まで見守り
羽化した成虫がダニに覆われているようでしたら薬浴させてやる…
自分でしたらそうします。
しかし、長く飼育してて経験する面白い事実ですが
幼虫~蛹時にどんなにダニが湧こうとも、成虫になり元気な内は
成虫の身体にほとんどダニを見る事はありません。
成虫になってからダニが付く場合は生体が弱ってきた老齢期が一番多いです。

さて、お話の感じからカブトの人工蛹室の事はよくご存知なのでしょうか?
もしも、どうしても気になり、蛹室を動かしたのでしたら
もう少し蛹の身体が固まってからの移動がよろしいですよ。
出来れば2週間は見た方がいいでしょう。
カブトの人工蛹室の作り方や管理の仕方もよく研究されてからの方がよろしいかと思います。

こんにちは。
カブトムシは普通の和カブでしょうか?
カブクワ類を飼育していると多少のダニやコバエは付き物です。
例えば
ダニが大量発生して、蛹が羽化不全やそのまま死んでしまった…と言う事は
自分は今までに経験がありません。
考えてみても自然界でも当然カブトはその場所で蛹室を作り羽化を待ちますが
何処にでも発生するダニが自然界にいないわけはありません。
当然ダニが発生するケースも少なくはないでしょう。しかし、当然自然界では蛹室を動かすことは出来るわけもなく、
それでも毎年かな...続きを読む

Qカブトムシの幼虫なのかカナブンの幼虫なのかわかりません。

カブトムシの幼虫なのかカナブンの幼虫なのかわかりません。
ベランダの植木鉢のなかにいました。
見分け方を教えて下さい。
わたくしデジカメがない為、画像を送れません。
宜しければ、画像で見分けれれば幸いです。
宜しくお願い申し上げます。
カブトムシであれば育てようと思っております。
カナブンであれば森に帰そうと思っております。

Aベストアンサー

最初に見つけた時、ドキドキしませんでした?

近くの公園で、亀のエサにするミミズを探していて、
木の根元で小指大の幼虫見つけた時のこと思い出しました。
傷つけない様に持って帰り、大事に育てて…


コフキコガネでした。
小指大からそれ以上大きくならなかった。
…そんな記憶があります。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/3430/Zukan/kogane.html#Aodou

Qカブトムシの蛹室を壊してしまいました

知人に貰ったヘラクレスオオカブトの幼虫を1年ほど育てていて、蛹室を作っていたと知らずマット交換をして壊してしまいました。とりあえずマットを交換して次の日に見ると幼虫がマットの表面に出てて、死んでしまうかなと思っていたのですが、ネットで調べるとマットの上でさなぎになることもあるみたいで少し期待をしています。現在幼虫の体はしわくちゃで、マットの表面に出て4日ほど経っているのですがさなぎになれる可能性はあるのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

マットの表面で4日経っているのならば恐らく完全な前蛹の状態だと思います。
ならば人工蛹室を作ります。

元の蛹室に出来るだけ近いようなくぼみをマットに作ってやり、そこに前蛹を入れて下さい。くぼみは少しだけ傾斜を作り、頭が高くなるようにしてください。マットを押し固めるようにして作ることにより崩れるのを防いでください。

もし、古いマットにまだ蛹室の形が残っているなら、そこに入れてやるだけの方がいいです。横の壁は起き上がるのに必要かも知れませんが、天井は必要ありません。

交換するマットは発熱を防ぐために、十分発酵したカブトマットや2次発酵マットでやります。未発酵マットや1次発酵(自然腐朽)マットでやると押し固めた時発熱することがあります。

他に、オアシスという材料を湿らせてくり抜く方法もあります。この場合も元の蛹室と同程度のスペースと形、傾斜を再現します。

Qカブトムシの幼虫によく似てる虫って?

こんにちは。
2週間前くらいにカブトムシの幼虫らしい虫を見つけました。
ただ、見つけた場所がカブトムシなど生息出来る場所ではなく、
もしかしたら別の虫か???と疑っています。
一応自分でもネット上の写真などで比較してみたのですが
どう見てもカブトムシの幼虫にそっくりなのです。
そんな折り、
今日、また同じ場所から同じ様相の虫を発見しました。

カブトムシの幼虫に間違えやすい虫っていますか?
ご存知の方いらっしゃったらお教え下さい。

見つけた場所は
庭先に家庭菜園をしている土壌があるのですが、
幅も30~40センチ、長さ3m程の小さな普通の土壌なのです。
ちょっと前にジャガイモを育てていた土壌です(苦笑)
そんな所にカブトムシがタマゴを産み付けるものでしょうか?
現在体長2cm~2.5cm、
頭がオレンジ色で身体は白、足は身体前方半分にだけにあります。
今は一応カブトムシの幼虫としての飼育法をしています。

Aベストアンサー

bin777さんこんにちは

『こがねむし』クリイロコガネ、アオドウガネの幼虫だと思います。
(通称、へこきぶんぶん)

カブトムシ自体コガネムシ科に属しますから、幼虫自体はぼ同じ形をしています。

しかし、それだけの準備なされたのなら、何が出てくるか、飼育をつずけるのも楽しみですね。
マットは腐葉土系をご使用ですよね?それが幼虫のえさになりますよ。

皆さんの評価は成虫が誕生してから、ということで。

参考URL:http://www.kcn.ne.jp/~tkawabe/konbunkoukoga.htm

Q先日カブトムシの幼虫の土を代えたばかりなんですが、幼虫が表に出てきてし

先日カブトムシの幼虫の土を代えたばかりなんですが、幼虫が表に出てきてしまいます。

カブトムシ専用マットを使っていますし、湿らせてあるし何が悪いのか分かりません。


詳しい方是非教えて下さい、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと補足させてください。

春先までのシーズンで、カブトムシの幼虫が、マットの上に出てくるのは
1.小さなケースに多くの幼虫がいっしょに飼育されており、息苦しい
 ケースの数を増やして、同時飼育の頭数を減らす。
2.マットの湿り気が少なくて、幼虫が自分の体が乾燥するのを嫌って表面に出てくる。
 マットを混ぜながら霧吹きで湿気を増やす。
3.マットに水を加えて混ぜたときに、発酵してガスが出ている。
 マット表面に強く息を吹きかけガスを飛ばして換気する。数時間おきに何回か繰り返せば、やがて幼虫は自力でもぐる。
4.マットが湿りすぎ
 あらたなマットを加えて攪拌する。
5.マットが朽木の粉砕フレークであり、腐葉土系統でない場合。
 夏が近づくと蛹室を作ろうとするが、朽木フレークでは固まらないので蛹室が作れずに、よい土を求めて徘徊している(属に「アバレ」といいます)
 腐葉土系統の完熟発酵マットに交換する。
などがあります。

 幼虫の体が白い場合は、上記の原因が考えられます。
またマットは全部を入れ替えずに、フンがあっても、底から三分の一は残すほうが幼虫にとっては住み心地が良いです。新しいマットの状態が不適切でも、底に避難できて好都合です。

ちょっと補足させてください。

春先までのシーズンで、カブトムシの幼虫が、マットの上に出てくるのは
1.小さなケースに多くの幼虫がいっしょに飼育されており、息苦しい
 ケースの数を増やして、同時飼育の頭数を減らす。
2.マットの湿り気が少なくて、幼虫が自分の体が乾燥するのを嫌って表面に出てくる。
 マットを混ぜながら霧吹きで湿気を増やす。
3.マットに水を加えて混ぜたときに、発酵してガスが出ている。
 マット表面に強く息を吹きかけガスを飛ばして換気する。数時間おきに何回か繰り返せば、や...続きを読む

Qカブトムシの幼虫?

先週草をむしってて枯れかかってる部分を抜いたら小さくなったカブトムシの幼虫が6匹も出てきました、太いのもいました、カブトムシの仲間の幼虫ですか。

Aベストアンサー

>カブトムシの仲間の幼虫ですか。

 はい
カブトムシの仲間の「コガネムシ」かと思われます。

 カブトムシの幼虫は「腐葉土」を食べますので
<草をむしってて枯れかかってる部分を抜いたら>
という事なので 植物の根を食害する
「コガネムシの幼虫」(恐らく)と言う事です。

http://www.sc-engei.co.jp/navi/gaichu14.html

Qヘラクレスの蛹の羽化不全を防ぐには?

ヘラクレス・リッキーの幼虫が無事3令になりました。角曲がりしてないか確認するため、蛹室を暴いてみたのですが、角曲がりはなく順調のようでした。体長は、16cmほどあります。
ところが、蛹室の位置がケースの一番したにあり、ケースの下部が見えている状態で、底からも覗ける状態です。このまま羽化すると、羽化したときの水分が土中に吸収されず、羽化不全を起こす可能性が高いと思われます。できれば、人工蛹室に移さずに対処したいのですが、なにかいい方法はないでしょうか? 
例えば、蛹をちょっとどかして、下にキッチンタオルを敷くとか、あるいはペット用のおしっこシートを切って水分を吸収するとか・・・ ほかに何かいい方法があればどうぞ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>羽化不全を起こす可能性が高いと思われます。
何かにそう書いてあったのでしょうか?
蛹室の底面の一部が、プラスチックになっているということですね。
そうなることは、下記の事情により少なくは有りませんが、サナギになるときに出る水分は多くはなく、必ずしも羽化不全とはなりません。
すでに露天掘り状態になっているということですが、マットが無くてケースが見えている面積はどのくらいでしょうか?100円玉程度ならまったく問題にはなりません。
しかし、面積よりも場所の方が問題です。まず16cmのサナギであれば蛹室は19~21cmくらいだと思われますが、サナギは上を向いて身をよじらすと、角の先が蛹室の壁に当たり、お尻のほうに大きな空間ができるようになっています。いざ羽化するときは、その位置で下を向き、頭部から脱皮していきます。羽化不全の危険が最も高いのは、お尻のあたりから、より後方の壁の範囲にプラケースの底が見えているときです。
その理由は、後ろ羽根(飛行するときにはばたく薄い羽根)を、いったん後ろに長く伸ばし、乾燥しつつ折りたたんで、さや羽根(硬い羽根=カブトムシの背中)にしまうときに、プラケースに水分があると、表面張力で、後ろ羽根がプラスチックに吸着するからです。
後ろ羽根がケースに吸着すると、たたんでさや羽根にしまうことが出来ず、そのまま固まって羽化不全となります。
ですから、その位置にプラケースが見えていないのなら、ほとんど問題にはならないということです。例えば、サナギの胸や腹の下に100円硬貨程度のプラスチックがあっても、腹ばいになって脱皮していく過程ではなんら影響はありません。
ということで、プラケースの露出している位置が、カブトのお尻より後方にある場合は、羽化不全の可能性は非常に高いといえますが、カブトの身体の下になるような位置(カブトで隠れるような位置)で、100円硬貨程度なら何もしないのが一番良いのです。問題なく成虫になります。
もし最悪の位置にケースが見える場合は、いったんサナギをよけて、水で練った微粒子マットで補修します。多い目の補修材を指で塗りこんで本物と均質化させます。作業中に指の体温で乾いてきますので、自然におさまります。補修部分の補修材の厚さは7~10mmくらいが適当です。その分蛹室は浅くなりますが問題はありません。

サナギを出すときは角を持たずに2本の大型スプーンを使うなどして作業しますが、思いがけずクネクネとあばれたりするので細心の注意が必要です。また、長距離を移動させず、蛹室のすぐヨコのスペースにそっと置きます。別のケースに移そうなどとすると必ず道中であばれて落下します。サナギの体位は、ヨコでも上向きでもうつ伏せでも関係がありません。ショックを与えないようにし、いじり倒さないようにしてください。
少々作業時間が長くなっても問題は有りませんが、温度が急激に変化しないようにしてください。

カブトムシは、やわらかい土の層と堅い層の境目に蛹室を作るので、底のほうのマットを固く突き固めておかないと、ケースの底に蛹室を作ります。蛹室が土中であれば羽化するときの水分は下の土が吸収してくれます。次回からは底のマットを7cmほど、カチカチに詰めることをお勧めします。

>角曲がりしてないか確認するため、蛹室を暴いてみたのですが、角曲がりはなく順調のようでした

サナギになってしまうと角曲がりを確認しても、「確認した」というだけで、曲がった角を直す方法はありません。要は手遅れだということであり、あばく意味がありません。
もし角曲がりを避けたいのであれば、前蛹のときに蛹室を発掘し、ケースに対する角度や位置、サイズを確認し、問題がなければそのまま露天堀とし、問題があれば前蛹を人工蛹室に移し、サナギになるときにキレイにツノが伸びていくスペースを確保しなければなりません。市販の人工蛹室は角のカーブも理想的になる様に設計されています。
ところで蛹室がケースの対角線上に作られていませんでしょうか?その場合は、ケースが小さかった可能性があります。うんと大きなケースなら、好きな方向に蛹室を作りますが、ケースが小さいと、出来るだけ長さがかせげるように対角線を利用します。かしこいものです。今回そのようなら、次回からはより大きなケースを使ってください。
16cmのサナギなら、成虫になると14cm近くになりますので立派なものです。
お尻に後ろ羽根を乗せて、出来るだけ蛹室の壁や底に触れないように伸ばして乾燥させて固めていき、その羽根をたたむときにお尻も縮んでいきます。10~20%くらい縮みます。
なお前蛹状態のツノは蛇腹のように縮めて収納されており、サナギになるときに、体液をポンプのようにツノに注入してニョキニョキと伸ばします。うまくなっています。

>羽化不全を起こす可能性が高いと思われます。
何かにそう書いてあったのでしょうか?
蛹室の底面の一部が、プラスチックになっているということですね。
そうなることは、下記の事情により少なくは有りませんが、サナギになるときに出る水分は多くはなく、必ずしも羽化不全とはなりません。
すでに露天掘り状態になっているということですが、マットが無くてケースが見えている面積はどのくらいでしょうか?100円玉程度ならまったく問題にはなりません。
しかし、面積よりも場所の方が問題です。まず16c...続きを読む

Qカブトムシの幼虫に似たもの

家の去年のチューリップの鉢を、今年も植えようと思って掘り返したところ、カブトムシの幼虫のような虫がいっぱいいました。カブトムシなら育てたいと思っているのですが、他の虫だとがっかりするかな・・・と思っています。カブトムシの幼虫ににた他の幼虫にはどんなものがいますか?

Aベストアンサー

他の方と同じ意見でしかも貴方と同じ経験をしたものです、子供が喜ぶだろうと思い飼育箱に入れて育てました、特に餌などを与えずにホームセンターで買った土を二回ほど入れ替えて初夏になったら何時の間にか、飼育箱の中にコガネムシ(地方によってはカナブン、ブイブイなどと呼ぶそうです)がいました、飼育箱をひっくり返して確かめましたが、幼虫はいませんでした、間違いなく「小金虫」の幼虫です、証明済みです。

Qヒョウモンチョウが羽化しました。その時、蛹の抜け殻の下に赤い血のような

ヒョウモンチョウが羽化しました。その時、蛹の抜け殻の下に赤い血のような跡ができていました。この赤い物の正体を教えてください。

Aベストアンサー

「赤い物の正体」ですね。

それは、
「蛹便」というものです。

検索して確認をしてみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング